• ホーム
  • 子供
  • 震災。。。。子供に「誕生日プレゼント遠慮しようね」は可哀想?

震災。。。。子供に「誕生日プレゼント遠慮しようね」は可哀想?

レス99
(トピ主8
お気に入り56

妊娠・出産・育児

はてなん

海外在住です。8歳の子供の誕生日がもうすぐです。毎年実家の母(子供にとってはおばあちゃん、関東在住、被災してません)がプレゼントを送ってくれていました。

今回の地震で大変な人がたくさんいる。おばあちゃんもきっとお金を寄付したりしているし、計画停電とかで大変。だから今年は、プレゼントを買ったり送ったりするお金を被災した人たちのために使ってほしい、って言おうか。といってみました。もうこのくらいのことはわかる年ですが、やっぱりがっかり+少し不満そうでした。
私からはほしがっていたものを予定通りプレゼントすると約束しました。

子供ですし海外なので今回の震災のこともそれほど実感していませんが、こういうことを考えるよい機会だと思いました。でも年に一度、こちらで買えない日本のものをもらえる誕生日の楽しみをうばってしまうのはかわいそうな気もして迷っています。みなさんのご意見をお聞かせください。

ユーザーID:5867506522

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数99

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 満足しているのはトピ主だけでは?

    実家のお母様、お孫さんに贈り物をするのを楽しみにしているでしょうに、なんだかお気の毒です。せめて「今は荷物を送っても届くのが遅くなるし、大変な人を優先させたいから落ち着いてから贈ってね」ぐらいにしておけばいかがでしょうか?

    お子さんにとっても誕生日は特別です。「日本が落ちついてからプレゼントして貰おうね。嬉しいことがある分、今回大変な思いをしている人に、出来ることをしようね。」ではダメなんでしょうか。

    震災で大変な思いをしている人の事を考えさせるのは大切な事だと思いますが、プレゼントを我慢させなくても出来ることではないですか?そちらの国でも日本に対して義捐金の寄付を受け付けているところがあるでしょうから、そこに親子で募金に行ったりも出来るし、震災で大変な思いをしている人の画像はあちこちで見られます。それらを見ながら話をすることも出来ます。

    お子さんの心に今回の震災が「迷惑だったこと」と刻まれてしまう事の方が心配です。

    大変だから自粛では経済が回りませんし、我慢=美徳でもありません。お金を使える人に使って貰うのも大切なことです。

    ユーザーID:9366470186

  • それは可哀そうでは?

    誕生日プレゼントと震災で自粛するのは関係ない気がしますが?
    トピさんが我慢するのはいいですがお子さんに我慢させるのはちょっと・・・

    被災されて避難所生活をしているなら仕方ないんですがそうでないならお母様も送るのを楽しみにしているかもしれませんし
    お子さんまだ小さいのに可哀そうですよ。

    考えることはいいことだとは思いますが

    ユーザーID:3377754671

  • え?なぜ、遠慮させるの?

    既に贈られているのですから、

    おばあさまに感謝する気持ちを持ちましょう、で
    いいんじゃないでしょうか?

    実感のない震災をネタに
    プレゼントなしって言われて育ったら、
    それこそ物欲にかられる性格になりませんか?

    プレゼントをだしにしなくても、
    震災について話すことはできるでしょ?

    そのいろいろな話、経験から、
    本人が自発的に「ぼくの分をわけてあげたい」っていう
    気持ちになることの方が大事だと思うんですが。

    トピ主さんが、率先して
    「今回のプレゼント同等分をうちから寄付しましょう」
    と言えるようなら、そんな背中を見て
    子供は育つんじゃないですかね。

    ユーザーID:5798004685

  • 日本のためにも

    日本にいるおばあちゃんがプレゼントを買うんですよね。
    だったら、遠慮しないでもらって下さい。
    今、日本は大変ですが、私を含め被災していない人々が日本のために出来ることは、日本でお金を使うことです。
    何もかも控えてしまうと、経済が滞って日本が弱くなっちゃいます。

    だから、日本のおばあちゃんからはプレゼントもらって、そちらで義援金を集めているようなところがあれば、少しでも寄付したら良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:3472315788

  • 短絡的

    おばあちゃんがプレゼント自粛と言うなら従いましょう。
    そうでないなら、いただけば?
    どうしても貢献したいなら、お子さんには、自分のお小遣いを寄付するように言えばいいでしょう。海外っていっても、募金する方法はちょっと調べればいくらでもあるでしょう。

    こんな時だからこそ善意を大事にしてほしいものです。

    ユーザーID:7449751773

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • プレゼントを我慢ではなく

    誕生日プレゼントを我慢させるのではなく、別の機会を与えて考え、体験させてはどうでしょう。

    お小遣いなどから寄付するようにしては如何ですか?

