放射能の中仕事再開?

レス31
(トピ主0
お気に入り64

キャリア・職場

空飛ぶクジラ

私の実家は福島第一原発から40キロの距離にあり、家族はみな避難しています。

昨日この避難している兄より連絡があり、会社が水を使えるようになったので、4月1日から業務再開を決定、出勤するよう連絡があったと言います。しかし戻っても家は部分的に壊れているし、食べ物の確保、ガソリンの確保が大変なのは当然ですし、何より放射能の危険性を犯して仕事優先させることに疑問を持っていると言います。会社は3月28日から準備が始まっており、出社していないのは2人だけ、と言われたそうです。4月1日からの欠勤は有給休暇を使うことになるとのこと。

この兄の息子も同じく職場から業務再開の連絡が入り、4月1日以降は欠勤扱いになるとのこと。昨年4月に高卒で就職した息子の方は、戻れないなら、他の人に合わす顔が無いから会社を辞めたい、と言っているそうです。そんな息子のためにまた福島に戻ることを検討しているがどう思うか?との連絡が入り、私は言葉が出ませんでした。

ホントは健康を第一に考えて、絶対に戻ってはいけない、と言いたい気持ちで一杯なのです。特にまだ10代の息子達のことを思えば、後で会社で冷たい目で見られても、家族の命を守るために、勇気を持って避難を続けてと言いたいのです。

こんな放射能の危険を冒してまで、仕事復帰をするべきなのでしょうか?みなさんはどのように考えられますか?

ユーザーID:6876868004

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自己中心的発想ですが、日本には自由があるのでOKです。

    有給がある間は、権利だから、職場で白い目で見られるのが問題ないなら休めばいいと思います。
    貯金がある間は、自由だから、お好きなように。なんだったら海外にでも避難されればよろしいかと思います。
    仕事をやめる自由、引っ越す自由だってもちろんあるんです。

    でも、貯金がなくなったら、働かないと食べていけません。
    そうなると、死にます。
    とすると、結局、今死ぬか、
    (もし放射線が体に悪影響を及ぼすレベルだと仮定しても)
    数十年後、ちょっと早死にで死ぬか、の違いにしか過ぎないと考えます。
    これはあくまでも個人的な意見ですけど。

    もう一度言いますが、仕事をやめる自由、引っ越す自由、日本人は持ってます。
    「勇気をもって避難して」というのは、
    「勇気を持って失業しろ」というのと一緒ですが、それはそれで日本語的に合ってますね。

    ユーザーID:2354564067

  • 会社は避難地域内なの?

    会社はどこにあるんでしょうか?
    避難地域ですか?
    他の方々はみなさん仕事再開に向けて出社してるんですよね。
    他の人が仕事をしてくれるからこそ休む事ができる。
    みんながトピ主さんと同じように思ってたら、仕事再開はできないわけですし。
    安全が確認されてから、あとから出社って行きづらいだろうなぁと思います。
    辞表を出すという覚悟なのかと思ったら、そうでもなさそうだし。
    難しいですね。

    我が家は夫、その同僚、上司、部下、多くの人間が災害派遣で日夜疲労困憊しながら活動しています。
    まぁそれが仕事なので、頑張ってと送り出しましたが、何とも言えない気持ちになりますね、このトピは。
    夫が普通の仕事だったら・・・・どう思ってたんだろう。
    答えが見つかりません。
    とりあえず、大変なのはみな同じなので、辞表覚悟かな。

    ユーザーID:9988100835

  • どう考えるかと言われたら

    今の会社は辞めて、全く関係ない地方に引っ越して、そこで新しい仕事を探すのがいいと考えます。
    ここを休んで、言葉は古いけど敵前逃亡しておいて、安全になったらヘラヘラ出てきた人間を、おそらく暖かくは迎えてくれないでしょう。
    どのみち居づらいんです。

    辞める か 出るかどうかわからない健康被害は考えないことにして出勤するか どちらかだと考えます。

    で。
    私はすでにいい年齢で次はないだろうし、どうせ不健康体なので、私だったら出勤します。
    若い、健康な人はビミョ〜

    ユーザーID:4844809190

  • 年休、無くなると思いますが。

     原発の制御には数ヶ月単位、状況によっては年単位の時間が必要です。


     40km範囲内に戻りたくない場合には、別の仕事を探すしかないでしょう。
     先に、良さそうな仕事があるかないか、調べてみてから決めたらどうでしょうか?
     若い方だけ、別の仕事をさがすのも一つの案です。
     今なら、避難してきた方を優先的に受け入れる企業もあります。

