家族・友人・人間関係

亡くなった母からの手紙を巡り父と喧嘩しました

レス304
お気に入り644

りいな

ひと

高校の卒業式を迎えました。
父は「3年間早かったな」と感慨深げで、
「お母さんも天国で喜んでいるよ」と言いました。
母は私が中学生の時に亡くなっています。

夕食の後、父が封筒を渡してくれました。
封筒の表には母の筆跡で私の名前が書かれてありました。
「お前が高校を卒業したら渡してくれと言われていた」と父。
それは亡くなる前に母が私宛てに書いてくれた手紙でした。

「高校卒業おめでとう」で始まった手紙には、私の成長を見届けられなかった事を詫びる言葉、
少女から大人の女性に育つ過程において様々な悩みにぶつかるであろう私に、母親として傍にいてあげられない
事が心残りであると書かれてありました。

全てはここに書けませんが、最後の「思いやりを持った優しい女性になって、お父さんのことを大事にしてあげてね。
私の分までどうか幸せになってほしい。あなたをずっと見守っています」の文を読んで私は泣きました。父も泣いていました。

問題はこの後です。
父は母の私への手紙をまだ預かっていて、成人式を迎えた時、結婚が決まった時、そして母親になった時の3通を、それぞれ
その時が来たら渡すよう頼まれてるそうです。

私は母が何を書いてくれているのか気になり、その3通を今欲しいと言いました。
父は絶対駄目だと言い、私は「お母さんが私のために書いてくれたのだから、私が貰う権利がある」と言い返し、喧嘩になりました。
「絶対渡せない。お母さんとの約束であり、意志を踏みにじることは許さない。お前の事を思って書きながら泣いていたお母さんの
気持ちが解らないのか」と父は激怒。

でも母が私に書いてくれた手紙を本人が欲しいという事がそんなに悪いことでしょうか。
私の言い分は間違っていないと思います。正論過ぎたのでしょうか。
皆さんは、どう思われますか。

ユーザーID:1778970705

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数304

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 母の意思は?

    お母様が最後のお願いとして時期が来たら渡すようお父様に頼まれたんですよね?
    だったらお父様も最後の約束をきちんと守りたいんですよ。


    早く読みたい気持ちもわかるけど、お母様の最後のお願いを踏みにじってまで自分の感情優先なんですか?

    子供ですね。

    ユーザーID:9827618284

  • そこは。

    まずは、高校卒業おめでとうございます。

    それから、お母さんからの素敵なお手紙
    心があたたかくなります。

    高校を卒業されたということですから、18歳くらいでしょうか。
    トピ主さんは、今その手紙を読みたいんですよね?
    その気持ちは、よくわかります。

    しかし、成人は20歳、結婚、母親となれば、今、10代のトピ主さんが手紙を読んで感じることと、その年齢にならなければ、共感できないようなことが、あると思います。

    例えば、10代のトピ主さんに「結婚」ということは、想像は出来ても、体験していないわけです。その体験していない今に、手紙を読んだとしても、書かれている言葉は、素通りしてしまうでしょう。

    高校を卒業したとき、手紙を読んで涙したんですよね?それは、色々の苦労を乗り越えて「卒業」という体験をし、手紙の内容に共感できたからです。

    お母さんの手紙は、確かにトピ主さんのものです。でも、「18歳の」トピ主さんのものではないのです。手紙にしたためられた言葉は、その時々に読まれるのが1番だと思います。

    ユーザーID:4246260220

  • 気長に、、待ちましょう

    それがお母様の遺言だとしたら、今受け取ってはいけません。時が来るまで待ちましょう。

    私は生まれてすぐに母をなくしました。母の記憶はありません。突然の事故死だったので、遺言も何もありません。父は母の身の回りのものを全て処分し、遺品の一部と写真を箱につめて、離れて暮らす親戚のところに送ってしまったそうです。私が成人するまで決して目に触れないようにするために。

    成人したとき、初めて母の遺品を手にし、初めて母の顔を見ました。そして遺品を箱につめたときの父の心のうちを想い、胸の詰まる想いでした。同時に何の言葉も残せずに命を終えた母が不憫でなりませんでした。

    主さんはせっかくお母様が思いをこめて手紙を残してくださったのですから、遺言には従わなくてはなりません。母の最期の言いつけ、どうして守ろうとしないのでしょう。どうして母の想いを裏切ろうとするのでしょう。遺言どおりに時が来るのを待つのがあなたの娘としての努めです。それが何よりお母様の供養になることを胸に刻んでおいてください。

    ユーザーID:8842739642

  • お母さんの思いは

    「成人式を迎えた時、結婚が決まった時、そして母親になった時の3通を、それぞれその時が来たら渡して欲しい」と言うことです。

    その時が来るまで待ちましょう。

    ユーザーID:6147215013

  • 正論?

