• ホーム
  • 話題
  • 被災地の産物を買わないのは、風評被害の加害者か

被災地の産物を買わないのは、風評被害の加害者か

レス306
(トピ主10
お気に入り228

生活・身近な話題

野菜好きだけど

レス

レス数306

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 306
次へ 最後尾へ
  • 被災地特産物フェアを開催する

    俺は被災地の特産物フェアをやってみたらいいと思いますよ。

    特に、福島原発から電力の供給を受けている地域で。
    原発の危険性と利便性を秤にかけ、最も利便性の恩恵にあずかっている地域で。

    買って欲しいけど、う〜ん、どうかな。
    正直言って俺は少し腰が引けてしまうかな。

    でも東北弁のかわいい女の子が販促していたら買ってしまうな。

    でもまあ知らずに口にしているような気がするよ。
    居酒屋とかで。

    ユーザーID:9803896261

  • こんな程度ですかさんに賛成です

    >私は買わないし、最悪自分は食べても子供には食べさせません。
    >ただし政府に責任持って救済して欲しいので、増税でもなんでも応じます。

    私もそう思います。
    被災地のみなさんへの保障はしっかり行って欲しいものですね。

    ユーザーID:4833048334

  • 食べる・食べないではなく、買う・買わない

    食品の安全性(食べる・食べない)について真剣に議論されているみなさんに、こんなことをいうのは気がひけるのですが……

    このトピって、「……食べないのは……加害者か」というトピではなく、「……買わないのは……加害者か」というトピですよね。
    つまり、「安全か危険か」「食べるか食べないか」という問題ではなく、「買うか買わないか」が問題なんですよね。だとすれば、結論は単純明快だと思うのですが?(全レスを読んではいないので、すでに出ていたらごめんなさい)

    ◎安全だと判断した方→買って食べる
    ◎危険だと判断した方→買うけど食べない

    これで、満場一致、すべて解決なのでは?
    まあ、「募金はするが、買って食べないのはイヤ」という方もおられるのでしょうが。

    ユーザーID:0462307469

  • 加害者でいいんじゃないですか?

    茨城北部在住です。
    募金をする心はあるけど、自分が信じられない食べものを口にしたくないから、たとえ農家の人がそれでどうなろうとも自分と家族だけは食べたくない。
    それはすごく普通の考え方じゃないでしょうか?
    だから別にそれならそれでかまわないと私は思います。
    でも、それを周りがみんな同意して欲しい、加害者なんて思われたくない、震災の被災者に同情する優しい私がしかたなく家族のためにしていることだと認めて欲しいというのは全く別の事です。
    農家の人からしたら、こんなところで触れ回る発言をする人は十分加害者にうつると思います。それこそが風評になりえるからです(もちろん国で食べるなと言われてるもの以外の食品についてです)
    そのことは募金でチャラにはならないと思います。
    それでもいいんじゃないですか?
    "たとえ加害者と思われても、怖いから食べない" その方が筋が通ってますよ。
    でも黙っててください。みんな自分で決めることです。
    私は食べます。

    ユーザーID:8105039937

  • 放射性物質と放射能

    日常の中で放射線が宇宙から降り注いでいることは皆さん御存知のようですが、
    放射性物質だって、私たちは日常の中で摂取していますよ。
    カリウムは私たちに必要なミネラルの一つですが、
    天然のカリウムの中には、ごく微量ではありますが放射性同位体であるカリウムが含まれます。

    今回話題になっている基準値とは桁違いに少量ですがね。

    程度の違いがどれくらい体に影響するのかは統計上の話であり、
    何を買うか食べるかは、基本的に個人の自由だと思います。

    私個人としては、食品の放射能の問題よりも、
    日々の睡眠不足と、職場で浴びる副流煙、
    病院で不用意に撮影された多数の腰のレントゲンの方が気がかりです。

    ユーザーID:7534237791

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 加害者ではないでしょう

    欲しくないものは買わない。
    買わない行為自体が批判される謂れは全くありません。何の加害者にもなりませんよ。

    ではなぜ欲しくないのか、がポイントになります。
    汚染食品を避けるのは言うまでもありませんが、同地域産の非汚染食品を望んで買うかどうかですよね。
    私は買いません。
    もちろん、西日本産など、明らかに影響がなさそうなものは買いますよ。

    てっぺんさん

    買う(農家に補償する)必要があるのは東京電力です。
    私たち一般消費者ではありませんよ。

    私たちはそれぞれが出来る範囲で義援金を送ればいいのです。

    ユーザーID:6668305818

  • はっきりさせてね

    ●スーパーで普通に流通している、いわゆる放射能のリスクで物によっては出荷停止をうけたことのある県からの商品を買うか?という話と理解してます。
    つまり政府がスーパーで売っていい(国としては安全性に問題ないと判断)した商品です。
    みなさん、そこのところをぶれないでくださいね。

    何を言っても買わない人は買わない、それでいいと思いますよ。ただ、ここの流れからいって、「風評加担者」と受け取られることは間違いないです。そのくらいあきらめてください。

    それから、そこまで「わが身を自分で守る」方に聞きたい。
    被災地にいてもそれだけより好みの食生活しますか?

