• ホーム
  • 話題
  • 悲しすぎる、読売新聞の記事。被災した4歳の女の子

悲しすぎる、読売新聞の記事。被災した4歳の女の子

レス32
(トピ主2
お気に入り106

生活・身近な話題

MYMSI

今日の読売新聞に4歳の女の子がいまだ行方不明の母親へ書いた手紙の記事が写真とともに掲載されていました。
紙に「ままへ。いきてるといいね おげんきですか」と書いてあります。
両親と妹が行方不明だそうです。
私は同じ年頃の娘がいる父親です。上の娘が4歳の頃に書いてくれた手紙は一生の宝ものです。
しかし、その小さな手で書いた手紙が届くことがあるのか・・・
どうか、どうか幸せになってほしい。
近くの方はぜひ支えてください。同様に被災した子供達をみんなで支えてやりましょう。
あまりに悲しいのでこの気持ちを共有したくて、此処に投稿させていただきました。

ユーザーID:3521661892

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 3月31日付 読売新聞朝刊 1面

    30代後半 既婚 男 レスタトと申します。

    昨日(3/31)の夜仕事から帰り、家族が寝静まった深夜に、まだ読んでいなかった新聞の朝刊を広げ、記事と写真を見たまま涙しました。

    この度の震災における津波に両親と妹を流され、一人無事だった4歳の女の子が、母親に手紙を書いているという内容でした。

    手紙には「ままへ いきてるといいね。おげんきですか。」と書かれており、それだけを女の子は1時間かけて書き、そのまま疲れてこたつで眠ってしまったそうです。

    その手紙と女の子が眠っている写真を見て、この女の子の孤独や寂しさ、不安や将来を考えると、独りでに涙が出てきました。

    人間の力ではどうすることもできなかった今回の震災と津波ですが、その傷跡はあまりにも大きく深いものだと、改めて思い知らされました。
    こんなに小さな女の子が、こんなにも過酷な現実にさらされている中、募金ぐらいしかできない自分が不甲斐なく思えます。

    新聞の女の子をはじめとする、全ての被災者の皆さんの今後に、明るい光が灯りますよう、心からお祈り申し上げます。

    ユーザーID:4860851410

  • あしなが育英会

    震災で親を失ったたくさんの子供たちから、あしなが育英会へ奨学金申請が出ていると言うニュースがありました。
    まだ子どもが保育園や学校に行っている時間だったからでしょう。

    この震災で悲しんでいる人、困っている人はたくさんいるけれど、私は子供を助けたい。
    募金の窓口はたくさんあるけれど、子供の為に使っていただきたいので、あしなが育英会に寄付します。

    親をうしなった子供たちが、悪い大人に見つかりませんように。
    優しい誰かにハグしてもらえますように。
    神様どうかお願いします。

    ユーザーID:6122506544

  • 私も読売新聞一面を見て泣きました

    思い出しても涙がでます、この文を書きながら胸がつまります。
    「まま・・」って・・・
    お恥ずかしいですが私53歳ですが80歳の母の事を「ママ」って呼んでます。53歳だって悲しいのに、4歳で・・またすぐ「まま」に会えると思ってるんですよね。かわいい寝顔でした、強く生きて欲しいです。
    今私に出来る事、考えました。が義援金ぐらいですよね、想像力ないなーって、情けないですね。
    トニカク近年で一番心に焼きついた新聞写真でした。

    ユーザーID:3811619637

  • ほんとうに、心が痛くてたまらないです

    前に進む方法を知っている大人は、まだマシなのかもしれません

    天涯孤独になってしまった子供たちは、どうしたらいいのかさえ判らないのでしょう

    住む場所、食べるもの、着るもの、温まる場所、学ぶ場所…

    社会のシステムすらわからない子供たちを、

    今こそ、大人が守らなければなりません

    子供は『宝』です

    皆で守りましょう

    あしながさんになりましょう

    養子にしましょう

    子供たちが希望を持って生きていける社会をつくりましょう

    子供は『未来』であり『希望』です

    絶望させてはいけない

    ユーザーID:6207259781

  • 気づいてなかった

    僕は、いままで恵まれている事に、気づいていませんでした。

    父母がいて当たり前、
    浪人させてもらって、当たり前

    大学行かせてもらって当たり前。

    就職浪人させてもらって当たり前。

    就職活動のお金を助けてもらって当たり前

    そろっていて当たり前

    当たり前 当たり前。。

    この記事を読んで

    災害ボランティアにでかけます

    ユーザーID:3980362606

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 私も読みました。

    この記事、私も読みました。そして涙しました。
    たしかおばあちゃんがいらっしゃって数日後に会いにみえて、そのときのお二人の写真(笑顔でハイタッチ)が、疲れて眠っている姿と対照的で、また涙。まだ現実として理解できない4歳の女の子の姿に心が痛みました。

