博士課程での結婚

レス69
(トピ主13
お気に入り80

恋愛・結婚・離婚

まゆげ

トピを開いて頂きありがとうございます。

私は、一般企業に勤める会社員の女性です。
現在交際期間の長いアカデミック志望の一学年年下の彼がいます。

私としては一年後の、彼が博士課程に進むタイミングでの結婚を考えております。ただ、彼はどうも気持ちが固まらないようです。

彼は現在、親からの仕送りと返済必要ありの利子付奨学金で生活しており、経済的な基盤がないこともためらいの原因のようです。
また、来年のタイミングでは研究分野や能力的にも学振の獲得も難しいのが現実のようです。

私は、彼の進む世界が厳しいのは十分承知していますし、結婚すれば運命共同体と考えているため、学費等の負担も厭わないつもりです。
現在は別々に暮らしているので、生活の無駄が多くあります。
結婚すれば、様々な補助等も会社からおります。現在寮生活の私の負担は増えることとなりますが、彼の負担は減ると考えられのるのトータルでは結婚しない場合より、経済的であると考えられます。

なにより、結婚することで、二人で協力して暮らせ、また心の支えができるため、私は結婚を強く望んでいます。

小町の先輩方に、現状での結婚の是非、また経験談をお聞かせ頂きたいと考えております。

私は彼の準備が出来るまでじっと待つべきなのでしょうか?
それとも積極的に彼を支えるために結婚を進めるべきでしょうか?
結婚は男性から申し入れるものだという一般的な認識もあるかと思いますが、女性から申し込むことのデメリットもあるようでしたらお教えください。

ユーザーID:1822850462

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数69

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 一人相撲?

    ん〜。
    トピ主さんの一人相撲のような気がしますけど・・・。
    彼は年齢的にも、まだまだ真剣に結婚まで考えていないのでは?
    若い男の子がよく言う「結婚したいね?できたらいいね?」と言う類ではないですか?
    男性は女性が思ってる以上に結婚には慎重な気がします。
    トピ主さんは彼の立場や、気持も考慮せず、行動を起こそうとしているように思います。
    彼がそろそろ身を固めようと強い意志が働かない限り、トピ主さんの空回りに終わると思います。

    ユーザーID:9790471803

  • お気持ちは分かります.

    本当に責任感のある男性なら,例え結婚願望はあったとしても,
    自分に余裕が持てるようになるまでなかなか結婚に踏み出せないのではないでしょうか?
    やっぱり現実問題,結婚にお金って大事。。。

    トピ主様の彼氏様が
    結婚願望はあるけども,今は学生身分で時期尚早と考えているからなのか,
    もともと結婚願望はあまりなく,しばらく自分のことだけに集中したいからなのか,
    分かりませんが,修士過程後,さらにアカデミックに進もうと思われる男性に,今結婚を迫っても
    なかなか「うん」とは言ってくれないと思います.

    ご参考までに,私はトピ主様の彼氏様のような立場の方と,
    昨年10年越しに結婚することができました.
    結婚の確約がないままの10年は20代の女性として,なかなか忍耐のいることでしたが,,,
    「私が彼を諦めるまで待ってみよう」という気持ちでいたらなんとか10年待てました(笑)
    彼は彼で,私を養うんだ!という責任感があったようです.

    要は,
    トピ主様がいつまで彼を待つことができるのか,
    彼がトピ主様との将来を考えることができるのか,
    次第だと思います.

