• ホーム
  • 話題
  • 被災地の産物を買わないのは、風評被害の加害者か

被災地の産物を買わないのは、風評被害の加害者か

レス306
(トピ主10
お気に入り228

生活・身近な話題

野菜好きだけど

レス

レス数306

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • はい、そうです。

    ちゃんと問題ないと証明されてますし、放射能ってよっぽど濃度の濃いのを一度に浴びない限り問題なしです。狂牛病のときみたいにパニックしすぎ。
    研究者を信じて生産者を助けましょうよ!

    ユーザーID:3732989013

  • どうなのでしょうね…

    自分の判断で買わないことを誰にも責められる筋合いはございません。
    でも、人様に”買わないほうが良いよ”なんてお話するのもお門違い。

    私は妊婦なので今回の震災前から農産物は厳しい目をもって選んでおりました。
    これからも自分の信念に従った買い物をするのみです。

    風評被害を拡大させるような真似だけはしたくありません。

    ユーザーID:3058417165

  • 産地を選ぶのは自由ですが

    元々は地産地消を出来るだけしたいなと思ってはいるのですが、他の地域の物も普通に買ってましたし、今回も明らかに健康被害が出るものでないのなら私自身は買うつもりです。

    せっかく一生懸命作った農産物やいろいろな物が風評被害で処分されなくてはならい状況はこれからの農業や今回のことで被害が出るかもしれない産業にとって良くないことではないでしょうか。
    中には廃業せざるを得ない所も出てくるでしょう。

    うちの場合は大人しか居ない世帯なのでこんなふうに考えていますが、乳幼児や子どもに対しては影響が出やすいそうなので心配な人が買わないことに対して無理に買うことを押し付けるつもりは全くありません。

    ユーザーID:9145870145

  • 申し訳ありませんが・・

    正直って子どもに放射能に汚染されてる「かも」しれない野菜は食べさせたくないです。「かも」の時点で敬遠してしまいます。
    私自身も食べたいとは思いません。
    地元は今の時点で放射能汚染には関係ないない土地に住んでいるので、地元産の野菜を買うようにしています。

    直ちに健康被害があるわけではないそうですが、じゃあ将来的には?って思います。

    もちろん風評被害を受けてる人たちはそのままでいいとも思いません。長期的に東電が保障できない部分は税金を投入して保証をし続けていくべきだと思います。税金がそのように使われるのに何の異論もありませんね。

    ユーザーID:1715138848

  • 危険ぽい、というイメージだけで買わないのなら

    加害者と言える・・・のかな?
    そうやって風評に流される人が多いから被害になるわけなので。

    ただ、ラベルの偽装問題なども記憶に新しいので、何を信じてよいのかわからなくなる気持ちは私にもあります。
    一応私は、市場に出ているものは基準をクリアしていると信じて買っていますが、不安で買い控える人も責められないかなと思います。
    泣いている農家の方がたくさんおられるのは承知していますが、「やはり汚染されていた」なんてことが後からわかるのも嫌ですし・・・。

    どちらにしても、「何となく」が一番よくないと思います。
    できるだけ、確かなことを調べる努力はしたいです。結局はわからなくても。
    考えようともせずに噂や雰囲気だけで思い込む人が加害者だと思います。

    ユーザーID:3116503503

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • できることをする

    よく聞きますよね、「いま、自分にできることをしよう」って。

    野菜を買えないなら、買わなくてもいいと思います。募金ができるなら募金をすればいい。

    生産者の方は当然、一人でも多くの人に生産物を食べてほしいと願っておられるでしょうけど、すべての人がそれをかなえられるわけではない。それは平時とて同じことですよね。

    大事なのはことさらに「私は被災地の産物は買わない!」などと宣言して見せないことだと思います。買う人を見て「やめときなよ」なんて言わないことです。買えない自分をカミングアウトすることで、共感してもらおうとしないこと。それは偽善者というよりは、心の弱い人、自分を持たない人です。

