災害で子どもが帰宅困難になったとき

レス36
(トピ主0
お気に入り36

趣味・教育・教養

やっは

東日本のみなさま、お見舞い申し上げます。

さて、今回の大地震で東京の交通網がマヒし、帰宅困難になられた方が大勢いらっしゃいましたね。東京在住の兄と甥も翌日なんとか自宅にたどり着いたと連絡がありました。

うちにはこの春高校入学の娘がおります。これまで近くの公立中学に通っていたので、はじめて電車での通学となります。教育系の掲示板に、下校途中で電車が止まり、学校に戻るにも中途半端な距離で土地勘もなく、駅員のフォローもなく、子どもは一晩地下鉄構内で怖い思いをしたという書き込みがありました。幸い親御さんと携帯で連絡がとれたので、車で迎えに行かれて朝方無事会えたそうです。

うちの娘は方向音痴。その上人見知り激しく初対面の人間としゃべるのは大の苦手。もちろん非常時にこんなことを言ってられないのはわかりますが、入学前のこの時間のあるときにできることがあったらしておこうと思い、みなさまのお知恵を拝借にまいりました。

・電車は2本乗ります。阪急は小さい頃から乗っているし併走している国道があるのでなんとかなると思うのですが、問題はその先の大阪市営地下鉄。 娘はやっと乗り継ぎを覚えたレベルです。津波警報なり注意報がでたら、津波浸水想定域でないとはいえ構内にとどまってはいられないと思います。
・高校…携帯電話所持はOK。ワンセグついてます。普段ネットは禁止にしてます。
・非常時主人は職場から離れられません。また、在宅してても呼び出されます。通勤に車を使いますので車で迎えに行くという手段はとれません。

とりいそぎ、携帯電話の予備電池(ストラップ型のもの)は購入いたしました。
また、携帯電話会社の防災マップのダウンロードと使い方を教わろうと思っています。

このほかに知っておくべき事・ヒントなどございましたらよろしくお願いいたします。

ユーザーID:8930786056

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 携帯で連絡

    我が家には車がありません。夫も私も仕事があり、高校生の娘のほか、下の子もいます。

    今回は、春休み前で下校が早かったので、幸いにも、交通がストップする前に帰宅することが出来ました。しかし、上記の事情により、たとえ娘が帰宅困難となっても、お迎えは無理だなあ。

    学校にいたら、学校で泊まる。
    電車が途中で止まったら、駅員の指示に従う。
    翌日、自力で帰って来い。

    娘には、こんなことを言っています。

    娘の学校も携帯はOKなので、地震に限らず、何か想定外の事態が起きたら、携帯で連絡して、その都度ベストな解決策を考えようと思っています。

    まあ、自分が高校生だった頃は、携帯なんて無くて、何が起きても自分の判断で解決するしかありませんでした。それに比べると、今は、親も子も楽だなあと思います。

    ユーザーID:3671608300

  • 携帯は使えない

    被災地にいた知人によると、携帯電話は全くつながらなかったそうです。
    今もつながりにくい状態が続いていると聞いてます。

    私は神奈川ですが、職場の固定電話、自分の携帯からも娘の携帯につながらず。
    しばらくしてメールはセンター問い合わせをすると受信することに気づき、やっと連絡をとれました。
    あの日一日、メールは普通には届かず、たびたび問い合わせをしながら娘とやりとりをしました。

    うちの娘の高校は自宅と同じ市内なので車で迎えに行きましたが、離れているなら無理に帰らず学校に留まるのが一番だと思います。

    ユーザーID:7273008517

  • 高校生なんでしょ

    大丈夫じゃないですか?そんなに心配するなんて、小学生かと思ったら・・・テレビでは、ボランテイアしてる高校生もいるぐらいですよね。頼もしいですよね。ちょっと過干渉では?

