インドで生活したら?

レス35
お気に入り50

あおい

口コミ

お願いします。
旅行ではなく、インドのバンガロールという都市で生活をした事のある方、または他の都市に住んでいるがバンガロールをよく知っている方がいたら情報をいただけませんでしょうか。

今お付き合いしている方の会社にはインドに支社があります。
現地の人間を雇い、日本からは役員をはじめ若手が行っているそうです。

彼もそこに転勤になるかもしれないそうなのです。
行ったら短くて1年、長くて3年ほどじゃないかと言っています。

私達は結婚を前提に付き合っており、お互いの親にも紹介済みです。
転勤の前に入籍をして式もできれば一番良いのですが、まだ具体的に動いていません。

彼は、治安も分からないし食べ物・環境が合うかわからないから自分だけで行く、と言っています。
実際に日本から赴任している既婚の人たちは全員単身赴任だそうです。
また、独身者が選ばれる事も多く、彼に打診があったのもそれが理由かもしれません。

もし入籍して私がついて行ったら、彼の会社で初の事例になります。

私も仕事をしておりますがその業種はインドでは全く役に立ちません。
英語も英検二級レベル。ですから専業主婦は決定です。
今からどうしたものかと考えています。

インドって聞いただけでも衝撃だったのに、さらに聞いたこともない都市だったので戸惑っています。あちらは治安や日本人にも住みやすいのでしょうか。

ユーザーID:6586158908

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数35

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスがつきませんね・・・

    私も興味津々でこのトピを拝見していました。
    バンガロールってよほどマニアックなのですね、残念ながらバンガロールについては分かりませんが
    海外に住めるなんて、たとえ地の果てでもとっっても羨ましいです!!

    主さまはどちらにお住まいでしょうか?
    関西の某ローカル番組で週二回バンガロールからの中継コーナーがあります。とても面白いですよ!

    ユーザーID:4629862597

  • バンガロールに支社がある会社に勤めています。

    私自身は行った事は無いのですが、バンガロールに支社がある会社に勤めています。
    そこで、社内で知りえる情報をまとめてみました。

    ・バンガロールは、インドにおけるIT産業の中心都市の1つです。ここ10年程で急速に発展した都市で、新しいオフィスビル等も多いです。
    ・気温は高く、最高気温は40度以上にもなります。
    ・治安は、夜間に人気のないような所では、強盗などに注意する必要があるようです。
    ・食事はスパイシーな物が多く、人に因り好き嫌いがあるようです。
    ・基本的にインド英語は訛りが強いので、英語がかなり出来る人でも、日本人はヒアリングには苦労すると思います。

    その他、何か具体的にお聞きになりたい事があれば、お答えできると思います。

    ユーザーID:0342955682

  • ありがとうございます

    テンプル様
    レスありがとうございます。
    バンガロールって、インドで第三の都市だって聞いたのにレスなし。
    おっしゃる通りよほどマニアックなのですかね。。。

    私は東京です。
    残念ながらその関西の番組は見れませんね。。。

    年に一、二回大阪に出張するのでその時ホテルでチェックしてみたいと思います。(転勤までに間に合えば)
    ありがとうございました。

    ユーザーID:6586158908

  • おすすめブログ

    インド、青蓮日記、で検索してみてください。
    デリーに住む日本人女性がインドでの日々の生活をつづっていらっしゃいます。
    私はインドに行ったことないのですが、興味があって愛読してます。

    ユーザーID:2054705988

  • インドには行ったことがないけれど

    まったく聞いたことのない街では不安ですね。
    ですが、既に赴任者の方がいらしゃるのであれば、どんな暮らしか、治安はどうか、など聞いてみられたらいかがでしょう。
    日本人会もあるようです。
    http://www.bangalore-nihonjinkai.com/

    入籍後、彼が赴任して半年程度様子を見てもらい、大丈夫そうならトピ主さんもインドへ。という選択肢もありますよ。

    ユーザーID:9756828081

  • 聞いた話ですが

    世界中に事務所がある会社勤務、自分はインド駐在経験無しですが、5年前シンガポール駐在時にインド駐在の同僚が出張で良く来ており、彼から聞いた話ですが、日本人にとっては食生活がかなり大変のようです。