    自分は被災者ではないから、関係ないですか?
    たとえ彼らの生活(農業・水産・酪農)が失業の危機にひんしても。
    それでも、とりあえず、政府が食べて大丈夫といったものを、ゴミ箱にすてるわけですか?

    個人的には放射能より、人として大切なものを失った人間が存在する方がおそろしい。

    ユーザーID:7036934362

  • 自由ですよ

    別に買わなくても法律で罰せられるわけではない。
    ただ、トピヌシさんが疑問に思ったように、
    被災地の人々にとってどうなのか?答えは簡単でしょ。
    買わない人はやっと立ち上がろうとしている彼らに蹴りを入れてるのと一緒。

    わが身かわいさで福島の特定のエリアに立ち入らず(立ち入り禁止エリアではないのに)物資を運ぶのを拒否。タクシー乗車を拒否。はたまた、そのエリアの人の宿泊を拒否する、こころなき人と一緒。
    「不安」なんだから自分の身を自分で守って何が悪い!の理屈でね。

    それだけのことです。

    ユーザーID:7100640494

  • 私は食べたいなぁ・・・

    今朝TVでみましたよ。
    ビニールハウスで育ったほうれん草がみんな廃棄処分になるそうな。

    丹精込めて育てた立派なほうれん草を眺めつつ溜息をつく生産者。
    水だって地下水をくみ上げてる徹底ぶり。
    念のため専門家に検証してもらったら何ら問題はない、と。

    私からすれば「だったら買いた〜い!!!」
    ホントに元気で美味しそうなほうれん草だったんですよ。
    でも、現地に行けるような手段はなし・・・・。

    もし売っているのであれば、私は喜んで買いますよ。食べますよ。
    ウチ、ほうれん草のお浸しを年中食べてますから助かりますよ。

    ホント、あれが廃棄なんてもったいない!
    あのビニールハウスまでのツアーなんて組んでくれれば喜んで参加して買い付けるかも。

    ちなみに水道水もがぶ飲みしてます。
    どうせ害が出る遠い未来では私自身も老化してますから、因果関係は分からないでしょうしね。

    でも乳児のいるママさんや妊婦さんは気になるから大変ですよねぇ。

    ユーザーID:2982635877

  • 震災以前に買っていたなら

     福島・茨城の野菜がたくさん出回る地域って、限られていますよね。もともと買っていた人が、被災を機に買わなくなったなら、それは加害者に入ると思いますが、ふだん福島・茨城産なんてほとんど買っていない地域の人が、引き続き買わないというのは、積極的な加害者には該当しないんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:6855419009

  • 基準

    >しのりさん
     昨日確認しました。野菜は洗浄後、刻んで測定でした。誤りでした。理解不足でした。

     水のWHOの値も確認しました。ドイツは0.5Bq/L、アメリカは0.111Bq/Lと値は、さらに厳しいものでした。

     しかし、暫定値はさらに緩和の議論があります。となると、もはや「100Bq/Lが乳児に」すら正しいかどうかすらわからなくなってきました。1や2違っても、大騒ぎしちゃいけないような。感覚の麻痺ですかね。

     「暫定」が大丈夫な「一定期間」ってどのくらいなんでしょうかね?

    ユーザーID:7164735159

  • それだ!

    てっぺんさん!それです。

    ◎安全だと判断した方→買って食べる
    ◎危険だと判断した方→買うけど食べない

    これなら確かに賛成です。
    買ったものを食べずに棄てるのは気が引けます。募金はするのに。
    でもその気が引けるというのは偽善。

    ユーザーID:6677530293

  • このトピを見て傷つく人がいると思わないのかな

    食べたくないなら食べないでいいでしょう。
    誰かに自分の行動を肯定されたいために立てたとしか思えない。
    細かく分類して食べるか食べないか聞いてるけど、
    あなたは食べないんでしょう?
    あなたがこういう質問をしている陰で、一生懸命育てた野菜を出荷できずに破棄し、
    先の見えない不安でいっぱいの農家がいる事を
    忘れないでほしい。

    ユーザーID:8261992839

  • 大増税OKなら、「買って、食べない」のもOKでしょ?