    ユーザーID:4690157074

  • 心配ですよね。

    同様の立場の息子がいます。私の息子も方向音痴でインドア派、何にも知らないので心配だなあと思っていた所です。一応息子には少しでも近辺の地理を理解してもらうため、春休み中に色々連れ出そうと思っています。その際災害などにあった時はどうするかも話し合っておきたいと思います。

    主様のお子さんは娘さんですから尚更ご心配の事と思います。

    私にも娘がおりまして今回東京で地震に合いました。娘は問題なく無事だったのですが、当初は携帯に連絡するも全く掛からず心配したものです。その際にわかったことは、携帯同士は30分掛け続けても繋がらない状態でも、固定電話から携帯、固定電話から固定電話に掛けますと数回に1回とか遅くとも2,30回に1回位の確率では掛かるようでした。さらに、夜の9時半を過ぎると比較的掛かりやすくなり、10時を過ぎると携帯同士も掛かるようになりました。もし携帯が繋がらず、更に携帯の電池が残り少なくなったなら、少し時間を置いてから掛けるなど話し合われておくと良いかと思います。あとは、私なら困った時は駅員か乗り合せたおばちゃんに相談など大人を頼りにするように言うかなと思います。 

    ユーザーID:0971075756

  • 思いつくままに

    折りたたみ式の地図 自宅周辺の道は分かっても、学校周辺の道で分からない箇所もあるだろうから、地図や電車の路線図のコピーを携帯する

    水と携帯用食料(栄養価の高いプロテインバーなど)、飴やチョコなど
    をなるべく普段から携帯する癖をつける

    キーホルダーにつけられるサイズの小さな懐中電灯や笛(防犯予防にもなります)

    財布に現金を忘れずに入れておく

    ユーザーID:5569497319

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 地図を見せましょう

    方向音痴というのは、複数のイメージ・情報から事実を導く能力(自分がどこにいるかという想像力)が未成熟と言うことですから、これから親子で時々地図を見たらいいと思います。方向音痴は練習で克服できます。
    学校から家までこの位離れているんだね、途中にはこんなランドマーク(目印となる有名な建物や公園など)があるね、ここの角にコンビニ・お菓子屋さんがあるね、など、お話ししながらいろんな地図を眺めるだけでも違うと思います。それらの話の断片を覚えていれば、今自分がいる位置や家の方向を導き出す手がかりになります。
    車で一度、学校と家の間を往復して、上と同様にお話ししながら景色を見せるというのもいいと思います。
    帰宅困難になるほどの非常時にはケータイは使えなくなるはず。頼りになるのは自分の経験や記憶と、家に帰るぞという気持ちです。

    また、信用できる大人や、お友達と、なるべく一緒に行動することも大事です。

    ユーザーID:9500126755

  • 大丈夫・・・ なはず

    東京は今回私立中の子は、テスト中でみんな早く帰ってきてたり もう春休み中で家に居ました。

    息子に 今回学校帰りだったらどうする?って聞いたところ
    そんなもの 適当に帰る 馬鹿にするな!でした。

    学校に居た子は 学校に泊まり 朝食食べて帰りました。

    帰る時は友達と帰りますし 
    いろんな線が止まり 違う経路で帰る事も多く、イレギュラーな事に慣れるとは思います。
    心配なら 車か自転車で何度か行き来してみたら?

    ユーザーID:8951355254

  • 避難訓練

    今回東京では、暗くなってからの移動は危険なので安全な場所に留まるようにとアナウンスされました。
    学校や会社で建物に被害がなく雨露しのげれば安全ですし、
    移動中なら東京では避難所やステーションが設けられます。(東京都防災マップ)

    日中で歩く場合は、やはり事前に歩いておきましょう。
    (無理に一度に歩く必要は無く、一駅なり二駅分を数回に分ければ難しくないと思います)
    その過程で、付近の避難所になる場所の確認(学校や役所など)も行えば、安心も増します。
    (橋が落ちたり、高速、鉄道の高架がふさぐ場合もありますので、ルートは複数に)
    実際に歩いたルートを教えてもらえれば、最悪連絡がつかなくても探す手立てになりますよね。