    ユーザーID:5395553042

  • 彼の意志によるのでは・・

    大昔のことですので参考にならないかも知れませんが20数年前私は主人が博士課程2年のとき、お互い27歳で結婚しました。 主人は年収いくら・・どころ
    ではなく、全くの無収入! 一方の私は当時ならではのことだったと今になって思いますが某大手企業の正社員でその年齢の割にはまあまあ高収入でした。とはいえ二人で暮らしたらギリギリでしたけど。

    私たちの場合は、お互いに確固たる結婚の意思があったというのがそんな状態でも結婚にこぎ着けられたまず第一の理由だと思います。もちろん主人は自分が無収入であることを気にしていましたがそのあたりはなんとかなる!という、若気の至りと言えばまさにそうでしたが、こういう時にはある種の決断も必要です。 もちろん主人が就職できない場合も想定し、私は定年まで働くつもりでしたよ。ですから、そこまでの危険??を冒してまで二人は結婚したいかどうか・・これが一番重要なポイントだと考えています。  

    幸い主人は結婚後2年で希望していた大学での教職に就くことが出来、極めてラッキーなケースだったのですが・・あの時決断して良かったと思っています。

    ユーザーID:6685091859

  • 博士に進むということ

    1年後に博士課程進学ということは、今はM1ですか?
    ストレートだとすると、かなりお若いような…。
    一般的にそのくらいの年齢の男性ならば、結婚を具体的に考えられない人が多いと思います。
    ましてや、博士への進学を考えていたら、結婚どころではないかと。
    >彼の進む世界が厳しいのは十分承知しています…
    あなたが想像しているよりも数十倍厳しいです。
    院重点化以降、博士課程への進学は容易になっていますが、ポストはありません。
    >研究分野や能力的にも学振の獲得も難しい…
    のであれば、アカポスにつくのは至難の業ですよ。
    博士課程の学費だけの問題ではないのです。
    その後も食べていけないオーバードクターがたくさんいます。
    私は本当に運よく職に就き、学位も持っていますが、友人の中には、学位が取得できない、取得しても職に就けない(学位は「足裏の米粒」と言われます)人がたくさんいます。みんな才能のある人ですよ。

    それがわかっていれば、(彼は)簡単に結婚しようとは思わないはずです。
    気持ちが固まらなくて当然です。
    押し切るか、待つか、別れるかは、あなた次第です。

    ユーザーID:1391171726

  • もうちょっと彼を観察してみて

    博士課程1年の彼と昨年婚約し、今年に結婚予定です。
    私も彼が修士のときすごく結婚したかったですが、当時言ったのはずっと一緒に居たいという思いを伝えただけです。
    付き合ってから徹底的に彼の望む道を心から同意していましたが、私の心の限界が来て、別れるか婚約するか選んでくれと言いました。
    結果は私との結婚を選んでくれた彼でしたが、実は彼も結婚はしたいと思っていたが経済基盤がないことをとても気にしていて、学振が取れたらプロポーズしようと思ってくれてたと知ってとても惜しいことをしたなと今は思います。
    もし彼が本当にあなたと結婚したいと思ってくれているなら、必死に学振を取るはずです。
    正直、学振が取れなさそう、研究費もとれなさそう、奨学金も免除にならなそう、ではまだ彼の自活の道は遠いので、よってしっかりした彼であればあるほど結婚はしたくてもできないと思って間違いありません。
    それをあなたのごり押しで進めれば、多分彼は別れの道を選ぶのではないでしょうか。

    ユーザーID:6491441314

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 今じゃないけど結婚するって決めてる二人なら、

    何を悩む必要があるのか、よくわからない。

    昔々、後期博士課程の夫に、扶養に入ってもらって、夫は国民年金3号になりました。健康保険も扶養家族だし、公団住宅にも住めたし、いい事づくめ。

    職場の先輩とそのご主人も全く同じケースで、学生年数があまりに長くなるので博士は夫婦で助け合う人が多いのかなと思いました。

    今より、男は妻を養ってこそという意識が、世間でも本人自身にも強かったので、お金に関してはナーバスになっていたようです。
    だから、逆に節約とか言えるようになったのは、夫が就職してからです。

    それ以外は全部ハッピーでしたよ。今でも彼は、ちょっと恩にきてるようで、けっこう甘やかしてくれます。

    ユーザーID:3540213413

  • それは彼に酷かも?