    ユーザーID:2360717723

  • 冷たいですが

    ご自由に、としか言えません。

    夫は職業上、長年にわたって今以上の放射線を浴びてきたので、今の状況を「フン」とも思ってません。
    最悪、東京までもが避難することになったとしても「オレもはしくれとして、必要とされるときがきたら最後まで残るから」と言われています。
    私も「一人残されても辛いだけだから、その時は一蓮托生」と言ってます。
    本当は、被災地にもボランティアで行きたいみたいですが、経営者が「行くなら辞める覚悟で」と言っているそうです。

    どんな仕事かは知りませんが、被災地のため、避難している人のために働いている人もたくさんいる中で、落ち着いた後で戻る勇気はないでしょうから、そこまで考えてお決め下さい。

    ユーザーID:2344879570

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 少し調べてみたら

    40kなら避難区域ではありませんよね。
    私は素人ですが不安になって色々調べてみました。
    文部科学省のモニタリングデータはご覧になっていますか。
    http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1304001.htm

    仮に5マイクロシーベルト毎時なら一日外にいるとして120マイクロシーベルト、年間で43800マイクロシーベルト、つまり43.8ミリシーベルト
    50ミリシーベルトでCTスキャン一回分。

    24時間ずっと外にいるわけではないので、もっと少ないでしょう。食べ物のこともあるでしょうが。

    もちろん余計な放射線を浴びることはCTスキャンなどと比べるまでも無く不必要で害であることに間違いはありませんが、危険性と仕事のバランスを考えるときの参考にはなると思います。

    このままで推移し、数年間冷却にかかったとしても、仕事を辞めるほどのことかどうか。
    私なら辞めないと思います。経過をもう少し見たらどうでしょうか。
    いざとなってから辞めてもいいわけだし。

    素人の考えなので間違いなどお教えいただければ幸いです。

    ユーザーID:7507107247

  • 子孫の障害を考え

     放射線障害を軽く考えない方がいいと思います。特にこれからの人生が長く、子孫に対して責任重大な若い人は慎重に対処すべきです。疑いのある仕事なら、別のコースを探すしかありません。
     中年以上なら、生活の為に仕方ない面もありますが。

    ユーザーID:4091419428

  • 仕事って大事ですから

    「絶対に戻ってはいけない」なんて無責任なことは言えませんね。
    トピ主さんが、お兄さんとその息子さんの再就職の世話ができるなら別ですけど、何もしてやれないなら、口を出すことではないと思います。
    他の社員が勤務している中、自分だけが避難を続けることは勇気とは言えないのでは?

    放射能の危険を冒してまで仕事復帰をすべきか否かは、その本人の優先順位によります。
    そこまで執着するような仕事でなければ辞めればいいし、その仕事が無くなると生活に行き詰るようであれば放射能の危険があったとしても復帰するでしょうね。

    ユーザーID:3751004388

  • 私なら出勤します

    失業したら、生きていけません。ライフラインが復活しても料金滞納でとまるだけ。

    この不況で、別の土地で再就職なんてあるわけない。主さんのお兄さんの職業が何かわからないので、なんともいえませんが。

    無理してでも出勤するのは、他に生きていく術がないことを、お兄さんはわかっているからではないのでしょうか?

    ユーザーID:4731623373

  • ちゃんと勉強してください

    勉強して知識をつけましょう。
    別トピで勧められている日本医学放射線学会のホームページや東京大学、中川恵一先生のチーム中川のツイッター。
    わかりやすく放射線について解説してくれています。
    今の状態の主さまもお兄様も勉強不足です。

    ユーザーID:2644214363

  • 考えるべきはストレス量です

    そこにいても何も問題ないかもしれない。
    政府の言うとおり。
    疑うに足る証拠はありません。

    なので、気にしない人は復興に向けて頑張るからいいと思いますが
    気になる人は、被曝する云々の前に確実にストレスでやられます。胃に穴が開くとか。欝になるとか。

    猜疑心に満ちて、風向き数値の確認が毎日、毎時間の作業になるのでは?