    フリーマーケットや募金を募るなどをしてもいいのではないかと。

    ユーザーID:7608571321

  • 誕生日と震災は別

    児童心理を学んだ者です。
    おばあちゃんから言われたりプレゼントが来なかったら説明したり、子供が何かしたいと言った時に提案してみるのは良いと思います。

    ですがこの場合は、トピ主さんからの無理やり感が否めません。
    普通の優しい子なら、嫌とは言えません。酷い場合は、震災や被災者をうらんでしまうなどトピ主さんの意図とは逆の結果になることもありえます。

    お気持ちは察しますが、8歳には酷な選択だと思います。
    トピ主さんの気持ちが晴れないのなら、トピ主さんがもらったプレゼント代分を寄付してみてはいかがでしょうか。
    お子さんには誕生日とは別に、被災者への励ましの手紙や、小遣いを寄付するなど、何かできることを提案するとよいと思います。

    繰り返しになりますが、誕生日と震災を混同しないほうがいいです。お子さんの中で誕生日=震災になり、悲しい思い出になってしまいますし、今後も誕生日に何かあれば素直に喜べなくなります。

    ユーザーID:1852506676

  • 普通の暮らしをしてください

    被災者です。混乱のなか、誕生日どころか、祖母の命日さえ忘れてしまっていたうつけ者の自分がいうのもなんですが、普通に誕生日を祝ってプレゼントをあげて欲しいと思います。

    8歳のお子さんだそうですが、ニュース映像にショックを受けていませんでしたか?映像は心身ともに堪えるものなので、PTSDのならなければいいのですが。
    トピ主さんが、今の日本の状況を伝えてくださり、お子さんと一緒に考えてくださるのはありがたいことです。

    今、日本中から世界中から私達を助けていただいています。SOSの声は当分あるでしょう。
    助けていただかなければならないことが、今後もあると思います。
    だからそれまでは、どうか皆さんは普段の暮らしをしていて下さい。
    そして、何かあった時に、私達の声に耳を傾けてください。
    どうぞ宜しくお願いします。

    ユーザーID:9936095416

  • 被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます・・・。

    トピ、拝見しました。私の子供はまだ8カ月ですが、同じ母親としてこのような
    提案ができるはてなんさんは、とても心のきれいな方だなぁと思いました。
    先輩ママとして、見習いたいと思います。

    ただ、お誕生日プレゼントは、贈るおばあちゃまの方も楽しみにしているのでは
    ないでしょうか?離れて暮らす可愛いお孫さんの喜ぶ顔を想像して、一年間
    色々と計画なさっているかもしれません。現に同居する義母は、遠くに住む孫の
    誕生日とクリスマスのプレゼント選びをとても楽しんでいます。
    そして書いていらっしゃるように、お子さんも今回の震災を実感としてとらえて
    プレゼントを我慢する、という気持ちになるにはもう少し年齢が進まないと
    難しいような気がします。

    私なら、今回は値段を控えたプレゼントを贈ってもらって、子供には
    「日本には今、命を失ったひと、お家を失くした人がたくさんいる。
    こうやって、元気にお誕生日を迎えられるのはとても幸せな事なんだよ。 
    貰ったプレゼントも大事にしなくちゃいけないね。」と命や物の大切さを
    話して聞かせるかな。

    ユーザーID:7500797522

  • まったくなくなるのは寂しいでしょうね

    子供にすると、あまり関係のない事に、自分のものが全て奪われてしまうような気がするのかもしれません、
    もしお子さんのほしいものがいくつかあるのなら、その一つは我慢するとか、安いものにするということは出来ませんか?
    とぴぬしさんのお母様にしても、こういうときだからこそ、楽しみが必要なこともあると思います
    それに、仮に、プレゼントの分をお母様が寄付したとしても、お子さんにはあまり響かないような気がします。

    寄付の件は、お子さん自身が直接寄付をする機会が作る方が良いのではないでしょうか

    もしかしたら学校の方で今回の地震津波の件で寄付集めをしたりするかもしれません

    以前娘が誕生会に呼ばれたときに、招待状とともに、プレゼントの代わりにお金をリクエストする手紙が添えられていたことがあります
    半分は、誕生日を迎える子供がxxを購入する費用に、半分は、寄付する旨のことがかかれていました。

    これは招待される子も、チャリティーを意識することが出来ますし、お小遣いから少し出そうかとか、特定のチャリティーに関して親子で話し合うこともできるので有意義だと思いました

    ユーザーID:2441970419

  • かわいそうです

    今回の震災は確かに本当にひどいもので、トピ主様のお気持ちもわからなくはないのですが、お子さんにはまだまだわからないのではないでしょうか?