    いくらインド料理が好きな日本人でも毎日では飽きるし、和食系を自炊しようと思っても我々が使い慣れた食材の多くが入手困難だそうで、彼もシンガポールに来る度にものすごい量の食材を買いだめして持って帰ってました。

    シンガポールやタイの日系百貨店では、インドから出張で来る駐在員達が同じように大量の食料買出しをするので、それ用の梱包と空港までの配達サービスを提供するところもあるらしいと聞いたこともあります(真偽は定かではありませんが)。

    先出の同僚の話では、日本への一時帰国やシンガポール等近隣国への出張時に買いだめした食材保存のため、駐在員宅では冷蔵庫のほかに大型冷凍庫も必需品とのことでした。

    話を聞いてから5年経ってますので、今はもう少し良くなってるかもしれませんが、最近の食材事情をご確認されたほうがいいかもしれません。

    ユーザーID:9367607810

  • バンガロールの会社に勤めているインドの方が現在

    研修できてます。

    一般情報が少ないのは観光地じゃないからです。
    アメリカで言うとシリコンバレーのような先進国の企業を受け入れるために新しく作られた都市です。
    緑の豊かなきれい、計画的に作られたので公園が多く、
    国際空港もあり、日本からだとマレーシア・香港経由などがよく利用されます。
    高原にあるので(インドにしては)気候が温暖・夏も38度以下くらい。
    ただし、夏は水不足になるし、移動は主に車なため交通渋滞が激しい。
    外国企業が多いため、中華や西洋料理の店などもあり繁華街も栄えてます。
    首都の次に日本人の赴任者が多いし、治安は割りといい方。

    他の国でも引越しや手続きなどが大変なのでだんなさんが先に赴任して家族は後から、というのが主流です。
    ついていくならそのほうがお互いに楽だと思います。
    でも、日本では苦労しない「水」関係で負担が多そうですよ。
    お覚悟を。

    後、質問があればしばらくは聞ける人がいますので、どうぞ。

    ユーザーID:5089650839

  • バンガロールは

    インドの中では気候が穏やかで過ごしやすく、
    緑の多いきれいな街だと聞いています。
    もっとも、日本人の基準ではそうは言えないかもしれませんが…。
    私はインドには旅行で3回行ったことがあるだけですが、
    夫がインドに4年住んでいてしばしば行くので、
    話を聞いて何かわかったらまたレスしますね。

    ユーザーID:3290860343

  • 先輩駐奥がいないなら、積極的に行動しないと辛いよ

    情報が少ないようなので、足しになればと思って書き込みます。

    以前、インド赴任の話が出た時に夫からこう言われました。

    「インドは、金を払えば安心・快適が買えるという国ではない。
    まず自分が一人で赴任して、少なくとも3カ月位は実際に生活した上で
    大丈夫だと判断したら家族を呼び寄せる」


    彼は就職以降の海外経験が豊富で、語学も得意(複数)。
    慣れている分大概の事は何とか出来るので、
    普通なら3か月遅れで有無を言わさず家族を呼び寄せます。

    その彼が「大丈夫だと判断したら呼び寄せる」と・・・
    その一言で、帯同になればある程度の覚悟が必要だと感じました。
    (当時、西欧の田舎に在住)


    インド赴任の話が消えたのは、工場建設の話が頓挫したからです。
    それも、「現状ではインフラ(電気・水道・ガス)の安定供給が
    望めないから」というのが理由だそうです。
    「安心・快適が金で買えない」の言葉の意味をここで理解しました。


    旅行で行くのと住むのでは全く違います。
    人生は一度きり、後悔のない選択を!

