旅の思い出を・・

レス10
(トピ主6
お気に入り18

家族・友人・人間関係

マリ

音楽関係の仕事をしている40代女性です。トピを開いていただきありがとうございます。

この度、伝統楽器の先生と一緒に渡欧してまいりました。日々の仕事に追われる私にとっては貴重な経験で、現地でもいろいろと勉強になり実り多い旅でした。

宿泊は現地にお住まいの邦人(先生のご友人)宅のゲストルームでした。宿泊代はホテルとほぼ同額、食費は滞在中は全員分(外食、スーパーでの買い物等)を全額私が負担しました。先生の宿泊代も私が出しました。

と申しますのは、現地でささやかな演奏会を開くことになり、伝統楽器の先生にはその共演謝礼と滞在費をこちらで負担したのです。企画して下さった現地在住の邦人の方(宿泊宅)にも、企画料、印刷デザイン、集客にかかる費用(いろんな会に出席するための会費、食事代、交通費、を半年分)も私が負担しましたので、旅費、日本からのお土産を含め(私自身は)総額で百万近くかかりました。でも海外で演奏を聞いていただけるなんて、と思って楽しみに出かけました。

その後、宿泊宅の邦人の方が一時帰国されました。その方は美術の仕事をしていて、作品も持ち帰っていて、それを「○○万で買ってください」とおっしゃるのです。「それはちょっと・・」と申し上げたら、途端に機嫌が悪くなり、私を責める悪意に満ちたメールを再三送ってきたりで、本当に疲れてしまいました。その日のお茶、食事、お土産も私負担でしたが、全く心が通じないようでした。

過去にその邦人宅に泊まり、現地で演奏した方は、帰国後に皆、作品を購入しているそうなのです。

関係の悪化で、楽しかった旅の思い出が悲しいものになるのは本当に残念です。でも急に言われても困るし、作品が好みではないし、それを言ったら失礼になるかもしれないし、どうしたらいいのか困っています。

ユーザーID:3907132940

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ・・・

    宿泊宅の方に費用を払い、先生には謝礼・滞在費を負担し演奏なんて、いかにも後々問題が起こりそうなシチュエーションですよね。他人の良心に甘えたり、常識的なことだからと流していると、そのような問題を起こしかねません。お礼でことを済ませようとする場合は、親族とか本当に分かり合えている親友くらいにしないと、後々困る事になるというのが、私の人生の教訓です。
    あなたも、世間ズレしていなくて、お金のに関係する事には疎いように思いますので、今後も注意が必要と思います。
     今後、宿泊宅の方とつながりを持たなければならないのなら、購入しなければならないと思いますが、これを機会に関係を切りたいとか、もうお世話になることが無いのであれば、購入せず知らん顔をしておけばよいと思います。トピからだけの判断は無理がありますが、今後とも少し交流は避けたほうがよい人ではないかと思います。

    ユーザーID:9855104554

  • ありがとうございます

    コメントありがとうございます。確かに相手に言われるままでした。甘かったです。

    伝統楽器の先生(渡航費はご自分持ち)の宿泊費、共演謝礼を出すことは宿泊先の美術家の方から言われました。あなたの演奏ではお客は呼べないけど伝統楽器の先生が一緒ならお客さんを集められるから、と説明されました。

    また宿泊先の美術家の方に、企画料、デザイン料、集客のための交際費、宿泊中の食費など必要経費について払うようにおっしゃったのは伝統楽器の先生です。外出しても交通費も私持ちで、誰も路面電車のチケットすら買おうとしません。私が買うのをじっと待っていました。

    お二人共お金は全て私から、という感じだったのでしょう。

    美術家の方は質素な生活で倹約されていて、帰国しても「成田についてからお金がなくて何も食べてない」「病気になっても医者にかかれない」と言っています。経済的にかなりお困りのようです。

    ただ私も、必要ない絵は買わない、買いたくない、と思います。汚い言葉で罵られたメールが届くのも嫌です。きっぱり縁を切って、今の生活を大事にしようと思います。

    ユーザーID:3907132940

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 大変な思いをされましたね

    トピ主さんがその伝統楽器の先生について習っていらっしゃる生徒さんということでよいでしょうか?

    その在欧邦人とどういったつながりなのかわかりかねますが、親しい仲ではなさそうですし、変な方にひっかかってしまいましたね。
    ゲストルームがあるお宅にお住まいで、飛行機のチケットは買えるのにお金がなくて何も食べてないというのもおかしな話ですね。
    現地での金払いの良さからトピ主さんなら買ってくれるとにらまれていたのかもしれません。今後お付合いがないなら無視しましょう。

    きっとご気分を害されたかと思いますがもう忘れて、出来ることなら楽器の先生とも距離を置かれてはいかがですか。
    もし現地の方に演奏を披露したいのであればストリートパフォーマンスはいかがですか?
    変な邦人にお願いしなくても体と楽器さえあればできます。

    私は欧州の先進国在住ですが、ストリートパフォーマーでも良い演奏にはそれなりの人も集まります。
    義理参加はなく純粋に興味を持った観客ばかり。

    国や都市によって届出が必要かもしれませんが、以前旅先で出会った日本人女性は三味線を持ち歩いてパフォーマンスでそこそこの日銭を稼いでいましたよ。

    ユーザーID:5176105071

  • ストリート!