    携帯電話は繋がりにくいですが、緊急用(救急・消防)のために使わない勇気も必要です。
    連絡は、音声通話ではなくメールのほうが直後なら可能性があります。(停電なら街のアンテナは数時間しかもちません)
    ネットは、使いかたを話合われてみるのも良い機会かと。

    ミュージックプレーヤーも欲しいかな、FM付きはいかがですか。大阪だとガンボか?
    キーホルダー用の小さいライトもあると安心です。

    ユーザーID:7970214320

  • 過保護では?

    私自身に小中学校時別々の県で電車通学経験ありです。
    現在、大阪に住んでます。


    大阪なら、そのような状況になったら間違いなく、梅田に向かう人の群れができるでしょうし、さほど心配しなくてもいいのでは?

    100円均一で売ってるような薄くて軽い大阪地図を持たせ、学校の位置を把握させ、地図は常時携帯させれば?

    お子さんをもう少し信じるべきでは?
    大阪市内は結構かんたんです。

    ユーザーID:9882407882

  • まあ こんな対策とか・・・

    まず 1つ目は、動かないことですね。
       2つ目は、目的地が近ければ そこへ避難。
            (学校にいたら、そこから動かない)

    学校に通っている子は、学校にいたほうが、居場所もあるし、食事も確保しやすいし、大抵の学校は避難所ですし、親のほうも 自宅から学校までの経路は もちろん探しますでしょうが、真っ先に行くのは学校と思いますしね。

    途中の経路は 一緒に待機場所を考えるのがベストです。

    また、GPS機能付の携帯電話なら 相手の 又は 自分の位置を定期的に発信して教えるサービスもあります。(先の地震では、メールよりも早く位置確認ができましたよ)。メールでも把握は出来ますが、混信して数時間後に相手先に届いても、双方ともハラハラします。

    ユーザーID:5378274886

  • うちの子も

    首都圏在。
    高一娘が帰宅困難でした。

    駅まで行き、自らの判断で学校に戻りました。
    連絡がついたのが夜中、帰れたのは2時過ぎましたが、学校に居るのが分かり親としては安心していました。

    特に子供は、無理な帰宅はしないほうが良いと思いました。

    ユーザーID:0653307615

  • 携帯の使い方を教える

    思い出したので追加です。

    前回、携帯で連絡と書きましたが、当日、通話は通じませんでした。

    メールなら、センターにたまっているものを、問い合わせれば、受け取ることができました。

    センターにたまっているメールを受け取る方法を、娘さんに教えてあげてはいかがでしょうか。

    それも使えなくなるような緊急事態のときは、もう、子供の力を信じて、子供に任せるしかないのでは。もう高校生なのだから、自分で何とかするだけの力があると思います。

    ユーザーID:3671608300

  • 地震の時は地下を出る

    阪急と大阪市営地下鉄を利用する、乗り継ぎを覚えた、ということなので梅田経由でしょうか。

    私、関西に住んでいましたが、確か梅田の地下街にいるときに地震を感じたらとりあえず地下街からビルの上の階(何階以上だったか忘れましたが)へ逃げるべし、というのを新聞だかテレビだかで見た記憶があるのですが...。梅田辺りは津波浸水想定域だったと思うのですが、いかがでしょうか。

    携帯は、地震直後だったらつながると思います。全国に速報が流れたらもうつながらないでしょうけど。

    地図と方位磁石を必ず鞄の中に入れて置くようにしておいて、実際電車が止まったら、地下鉄の場合だと梅田を目指す、阪急の場合、線路が地上にあるので線路沿いに歩く(高架部分はちょっと辛いけど)、ぐらいしか思い浮かびません。もちろん歩いて戻れる距離なら、学校に戻るのがベストだと思います。

