妻の年金、保険料などは?

レス14
(トピ主2
お気に入り43

恋愛・結婚・離婚

モモ子

こんにちは!
新婚、といってよいのかな結婚2年目のモモ子です。
主人の仕事ので海外在住ですが駐在妻ではありません。
ご相談なのですが、ご結婚なさっている方々は奥様の保険料や年金等はご主人がご負担なさっているのでしょうか?
私はこちらの言語ができないので(語学習得中)仕事を探そうにも、
苦戦しており現在は専業主婦です。
一番主人に負担してもらっているのが航空券という高価なもの以外は、
自分の洋服や靴バック類は一切買わず(独身の時のあるので)、
外食も極力控えてがんばって自炊、和食をメインに作っています。
行くスーパーも地元のスーパーで、食費はそんなにかかっていないと自負しています。
電気光熱費・家賃、保険料などは主人が持ってくれてますが、日本の年金は自分で、と言われてます。。
私も稼ぎがあればそれもわからなくもないのですが・・・
ちなみに私の母は専業主婦で贅沢はしなかったけれど、生活にかかる事柄はきちんとしてもらっていたようで、それを見て育ったので私は普通ではないのかしら・・・と、自信がなくなりました。
皆さんのご意見等をお聞かせいただければ幸いです。

ユーザーID:7807012512

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 変な旦那さん

    お仕事もされてない専業主婦のあなたに自分で保険料払えだなんてむちゃ言いますね。
    皆さん、旦那さんが払ってるというか生活するうえでの必要経費として家計に上げてると思いますよ。
    旦那さんにお話してみてください。考え方おかしいです。

    ユーザーID:0169798572

  • トピ主の家庭の場合はおかしいと思う

    家庭のカタチだけ
    家計の分担のカタチはあっていいけど

    夫の仕事の都合で海外在住で
    その地域の言語ができず
    仕事も探せない状態なら
    夫が年金保険料を払ってアタリマエです。

    そもそも、就労ビザはおりるんですか?

    私なら、海外で暮らすのはやめて
    日本に帰るよ?

    海外ではなく、国内の転勤の場合でも
    転居に伴って一時的に妻が無職になるのなら
    フツーは夫が払いますよ。

    金は払わないがついて来い、てな相手には
    ついていきませんてば…。

    ここのとこ
    妻を、家事やってくれる、金をかけなくてよいペットかなんかと
    勘違いしてる夫が増え過ぎですね。

    あ、ご主人は外国の方ですか?
    まぁそれでも同じことだな。

    日本でなら就労できるとして
    別居婚というカタチにしてもいいと思うけど
    それって、結婚してる意味ありますか?

    同居したら稼げないと分かっていながら
    必要経費さえ惜しむなら
    家事もやってもらわず、結婚もしなければよかったのに…。
    ご主人、変わってる人だと思います。

    ユーザーID:8989715044

  • 家計管理は状況に応じてご夫婦で決めるしかないと思います。

    家計の管理はどうされているのですか?御主人の手取り額、税金関係、収支を把握されていますか?投資にも参加していますか?限られた中から、何に優先してお金を使うかは、状況に応じて臨機応変に変えていかなければ成らないし、その時々で話し合いは必要でしょう。それで、あなたの年金にお金を回せるか把握できますよね?

    大多数の日本の家庭がしているからという理屈で御主人に妻の年金保険料を払ってと要求すると聞く耳を持つ御主人ですか? 

    どこの国滞在にも依ると思いますが、日本や北米、欧州では離婚の時、結婚後築いた財産は半分、年金も結婚していた年数に応じて分割されるでしょ?私が言いたいのは、専業主婦の場合は、年金を払っていないと、結局将来の家計の年金の額が減るということです。夫婦は一連托生だと言う事を御主人と話し合うしかないでしょう。

    愚痴はこぼせても、ここであなたがいくら家計の為にベストを尽くしていると主張しても、御主人の考え方が変わらないと状況は変わらないので、御主人にあなたの家庭への貢献をアピールして、よく話し合う事をお勧めします。

    ユーザーID:6349674845

  • 日本の年金

    おはようございます

    厚生労働省 日本年金機構 HPをご覧下さい。

    ユーザーID:1793353327

  • 外国企業?