    そこが安全か、ではなく、そこが貴方にとってストレスなく居られるか、
    を考えてみて下さい

    勿論、環境に馴染みやすいなら初めの一歩踏み出して仕事再開も有りだと思います。

    ユーザーID:2289969122

  • お兄さん親子が決める事

    なので、トピ主さんが気を揉んでも仕方が無いし、口出ししていい問題だとも思えません。


    ところで、トピ主さんは仮にお兄さんや甥御さんが出社したとしたら、どうされるのですか?
    放射能を浴びた人間として、お兄さんや甥御さんを差別するのでしょうか。

    戦後、広島や長崎で被ばくした人たちが様々な差別を受けました。
    今も20km県内から避難した人たちの中には、すでに乗車拒否などの差別を受け人がいるそうです。

    トピ主さんはそういった現状をどう思われますか?

    ユーザーID:6134463950

  • 同県です。(トピずれですが)

    お気持ちお察しします。たぶん、同じ状況下の人間でないと今回の事故の不安はわからないと思います。人体に影響のないレベルと言われても、人間が予測できることばかりが起きるわけではありません。

    健康を重んじるなら退職。放射能が平気なら出社って…。我慢する人にみんなが合わせなくちゃいられないって、日本人の悪い性格な気がしてなりません。
    トピずれ、すみませんでした。

    ユーザーID:8182602266

  • 難しいですね

    ご実家が被災されたとのこと、お見舞い申し上げます。

    昨日、日産のゴーン社長が福島県いわき市の被災した工場を訪問し
    (ここは第一原発から約50kmほどだそうですね)
    工場は閉鎖しない、近いうちに再開すると明言したというニュースを見て
    単純に良かったなあ、と思ったのですが
    実際に働いている方のお気持ちは
    そこまで単純ではない、ということを
    このトピックで改めて突き付けられた気がしました。

    40km圏内では、現時点では公的な保証は望めませんから
    会社としても、決断せざるを得なかったんでしょうね。
    従業員の生活を考えれば、休み続けるわけにはいきませんから。

    もし私がお兄様の立場なら、出勤します。
    20歳に近い息子さんがいらっしゃるなら
    お兄様は40半ば過ぎぐらいの年齢ですよね。
    被災者といえども、再就職は容易ではないでしょうから。

    息子については、本人に決めさせます。
    その仕事が好きなら、同僚と一緒に頑張れ、と言います。
    特に思い入れが無ければ、
    この機会に別の就職先を探すように勧めます。

    ユーザーID:8445072439

  • わが身の事だけ

    避難するのは自由です。
    全国からレスキュー、消防、自衛隊が集まり活動しています。
    医師、その他数多くの人たちがボランティアに来ています。

    お兄さんの息子さんの「戻れないなら、他の人に合わす顔が無いから会社を辞めたい」という感覚はとてもまともな感覚だと思いますよ。
    少なくとも、ある程度年齢のいったトピ主さんよりも。
    もちろん、避難するのは自由です、どうぞ。
    ただ、あとで会社で冷たい目で見られても、そこに戻ればいいと思ってるトピ主さん。
    もう会社には戻れないという覚悟もなく、自分さえ良ければって事ですね。

    トピ主さんのレスを引用し・・・・

    「後で世間に冷たい目で見られても、自分と家族を守るために、勇気を持って撤収してと言いたいのです」

    上記のように、現在現地で災害支援活動をしている人たちの家族が、こう言ったらどうします?
    レスキューも消防も自衛隊もボランティアの方々も誰もいなくなったら?

    他人を犠牲にしてでも自分は助かりたいという思考のトピ主さんには難しい質問でしたね。

    仕事は失いたくない、でも職場の復興に参加するのは嫌というのは図々しい。

    ユーザーID:9988100835

  • 当然の心配です

    確かに危険があると思います。
    外国人は福島でなくとも帰国する人が多いですし、
    都内のある大使館では半数が帰国、
    半数が関西に避難、大使一人が東京に残り、
    関東以北の自国民の要望に対応するとのことでした。
    (大使もいつでも関西へ避難できるよう準備はしている)
    原発から200キロ離れた東京でも
    こんな状態ですから、
    40キロですでに避難しているという状況なら
    戻るということにはさぞご心配でしょう。

    状況が許すならば(経済状況など)
    自分で納得できるだけ戻らない方が良いかもしれません。
    原発の状況は安定しておらず、まだ悪化の可能性もあります。
    ただ、この状況は長くかかると思われますので、
    戻らない事を選択するのであれば
    避難先、またはそこからの移動も含めて
    今後のことを考える必要が出てくるでしょう。
    仕事をしないと経済的に無理なら
    新しい勤務先を探すなど。

