無添加な食生活に疲れてきました

レス73
お気に入り194

やぶれまんじゅう

話題

40代主婦です。食生活が乱れるとすぐ体調をくずすタイプなので、若い頃からかなり気を使ってきました。

栄養バランスはもちろんのこと、化学調味料はとらないようにし、野菜はなるべく農薬控えめのもの。お肉も生協の安心なもの、調味料も、余計なものが入っていないもの。

でも、正直疲れてきました。。幼稚園の子供がいるのですが、以前よりなお気をつけるようになると、近所のスーパーでのお買い物ができません。(ジャンクな物しかおいてないので)
時々お友達の家に呼ばれて、時々一緒にお昼をご馳走になりますが、そこで出される市販のウィンナーがいっぱい入ったシチューやマルちゃんの焼きそばを、子供は大喜び。自分もいただきますが、とってもおいしく感じてしまいます。

夫に言わせると、気を使いすぎて、家のは薄味でおいしくないんじゃない?とのこと。かなりへこみました。

食べるもので体はできている、と思っているので、それなりに気は使いたいのですが、力の抜きどころがわかりません。男の子なので、食べ盛りになると、今の食費のかけ方だと破産しそうですし。(恥ずかしながら3人家族なのに、外食以外の食費が5万以上かかっています)

無添加な食生活の方で、食べ盛りのお子さんのいる方、ほどほどに力を抜いている方、ご意見お聞かせください。

ユーザーID:7308961014

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数73

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ほどほどに

     …しか気を使いません。野菜は義両親が趣味で作っているのであまり農薬使ってなく、それをよく頂いてます。
    でもスーパーで買う野菜も中国産は買いませんが、国産のものは色々買いますよ。

     それでも体調は今まで普通ですよ。
    ウィンナーは着色料は今はほとんど赤色…とかは使ってなくアナトー色素とかだから
    気にせずたまには食べますよ。

     まるちゃんヤキソバ大好きです。これって体にそんなに悪いの?
    インスタントラーメンはほとんど子供に食べさせないけど
    生ラーメンはたまに食べさせるし…

     そんなに気を使ってたら食べたいものも食べず
    ストレスたまりませんか?
    無農薬も良いけれど、それより食べる物の、バランスをとれば体調もある程度安定するのでは?

    ユーザーID:2978079044

  • 無添加にはこだわっていませんが

    子供が食物アレルギーだった事がきっかけで食材は確かなものを選ぼうと思ってきました。
    食費は中高生4人家族で12万円くらいです。

    牛乳だって選べば1リットル300円台でしょうか?
    うちは1日に1リットル飲むので普通の200円位のを買っています。

    焼きそばの麺も確かに「無添加は食べなれた麺とは少し違う」と感じるし、クッキーなどのお菓子にしても味が違いますね。
    確かに味が薄いし素朴ですね。
    どちらも好きです。両方食べます。

    疲れたのならこれだけはというもの以外は別にこだわらなくてもいいのでは?
    私は調味料、豆腐、豚肉、卵は拘っていますが、他はなければある物を美味しくいただきます。

    ユーザーID:0679829579

  • 金の切れ目が縁の切れ目

    私も同じ。
    無添加にこだわったり、幕内秀夫先生の著書に惹かれたり、、いろいろやってきましたよ。現在上は中学生。
    今も続けていることは、煮干しのだしでみそ汁。みそは安いスーパーにある普通のもの。ただし、だし入りは避ける。牛乳は高温殺菌の安いもの。
    野菜もらでぃっしゅぼうやなどは、退会して、イトー○堂の普通のもの。
    ケチャップもマヨネーズも市販の安売りするもの。
    ただし、こだわっているのは、米。小麦粉。
    小麦粉はクオカや、富澤商店などや、農産物直売所で国産品を買います。
    ケーキは手作り、パンも。なるべく、市販品は買わないようにしています。かといって、ポテチを友達の家に持って行かせたり、家でも食べさせたりしますよ。まったく買わないわけではありません。
    外国のタケノコ、冷凍野菜は買いません。どうしたって外食で口にいれるので。完全除去はできません。
    自分の折り合いのつくところ、気分のよいところで妥協されて自分の形を作って行かれるとよいですよ。

    ユーザーID:7270100254

  • 無添加?とは?