    よくわからないなー

    生活関連のことばかり書いてて、肝心情報がありません。

    保険料って、健康保険のことですか?

    ご主人は日本企業で、住所は日本のままなのでしょうか?

    もしそうだとすると、貴女は夫の扶養家族ですので、健康保険料も年金も

    ご主人の給料から払っていると思います。

    年金については、今問題になっている被3号保険者になります。

    ユーザーID:3225344312

  • どういう勤務形態なの?

    お母様は海外勤務についていっていたわけではないですよね。
    普通日本では、専業主婦は第3号被保険者といって、旦那様が厚生年金に入っている場合、旦那様の扶養に入っていて、旦那様の保険料で奥様の分もカバーできるシステムになってるんです。「ご主人が負担」ではなく、はらわなくてもいいの。
    旦那様が国民年金(自営業など企業に就職してない人が入る年金ね)の場合、扶養はないので全員が払わなくてはいけません。
    旦那様はどうなってますか?日本企業で出張というか、海外勤務の場合どういう扱いになっていますか?旦那様が厚生年金加入の場合、あなたを扶養として会社に届け出れば、保険料は免除になるはずですけどね。

    プロではないので正しいかどうかわかりませんが、そういう認識です。

    ユーザーID:1761000043

  • まず自分の状態を確認する

    トピ主さんの今の状態を自己確認することが必要ですね。
    現在住民票はどこに置かれてますか?
    御主人は日本の健康保険に入られてますか?
    年金は何年金に加入してますか?(国の年金)

    民間の保険や年金ではなく、国で義務としている健康保険や年金がわかってなければ海外にいらっしゃる場合、のちに手続き等が大変になります。

    最終住所の管轄の年金機構(元社会保険事務所)に「自分の年金加入状況を知りたい」と問い合わせしてみてください。

    御自分でやらないと出来ない事なので、海外から大変でしょうけどやってみてください。

    ユーザーID:3568556254

  • 我家の場合

    夫の収入しかありませんでしたので夫の給料から支払いました。それって当たり前のことと思っておりましたが感謝しなければいけなかったのですね。結婚して夫に合わせた生活をしているから収入がなくなったんでしょう? 一家の収入ってどちらが働いたにしろ一家の収入と思っていましたがこの小町で違うことが判りました。結局一家にサイフが二つあるということですよね。子供が大きくなって恐ろしいほどの教育費がかかるようなときどうするんだろうといつも思っています。

    ユーザーID:8210939480

  • またか、と思います

    最近は、結婚しても年金も保険も自分で払えと言う家庭が増えているんですね。
    私はそんな状態なら、単に付き合っている方が気が楽な気がします。
    女性も働くべきだし、自分の生活費は自分で稼ぐ、それは良い事です。
    私自身結婚して子供を産んでもフルタイムで働いています。

    けれど、全部自分ですると取り決めての結婚の場合、
    どうしても女性が不利なんですよね。
    トピ主さんの様に旦那さんの仕事で海外へ行く、
    出産子育てで仕事が中断する、と言う事態が出てくるからです。

    最近こう言う相談のトピが多く、なんだかなって感じますね。
    私の周りの夫婦は、大抵共通の財布を持ち、
    保険や年金や家族の行事はそれからまかなっていますよ。
    お小遣いは収入に応じてと言う場合も多いですが、
    奥さんが家事を多くしている場合は、その分もと言う感じで、
    旦那さんと同程度のお小遣いです。
    貯蓄も共通で貯めていて、把握してる家庭が多いです。

    私自身夫より収入は低いですが、共通口座から保険料や経費を支払います。
    例えば私が入院した時も当然共通口座から支払ったし、夫が入院した時もそうしました。

    ユーザーID:6539655381

  • 基本的に

    日本にいますが、

    仕事をやめた時期などはちゃんと夫が出してくれますよね。
    で、仕事をしてる時期には、そこで給料から引かれるので
    それでオッケーですよね。

    うーん、
    海外にいて仕事できないのに、つらいですね。

    独身時代の貯金があると思われてる?
    でもそのうちなくなるのに決まってますよね。
    「もうなくなる」と言って相談してみる?