    今回の災害に関してはいろんな分野での支援が必要ですね。杉良太郎さんが炊き出しなどの支援の際に「入れ歯洗浄剤」をもっていかれたとか。私は気付きもしませんでしたが、そうやって気付いた人が行動に移すことで多岐にわたる支援が実を結んで復興につながっていくのではないかと思います。子供、高齢者、病気の方、心のケア、仕事、これからの地域のあり方など支援の必要なことはたくさんありますね。

    私は「今すぐ」の支援が募金以外に思い浮かびませんが、これから長い復興までの期間のどこかで力になりたいと思います。次回は「あしなが育英会」にも寄付したいと思います。

    少しでも早く、少しでもたくさんの笑顔が戻るように祈るばかりです。

    ユーザーID:4755322168

  • 震災孤児に全寮制学校


    ぴんさんが心配される「わるいおとなに見つかりませんように」私も祈ります。

    ニュースで震災孤児に全寮制学校を作る構想があると知りました。
    同じ傷を負った子達が一緒にいる事で、「自分だけじゃない」と思ったり、
    悪意はないけれど同じ状況でない人達からの傷つく言葉からも守られるのではないかと思います。
    そして、それが気持ちの上でも良い方向にいくような気がします。

    同じように子供を亡くされた親もいると思います。 本当に辛いことです。

    かなり昔の大地震の時に、親を亡くした子供と子供を亡くした親を行政が介して家族を作ったという記事を何かで見ました。
    今回も同じように、孤児の子の全寮制学校が出来た際には、子供をなくし、仕事もなくした方が寮の管理人さんや、
    食事のお世話をする仕事に優先的に就職出来るようにしてくだされば、それはお互いにとって、少しでも傷を癒して
    いけるのではないかなと思うのですが。

    4才の女の子、親が役場で働いていて連絡が付かなかったとか何らかで奇蹟がおこる事を祈りながら。。

    ユーザーID:9463146241

  • 私も・・・

    とても辛くて読めません。

    自分に何ができるだろう?と思ったとき
    ぴんさんの「あしなが育英会」の記事を見ました。
    HPで現金の寄付のほかに
    書き損じハガキ、未使用切手、各種未使用のプリペイドカード、商品券でも寄付できるとありました。

    小さなものから広げていけたらいいと思います。


    私はフォスタープランで2人の途上国の子供に月3000円ずつ援助させていただいています。
    日本よりもっと劣悪な環境にいる子供がいるのだから、と。

    でも、恵まれた子供の多い日本であるからこそ
    そうではない子供たちの辛さはいや増しになるのだ、と気付きました。

    わずかではありますが
    フォスタープランと同額を、あしながさんの継続支援とすることにしました。


    全ての子供たちが幸せでありますように!!!

    ユーザーID:1556041888

  • 涙が出ました

    まだ、生後9ヶ月の娘を持つ母親です。

    一人で座って海を眺める後姿の写真を見て、涙が止まりませんでした。

    小さな体でたくましく生きる子供たちを見て、私達大人がしっかりしなくてはと思いました。

    どうか、どうか幸せになってほしいです。

    ユーザーID:6948851935

  • 何という事を神様は…

    私も、新聞の掲載を読みながら…涙がこぼれました。
    あまりにも切なすぎる内容に、言葉が出ませんでした。
    4歳の子が天涯孤独に…と思うと胸が締め付けられました。

    4歳の女の子の脳裏で、
    その小ささで、何を思い、考えてるのかと想像するだけで泣けてきます。
    まだまだ、甘えていたい時期なのに…

    テレビでも取り上げられていました。
    高台から、被災された海の方を眺めてる後姿が放映されてた。
    お家があったそうです。
    あまりにも、寂し過ぎる後姿でした。

