バレエ向きの体型って?

レス20
(トピ主0
お気に入り58

趣味・教育・教養

はとぽっぽ

体型と書くと、少し違うかもしれませんが…
素朴な疑問です。


先日バレエ経験者の方と話していて、バレエに適した体型の話を少し聞きました。お教室では少しでも太ると先生に怒られるというのは(正直びっくりしましたが)なんとなく想像はできます。

ただ、ふくらはぎの筋肉のつき方がししゃもだとNGなどそんなところまで、暗黙のルールがあるのか!と驚きました。(正しいやり方をしていればそうはならないようですが)

足の甲や指の長さなども適している形があるとか…先日気になって図書館で本を借りてきたら、足が高く上がるようにプロのダンサーでは、腰付近の小さな骨を取り除く手術をすることもあるのだとか…(うまく説明できなくてすみません)
とにかくびっくりというか、もっと知りたいなーとおもいました。

もしお詳しい方がいらっしゃいましたら色々教えてください!

ちなみに私自身は、今までジャズやヒップホップしかやったことがなく、最近バレエを少しかじった超初心者です、バレエの奥深さにびっくりしています。

ユーザーID:1450527985

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 聞いた話ですが

    最終判断に母親の脚を見ると聞いた事があります。

    我が子は男子でサッカーですがセレクション自己カードには両親の身長を書きます。

    ユーザーID:0245468867

  • 私が習ってた頃

    私が習ってた頃は

    まず

    頭が小さい

    膝が入ってること。

    バレエを小さいうちからやっていると
    自然に膝が入り
    綺麗な足になるとのことです。
    だから、正座禁止とかって言われるのかも。

    ユーザーID:3272113522

  • 詳しくないのに、ごめんなさい

    そうですよね。
    やっぱり、小顔で、手足がスラーっと長くて、細くて、優雅・・。
    そんな体型ですか。

    そもそも、かかとをつけて、足のつま先を180度ひらくっていうのが
    普通は出来ませんもの。生まれついた骨格によって無理というか。

    体重の件、やっぱりジャンプやポーズを決める時に、ひざやつま先に
    負担をかけないよう、ケガしないよう、増えない事が大事みたいですね。

    これは、フィギュアスケートや他のスポーツでも同じことらしいですが。

    詳しくないのに、つい書いてしまいました。ごめんなさい。

    ユーザーID:0982805037

  • 詳しくないけど

    経験者の談ですが。
    甲高は憧れのようです。

    ポワントって言うのかな?トゥシーュズで立った時足が弓なりになって甲が出ているのが美しいとか。

    あとは脚の付け根が外向きについてるや膝が出ていない(だから正座はしないらしい)や全体のシルエットは小顔で手脚が長いのが理想的だそうです。

    ユーザーID:6274393691

  • スタイルも重要だけど

    やっぱり、小顔で美人でキレイな脚!!
    甲が高く、膝の出ていない足、軽い反張膝の脚・・と色々ありますが・・。

    うちのバレエ団では容姿も重要ですが、この人の踊りを見たい!と思える人が人気があります。
    性格が意地悪な人は踊りも意地悪そうに見えるし。
    気の強い人は踊りも強く、繊細さに欠けていたり・・。
    いくら技術があって上手でも嫌いなダンサーはいます。
    容姿だけにとらわれたくないですね。

    ユーザーID:8350772101

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ビジュアル大事。

    顔が小さく、真っ直ぐな長い手足、首も長くて細い胴。

    ロシアのバレエダンサーは特別体型が美しいですね。

    バレエは踊りの高度な技術も素晴らしいですが、
    美しい体型のダンサー達による美しい芸術的な舞台がため息が出る程素晴らしいです。

    子どもの発表会などをみると、やはり日本人にはバレエはハードルが高いなとしみじみ感じます。

    他のダンスなら、体型が今一つでも踊りが上手いと見応えがありますが、
    バレエは踊りが上手でも、体型が今一つだと正直あまり見たくないです。
    上手だなと思っても素敵だなとは思えないので、見ていて楽しくないんですよね…。

    ユーザーID:6192203441

  • レッスンで体型って変わる!

