家族・友人・人間関係

海外暮らしー仲間に入れない焦り

レス11
お気に入り29

みみ

ひと

海外で暮らしています。

子供が大きくなって、幼稚園や小学校、習い事で現地の人たちと交わることが多くなってきました。

わたしの現地語は、「言いたいことは言える」程度です。
普段は日本人友人がほとんどで、働いたことがあるにしても、日本人レストランで、です。

新しい環境で、現地の人ににこやかに接し、話しかけには行くのですが、日本人同志のように、会話が広がらず、また相手が早口でいろんなことを話して来られても付いていけないことが多いです。

「もう少しゆっくり話して」と言う事もありますが、結局、その程度の会話しかできない私に興味を持って、次回も話しかけてくれる人というのは、数人です。私も日本にいて、同じ立場なら、カタコト日本語の方より、深くまで話せる同じ日本人の方と楽しくおしゃべりすると思うので、しかたないことだと感じます。

結局、学校の行事や習い事関係で、挨拶はしても、おしゃべりの輪に入れず、寂しさを感じます。友人は「わたしはそういう環境になっても気にしない」という人がわりと多く、わたしがそういう環境に敏感すぎるのかなとも感じます。

もちろん普段の現地語の勉強が一番だと私なりに勉強もしているのですが。

同じような思いを持っていらっしゃる方、乗り越えたという方、お話聞かせてください。

ユーザーID:2269377933

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 深刻に考えないで

    外国人だらけのレストランで働いていました。

    つたない言葉でも「意味が通じればいい」位のノリで話してたら、
    皆は面白いらしくいつも爆笑されてました。

    彼らが求めていそうな冗談も含めて話しました。
    なので、よく話しかけられました。

    コミュニケーションの基本を考えてみては?

    幸せそうなオーラを出してる人には近づきたくなります。

    ユーザーID:9440642812

  • 焦らないで

    私は母親ではありませんが、同年代の友人達は、複数のお子さんの母親である人が殆どです。そして、彼女達の現地語は、お子さんが幼稚園や小学校へ通学し始めたあたりから、だんだんと上達してきましたよ。

    やはり現地の学校で、先生や他のお母様たちと学校の行事やボランティアのことで、コミュニケーションをとらなければならないし、子供の友達とも、それなりに話す必要が出てきますしね。仕事を持たない専業主婦、しかも旦那様も日本人という環境の人も、上手になってます。母は強し!です。

    勿論、人によって上達の速度や度合いは違いますが。ポイントは、現地語をとにかく毎日使っていれば、変化が見えにくくても、確実に上達していると思うことですかね。せっかく与えられた機会です。懲りずに自分のほうから話しかけたり、質問してみてください。焦らず、気長に構えていきましょう。

    その内、何かのきっかけで、同じ趣味を持つ人とか見つかると、上達に弾みがつくこともあります。因みに、私は料理が好きなので、日本食の作り方を教えたりすることから、交際の範囲が広がり、現地語の上達にも役立ちました。

    ユーザーID:6669160144

  • 話題をつくる

    私も留学中にまだ言葉がカタコトの頃、現地の人たちになかなか馴染めず孤独感を味わいました。
    そんなときはムリして輪に入る必要もないとも思いますが、やはり寂しいですよね。

    それで私はホームパーティを開催してみました。
    親しい人やこれまで何度かホームパーティに呼んでくれた人を招いて、日本食も、なんちゃってレベルですが作りました。

    その後は料理の作り方や買い物情報などで会話が盛り上がりました。その会話から日帰り旅行に行く話に発展したりもして、よい思い出になりました。

    私は特技がないのでとりあえずホームパーティをしましたが、特技があればそれを披露してもいいと思います。
    お金が取れるようなすごいプロの技である必要はありません。大事なのはサービス精神です。

    それから、口語的でわからない表現を、グループで話している時に質問したりもしました。少なからず人は自分の言語に誇りを持っているので、みんなで喜んで教えてくれますし、言葉の説明という共通の話題もできました。もちろん勉強にもなります。


    そうやって、仲間内で自分が中心になれる話題を1つ作って、そこから広げていく。そんな感じでいかがでしょう。

    ユーザーID:6780815079

  • 私の場合・・・

    主人の仕事の関係で英語圏に住んでいます。
    恥ずかしながらあまり英語が得意ではないです。
    小学生の子どもの学校行事でローカルのお母さん達とよく会います。
    私は相手のタイプによって付き合い方を工夫してます。
    (1)そもそも他人とあまり話したくない内向的な人
    (2)外交的だけど英語が得意でははいアジア人(私)とは話したくないという雰囲気を醸し出している人
    (3)とにかく話すのが好きな人
    (4)個人的に日本に興味がある人

    (1)、(2)タイプの人にはにっこり笑って最初の挨拶+スモールトーク(天気の話レベル)で終わって当然、と割り切って接しています。
    やっぱり、会話って相手があってのものなので、あまり私と話したくなさそうな人にはほど良い距離で付き合っています。