    野菜とか育てたことがありますか?
    栄養剤とか少し注入しなければ育ち難いですよね。
    それを与えず野菜を育てる方法は昔ながらの
    肥やしですか?
    よくわからないのですがそれだとお腹に寄生虫がわくわけですよね。
    無添加ってありえないのでは?
    うちはもうお店にある惣菜ばかり買ってます。
    20年間あまり病気もしません。
    それに光熱費も使わず安い。
    この生活はやめられません。
    時々
    バナナとか納豆を食べていたら毒を出すのか?調子いいですよ。

    ユーザーID:1350765527

  • 私が疲れるのは

    トピ主さんのように食の安全に神経質な人が、そばに居ると疲れます。
    無添加の食材が安心で、それ以外を食すると不健康になると説く人が一緒に居ると疲れるのです。一緒に食べる食事も美味しくない。
    貴方以外は皆が不健康? どのように不健康なのか知りたいです。

    調味料が危険なのでしょうか。 
    それなら医薬品は危険でしょう? 歯磨きは? 石鹸は? 
    何でも美味しく食べられる事のほうが安全安心と思います。
    (日本の場合です)
    >食生活が乱れるとすぐ体調をくずすタイプなの
    心の反応が体調を変えるのでは?と思います。

    ユーザーID:9986476843

  • 気持ちの問題じゃね?

    義母はトピ主さんのように、添加物に気を使い、塩分はすくなく、油もとらないようにと、味気ない、塩気の無い、ぱさぱさしたものを食べていたそうです(夫談)。54歳で脳内出血でなくなりました。義父は、中年期、酒を浴びるように飲み、タバコも吸いまくり、接待もあったのですが外食しまくり、野菜もきらい、義母が亡くなった今では冷凍食品など食べまくってますが、72歳にしてものすごく元気です。義母が生きていたときは好きなものが食べられなかった、今好きなものが食べられて幸せ、だそうです。

    夫いわく、あれだけ健康に気を使い、食べ物に気を使っていた母は病気であっさり死んじゃった。食べたいものを我慢して、おいしいもの、食べたいものをおいしいといって食べれないことのほうがよっぽど体に悪い、食べすぎ、とりすぎに気をつけるくらいでいいんだよ。僕は食べたいと思うものを食べたい、だそうです。
    塩分を減らすために昆布だしをとるようにしたり、野菜の多いメニューを作ったり、そのくらいしか考えてません。食べることは大好きなので、食べたいものやおいしいものを我慢してまで数年長生きすることに意味なんてないとおもってます。

    ユーザーID:3933330076

  • 定期的に好きな物を食べる日を作っては? カロリー源は澱粉?

    誰かが書いていたのですが、たまの一回は自分の好きな物を
    食べる、という方法があるようです。
    メリハリを付けるというか。

    例えば月一回だけは、マルちゃんの物を使ってよいとか、
    10日に一回、あるいは週一回、好きな物を食べる日を
    挟み、他の日はいつも通りで。

    というのは欲求不満を募らせない道かもと思います。

    またお子さんが大きくなって、食費がかさみ
    家計にしわ寄せがいきそうなら、安くて栄養価のある物を
    重点に使ってみては?

    私には良くわかりませんが、例えば
    パスタ・麺類・じゃがいもなど澱粉質をたくさん
    取り入れてお腹を満腹させるとか?

    子供のスポーツクラブだと試合の前の夜は
    たくさん子供にパスタを食べさせてください、
    というお知らせが来たりします。

    筋肉にカロリーを貯えさせて次の日の試合に
    エネルギーが使えるように準備をするとか。

    他にもキログラムあたり安く、安全な食品を
    探してみてはと思います。

    栄養のバランスを考えてはいかがでしょうか?

    まだお子さんは小さいので、それほど焦らなくても
    良いと思いますが。

    がんばってね。

    ユーザーID:6731892113

  • 無添加生活はセレブリティーの特権?

