• ホーム
  • 話題
  • 親にされて嫌だったこと・よかったことを教えてください

親にされて嫌だったこと・よかったことを教えてください

レス10
(トピ主0
お気に入り39

生活・身近な話題

ひなこ

最近、自分が親になる年代になったということもあるのか、小町を読んでいて親にされて嫌だったこと・よかったことは何だったか、と考えるようになりました。

私の場合

よかったこと
・手編みや手作りの洋服を作ってもらえた
・両親ともに料理が上手だった
・本の読み聞かせや読書好きの両親の影響で、活字好きに
・美術館や博物館めぐりで、知識が増えた
・社会人になってから言葉遣いがよいと褒められた
・小学生から美白を!と言われていたため、肌だけは白くてきれい?


嫌だった(もしくはこうしてほしかった)こと
・偏差値に関する関心がなかった=勉強しろと言われたことがない
・父の不倫で、夫婦ゲンカ日常茶飯事
・金銭感覚がいい加減
・過保護
・運動関係の習い事をさせてくれたらな…とちょっと思います


などで、最も嫌だったことは母の今で言うところの「ママ友づきあい」でした。

大して仲もよくない子と何時間も遊ばされたり、やりたくもない習い事をつきあいでさせられたり、親同士の職業や交友度・家庭に関する噂を子どもの世界に持ち込まれるのが本当〜〜に!最悪でした。


虐待などは言うまでもなく論外なので、それ以外でみなさんがご両親の教育や家庭の方針などでこれはよかった!と思うものなどがあれば、理由などもあれば一緒に教えてください。

よろしくお願いいたします。

 

ユーザーID:3642024863

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私は

    30代主婦です。

    よかったことは…
    ◆料理が上手くて、いつでも作りたてを出してくれた◆洋服や通学バッグなど手作り(小さい頃は)
    ◆いろんな地域のイベントに連れていってくれた
    ◆博物館や美術館に散歩に行くように連れていってくれた
    ◆本だったら何でも好きなだけ買ってくれた
    ことです。
    逆に嫌だったことは…
    ◆ファッションに無頓着。既製服は母の趣味にあわないと買ってもらえなかった。
    ◆屋台の食べ物を毛嫌いしてたので、あまり食べさせてもらえなかった
    ◆語学留学を許してもらえなかった
    ことです。

    ユーザーID:2371627030

  • 高校を勝手に決めないでほしかった



    私は、子供のころ獣医師か薬剤師になりたかったんです。

    いろんな高校を受けて、その中で一流私大の付属高校に受かったんですけど、その私大に獣医学部と薬学部はなかったんです。

    そこほど偏差値は高くないけど大学受験に力を入れていて雰囲気がよい進学校も受かったので、そこに進学したいと親に言ったのに、勝手にその付属高校に授業料を振り込まれて進学校は断られました。

    絶対楽しいからと親が言ったのですが、超つまらなかったし3年間無駄にした気持ちです。

    今でもそのことで親に暴言を吐いてしまったりします。

    ユーザーID:0888661929

  • 私は

    良かった事。
    きちんと性格や能力を見極めて進学や結婚など進路相談に乗ってくれた。
    新たに初める事に対して反対や過干渉がなかった。

    悪かった事
    子供に無償の愛を捧げ過ぎ。
    毒な部分がほぼありません。大人になってから世間の親の幼稚さや身勝手さや手抜き、配慮の無さに理解出来ません。
    親がしてくれた事をこれから子供にしてあげられるか、疑問です。

    もっと人の悪口言って見せたり、人間のドロドロした部分を見せてくれても良かったよ。スマート過ぎだよ。 と思ってます。

    ユーザーID:3891095274

  • いやだったのは過干渉

    母はとても芯が強く 生きる手本です。自営業の父が異常な過干渉でした。
    中学高校へ行っても 私の持ち物に サインペンででっかく名前を書いてしまう。

    学校の遠足しおりの地図を勝手にに色塗りしてしまった。

    新しい友ができた話題を出すと 私より先に友達の家周辺を先に探りに行き、
    得意げに アレコレしゃべる。「おばあさん2人も同居で 男物の自転車が3台、兄弟らしい学生さんが出入りしてた・・うんぬん・・」

    バイト先決める時 母親から聞き出し 先回りして「店長は眼鏡のやせた人だよ(思い込み情報。)でも感じ悪そう」的なことを垂れ込む。
    実際には眼鏡の人もアルバイトでとても親切だった。

    社会人になり 会社で使う自分の湯飲みを選んで 家で包みなおしていたら
    「それは焼きが悪い品だ。今すぐ返品しなさい。」と命令。

    いつまでたっても 過干渉で 私の世界へヅカヅカ入ってくる。気持ち悪いストーカー気質のせいで 友達は遠巻きになってしまうし、これが重なって心の病になりました。
    結婚を機に 実家から離れたら回復に向かってます。