    他の方も書かれていますが、関西だったら近くのおばちゃんに声をかけてみるのもいいと思います。

    ユーザーID:8826597813

  • 家族で話し合っておくのも備えです。

    都内ですが、あの揺れを経験すると、もう高校生でしょ〜?とか、過保護じゃないですか〜とは言えませんね。年齢関係なく大人でも怖いです。
    親子でいろいろ話しあっておくのも十分備えです。
    災害掲示板の利用や、学校では必要なものロッカーに入れておくのもいいでしょう、一人一人のちょっとした備えが大きな混乱や不安を出来るだけ小さくする思います。

    ユーザーID:6821933055

  • 簡単にできる事から

    >その上人見知り激しく初対面の人間としゃべるのは大の苦手。もちろん非常時にこんなことを言ってられないのはわかりますが

    高校生になるんですよね?だったら、人見知りとか言ってられないと思いますが。それの克服からじゃないでしょうか?
    やたら誰彼となく話しかけるのではなく、やはり自分が困った時にはハキハキと聞く(信用できそうな人とか、駅員さんとか)、言われた事を理解する。それでも分からなければ再度聞くなどできるようになったほうがいいのでは?
    これは非常時じゃなくても大事な事ですし。
    いざとなったら「口があるんだから、困った時は聞けばいい」という気持ちを持つことは大事です。
    あとは、電車であちこち出かける用を作る。(ショッピングや観光でもいいです)
    乗換駅などを調べてシミュレーションさせて、お子さん主導で目的地まで行く。
    うちは転勤族なので、1年〜2年おきに子供は転校です。
    北海道の田舎から都内にきましたが、どこでも行けます(小学生)。入念に調べてるようです。
    関西では引っ越し後すぐに京都、大阪など電車で出かけてますよ。
    私も調べてはいますが結構楽しく覚えられますよ。

    ユーザーID:9496560722

  • 通学される道で 何ヵ所かの避難場所を決める

    どんな事が有ってどんな状況下になるか分からないけど
    備えたいなら、避難する時に場所を特定しておくのが一番ベストかな?って気がします

    そして、連絡方法も決める。たとえば、距離が長いなら3つとか4つに分けてその場所内にあるコンビニや駅などの具体的な場所

    改札やお店などにメモなどを残して移動する
    「来ないので次の○○まで徒歩で移動します。何時何分で、個人特定できるニックネームとか記号を入れる」
    「誰々と移動する事になり徒歩でココに移動」とか

    要は連絡方法やドコに居るかが明確に分かれば不安が減りますし
    時間がたっても見つけやすいし…

    携帯などのが繋がりにくいなら伝言を残す。メモを残す
    避難する場所を決めておく。って事が一番 家族が心配しなくてもすむのでは?
    今回の震災で実感したのはやはりメールが時間がたっても文字で伝わるので混乱が少ない気がします
    短い文章などで分かる様に普段からの取り決めをした方がいいのでは?

    ユーザーID:4881758682

  • 大阪出身 今東京

    私も歩いて自宅まで帰りました。

    学校に居る間や学校の近くなら学校に居た方がいいでしょうね。
    ただ、あの日は夕方ぐらいからいろいろな施設が開放されて、そこにとどまる方も居ましたよ。
    都庁や大学、デパート、ボーリング場等々・・・住宅地エリアでは自宅のガレージを休憩所として解放されている方も居ましたし、温かい飲み物や場所によっては食べ物を無料で提供してくれたところもあります。
    近くに住んでいると思われるおばあちゃんが切ったバナナを配っていたりもしていました。

    携帯は通話は無理でしたし、メールも送信できてるのかもわからず受信もできず・・・で、避難所情報はツイッターでたくさんの方が情報を流していたのでそれを頼りに歩いていました。
    iPhoneだと地図検索もできますし、自分が地図上でどこにいるかも表示されて簡易カーナビ的に使えるので、便利でしたよ。
    アンドロイド端末にも多分あるとは思います。