    誕生日はお子さんにとって年に1度の大切な日ですし、震災を理由にされても納得いかないのでは…?

    私が子供だったら納得できないと思うのです。

    お子さんはあれをもらおう、これにしようかなと楽しみにしているかもしれませんし震災を理由にお祝いを自粛するのは海外なら尚更かわいそうに思います。

    いつも通りのお祝いをしてあげて欲しいです。

    ユーザーID:2436712228

  • 自粛って…

    押し付けるものではないでしょう。
    祖父母から孫へのプレゼント、勝手に親が間に入って断ったんじゃ何か納得いかないですよ。
    「日本で地震があったせいでプレゼントがもらえなかった。自分は関係ないのに」って思っちゃうのでは?
    贈る方だって楽しみにしてるかもしれませんよ、孫の明るい笑顔を。

    被災者を思いやる行動ならお小遣いから募金などの方が、まだ直接的で分かりやすいと思います。

    でも、もう子供に言ったことなんですよね?
    不満そう、可哀想だから、「やっぱり貰おうか♪」って言うつもりですか?
    余計に訳わかんない。
    もう、いいじゃないですか。今回はプレゼント辞退で。

    ユーザーID:5152037723

  • 別のやり方は?

    その方法だと、少し可哀想だしあまり良い思い出にならないと思います。
    それより、誕生日はいつも通りプレゼントを貰い、お小遣いの中から少し募金をさせてはどうですか?
    「今日はジュース無しにして、そのお金を募金しようね」って。
    子供の募金ですから、その程度の金額で充分だと思うんです。
    お子さんは、特に残念な思いをする事も無く、良い体験になると思いますが。。。

    ユーザーID:9482463627

  • 可哀想。

    子供さんだけでなくおばあちゃんの楽しみも奪ってしまいます。

    おばあちゃんがお孫さんのプレゼントを選ぶ楽しい時間を奪います。
    お孫さんからお礼を言われる楽しい時間を奪います。
    24時間、災害のことばかり考えていたらおばあちゃんは病気になります。

    お孫さんとおばあちゃんの大切な繋がりを奪います。
    「おばあちゃんが自分のために買ってくれたプレゼント」と、「我慢させられて親から与えられたもの」
    は中身は同じでも違います。

    無理に我慢させられた子どもさんは募金に嫌なイメージを持つかもしれません。

    そんなことよりも、親が募金する姿をみせたり、募金させたいなら、お小遣いからいくらか募金箱にいれさせたらいいでしょう。
    我慢して募金する姿勢を覚えさせたいなら、親が何かを我慢して募金しましょう。

    子供にも祖母にも無理強いして募金させるのは良くないです。
    人に我慢させて募金させるものではありません。

    プレゼント分の金額をトピ主さんが募金したらすむのに、両者の楽しみを奪って、
    さらに子供に物だけはあたえるのは何なんでしょうか?

    全ての行為から、心だけ奪っています。
    教育上大変よくないです。

    ユーザーID:4492187887

  • 理解出来ない

    誕生日って年に1回だけですよね?
    なのに、お子さんの楽しみを奪うのですか?

    トピ主さんの発想にびっくりしました。

    誕生日を祝うことと、今回のことは関係ありません。
    お子さんがこの世に生まれて、順調に成長していることは、とても素晴らしいことです。
    お子さんが今そこに存在することは、奇跡なんです。

    今回のことで、命って何なんだろう?と考えるきっかけになるのでは?

    プレゼントは有り難く受け取って、大切にして下さい。
    私だったら、子供が成長しても、そのプレゼントだけは絶対に捨てません。

    ユーザーID:4325190335

  • 被災を受けてない方は通常の生活を

    御両親もいつも通りプレゼントを買って送れる
    トピ主さんたちも、いつも通り受け取れる
    いつも通りで良いと思います。
    いつも通り経済活動を回すのも大切なことです。

    良いきっかけで、海外からの義捐金を考えたり
    節電を考えたりするのは良い事だと思いますので
    いつも通りの生活に+プラスする形はどうでしょうか?