    実際津波などでどうにもならない地区では
    第二の人生を考えることも選択肢の一つとして
    九州や関西からの避難先の申し出も出していただいているとのことです。

    ユーザーID:6566466643

  • 避難続行なら、会社は辞めないとね

    どちらを選ぶかは、本人の自由ですが・・・。
    帰らずに、避難を続けるのであれば、勤続年数がそれなりにあると思われるお兄さんはともかく、息子さんは新卒なら有休も一切ないでしょうし、今のうちに内定辞退しておかなければなりませんね。原発が原因なら「○週間後なら出社できます」とも言えませんから融通も利きません。
    お兄さんの方は1〜2カ月は有休を使う、その後は休職申請ということになるでしょうか(その期間、お給料は出ないでしょうが・・・)

    なので、息子さんに関しては「後で会社で冷たい目で見られる」「他の人に合わせる顔が無い」ではなくて、帰らないなら辞めるって選択肢しかないんですよ。
    どちらを選ぶかは、ご本人達の自由です。
    家族がバラバラでいいなら、お兄さんは地元で仕事復帰、息子さんは避難先で一旦バイトなり仕事を探して、数年後地元で再就職先を探すということも可能かと。
    どの道トピ主さんの出る幕はないです。

    ユーザーID:9239863597

  • 働かなければ給料が無いだけ

    会社だってお金が湧いて出てくる訳じゃありません.社員の皆さんが一生懸命働かないと,給料の原資が稼げません.理由の如何に関わらず,働かなければ給料が無い.これは当たり前の話です.
    後は,元の会社で放射能の影響を気にしながら働くか,いっそのこと県外に転職するか,どこで働くかだけの問題ですよ.どちらでもお好きな方で.

    ユーザーID:6744745146

  • 放射能問題が解決するのはかなり先

    それまで休業するのは、会社も社員も不可能でしょう。
    つまり、二択です。
    1、会社に戻る
    2、転居&転職する
    新天地でゼロからやり直すのはかなりの困難を伴うでしょう。
    いずれにせよ苦しい決断です。

    ユーザーID:0798865736

  • 意見を聞かれたのですね?

    答えられないのは仕方のないことですよ。
    だってそんなの、軽々しく意見できるものじゃないですし、ましてや生活しているのは兄夫婦の問題だから、兄夫婦が決めなきゃいけないことです。

    多分聞いてきたのは、必要なら一緒に住む?って回答が欲しいのかも?と思いましたけど、そういう訳にいかないのなら、どう答えて良いか悩む。で良いと思います。

    ユーザーID:7702198244

  • 我慢比べは不要

    40km圏ですよね?私なら迷わず避難を優先してと言います。
    というか、その場所で公益ではない私企業が「今」「そこで」業務再開することに驚きです。
    従業員やその家族の健康をどう考えているのでしょうか。
    何のために働くかって家族を守るためでしょう。

    自己中心的とか無責任かのように言うレスにも驚きです。
    私はできるなら一人でも多く、より安全な場所に移動して欲しいですよ。
    当然です。
    IAEAの報告では40km圏で高濃度の放射性物質が観測された地域があるようです。
    確かに失業のリスクは小さくはありませんが、
    このような理由で退社したことは一切恥ずかしいことではなく
    十分理解されることです。

    ユーザーID:7426829770

  • 仕事よりも健康

     放射線を浴びたり放射性物質を取り入れたりするのは、少ないに越したことがないです。これは世界共通の認識だと思います。
     原発の電気は都民が使うためなので、今まで福島の人は充分犠牲になっています。トピ主さんに対して、他人を犠牲にして自分だけ助かりたいなんて言うのは暴言だと思います。

     公益に係る職業は、その職につく目的意識から違うはずなので別の話としますが、私企業なら退職しても何ら恥じることはないと思います。
     転職のチャンスは日本国中にあります。お若い息子さんは、今後結婚や出産とライフイベントも続きます。私がトピ主さんでしたら、体を優先し安全な地域で落ち着いて生活を再スタートさせることをすすめます。
     

    ユーザーID:8427339901

  • どんな仕事かはわかりませんが…

     10年後にがんになって死ぬかもしれない、けど、明日事故で死ぬかもしれない。日常生活の危険はなにも放射能だけではないんですよ?その辺忘れてませんか?少なくとも放射能におびえていては生活などできないし、放射能以上のリスクは道端にいくつも転がっています。