     こんな程度ですかさん、raraさんなど、何人かのかたが「被災地の生産者を助けるためなら(大)増税もOK」とおっしゃっています。それなら、てっぺんさんの案「買って、食べない」でもいいんじゃないですか? むしろそのほうが被災地には喜ばれると思いますが?

    ユーザーID:1412034134

  • 目でみてみよう。

    数字で言われるとイメージが付きにくいのでしょう。

    放射線の量を、雨をイメージしたアニメーションでわかりやすく表示したサイトがあります。
    実際一度みてみたらいかがでしょうか。目に見える形で表現してもらうと、数字で見るよりずっとわかりやすくなりますよ。

    国民皆が、今の状況を正しく理解出来るようになれば、少しは風評被害を減らし、落ち着きを取り戻せるでしょうか。

    店舗に並んでいるのに、放射線を理由に購入しないのは、良し悪しはともかく、風評被害を増長させる片棒は担いでいると思われます。

    ユーザーID:4986080686

  • 食品買わない方はせめて非食品を買って

    理由はともあれ「被災地の食品を買わない」という方を、私は否定も肯定もしません。でも、お願いがあります。食品を買わない方はせめて非食品を買ってください。
    今、被災地産のモノを買わない動き(風評被害)は、非食品にも広がっています。たとえば、花(カーネーション、ばらetc)ですら、食べるわけではないのに、被災地産は敬遠されています。
    非食品すら買わない方は加害者だ──と断定します。

    ユーザーID:1686896999

  • 「行動」は責任の元で自由ですが、発言は慎重に。

    対象のモノは政府が出荷規制しています。
    その上で市場に出回っている物は安全と捉えることできます。

    ただ、心理として不安になる気持ちは分かります。
    その場合は「買わない」という行動をすればいい。
    ここで気をつけたいのが、ネットの書き込み、知り合いへの口づて等で他人にそれを言うことは慎重にならなければなりません。
    「行動」は自分の責任ですればいいと思いますが、「発言」は一人歩きすると責任がとれない事態になります。

    どうか、自分の感じたことを根拠なしに他人に言うようなことは市内でくださいね。

    ユーザーID:0703441510

  • 難しい問題ですね

    風評というのは、世間のうわさ、取り沙汰、評判という意味のようですが、世間がどうというより、やっぱり自分の中で、今迄入っていなかったものが入っている(しかも安全と言われているとはいえ本当は入ってないほうが良い物)のは、心配な気持ちは止められません。その生まれる心配な気持ちこそが加害者なのだと言われたら致し方ありませんが・・。

    買って捨てるのも良いと思いますが、市からはゴミ収集車のガソリン節約の為ゴミ減らせと言われているし・・困った。ただ、茨城県の知事さんが「正直者がバカみる(読売新聞より)」と怒っていらっしゃるのは凄くわかります。他の県も茨城県と同じくらい調べてデータを公表すべきだとは強く思います。

    まあ、といいながら私は花粉症の為に大地震後も茨城県産の蓮根を引き続き結構沢山食べてますが。レタスも食べちゃってます。

    ユーザーID:9352350852

  • 購入し、工夫して安全確保します!

    こんばんは。

    小さいお子様がいらっしゃる方は、特にご心配ですね。ウチの子は11歳ですが、やはり気になります。

    WHO(世界保健機構)のHPをチェックしました。セシウム137やストロンチウム90も気になるところですが、政府や国際機構、欧米諸国のモニタリング機関なども、飲料水や食物にかかわる放射性ヨウ素に関する発表中心となっているようですね。

    放射性ヨウ素131の半減期は8日です。放射性が半分になるのですね。その後は、また別の経過をたどるらしいのですが、端的に言えばより安全になります。

    ですから、ほうれん草を食べない害より、よく洗ったほうれん草を茹でて、水にさらして(普通の調理法)冷凍庫で保存して一週間。
    停電にそなえて、あるたけのミネラル水を冷蔵し、保冷剤代わりにしています。

    ユーザーID:5416671565

  • 二回目です

    ここで買わない宣言してる方の大半は国や東電がお金を出せばいいと言ってますが。
    ご自分で野菜を育てたことがありますか?
    多分ないですよね??
    "農業が出来なくなる"事が問題なんです。
    お金もらって丹精込めて育てた野菜は潰せばいいじゃん。
    お金貰ってしばらくのんびり野菜育てるのやめればいいじゃん。
    そのお金が本当に出ると思うんでしょうか?充分に??その後の生計の不安がないほどに?

