• ホーム
  • 話題
  • 老後をひとりで生きるにあたって必要なもの

老後をひとりで生きるにあたって必要なもの

レス23
(トピ主0
お気に入り33

生活・身近な話題

ぐっち

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 老後は一人だなんて思わないで

    >結婚はすごくしたいし子供も欲しいと思ってはいます。
    焦って妥協するくらいなのであれば

    結婚はあせってするものでは無いですよん
    好きな人ができて 初めて結婚考えるのよ
    結婚=幸せではなく 好きな人と生活=幸せを感じるですね


    後悔する方はどちらを選択しても後悔します
    既婚の友達「あ〜結婚なんかするんじゃなかった」
    未婚の知人「子供一人産んどけばよかった」
    それに子供がいるがために親の財産を食いつぶして
    老後がより不安な近所の方も知ってます

    既婚で子供もいますが 未婚者と同様に老後はお金や親友が必要です
    既婚でも未婚でも 簡単にいえば 資金 心温まる友
    そして何より ぶれない心 ではないでしょうか

    子供うんぬんではなくて 40や50歳でも恋愛出来るし
    一緒に歩いていく人生も素敵だと思います 
    そして片思いでも好きな人がいればより充実しますね
    お互いがんばりましょう

    ユーザーID:9947875149

  • 結局は一人じゃない

    独身のまま安定した老後を過ごすには、お金と健康と知識と人脈、この4つが必要です。
    既婚でも同じですが、独身のままの場合は特にしっかりしておかなければいけないと思います。

    ユーザーID:1300558678

  • 住まい

    自分の経験からですが、住まいだと思います。

    収入が安定したら購入してはいかがでしょうか。
    月々の支払いは家賃程度に抑えて、バンバン働いて100万200万と貯まった分だけ繰り上げ返済をすることです。
    自分で手に入れた住まいは愛着もひとしおですし、好きに部屋もいじれるので家に帰ったときの安心感安堵感充実感はなんともいえません。
    支払いさえ終われば当たり前ですが毎月の家賃がいらないので楽です。
    肝心なのは収入が安定してから買うのと支払いを抑えてローンを組むことです。
    女一人、事業がうまくいかない時期があったり、体調不良で収入が思わしくなかった時、ローンの支払額が多いと精神的に参ります。
    住まいを買うと結婚が遠のくとかいう意見があるようですが、そういう価値観は凡人男性特有だと私は考えます。

    年をとると家を借りられなくなる、という理由もあります。
    大家さんが終の棲家にされるのを嫌うからです。
    60代になるとグッと難しくなります。
    年金生活者も嫌われます。

    もっとも主さんがその位になる頃には少子化も進んでアパート主もその辺のところを緩くしているかもしれませんが?

    ユーザーID:3567390317

  • 独身・既婚関係なく

    お金と人間関係。どちらも大事です。

    以前、手術が必要な病気になった時、
    手術の同意書を快く書いてくれた友人。
    仕事を休んで手術の説明に同席してくれた友人。

    老後にはなんて言ったってお金よ、と思っていた私ですが、
    お金では買えない、大事なものがあることに気付きました。
    人との関係って、お金ではどうしようもできない上に、
    一朝一夕には手に入れられないものですよね。

    既婚となった今、真っ先に頼るのは夫になりましたが、
    夫だけでなく、自分の友人、夫の友人、
    私の周囲の人間関係を日々大事にしようと思っています。

    ユーザーID:6941844373

  • 1人の老後なら。

    【金銭的不安の解消】
    1.医療保険・がん保険(俗に言う「生きるための保険」)は、若いうちに保険料を払い終えておく。
    2.家賃のいらない終の棲家の用意(中古物件でも何でも、とにかく若いうちにローンを払い終える)。
    3.公的年金に加入し、貯金を蓄える。

    【精神的なよりどころ】
    1.同じような境遇の友達をたくさん作っておく。(気持ちを理解し合える話し相手の確保)
    2.年をとっても出来る趣味を見つける。
    3.出来れば、事実婚でも良いからパートナーを見つける。

    思いつくのはこれくらいでしょうか。
    1人暮らしのお年寄りは、出不精になると「1日誰とも会話をしなかった」日が多くなると聴きました。
    若いうちから、趣味の仲間などを見つけるなり、どこかのコミュニティに属する方が良いと思います。