    せめてもの救いは…おばあちゃんが生きててくれて良かった。

    ……。

    ユーザーID:1828374691

  • 明るい未来が待っていますように

    私もこの記事を読みました。
    ある日突然、家も家族も失って大人だって受け入れ難い現実に
    幼い心は必死に戦っているんだろう、とても辛くなりました。

    まだまだ親に甘えたい年頃だし、妹さんともたくさん遊びたかったと思う。
    きっと子供だから辛いとか何も言えずに周囲の大人にも遠慮したりしてるんだと思います。

    また、今回の地震で震災孤児が数百人いると記事にはありました。
    どんな子供も、いつも明るく楽しく笑っていてほしい。
    今は本当に辛くても、明るい未来が待っていますように。 
    子供の笑顔を守るのは私達大人の義務でもあると思います。

    私もあしなが育英会に寄付しようと思います。

    ユーザーID:0559438877

  • やりきれない思い

    たまらない思いです。

    こうした子供たちがどうぞ心のケアを受けられ、勉学の道が閉ざされませんように。

    あしなが東日本大地震・津波遺児募金にそういう募金があるようです。

    いま友人たちと津波被害へのチャリティ活動をしていますが、募金先として検討できないか呼びかけてみたいと思います。

    ユーザーID:4576709554

  • 母が読んでいました

    話で聞いていましたが手紙の文面はこちらで知りました。
    涙が出ました…。

    改めて、人に与える震災の影響の大きさを感じ、どうして、という気持ちになります。
    これからはこういった子供たちのために、国全体が親になるべきなのですね。
    皆さんのレスの募金先も大変参考になりました。

    ユーザーID:0853092647

  • 胸が痛みます

    報道ステーションで見ました。
    「おとうさん、たことってね」(うろ覚えです)とも書いてありました。
    まだ死の意味さえわからないだろうに...
    胸が痛みます。

    別の番組では10歳の男の子を取り上げていました。
    避難所で大人顔負けで、食事の配布や掃除を頑張っていました。
    笑顔で、すごくニコニコして。
    回りの大人も「すごくしっかりしたいい子だ」と言ってました。
    ご両親は安否不明だそうです。
    でも、本当に明るい笑顔でした。
    本当は怖くて仕方ないだろうに、甘えたいだろうに....。
    笑っていないと不安に押しつぶされるのか、
    手伝わないと居場所がないと思うのか、私にはわかりません。
    ただ、誰かこの男の子にうんと甘えさせてやって欲しいと思いました。

    報道されていない中にも、震災孤児になってしまった子供は多いでしょう。
    募金ぐらいしかできない自分が歯がゆいです。

    ユーザーID:0434880850

  • この子達は、私達全員の子供

    今回の震災は日中だったので、学校など両親と離れていた子が多かった。
    大勢の子供が取り残されるという予想です。

    あしなが育英会も募金活動をしていて、その中心となっているのは阪神大震災で孤児となった子供達。
    その子達もまだ16歳なんです。

    これから10年、20年という長いスパンで、この子達を支えていかなければいけません。
    それが、幸運にも命があり、家族と暮らせている私達の義務だと思っています。

    彼らや彼女らは、みんな日本の子供達。
    みんな私達全員の子供達だと思います。

    出来ることは少ないかもしれませんが、ずっと心に留めておいて、支えられるようにしたい。
    そう心に決めています。

    ユーザーID:3885411717

  • 当日届いた新聞を見て涙がポロポロと自然に流れ落ちるんです。今もコメント書きながらなんですが涙が流れます。

    ユーザーID:8558526477

  • TVでやってたのと同じかな?

    家族4人で流されたけど、一人だけ網に引っかかり奇跡的に助かって、今おばあちゃんと暮らしている女の子でしょうか?

    その子ならTVで観ました。
    ノートの左側にママへの手紙を書いて、右側にパパに手紙を書いて。
    ママへの手紙を書き終わった後、疲れたのかカメラの前でノートに顔を付けてウタタネしちゃったんですよね。寝顔があどけなくて、本当に可愛くて。。。私も家族が見つかって幸せになってほしい!!!と心から祈っています。

    私達は見ているのも辛いけど、被災地の方の現状をしっかりと見届けて、私達に出来ることをしなければいけませんね。
    皆で頑張りましょう!!