    ありがとうございます。ストリートミュージシャン、は気づきませんでした。ありがとうございます。今回の旅の中でも、ストリートミュージシャンを何人か見かけましたが、皆さん上手でした。

    以前、山形由美さんの本の中に、イギリス留学中にストリートで演奏なさったことがあると書かれていて、そんなことが可能なのか?と思っていましたが、けっこういました。道行く人が足を止めて聴いて下さる様な演奏を目指したいです。

    伝統楽器の先生は私の師匠ではなく、コンサートやイベントなどでよく共演していただく方です。音色や演奏技術が素晴らしく、また明るくお人柄もいいので、今回の旅の行き帰りも楽しかったです。

    美術品の購入依頼があった時には同席していたので、同じくびっくりされていました。あとから電話で「買わなくていいわよ」と言われました。

    ユーザーID:3907132940

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • さらに・・・

    実はその絵(4枚一組)を、演奏の際に後ろに飾ったのですが、今日になってその「レンタル料」の請求書が来ました。購入した場合の三分の二の値段ですが、請求書を見てびっくりしました。

    そんなことは最初の話には全くなかったことです。あとからの請求など信じられません。ご本人は恥ずかしくないのでしょうか。

    きっぱり断り、今後は関係を断ちます。皆様、ありがとうございました。

    ユーザーID:3907132940

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 最後です

    今日、画家の方の日本での住まいに近い警察署に行き、生活安全課で話を聞いていただきました。

    「払わなくていい」ということでした。

    既に今朝、ヨーロッパに向けて旅立たれたそうですので、電話で話すことはできませんでしたが、こちらからはきっぱりと断るメールを送りました。

    以後、本当に気をつけます。皆様、ありがとうございます。

    ユーザーID:5630828580

  • お疲れさまでした

    警察沙汰にまで発展していたんですね。
    メールアドレスは、変更されてはどうですか?
    また悪意に満ちたメールが送られてくると思います。
    それから、あまり伝統楽器の先生とやらを信用しすぎない方がよろしいのでは?
    人柄がいいと書かれていますが、様々なお金をトピ主に出させて平気な方なんですよね?
    さらに美術家の分まで出すように命じたり、普通ではないように感じますが…。
    警察もいいですが、もっと身近に相談できる人がいませんか?家族なり友人なり。
    言われるがままにお金を出すあなたを心配して助言してくれる人、いるのでしょうか。
    今回はご自分で「断る」という判断と実行ができたので、とりあえずはよかったですが…。

    ユーザーID:4056224748

  • ありがとうございます

    れんげさま

    ありがとうございます。家族や友人には相談しています。家族は海外にも同行しましたから、相手の暮らしぶりなどはよくわかって、一緒に話し合って対策を決めています。

    「レンタル料」については、最初の取り決めにないし、約束もしていないので払う理由がない、とメールしましたら、それはもう・・・凄い脅迫めいた返事がきました。ここには書けないような醜い言葉の数々です。

    伝統楽器の先生も「もうあの人の友達やめるわ」と言っていました。先生は私にばかり出させたのを申し訳ないと思っているようで、あとからいろいろと(日本酒とか)お送り下さったり、日本での一緒の仕事についても金銭面で気遣って下さるなど、してくれます。でも今回の美術品詐欺(未遂)については、何の解決能力もありません。なので警察に相談したのです。

    メールアドレスはこのままにして、来たメールは全て警察に提出することになっています。今は生活安全課ですが、脅迫が多くなると刑事課での捜査になるようです。警察からは「払わないように」言われています。

    続く

    ユーザーID:3907132940

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 続きです

    そして演奏をした場所は公的機関です。その場所で何か催しをするのは入場無料、ボランティア出演に限られています。つまり絵を売買したり、レンタルしたりする金銭の授受があってはいけない、ということです。

    私が主催団体に問い合わせして「その件についてもきちんと確認しました」とメールに書きましたら、画家の方はあせってしまったみたいで、醜い言葉で私を罵る内容になったようです。絵がお金に換えられなかっただけでなく、その催しに起因する金銭の授受がルール違反になるのかどうか、確認したことに怒っておられます。

    中でも強調されていたのが、「自分(マリ)の所有する作品でもないものを無断で会場に飾り、さらにお金を払わない」というものです。私は彼女にイベントプランナーとして演奏会企画を依頼しただけで、画家としての仕事は一切頼んでおりません。絵を飾らなくても演奏は可能です。会場には本人が勝手に持ち込んで飾ったことです。もちろん金額の取り決めも一切ありません。今日そのメールのやり取りを警察に提出しました。

    客観的に考えても変。やはり後からのお金の請求はちょっとと思います。

    ユーザーID:3907132940

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 新事実

    今夜、伝統楽器の先生と会食して、先生から「黙っていようと思ったんだけど」と前置きして、話がありました。先生は、画家の方から私宛に絵の代金の請求が続くと困るので、絵の半額を支払ったそうです。そして「もう、これで皆仲良くしよう。マリさんには今後何も請求しないで。もうこれでいいでしょう」と話したそうです。

    ところが、画家の方から私宛に今度は「レンタル料」の請求書が来たと知り、先生はものすごく怒っておられました。「そんなの、二重取りね」「汚いやり方ね」「もうマリさんには何もしないって約束したのに」と、情けない表情をされていました。

    画家の方はまた来日するそうですが、何を言ってきても無視しようと思います。

    ユーザーID:3907132940

  • トピ主のコメント(6件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