    懐かしい話題だったので、自分の体験を基に書きます。

    彼氏さん、きっとM1or2ですね?
    たしかにこの段階で結婚を要求されても、難しいかもしれませんね。
    というのも、諸先輩方が大苦戦をしているのを見ているだろうし、
    例えば海外にチャレンジもしてみたいだろうし・・・
    そもそも、M1の段階だと、研究テーマを深く知っていない段階だから、
    どうしたらいいのか分らない時期だと思うのですよ。
    だから、彼氏さんの言うことは良くわかります。

    僕の周りはD2あたりで結婚する人が急に増えたような気がしますね。
    収入面を気にしていたら、いつまで経っても結婚できない事に気が着くのがその辺りなのでしょうか(笑)
    自分や友人の学生結婚の例を考えて、D2以降に再チャレンジするのをオススメします。

    ユーザーID:3876696934

  • 博士課程に在籍する気持ち

    女性ですがアカデミック側の意見として。

    ※必ずしも彼がそうだという意味ではないので、最後は彼の気持ちを確かめてください。

    アカデミックを志望し、博士後期課程に進学を決めても、その後はずっと不安が付きまといます。
    同級生たちが就職し、お金を稼いでいる中、授業料を払って進学する。
    何が不安といって、自分が「アカデミックで飯を食えるかどうか」わからないことです。

    アカデミックポジションを取るのは、能力だけではなくタイミングもあり、なかなか難しいです。
    取れたとしても、場所がどこになるかもわからない、うまくやっていけるかどうかもわからない。

    なので、今結婚をしようといって、なかなか「うん」とは言ってくれないとしても、不思議なことではありませんし、愛情が無いわけでもないと思います。

    その気持ちをわかってあげた上で行動に出て欲しいと思います。

    ちなみに、私の場合は、学振を取れたときに初めて、何とかこの世界でやっていけるのかもという安心感を得ることが出来ました。

    ユーザーID:4374927405

  • 問題は学生だからだということではないと思います

    夫も私も共に学生で結婚しました。学生結婚は日本社会ではまだ一般的には多くなく、非難されている方もおられますが、私は結婚して良かったです。(もちろん親からの援助は受けないのが前提ですが)家庭を持つことですごく成長したし、学校とか仕事の両立は大変ですけど、お互い家族を養っている責任があるので、逆に学業にも仕事にも必死に頑張れるようになりました。「経済的に余裕ができてから」「就職して落ち着いてから」「○○してから」と言いますが「しない」理由はいくらでも思いつけます。なので私の考えは、結婚をする上で問題なのは、状況ではなく、望みと決意なのだと思います。実際、私たち夫婦はちゃんと暮らしているし、周りの学生結婚夫婦もやっています。ただし、それは二人の意志がお互いを向いていたら、の話です。トピ主さんの課題は、彼が博士課程だから…というよりは、彼自身が「今トピ主さんと結婚したいか」だと思います。一人の望みだけでは結婚できませんし。なので、気になるのであれば、まずはトピ主さんの気持ちを彼に話し、結婚の意志があるか聞いてみてはいかがでしょうか?これからの話は、彼の意志で変わると思います。頑張ってください☆

    ユーザーID:2395287680

  • 金銭的問題ではなくて


    申し訳ない言い方なのですが、彼は結婚という形式をとると、恋人が妻になり、「足手まとい(すいません)」になるかもしれないと思って結婚に踏み切れないのではないでしょうか。
     
    私の場合は、私が結婚後に大学院進学、夫が会社員で、金銭的にも精神的にも支えてもらいました。勝手な言い分ですが、夫が私にあまりなにも期待しなかったことですごく助かりました。好きな時に研究し、好きな時に寝てました。

    ただ一つ、夕飯を一緒になるべく食べるというのがなんとなくの約束事でしたが、それも夫が大学に来て、学食でまずい夕食を一緒に食べてました。こんな感じでもOKだったので結婚生活を続けられました。

    結婚すると二人で協力して暮せるとありますが、一緒に「暮らす」ことで自分の時間が侵食されるのが嫌な人もいるのでは?

