泣かせるCM

レス77
(トピ主1
お気に入り112

家族・友人・人間関係

水割り子

レス

レス数77

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 祝!九州 九州新幹線全線開CM180秒

    話題になっていて動画サイトで見てみました。
    新幹線沿線の人々の歓迎ぶりになぜだか自然と涙があふれました。
    (めったになかないんですが)

    ユーザーID:3424862900

  • 二階堂のCMで

    下記の2点が特に胸にグッときます。
    「空に憧れた日々」と「砂丘の図書館」

    ユーザーID:5629166677

  • 大分麦焼酎 二階堂

    この会社のCMはどれも哀愁を帯びて物悲しく芸術的なのですが、
    人生後半にさしかかり、自分の過去を振り返った時
    このCMを見ると泣けてしまいます。

    ユーザーID:6588287413

  • 一秒の言葉

    SEIKOの「一秒の言葉」。
    オンエアされた回数は数回しかなく、
    おまけに私は近年リメイクされたものしか見ていないのですが、
    最後まで耳目の離せないCMでした。
    動画サイトで検索すると見られます。

    最近では、既出ですが関西電力のものですね。
    阪神・淡路大震災から15年後に放映されたCM。
    アンジェラ・アキさんの「手紙」をBGMに、
    震災後に電気が復旧した瞬間、周囲から歓声と拍手が湧き上がる映像が
    画面に映し出されると、私の涙腺蛇口は全開です。

    ユーザーID:9936928104

  • ありがとうございます!

    皆さんたくさんのコメントありがとうございます。
    一番多かったのは「たったひとつのたからもの」でしょうか。
    生命保険会社をはじめ、家電メーカーも、ガス会社も
    ほんとに良いCMつくりますねぇ〜!
    BGMもぴったしマッチしてて、脳裏に焼き付きますね。
    誰かが「サウンドピクチャー」として記憶されると言っていたのを思い出しました。
    このようにたった15秒(短いドラマ)に込められた
    想いを伝えるためには並々ならぬ苦労(制作)があったんだと察しますね。
    これからも企業のCMには注目ですね。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:8432508072

  • NTT東日本

    -少年と父- 編
    少年野球をがんばる少年と、さりげなく応援している父親。
    そこにMr.Children の「365日のぉ〜言葉を持たぬラブレタ〜♪」という歌が聞こえてくると涙腺が緩みます。

    -少年と母- 編
    も、上記と同じ少年のために「元気ならいいよ・・・」とつぶやきながら、おにぎりをにぎる姿にジーンとしてしまいます。

    ユーザーID:0555453031

  • なぞなぞさんと同じ!

    私も息子がいるのであのCMが泣けて仕方ありませんでした。
    男の子がつかの間お母さんと病室でおやつの時間を過ごし、わざと胸を張って帰っていく、
    お母さんは黙って見送る。お互い涙をこらえ、今の状況を受け入れようと決心している。
    「お母さん早く元気になって帰ってきて」「ごめんね、頑張るからね」
    勝手にそんな会話を想像してよけいにホロっとしてしまいます。
    あの後、間もなく退院できるめどがついて明るい展開を感じさせる続編ができないかなと願っているのですが。

    ユーザーID:9786096862

  • 私も東京ガス!

    参加させて下さーい。

    私も土曜朝の東京ガスのCMです。
    お母さんが息子に作るお弁当。
    思春期の息子へのメッセージです。
    見るたびに涙が出ます。
    お母さん役の女優さんがまた 良いのです。

    「頑張れ、私。」

    私の息子も高校を卒業して、もう11年。
    色々な事を思い出してしまいますね。

    母の愛が伝わる、素敵なコマーシャルです。

    ユーザーID:3000720578

  • 息を呑んだ記憶があります。

    みみさん、あおいつきさ同様、パナソニックさんのあのCMが
    強く印象にのこっています。(既出なのにすみません)
    このトピのタイトルを見たときに真っ先に思い浮かびましたが、私も記憶があいまいでどなたかがUPしてくれていたらとレスをスクロールしました。
    確か、パナソニック一社がスポンサードした特番的な番組で流れたCMだったと思います。
    女の子の発声の練習のシーンではなんでこんなに一生懸命なんだろう?と思って観ていましたが、最後にお母さんが手話を送ったときに初めて気付き、息を呑んだことを思い出しました。
    是非、もう一度みたいCMです。

    ユーザーID:8802864135

  • 見ると必ず涙が浮かびました

    2002だったか2004年くらいのJRAのCM。
    シリーズになってて、競走馬の誕生から引退して牧場に戻ってくるまでが描かれているのですが、ヒトトヨウさんの「影踏み」の歌と相まって涙ナシでは見られませんでした。