    役に立つことをして、それが偽善か善か、売名か奉仕か、なんてどうでもいい……って誰かが書いてました。

    ユーザーID:5331960727

  • 今は判断材料が少なすぎる

    丹誠込めて作られた商品を出荷できないのは本当にお気の毒ですが、「うちの品を買ってください」というのはその方の商品が汚染されていないことを確認されての発言なのでしょうか?
    また一方で、公的機関が発表する検査結果が、いつ、どこでどのように栽培されたものを、どうサンプリングして得られたものなのか、現時点で私はよく知らないのです。

    「○○県のものだから」という理由で忌諱するのも、
    近隣で汚染が見られた地域で生産された商品を、検査の有無も不明手に取るのも、
    どちらもマスコミの意見に左右されている点では同じだと思います。

    自分の頭で判断する材料が欲しいです。
    ここのところ放射線のモニタリング結果を毎日チェックしているので、数週間にわたって平常通りの数値が観測された地域産のものであれば、ほうれん草でも小松菜でも気にせずに購入しています。

    出荷制限を受けている地域の産物でも、例えば、パッケージに「放射能検査済み、○日の時点でいくらいくら」などと書いてあれば、数値を見て購入するかもしれません。でも現段階ではそうではないので、ためらいもなく購入することは、私にはできません。

    ユーザーID:5554746383

  • 買いましょうよ

    放射能物質に関して正しい情報はネットなどで沢山得られます。信じるか信じないかは本人次第です。
    しかし、冷静に見て現状ではまだ心配されるほどの放射線汚染はなく、まして今後どうなるかわかりません。
    なのでいま消費者が買わなければ、関東と東北の農業や酪農は早々に壊滅してしいます。
    西日本から入荷されるからいい?
    とんでもない、今回の大地震でいかに物流が弱いか思い知らされましたよね。

    たまには海外ニュースをネットで自動翻訳しながら読んでみて下さい。
    諸外国では既に日本は放射能汚染大国のように扱われています。そんな中で、今後長期間にわたってどれだけ農産物が輸入させてもらえるか不安になりますよ。

    食料自給率がとても低い国に住んでいるのです。
    無駄に怖がらず、自分たちで近隣地域の農業を支えて食料確保への道を作っておくのは大切なことだと思いませんか。

    それに何がそんなに怖いの?
    放射線で発がん率が上がる「かも」しれないから?
    乳癌患者の私から見れば、そんなの怖いうちに入りませんよ。すでに発癌して死と向き合っている日常ですから。

    ユーザーID:0288932405

  • そうですね。

    その通りだと思います。

    基準値自体が余裕のある(逆に言えば厳しい)数値に設定されているし、
    基準を上回る製品は出荷されていないしイコール今出荷されているものは
    その検査を通ったということですよね。

    今の所、福島のほうれん草・茨城の原乳、ですよね。
    それ以外の産地のほうれん草や原乳を買わない事や
    福島だから・茨城だからと買わない事が風評被害の加害者、となるわけです。

    正しい情報を得て惑わされず、判断しないとだめだと思いますよ。

    ユーザーID:5228357952

  • 私の個人的意見

    風評被害とは、害がないのに、害があると思われて売り上げが落ちたりなくなったりする事ではないですか?

    政府が出荷禁止にしたものなら、風評被害とは言わないと思うのですが。だからあなたも風評被害の加害者、なんて事はないです。

    個人的には、健康に問題ない量なら、出荷を禁止する事はなかったのでは?とも思います。毎日福島県産のほうれん草を食べ続ける訳じゃないし、外国産の野菜の方が、もっと汚染されているんじゃないですか?

    いつ病気になるのか、そして病気になった時に、それは2011年に食べた福島県産のほうれん草が原因だった、と証明されるんでしょうか?私自身は、狂牛病のあった時にヨーロッパに住んでいました。献血もできません。

    大気汚染のひどい中国にも住んでいました。他にもレントゲンで被爆する量、タバコの間接喫煙で癌になるリスク、いろいろあると思うので、総合的に判断して、私は、買って食べてもいいんじゃないかと思ってますけどね。

    でも個人的感情上の問題が大きいと思うので、人にどうこうは言えません。

    ユーザーID:8046259750

  • 出荷停止?

    とかになったんでは無かったですかね?ホウレン草とかって

    だから買うにも買えないのでは?