    正論っていうなら、お父さんのほうが正論じゃない?

    成人式、結婚、母親、になったときに渡してほしいって言われてるんだから、その通りにするのが普通では…?

    そもそも今全部読みたいと思うこと自体がよく分かりません。ちゃんとその時期その時期に分けて書いてくれたのに、今読んじゃったら台無しじゃん…

    それに今回もらった手紙に

    >思いやりを持った優しい女性になって、お父さんのことを大事にしてあげてね。

    って書かれてたんですよね?

    お母さんから頼まれた約束をきちんと果たしたいと言うお父さんのことを思いやって大事にしてあげたらどうですか?

    私なら、今全部読んじゃうより、これから先もお母さんの手紙が私を待っていてくれるんだ、3通を楽しみに生きていこうって思うけど。

    だけど結婚出産は絶対にできるとは言い切れませんから、この先歳を取って、自分はたぶん生涯独身で子供もできないな〜と思ったら読んでもいいんじゃないかとは思います。

    お父さん、あと3通あるってことは隠しておけばよかったね…

    ユーザーID:7815369417

  • 宝物、大切に

    お母様がその時、その時と思い残されたお手紙。
    大切な宝です。
    成人式の時伝えたい事。
    結婚に際して伝えたいこと。
    その時々を待って下さいませんか。

    ユーザーID:1113032011

  • お母様の意思

    まずは高校卒業おめでとうございます。

    思いがけないお母様からの手紙でしたね。
    残された手紙があるのなら読みたい、と思うのも当然のことだと思います。

    ただ、お母様はトピ主さんの高校卒業、成人式、結婚、母になったとき、と節目節目のために手紙を残されたとのこと。
    どうかお母様の「この日のために」という気持ちを大切にして、待ってみてほしいのです。

    このことでお父様を責めても何にもならないと思います。
    お父様の気持ちは変わらないと思います。
    「親」という立場(お母様の気持ちと同じ視点)から、言っているので。

    このことで親子でいさかいになるのはもったいない気がします。
    プレゼントを待つような気持ちで、手紙を待ってみてはもらえませんか?

    ユーザーID:2814217369

  • 正論ではありません

    主さんに書いた手紙ではありません。その時、その時の年齢の主さんに宛てた手紙です。今の貴女には意味をなさないものです。お母様の遺志を無になさるおつもりですか?

    ユーザーID:0171067118

  • どちらの気持ちも

    お父様、お母様、あなたの気持ち全部大切ですね。今すぐに読みたい気持ちもよくわかります。でもここはやはり、ご両親の気持ちどおり、その時がくるのを励みに、がんばってはどうでしょうか。

    人は「励み」がないとやりがいが出ないのは、ご存知ですよね。お母様からの手紙を励みに、就職に、結婚にがんばってください。
    そして、男手ひとつで育ててくれたお父様にも感謝して・・・。

    そして万が一のために、手紙を保管しておく場所だけ、聞いておきましょう。絶対に読まない約束をします。

    ユーザーID:3560652021

  • 貰う権利ね・・・

    確かにお母様からの手紙を貰う権利はあるでしょう。

    でも、お父様はお母様から渡す時期を指定されているわけです。
    ということは、お父様には「指定された時期に渡す義務がある」ということでは?

    あなたの権利を振りかざしている言い分は子供じみていて、
    ましてや正論には聞こえません。

    お父様が渡すのを忘れているようでしたら
    「そろそろ渡してもらえない?」と言っても良いと思います。
    でも今は亡くなったお母様の意思を尊重してあげるのが一番なんじゃないですか?

