地震で壊れた浄化槽、修理費用の負担について

レス6
お気に入り11

ハウス

口コミ

色々と教えて下さい。宜しくお願いします。
状況を説明します。先日の大地震で家の浄化槽が壊れて使用不可能となってしまいました。槽自体が全て地面から浮き出て横倒しとなった状態です。
その1、5メートル程隣にある浄化槽(敷地内同居している両親用、設置業者はうちとは別、設置後二年経過)は浄化槽の蓋が地面から10センチくらい浮き上がっているだけで使用可能でした。
我が家は大手ハウスメーカーで建て、そのメーカーに紹介された業者と直接契約を結び浄化槽設置し、市の検査を受け問題なしでした。その後、家の引き渡しを受け引っ越そうとしていた前日の地震で、浄化槽はトイレで数回使用したのみでその他の排水はない状態でした。
修理の見積りをお願いしたところ約50万でした…。施工業者が言うには、浄化槽自体がほぼ未使用で軽く、地下に水脈(家の裏側に山があります)があり液状化で仕方がなかったと言います。私もしょうがないかな、と思うところもありますが、隣にある浄化槽が無事でなぜこちらの浄化槽だけがこんな状態になるのかと納得いかない気持ちもあります。このような場合でも修理費用は全額負担しなければならないのでしょうか。

ユーザーID:2891730473

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 他に誰が払うの

    全額負担しなければならないでしょうか、って、主様の住宅の浄化槽なのに、他の誰が払うの、地震保険に入っていれば、でるのかもしれませんが、施工業者に負担させようと言うのですか?無理です。引渡し後に自信があったのですから、業者に責任はありません。両親使用の浄化槽は関係ありません。被害が大きかったのは、私用していないから、中に汚水が溜まっていないから、軽すぎて、浮き上がったのでしょう、両親宅の使用中の浄化槽でも、10CMも浮いたのですから、未使用に近い主様宅では完全に浮いたのでしょう

    ユーザーID:5749851052

  • 交渉しだいで

    せっかくの新居なのに

    震災被害とは大変でしたね

    50万ですか

    使ってもいないのになんとなく もやもやしますね


    「浄化槽管理士」というかたもみえますし ネットで相談されるとよいかも

    あと 「浄化槽工事見積.com」とかで 見積もってもらうとか・・



    実際に業者さんと渡り合うときは

    年配のこわもてな男性に 見積もり取る時

    つきそってもらうと 安くなります 

    女性や若い方だと 業者さんに甘くみられるようです

    自分の場合は ガス管工事でしたが

    父親に出した見積もりと全然ちがい 唖然としましたよ

    浄化槽の値段はそうかわらないかもですが 工事費は

    絶対変わりますから がんばって交渉してみてください

    ユーザーID:5693842087

  • あきらめないで

    基本的に引渡し後は自己負担になります。
    しかし、先ず、大手ハウスメーカーに相談してください。
    ハウスメーカーの担当に、災害保険や保障期間(天災は該当しないが・)
    自事体からの補助・建築した時の地質調査資料など
    ノウハウがある筈です。必ず相談には乗りますよ。大手なら特に。

    因みに、浄化槽を伏せ込む時は水を張った状態ですし、使用前検査は
    水が張られていないと出来ません。軽くはありません。

     土質が液状化したとしても、隣との設置場所や土圧方向で状況は
    変わります。住宅基礎の直ぐ脇ならなおさら。
    設計する人が無知か、施工業者の安易施工(基礎コン・山側の隔壁・
    浮上防止の省略)もあるから。

     いずれにしても、地盤調査後の建築ですし、メーカーが逃げなければ、
    有る程度の原因と対策は打ち出せる筈です。

     安易に浄化槽の施工業者とだけ話をすると、お金を取られて終わりです。
    もし又、余震で同じように壊れる可能性も秘めてますので、検討を・・

     あきらめないで! 最後の手段は裁判に持ち込む事も出来ますから!!

    ユーザーID:0438338956

  • 責任のない人が責任を負う必要はない。ただし所有者以外。

    隣は大丈夫だったけど、自分のところは被害を受けた。
    しかし、施工は問題ない。

    地震、液状化の影響は何mの差の違いでも、被害の差はあります。
    隣り合った建物でも、地震の揺れで壊れた建物もあればそうでないものもある。

    それをいいだすと、地震が起きたことに納得できないとなってしまいますよ。
    少なくとも、責任のない人が責任を負う必要はないはずです。
    責任のない人→施工者、行政
    責任のある人→所有者(所有者責任)

    となると思います。

    ユーザーID:4270345638

  • 保険は?

    基本的に引渡し後なら全ての責任は所有者つまり投稿者ですね。

    ただし、工事に瑕疵、すなわち粗悪な材料を使っていたり、施工が決められた手順どおりでないなどの隠れた「傷」があったかどうかが争点にはなります。とは言っても、市の検査を通っているなら行政の不適切検査まで投稿者が立証しなければならず、例えば同時期に完成した両隣三軒の建売で皆同じ現象が起きたというのでもなければ、自然災害の結果ということでおしまいでしょう。

    保証も保険も通常は自然災害は免責でしょうから難しいですね。

    出るものを我慢しているのは身体に悪いですから、早く複数の業者から見積もりを取って、一番安い見積もりを元の業者に持っていって、さらにそこから20%くらい値引きしてもらうように交渉するのが懸命だと思います。

    悔しい気持ちはよく分かりますが、人生は悔しいことだらけです。一つ一つ早めにクリアして前に進みましょう。

    ユーザーID:8822892074

  • 素朴な疑問

    じゃぁ誰が負担すべきだと思っているの?
    市?
    施工業者?

    残念だけどしょうがない、としか言えません。
    もし今後こういうリスクを抱えたくないなら「所有すること」を止めるしかありませんよ。

    ユーザーID:0878978593

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