    ユーザーID:8735205849

  • デリーに住んでいて何度か行きました

    バンガロールはIT国家インドではインドのシリコンバレー
    と呼ばれています。
    インドでの生活は、確かに日本とは大きく違い、大変ですが、
    それすらも楽しめる方であれば、貴重な体験と言うことで、
    いいのではないかと思います。今では日本人駐在員の方も増えた
    ようですが、子供の学校の問題などや、奥様が生活に
    耐えられるかどうかの問題から単身者が多いのが事実です。

    気温は高いですが湿度は高くないので、ほかの都市よりは過ごし
    安いかと思います。日本の食材等は手に入りにくいので
    食事の面等で苦労すると思います。

    あと、インドでは普通のサラリーマンでもメイドを雇う習慣があり
    奥様に求められるのは、そのメイドたちをうまく使えるかどうか、
    インド人の知人の家には3人いましたが、すべての戸棚やらに
    鍵をかけていたりと、気苦労が多いと思います。

    とはいえ、日本にいたら経験できないこともできますし、
    最初はとっつきにくいインド人も仲良くなれば、すごく
    親しみをもって接してくれます。

    そういうもんなんだぁという気持ちで暮らせばストレスも
    多少緩和されるかなと思います。

    ユーザーID:1407963643

  • いい街ですよ

    5年ほど前に夫婦でバンガロールに住んでいました。
    当時の話になりますが、英語は街の屋台や小さなお店では通じませんでしたが、ショッピングモール等では通じましたよ。
    ちなみにヒンディー語も公用語ではないので小さい街角のお店では通じませんでした。
    でも他の方が書かれていたように気候はすごく良い街でとても住みやすかったです。
    医療もアメリカ帰りの医師が多く安心して掛かれました。

    あちらには日本の大手車メーカーの支店などがあり、日本人会(特に婦人会)の活動も活発だったので行かれるなら参加されることをお勧めします。
    日本ではできない体験をたくさん企画されててとても楽しかったですよ。

    トピ主さんがインドで仕事をされるとなると配偶者用のビザでは難しいかもしれませんね。

    治安はかなり良いほうだとは思いますが、新聞には強盗や強姦などの事件も載っていたのでそれなりには犯罪もある町です。日本もそうですけど。
    住まれるなら日本人の多く住む地区に住まれたほうが良いでしょう。

    まずは旦那様の会社で配偶者用のビザの手続きをしてもらわないと観光ビザでしか行けないと思うのでその問題がクリアになると良いですね。

    ユーザーID:6688550181

  • 昨日見ました

    関西ローカル・毎日放送「ちちんぷいぷい」でアナウンサーが
    インドに研修に行っていてたまたま見ました。
    お昼の4時位だったかな?

    話は変わりますが、20年程前の話なんですが
    友人から借りた一冊の本「アガスティアの葉」にはまり
    インドに関わる本をかなり読みました。
    その中で「サイババ」に関する本によく「バンガロール」が出てきましたが
    今でもネットで検索すると「サイババ バンガロール」また違った方面から
    バンガロールがどういう所か分かるかも。

    結構日本人がサイババ目当てに行くので、ブログとかで町並みも
    見れるのでは?

    ユーザーID:7136324876

  • 彼が自分だけで行く言ったのには理由があります

    厳しい事を言わせてもらいますが、気を悪くしないでください。
    彼が自分だけで行くというのはもっともです。彼自身、慣れない
    土地で英語を使ってインド人と一緒に仕事をするということ
    だけでいっぱいいっぱいになるからです。

    インドで働いた事がありますが、何から何まで日本と違って
    思った通りに行かない、時間通りにいかない、日本の非常識は
    インドの常識だったりする中で仕事をしなければならいのです。

    そんな中、あなたが彼の負担を軽減できるのなら一緒にいっても
    いいと思います。仕事がある彼にかわって、ドライバーを使って
    新居の準備をする、移民局に滞在届けを出す、銀行口座をあける
    家主との交渉などなどです。

    彼は、仕事になれるのにいっぱいいっぱいのところ、やれ
    買い物に連れて行って欲しい、水が出ない、お湯が出ない、
    停電もある、何をどこで買えばいいのか?? あなたの
    お世話もしなければならないようなら、精神的にもかなりの
    負担となります。それはインドでなくとも他の国でも言える
    ことなので、彼にかわってやるわという意気込みがあれば
    彼も喜んで一緒に行ってくれると思います。