    ユーザーID:6517977731

  • 間違いも、悪もない

    確かに手紙は、りいなさんのお母様とぴぬしさんに書かれたものですがお父様は、渡してほしいと指定された年齢になるまではその手紙は、なくなったお母様に帰属する、それを管理しているのがお父様と考えているのだとおもいます

    りいなさんにはもらう権利はありますが、その権利は一定の時期が来るまでは発生しないということです

    お父様にしたら、今渡してしまっては、自分の妻の遺言を果たせないわけですから、時期が来るまで待てとおっしゃっているわけで、
    お父様は間違ったことはいっていません

    でも、りいなさんが間違っているわけでもないのです

    りいなさんが欲しいと思おうことも悪くはないですし、妻の遺言を守りたいというお父様も悪くはありません

    正論過ぎるわけでもありません、お父様の言うことも、とぴぬしさんの言うこともどちらも正論なのです

    正しい、正しくないで判断することではないということ、そういうこともあるということを学ぶ機会だと思うほうがいいです

    お父様の意見を尊重することはお母様の意思を尊重することにもなります。
    とぴぬしさんは、自分を思ってくれたお母様の意思に反発するのが望みですか?

    ユーザーID:8076407379

  • 欲張り

    こんなにも素敵なご両親からあふれる愛情を寄せられているのに…
    二人の気持ちを理解してあげれない事に驚きです。

    >「思いやりを持った優しい女性になって、
    お父さんのことを大事にしてあげてね。

    お母さんの思いが、全然分かって無いと思う。

    他人の私まで悲しくなる。

    お母さんを早くに失った事は、
    言葉にならない程の苦しみだったと思うし
    この数年間よく寂しさに耐えてきたと感心する。

    でも…その大切な一通の重みを理解できない事は
    とても悲しい人になってるよ。

    残りの手紙は、
    今は、あなたのものであってあなたのものじゃない事に気が付こう。

    お母さんを失った事は、あなたも辛いけど
    お父さんはあなた以上に長い年月を過ごした大切な人を失ったんだよ。
    自分の欲だけを満たす人間じゃなく
    人の気持ちを分かってあげれる優しい人になろうよ。

    ユーザーID:7781441806

  • お母さんの遺志

    高校卒業おめでとうございます。
    亡くなられたお母さんもさぞ喜んでいることでしょう。

    さて、あなたに遺された手紙について。
    確かにあなた宛てではありますが、お父さんにとっては、「託された手紙」ですね。

    トピ主さんの、お母さんの言葉なら、どんなものでも「今」欲しい、という気持ちは責められません。

    ですが、手紙を遺したお母さんの、託されたお父さんの気持ちを少しでもいいから思いやってみて下さい。

    子どもだから解らないのであれば、なおのことそれぞれの時まで待ったほうがいいですよ。

    言葉は、伝わるべき時に伝わってこそ生きます。
    トピ主さんが大人になって、結婚し母になった時に後悔しませんように。

    ユーザーID:4634445320

  • 御尊父が正しいと思います

    大変素晴らしい、御母堂です
    多分貴女が大人になっていく過程を思い浮かべながら病床で書かれたものだと思います
    その時節に合わせてのメッセージですから、その時まで待ちましょう

    クリスマスのプレゼントみたいなものです
    事前に用意してあるのを、どうせ私だから直ぐ頂戴とは云いませんよね
    その日が来るのをワクワクしてましょう

    ユーザーID:9081285377

  • あなたの主張は正論ですか?

    ご自身は「正論過ぎたのでしょうか?」と仰ってますが、
    その主張は本当に正論だと思ってますか?

    >「お母さんが私のために書いてくれたのだから、私が貰う権利がある」

    確かにその通りだと思います。しかし、

    >成人式を迎えた時、結婚が決まった時、
    >そして母親になった時の3通を、それぞれ
    >その時が来たら渡すよう頼まれてる

    お父様は何も一生渡さないと仰っている訳では無いのですよ?
    お母様の「願い」を忠実に実行しようとなさっているだけです。

    少し言い方がキツイかも知れませんが、
    一時の「好奇心」でお母様の願いを無下にするのは如何かと思います。
    亡くなられたお母様の気持ちを優先して考えて欲しいです。

    ユーザーID:3834910820

  • お父様の言う通り

    お母様の意思なのです。
    お父様が預かっているのです。
    お母様は、りいなさんが何歳になった時こうだろうな・・・?
    と想像しながら一生懸命気持ちを込めて書かれたお手紙なのです。
    どうぞ、りいなさんもお母様のお気持ちを大事にしてあげて下さい。

    遅くなりましたが ご卒業おめでとうございます。
    優しい素敵な女性になって下さいね。

    ユーザーID:3179179915

  • あのね

    お父さんが守ってるのはお母さんの「遺志」だよ。
    節目節目に渡してあげてね、と余命いくばくかのお母さんが泣きながら書いた手紙。
    もちろん、今読んだからといって、お母さんの気持ちが無になるわけじゃないよ。でも数年後、成人式を迎えた朝、結婚が決まったとき、そして母親になったそのときに初めて読むのと、今読んでしまうのとでは「あなたの受け取り方」が違うと思う。