    経済的に余裕がないと無添加生活できないよな、というのがズボラ主婦の感想です。
    いちばんいいのは自給自足するために田舎暮らしするしかないでしょうね。でも完全無農薬はコストも手間暇がかかり過ぎるし無理!と農家出身の母は言っています。
    大人が無添加生活するのはいいと思いますが、子供時代に無添加生活を過ごすと反動が大人になってあらわれることがあるようです。小町にそのようなトピがありますよね。もちろん子供にフィットする可能性もありますからなんとも言えませんが。

    ユーザーID:2384675421

  • 友人にいますが・・・

    友人に、トピ主さんのように無添加に拘るお母さんを持つ人がいます。

    大学で出会ったのですが、コーラを飲んだことがない、カップラーメンを食べたことがない、ポテトチップスを食べたことがない、と聞いて、正直ドン引きしました。

    ご自分の趣味(もう趣味の域ですよね)を子供に押し付けると、お子さんが将来変人扱いされるかもしれませんよ。

    この友人は女性ですが、今婚活に苦労しています。
    友人の食生活についてこれる男性がいないのだそうです。

    取り敢えず、お子さんには普通の食事をさせては如何ですか?

    ユーザーID:9289878895

  • お疲れ様です。

    外食はされるのですよね。
    無添加材料のお店なのでしょうか。

    無添加のみでの料理はお金が掛かると思います。そして、長続きしないと思います。

    子育ての頃は出来るだけ頑張った事も合ったのですが不可能でした。

    子供達の付き合いもあるし、大きくなれば目もとどきません

    何よりもスーパーで売っている物で、バランス良い献立・味付けで感謝して食べることのほうが重要だと思っています。

    あり難く食べて還暦ですが、完全健康体で体調も万全ですよ。
    疲れも知らないです。


    そこまで拘りは無いですね・・・・

    ユーザーID:9796579077

  • 絶対に不足しているものは

    健康に気を遣って、無添加の食材での調理。手間もお金もかかりますね。
    でも、無添加というのは、荒っぽくいうと「害が少ない」というだけの食品群です。無添加だから栄養があるという俗説が出回っていますが、読んで字のごとく、何も添加していないだけのものです。

    無添加の食材を長時間ゆでたり焼いたりすると、体の中で実際に栄養になるための働きをする、酵素や乳酸菌が残らず不活性化してしまい、カロリーだけが蓄積される食事、しかも味気ない。

    やりきれませんね。

    食事すると消化のために酵素が使われ、体の代謝のために酵素が使われ、体内に澄む有用細菌群の餌として酵素が使われます。酵素がないと、消化や代謝に大きな影響が出ます。
    おまけに添加物の影響も受けやすく、免疫力も下がります。

    手早く酵素を摂取するなら、加熱していない野菜ジュースがいいかもしれませんね。

    朝と夜に飲むだけで、少しくらいの添加物を取ったとしても、大きなダメージは起こりません。
    むしろ、無添加で少ない酵素食の方が、長期にわたって健康に影響が出るといわれます。
    あとは、ご自分で調査してみてくださいね。

    ユーザーID:5656755886

  • わかるかも

    生協もやっているし、スーパーでもお買いものします。

    生協って、ナショナルブランドの物の生協仕様の食品とかお菓子ありますよね。あれって何故か生協のはおいしくない・・・結局おいしい部分は生協が除いているところの部分、一般的に体に悪いといわれているような部分にあるのかな・・・と(笑)思う時があります。

    娘がアトピー(食品関係ではないですが)だったので、添加物の勉強は少ししました。添加物や着色料にも、絶対取らない方がいいものってあります。
    あれもダメこれもダメだと食べるものもないし、お金もかかり過ぎるので、何か買う時は原材料をチェックし、絶対にとりたくない添加物が入っているものだけを除外しました。

    同じ様な食品でも原材料はかな〜り違います。原材料チェックするだけでも随分違うと思います。原材料は%の多い順に並んでいますので参考になりますよ。

    おかげで今でもスーパーで手に取った食品を裏返し、原材料をチェックしてます(笑)

    ユーザーID:1180067239

  • 知っているなら調整しながら

    とぴさんすごいですね。
    私は灯台元暗しで、なかなかできずにいます。

    生まれも育ちもマクロの世界で生きてきましたが、
    大切なのは、あわせるということ。

    たとえば、厳格に食事を規制していても、
    外に出て友達に、レストランに招待されたら食べる。

    それと同じで、
    自分の体調に合わせて食べたらいけないものを排除すればいいのでは?