    ユーザーID:1407963643

  • とらさんに強く同意

    自分のこと、また、彼のしなくてはいけないことをやってあげるという立場で行くのなら、行っても良いと思います。彼が行って3カ月たって、彼の休暇に合わせて行ってみるくらいかな。その時も、休暇の時に彼がしなくてはいけない私用について歩くくらいで、観光旅行じゃなくて。 
    駐在を長期の旅行と考えているとぴが目立っています。家族を一人帯同させるのには、たいへんな金額を会社が背負っている、、つまり、彼自身が稼ぎだした利益(彼の配属部)から、帯同者の滞在費用が出ているわけです。旅費、医療保険、損害保険、万が一の時の救援費用。大変な金額です。そこまで、会社に費用を出させることができる"能力"がある彼だからです。つまり、それだけの稼ぎをたたき出さなくてはならない、大きなストレスを彼は抱えています。
    会社を恨まないでくださいね。ここで頑張れば、彼には、また明るい未来が開ける可能性が高くなるのですから。
    英検準1級をとっても、1級をとっても、駐在生活での英語は、厳しいです。

    ユーザーID:4636784599

  • トピ主です2

    皆様ありがとうございました。
    レスないかなと思ったらたくさんいただき、感謝しております。

    そうなんです。自分がなんとか慣れたそのあとで来れたら来て欲しいと言っています。自分が行ってみて、もし私にはとてもじゃないけど無理だと思ったら、ずっと単身で構わないそうです。

    無理してきてもらって毎日けんかや私が鬱になる位なら離れて暮らし、たまに真ん中?にあるシンガや香港で落ち合おうか、なんて言ってくれました。
    その方が長い目で見たらいいのかなと思いました。
    でも、できたらついていきたいんですけどね。。。

    あと、質問していいよと言って下さった方々に質問いいですか?
    日本の食材が手に入りにくいとのことですが、魚などの生鮮食品だけでなくて、醤油や味噌なんかの基本的なものもバンガロールには無いという事でしょうか。豚肉と鶏肉はどうですか?

    ユーザーID:6586158908

  • 夫が何回か出張で行きます

    うちもそのうち、バンガロールに駐在する可能性があります。
    子供は残して行くつもりですが(もう大学生なので)
    私はおもしろそうなので、ついて行きたいと思っています。

    家では何人か使用人を雇う生活だそうです。
    私はカレーや辛いもの、インドの紅茶好きなので
    インドの生活に興味がありますが、日本食の食材、アルコール類は
    他の国より手に入りにくいそうです。

    街中は大渋滞なので、もちろん運転手に車の運転を任せるそうです。
    夫の会社は年に何回かシンガポールに買い物、休暇の権利があるそうですが
    実際は仕事が忙しく、そう簡単に行けるかどうかわからないそうです。

    あきらかに単身者が多く、でも、家族帯同も許されています。
    まぁ、会社としては家族が同行しない方が、管理や費用は楽でしょうね。
    私はフランスとアメリカの駐在経験があるので
    次はインドがいいな・・と楽しみにしているところです。

    トピ主さんも、彼が赴任したら、まずは休暇をとって遊びに行き
    現地で生活できるか、ふたりでよく話し合うのはどうでしょうか?

    ユーザーID:2851856480

  • バンガロール

    いとこがバンガロールに1年赴任してました!

    バンガロールはITの街?みたいで他国から赴任して来た人が多いみたいです。
    写真を見せてもらいましたが、プール付きのマンションで豪華だったり、ショッピングモールも賑やかで綺麗でした。
    とっても住みやすかったそうです。
    ただ、会社に通うタクシーが危なくて信用出来ないとか言ってました。

    たまたま私の会社にバンガロール出身のインド人が入社してきましたが、地元大好き!でバンガロール話しすると目をキラキラさせてます。いい人。インドカレー美味し!

