悩めるおやじ、ビッグバンが起こる100億年前はどんな感じ?

レス29
お気に入り70

ロマグレ親父

男性発

小生、58歳のまぁまぁ年がいっている親父ですが
詰まらないことを考えてしまうことがあります。

多分誰も答えを見つけることは不可能だと思うのですが、なるほどと思う意見があればよろしくお願いいたします。

宇宙のことの起こりは137億年前にビッグバンにより始まった・・・
らしいのですが
じゃぁ、その10億年前、100億年前はどうやったの?

物体というか宇宙はそこから始まるとしても
時間はどうなの・・・

考えてもさっぱり分かりません

悩める親父に優しいお答えをよろしく

ユーザーID:4895877444

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 宇宙は ひとつ だけじゃない

    宇宙論の本 (一般向け) を読みますと、宇宙というものはひとつだけじゃなく、たとえて言えば ブドウの房のように 実がひとつの宇宙に相当し、現在の我々の宇宙も その実のひとつ という考え方があります。

    ブドウの実(房)が成長するように 新しい宇宙が枝分かれして、また新しい実 (宇宙) ができるわけで、ブドウの実にたとえれば、実が成る前は何も無かったわけで、宇宙も 他の宇宙からブドウの実のように 枝分かれして 発生した・・・

    という考え方があります。

    そう考えれば、ビッグバンの前はなんなの という疑問が少しは解消するでしょう。

    ユーザーID:4422881495

  • うん

    ビックバンの始まりの外側には同じ宇宙があるんですよ。
    で、その宇宙の外側にも同じような宇宙があると。

    マトリョーシュカみたいに、その中に、またその中に・・・

    そやって、新陳代謝を繰り返してる生物の一つと思っとけば簡単では?

    今のビックバンで広がる宇宙なんて、実は小さな炉の中の小さな爆発に過ぎません。
    大きさの尺度だって勝手に人間が作ったものだもの。
    実はビー玉一個くらいのものかもしれないし。
    時間だってねぇ。
    私達が認識しているのはせいぜい3次元。
    6次元とか7次元があるのかもよ。

    人間ちっせーーーーーって事が分っておけば、それでOK。

    ユーザーID:9853316156

  • その前は無かった

    宇宙は無から生じました。
    時間も空間もそれと同時に生まれたので
    宇宙開闢前の時間、空間はありません。

    陸上競技の100m走で走ってるランナーを撮影し巻き戻すと
    スタートの瞬間が見られます。
    さらに巻き戻すと、スタート地点でストレッチをする姿
    さらに巻き戻すとロッカールームで準備する姿が見られるでしょう。

    しかし、この宇宙というランナーは
    スタートの号砲と同時にスタート地点に無から出現したので
    それ以上巻き戻すことはできません。

    我々の感じている空間とか時間とかは
    この宇宙の属性としてあるもので
    もしこの宇宙の外側に、宇宙を包む存在があったとしても
    我々の考える時間とか空間とかの概念は通じないものと思います。

    ユーザーID:2293376585

  • 育休中です、いろんなこと考えます

    ワクワクしますねえ、こういうこと考えるのって。
    それにしても、ビッグバンより「前」って、そもそも「時間」はあったんでしょうか??

    ユーザーID:4150564502

  • 前はありません

    物質と同じように、時間や空間もこの宇宙が開闢すると同時に発生しました。
    ですから、宇宙が始まる前は時間そのものが存在しません。
    別の宇宙にはもしかしたら別の固有時間があるかもしれませんが、我々の宇宙とは
    全く関係がないので比べることも計ることもできません。
    ちょっと感覚的に難しいかもしれませんが、「前はない」のです。

    ユーザーID:0333881791

  • コーラに牛乳を混ぜた感じかと

    シャワシャワ感があって甘いけれど、少し脂肪感もあるような。

    ユーザーID:8651098306

  • 雑誌『ニュートン』によると

    ビッグバンの前はエネルギーで満たされていて、物質というものがなかった。
    ただエネルギーが満ちているだけなので何らかの出来事(事象)もなく、
    時間とは何らかの出来事によって初めて定義できるとのことなので、
    時間というものすら存在しなかった。