    自分の思うように支援したら良いんでは?

    ソレしか食べるものが無い、わけではないですし偽善て考えに及ばなくても良いのでは。

    ユーザーID:0273048227

  • それが「風評」

    お気持ち分かります。
    私は実家が茨城なので今回細かくチェックしていますが、もし実家が全然被害のない場所だったら私もトピ主さんと同じ行動を取っていたでしょう。

    牛乳も野菜も、他の産地のものがあるんだからそっち買えばいいやーってなるのは仕方のない事と思っています。
    何がダメで何が大丈夫でっていう情報も見えにくいですし、危なそうというものを遠ざけるのは自己防衛であって、当然の行動です。

    ただトピ主さんのように、もし被災地のためにと思って下さっているのであれば”惑わされないで”欲しいです。
    結局「とりあえず危なそうな産地の野菜は買わない」という人が増える事で、店舗にも陳列されなくなってしまいます。
    茨城でも検査した結果問題のない野菜はたくさんあります。

    噂ではなく正しい情報を仕入れて、正しく判断して頂けたら有難いです。
    同時にメディアや店舗にも、大丈夫な品物については誤解が増えないようお願いしたいですね。。

    また、食物でなくても民芸品など買うことでも貢献になると思いますよ。
    食物でも何でも、その産地の産業を止めない事が大事なのかと思います。

    ユーザーID:2102360019

  • 加害者でしょう

    加害者だと思います。

    うちは積極的に買います。
    ただ盲目的に信じるのも怖いので、子供には食べさせません。
    子供には影響でやすいと聞きますし。

    多少の不安はあります。
    でも、復興のために、本当に苦労されているのは被災者の方々だと思うので、購入し消費します。

    そして周りにも変な風評を広めません。(周りにいるんです。広める人)

    ユーザーID:9361030046

  • 知らなかっただけ

    加害者と言うより、無知だっただけです。
    そこに気づけてよかったですね。今後は
    生産者の方の言葉を忘れないようにしてください。

    ユーザーID:7070057475

  • 加害者だと思う(1)

    他でも書きましたが、水道水を飲んでも、野菜を食べても健康に影響はありません。なぜ微量の放射線で行政・政府が大騒ぎするかといえば、まずは早期に情報を開示することでの信頼感をアピールと、「厳格な基準で管理し国民の健康を守る」という建前で、本質は責任を負わない為です。

    それを知りながら、水を買い占めたり、食物を避けるのは加害者で、正しい情報のもと冷静な判断ができない人も同類です。

    ユーザーID:3869159430

  • 募金しながら、加害者となる

    私は、募金しながら加害者となる行為はやめて欲しいと思います。

    だから、風評被害を出し続ける人(拡散する人)が一番の加害者ではないかと。

    今まで買っていたのに、わざわざ被災地さんを選んで買わなくなったなら
    加害者になりますよね。

    摂取制限のものは買わなくていいけど、
    というより、そもそも、もう、流通してないでしょう。
    食べれるものだって、自主的に出荷停止している状況ですから。

    だから、今流通しているものは
    食べても問題ないものとして販売してると思います。

    買う買わないは個人の自由だと思いますが
    本当に被災地の人々を支える気があるのか、ということだと思います。

    募金以外にできることもありますよね。
    募金しながら、その一方で加害者となるようなことはやっちゃいけないと
    私は思います。

    だから、風評被害を拡大させるような発言や批判を繰り返すような人が
    一番の加害者ですよね。

    ユーザーID:3799179326

  • 加害者だと思う(2)

    実家が福島にあり、地震で半壊、両親は現在でも仕事が出来ません。普段無口で愚痴ひとつ言ったことのない父親が、「地元の桜、楽しみにしていたんだけど、見に行けなくなってしまった・・。」 と元気なく呟きました。

    震災から2週間が経過します。次第に報道も少なくなり、東京の街は平静を取り戻しつつあります。しかし、被災地では逆に、時間が経ち冷静さを取り戻すことで、現実が見えてくる。言い換えれば、見たくない現実を直視しなければなりません。