    自分は子供の試行錯誤を見守る親になりたい。

    ユーザーID:5435509887

  • 親ですかー。

    よかった事は、親もまた誰かの子供で、完璧じゃあないと思わせてくれることですね。
    いつまでたっても親を年齢で追い越せないように、いつまでも親は親でいてくれます。(気持ちの上では)
    主人の両親ですが、よかったことは芸術や音楽のすばらしさを存分に教えてくれたこと、値段ではなく質のいい物を与えてくれたことです。おかげで、私たち夫婦は質素ですが身の丈にあった暮らしを楽しんでしています。
    嫌だったことは時々感情的になったりすることが苦手でした。

    ユーザーID:3064890852

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 私の場合

    よかったことは
     病気の時に看病してもらったこと。

    嫌だったことは
     ・恋愛に首を突っ込み、手紙をいつも盗み読みしていたこと。
     相手や相手の親にいつも文句の電話をかけたこと

     ・お金を貸してくれというのが一生だったこと

    です。

    嫌なことはもっと沢山あるのですが、でも親には感謝しなくちゃいけないのかな
    と、親に肯定的になれない恋しいと思えない自分が寂しいです。

    ユーザーID:2914907247

  • 親に感謝

    良かったこと
    ・本をなるべくたくさん読め、本のお金はケチるなというのが唯一の教育方針
    ・貧乏人の子だくさんだったが、きょうだいを比較したことがただの一度もなかった
    ・田舎だったが、教育テレビでオーケストラやバレエ舞台などたくさん見せてくれた
    ・放任で学校の様子など聞いてこなかった。常に子どもの意見を尊重してくれてああしろこうしろと言わなかった

    嫌だったこと
    ・料理がまずい、掃除や片付けがヘタ(笑)
    ・自分の身なりにはかなり無頓着で、参観日等恥ずかしかった


    こんなとこですかね〜。
    生まれ育ったところは限界集落一歩手前の僻地で塾なんかありませんでしたが、きょうだい全員現役でそれなりの大学に行けたのは親の教育方針のおかげだと思ってます。

    書いていて自分でも驚きましたが、自分と親の関係において、されて嫌だったことはありません。
    したいことは何でもさせてくれたし、したくないことは強要されませんでした。
    すぐ上の姉は読書が嫌いだったので、1人だけ読書してませんでしたが別に叱られたりもしてませんでした。

    うちの親に育てられたことはすごくラッキーだったと思うし、私の大事な財産です。

    ユーザーID:6569325698

  • だめよ

    トピさんの頃は ママ友という 言葉が存在した時代なんですね。

    私の小さい頃は ママ友は なかったです。
    何しろ 昭和の真ん中女ですから。

    嫌だった事 今でも 嫌ですが
      ○○しちゃだめよ   そんなのだめよ
      この   だめよ これが  大嫌いです 今でも ぞっとします。

    いきなり だめよ!! と言うのは よくないですね。
    私は 幸か不幸か 子供はいませんが この言葉は言いたくないと思いました。

    だめ でも どうしてだめなのか ちゃんと理由を言ってからでないと‥‥。

    よかったことは ありません。

    ユーザーID:1236745094

  • 良い子ぶらせる・・・

    ごく普通のサラリーマン家庭で育ちました。
    姉は、幼い頃〜大人になってもずっと反抗期。
    高校生で髪を染めたり、ピアスを開けたりちょっと目立ちたかったようです。(今は当たり前でしょうか?)
    私は、何故か何でも親の言う事を聞く大人しい子。
    反抗期はありませんでした。

    その時は分からなかったのですが、結婚してやっと気がつきました。
    母親は私を良い子ぶらせたかったんだと、、、
    いつも耳にタコができるくらい言われていました。
    「SAYAちゃんは良い子だから、できるよね?
    まっすぐに育つよね。」などなど。

    5歳の頃、初めて見た新体操に涙するほど感動してしまい、
    「新体操をやりたい」とお願いしたのですが、
    「駄目、ピアノを習わせたいから」と言われ、強引にピアノを習わされました。

    一見、言葉も柔らかくとても優しい母親だったと思います。
    でも子供の意志を尊重することはなく、いつも自分の思いを満たすために
    私を操っていました。
    それに従った私もバカでした。 姉はさっさと無視していて正解でしたね。

    ユーザーID:9337670718

  • レスします

    良かったことは学費を惜しみなく出してくれたこと。

    嫌だったことは子供を自分の思い通りに支配しようとしていたこと。

    ユーザーID:4131678073

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