    ユーザーID:4824311482

  • それは違うかなと・・・

    我が家は仙台市内に住んでいます。
    比較的、被害も少なく避難所におられる方に比べれば恵まれた生活をおくれています。

    トピ主様のお気持ちもわからなくはないのですが、被災者の私から言わせて頂けば「今回の大震災・そして被災者を言い訳にしないでください」ということです。確かに私たちは物資不足や燃料不足で不便な生活をしています。でもこんな生活をおくっているからこそ思うのですが「できることはできる時にしよう!」なんです。明日の保証は誰にもないんです。だからこそ余裕があるときには十分に楽しまなければならないんです。
    そして自分にとって協力のできることを協力していただきたいのです。

    子供さんにとって、あの人たちのせいで・・・という感情を植え付けないでほしいのです。分別が出来る歳とはいえでもまだ理性より感情のほうが大きい年頃だと思いますので・・・

    私たちも今出来ることを、精一杯努力をしています。だからトピ主様家族も今出来ること、今しかできないことを考えていただけたらと思います。

    ユーザーID:6593875875

  • 御祖母様が決める事では?

    トピ主さんが
    口だしする事では
    ない気がしますけど。

    ユーザーID:9853299908

  • 別の話だと思う。

    それとこれは別なんじゃないのかな?
    確かに震災は大変だけど、だからと言って全てを自粛しろという事ではないと私は思う。
    誕生日もだけど結婚式も身内に被災者がいないのならやっていいと思う。被災地に義援金を送ったりとか節電とかやれる事はもちろんやったほうがいいけど、何もそこまで自粛しなくてもと思う。

    ユーザーID:1445307374

  • 早速のレスありがとうございます

    レスを見て、ちょっと驚くとともにホッとしました。
    日本は今いろいろな面で自粛とか節約とかなんだろうかと想像していたので。ガソリン不足で買い物も不自由なんじゃないかとか、郵便事情も悪いだろうとか。
    でも皆様の言うとおり経済のためにも、できる限りある程度普通の生活をするというのも大切ですね。

    私の住む国では、お小遣いをもらえる年になると(9〜10才でしょうか)好きに使う分、貯金する分、寄付する分、とわける教育がされています。うちの息子はお小遣いはまだですが、誕生日などにお金をもらってそれが年末にのこっていると(わずかですが)一部を、すきなチャリティーを選ばせて私も上乗せして寄付するということをやっているので、今回のことはそれほどショックではなかったと思います。私が義援金を送ったことももちろん話しています。
    が、やはり8歳。もしおばあちゃんから「プレゼント何がいい?」と聞かれたら、好きなものをおねだりさせてあげようと思います。こちらではお菓子を何回分か我慢させるとか、小さなことをしようと思います。

    ここで相談してよかったです。ありがとうございました。

    ユーザーID:5867506522

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 親の自己満足

    としか思えません。

    お子さんが自発的に辞退を申し出るならまだしも。。

    私も関東在住です。
    地震発生から今までは節約が叫ばれていましたが、最近は経済を維持するために消費することの必要性を訴える意見も出ています。

    海外で日本の状況をよくご存知ないのは理解しますが、主さんの対応はあまりに短絡的です。

    お子さんが頂いたプレゼントの分だけ、親が募金をすればよいのです。

    頑張るべきはまず大人。子どもではありません。
    子どもを大人の虚栄心を満たすためのダシにしてはいけません。

    ユーザーID:5586311695

  • なんだかちょっと

    独りよがりな感じ……。こじつけがましいというか。「無理にさせられたこと」は良い勉強にはならない気がします。お子さんには嫌な思い出だけが残ってしまいそうです。

    ユーザーID:3116358213

  • かわいそう

    これが小学校5,6年生ならまだしも、もうすぐ誕生日って事は3年生すよね?
    ちょっと酷だと思います。

    予定通り(?)プレゼントをもらってから
    「地震でプレゼントをもらえるかわからない子もきっといるよ。おばあちゃんにありがとう言って、○○(息子さん)も日本のみんなに募金しに行こうか」くらいでいいと思います。

    私は8歳(小2)のときに兵庫県南部地震に遭いました。幸い被災の程度は軽かったですが。

    TVの映像や大人が口々に「地震があって死んだら家族と会えなくなる」
    など言ったり
    子供会のイベントのときも「君たちは幸せだ。今でも避難所にいたり家族がみつからない子だっている!」だったり
    とにかくそういう事を言われすぎて、ものすごく怖かった覚えがあります。
    今でも少しの揺れでパニックです。

    >こういうことを考えるよい機会
    かもしれませんがその場合は細心の注意を払ってください。

    ユーザーID:8536878894

  • このような時こそ

    「どうして誕生日を祝うのだろうか、どうして誕生日にプレゼントするのだろうか」ということを考える良い機会では。

    ユーザーID:7443376496

  • 親は何を我慢するのですか?