    出来ることは間接的な募金だけではない。どうか、仕事を奪わないでほしい。

    ユーザーID:3869159430

  • そうですね。

    それこそが風評被害ですから、立派な加害者です。
    昨日(一昨日?)のニュースでは、出荷制限・摂取制限掛けられたと言っていたので、恐らくもうこの辺りに出回っている事はないです。
    今売られている福島県産・茨城県産の物は大丈夫という事です。
    それに、基準値と言っても、最初からそんなに高い数値は設定していないでしょうから、それの何倍・何十倍と言っても、それほど深刻な数値では無いはず。(もちろん、100%安全とも言えませんが)

    風評被害で売上が落ち込み、収入が激減したからと言って、全ての農家が国の補助金や救済を受けられるとは限りません。
    私達一人一人が冷静にならなければ、その分多くの農家の方々の生活を奪うことになるのです。

    ユーザーID:1525145348

  • 過敏すぎます。

    福島県の農家で生まれ育ったものです。

    今回の出荷制限等は原発の問題が発生した時点で予測していました。
    以前東海村の臨界事故でカイワレ大根が風評被害で売れなくなりました。
    けれどやはり今回の出荷・摂取制限が発表された時は本当にショックでした。

    今は制限していますので危険なものは出回っていません。
    買いたくても買えない状態です。

    震災前に製造された加工品も福島・茨城県産ならトピ主さんは買わないのですか?
    米も、味噌も、肉類も福島・茨城県産なら買わないのですか?
    安全と出回っているものも買い控えされたらたまりません。
    でも、市場や業者が安全な野菜も福島・茨城県産だからと入荷を拒否している現実は
    過敏に反応している人たちが多いからなのでしょうね。

    原発が落ち着き、基準もクリアした福島・茨城県産の野菜などが
    出回った時は買って貰いたいです。

    ユーザーID:9571969339

  • 信頼できる情報とは

    何が信頼できる情報なのか?
    それが今、一番、問われているんだと思います。

    今回の原発の件は、地震発生当初、専門家と称する方々のほぼ100%が原発は大丈夫と言っていたと記憶していますが実際はどうでしたか?
    「ここまで、状況が酷いとは認識していなかった」
    誰一人、責任を取ることは無い。

    必要なのは、騙されないために必要な知識の習得と、出来るだけ多くの情報ソースを持ち、それらを相互チェックして、真に正しい情報を取捨選択すること。

    その結果、己が安全だと判断すれば買えば良いし、疑念があれば止めればよい。

    「天は自ら助くる者を助く」です。

    風評被害とは、己で何も判断せずに、誰かに盲目的に従い始め、それが大多数になることで発生します。
    その裏で儲ける奴がいることも知らずに。

    ユーザーID:4487476641

  • 募金をすれば良い

    十分な知識や情報を持たない消費者は商品の危険度を正確に推し量れません。
    なので、○○県産は買わない、等の大雑把な防衛行動に出る事があります。

    対処をしたくとも、全ての消費者が突然情報に敏感で賢くなるはずも無く
    ある程度仕方のない事だと私は思っています。

    自由経済とはある意味残酷な制度です。被災者であろうと関係なく有利な方が勝ちます。
    良いも悪いも、被害者も加害者もありません、ただ勝ち負けがあるだけです。
    社会福祉によってそれを和らげる事はできると思いますが。
    今は募金、それで良いと思いますよ。

    ユーザーID:1094505268

  • 本当に困る

    一時期転勤で福島県民でした。今は地元の関西に住んでます。
    関西では、夏になったら、きゅうりもピーマンも、旬の野菜が福島県産になるんです。めちゃくちゃうまいあかつきという桃も、福島県産。お米も、福島県産のものが並びます。
    ものすごく心配です。福島県がんばれ!東北がんばれ!関東もファイト!…ちなみに、今現在、お米は品薄です。でも、震災前に収穫されている福島県産のお米だけ、売れ残っているのを見て、メチャクチャ悲しかったです。

    ユーザーID:5539674444

  • 基準値以下なら問題ない

    基準値以下なら買ってもいいけど、それ以上なら買わない。

    きちんとした検査とトレーサビリティさえ確保されているなら風評も起こりようがありません。

    ユーザーID:5270659293

  • 抵抗感あるのは、わかりますが…

    今、流通しているのは安全が確認されているものです。それを危険かもしれないといって買わなかったら、加害者になりますよ。
    売れ残った商品を見て、「危険だから売れない」と勘違いするひともいるでしょうからね。

    ユーザーID:8244331981

  • 福島産茨城産買います!