    という風に今のところ考えられているらしいです。


    宇宙のことは途方もなさ過ぎて、こうした読み物を読んでいるだけで眠くなります。
    眠れない夜にはぴったりです。

    ユーザーID:6141606671

  • 「アインシュタインロマン」を見た記憶によれば

    「ビッグバン以前は時間さえも無かった」
    という見解が提示されていたと思いますが・・・。

    結構昔のドキュメンタリーですが、某放送局のオンディマンドから(有料で)視聴できるかと思います。

    ユーザーID:0403662576

  • そもそもビッグバン自体が仮定なんですが

    ビッグバン以前は「無」だとか「点」だったとか「宇宙と宇宙の衝突」だとか「ブラックホール同士の衝突」だとか、様々な議論が飛び交ってますが、最近またビッグバンに関する研究結果の新説が出ましたね。
    この理論が正しければ話ですが、目には見えませんが宇宙にはリング状のパターンがあって、宇宙は絶え間無く再生しており、現在の宇宙はその「最新版」にすぎない、という可能性があるらしいということです。
    でもこれもあくまで仮定にすぎないので神様でもない限り真実は分からないと思います。

    だからこそ宇宙ってロマンだと思います。
    宇宙を知れば知るほど私たちが存在してる奇跡をしみじみ感じます。

    私が生きているうちには宇宙の全てを解明されて欲しいですが……ないでしょうね(笑)

    ユーザーID:0842577981

  • あなたが生まれる100年前のあなたはどんな感じ?

    聞きかじった知識ですが、宇宙規模になると時間の進み方も相対的になる、つまり簡単にいいますとその場その場で異ります。

    以下、たとえ話で説明しますと、

    あなたが生まれる100年前のあなたはどんな感じだったでしょうか?
    何もないという人もいれば、100年前は明治維新前だったという人もいるでしょう。この場合、何もないというのはあなた自身の時間に焦点をあてた回答になりますし、明治維新前というのは日本の歴史のスケールで時間を見た場合の回答になります。

    ユーザーID:9360436808

  • その答えはいまだ人類が手にしていない

    物理的、論理的、情緒的な回答は、「宇宙のはじまりの前」とキーワードで検索をすると、大学教授から素人までいろんな人が唱えていますが、いずれも答えが証明されていません。
    早稲田大学の「宇宙のはじまり」と題した説明が以下のURLにあります。
    宇宙をうまく説明しているHPだと思います。

    http://www.sci.waseda.ac.jp/journal/vol1/no1/daishido/dshd00.htm

    上記で、宇宙とはを勉強した上で、自分なりの想像の翼を広げれは良いかと思います。

    ちなみに私の結論は、仏法で言う「空」に行きあたりました。

    ある様でなく、ない様である。

    イメージ的には、ぱっと生まれて、ポンと消えるあぶくの様なものです。

    宇宙論では、光のスピードが一定基準で、時間さえ長くなったり、短くなったりします。
    よって、今生きている80年など刹那にすぎず、宇宙さえ一瞬で消える世界なのかと勝手に想像しています。

    時間は人が、惑星の公転周期(リズム)から導きだしたものです。
    星に生死があるように宇宙空間にも生死があるとも思います。

    ユーザーID:0764314332

  • 私の知っていること

    中学生の頃から、星(の観望)と宇宙論に興味があります。
    で、あくまで一般向け教養書のレベルで今の私が知っていること。

    1:我々の宇宙は、137億年前に“無”から生まれました。我々の宇宙が生まれる前の「空間」や「時間」すら、ありません。

    2:では何があったかというと、あるいは「どこで」我々の宇宙が“無”から生まれたのかというと、11次元の世界の中で、だそうです。

    今の我々の宇宙は、前後左右上下の(我々のいう)立体3次元の世界に1方向に流れる時間が加わった4次元世界です。前後・左右・上下・時間以外の5次元以上の要素?は究極の素粒子の中に閉じ込められているらしいです。

    で、我々の宇宙の中でも、また新しい宇宙(我々の宇宙にとっての子宇宙)が生まれているのだそうです。でもそれは、別の次元の世界の話なので、それを認識したり行ったり来たりはできません。というような形で、宇宙は我々の宇宙以外にも、無数にあるのだそうです。

    本にはもう少し理解しやすく?書いてありますよ。しょせん、夢のようなお話ですが。

    一般的な結論:どうでもええがなー。

    ユーザーID:4807625913

  • すみません

    ビッグバン以前の事と書いてらっしゃるのに肝心の所を書いていませんでした。すみません。

    ビッグバン以前には、

    1宇宙の誕生(素粒子レベルの小ささ)



    2インフレーション
    (パチンコ玉が一瞬にして大銀河になるくらいのものすごい膨張)

    ↓(この間不明)

    3ビッグバン(約137億年前)

    おおまかにいうとこういう流れになります。
    なので、今の所ビッグバンの前にはインフレーションということになります。
    しかしこの仮定だと先ほど投稿した新説はまた違ってくると思います。

    ど素人の意見なのですみません。
    しかし、奥深いです。

    ユーザーID:0842577981

  • やはり、難しい

    皆様、たくさんのお答えありがとうございます。
    小生には考え付かないことを教えていただき本当にありがとうございました。
    4次元の世界はかろうじて理解ができますが
    5次元、6次元・・・そうなってくるともう、さっぱり分りません

    ある時から、時間が始まった・・・?