    私が彼だったら、結婚するために引越しなんて、疲れるし時間とられるからいやだし、彼女から結婚の提案されても考えるのめんどくさいです。。博士とるまでは研究至上主義でいった方が結果が出るのではないでしょうか。

    ユーザーID:8468805775

  • コメントありがとうございます。

    トピ主のまゆげです。
    皆様の冷静なコメントありがとうございます。

    やはり私の空回りのようですね。
    将来が不安なためか単に奥さんがいると足手まといなためか定かではありませんが(両方の気がしますが)、彼には結婚が早いようですね。

    彼は、職が出来てからと言いますが、それだと早くても5年後?10年後も覚悟しなければなりません。そのころ私は30歳〜35歳です。
    彼の言い分だと、そのころまで待っても職が無ければ結婚も無いことになります。

    私は彼が研究者として芽が出ようが出ないでいようが一緒にいたいと考えています。彼となら貧乏でもかまわないし、私自身も貧乏に耐えられる若さはあると思います。
    でも35歳まで待てません。
    小町でも散々言われていますが、30歳を過ぎるととたんに結婚が難しくなるようですし。

    でも、精神的な準備の出来ていない彼に迫るのもかわいそうなのもわかります。私としてはせめてはっきり時期を教えてほしいけど、それものらりくらりとかわされます。かといって彼から別れを言うつもりもないようです。

    この場合私はどうしたらいいんでしょうか?

    ユーザーID:1822850462

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • 大丈夫、大丈夫

    大丈夫、あと、数年もしたら状況変りますって(笑)

    まわりに無策無謀にも学生結婚をする輩が増えますから。
    実は、私もその一人でした。

    『芽が出なくてもついていきます』っていいですね。
    彼に、もう少ししたら、その言葉のとおり声をかけてあげてくださいよ。
    きっと、とても喜ぶと思いますよ。

    ユーザーID:3876696934

  • まだ23,4でしょ

    ストレートで行ってるとすれば彼が23、あなたが24でしょ。
    勿論人によるけれど、都市部ではまだまだ結婚適齢期前だと思う。
    男性は大卒でも25くらいまで考えられないですよ。
    彼がはっきり時期言えないのは当たり前、アカデミックの道は10年後にドロップアウトの可能性もあるわけで。
    彼はあなたのことを好きでしょうよ。
    なんで好きなのに彼から別れを告げるんですか。
    でも結婚できない(しようと思わない)気持ちを理解しようとしないのはあなたですよ。
    別れたいならば別れたい方から告げるもんですよ。
    待てないなら頑張ってあなたが彼を切るしかないんです。
    なぜあなたは結婚したいの?
    たとえ35歳まで待ってても彼に職がなければ結婚もできないけれど、彼と一緒に居たいのか。
    それとも結婚するということを優先させるのかは、あなたが決めることですよ。
    はっきり時期をとおっしゃいますがじゃあもし、彼が10年待ってねといえば待ちますか?
    待ってても結婚しなければならない責務は彼はないんですよ?
    自分が何歳までなら待てるのか、と冷静に考えたほうがよろしいかと。

    ユーザーID:6491441314

  • 待てないのであれば…

    現在、ポスドクの者です。
    私自身は(いい歳して)独身貴族を謳歌している身分ですが、
    周りには奥さんの稼ぎで食べている男性がゴマンといます。

    ただ、そのほとんどが少なくとも一度は彼女(現・奥さん)から三行半を突きつけられた経験をお持ちです。
    おそらく彼女さんたちもトピ主さんと同じ不安から、他の男性に惹かれたんでしょう。
    (例外カップルもいますが、それは彼女の方に結婚願望がなかったため)
    それでも彼らはヨリを戻し、最終的に結婚した。