    車でお迎えは道路が上りも下りも超渋滞していましたし、建物が倒壊する程の地震だと通る事も出来なくなりますので辞めた方が良いと思います。

    ユーザーID:6457840554

  • 学校に泊まれればいいけど

    電車通学40分の私立小1年女子です。
    地下鉄ではないので普段から、景色を見てわかりやすい目印を
    説明してあります。
    それと都内地図で大体の道を教えてあります。
    車での迎えが不可能なので

    今回のような地震などがあれば学校にとまれるのが一番ですが、
    途中下車しなければいけない場合、交番で、どこに避難あるいは待機
    出来るか聞くように言ってあります。

    帰り道にいくつか大学などがあり、今回の地震でも
    臨時の宿泊が出来たようなのでそういう所でお世話になるかもしれません。携帯がつながれば安心なのですが、
    今回は全く繋がらなかったので携帯はあてにしていません。
    とにかく単独行動はしない。なるべく女性に話しかける。
    無理に歩かずに朝まで大勢の人がいる所で一緒にいて電車が動いたら
    帰ってくる。

    普段電車通学している子供なら大丈夫だと思います。

    ユーザーID:3219761080

  • 心配ですね

    災害の時はどうするかと話し合う事はとてもいい事だとは思います
    まずは無理に動かないこと
    歩いて帰るのであれば大きな道をですね


    ですが何でもお母様が先回りして用意してしまうと、本当に何もできなくて動けない人になってしまいますよ
    娘さんの将来の為です
    未来の為です
    自ら考え行動させましょう

    決して先回りしてはいけません
    転んだ時に自分で起きれませんよ
    誰かが手を出すまで転んだままになってしまいますよ

    通学の事も自分で何とかさせましょうよ
    このままでは娘さんの将来が危ないですよ

    後から口出ししないサポートにかえてくださいね
    前に立ってはいけません

    ユーザーID:0009072980

  • まぎらわしい書き方をしてしまったので

    すみません、最初の投稿で阪急の場合、線路沿いに歩く(高架部分はちょっと辛いけど)、と書きましたが、これは高架のところを歩く、という意味ではなく、高架部分を追いかけて、ってことです。

    一番いいのは数回に分けてでいいので、実際歩いてみる、ってことだと思いますが実際はなかなか...。

    帰宅困難者マップみたいなのが手に入れば、携帯しておくといいと思います。

    ユーザーID:8826597813

  • 無理に帰宅しない

    3月11日は、都心の職場から23区内の自宅まで歩いて帰宅しました。
    その経験から行くと、

    1)携帯、電話は通じないのであてにしない

    →災害伝言板を活用。

    2)バス、タクシーは、運よく乗れても、渋滞で前に進まない。歩いたほうがよほど早かった。自家用車で迎えに行っても、深夜までかかった人もいた。

    → 歩けない距離なら、最初から帰宅せず、学校にとどまる。帰宅途中でも、学校の方が近ければ学校に戻る。学校に戻ることも家に帰ることも難しい場合にそなえ、中間地点にある広域避難所や公的機関を確認しておく。万一に備えて、自宅、学校、途中の緊急避難場所を記入した地図をいつも鞄に入れていくといいでしょう。

    3)途中で、食べ物・飲み物を調達する必要があった。よく朝、いつもと違う経路で帰宅する必要のある人もいた(定期が使えないので現金が必要)。

    → 多少の現金を常に持たせておきましょう。

    ユーザーID:9453803696

  • 娘さんはこの件についてどう考えているのですか?

    このトピの文章を読む限り
    恐怖に感じていたり、なめてかかっていたり等
    娘さんのこの件についての考えが書かれていませんね

    娘さん自身の考える対処方法は?
    今回の高校入学にあたり
    彼女の高校選択基準のひとつに通学経路や学校の遠さの話は入っていませんでしたか?

    わからないという返答なのであれば
    まず彼女自身で考えさせましたか?