    これまで気を使ってこられたなら、
    多少のジャンクには耐えられるのではないですか?
    気分がすっきりしない、
    あ、甘いものを控えようかな?
    子供が試験前だ、
    あ、おやつは自然のものにしよう。。。

    でいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:6672167869

  • 日本人は恵まれ過ぎ

    本来私も気にするほうですが、きりがないので程々にしています

    なぜなら、
    無添加なものを採って、もちろん身体にはいいでしょう
    やらないよりもっと長生きするでしょう

    でも、
    これでも世界一長寿国の国民なのに
    これ以上 もっともっと って
    世界から見たら、なんて贅沢なのかなと考えてしまいます

    ぜんぜん無頓着なのは困りますが、程々でいいんじゃないでしょうか

    ユーザーID:4521734076

  • 無化調は茨の道

    化学調味料は解禁してもいいんじゃないでしょうか。やはりあれは強いです。

    ユーザーID:9878225061

  • ゆるーく気をつけています

    食材は出来るだけ国産を使います。
    トピ主さんは、やきそばが美味しかったのですね。
    私も一度食べたことがありますが「身体に悪そう」と思いました。
    賞味期限が長いのは添加物だらけですよね。
    美味しい味を知ってしまったから、「食べないようにガマンしてる」と言う気持ちに変わったからストレスを感じて疲れたのではないでしょうか?

    ユーザーID:9684421607

  • 無添加過ぎるのもダメですよ

    パーソナルトレーナーをしているものです。

    無添加はいいことですが、無添加過ぎるのもダメだと思います。
    なぜなら、今の世の中、添加物であふれています。
    逆に無添加に徹していると、少しの添加物に異常に反応しアレルギーを持つ方もいらっしゃいます。

    なんでも、おいしく頂く、その精神が一番大切です。

    極端はお話をひとつ。

    タバコでも、害にならない場合もあるのですよ。

    タバコをおいしく、マイナスのことを何も考えず、適量吸えば、それほど害にはなりません。

    無添加な食生活は、少しお休みしてはどうですか。
    「おいしく楽しくお食事を頂くこと」
    これを最優先でいきませんか?

    ユーザーID:0710060798

  • ほ、本末転倒!

    食べるものに気を使いすぎて疲れる…
    目的と手段を間違えてませんか?

    どんなにいいもの食べても性格が悪かったり体が弱かったり心が弱かったり、いろいろありますよ。

    逆も然り。

    元気でよい子を育てましょうね。

    ユーザーID:2847754385

  • あまりこだわり過ぎるのもどうかと思う

    家族の為とは言いつつも、肝心の家族が納得していないのでは、ただの自己満足になってしまうのでは…?
    私個人としては、トピ主さんの食に対するこだわりは素晴らしいと思います。けど、家計を圧迫してまでこだわる事なのかな…とも思います。

    ユーザーID:9341367959

  • お気持ちはわかりますが

    息抜き、手抜きをしてもよいのでは?
    某お隣の国などと比べても、日本の食品の品質は安全です。
    まあ、安全なんですよ。
    ほどほどに気にしつつ、ほどほどに息抜きしましょうよ。

    ポテトチップス、コーラ、普段はがまんします。
    酸化した油の塊、炭酸入ってるだけの砂糖水なので。
    でもどーしても食べたい時があるので、月に1回、2回は食べちゃいます。

    和菓子とか食べたくなったら、スーパーで売ってる「日持ちしそうな」やつは避けます。「日持ちする」のは添加物入りなので。
    和菓子店などで売ってる「本日中にお召し上がりください」を食べます。

    野菜も、スーパーで売ってる普通の野菜を食べます。
    もちろん、薄い洗剤液で洗ってから、大根の皮も食べます。
    (さすがにキャベツの固い外葉はやめときますが)

    「入る」ことに気をつけるのも大事ですが、「出す」ことはいかがしてますか?

