• ホーム
  • 働く
  • 一生働く上で あなたが毎日心がけていることは?

一生働く上で あなたが毎日心がけていることは?

レス14
(トピ主0
お気に入り28

キャリア・職場

一生働く

27歳、女、既婚です。
まだ大学卒業してから5年くらいしか経っていませんが 不況の為、すでにリストラ、会社閉鎖で解雇になりました。運よく毎回、再就職できました。一生(最低定年まで)働き続けたいと思っています。

みなさん、一生働く上で毎日心がけていることは何ですか?(会社でも・プライベートでも)
私は週末以外は毎日運動して体力つくりに励んでいます。 
あと、もともと内気な性格ですが 周りの人には名前付けで挨拶するようにしています。 

例)おはようございます、○○さん。 

あと空き時間は仕事につながる資格の勉強しています。
お返事お待ちしております♪

ユーザーID:7151511569

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 明日もやってこその仕事

    結構残業してきた方だし
    残業代が出なくても気にしなかったけど
    30代になって思うのは
    疲れてると能率が上がらないって事

    残業するのが当たり前の雰囲気が出てても
    さっくり帰る努力をしてる

    毎日健康にやってこその仕事

    ユーザーID:3589629725

  • 健康第一、無事是名馬

    40代独身女性、製造業の技術系管理職です。

    ここのところ、男女問わず同世代に病気や怪我による長期戦線離脱が相次ぐようになりました。ちょうど働き盛りにあたりますから、激務がたたっているのでしょう。

    1〜2日のお休みならともかく、月単位で不在になるといろんな方面で悪い影響が出て、周りだけでなく本人の働き方も大きな変化を迫られます。(残業禁止とか、時短勤務とか)さらに大きな怪我や病気だと、働くこと自体が難しくなります。

    やっぱり健康第一です。勤務時間も含めた規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事、定期的で適度な運動、同じく定期的な検診。多少パフォーマンスに影響があっても、無事是名馬ですよ、本当に。

    ユーザーID:4070202570

  • 一生働くと考えないようにしています。

    子供が出来てから自分の条件が低くなって(残業できない、急に早退するなど)、社会的に自信が持てなくなりました。

    なので女性ならば給料よりも福利厚生のよい会社、女性が長く働いている会社に就職することが第一条件でしょうね。

    それと、個人的には心が弱いので「この先あと30年働く」と思うと気が遠くなってしまいます。だから、「子供が小学校に上がるまで働こう」「40歳になったら引退しよう」「住宅ローンが完済出来たら自由になろう」などと奮い立たせています。

    ユーザーID:3151789397

  • 同じく27歳、女です。

    特に心がけていることはありません。
    毎日普通に過ごしています。
    挨拶するのは普通。
    お互いが過ごしやすいために、周りに気を遣うのも普通。
    気が向けば資格もとる。

    一生働くために!と思ってやってることはありませんねぇ。

    私も職探しで苦労したことがありません。
    運がいいのでたいていのことはなんとかなるかと思います。

    ユーザーID:5693371360

  • 鈍感である、自分を捧げない、無理しない。

    37歳独身子持ちです。

    祖母と母が、定年まで勤め上げました。
    彼女らから学んだのは、いい意味で鈍感であること、です。
    長距離走ですから、短距離走のペースで走ったら潰れます。

    ビジネスにおいては、長期的展望と、短期的展望、両方を考えること。

    明日でいいことは、無理して今日やらない。

    仕事は人生に責任を持ってくれないので、仕事に自分を捧げすぎない。

    オフになったら奇麗さっぱり仕事のことを忘れる。
    (これは心がけなくても、自然とそうなりました。)

    最後に
    仕事でどんなにイヤなことがあっても
    家庭の問題に比べれば100万倍まし。

    こんな感じです。

    空き時間、勉強しすぎないようにね。
    いっぺんくらい、結婚や出産もしとくといいですよ。

    ユーザーID:0139379981

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 健康と信頼

    1、心身の健康
     健康でないと、満足な仕事も出来ませんから。
     もっとくだけた言い方をすれば、ストレスを溜め込まず、楽しむときは、楽しむ(遊ぶ時は遊ぶ)。
    2、信用を大切にする。
     信用を築くのは、一朝一夕では出来ません、日頃の積み重ね。信用を失うのは一瞬です。そのことを良くわきまえて、日々の仕事で、約束事を守る、やるといったら確実にやる。

    ユーザーID:2173832514

  • 何を大層な事を・・・

    大学を出たら働いて稼がなくては生活出来ません。

    起業し、それを継続する才覚に溢れた人は稀有ですから、
    多くの方が企業での勤務労働を選択するのですよ。

    このシステムが良く出来ていて、
    贅沢をしなければなんとか生活する収入が得られますし、
    上手に仕事をこなせば昇進昇格により、より高い給与を得る事が出来ます。仕事そのものも面白くなったりするのです。