    子どもだけに、しかも特別楽しみにしていることを我慢させるなんておかしくないですか?
    それなら親も、同じくらいの楽しみを捨てないと。

    いっしょに募金に行ってもいいし、被災地にいる方を思って、家族全員が3日間パンとスープで過ごしたり、夜一切テレビと照明を付けないとか、みんなで出来ることにした方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:1208644776

  • そういう人多いですよ

    お子さんが理解できると親が判断したらそうしても良いと思います。

    私も海外ですが市内には全国規模の慈善団体があり常時物資や寄付を受け付けています。親友には3人子どもが居ますけど、不要になったおもちゃや衣服、またもらったけど使えないというような新品の子ども用品や衣類はすべて寄付しています。

    子どもが小学生くらいになると仕分け作業に子どもも参加させます。でも要らなくなった物を分けた後に親が一つだけまだ要るけど必要としている他の子にあげても良いというものを選ばせています。

    不要品を諦めるのは簡単だけどそれだけでは単に捨てる感覚と変わらない。自分もまだ欲しいものを諦めて初めて他の子どもたちがどんな環境に置かれているのかを考えると思うと言っています。

    8歳なら死を考えるには早すぎる年齢なので気をつけたほうが良いですが、地震で持っているおもちゃを全て失った子、学用品などまで失くした子がいるということを教えて自分がもらったプレゼントをその子たちのために役立てて欲しいかを決めさせるには十分な年齢だと思います。

    私の周りではすでにそうしている人が多いですよ。

    ユーザーID:6836934979

  • 可哀相だよ

    親ならプレゼントをあげたうえで「日本では地震でたくさんの人が困難な状況と戦っている。あなたのできることは何か一緒に考えよう」
    と教えてあげて。
    とんちんかんな偽善を子どもに押しつけないでください

    ユーザーID:4017957904

  • 子供に普段と変わらない生活をさせてください

     首都圏在住です。4歳の子がいます。うちにはたいした被害はありません。
     だけど、連日のように流れた地震・津波報道に飲まれてしまったり、年少最後と登園がいつもと違ったり、楽しみだった習い事が休みになったりしたことから、子供が不安定(多分軽いPTSDの症状)になってます。小学生でもそう変わらないと思います。
     後生だから、うちみたいに子供に不必要な心の傷を負わせないであげて欲しいです。

     それに、実家のお母さんとても楽しみにされてるし、かえって力になると思います。送るほうも送れてうれしいと思うでしょうから。

     プレゼント自粛ではなく、他にできることがありますよ。

    ユーザーID:7633109405

  • トピ主さんだけの自己満足ですよね。

    自分のことしか考えない満足感のために、めったに会えない孫の誕生日に
    プレゼントを送るおばあちゃんの楽しみも、受け取るお子さんの楽しみも
    奪うつもりなのでしょうか。
    なぜ、そこまで傲慢になれるのでしょうか。

    これがもし、おばあちゃん側の都合で「今年は送れない・間に合わない」と
    いうことにでもなったのであれば、その事実を受けて「少し我慢しよう」と
    お子さんに話すのは大いにありだと思うのです。
    幼いながらに事の大きさを理解する機会にもなるでしょう。

    子供のわがままではなく、年に1回の機会を奪うのはなぜですか?
    我慢を覚えさせたいのなら何も誕生日でなくても、何でもない時に
    ねだったものを我慢して募金するとか、いくらでも手はありますよね?

    「我慢すること」って何も特殊なことではないと思うのです。
    「普段から」「親が」欲望のままに行動するのではない、ということを
    見せる方がずっと大切だと思います。

    ユーザーID:6474442630

  • お祖母様の気持ちは?

     もしかしたらお祖母様はお祖母様ですでに義援金をなさっているかもしれません。お祖母様のお孫さんの誕生日を祝いたいという気持ちを無視してそのお金を寄付に強要するようなことに、結果的になってしまってます。
     どうしても我慢させるとすれば、お祖母様のでなくトピ主様からのプレゼントの方ではないでしょうか?

    ユーザーID:0662572023

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