    化学物質は食物繊維に絡まって体外に出されるそうです。
    私は繊維質たっぷりのお通じを目指してます。
    どくだみ茶を飲んだり、温泉で汗をかくようにしたり。

    ほどほどを楽しみましょう!

    ユーザーID:5015565520

  • 疲れたなら止めるの。

    人生、休み休みって言うじゃない?
    疲れて迄やる事なんか世の中にないのよ。

    時々は自分に甘くしてやらなきゃ、何の健康よ?
    今の状態は充分、精神が病んでるわよ。

    一度決めたらひとつの事に集中する性格なのね。
    ようはバランスよ?
    添加物にばかり気を使う前に周囲を見回してみて。

    電子カーペットや電子毛布を使ってない?
    疲れ易いのは電磁波のせいって言うわよ。

    それにね、野菜が身体にいいっていうのも思い込み。
    人によっては合わない場合もあるの。

    健康オタクもいいけど、幸せになる為に生きているんだから、もっと楽しまないとね。

    ユーザーID:0407461161

  • バランスのいい食事の方が体によいのでは

    同じく40代、男の子1人の3人家族です。
    化学調味料、増添剤等々の入った調味料は買わないようにしています。マヨネーズ、コンソメ、ソース、だしの素、中華スープの素...は無添加のものを選びます。高級なものではなく、普通にスーパーに売っているものです。最近は無添加の調味料も増え、簡単に手に入るようになりました。

    野菜や果物は皮をむいたり、流水でよく洗います。無農薬野菜ではなく、これまた普通にスーパーで買ったものです。お米はといだ後ひたしておきますが、炊く前にその水を捨て、新しく水を入れてから炊きます。皮をむく、よく洗う、これだけで農薬ってほとんど落ちると思ってます。それと、添加物を排出するという海草、きのこをなるべく食べるようにしています。

    マルちゃんの焼きそば、ハムやウィンナー、かんすいや化学調味料入りのラーメンももたまに食べますよ。子供が大好きですから。焼きそばにはわかめたっぷりスープをつけ、リン酸なんとかが入っている安いハムやウィンナーは切れ目を入れてさっとゆでこぼしてから食べます。これで、添加物もかなり少なくなると思います。

    ユーザーID:4447682515

  • 心がギスギス

    ご主人がかわいそう・・・トピ主さんの作る食事は味気ないようですね。
    お子さんが小学校に上がったら、給食はどうされますか?

    なんだか心がギスギスしそうです。

    ユーザーID:9554402731

  • お疲れさまです

    日々、健康に留意してお食事を作るって、並大抵のことじゃないですよ。
    お疲れになるのは当然です。
    私も息子が埃アレルギーなので、もう20年近く掃除は徹底してやっていますが、
    息子も大きくなって、それほど埃に気を遣わなくてもよくなったのもあると思うのですが、
    最近は、ふっとやりたくなくなることが。
    食べ物は直接、口に入るものですから、掃除とは違うかもしれませんが、
    すっぱり止めるのは恐怖に近いものがあって、こだわりを止められないのは辛いな、と思うことがあります。

    おいしい、と思うのは、ある程度、体が要求しているからかも。
    うちも健康に留意して、料理は薄口ですが、たまにジャンクフードも食べますよ。
    それでも薄口に慣れていますから、毎日、ジャンクフードはありえないです。
    やっぱり家のごはんが一番おいしい、と言ってくれます。
    なので、たまには、食べてもいいんじゃないでしょうか。
    罪悪感を持つ方が体に悪いですって。

    ユーザーID:6522847675

  • ほどほどにしています

    私も一時期、食に対してこだわっていました。

    トピ主サンのように化学調味料や農薬の有無、添加物を極力避けたいと思って実践していました。
    でもやはり経済的にきつく、食材の買い物もストレスになり「私は何のためにこだわっているんだ?」とふと思いまして。
    それからほどほどにしています。