    全員とは言いませんが、博士課程の院生というのはこういうタイプが多いです。
    思い切った「行動」で示さないと、相手がどれほど不安を抱いていたか気づけない。
    彼らは彼らで自分のことで精一杯ですから、それも仕方がないですが…。

    はっきり期限を設けるのもいいんじゃないでしょうか。
    彼にとっては非常に重く感じるでしょうが、だからと言ってそれを避けようとすれば、
    トピ主さんの結婚願望の強さから見て、いつか大好きな彼に三行半を突きつけることになりそうですし。
    その後、そのまま別れるか結婚するかは、お二人次第というところですね。

    ユーザーID:7682885559

  • あなたの気持ち次第

    まだ彼はM1とのこと、お若いですね。

    あなたが待てるかどうかですよ。
    私の友人は同じような状況で34歳まで待ちました。
    その間彼に同じ学生間での浮気をされたりもしましたが
    今は結婚して、子供もいます。
    彼女は地味でおとなしいタイプだったので、
    浮気されても他の男性に行く勇気がなかったと
    結婚したあとで言っていました。
    彼は30代半ばですが収入はあまり良くないようです。

    主さん社会人だったら、学生の彼は頼りなく思えてきませんか?
    まだ23、4じゃそうでもないかな?
    社会人と一緒にいるとだんだん、気持ちの変化もあるのではと思います。

    彼に期限をもうけさせるのはちょっと…
    そんなの彼も分かりませんから。

    ユーザーID:5098773016

  • 機が熟してほしいのよ

    彼は、今は研究に専念したいのです。私は専門職ですが、締め切りが近いと夫に出かけてほしいですもん。家にいて昼寝されても腹が立つし。

    今、結婚なんかして、子供ができたら…研究は飛びますよ。
    私は35になっちゃうよなんて言わずに待ってほしいです。必ず結婚の好運機が訪れます。遠距離でもないし、恋人時代を楽しみながら待つのです。

    ユーザーID:7137820911

  • コメントありがとうございます。

    引き続きコメントありがとうございます。

    >Toshiさん
    Toshiさんが結婚を決意された理由は何だったのでしょうか??

    私は、若いからこそ、無策無謀が出来るのだと考えております。年齢を重ねると持てない生活が苦痛になるだろうし、回りの目も厳しくなります。だからその前に二人で協力して生活できる基盤を作りたいのです。
    私のお給料は多くはありませんが、同じ水準で家族を養ってる人もいます。今一人で贅沢するより、大変でも二人で生活したいのです。また、会社の制度も整っているので、あわよくば子供も…
    今はなよっとしている彼ですが、家庭を持てはもっとしっかりしてきれ、研究にも励んでくれるのではと思っている私は、甘いでしょうか?(現在の彼は趣味にもどっぷりはまっており、不安要素です…)

    ユーザーID:0756593697

  • コメントありがとうございます。

    >むりさん
    おっしゃるとおり、私は24歳、彼は23歳です。
    私にとっては大学を卒業して、就職して4月からは社会人3年目で。次は結婚するのはすごく自然な流れなのですが、彼には早すぎますよね。
    10年待てと言われれば、私は待てないと思います。その間子供を産むことが出来ませんので。


    私としてはいつか別れるのなら、今すぐ別れるべきだし、いつか結婚するなら、早いに越したことはないと考えているのですが、ちょっと考え方が極端なのも分かってはいるのですが…


    >花の慶次さん
    ご結婚されている周りの方々は幸せそうでしょうか??
    彼は回りに結婚している人はいないと言います。ドクターにもポスドクにもいないようです。準教くらいになればちらほらいるようですが。。