    ・・・やっぱり放射能より怖いのは人の心だなと思いました。

    ユーザーID:8105039937

  • 加害者などという言い方はやめませんか。

    このトピックを5日前から見てきましたが、違和感を感じています。買うと主張する人は、農家を救えの同情心から、買わない人をあくまでも加害者として悪人のような扱い方をしていることが感じられ、また買わないと主張する人は、自分の家族を守るための危機感や国のあまりにも曖昧な暫定基準などを理由として個人の責任で買わないと主張している。
    確かに現時点で、汚染されていない農作物を出荷している農家は風評被害の被害者ですが、買わないと言っている人たちは、風説の流布をしているわけでもなく、ただ自分は買わないと言っているだけですよ。
    私が思うに、言うなれば、買わない人は風評に惑わされている人と言えるのではないですか。買うと主張する人は、偽善を人に押しつけるお節介なおばさんではないですか。


    それぞれが自分の買う、買わない理由を主張するだけでよいのではないですか。
    買う買わないは自己責任です。

    ユーザーID:1479104660

  • >よく読もう!

    被災地を応援するのは良い事でしょう。
    募金や物資提供は私もしました。
    しかしそれらは、他人に強要するべき事ではありません。

    被災地の物を買えと迫るのも同様です。
    親切は強要するものではなく、個人の自由は守られるべきです。

    国の基準を満たしていても、私は自分の欲しいもの以外は買いませんし、食べません。
    当然のことだと思います。


    合成着色料の入った食品
    塩素消毒のされた水道水
    農薬をたっぷり使った野菜
    外国産の食品
    遺伝子組み換え食品
    100円均一の食器

    上記のものは以前から摂取または使用しないよう心がけています。

    >被災地にいてもそれだけより好みの食生活しますか?

    可能であれば、もちろんより好みします。

    勘違いしないように書いておきます。
    現在出回っている食品は安全であり、そのことは分かっています。

    しかし、何を買うかは自由なのです。

    ユーザーID:7534237791

  • 風評防止と食の安全は両立できる

    国は、東北関東の産物について、放射性物質の有無・種類・数値を測定して、測定結果を明確に公表してほしいものです。その情報があれば、私はどの県の産物かに関係なく購入します。が、現状では測定が行き届いておらず、情報が不十分なため、買いたくても無理です。「風評」を消すのは購買運動ではなく正確な情報開示だと思います。

    日本の基準はWHO等と比べると甘いし、国は基準を緩和することでOKにしようとするので、基準をクリアしているか否かの結論だけでは無意味で、実際の数値の公開が重要です。

    生産者が真面目に作ってくれた食物が、放射能のせいで食べられないなんて、本当につらいことです。国民の食の安全は確保しつつ、原発事故で被害を被った生産者には、電力会社及び国が(すなわち私達の税金で)十分な補償をするというのが、あるべき方向ではないでしょうか。

    ユーザーID:7362826706

  • 今の状況では買えない。

    私は近畿地方に住んでいますが、今の状況では産地で販売されることはあっても産地から遠く離れたところに流通することはないのでは。
    関東地方なら販売されているかも知れませんが、うちの近くでは、以前から見ることはないので買おうにも買えません。
    もし売っていたとしても、買うかどうかは値段次第だと思います。
    あえて安くない物にリスクを払う必要もないですし、必要のない物を買うこともない。冷たい言い方ですがそういうものではないでしょうか。
    今、私に出来ることは、義捐金を赤十字に送ることぐらいです。
    現在において、農産物を出荷出来る農家の方達はいうなれば震災の被害が少なかった人たちだと思います。(地理感がないので間違っていたらすみません)
    農家に対しては、今後、国や東電から何らかの補償があると思いますので、そちらに期待をします。
    それよりも、これから長期に渡って支援が必要な方に、少しでも長く支援を出来ればと思っています。
    農産物を買うと主張されている方にお願いがあります。
    漁業従事者の方の支援のためにも三陸の海産物が流通するようになったら、たくさん買って食べてあげてください。

    ユーザーID:1479104660

  • 農家です

    被災地ではありませんが野菜を作っています。

    買うけど食べないって言っている方、
    生産者はなんのために野菜を作っていると思っているのですか?
    買ってやるだけ有りがたいと思えってことですか?

