親・親戚への震災見舞金について

レス5
(トピ主0
お気に入り12

生活・身近な話題

うなぎ

このたびは、東北関東大震災でお亡くなりになられた方々の
ご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災に遭われた方々のお見舞いを申し上げます。

私の親戚関係も東北地方ですが全員無事でした。

もうすこしおちついたら直接お見舞いに出向き
現金を渡す予定です

いまのところ

・救援物資は既に送り済み
・家はながされておらず無事とのこと
・近所で助け合って電気、水も確保できなんとかやっている

ほかの人にくらべたら
家も食糧もあり恵まれている方だ・・・といっていたのですが

震災見舞金はどの程度送ればいいでしょうか。
また、これから親と親戚にお金を送ろうと思っている方
既に送られた方々のご意見も参考にしたいのでよろしくお願いいたします。

ユーザーID:9221039633

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 義父ですが

    義父が、仙台にすむ義祖母の実家にお見舞いを送りました。とりあえず10万円です。被害状況がよくわからないのと、兼業ですが農家をしていて食べるものには当面困ってないようなことをいっていたからだそうです。
    それでも家の一部が壊れたりしているようなので、連絡を取り合いながら、またお金を送ろうと思っているようです。

    ユーザーID:8091472393

  • 実家

    私の実家は仙台市内に住み独身妹と住んでいます。家は無事でしたが、ライフラインが未だに繋がらず、また買い物も並んで2時間、でも一人3品のみ等大変そうです。現金を妹の郵貯銀行に振込ました。まずは、3万送りました。我が家は今年、大学に進学する娘がいて、たくさんは無理なので心ばかりですが、母は泣いて喜んでくれました。やはり、金額よりも気持ちが伝わればいいのではないでしょうか?宅配便もガソリン不足で営業所止めなので、自宅まで運んでもらえるようになったら、卓上ガスボンベか、ih用卓上コンロを送ろうと計画しています。あまり奮発せず、できる範囲内でやらないとだめですよ。だって、まだまだ余震が続いていて不安定な気持ちに寄り添うことがとても元気になると言われましたから。不定期に連絡を入れて話しを聞いたり、何が必要で困っているかを確認する必要がありますし、電話ひとつでもかなり喜んでます。かなり長期化するのではと懸念しているのでとりあえずそうしました。

    ユーザーID:3512614220

  • お返しの負担

    私は被災地に住む者ですが、幸いに家も家族もとりあえず無事でした。
    遠くに住む親戚から突然、現金書留が送られてきて
    ワープロで「無事な事は人づてに聞いた・・・」との文面。
    電話1本でどれだけ心が救われたことか、
    電話は震災後5日で復旧しました。
    書留が送られてきたのは1ヶ月後です。
    どうして電話をかけてくれなかったのか、とても寂しかったです。
    感謝しなければいけないのでしょうが、
    こういうのって難しいのかもしれないですね。
    お返しの負担も考えないといけないのでその辺も考慮してね。

    ユーザーID:2213910243

  • うちもいただいたけれど

    私は奇跡的に津波の被害がなかった地区に家があり、何も被害がありませんでしたが、周りは甚大な被害でした。
    ありがたかったのは、震災直後に訪ねてきてくれて食料を運んでくれたこと。
    うちのあたりは家を流された親戚を何家族も抱えて避難させている家が多かったので、みんなで分け合いました。
    九州の親戚からは毎週のように支援物資が送られてきました。

    困ったのは現金のお見舞金です。
    結局、お返しをしなければならないし、いずれ何かの機会にこちらがお金をださなければならないので、手を付けずにとってあります。
    余計な気を遣ってしまって、かと言って返すわけにもいかず、重たい感じがしました。

    義理よりも、本当に心配してすぐに駆けつけてくれたのがうれしかったです。

    ユーザーID:8495635045

  • こういう時って

    人間の本質が判るんだなあと、つくづく感じました。

    家は住めない事はありませんでしたが、ライフラインは止まったまま。
    そこへ原発問題。
    小さな子供と犬がいた為、避難所で生活出来ず、取り敢えずガソリン少しは
    あった為、関東を目指し車を走らせました。

    親戚が多く住んでいたので何かしらの情報(一時避難先等)がほしくて
    電話をしたところ、家にはこないでほしいと・・・。
    唖然としました。
    親戚宅を頼って電話を掛けたわけではないのに。

    こういう時って人間の本質が出ますね。
    やはり、私の親戚達は、皆、こうだったんだと。
    勿論、見舞金なんてありません。
    電話すらありません。

    主人の親戚からは心配の電話、見舞金等ありました。

    見舞金がほしくて言ってるのではありません。
    気持ちが大切ですし、気持ちは伝わります。

    全く他人の方々が、数か月、空いている家や物資を無料で提供してくれました。
    本当に涙が出る程、嬉しかったです。

    同じく避難した友人も、やさしさと冷たさを同時に味わっています。

    ユーザーID:4237699580

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