    ユーザーID:1386063475

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • お金

    やっぱり(既婚者でも)お金じゃないですか?
    その現在の副業の仕事に定年なりがありますか?
    老後って基本的に・・・・ある程度の歳になったら仕事辞めますよね。
    自分から仕事ひいて何が残るか・・・
    そのときに、友達と遊ぶなり、趣味するなりの金銭的余裕があると老後も楽しいと思います。
    あと忘れちゃいけない健康ね。

    ユーザーID:9365870927

  • 貯蓄や不動産は?

    正社員でないのであれば
    貯蓄や不動産はどうなってますか?

    ご両親から不動産の遺産があるとか
    既に、自身のマンションなどあるとか
    貯蓄は正社員でなければ
    今、需要がある副業があっても
    それが70歳まで需要あるのかどうか

    以上のことがクリアされているのであれば
    友人です。

    健康>友人>お金の比率で
    全てあるのが良いですよ〜。

    お金があっても健康でないと
    病院以外に使い道ないし
    健康でも遊び相手がいないと
    つまらないでしょ
    趣味だって出来ないし。

    まだ、31歳ですからねぇ
    結婚は別として
    子供を産んで命の連鎖してくださいよ。

    この震災でたくさんの命が奪われたのだから

    ユーザーID:4645015447

  • 子どもとお金!

    バツ一で、子供を連れて再婚し、再婚先でも子供をもうけました。
    “愛するダーリンの子だから可愛い”なんて奇麗ごと、
    実際前夫のことは今では知らない人と化してますが、子供はめちゃめちゃ可愛い。
    再婚して気づいたことは、“愛情なんてすぐさめる”
    結婚して何年も経ったら夫への愛情なんてどっか行っちゃいますが、
    子供への愛情は、ひげが生えておじさんみたいになってきた今も変わりません。

    あとはお金。
    私は今の主人にマイホームをプレゼントしてあげました。
    資本主義社会で生活していく以上、お金がなかったら何にもできません。

    後、私の場合、老後のために!友人関係も大切にしていますし、夫にもう愛情がなくても
    大切にしていますし、これから数十年気分よく生活していくために、
    二人の共通項を模索して日々探しています。
    だって、また新しい人を探したとしても結局愛情なんていつかさめるんだし。

    老後までまだ長いんだし、悩むくらいなら全部手に入れてみてはどうですか?

    ユーザーID:4272356314

  • 今の貴重な時間

    私は30歳以降の結婚、出産をずーっと希望していたのに、ひょうんな事から24歳で結婚し、26歳で第一子誕生。
    そのまま正社員として働き続け、30歳の誕生日にふと考えてしまいました。
    日々やる事に追われ、まわりに流されて生活していました。
    そこでこれからは自分を主体に何事も決めたいと思い、自分が本当に何をしたいのかを考えました。

    まず時短勤務ができる近くの会社に転職し、苦手でもっと上手くなりたいと思っていた料理教室に通い始めました。
    その後第二子の出産を決め、出産。

    現在も働きながら料理教室も通っていて、その料理教室で現在講師をやるまでになりました。

    まだまだやりたい事もいっぱいあります。

    結婚・出産後は「時間>お金」になりました。
    今の何もしがらみのない貴重な時間を大切にしてください。
    しかも彼すら今いないんですよね。
    最高の状況だと思います。

    今一度自分が本当に何をやりたいのかを考え、やりたい事をいろいろやって見て下さい。

    ユーザーID:6758776549

  • 大丈夫でしょうか

    30代の今が楽しくない人間が老後楽しくなるんでしょうか?
    幸福、というのは人それぞれ、同じ人でも時期によってとりようが
    ないと思います。
    先日9日ぶりに助かった80代のおばあさんと孫。確かに本当に辛い目
    に遭いましたが、あのおばあさんが本当にうらやましいです。仕事と
    お金があれば人生なんとでもなる訳ではないというのが分かりました。
    勿論、お金も仕事も大事です。でも人間関係が非常に大事。そして
    運も大事。人間が構築してく人生設計なんてささやかなものです。

    ユーザーID:7190929307

  • 全部必要。でも・・・

    >お金ですか? 友人ですか? 家族? 趣味?