    こんにちは。大人からのレッスン生です。
    (大人からやったってバレリーナ体型なんてムリ〜)という思い込みが、
    とある「大人クラス」を見学に行ってがらがらと崩れました!
    どんだけ大人でも、理にかなったレッスンを受ける+素直に先生の言葉を吸収する=バレリーナ体型に!目の前に生きた証拠が何人もいるんですもん。あれは…まさに目からウロコな体験でした。

    まっすぐのびた首筋・緊張感のある背中…大人からでも変われるんだ!って。

    正しいレッスンの結果、それこそ「バレリーナ体型」なのかもしれません。

    ただ…いかにもほっそり細長くて頭の小さい「バレリーナ」体型のお嬢さんでも…適度な筋力がなければ、踊るとぐにゃぐにゃで(あらら)ということも。
    …あれは一体どうしてなんでしょうね?

    ユーザーID:9228608540

  • 厳しい世界です

    幼稚園から成人するまでバレエを習っていましたが、小学校低学年の子でも太ったら、親が叱られていました。ぽっちゃりやガッチリの体型の子は最初から目をかけられず、不利ですね。技術はそこそこあっても体型がバレエ向きではないと、出世できません。小さいうちから食事に気をつけて体型維持を強いられました。

    膝がまっすぐで、外向きでないと、「本気でバレエをしたいなら、病院にいって関節を外してもらって外向きにつけかえてらっしゃい!」などと冗談なのかなんなのか、真顔で言っていた先生の言葉が忘れられません(汗
    トウシューズを履いた時は、やはり足の甲が丸くでないといけないので、自分でいつも甲を出すように伸ばしていました。

    そういえば化粧のノリが悪いと叱られたことも・・・。バレエでは体型、容姿はかなり重要かと思われます。
    教室によって違うと思いますが、名の通ったスクールはその辺もかなーりシビアですよ。

    ユーザーID:4662895938

  • きわめ方にも依る

    確かにバレエ向きの体型ってあると思いますが、プロになって究める方には必須条件ですが、趣味の一つで習うなら気にする事もないと思います。バレエを習う事によって、少しでもバレエ体型に近づければいいと思います。

    ユーザーID:8451639872

  • 胸も

    バストが大き過ぎると、手術で小さくするという記事を読んで吃驚したことがあります。
    ま、これは日本人ではなく、欧米系の話でしたが。

    それから身長。
    かのオードリー・ヘプバーンは、体型はクリアしていたけれど、身長が高すぎて諦めたそうです。

    また逆に、プリンシパルとの兼ね合いから、低すぎてもダメだとか。

    知人のバレエ教師は、身長が低いためプリマドンナにはなれなかったと聞いています。
    でも、体型は素敵です。
    小顔で首が長く、手足もスラリ。

    食生活のストイックさは驚異ですよ。
    炭水化物はほんとに僅かしか摂らないのです。
    小鳥のような食事みたいです。

    ユーザーID:1297814902

  • 昔ですが

    当時世界最高峰といわれたソ連のボリショイバレエ団(レニングラートだったかもしれません)の入団試験の映像をテレビでみたことがあります。

    女の子達が(確か12才だったと思います)上半身裸でパンツ1枚になって、3〜4人の試験官に柔軟性や骨格、骨のつき方を徹底的に調べられてました。
    さらに、何代前だかまでさかのぼって肥満がいないかも調べるそうです。

    私から見ると、どの子も顔が小さくて手足が長くとても美しい。
    それでも、そこまでクリアしなければ入団出来ないロシアのバレエの厳しさに「これじゃどうがんばっても日本人はかなわないな」と思ったものです。

    吉田都さんが、体型的ハンディで「私は醜い」と悩み、血の滲むような努力でロイヤルバレエ団の最高位までのぼりつめたことは、本当に素晴しいです。

    ユーザーID:7118746528

  • 目指せ!りかちゃん

    仕事でバレエ教室の子供たちの健康管理しています
    分かりやすい例をあげるなら人形の「りかちゃん体型」が近いかと
    パリ・オペラ座やロシアでは3代遡って体型を確認してからじゃないとバレエ学校に入れません