    彼は来るもの拒まず、去るもの追わずな性格なので、きっと三行半を突きつけても、だんまりするだけだと思うので、そのときは私の強い意志が必要のようです。
    ひどく頼りないのは確かなのですが、何年も一緒にいてきたので、よさも分かっています。
    でも、女性は年齢の問題があるので、いつまでも待てないです

    ユーザーID:1822850462

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • 主観と客観の差異

    >彼はどうも気持ちが固まらないようです

    これは、結婚を希望する「女性」側の分析ですから、相当割り引いて考えるべきでしょう。
    男性側の一つの意見として言わせて頂ければ、
    アナタとは結婚する気は無いのだと思いますよ。

    「一般企業に勤める」とありますから、「名も無い小さな会社」なのでしょう。
    想像するに給与も低く、貯金も大してある訳ではないでしょう。
    しかも年上!
    博士課程に進み、将来に夢と希望を広げる若い男性にとっては・・・

    私の分析を信じる必要はありませんが、「じっと待つ」のは一番の愚策かと思われます。
    思い切って別れるか、さもなくば強引に押し込むかの選択ではないでしょうか?

    ユーザーID:9585863127

  • 加えて皆様にご教示頂きたいです。

    発言小町では、研究者やその奥様方が多くいられるようにお見受けします。(なので私も愛読しており、この度初めてトピを立てました。)

    その中で、研究者を目指している人で、またはそのような方と結婚して、不幸になったというか、思い通りの人生にならなかった方のお話はありませんか?知り合いでももちろんかまいません。
    Mさんの友人のお話ももう少し伺いたいと思います。

    ドクターが100人の村でも、多くは夢をあきらめたり行方不明になると思うのですが、現実にはそのようなお話を伺う機会がなく、もしかすると私の認識が甘いのかもしれません。

    彼は理論物理を専攻しており、ポストも少なく、本人は、適正的に一般企業への就職は無理と考えているようです(私はそんなことはないと思うのですが)。また専攻内容としても、本当に優秀な一部の人しか残れ無いはずですが、周りに直接あぶれた人がいないので、末路?が分からないようです。(マスター卒で就職を選ぶ人も少ないながらいるようです。)

    私たち二人とも将来に対しての不安はあるけど、どちらも危機感が無いですね

    ユーザーID:1822850462

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • 結婚後…

    トピ主さんはみなさんに大変ご丁寧なレスをされてて、好感が持てますね。

    だからご質問に答えるというわけでもないのですが、
    一度彼女に三行半を突きつけられ、その後ヨリを戻して結婚に至ったカップルは、
    傍目から見れば幸せそうです。見ててうらやまくなるほど。

    もちろん、外から見るだけでは本当のところは分かりませんが…。

    ただ、どのカップルにも、ヨリを戻してからも相当な心の葛藤があっただろうということは、
    何となく伝わってきますね。多かれ少なかれ、お互い「心の傷」のようなものを抱えながら、
    結婚生活を営んでいるんでしょう。

    でも「雨降って地固まる」で、そういう経験を経たからこそ、夫婦ともに
    「もう見捨てられない」・「もうおろそかにしない」という人情が働いているように思えます。
    こういうのも、夫婦の幸せの一つのかたちというものなんでしょうね。

    ご参考までに…。

    ユーザーID:7682885559

  • 飛美さん、小町らしいコメントありがとうございます!

    飛美さん、手厳しいコメントありがとうございます。

    しかし、多少憶測が過ぎるかも知れません。

    私は、よっぽどで無ければ誰でも知っている企業で総合職として働いております。収入も、同じ業界内では少ないと言われることがありますが(総じて高収入な職種のため)、個人的には十分だと思ってました。首を切る風習が無いため、同業他社よりお給料が低いのは仕方ないと思っています。

    福利厚生に恵まれているので、2年間働いた分にふさわしいだけの貯金はあると思います。奨学金返済をしながら、多少は運用にも回しておりますし、スキルアップや健康維持の為の投資をしている割には貯まったかなと思っています。(現在は散財気味ですが。。)