    揚げ足取りするようで気が引けますが、なぜ家族?
    独身で一生過ごすということは、早かれ遅かれ家族がいなくなるということなのに。
    そして親戚も年齢と共にどんどん減っていきます。
    中年以降親戚と言えるのは、自分の兄弟とその家族だけだと思った方がいいでしょう。
    家族も親戚も、結婚と子育てによって増えていくものなのです。

    友人は必要です。
    ただ楽しむだけの友人だけじゃダメです。
    いざという時助け合える友人こそが必要なのです。

    ユーザーID:4437150460

  • 百聞は一見に・・・。

    実際に、介護が必要なレベルのお年寄りを見ると答えが出てきます。自分は「元気な老人」で過ごせるつもりでいても、世の中とかく思い通りには行かないものです。*筋力(機能)低下は、私達が想像を絶するほどに低下します。思うように歩けずすぐ転ぶことは、老人の場合、常に隣り合わせです。そうなってしまった時、必要な物は、『お金』です。ヘルパーを頼むにも、介護施設に入るのも、その手配をしてもらうのも(やってくれる家族がいなければ、お金を払って弁護士等に依頼するしか手段はない。青年後けい制度があるが、青年後けい人は代行で行うための費用を取る。)*筋力が衰えれば、蛍光灯の交換も、買い物も、食事作りも、自分で出来なくなる。お金を払って誰かにやってもらわないと無理。*筋力が衰えれば、何をするにも『依頼料・代行料』=要。*筋力が衰えれば、医者に行くにもタクシー代が掛る。何をするにも『お金』がないと、どうにもこうにもならない。*市役所などの行政は『何でも屋ではない』=『怠けてきた人に甘い汁は吸わせない』だから、元気なうちに『自分のことは自分で守る』ベースを作っておかないと。*私は絶対大丈夫の『保証は誰にも無い』

    ユーザーID:9725898682

  • 友人知人

    例え結婚して子どもに恵まれても、子どもが巣立ち、夫が先に逝けば、
    将来はかなりの確率でお一人様です。
    一生一人と決めなくても、お一人様の覚悟は必要です。

    仕事していて、お金の心配がなく、健康であるのなら、
    老後の最大の心配は「寂しさ」です。

    一人で楽しめる趣味
    友人と楽しむ趣味

    の2種類を持ちましょう。

    年をとって時間ができたら、好きなことを始めよう では遅い。
    若い時からいろんなことをやってみて、一番自分が楽しめること = 趣味になります。
    長期間継続できないのでは、趣味じゃありません。

    友人と楽しめる趣味があれば、仲間が増えます。
    一人でやる趣味があれば、一人の時間が楽しめます。

    私の理想は、ご近所に住む友人知人と仲良くコミュニケーションをとって生きていくことです。
    遠くの他人より近くの知人。
    寂しさに対する対処は考えておきたいですね。

    ユーザーID:8861774077

  • それは…

    健康・お金・親友じゃないかしら…

    これがあれば、大抵一人で大丈夫なような…

    附属するなら、生きがい、趣味、知恵?

    ユーザーID:4058127235

  • 健康と人的ネットワーク

    この2つがあれば、他のものはついてくると思います。

    ユーザーID:4639355707

  • お金

    綺麗事を抜きにすれば、お金です。 

    漫画家の西原理恵子さんの母の名言に「金が無いのは頭が無いのと同じ」
    色々な意味が、含まれていますけどね・・・ 
     
    大病したり、不測の事態が起きた場合に愛情は大きな支えに成りますが
    解決できるのは、お金ですから。
     

    ユーザーID:4851902243

  • これだけは

    貴女が死んだときに遺骨を拾ってくれる人ぐらいは確保しておくことです。

    でないと惨めですよ。

    そもそも仕事が生きがいという人の気が知れないです。 

    特に女性がね。たかが知れています。

    私は、仕事なんて単なる生活のためだけだと思っています。

    仕事が出来るからといって、所詮自己満足意外何者でもないですよ。

    ユーザーID:4012510158

  • そういう本がありますよ

    多くは60代ぐらいに向けた本になりますが、参考になると思います。
    とりあえず図書館に行くか、
    アマゾンなどネット書店で「老いじたく」などのキーワードで検索してみて下さい。

    ユーザーID:1555047093

  • 健康です

    趣味も仕事も友達関係も充実しているとのことで幸せですね。そして心身共に健康であればこそですよね。

    今の幸せに感謝して明るく前向きに過ごしていれば、あなたのことを素敵だと思う男性が自然に現れると思います。

    ユーザーID:8247167617

  • すごい!