    ユーザーID:1620514435

  • たったひとつのたからもの

    私も明治安田生命のコレです。
    何度みても泣いてしまう。
    小田和正の歌声と、テロップと写真。ものすごい相乗効果です。
    辛いこと悲しいこと、いっぱいあったでしょうに、それらすべてを乗り越えて
    「幸せだった」「嬉しかった」「あなたに会えてよかった」と心から言える、愛。

    昔も泣けましたが、息子を産んだ今、号泣です……。

    ユーザーID:3004685930

  • りんご飴さま〜♪

    同じくです!
    「大分麦焼酎 二階堂」
    あのノスタルジックな雰囲気に泣けます…
    うちにいるのに「帰りたい」って思ってしまうんです。

    私は最近の「始まりと終わりを直線で結べない道があります。迷った道が私の道です。」ってのが風景と曲もあわせて好きです。

    あれって九州限定なんですかね?

    トピ主様にも是非見て頂きたいです!

    ユーザーID:7360336687

  • 関西電力(震災後10年目)

    15年目も泣いたけど、10年目バージョンも泣きました。
    当時、妊娠中だったので自分の子どもと重なります。
    10才の時、15才の時、そして次は20才バージョンをぜひ
    作っていただけたらと思います。

    ユーザーID:8352676649

  • ずっとずっと。新留小学校

    マクセルDVDのCМ企画で、休校になる小学校の最後の7日間に密着したものです。
    地上波ではテレビ東京系のとある番組の中でしか放映されませんでしたので、
    テレビでご覧になった方はかなり少ないと思います。

    ですが、今まで見たCМの中で、間違いなく最高傑作だと断言します。

    少し切ないピアノのメロディと、小学校に関わる人たちの明るくもあり寂しげな表情があいまって、
    見進めるうちに、休校への日にちが迫るうちに、心にどんどん響いてきます。
    最後は何度見ても涙してしまいます。

    このような素晴らしい映像作品が埋もれているのは本当にもったいない。
    ぜひ皆さんに見てほしい作品です。

    ユーザーID:8284407050

  • 公共広告機構

    ここのCM好きです。

    特に昔流れてた

    ゴミ置場のたくさんのゴミが置かれてるごみ箱中、ゴソゴソ何かが動いてる、よく見ると子猫が顔を覗かせてニャー。
    [小さくても命]と声が流れる。

    忘れられない。

    ユーザーID:9311284084

  • 某生命保険のCMだったかな?

    ラ〜ラ〜ラ〜
    ララ〜ラ〜
    言葉に〜できなぁい

    このフレーズで有名な歌をBGMに
    ・孫と笑うおじいちゃん
    ・お父さんとお風呂に入って満面の笑みの子供
    ・兄弟仲良しの笑顔
    ・生まれたての赤ちゃんを抱っこする小さいお姉ちゃん

    などなどの心暖まる写真が画面に次々と流れると、なぜか熱いものが込み上げてCMを見るたびに毎回涙が出てしまいます!!

    ユーザーID:2063715457

  • 大和ハウス

    大和ハウスと言っても、ダイワマンのほうじゃないですが(汗あれも好きだけど)

    深津絵里さんとリリーフランキーさんの「ここで、一緒に」が
    最近のツボです。
    何気なくて、でもじわっときますね。

    ユーザーID:1366911256

  • 三浦知良さん出演で「正夢」

    富士フィルムでしたっけ?
    カズがでてきてバックにスピッツの「正夢」が流れるんです。
    なんというかカズの生き様と歌がぴったりで涙が込み上げてきます。

    ユーザーID:9570894228

  • これは泣いた

    白血病に罹った小学生の男の子。
    大好きだった学校生活から一変、苦しい入院生活に。
    でも頑張って辛い治療を受け、無事彼は退院。再び小学校へ通える事になります。

    ですが、抗がん剤の副作用で髪の毛は全て抜けてしまいました。
    学校に行きたい、友達に会いたい。
    でも彼は抜けてしまった髪の毛をとても気にして、学校に復活する事にためらいを感じます。