    そもそも日本人の骨格はクラシックバレエに適してないんです
    股関節が真っ直ぐ前を向いていて、骨盤・肋骨ともに横に広がった扁平で床に座る生活をしていますからO脚になる確率が高いです

    欧米人は骨盤が小さく丸い形をしていて、足を横に広げやすい形に股関節が外向きについているんです

    剣道とフェンシングの足の位置と向きを考えて頂くと、一目瞭然ですね

    ただ、小さなころからバレエを習っているのであれば成長途中での骨格と筋肉がバレエ向きになりますから日本人だからダメというわけではありません
    大人の方でも正しいバレエ特有の動きと筋トレをしていれば、ある程度はバレエダンサーの体型に近づきます

    ジャズを習ってらっしゃるのであれば、体の軸がバレエによって固定できますからキレが違ってきますよ
    HIPHOPとは使う筋肉が違うので筋肉痛は覚悟した方が良いかも

    ユーザーID:4139207370

  • 5番が入るか

    ボリショイのプリンシパル・ダンサーが子どもにバレエをやらせるかインタビューで尋ねられたとき言ってました。「5番が入らないから親からは薦めない。向いているかどうかは、4,5歳くらいでわかる」と。ロシアのトップクラスでは練習して開くようにするなんてもんではないんですね。まぁひざから下の脚の長さが違いますし。

    ただロシアのバレエダンサーといっても、ボリショイやマリインスキーに入る人たちは特別ですよ。体型も技術も身体能力も。

    ユーザーID:5827788211

  • 東洋系の方が実は向いてる

    理想のアイロンのような甲高の足。欧米人の方が断絶勝る。産まれた瞬間から持っています。
    しかし横から見た時に平たい体は東洋系の方に軍配が上がる。
    真っ直ぐで綺麗なんです。西洋人は胸の位置が高く、腰(臀部)が盛り上がる。横からみたらエス字に近い。
    だからピルエットでも軸がズレやすい。
    平たい体の東洋系の方がそういった面はバレエ向きですよ。
    現に吉田都さんは手足が長い西洋人のできない
    技を持っていました。
    あとX脚。正確にいえば横から見たら弓なりになる反張膝(膝が入る)脚があると向いています。
    ジエムみたいな美しい脚が理想ですね。上野さんも綺麗な脚です。

    ユーザーID:1652208042

  • ある程度、矯正も可能

    幼い頃からレッスンをしているとある程度バレエ用の身体つきにはなります。
    なで肩。
    胸より上の、中心線上にある骨が高い。
    膝が内側に入り、少し反っている。
    股関節が柔らかく、脚の付き方が外向き。
    でっ尻ではない。
    大きい筋肉ではなく、インナーマッスルが発達
    などです。

    それ以外に生まれもっての物として、
    首手足が長い
    足の甲が高い
    足指の付き方(ギリシャ型だっけ?)
    骨盤のソケットの浅さ(深いと脚が高く上がらない)
    胸骨の柔らかさ(硬いと後ろに脚が高く上がらない
    アキレス腱の長さ

    プリマ級なら耳の形(猿耳はダメ)なんてのもありますよ〜。

    ユーザーID:9922073274

  • 改善させられる条件は

    大人になって、先生方に 条件を褒められ、びっくりし、
    どう違うのか 観察していたところでした。
    思いつくのは 股関節がよく開く家系だと いうことでした。
    教室で、5番の後ろの膝が隠れる大人は、確かに少ないです。

    バレエで必要なのは 柔軟性と筋力と「均整」。
    柔軟性は あらゆる関節・筋肉で。
     難しいのは肩甲骨周り・背筋・股関節、大人で硬い人が多いのは 足首。
    例えば180度の開脚をするにも あらゆる柔軟性が必要です。

    できれば、太ももの前面(大腿四頭筋)を使いたくないですが、
    実際には 筋力のバランスが 大切です。
    太腿前面と後面(ハムストリング)、太腿後面とふくらはぎのバランスが
    崩れると 膝を痛めやすくなります。
    独特に鍛えられるのは、腹筋・背筋、内転筋(内腿)、足の裏で、
    逆に言うと、バレエに必要な筋肉です。
    体の柔らかい人は 軸がぶれるため、さらなる筋トレが必要です。