    すぐにでも読みたい!って気持ちも痛いほどわかるけど、お願いだから「お母さんの遺志」と、それを守ってるお父さんの気持ちを考えてあげてほしい。
    お母さんの手紙にも書かれてるよね。

    「思いやりを持った優しい女性になって、お父さんのことを大事にしてあげてね。」

    やさしいお母さんだね。
    あなたのことも、お父さんのことも本当に大事に思ってるのが伝わってくる。
    お母さんは、あなたとお父さんがケンカするのを悲しむよ。
    本当に、どうしても読みたいならケンカせずに自分の気持ちをもう一度お父さんに伝えてみたら?

    私だったら手紙は「その時」まで待つかな。
    成人式ならたった2年後だよ。人間としても女性としても素敵な20歳になって、手紙を読んでほしいな。

    ユーザーID:0171911245

  • お父さんの立場寄りだなあ

    あのね、死へ向かいつつある人との約束って、絶対なんですよ。

    だって、「約束守れなかったよ、ごめん」って、謝ることもできないでしょう?

    お父さんが、「約束は絶対守るから」とお母さんと会話している光景が、目に浮かぶようです。

    ちょっとだけ、それを想像できませんか?

    状況は違いますが、あなたのお母さんと同じ立場の人のトピです。

    お母さんの気持ちも想像してほしいなあと思います。

    遺される娘へ毎年の誕生日プレゼント
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0609/321909.htm?o=0&p=0

    ユーザーID:6970982738

  • お父さんが正しい!!!

    …と、思います。まぁ〜読みたい気持ちも分かりますが…それでも、お父さんが正しいと思います。

    それよか、こんな事で喧嘩するなんて…お母さんも悲しんでいるのでは??『トピ主とお父さんが喧嘩するために書いたんじゃナイ!!』って思ってると思いますよ!!
    恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、お父さんに、『この前はゴメン…』って謝ること出来ないですか??

    成人式、結婚が決まった時には読めるんです。楽しみにして日々頑張りましょう。

    ユーザーID:5557663598

  • 逸る気持ちは分かりますが

    そもそもお父さんが未来に渡す計画の手紙の存在を言ってしまったのがいけないと思います。
    男ってそういうところがあるんですよね。何でも勝手に言ってしまうっていう・・・。(汗)
    お母さんも天国で「ちょっとお父さんっ!」って慌てたんじゃないかな。

    その時々に受け取るべきでしょう。それが亡きお母さんの気持ちです。尊重できませんか?
    お母さんがどう計画していようとそんなことはお構いなしの自分第一娘になってしまったら、お母さんにしてみれば、そんな子になってしまったのは自分がいないせい、と自らを悔やむかも知れません。

    ユーザーID:4707480735

  • ちょっと待った

    書いた送り主(貴方のお母さん)の気持ちや意思は無視ですか?

    ユーザーID:3891314308

  • 意志

    お母様の意志を尊重しましょうよ!!
    成人の手紙などは今のトピ主に宛てた手紙ではないと思うし、お母様の希望通りその年齢になったら受け取るべきだとおもいます。

    せっかく手紙を残してくれたのだから、その時が来るのを待ちましょうよ。

    ユーザーID:8425548958

  • お父様の意見が正しい

    元々、お母様の希望で用意された温かい手紙です。
    その先のお手紙は、トピさんが成長したときのために書かれたものであって、
    その手紙を手にする年齢になっていないトピさんは、その手紙の対象者とはなりません。
    18歳とまだまだお若く、理解しがたいかと思いますが、お母様のご意思を尊重できる年齢だと思います。
    「そのとき」を迎えるトピさんに、お母様がくださる言葉を大事にして下さい。

    ユーザーID:3689858567

  • こどもなら

    親の言い付けを守りましょう

    ユーザーID:5585695995

  • いけません

    母の未来のアナタへの手紙です。

    今未来の自分に当てたであろう手紙を読むことは母の遺言に背く行為。

    娘の成長を見れなくなった母の心残りの思いをあなたはないがしろにするおつもりですか?

    父が激怒する気持ちをなぜわかってあげれないのですか?