    その気持ちを持ったまま、重い足で学校へ。
    坊主頭を隠すために帽子をかぶり、教室へ向かいます。

    久しぶりの教室を除くと、クラスの男子が全員帽子をかぶっています、彼と同じように。
    彼を見たクラスメイトは一斉に帽子を取ります。

    彼の気持ちを察した男子クラスメイトが全員、坊主頭にしてきたのです。

    これはイギリスで実際にあった話をNikeがCMにしていたはずです。
    1分を超える長いCMだったように記憶しています。

    実は後日談があり、女子生徒も彼を思い坊主にする!と言い出したそうです。
    そこまですると逆に彼に負担になってしまうかもしれないので、男性生徒だけにしよう、となったそうです。

    ユーザーID:6079758166

  • リンクでプロポーズ

    何のCMか忘れましたが、アイススケートのリンクの上で演技を終えた男女ペアの選手の男性が女性にプロポーズして、女性が えっ? ってリアルに驚いているの、ありましたよね。

    ユーザーID:4039542901

  • ぜひ見て欲しい!!

    ダイワハウスのリリーフランキーさんと深津絵里さんが夫婦役のCMです。


    CMで泣いたのは初めてでした。ダイワハウスと言えばダイワマンのCMがメジャーだと思いますが、こっちの方が断然いいです。

    ユーザーID:4190164705

  • 次郎は次郎でも

    横レスで申し訳ありませんが、わたしも民子のCM大好きだったもので・・・

    >涙腺ゆるみさん

    作家は浅田次郎さんですね。新田次郎さんではありません。。。

    ユーザーID:7021929032

  • 泣けます

    私も、なぞなぞさんや、うさひよさんと同じ製薬会社のCMです。
    特に、男の子が入院中のお母さんのお見舞いに花屋さんに行ったけど、お小遣いでは買えなくて、画用紙にお花の絵を描いて持っていく…というパターンのが大好きです。  流れている歌もいいんですよねぇ(泣)
    自分が母親になったみたいで、本当に泣けます。
    CMなのに、早く元気になって!って思ってしまいます。
    卒業式のもいいですよね〜

    ユーザーID:9187212929

  • ソニー生命

    かなり以前のCMですが、ソニー生命でサッカー解説者の松木安太郎さんが出演されてます。
    小さい頃からいつもお子さんがサッカーをされてる時には、どんな時もお父さん(松木さん)の応援がありました。
    お子さんが、日本代表に選ばれ、ピッチに立つ時。お父さんの声援が聞こえますが、そこは空席。
    テレビで見る松木さんから想像出来ませんでしたが、演技が上手いです。

    ユーザーID:8144923769

  • マクセルの

    マクセルDVD ずっとずっと。新留小学校 篇

    音楽も映像もすばらしい。

    ユーザーID:9326937175

  • JR

    シンデレラエクスプレス。
    どうか続きを作ってください。

    ユーザーID:8296946953

  • むーさん

    そのCM、私も記憶にあったのでぐぐってみたら
    「H&I」というビジネス書を主とした出版会社のCMでした。
    この会社のホームページを開いたらこのCMが紹介されていましたよ。
    私もいいCMだと思います。

    後・・・東京ガスの人気、すごいですね。
    畏るべし東京ガス!!って感じです。

    ユーザーID:8021481369

  • パナソニック 「母はパソコンを始めた」

    私もharapekoさんと同じくパナソニックのCMでポロっときました。
    自分の場合も祖母ですが、被る部分があるので...

    東京ガスのCMって、どれも良いですね。じーんときます。

    ユーザーID:9679822356

  • 明治安田生命

    nanaさまのレスを読んでるだけで、泣きそうになってる自分がいます。
    そうそうお父さんがしっかりだきしめてるところ。
    一枚の絵なのに、親子の絆、お父さんの子供に対する深い思い、などが不思議とテレパシーのように伝わってきます。
    リアルだからですよね。やらせばかり見せられてる中、本物、本当の日常の一瞬をとらえたものは、こんなに感動を呼び起こすんだと、気付かされました。

    ユーザーID:6269207240

  • あまり一般には流れないと思いますが…

    パナソニック(松下産業)の、企業キャンペーンCMはかなり泣けます。
    一番泣いたのは、聴覚障害のある女の子がおそらく言語にも問題がある設定で、お母さんと一緒に辛いことを乗り越えて、最後に教室で作文を読み上げる、お母さんが手話でがんばったね!と伝えるという内容のものです。
    (CMの途中で、それをサポートする機械をその子が実際に使用し、それについての説明が流れます)
    BGMで流れるさだまさしさんの曲がまた泣かせてくれます。もうこれ書いてるだけで泣きそう。
    私はCM大賞で見ましたが、長いCMなので一般に流れることは少ないかも知れません。他にも、良質な泣けるものがたくさんあります。

    ユーザーID:1173545497

レス求!トピ一覧