    ただ、飛美さんの言うように、将来に夢と希望を広げている彼の未来を潰すのは本望ではありません。
    私もただじっと待つのは愚かだと思っています。

    しかし、今は好きな気持ちがあるので、ぐだぐだ悩んでいるのです。行動するなら少しでも早いほうが良いのですが。。。

    手厳しいコメントも、一歩前進するきっかけになりますので、ありがたく頂戴させていただきます。

    ユーザーID:1822850462

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • ちょっと不安

    う〜ん、やっぱり甘いような。
    「芽が出なくても」とおっしゃいますが、それがハッキリするのは30代後半で、
    それまでは何とかあがこうとすればあがけます。

    首尾良く3〜4年後に学位が取れたとして、彼は留学したいと思うかもしれないし、
    遠く離れた地域でポスドクや助教のオファーがあるかもしれません。
    研究者として飛躍するには当然必要な事ですし、
    仮に院生ではパッとしなくても、まだまだその後の頑張りで逆転は可能です。

    でも結婚して家庭があったらどうでしょう?
    トピ主さんには定職があり、それなりに制度も整ってるようですけど、
    その仕事を辞めますか?それとも別居婚?
    その頃には1〜2歳の子供がいるかもしれませんよ。
    結局「研究を諦めて」と言い出すのが目に見えています。
    一緒になれば生活が楽にとかいうのは院生の間だけで、
    その後はむしろ足かせになりかねません。

    「貧乏しても」というのには「自分が仕事を辞めて、彼の不安定な任期付きの収入に
    依存する事になってもついていける」「40を前にして研究に見切りを付け、
    資格なし経験なし無職から再スタートする事になっても大丈夫」というのも含まれてますか?

    ユーザーID:8688590522

  • もう一つの回答を失念してました…

    研究者と結婚して不幸になったという話は、少なくとも私の周りでは寡聞にして知りません。

    ただし、どの夫婦も子供はいません。
    それに、お互いの性格・人格にもよりますので、研究者(のタマゴ)との結婚は絶対に不幸にならない、
    とも言い切れませんが…。

    トピ主さんの稼ぎもあることですし、ある程度、研究者の世界をご存知であれば、
    あとはお互いの立場をどこまで尊重できるか、でしょうね。

    ただ、子供を生むということは、そのまま彼の研究者としての人生を棒に振ることだと考えてもよいかと思います。
    アカポスに就いていない段階での子供と研究の両立は、だんな様の方に並外れて強靭な精神力と体力がない限り、
    ほぼ絶望的と言ってもいいくらいです。残念ながら、こればかりは確信を持って言えます。

    どうしても早く子供が欲しい、とトピ主さんがおっしゃるのであれば、
    仮に子供を生んだとして、だんな様が心から喜んでくれる人かどうか、
    つまり自分の研究者としての人生・夢を犠牲にすることも厭わない人かどうか、
    そのあたりを見究めた上で、お二人の将来を考えるべきでしょうね。

    ユーザーID:7682885559

  • 理論物理でしたか

    理論物理は相当厳しそうな...

    私はバイオ関係で、それはそれで厳しい分野なんですが、
    理論物理はケタ違いという印象があります。
    高校時代の友人は純粋数学を専攻してます。
    理論物理とはちょっと違いますが、ほぼ産業への応用が効かず
    就職先は大半がアカデミックという意味では似ているかもしれません。

    彼は30代半ばまでほぼ無収入で親がかりで生活し、
    その後幸いにして大学に職を得ましたが、
    同期の半分近くはアカデミックの道を断念したそうです。
    家業を継いだり塾講師になったりするのはまだマシで、
    音信不通になっている人も珍しくないと言ってました。
    やはり一般企業への就職はごく例外的だそうです。
    私がいるバイオの分野でも、40過ぎて事実上無職であったり
    フリーター等で暮らしている人を何人かは知っています。

    理論物理で周囲にあぶれた人がいないというのが信じ難いのですが、
    過去10年くらいの研究室の出身者全員をリストアップして、
    現在の行く末を調べてみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:8688590522

  • がんばって!