    「私が食べることで、少しでも小さい子らに安全な物が回るなら福島産を食べよう」と思っていましたが、たった今、はっきりと決意しました!

    今、ニュースで、世界各国で福島・茨城他の野菜を輸入禁止にしたと報道していました。


    毎日ほうれん草50キロ食べる訳じゃないし、もうこの年だし、洗って食べますよ。
    ただ、北海道は道産野菜が多くてほとんど他県産が無いのですが、梨でも桃でも買います。
    去年1年間でレントゲン20枚、CT2回、胃カメラ1回、乳癌マンモグラフィー1回撮ってますが元気です。

    でも、子供に食べさせたくないから買わないと言う気持ちも、分かります。
    今からこんな規制をしたら、この先状況がもっと悪化した時に食べるものが無くなってパニックが起きるのではないかと心配です。
    一日も早く事態が解決するように祈るばかりです。

    ユーザーID:2165538114

  • 自分なら食べる!

     広島の被爆者の娘です。 
     私なら、食べます。

     酒、タバコ、嗜好品でいくらでも発がん物質はあります。
     飛行機に乗れば宇宙線を浴びます。

     大丈夫と言われているものなら食べます。
     そればかりを食べるわけではないのですから。
     流言飛語で、地道に頑張ってきた人たちの生活を絶やすわけにはいきません。

    ユーザーID:3836323192

  • 食べないでください

    問題があるから出荷停止になっているのであって、買うことは出来ません。だから買わないことが加害者とはなりません。

    風評被害というのは、ありもしないことで騒ぎ立てられて被害を被ること(たとえば、今回出荷停止にならなかった隣の県の商品もあぶないとか、野菜などでない工業製品までも汚染物扱いするとか、そういったこと)ではないですか。

    今回の4県の野菜やミルクに関しては、政府が出荷停止分を買い、補償するはずですから、それを見守るしかありません。

    私たちに出来るのは、安全な数値が出たら以前のように購入するということです。

    ユーザーID:9100385145

  • 過剰反応

    皆が過剰なほどの反応を示すのは正しい知識が皆無だからではないかと思います。

    規制値も暫定的な物だし、どれくらの量を食べたら危険なのか具体的な数値が分からないので敬遠するのは当然の心理なのではと思います。

    政府の発表の仕方も不安になるような情報を提供しておいて「ただちに健康被害はない」だけでは無責任だと思いますが。

    放射線というと身近には存在していないもののような気がしますが、自然界にも存在していて、私達は日常生活の中でも微量の放射線を浴び続けています。

    X線やCTスキャンでも被ばくしています。
    放射線が怖いからX線撮影はしないという人はあまりいませんよね?

    ユーザーID:8055223477

  • なんでもかんでも敬遠、は風評被害

    基本的には、現在の政府の方針で基準値を超えた野菜は出荷されません。
    同じ野菜で一つでも見つかれば、産地が同県の別の地域のものであって問題が無くても、出荷されていません。
    そういった意味で出回っているものは特に問題がないはずです。

    それでも心配だから葉物野菜は食べたくない、というのでしたら事態の推移を見守ってある程度は仕方ありません。
    しかし、一切買わない、というのはとんでもなく馬鹿げた事です。
    たとえばお米。お米は去年秋収穫されてます。地震のはるか前のことです。問題あるはずがありません。

    自分で情報収集して、これは大丈夫、これはまだよく分からない(推移を見守るべき)、しっかり見極めることです。

    ユーザーID:9540938274

  • 難しい問題

    こればかりは、難しい問題ですよね。日本でのテレビでのニュースをどこまで信じるかはあなたしだい。野菜を食べるかは、あなたしだい。
    深刻な問題です。私は食べれない。ごめんなさい。

    ユーザーID:2851749381

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