    それ以前にあなたが先回りして全て方法を指示しようとしているのであれば
    過保護だと思います
    もう高校生なのに、有り得ない

    ちなみに「あのゆれを経験していないから過保護と思うのでは」と書かれている方がいますが
    私は阪神大震災を体験しました
    小学校時代は電車通学しており
    トラブルで電車が止まり知らぬ土地の一定区間の徒歩を余儀なくされる事もありましたが
    それなりに対処してきました

    自分で考えシミュレーションする事が大事です
    与えるだけでは緊急時に対処できません

    携帯を進める方が多いですし勿論持たせた方がいいと思いますが
    当てにならない可能性も非常に高いと思います
    どちらにしても彼女自身を鍛えるべきでは

    ユーザーID:0281502968

  • 娘さんの恐怖に直面した時の行動パターンは?

    阪神大震災の時に痛感したのですが
    何か起こった時にキャーキャー叫んで怖がっているタイプの人の多くは
    実際は精神的にタフな人で
    放っておいても逃げ道を実はしっかり確保してたり
    私って人みしりなのと言いつつ
    非常時は火事場の馬鹿力を発揮し周囲の人にちゃんと手助けを求めます
    だからあまり精神面での心配をする必要がなかったりする
    女性はこういう人が結構いました

    ただ、恐怖のあまり思考も身体もフリーズして
    身動きできなくなってしまうタイプの人は本当に「やばい」です
    お子さんがこういうタイプなら
    とりあえず最低限の事だけを脳に刷り込んで反射的に動いてもらうしかないです
    私がトピ主さんならとりあえず
    「地上に出ろ」「正しい方向がわからなかったら下手に動くな」とだけ言いますかね

    お嬢さんがどちらのタイプか等は、トピ主さんが一番正しく判断できるかと思います

    ユーザーID:0281502968

  • 備えた人がより多い方がいいと思う。

    通学はこれからですから、いろんな状況を体験していくでしょう。
    娘さん自身のコミュニケーションは学校で…、そしてまた普段の生活のいろんな場面で、親の接し方もゆっくり見直していけば良いと思います。
    今回、防災の話しは、私は色々話しあっても良いと思いますよ、お互いにどうしておくかって…、 ひとつの情報だと思うんです。
    もしグラッときた時、どう行動とるか、どんな手段を利用するか娘さん次第です。
    活発なお子さんが、より正しい行動とれるとは限りませんから…。
    限られた電池、連絡は、あっ!あの方法だ!など、思い出せる方がいいですもの。

    ユーザーID:6821933055

  • 災害伝言板は使えません

    宮城県仙台市在住です。
    平和なうちに備えておくことが大切ですね。

    私は高校の時、隣の市まで電車で通いました。
    在学中、歴史的な雨のため線路も道路も水没。
    歩いて帰れるにも、できなくなりました。
    無理に帰ることはしないほうがいいです。
    困ったら、学校に留まることをお勧めします。

    今回の地震で経験したことをいくつか。
    災害で携帯電話を紛失したり電池切れなどになると、登録してある番号を見ることもできなくなります。
    なので、娘さんには連絡先の電話番号を暗記するかメモに書いて財布など、肌身離さず持つ所に入れておいた方がいいです。

    また、停電になると電気を使用する全ての固定電話、公衆電話が使えなくなります。
    ご家庭の電話器は、電気を使用していますか?
    それを確認したほうがいいです。
    171の災害伝言ダイヤルだって、電話が不通であれば、使えません。
    災害伝言板を活用しましょうと書いてある人もいましたが、今回は、災害後は、まったく役に立ちませんでした。

    災害伝言板が役に立ったのは、電話会社の人が復旧を始めた災害後1週間たってからです。

    ユーザーID:7409042399

  • 百聞は一見にしかず

    一度、歩いて帰らせたらいいでしょう。
    心配なら親御さん同伴でどうぞ。

    ユーザーID:1840856598

  • 話し合っておくことは大切

    過干渉と考える方もいらして、びっくりです。
    想定外のことがたくさん起こった今回の震災、大人でも
    心細く、辛い思いをした人はたくさんいます。こと、やっと
    高校に上がって電車通学を始めたばかりのお嬢様です。
    何か起こったとき、どう動くか、家族の共通認識にしておけば
    連絡がとれなくても、安心材料が増えると思います。

