共働き⇒育休 による生活のギャップ

レス7
(トピ主1
お気に入り14

妊娠・出産・育児

kanoko

妊娠四か月のkanokoといいます。

今は夫との二人暮らしで、共働き。世帯収入は夫が600、私が400くらい。
産まれたら育児休職を3年取るつもりでしたが、私のクレジットカードの内訳を改めて見てビックリ…。
今まで化粧品や洋服やぜいたく品など、殆ど悩まずに買っていましたが、月10万くらいでした。

赤ちゃんが生まれ学費貯金もしたいので、これを機に家計簿をつけて貯めていきたいと思っていますが、私のように共働きで好きに買い物していた生活に慣れている人が、そう簡単に必要最小限の物だけを買えるようになるものでしょうか。皆さんは、どのようにして慣らしていきましたか?

因みに休職期間を早めに切り上げての仕事復帰は考えていません。
(休職後は復帰します。)

ユーザーID:2283230976

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 使う用途がかわるからね。

    カードの10万はいわば「仕事をする為の経費」でしょうから、
    育休で家にいるなら使わないお金ですよね。

    しかし、今後、復帰したら10万、それ以上は
    保育園・シッターにかわる訳です。


    フルタイムで働いていたら10万くらいかかるでしょう。女性なら。

    なので「案外貯まらない、使えない」のですよね。
    そういうことも専業を選ぶ理由になってますよ。

    (保育料に10万+外見の経費が10万)×12ヶ月=240万

    手取り−240万=使えるお金 となりますからね。

    保育料が終わったら、学童に習い事に。
    学童が終わったら塾。
    塾の次は授業料でしょうから…お子さんが22歳24歳までは
    上記の感じになるでしょうね。

    育休→ワーキングマザー も結構なギャップだと思いますよ。

    月ゼロ円の経費がいきなり20万くらいになるのですから。


    育休中に、病気の際の預け先を吟味しておいてくださいね。
    子供の病気=休める という時代は終焉を迎えてますよ。

    ユーザーID:0789323803

  • あくまで私の場合ですが

    私も産休直前まで主さんと同じようなカード明細だったので産休後数ヶ月非常に苦労しました(!)
    今から気づいた主さん偉い!

    私は出費を減らすために生活の中で優先順位をつけ、自分の出費の中でどうしても必要なものと我慢できるものに取捨選択しました。
    ちなみに、私は携帯の使い方を改め、麦茶は買わずに作るようにする等から少しずつ始めました。
    (急に全てを変えるとストレスになると思ったので)

    服は子供のよだれ等で汚れてもすぐ洗えるように、靴は子供をだっこした時安定感あるものを、などと考えたら自然に身につけるものが変わりました。
    ネイルも(子供が寝た後などに)自分でやるようになりました。
    時間があったので料理やその盛りつけに凝ってみたらおいしくでき、外食の欲求が減りました。
    が、結局基礎化粧品のランクを落とすことはできなかったです(!)
    それでも家計の出費は劇的に変わり(減り)ました。

    育休復帰したらしたで子供費がかなりかかるので(そもそも、毎月の保育料や病児保育のお金だけでも相当の出費だし、子供が大きくなってからは食費被服費習い事などの出費も多くなるので)
    自然と取捨選択すると思いますよ。

    ユーザーID:2577387720

  • この先復職したからといって、今の状況には戻れない

    ランクを落とすときには、一気に落とすことが肝要です。

    例えば、化粧品は100均にしてみる。
    やってみて、どうしても支障があるようだったら、
    もう少し高いものを検討する。

    また、今まで働いていたときには「時間」が非常に貴重だったでしょうが、
    これからはそうではありません。

    今までお金で時間を買っていたのを逆転させ、
    時間を使ってでもお金を節約するようにしないとね。

    というのは、復帰したら経済的に楽になる訳ではない場合が多いからでもあります。

    育休取ってまで頑張るというのは、本当は子どもが小さいうちは仕事をしたくないけど、
    子どもが大きくなってから今と同条件での再就職が難しいから仕方なく、
    という場合が多いのです。

    従って、子どもが小さいうちは働いて得た給料よりも
    保育料など子ども関連の出費の方が多く、赤字というケースもあろうかと思いますが、
    今我慢することで将来まで含めたらプラスになることを期待して頑張るわけです。

    ユーザーID:7251715498

  • 育休中は経費がかからない

    おそらく普通に生活していれば下がりますよ。
    私も今育休中で、出産前はトピ主さんと同じような感じで使っていました。

    仕事に行かないのでランチ代もないし、化粧品もほとんど使いません。高いお出かけ用の洋服も着ていく機会がないので買う気も起こらない。

    そもそも新生児がいると買い物に行けません!
    出かけたり買い物することがないのでお小遣いが劇的に減りました。
    スキンケア製品は今までと変わらず必要ですが、後は本を買ったりDVDを借りたり、たまに息抜きにお茶したりするくらい。

    なので、心配しなくても普通にしていれば大丈夫じゃないかと思いますよ。

    復職後のほうが、保育園+自分のお小遣いでお金がかかりそうです。

    ユーザーID:1957824700

  • 難しいけど頑張って

    私は産休だけで戻りましたが、その間だけでも自分の毎月の使用額請求にびっくり。

    保育料もかかるので、エステやネイルサロンはあきらめ、服も必要なものだけにしました。そのかわりホームケアの基礎化粧品を少し高くしたり、抱っこしても歩きやすい靴を買いましたが、ヘアサロンと合わせても出費が格段にへりました。

    自分のこだわり以外は思い切ってやめるとへりますよ。

    子供のためにお互い頑張りましょう。

    ユーザーID:3207952802

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • わたしはゲラン、今は…

    「私はゲラン」、でした。ドゥ・ラメールの1万円のハンドクリームも使っていました。
    今は「松山油脂」のアミノ酸浸透水のラインです。
    三食外食でした。夕食は焼き肉、お鮨、中華をローテーションしつつ、和食やフレンチをまぜていました。
    回転鮨は行ったことがありませんでしたが、今は回転鮨しかいきません。
    ランチでも1000円なら安いと思っていましたが、
    今は原価計算をしてしまい、外食はたまに子どもと「なか卯」。
    毎日スタバだのタリーズだの行ってましたが、今は月1もないです。

    仕事のステージも変えました。雑誌の編集者をすっぱりやめ、フリーライターに。つまり仕事の流れ的に下流になったということです。
    収入はざっとですが4分の1。

    それでも、こどものいる楽しい生活はかけがえのないものです。最高!
    ちなみにクマもシワも減り、肌の状態は以前よりずっといいです。

    ユーザーID:0560836181

  • 有難うございました。

    復職後のほうが、保育園+自分のお小遣いでお金がかかるというご意見、とても新鮮でした。確かに、支出内訳は、仕事に行くための洋服や化粧品、息抜き費用がかなり占めます。

    家で赤ちゃんのお世話をふつうにしていれば、それ程かからないものなんですね。
    皆さんの有益なアドバイス、有難うございました!

    ユーザーID:2283230976

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