    大人で 問題なのは、「歪み」です。
    肩・脊椎・骨盤・膝・足関節など。
    それ以上 歪ませないよう 日常生活を気を付けます。

    ユーザーID:0393903715

  • 身体条件は事故を防ぐため

    バレエ経験者です。

    バレエで身体条件がうるさく言われるのは2つの理由によります。

    1.ビジュアル芸術であるため、頭が小さく手足が長いなど、
      「見て美しい」体であることが重要。ふくらはぎの筋肉については
      脚のまっすぐなラインを損なうという点でこちらになると思います。

    2.180度脚を開いたり爪先で立ったりという、人間の体にとって
      かなり無理な運動を要求されるダンスなので、それに適した
      骨格であることが求められる

    上記のうち1.はバレエに限らないかと思います。ジャズダンス、社交
    ダンスなどでもスラリとして頭の小さな人のほうが見栄えするでしょう。

    2.については、欧米の一流バレエ学校では入学審査で骨格の検査を行い
    適性の無い子は見た目が美しくても落とします。それは本人の骨格に合わない
    ことを厳しいプロの世界で続けさせて、その子が将来故障で苦しまないように
    との配慮の意味もあるのです。
    ちなみに180度開脚はどう頑張っても骨格が向かない人はできません。
    趣味のレベルであっても自分の限界を知って無理をしないことが重要です。

    ユーザーID:1237661162

  • 条件

    バレエを教えています。
    体型に関しては皆さんが書かれているとおりです。
    頭が小さく、首や手足が長く、腰の位置が高いこと。
    脚はとくにひざ下が長いのが望ましいです。
    小さな膝と大きなくるぶしならなお良いです。
    足の付け根が開きやすく、関節がやわらかいことも良い条件です

    体重が軽いのも大切なことです。
    つま先で立つので、体重があると怪我をしますし、男性も負担です。

    西洋で生まれた舞踊なので、西洋人の体型に適しているように創られているので、日本人で恵まれた条件のある人は少ないです。
    でも、小さいころからレッスンしていると、理想に近い体型に創ることは可能です。

    体型も大切ですが、バレエは総合芸術なので、音楽的に優れていることや演技力なども必要とされてきます。
    あと、立ち直りの早い、前向きで明るい性格なんかも大切ですね。

    ユーザーID:0023930355

  • 知っている範囲ですが

    娘達が、本気でバレエをがんばっているので、
    プロの方に聞いたり、本を読んだりと、色々と勉強しました。
    (体調管理や食事の栄養管理等するのに、勉強しました)

    トウシューズを履くようになると、甲が出るかどうか、気になるのですが、
    三角骨がある人はうまく立てないので、手術して取ることもあるようです。

    基本的に、筋肉はムキっと付いたらアウトです。
    ふくらはぎも、太ももも、そうですね。
    間違ったレッスン方法だと、すぐに筋肉でわかります。
    足の指もエジプト型、ギリシャ型とありますが、
    足の指の長さのバランスが向いてないからと言って、素敵な表現が
    出来ないわけではありませんから。

    安定しつつ、かつ、自由に体を使ってバレエ表現するには、インナーマッスルの強さと、あまり歪んでない骨格が必要なようです。

    それと、筋肉の質を高めるために、食事の管理も大事です。
    タンパク質の摂取も、どの蛋白源を摂るか気にかけてますよ〜。

    ユーザーID:3582336693

  • 私の所では

    私が今やってるバレエスクールは
    そういう基準まったくありません。
    まぁ体系が良い方が多いですが
    美人とかよりのっぺりしてる顔の方が
    化粧すると見違えるほど美人になります、
    とくにバレエはえ!!!てくらいぬるので
    踊るとき遠くカラ見るときすごい美人に
    見えます。
    私はこうがあるといわれるんすが
    素人のひとからすれば全然分からないと思います。
    もしかしたら知り合いにもいるかもしれません。
    あ。でも趣味でやっているようなかたちのは
    そういうのであて 本格的にやっている子達は
    大体ダンスのレベルの問題のようです。

    ユーザーID:3696974196

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