    そんなにリスク管理について考えていて

    >ワガママ言えるようなスペックでもありませんし…。

    こんな謙虚なら、さほど心配もなさそうに感じますが・・・

    みんなが心配しているので多いのが「お金」。

    とりあえず、充分なお金を用意しておけば路頭に迷わないし、
    稼ぐ力をずっとキープできれば安心度も高い。
    第一、人に迷惑かけない。

    引きこもりの独居高齢者が、話相手ができて泣いていたのを
    見たとき、交流できる場所を確保するのは重要だと思いました。

    今は家族が生きがいでも、相方や子供に先立たれたり、
    育って独立していき、普段は知らん顔なら寂しいもんです。
    出来の悪い子に経済面ですねかじられ続けたら、不安で不安で
    たまらない老後になりそうです。

    高齢者になると、当然ひとり時間が今より増えるので、
    趣味が充実してるとハッピーでしょうね。

    刹那的な生き方をされておられないようですし、
    今が楽しいなら、そういう人は老後も楽しいんじゃないかな。

    ユーザーID:6983957638

  • 同じ立場の人しか分からないでしょうね

    夫がいて、子どもがいて、夫に買ってもらった家があって・・・なんていう人には、あなたの気持ちは分からないから
    結婚すれば?とか子どもを作れば?とか言われるでしょうね。

    そういうのって、本当に意味のない話だと思う。

    老後までにまた30年近くあるから
    正社員の仕事を確保されるべきだと思います。
    人生が安定します。

    副業はあくまで副業。
    担保、です。

    派遣社員ではいつ切られてもおかしくない。
    もう若くもない。

    現実を見たら、まずは正社員になることではないでしょうか。
    その先に老後があるだけで、
    まずは現在を改めた方がいいと思う。

    ユーザーID:5086336819

  • 今回の震災で

    家族の大切さに改めて気づきました。
    大好きな夫、かわいい子供達、本当に本当に宝物です。
    もちろん親も大切ですが、夫&子供は別格です。

    毎日毎日ニュースで流れる映像や報道に心痛め辛い気持ちになっても、子供達のくったくのない笑顔をみて
    癒され、元気をもらい、それと同時にこの子達を守っていくために自分も頑張ろうと力をもらい、改めて子供の力ってすごいなーと感じています。

    それに、もし今死んでしまったとしても、夫と出会い、子供達と出会えた事で、私の人生は幸せだったと思えます。
    1回きりの人生です。
    31歳でひとりで生きるなんて思わないで。
    あきらめないでぜひ伴侶を探してください♪

    ユーザーID:6758776549

  • ”ひとりで生きる”なんて考えるのはよしましょう

    >31歳、独身女性、一人暮らしです。

    三十代後半、四十代、・・・。

    年齢を重ねると共に、一人は辛くなるものです。

    今は、仕事、結婚、子育て、それらの物事が独立しているように思えるかも知れませんが、そうでは無い事が、年齢を重ねるに従って合点されてくると思います。

    私が、その著作から多くのことを学ばせてもらっている著作家が、

    「自分は、結局、子育て以上の事は何もしてこなかった」

    と書かれているのを読んで、仕事とは、そういう事なんだ、とつくづく考えさせられたことがあります。

    >結婚はすごくしたいし子供も欲しいと思ってはいます。

    この気持ちを大切に、

    >それに、ワガママ言えるようなスペックでもありませんし…。

    こんな事は思わないで。

    「死ねば死にきり。自然は水際立っている。」

    高村光太郎の言葉です。

    死ねばそれまでですから、出来る限りの事をしましょう。
    高望みもしましょう、大失恋も、(それはちょっと辛い)。

    ユーザーID:0810522073

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