     さて、本題、どっちみち2つしか選択ないですよね?避難を続けるとしたら地元から拠点をとっとと移して、再就職先を探す。それか、ご家族で地元に戻って働く。
     原発の問題、多分長引くので。放射能の心配で安心して働けないなら、そういう選択もありだし、それは非難されるものではないと思います。けど、放射能以上のリスクだって世の中にはあるので、それも忘れないでほしいなと思いました。私自身が1年間病院のオペ室で働いて学んだことです。

    ユーザーID:1249735931

  • まぁ…

    皆さん会社にどれだけ体力があると思ってるか知らないが

    一月動かなかったら中小企業なら潰れる会社は5割はありますよ。



    会社が出て来いなんておかしい!って


    会社が潰れれば更に困るのは本人達じゃない?


    綺麗事は愛さえあれば…

    家族さえいれば…

    確かにそんな人達もいますが


    被爆は怖いんなら地元がいいでも被爆はやだなんて言わずに遠くに引っ越して転職するべきです。

    ユーザーID:9275698502

  • 人ごとなら…

    「自分の責任で、自分で決めろ」としか言えませんね。
    ただ、後一言付け足すなら…「今行かないなら、辞めた方が良い」とは言うかも…


    自分がどうするか…なら、迷わず行きます。
    自分だけの事ではないです。会社全体、取引先にも関わる事ですから…
    こんな時だからこそ、頑張らないと連鎖的に会社は倒産していきます。
    誰も行かないで会社が倒産するのも仕方ないでしょう。
    でも、今現在出社されてる方に申し訳ないです。有給など使えません。
    ちゃんと働いてる方の努力の上に成り立ってるお給料を横取りする様な事は
    出来ませんから…だから、出る事が出来ないなら…一番に「辞める」選択をします。

    ユーザーID:6267971565

  • 避難を続けるのなら、退職

    「勇気をもって避難を続ける」とは
    「勇気をもって退職」ってことですか?

    私だったらですが、これから子どもを産む予定の子(10代の子)は
    やっぱり放射能から少しでも遠ざけたいな。
    現在の会社を辞めて、別の地で職を探して欲しいと伝えます。

    とはいえ、本人の意向が最優先ですね。

    ユーザーID:6703864532

  • 私の両親は働いています

    40キロだと避難区域でも屋内待避区域でもないですよね。私の両親は働いていますよ。まだまだ落ち着くのがいつになるか分からない状態ですから避難を続けるなら引っ越しして・・くらい考えないといけないのではないでしょうか?
    ただ主様はもう少し勉強されて、その上で考えてください。

    ユーザーID:6633871033

  • 難しい判断ですね

    文部科学省の測定データで、原発から約30km〜の観測地点3地点で放射線量の震災後の積算量です。
    3月31日の読売新聞の報道にありました。

    7490マイクロ・シーベルト(北西約30キロ、浪江町)
    4449マイクロ・シーベルト(北西約30キロ、飯舘村)
    3428マイクロ・シーベルト(西北西約30キロ、浪江町)
    自然界や医療行為以外で人が浴びてよいとされる年間許容量1000マイクロ・シーベルトを超えたということです。

    慎重に考えてください。

    ユーザーID:1825532329

  • 仕事復帰か退職。

    どちらでもアリだと思います。
    ただ、中間は無いと思います。

    「避難生活を続けながら、社員でいる事の継続」

    これだけは、無しです。

    金を稼がなければ、自宅の復興、生活の継続は厳しくなってくると思います。
    放射能の問題は、今日、明日中に片付く問題ではありません。
    数年間は継続すると思って下さい。

    そして放射能量を詳しく勉強して知って下さい。
    何故、屋内退避なのか。
    屋内に居て、換気を控えている場合、大気中に飛散している
    放射能を防ぐ事が出来るからです。

    http://microsievert.net/

    上記サイトで、放射能の可視化をしています。
    自然界にある放射能量、
    40km圏内の放射能量の差が出ているかは判りませんが、
    そこまでの危険性があるのか、
    心配であれば、きちんと調べて後悔の無い判断をして下さい。

    ユーザーID:9679976584

  • 肝心の会社はどこ?

    会社も40キロ圏内ですか?

    ユーザーID:5988949012

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