    ユーザーID:5023026705

  • インドの中では・・・・・

    当方、バンガロールではないのですが、1年ほど前までインドのとある都市に約5年居住していた者です。
    バンガロールにも何度か足を運びましたが、「インドの中では」ものすごく住みやすい場所だと思います。
    何と言っても気候がすばらしかったです。散歩できる公園もあったなぁ。
    また、邦人も500名以上は住んでいると思います。(ほとんどが某大手車会社系列)
    数店ですが和食屋もあり、「インドでこれだけの味が食べられれば満足!」というようなお店でした。

    ご心配のとおり、どの駐在者も単身が多いです。
    とくにお子さんをお持ちの方は躊躇されると思います。
    原因は治安・衛生面・学校教育の問題でしょう。
    しかし、駐在妻が全くいない訳ではありません。
    駐在妻の集まり(婦人会)等も、もしかしたらあるのでは?

    ここで色々と書いてもイメージが先行しているため(インドって悪いイメージですよね)、覆すのは難しいです。
    とはいえ、大変なのは事実。日本と全てが異なりますのでストレスは大きいかと。
    奥様の駐在については、よく話し合って決めた方が良いかと思います。

    乱文・長文、失礼いたしました。

    ユーザーID:0575582570

  • 友達が家族で赴任してました

    駐妻仲間のひとりがバンガロールに子連れで赴任していました。

    聞いた話ですが、他のレスに加えて
    ・運転禁止、もちろん運転が危ないから
    ・カースト制度が厳然としてある
    ・赴任直後1週間はお腹を壊す(水かスパイスの影響かは不明)
    ・屋台で食べるツワモノもいるがお勧めしない
    ・気軽に出歩けないけれど、日本人もちらほらいるので日本人友達も作ることは可能
    ・日本食や本はシンガポールに行くかネットで購入
    ・そのための冷凍庫必須(これはインドに限りませんが)
    ・駐在は1年か2年に限定

    脅すわけじゃありませんが、他の国がラク〜に感じられるくらいディープだったようですよ。
    友人は海外暮らしに慣れたタフでどこでも楽しめるご家族ですが、まずご主人が生活を立ち上げてから奥様とお子様が赴任されていました。
    もし中国だったら迷わず一緒に行っていたでしょう。
    新婚さんなので他の国なら同行したほうが良いと思いますが、インドは合う合わないがあるようです。
    彼の意見はもっともです。
    日本食や本をまめに送ってあげて、スカイプで毎日お話するというのが彼にとっては一番良さそうに思います。

    ユーザーID:6736949375

  • 行くつもりなら最低限の勉強を、ね♪

    >豚肉と鶏肉はどうですか?

    インドはヒンドゥー教です。
    しかしながら長くイスラム圏に属していたため、一般的に豚は不浄のものですから、まず存在しません。
    また牛肉も、ヒンドゥー教では牛が聖獣として扱われるため、食べませんので店頭にもありません。
    基本的に羊・鶏はありますが、日本のものを連想してはいけません。
    逆に言えば、野菜は抜群においしいです。

    インドという国とその歴史を、ぜひ勉強してください。

    インドは本当に好き嫌いが激しく分かれる国です。
    私は何度でも行きたいんですが、友人は「二度と行きたくない」と言っています(彼女はカルチャーショックで熱を出し、文字通り逃げ帰ってきました)。

    買い出しの話は本当ですね。
    私も帰りの飛行機でビジネスマンとご一緒になり、彼は「これから買い出し当番でバンコクに行くんです、駐在の皆でお金出し合って、交代で行くんですが、これが楽しみでね。指折り数えて自分の当番を待つんですよ」と言っていました。