    お嬢様の場合、具体的にどこまでだったら学校へ帰り、どこから
    だったら家へ帰るのか、あるいは、よい友達ができたら、沿線の
    どこに寄る可能性があるのか、などはっきりさせるとよいと思います。
    それから、それぞれのルートを地図で確認しておきましょう。
    普段から非常袋を持ち歩くわけにはいきませんが、通学に
    問題ないような飴やライト、護身用品など検討しましょう。

    ユーザーID:4705002350

  • 帰宅困難者といわず被災も想定

    都内で通勤難民しました。
    以下のことは高校生なら覚えておいていいと思います
    ・まず身の安全の確保
    ・連絡のつきやすい方法は公衆電話が一番
    つぎに固定電話、携帯はあてにできない
    (新宿では普通に使えるようになったのは22時すぎてました)
    ・無理して動かない、学校が近ければ戻る
    公共の施設を利用して過ごすなど風雨をしのげて情報の入る場所を選びます。
    ・歩いて帰宅するときは朝から行動開始し、夕方からは動かない
    暗くなったら明かりがあるとはかぎりませんし、冷えます。
    夏場の真昼の移動は避ける、暑さでやられます。


    あとは日頃から地図を使う、使えなくても。
    道を歩くことの基本だからです。


    でも、わたしが小さいときから言われていたのは、まず、助けてくださいを言えるようになることでしたよ。
    火事です助けてください、道に迷ったので助けてください。
    人間は困ったら、助けてもらうことができます。

    少し大きくなってから言われたのが、災害が起きたときはまず自分がたすかりなさい、連絡は二の次、生きていれば必ず会える、でした。

    ユーザーID:1659883443

  • てんでんこ

    自分が中学にはいって電車通学を始めた時に、家族で確認したのは、地震の時は自宅を目指さず、近くの避難場所に避難することでした。歩けない距離ではなく実際に面白半分で歩いてみたこともありましたが、移動しようとして、火事にまきこまれたり、落ちてくるもので怪我をしたら危ないから、という理由です。三陸地方では、津波てんでんこという言葉があると報道されていましたが、お子さんにも、その場の状況に応じて自分で自分の身を守るための心得を教えたほうがいいのでは。そのほうが、いざという時安心だし、高校生なら、災害時には「守られる立場」ではなく、お年寄りや幼児といった弱者を「守る立場」です。

    ユーザーID:8435205561

  • 地図チェック。そして予行練習

    東京在住。阪神大震災の時は、阪急宝塚沿線に住んでいました。

    3月11日の地震では、通勤電車が止まり、夫とメールがつながったので、自宅に帰ると伝え、3時間ほど、歩いて帰りました。
    ただ、歩いて帰宅する人の数が相当多く、私も友人と一緒に帰宅しましたし、電気も付いていたので、暗くて怖い、などということはありませんでした。あれに停電が加わったら怖かったかもしれません。

    万一被災した場合、家族がどこに集合するか、話し合っておくべきだと思います。
    また、学校までの道のりを地図で確認し、持たせておいては?
    方向音痴なら、方向を理解できるよう、教え込むしかないと思います。
    GPS付き携帯であっても、災害時、利用できるかわかりません。
    地図を持たせておくといいと思います。

    あと、平時のうちに、何度か自転車で家から学校まで行ってみるといいですね。休みの日にでも、サイクリングをかねて、行ってみてはいかがですか?

    知らない道を歩くのと、知っている道を歩くのでは、気分が全く違います。
    被災した場合、予定している道を通れるかわかりませんが。

    ユーザーID:5130244861

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