    そう、そこが分らないところなんです。
    いつからそれが始まったのか
    其の前はどうやったのか

    時計が止まっている場合

    電池を入れると時計は動き始める
    しかし
    その周りの時間は進んでいる

    其の時間がいつから刻み始めたのか

    考えれば考えるほど
    小生のちっぽけな知識では
    検討がつきません

    このようなことを
    考えない方がいいのでしょうかね

    ユーザーID:4895877444

  • 誰かが言ってました

    そもそもビッグバンは、《その前のことはわからない》という前提の上の仮説だそうです。

    ユーザーID:8090514903

  • 私の気になること

    よくわからないんですが、
    6次元とか7次元とかもいいますよね。
    それと、幽霊が住んでる世界もあるわけでしょ。
    天国もあるし、多分地獄もある?
    それって、全部宇宙にあるわけでしょ。
    目に見える世界も宇宙だし、あの世?も宇宙の中にあるのかな?
    成仏できない魂は本当はこの世にいないのかな?
    紙一重の世界にいるから、間違って心霊写真とかで写っちゃったりしてるの?
    死んだ人がみんな天国に行くとなると、天国は人口過多すぎますよね。広い宇宙にさまよってるのかな?動物は?

    私はそんなことが気になってます。

    ユーザーID:2166732569

  • 得心

    神のみぞ知るさん

    そもそもビッグバンは、《その前のことはわからない》という前提の上の仮説だそうです。

    なるほど、そういうことですね
    得心しました

    皆様ありがとうございました

    ユーザーID:4895877444

  • 昔よく考えました

    同じことを昔すごく考えましたが、
    自分が想像できるようなスケールの話じゃないんだよな、と
    あるとき唐突に思い、諦めました。

    ユーザーID:2401166626

  • 何もないってどういうこと?

    どなたかのレスで、宇宙は無から生じたとありましたが無の状態って何ですかね?
    物質的なモノを無から創ることは、理屈として成り立たないと思います。
    ビッグバンが宇宙のきっかけなら、きっかけはその前から存在していた事になります。

    ユーザーID:0639473062

  • エネルギーが物質に転化した

    >未来志向さん

    無については、色々と難しい話になるみたいですが、本当に何もなかったわけではなく
    いわゆる我々が認識しているような物質や空間、時間などがなかっただけで何らかの
    エネルギーがあったと考えられているようです。
    そして、そのエネルギーが物質に転化したと考えられているらしいです。

    詳しい説明は私もおぼろげなので省きますが、

    エネルギー
     ↓
    素粒子
     ↓
    素粒子から水素などの軽い元素ができる
     ↓
    星の誕生
     ↓
    星の中の核融合で少し重い元素(最大鉄まで)
     ↓
    超新星爆発などでさらに重い元素


    エネルギーは質量(物質)と等価なものと考えられるらしく、
    以下の有名な式は、そのことを示しているらしいです。
    e=mc(2)  *カッコ内は乗数
    (エネルギー(e)=質量(m)と光速度(c)の2乗)

    例えば、核融合や核分裂の際に発生した爆発的なエネルギーと引き換えに、ほんのちょっと
    質量が減るらしいです。この場合は質量(物質)がエネルギーに転化していますが、
    これと逆のことが宇宙の始まりで起きたと考えられているらしいです。

    ユーザーID:6141606671

  • 2度目レスです

    neko様
    多次元宇宙論は、観測に基づいて構築した理論です。
    それに対して、幽霊やあの世や天国地獄は人間の頭の中だけで生まれた幻想です。
    ごちゃごちゃにしないでくださいね。

    未来志向様
    確かに無から有が生じるのは理屈として成り立ちません。
    では無から生じたはずのこの宇宙にはどれくらいの有があるのでしょうか。
    答えは、宇宙全体の物質(エネルギー)の総量はゼロです。
    正のエネルギー(物質)と同量の負のエネルギーが存在しており、差し引きゼロなのです。
    今の宇宙が無と同じだとは言えませんが、エネルギー保存法則には反しないのです。

    最近の研究と観測により、現在の宇宙膨張速度は加速していることが確認されたそうです。
    これは驚くべきことで、ビックバンで宇宙が始まっただけなら膨張速度は徐々に落ちてくるはずですが、加速しているということはこの宇宙の外からエネルギーが供給されていることを意味します。
    つまりこの宇宙に外側があるということです。
    ダークマター、ダークエネルギー、M理論、宇宙定数の復活など面白い話はたくさんあるのですが、字数制限があるのでまたの機会に。