    それでも、定年として設定された60歳前後まで働き続けなければ、
    余生を暮らすに充分な貯蓄が確保出来ない。
    だから働くのですよ。

    勿論、親から譲り受けた豊富な資産があれば、
    贅沢な生活が出来る配当金や家賃収入等の不労所得があれば、
    勤務労働は選択しないでしょうね。

    何か、「毎日心掛けなければ働けない」のはちょっと変だと思いますよ。

    ユーザーID:1993616128

  • 当たり前のことかもしれませんが

    制作系の仕事をしています。色んな人に仕事をお願いすることが多いので、メールやスカイプ、電話、テレビ会議…様々なツールを使っています。
    が、最近直接コミュニケーションを取ることがもたらす効果を改めて実感し、以降、余程仕事が詰まっていない限り、仕事仲間と直接話すようにしています。ちょっとした世間話も少し交えたりして。格段に、仕事がやりやすくなりました。「一緒に作っている」という連帯感も出来ますしね。これを実践し始めてから、口ベタでメールしか送ってこなかった同僚も、私に直接話しかけてくれるようになりました。

    ユーザーID:6815230453

  • 仕事の能力と人間関係

    まずは自分の仕事に精通して人に負けない実力を身につけること、周囲との人間関係を良好に保つこと、この二点につきると思います。私はそれで50代半ばまで働いて平均的な男性以上の収入を得てきました。体力作りはもちろん大事ですが、私の年になると健康は管理しきれるものではないとも感じます。癌など交通事故みたいなものだし、節制しても防げない病気は多々ありますから、普段から病気になっても切り捨てられないポジションを築いておくことも必要です。最後に日本語で挨拶のたびに名前を言われるのは私はちょっと嫌ですね、英語なら分かりますが。

    ユーザーID:5149312800

  • 一生働くからこそ・・・

    仕事が人生の全てみたいにならないことです。仕事以外に楽しいこと、夢中になれることを見つけるのはモチロン、取れる休みはドンドン取って人生を楽しむこと。
    「休みたいけど仕事が・・・」なんて考えていたら一生持ちません! 私は結婚・出産を経て、今は小学生の子を持つワーキングマザーですが、ダンナよりも給料稼いで、家事も仕事も適度にこなしてますヨ。

    ユーザーID:4072809102

  • まずは、

    再就職おめでとうございます。
    とうの昔に自分のキャリア形成を会社や組織に頼る時代は終わりました。逆に、組織に頼らず光輝いている個人なら、引く手あまたのやりがいのある時代になったとも言えます。その点、トピ主さんは、解雇→再就職という良い経験を乗り越えられているので、この辺りの免疫が既にできたと思います。社会人5年にして、非常に良いスタートだと思います。

    さて、私が光輝けるよう毎日心がけていることは、
    毎日寝る前に、
    「今日の私は、昨日の自分よりも、成長しているか?」
    の自問自答に、自信を持って、
    「はい!」
    と答えることのできる毎日にすることです。

    是非試してみてください。

    ユーザーID:2213980143

  • これからの先生とは

    最近私がやってきて非常に効果のある方法です。

    それは、自分より、
    15歳下の年代の人たちを先生とし、
    15歳上の年代の人たちを反面教師とする。
    という態度で仕事をするということです。

    旧時代では経験を積んできた人が有利な面がありました。
    変化が激しい新時代の今では、その経験や過去の成功体験がまだ通用すると信じてしまい、自分をリセットしていけない人たちは、新しい波が当たり前の若い世代に飲み込まれて来ているのが世界の通例となっています。
    もちろん、15歳上の年代の人たちでもリブートし続けている一流人たちがいます。これらの人たちに共通するのが、実は遥か年下の人たちから刺激を受け貪欲に学んでいるという点です。

    トピック主さんの場合、早い感はあるでしょうが、一度12歳の先生たちが今何に興味を持ち、どう行動しているかをまじめに考えて、出来たら実際に話をして、同じことをやってみるなどしてみてください。

    ユーザーID:9148754076

  • 子供を持とうと思ってるなら

    私も定年まで働こうと思い、結婚・出産前に転職しました。
    それまでの会社は残業体質で、とても子育てをしながら勤められそうになかったし、実際そういった女性の先輩もいませんでしたから。
    今の会社は確かにWMも多いのですが、やはり子持ちで残業が出来ない身だと、それなりに風当たりはあります。

    いまどき「子供を産んだら辞めろ」「子供がかわいそう」などと面と向かって言う人はいませんが、仕事のしわ寄せがきて不満に思っている社員は少なからずいます。
    うちの会社でも「産休・育休・時短を取る女性が増えてきて、独身の自分は損してる(独身男性)」「私の時代は育休や時短はなかったわ(既婚子どもあり)」といった発言は耳に入ってきますから。

    そういった場面でも聞き流せるような、したたかさと鈍感力を身につけましょう。
    また、妊娠前までにある程度仕事の実績を積み、社内での人間関係を築いておきましょう。
    もちろん子育てに体力は必須です!

    あと、定年を迎えた先輩女性に、一生勤めるための秘訣を訊いたところ、「(いくらその人に非があっても)修復不可能な決定的なことを言ってはならない」だそうです。

    ユーザーID:5381952618

  • 素直に。

    再就職決まってよかったですね。

    一生働くにしても女性は色々と選択を強いられることも
    多々あると思いますが、どんな仕事でも、何年も同じことを
    仕事として繰り返していたとしても、「丁寧に。素直に」ですかね。

    働き出して20年を過ぎてしまいましたが、毎日、丁寧に仕事も生活も
    過ごすこと。
    歳とともに頑なになりそうな自分に、「素直に」言い聞かせてます。

    まだまだ27歳、綺麗に可愛らしく人生を歩いてくださいね。

    ユーザーID:6497987627

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