    ユーザーID:4116172924

  • 身分制度

     この話は5年前のムンバイのことなのでそのまますべてが当てはまるのかはわかりません。

    インドの駐在では必ずお手伝いさんを雇うはなくてはいけない。これはほとんどの東南アジアの駐在と変わらないですが そこにこの国に存在する身分制度

    度が根強く影響しています。たとえば家の中のことを頼むお手伝いさんが3人いるとして 身分が上のものに気軽に物を頼むとこれは私の仕事ではないと

    はねつけます。料理をするもの・掃除をするものなど彼女たちの中で領域が決まっています。そして女主人である奥さんの言うことも うわべだけ聞いている

    数日は奥さんの言う通りにしていても 数日後には彼女のやり方に変えられていることなどしょっちゅうです。駐在員妻はこのお手伝いさんとの戦いに疲れてしまいます。
     そしてお手伝いさんからのストレスを発散するために外国に出かけるのです。帰りには食材をどっさり買い込んで。

    まず、牛肉は買えません。水牛の肉は買えますが筋がありおいしくない。海老もインドから輸出しているのに買えない。不思議。

     

    ユーザーID:2146527312

  • 法律上メイドを「雇わなくてはいけない」のはインドでしたっけ?

    とらさんのレスは夫の海外駐在に帯同する予定の女性全てに向けられた言葉です。北米や欧州の大都市への赴任であってもこの程度の心づもりで行くべきである、という内容。インド駐在は、他の地域より厳しいからこそ、より覚悟を要します。

    脅すようなのでフォローもしておきますと、ストレスフルな仕事を終えて疲れて帰ってきても、家で奥さんがご飯を作ってニコニコ笑って待っていてくれたらそれだけで疲れが吹き飛ぶというものです。妻が一生懸命作ってくれた食事を食べながら「仕事は大変だけど、また明日も頑張るか」と思う、それこそがコストをかけてまでする家族帯同の意義のひとつです。

    それと、食に関しては覚悟が必要です。外国で日本のスーパーと同じものが手に入ると思ってはいけません。肉は品物自体やカットの仕方が違い、調味料は味が違います。野菜も、西洋野菜以外は「似て非なる物」のオンパレード。ロシアのサンクトペテルブルグに知人を訪ねた際、「日本食材は醤油以外手に入りにくい」と言われました。そういうものです。というより、そういうものだと覚悟して行った方が精神的に楽です。

    インドと全然関係ないレスでごめんなさい。

    ユーザーID:8735205849

  • 法律かはわかりませんが

     法律でお手伝いさんを雇わなくてはいけないかはわかりませんが

    駐在員の一種の義務になっています。地元に貢献する・駐在員を置く会社の地元との暗黙のルールになっているのは確かです。

     借り上げる家にすでにお手伝いさんがいてそれを引き継ぐという形です。

     日本人を見ていて お手伝いさんを使うことに慣れていないことがよくわかります。うまくお手伝いさんを使いこなすのも駐在員妻の役割です。

    住み込みなど常に第三者が家にいるのもストレスになるでしょうし 町には勝手に出歩けないです。食事もインドは食材などの調達にも困ります。

     ただ主三のご主人になる人は 若い人だと思うのでそう家に人を招待して接待と言うことはナイト思います。

    ユーザーID:2146527312

  • 豚肉!?

    旅行用のガイドブックの巻末にある「インドの基礎知識」みたいのを読むだけでもいいので、まずはインドの基本情報を調べることをおすすめします。

    ユーザーID:8347686083

  • トピ主です

    今日彼が会社の常務さんからDVDをもらって帰ってきました。
    現地の様子を録画してきて下さったようです。
    まだ見てませんが、私は日本で自分の仕事をしつつ、彼が慣れて呼んでくれたら将来的にあちらに行くことを視野に入れようと思います。

    勉強についてですが、ヒンドゥー教が牛肉がだめなことばかり頭にあって、イスラム教の人もいたんだった、と。
    バンガロールはインドの中でも開放的な都市で、街ではデートしてる現地のカップルがキスしてる姿も見うけられると本で読みました。
    他の都市では結婚前の男女がデートするのもない、と聞いててビックリしたんですけど。それは間違いなのですかね。
    実際に本屋に売っている本で読んだんです…。インドに住んでいた方の本です。

    日本食・調味料も含めてかなか手に入らないのは良く判りました。
    やっぱりシンガや香港でデートする位にとどめた方がいいですね。
    皆さんありがとうございました。

    ユーザーID:6586158908

  • 情報社会

    最低限はパソコンからも調べることできませんか?