    ユーザーID:8419063862

  • 孫さんが100億円寄付

    トピ主です。
    皆さん、レスポンス有り難うございます。
    震災を契機に、世の中がやさしくなっているような気がします。

    やはり、時間が経っても私はこの記事を見過ごすことはできません。支援の具体的な行動をどうとろうかと。
    両親を失った子供を引き取ろうか・・・かみさんは納得してくれるだろうか・・・ 一瞬頭を過りましたが、そうは言っても今の私には現実的ではありません。

    そんな矢先、孫さんが100億円出しました。柳井さんの10億円でも驚きましたが、桁はずれですね。支援することはその動機が何であっても、意味は大きいですね。

    私はまず皆さんがおっしゃるあしなが育英会にほんの僅かですが、寄付を行う予定です。これは短期的に、です。

    そして長期的にはどうするか。
    実は私はサラリーマンを辞めて起業する準備をしているのですが、当然その決断に恐怖心があります。しかし今回の震災は、背中を押すきっかけの一つというか起業へのモチベーションにもなっています。起業してその利益を親を失った子に回したい、そのためには、何としても成功しなくてはならない、などと、青臭いことを、本気で考えています。

    ユーザーID:3521661892

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 心痛いですね

    私も被災地の子供達が負けないで頑張って生きていく事を祈ってます。トピ主さん、被災地の子供達の為に頑張って起業してください。子供達を支援するという目的が出来たんだから頑張れると思うし、背中を押してくれたと思います。私も義援金での形ですが支援して行きます。

    ユーザーID:4548234545

  • 二度目です

    一枚の写真を見て同じ思いを共感してくださること。うれしいです。
    ホント、一人じゃないんですね・・・・
    がんばって欲しい、直接思いを伝えることは出来ないけれど、その思いのエネルギーを他のエネルギーに転化できるのはすばらしい事ですね!主様の起業応援しています。世の中の企業は何かに役立つためにあるのですから・・・

    また今日の読売新聞に「ランドセルを下ろさない小学生」の写真が載っていましたね。新一年生が避難所でもらったランドセルをしょったら、ズーット下ろさない。かわいいですね。宝物なのでしょう!これからドンドン宝物が増えていくといいね!
    一枚の写真から色々な情景が見えてきますね。

    ユーザーID:3811619637

  • こんな企業もあります

    ある製薬会社は、役員報酬4月から1年間、報酬の10%を自主返上されるそうです。また震災孤児の支援を目的として震災復興支援室を社内に新設もするそう。

    個人の出来る事は小さな事ですが、社会全体でケアをしていきたいですね。
    暖かな手が彼らにちゃんと届きくように祈らずにはいられません。

    ユーザーID:1745408599

  • 末永い支援をみんなで

    私も強烈な印象を受けました。このお子さんを含めた被災孤児たちは今後どんな人生を送るのだろうと思うと、私も何かしたい(あしなが募金的なもの以外でも)と思います。
    私の母は小学校入学前に両親を相次いで病気で失いました。戦災孤児は同世代ですが、地方だと空襲で亡くなる方はあまりなく、「クラスで親がいないのは自分だけだった」という悲しみは70代の今も消えないようです。母は末っ子で兄姉が大勢いましたが、「親がいない淋しさと心細さは、誰にもわからない」とよく言います。

    また読売新聞の写真で、もう一つ印象的だったのは、5才ぐらいの女の子が「いっしょうけんめい にげたよ」と書いた紙を持って笑っている写真でした。こんなに幼いのにどれほど恐ろしい体験をしたのかと思うと、胸がいっぱいになり、涙があふれました。

    被災した人たちは自分の子供、あるいは自分の親や祖父母、という心積もりで、日本人全員が長い年月にわたって支え励ます覚悟が必要と感じています。

    ユーザーID:8741330831

  • どうして

    こんな事になっちゃったんでしょう。
    とある看護師さんのブログで、その方が被災地で出会った少女とサンタさんの話をし、その子は「ママ」と言ったそうです。ママはその子のお気に入りのおもちゃや絵本の入ったリュックを抱え、亡くなっていたそうです。
    犠牲者やその遺族ひとりひとりに人生があった、それを忘れたくないです。高校の時にあしなが募金を街頭でやっていました。今度は私が募金する番です。子供を持ち、あしなが募金の本当の重要性を感じました。悲しい、けど復興の為に。前へ。前へ。

    ユーザーID:6561334355

  • 心が痛みます

    本当に心が痛みます。

    海外在住ですが、こちらでは養子が珍しくありません。
    旦那(現地人)が震災孤児の写真を見て養子にする事考えてみる?など言ってくれましたが、
    調べた所、なかなか外国在住だと難しいようです。