    あなたはまだ幼稚です。これからいろんな人生が待ち受けています。
    今はまだ自分の思いだけを押し付けていますね。

    母の気持ち、父の気持ち、いつか理解できる日が来ると思います。


    母の思いを無駄にしないで。

    20歳の自分が母に胸張ってみせられるようがんばってください!

    ユーザーID:0590240275

  • まずはこのステップを・・・

    >思いやりを持った優しい女性になって、お父さんのことを大事にしてあげてね。

    早速、手紙を巡って喧嘩とは、がっかりですね。

    今のあなたに、その3通の手紙を読む資格はありません。
    あなたは今、成長過程です。その第一の通過ポイントにおいて、1通の手紙を手にした。それは、母親が最後のお願いとして、最愛なる夫に託した娘への手紙なのですよ。

    「そうだね。」と言って、渡す愚かな父親がいるでしょうか?母親の気持ち、台無しです。あるのなら、早く読みたいと思う気持ちはわかりますが、その時々で理解が異なります。
    今の手紙を、10年後のあなたが読むと、全く違う受け取り方をするでしょう。

    まだ、高校卒業した程度ではわからないでしょうが、これからもっといろんな事を経験し、あなたの内面もどんどん変わっていくのです。
    自分の言い分が間違っていないと断言する点で、お母様の遺志を軽んじている事、わかりませんか?

    お父様にきちんと謝るべきです。そして、その時が来るまで預かってもらいましょう。その最後の手紙を渡す時、お父様は父親業の終わりを感じるのでしょうね。

    ユーザーID:3002186893

  • 間違っているのはあなたです

    >父は母の私への手紙をまだ預かっていて、成人式を迎えた時、結婚が決まった時、そして母親になった時の3通を、それぞれ
    その時が来たら渡すよう頼まれてるそうです。

    母親の遺志は「その時がきたら」です。
    時期が来る前にそれをあなたに渡すのはお母様の本位ではありません。

    >でも母が私に書いてくれた手紙を本人が欲しいという事がそんなに悪いことでしょうか。
    私の言い分は間違っていないと思います。正論過ぎたのでしょうか。

    どこも全然正論ではありません。時期が来たらその約束を遂行するようにとの個人の遺志をお父様が守られているだけです。

    まあ心情としてはわかりますが、正しいのは完全にお父様。時期を指定しその時期になったら預かったものを渡すという約束を果たそうとしてるだけです。

    あなた、お母様が「その時になったら読んでほしい」という遺志を無視してまでその手紙を読んで、うれしいですか?

    早く読みたくて言い過ぎた、とあやまったほうがいいです。

    ユーザーID:7790690615

  • お母さんの本当の意思は

    手紙のことで愛する夫と愛する娘がケンカになってると知ったら、悲しまれることでしょうね・・・

    お父さまは、お母様の意思を継がれているのです。
    手紙に関しては、お父さまの考えが「お母様の意思」です。

    「なにが書いてあるのか早く見たい」
    って、こんな子供丸出しな理由のどこが「正論」なのですか。

    貴方の考え方は
    「プレゼントの中身が早く見たくてクリスマス前に開けてしまう子供」みたいです。
    お父様にいさめられ、しょんぼりするどころかケンカするとは。

    ユーザーID:9052888747

  • 母の意思を尊重してあげてください

     そして、妻の遺志を守ろうとする夫であり、あなたの父の気持ちを尊重してあげてください。
     私は息子を持つ父親です。息子達はすでに結婚し孫もできました。私は、節目に、父として男としての気構えを手紙にして渡してきました。高校卒業の時に書いた内容と、結婚するときに書いた内容はまるで別のものであり、高校卒業の彼らでは理解できなかったであろう、妻になる人の実家に対する気遣い、妻を大切にして、幸せな家庭を築くための、女を知る心構えなど。
     今のあなたには理解できないたくさんのことも、お母様の人生体験の中から、言い残されたものであると拝察します。そんな男女のことなど、今のあなたには必要のないものなのです。
     どうか、理解してあげてください。あなたをそんなことを理解できる娘に、お母様は育てたはずですよ。

    ユーザーID:6793560049

  • それは

    法的にも感情的にも父親が正しいです。
    父の発言が正論です。

    母からの手紙で父を大切にと書いてあり
    ましたよね。それなのに喧嘩などして
    天国の母は悲しんでますよ。

    すみやかに父に謝罪しましょう

    それで済む話です。

    ユーザーID:1228224960

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