    インドって豚肉は食べないんじゃなかった??

    私の周りのインドだけ?

    ついていきたいなら、丸投げの質問じゃなく自分も努力しましょうよ。

    ユーザーID:6753358523

  • 夫がバンガロール転勤です

    迷うことなくうちは単身赴任です。
    おなかの子供や幼児を危険にさらすことはできません。
    日本食が食べれるか?というレベルではなくて、
    水や医療など生活の超必需品すらも怪しいんですから。

    ユーザーID:3937001584

  • イイなー これからの新婚さん

    バンガロア駐在ではありませんが 米国西海岸からインドに何十回も出張している者です。
    新婚さんで未だ子供がいない時期なら意外と楽しい経験になるかも知れません。
    婚約者さんにとってもキャリア実績を築く良い機会でしょう。

    只 とらさんの云われることには全く同感です。
    駐在家族のチャレンジ程度を推測するとまあ上中下の上の部類に入ると思います。
    シンガポールや香港でのデートもチト現実的では無いかな。

    食物の他にも思いつく問題は:
    水問題: 質が悪い。日本式お風呂は粗あり得ない。
    外国人用アパートでも 諸国主要都市並の家賃の割りにはインターホン付きは少なく泥棒は多い。
    頻繁な停電: エレベーターや冷房が停まったり…
    交通混雑と排気ガス、それと… 蚊が多い: まれにマラリアの危険性

    しかし医療はアメリカで教育された良い医者がいます。又土地柄かアメリカ育ちのインド人など expats も多く活気があります。
    Expats Bangalore でグーグってみて下さい。一度旅行での現地視察もお勧めです。

    ユーザーID:7105404259

  • デリーで駐在妻をしている者です

    正直に申し上げて、インドは住みにくいです。
    気候は過酷。
    インフラは全然ダメ。
    娯楽は殆ど無い。
    衛生観念が全く違う。
    空気も埃っぽく、水の質も悪い。
    食べ物が思ったように手に入らない上、野菜も生食できる衛生状態ではない。
    メイドを雇って家の手入れをする慣習の国なので
    水道、電気、ガスなど、人の手を使って絶え間なくメンテナンスしなければいけない住宅環境である。

    それらの大変さ、気苦労は日本では考えられないほどです。
    たとえ語学が不自由なく、相手に意思を伝えても、異なる文化・慣習を持つ
    インド人が汲み取ってくれるとは限りません。

    その環境で夫は仕事上で多大なストレスを抱え込み、
    奥様は生活上のストレスで夫のストレスを軽減できる余裕がなくなり、夫婦共倒れ離婚というケースも聞きます。

    それら全て覚悟の上であれば、どうぞ一緒に行ってご主人を支えてあげて下さい。
    ちなみにインドだと東南アジアのように現地女性との出会いの可能性も殆ど無く、矮小で人目を気にして生きて行かねばならない日本人コミュニティ上、浮気の可能性は極めて低いので安心だと思いますよ。

    ユーザーID:0609670391

  • バンガロールは住みやすいですよ。

    現在、南インドに日本企業の現地法人に駐在する形で在住していますので、状況を案内いたします。

    以下は、インドで一般的な住居と待遇になると思います。
    住居は3LDK程度のマンションが一般的かと思います。100平米くらいです。
    戸建ての場合は、200平米+庭位で、高級住宅地の場合はプールが付いてきます。
    (東南アジアでは一般的なレベルかと思います)
    メンテナンスについては、日本が特殊だと受け止めています。
    停電もしますし、水の質もあまり良くありません。
    そのため、発電設備や飲料に適した水をタンクローリー等でマンションに供給しています。
    (水道菅は2−3系統あり、トイレ用の水とキッチン用の水は別系統です)
    数年住まれる場合は途中で壁を塗りなおしたりする必要があります。
    私の住まいの床は人工大理石ですので、スリッパの生活は足に辛いので、日本からサンダルを持ち込んでいます。

    (続きます)

    ユーザーID:6609348934

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