    今はあしなが育英会への募金も義援金と同時に(長期的に)考えておりますが、
    今調べたら財団法人全国里親会というところで震災孤児への義援金を募集しておりました。

    子供達の将来が明るいものであってほしいと切に願います。

    ユーザーID:1415572254

  • みんなで守りましょう

    4才の娘を持つ海外在住の者です。この女の子、そして被災した子供達の失ったものを考えると本当に言葉がありません。トピ主様が起業を考えていらっしゃるのと同様、私も何か自分に出来ることがないか日々考えております。現実的に、直接もしくは間接的にこのような小さい子供達を守り、そして育てる社会を構築するために私ができることは何だろう。今すぐに必要なこと、そして長期的に必要となること。日本がこれまでよりも強い、そして優しい国として再度立ち上がるために、私達個人ができることは何なんでしょう。募金はもちろんですが、他にもできることがあるはずですよね。

    ユーザーID:5490788939

  • 子供手当て返上

    今日本人が出来る事、まずこれでしょう。私ももらってます。助かります。
    でも、受給している人が「私はいいからこれを被災地の子供たちに!」って手当てを全員手当てを返上したらどれだけの被災地の子が助かるでしょう。
    私たちの涙、震災で親を亡くした子供への思い、それが具体的に実を結びます。少しでもたくさんの方が賛成してくれれば世論として政治に反映されます。何とかならないでしょうか。

    ユーザーID:3005364441

  • 見守り続ける社会を

    私も新聞の記事を読み涙した一人です。あどけない寝顔をした可愛らしい4歳の女の子が、どれだけのものを抱えてしまったのか…。両親を失った子供も数百人にもなるそうです。本当に、私達がひとりひとり出来ることをして、辛い思いをしている子供達が笑顔になれる社会にしなくてはと思います。

    義援金を送るほかにできることとして、親を失った子供達が、周りに見守られて生きていく社会を作っていかなくてはと思います。震災で1人になった子供で、施設に行く子もいるでしょう。でも、今施設にいる、もしくは施設から旅立とうとする子供が、果たして社会で温かく見守られているか。悲しいことですが、社会の偏見の目に晒されている子供もいるのではないでしょうか。今回私達が「幸せになってほしい」と願ったこの可愛らしい女の子の寝顔を胸に、全国にいる親を失った全ての子供たちに温かい視線を注いでいけたらと思います。

    今避難所で辛い思いをしている子供達が10年15年後と社会に出て来る時にも、私達が今の「幸せになって」という気持ちを持ち続けていなくてはと強く思います。

    ユーザーID:0779380582

  • 青臭いことを本気で考える時代になったのかも

    私も幼児を持つ父親であり、やはり両親を失った子供達、子供を失った両親の記事に涙し、考えさせられております。ほとんど思考停止ですが…

    「起業してその利益を親を失った子に回したい、そのためには、何としても成功しなくてはならない、などと、青臭いことを、本気で考えています。」

    いや、そういうことを我々一人一人が本気で考えなければならない時代になったのだと思います。トピ主さんのように、他人の問題を自分のこととして感じる、その感受性に、我々はこれまであまりにも鈍感であったように思います。

    我々は基本的にこの感受性に基づいて行動すべきであり、これは法律以前の問題、あるいは法律が本来沿ってゆくべき基本的な姿勢なのだと思います。

    私自身、まだ義援金以外になすすべがない状態ですが、自分自身の感受性に気づき、日々の仕事でもその気持ちを確認しながら行動することで、少しでもやさしい世の中の創造に貢献できるのではないかと思っています。

    トピ主さんの起業の成功をお祈りし、応援しています!

    ユーザーID:8864789404

  • 奇跡を信じたい!

    この記事は、読んだとき涙が止まりませんでした。 今日現在でも頭にこびりついています。こんなに小さい子が なんてつらいせつない願いなんだろう・・・ 
    こんなに小さい子に何もできない自分 ほんの少しでも力になりたくてその日に募金に行きました。この記事を朝、テレビで辛坊さんが読んでいて奇跡を信じたいと言っていたのがすごく心に残っています。
    本当に奇跡を信じたい! お願い! どうかこの子に奇跡を! 心から願っています。

    ユーザーID:3591151056

  • 涙溢れ

    携帯を胸に

    ただ涙が溢れ


    本当に悲しすぎます

    ユーザーID:2401086180

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