    ユーザーID:2293376585

  • 時間とは

    確か、私が中学生の時に知った一文ですが。

    『時間とは 単に 変化と不変とを意味する 
     絶対に変える事の出来ない 順番なのだ』

    …だったかな。

    原文は英語だったので間違っているかもしれませんが
    今でも覚えているので、当時の私はよほど衝撃だったんだと思います。

    ユーザーID:3891963971

  • 考えるのって楽しいですよね

    こんな風に考えてみました。

    時間って人が考えた出した概念だと思います(便利なので皆使っている)。
    物が動いて動く前と後とを区別したい時、時間という考えが役に立ちます。

    そこで全ての物が止まった状態を考えた場合、その時「時間」はないのではないでしょうか。


    ビッグバン以前に時間が無いというのは、何も動いてないという事なのかな?
    だったら時計を持ってこの宇宙の外からこの宇宙を見た時(そんなことできそうも無いですが)、ビッグバンが起こる100億年前も1秒前も何にも変わらないじゃないかと思います。

    ユーザーID:1651191858

  • 100%受け売りですが

    100%受け売りなので、間違っていたらごめんなさい。

    相対性理論では、時間は光速を元に定義される。
    ビックバン以前は、光が存在しない。
    光がないから、時間を定義できない。

    今の物理学理論では、ビックバン以前の時間を論じることはできないということらしいです。

    ユーザーID:8400943505

  • 受け売りですが

    某雑誌ニュー○ンでいつぞや見た説明をそのまま話します。

    空間と時間は大体同じものだと考えると、
    トピ主の質問は地球上の話にたとえると次のようなものになる
    ということです:

    「南極のさらに南には何があるの?」

    この質問に意味があると考えるなら、
    トピ主の質問も意味があるのでしょう。
    (厳密には、ここでいう「南極」はビッグバンではなく
    インフレーションの時点らしいですが)

    ちなみに次元の話がちらほらでてきますが、
    詳しくない方に(多少ごまかしながら)補足しておきますと

    2つの数字を並べたもの(x,y)は2次元ベクトル。
    平面上の座標を表します。

    数字をn個並べたらn次元ベクトルです。
    n次元の空間における位置を表します。簡単ですね。
    ドラ○もんも幽霊も出てくる余地はありません。

    ユーザーID:3746767288

  • 時間を気にするのは人間だけ

    他の生き物には必要のないものです。

    私にとって時間は、自分が生まれて死ぬまでの間にしか存在しないものと
    いう気がします。

    ユーザーID:8872201847

  • 100億年後はどうかいな?

    将来的に宇宙は膨張し続けるのか、
    どこかの時点で収縮に転ずるのか、
    なんて議論がありましたね。
    結論なんて知りゃしませんが。


    収縮に転ずることがあるならば、
    いつの日か、
    ギューっと、
    ギュ〜〜〜っとなって。
    また、
    バーーーンってなるんじゃないですかねぃ?

    そしたらまた、130億年くらいで、
    こんな感じじゃないですか?

    ユーザーID:8558161320

  • 宇宙の始まり

    まず、ビッグバン仮説は検証済みと言っていいでしょう。あらゆる観測結果がこれを支持しています。
    また所謂ビッグバン以前にはインフレーションが起こったとされていますが、宇宙の始まりという問題に対してはこれらに本質的な違いはありません。

    ビッグバンとは、大雑把に言ってハッブルによる宇宙膨張の発見から導き出される自然な帰結で、(宇宙が有限の大きさなら)昔の宇宙は現在より遥かに高温で小さかったということです。
    そしてさらに遡ると、現在宇宙を記述できる唯一の理論である一般相対論によれば宇宙の大きさは「ゼロ」になり、物理学は太刀打ちできなくなります(特異点定理)。

    従って、宇宙とは時空そのものでかつその時空から時間は不可分なので、「宇宙誕生以前に時間はなかった」という言い方がなされます。
    しかしながら特異点定理により、宇宙の誕生に近付くほど物理学は破綻していきます。
    よって「宇宙誕生以前に時間はなかった」というのも完全な推論です。

    ただこれだと『答えなし』となるので、例えばハートル=ホーキングで調べてみて下さい。

    もう一つ。今のところ宇宙(時空)の次元が4以外であるという観測結果は皆無です。

    ユーザーID:4710711814

  • 悩める仲間が!!

    私は26歳女性なので、こんな悩み彼氏にも言えません(笑)

    最近の悩みは時空です(笑)

    速度や質量が変わると、時間の速度が変わるらしい..


    ……悩ましい………

    このトピック面白いデス!!!

    ユーザーID:8942672046

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