    例えば、出来るだけ手作りにする。
    惣菜やレトルトはあまり使わない。
    漬物は出来るだけ手作り。
    食べ盛りの子どもには粉モノのおやつ(パウンドケーキなど)を手作りする。
    薄味もほどほど。
    砂糖は三温糖、味噌はダシ入りでないもの、塩は天然塩。

    この程度なら経済的にも負担にならず、添加物等も少しは減るかな〜

    子ども達はファストフードを食べたがります。
    「こんな体に悪そうなものなんて・・・」と言いながら食べるより、楽しい話題で食べる方がいいかなと思って、たまに食べることもあります。

    私の「ほどほど」はこんな感じです。

    ユーザーID:3419499869

  • ほどほどに

    現在の日本で無添加に拘るのは大変ですよ。有機農業にしても肥料にする家畜の食べ物に添加物が含まれては意味がないですしね。あるいは調理に使う水も山奥のわき水を使う必要があるでしょ。要するに江戸時代に戻れなければそんな生活は無理なわけです。
    食事は大事ですが、栄養バランスを考えて手作りをする。なるべく外食をしない。ファストフードを食べない。お菓子やジュースを自宅で食べたり飲んだりしない。くらいでいいのでは?
    あるお医者さんが言ってましたが、ホントに体に無害な飲み物は「水」くらいしかないそうですよ。中途半端に無添加に拘るのは医学的には無意味だということです。

    ユーザーID:5640609236

  • 化学調味料

    合成着色料や、保存料などは、身体に害があるものがありますが。
    少量なら、まったく問題無いです。
    普通に売っている食材なら大丈夫。

    味の素等の、うまみ調味料に関しては、そもそも化学調味料という言い方が誤解です。
    普通に自然界にあるうまみ成分ですから、これが害ならば、自然食品も害になります。

    ユーザーID:7562240321

  • 添加物・化学物質は少しでもあったら危険とお思いでしょうか?

    管理栄養士です。

    化学物質にはこれ以下なら細胞に作用しないという量の、さらに1/100の量が毎日食べ続けても大丈夫、他の食品と組み合わせても問題ない量として定められており、添加物を使用する際は厳しく規制されています。食べたら危険ですよ的な本は、あくまで高濃度に摂取した場合に発がんがあるなどと書いているだけです。

    複合汚染についても恐れていませんか?これは薬の場合にはありえます。薬というのは確実に細胞機能に作用する量の化学物質が含まれています。よって複数与えると相互作用や拮抗作用が起こることがあります。だから薬は薬剤師さんの管理下で処方されるのです。食品添加物や残留農薬の場合にはありえません、細胞機能に作用しない量の化学物質をいくつ与えても何の作用も現れません。また発がん性のある物質は規制によって使用できないようになっています。

    要は量と作用の問題です。少なければ無毒、薬だって飲み過ぎれば毒。食塩でさえ一度に大量に摂取すれば死にます。食で一番深刻な問題を引き起こしているのは食中毒です。新鮮な食材を使い、主食・主菜・副菜をバランス良く食べていれば特に問題ありません。

    ユーザーID:3414434451

  • 勉強する

    食品添加物や農薬に対し、やみくもに恐れたり忌避するのではなく、
    しっかりとした知識を身につけるのがいいんじゃないかと思います。
    人体に害を及ぼすと考えられている量に対し、法律や自主規制で
    決められている基準値がどれくらいかなどです。

    そうすればおのずと「このくらいは大丈夫」と安心できるように
    なるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:3079959196

  • うちのおばあちゃん

    無添加生活おつかれさまです。

    私は母がいなくて父方の祖母に育てられましたが、まぁ料理ができない人で、毎日同じお弁当や夜は麺類、とても偏った栄養バランスで育ちました。

    祖母はだらしなく、家はゴミ屋敷で冷蔵庫の中は期限切れや、いつ作ったかわからない料理が散乱して、それをよく食べていました。。

    でも80過ぎても大きな病気せず普通に生きていますよ!


    私は料理が下手なので、自分で作るよりもコンビ二や外食の方が美味しいと思ってしまいます。。

    でも、トピ主さんみたいな家族の健康を考えて食事を作ってくれるお母さんがよかったし、憧れます!

    無理しない程度に頑張って下さいね。

    ユーザーID:2410224081

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