    ユーザーID:8745410706

  • 貴重なご意見ありがとうございます。

    トピ主です。
    皆様貴重なご意見ありがとうございました。
    補足説明なのですが、
    主人の勤め先は現地の会社なので日本企業ではないため、
    扶養家族の年金控除というものがないのです。私は近年手術をしたため、
    帰国時に何かあるといけない、ということで住民票をまだ日本に置き
    国保を実家が入れてくれてます。(こちらではこちらの健康保険に入っています)
    保険料というのは、入院や通院が必要になった時や死亡時の時の
    保険です。こちらは日本の保険会社のものです。
    北欧まではいかなくとも福利厚生が日本よりまだいい国にいるせいか、税額が半端ではないため
    安定している企業に勤めている主人の収入は恐らく同世代の日本のサラリーマンよりは低くなると
    思われます。税金に関しては妻分で月に日本円で3万円強戻ってはきます。
    その分を「貯金したり航空券代にするから頂戴」と言うといやな反応をされました。ちなみに主人は日本人です。

    ユーザーID:7807012512

  • 追加レスを読んでもまだ状況が解りません。

     ご主人は海外に永住するつもりでしょうか?
     日本もしくは、日本以外に転勤する予定はありますか?

     トピ主さんの言う、「帰国時に何かあるといけない」の帰国時とは、
    一時的な短期間の帰国を指すのでしょうか?
     それとも、数年後には完全に日本に帰国する見通しがあるのでしょうか?

     滞在国で治療を受け、滞在国の健康保険だけで治療費をまかなえないでしょうか?

     何の病気か判りませんが、日本滞在時に病気になったとき、
    a.(国保の支払いはせず)10割を負担する
    b.(この先も国保を支払いながら)3割負担する

     を比較したとき、トピ主さんはbを選んだのですよね?
     ご主人にも相談して決めましたか?
     それとも実家のご両親にだけ相談しましたか?
     役所には事情を説明してアドバイスは受けましたか?

     トピ主さんのご主人、日本の国民健康保険に入っていてもメリットがないと思っているのではないでしょうか?

     病状と生活スタイル(海外に永住するかどうか、日本を何年離れるか、日本への一時帰国頻度)をもう少し知りたいです。

    ユーザーID:4243177966

  • よくわからない

    ビザは就労可能なビザですか?
    保険というのは保険会社が扱っている保険ですか?
    夫婦がなぜ外国に行くに至ったか、という理由にもよると思うので一概には言えませんが、旦那さんの希望だけであったなら明らかに妻にとって不利ですよね。そういうこと出発前に決めておかなかったんですか?

    これが外国人夫であったなら「専業主婦」という選択は無いと考えるので「妻の保険は妻が払う」だと思いますが。
    大体欧州の給料体系は「頭が一家を養える」ようにはできていません。夫婦ともに働かなくてはいけない家庭がほとんどです。
    それを考えたら少ない給料のうちから更に妻の年金やら保険やらを払わなければならないのは辛いとは思います。

    結論、夫が自分の都合で海外に来たかったのなら少ない給料からでも妻の保険年金を出すしかないのでは?
    私だった夫の我侭の為にしかも嫌々「扶養される」のは嫌なので、現地で職を探します。それが無理なら日本に帰って就職します。

    ユーザーID:9679716437

  • 続きです−2

    最追伸です。
    主人は永住して働けるビザを持っており、会社も大手(日本への転勤などは
    いまのところ支社がないのでないです)なので安定してます。
    私は働こうと思えば月約4万円強くらまではOKです。ビザや税金に関してそれ以上は就職先のサポートがないといけないでしょうが、そう難しくはないです。
    日本の国保は実家の好意なので主人とは無縁ですが、こちらの健康保険はいれて払ってもらえても日本の年金(こちらでは妻控除がない)は交渉中です。再発が怖いので個人的な保険料はしぶしぶ払ってもらってます。
    いずれにせよ、主人の都合で海外にいるのと、私としては結婚したらこういった生活基礎関連事は主人がみるものと思っていたので、少々ショックなのです。特に贅沢をしていることは全くなく、100円200円の出費も値段をにらみながら過ごしてます。ちなみに日本やその他の海外に行って就職はできますが、そういうのって別居→離婚を促されてるってことですか?

    ユーザーID:7807012512

レス求!トピ一覧