    買うけど食べないというのも十分風評被害の加害者だと思います。

    ユーザーID:4253709879

  • 「加害者」という表現について

    トピ主です。みなさま、多くのレスをありがとうございます。
    さて、いってきまスカンクさんから、「加害者などという言い方はやめませんか。」というご意見をいただきました。

    私は「いじめが目の前で行われている時、それを傍観している者は、いじめに直接参加していなくても、加害者である」という考え方です。トピのタイトルもそれを踏まえてつけました。

    この表現がお気に召さないのであれば、“加害者”の代わりに“加担者”、“協力者”と読み替えていただいてもかまいません。ほかにも別の表現があれば、変えるのにやぶさかではないので、ぜひご提案ください。よろしくお願いします。

    ユーザーID:9114452392

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • 食べる気満々です

    私は今後も東北のお野菜を食べる気満々

    私は元々タバコを吸いません
    それでも尚、東北産農作物を飲食した事により
    体内被ばくしがんになる確率より
    副流煙による発がん方が自分的には遙かに確率高そうに思える

    実際そのような事を数字で書かれていた専門家のサイトも読みました
    今思い出せないんでソース提示できなくてゴメンナサイ

    まあ子供でもいりゃ話が別なんでしょうが
    いい年してるし子供いないし…で
    私は全く問題なしです

    まにさんがご覧になったTV番組を私も見ました
    あれはブランドほうれん草といってもいい感じのモノでしたね
    本当に捨てるのもったいない
    「私に買わせて!」とテレビに向かって言ってしまった

    潔癖症の人がそうじゃない人を批難し
    今の除菌大国日本があると思う
    除菌は勝手にすればと思うが…

    今回の件では
    食べない選択をしている自分を称賛しつつ
    (無意識に)食べる人を卑下する人が沢山出るのだろう
    (このトピでもちらほら)
    食べる人を陰で貧乏に扱いしたりする人も出るのだろう
    そういう事はやめてね
    それって十分加害行為だから

    ユーザーID:4341929143

  • 全く加害者ではありません。

    現実に放射性物質が検出されている以上、風評ではなく実質的な被害です。
    そもそも内部被曝の臨床データは、その性質上(継続したデータが取りにくい為)とても十分な検証をなされているものではありません。
    害がないと確実に実証されるまでは、すべて自己責任で疑ってかかるべき類いの物だと言えます。
    通算してレントゲン何回分だとかCTスキャン何回分だとかに換算する報道もありますが
    医療被曝(レントゲンやCTスキャン等)の害もきちんと検証されているわけではないのですから。
    私には大人は自己責任で、子供達には食べさせるなと言うことしか出来ません。

    ユーザーID:4497107764

  • だから…WHOは日本政府の基準は今は問題ないって

    WHOに比べて日本基準が緩いって言う方。WHOのホームページ見ましたか?
    例えば水は、WHO自身が日本の水道水について解説し「WHOの基準は(一生とか)長期の飲用が前提で原子力危機のときは適用するべきではない」と書いてますよ。
    どなたかご指摘ありましたが、日本の基準は国際的に合意された介入基準より厳しい(国際的な介入基準より日本の基準のほうが数値が低い)とWHOの日本の震災の報告書にも書いてある。WHOもIAEAもホームページがあって誰でも見られ、毎日のように日本の原発や食品や水の情報が更新されてます。どこにも日本の基準は緩いなんて書いてない!
    基準を比べるなら、それぞれどういう前提か確認しようよ。でないとWHOもびっくりな結論になっちゃうよ。
    国立がん研究センターとか東大の放射線治療専門の先生とか、多くの専門家が、今のレベルなら少なくとも大人は問題ない、タバコのほうがずっとリスク高いと解説してるのもネットで見られます。
    逆にこの先、今より危険な放射線水準が一生続くと信じるのが不思議。情報を取捨選択するにも専門家や国際機関が危険と言ってないのに、そういう情報は全部捨てて、誰かが危険だと言ってくれるのを待っているように見えるよ…

    ユーザーID:7719165054

  • どちらも食べますよ

    ・○○県産の食品を(△△以外でも、すべて)食べるか/避けるか
    ・△△を(○○県産以外でも、すべて)食べるか/避けるか

    私はどちらも食べます(食べています)。
    買う買わないの自由はだれにでもあるのは当たり前ですが、ここで問題になっているのは、非汚染食品についてなのですよね。オーバーな例ですが、九州産のホウレンソウを食べるかとか、茨城産のお米を食べるかとかそういうことですよね?非汚染食品であれば、加害者とまでは思いませんが、その一端を担っているとは思います。

    それと、すでに似た指摘がありますが、この原発でメリットを得ている地域の人が非汚染食品は買わないと宣言したり、税で補償しようと言うのは抵抗があります。原発は国全体の問題であると思うし、首都圏の経済活動が国にとって重要だというのもわかるので国が責任を取ることに異議はありませんが、責任を取る優先順位はあると思います。

    ユーザーID:5476139400

先頭へ 前へ
121150 / 306
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