    親の立場です。トピ様の好感の持てるレスを拝見し、がんばってほしいと思いました。

    息子はD3で結婚し、今なお、お嫁さんが働き、その扶養家族です。結婚式の時には(全て親掛かり)、お嫁さんのお友達から「息子さんが無職で、今後の仕事のアテもないし、親としては心配ではありませんか?」とまで言われました。絶句しましたが。

    おめでとう!って笑顔の祝福の裏に「夫を養うなんて」とか「見込みがあるのかしら」とか、いろんな感情があるのだと気づかされました。

    でも、そんなことには全く頓着しない二人です。親のことも無視、友人知人についても「来るもの拒まず去るもの追わず」という感じで、完全に二人だけの世界です。

    夫を無期限で養うとか、いわゆる世間と違う選択をする場合は、そういう覚悟ができるかどうかだと思います。本当に好きなら後悔しないようにがんばって。

    ユーザーID:0520086861

  • うーん

    結婚しても、研究者としての彼の芽を摘んでしまわない自信があったら、いいと思います。路線変更となれば、後で後悔なさると思います。

    ユーザーID:6081288226

  • いくらなんでも・・・

    早すぎるように思います。
    我が家は三姉妹で全員夫はドクター持ち研究者ですが、相手がパーマネントポストを得てから、29〜31歳で結婚しています。

    夫を支えると仰られますが、それは博士課程を取った旦那様の居る妻ならば誰でも考えることです。が、現実として500万やそこらの年収じゃ無理でしょう。ましてや子供となると、つわりが酷かったり切迫流産で妻の収入が無くなったら、即アウトです。
    未来の見えないアカデミックの世界で、恐らくウン百万の奨学金という名の借金を抱えながらの新婚生活。マイホームなんて40でも叶うかわかりません。
    私の勤めていた研究所でもたまに学生時代から子供の居る方もいらっしゃいましたが、例外無くできちゃった婚、学振取得、加えて両親が援助していました。奥さんの不満も相当なもので(子育て参加も難しい仕事ですし)、かなりの忍耐力が必要です。妻への愚痴が多く、これはストレスフルな10年を過ごした結果、妻から夫への愛情が冷めていった結果だろうと推察します。

    ご参考まで。

    ユーザーID:0736555164

  • どうせいつか死ぬ気で頑張らないといけない

    一般的な話をすれば100人中100人が難しいと答えるでしょう。
    ただ、我々は人ができないことをやる人種です。
    その結果かどうか知りませんが、私を含めて博士課程で学生結婚した6人全員、
    30代で旧帝大で准教授以上になっています。

    ユーザーID:4280190365

  • 厳しいです

    私、30才一部上場企業総合職。夫、同い年ポスドク。結婚5年目です。
    不幸・・・ではないですが、幸せか、と問われるととっさに首肯できないです。
    社会人3年目くらいは、仕事が面白くて仕方ない時期でした。できるようになってくる実感もありますし、残業続きでも一晩寝れば疲れが取れましたし。
    30代になって少しずつ体力もなくなり、働き続けることがきつくなってきました。給料が上がる分、責任ある立場になってきますし。
    大学時代の友人は、専業主婦になったり、働いていても趣味的仕事で家事や育児と両立して、習い事なんかもしています。うらやましいですよ、やっぱり。
    私には、時間的にも精神的にもそんな余裕はありません。
    せめて夫に人並みの稼ぎがあれば・・・と思うことも、一度や二度ではありません。
    夫の研究は応援していますが、もう一度やり直せるとすれば、別の人を選ぶかもしれません。本音です。

    ユーザーID:8066254834

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