    (3)、(4)タイプの人に沢山話しかけられるように事前に話題を考えていきます。休暇前なら旅行の予定を聞くとか、前に聞かれた日本のことに関連することを話してみるといった具合です。
    会話のテンポについていけない時は「聞き取れなかったのでもう一回話してくれる?」と頼んでいます。
    この一言が言えるようになってから精神的にラクになりました。

    ユーザーID:6545820799

  • 悶々とするお気持ちは本当に分かります

    20年近く前ですが、一人で仕事の関係で欧米の二つの国にそれぞれ数年だけですが住んだことがあります。
    元々、一人で過ごすのが苦痛でもなく、語学の勉強も好きで、海外暮らしも抵抗なかった自分ですが、辛い事も多かったです。

    やっぱり、日本の普通の学校を出ただけでいくら語学が好きといってもいきなりネイティヴのスピードで心から何でも話せる、というわけにはいかず。
    仕事では一人での作業と決まりきった慣用句を主に使う会話が多かったのでわりと早く慣れましたが、プライベートがね。

    かなり理解できるようになったらなったで、相手から理不尽なことなど言われた時に即座にスパッと言い返せず終わった悔しさで眠れなかったことも多々。
    やがて英語やフランス語でケンカする夢を何度も見たり、朝から晩まで辞書が手放せず。
    で、なんとか下手なりにお付き合いできるようになり始めた頃の帰国。

    私の他の知人(ヨーロッパ在住)は大ざっぱなタイプですが、最初の数年はかなり苦しんだ様子。
    でもそこを諦めず気長に越えたらラクになったそうです。
    「ここで育ったんじゃないもん」と鈍感なぐらいに開き直れたら一番ですね。

    ユーザーID:8535154223

  • 私も悶々と奮闘中です

    トピ主様のお気持ち、よくわかります。私は子供はいない転勤妻なので現地の資格の学校にかよってます。
    とにかく休み時間のつらいことと言ったら!みんないい人なので常にお茶グループに誘ってくれるのですが、みんなの会話についていけず常にきょとんとしっぱなしです(涙)
    でも本当にどうしようもないのですよね…。地道に英語のテレビを見続ける毎日です。おんなじ番組を10回くらいビデオでみます。そうするとたまに、新しく聞き取れる部分とか出てくるので。
    お互いに頑張りましょうね。

    ユーザーID:1181743497

  • わたしもそうです(でした?)

    すごくよ〜くわかります。
    私も同じ状況をもう何年過ごしていることやら・・・・(笑)
    なので、たまに複数で会っても以前の会話の続きには全くついて行けず、しかもカタカナの名前が複数(会ったこともない相手の旦那の名前まで普通に出してくるのでまるでパズル状態)出てくると話がチンプンカンプン。

    でもね 下手に深い入りすると大変なこともあるので、あくまで人の噂話をだまって聞いてる立場をとってます。
    中立っぽい立場で楽ですよ。

    話してる会話がわかるようになってくると自分から一言二言は入っていけるようになり、また関係も変わってきますよ。

    少数ですがいい友達も出来て、一緒に旅行に行ったり、お互い夫婦でご飯食べに行ったりする仲間もできます。

    ようはこちらの誠心誠意の気持ちが伝わったんだと思ってます。

    時が解決してくれると思います、一緒にがんばりましょうね〜

    ユーザーID:6455358504

  • 同じでした

    英語圏に住んで6年目になります。
    初めの1〜2年は話しかけられただけでドキドキしていましたが
    友人に言われたのは「話せるかどうかよりも雰囲気かも」でした。

    「アジア人は文化のせいなのか、人の目をあまり見なかったり
    感情表現が少ないようでこちらからは少し話しかけ辛いかな」
    とも言っていました。

    勿論、全ての人がこれに当てはまるわけではないと思いますが
    やはり笑顔や感情表現も大切なのかもしれませんね。

    ちなみに私は子供が生まれてから、一層猛勉強をして
    あちこちへ出向いたり、電話に積極的に出たり
    英語を聞いて話す機会をこれでもか!と言うほど増やしました。
    実践する事で度胸もつき、今では夫にお願いしなくても
    ほぼ自分であれこれ出来るようになりました。

    主さんを応援していますよ。

    ユーザーID:0577190079

  • ありがとうございます

    みなさま、レスをありがとうございます。

    気持ちがわかる〜と言って下さる方が多くて、ホッとしました。

    >mikoさま
    コミュニケーションの基本を考えてみては?というお言葉、ハッとしました。話しかけても思うように反応がなかったり、「ああ、また今日も入れないな〜」なんてイジケた気分でいたら、マイナスオーラ発散しまくりですよね。
    そのあたり、肝に銘じたいです。そのためには、自分のペースで焦らずに、いつかなんとかなる!くらいの気持ちでいることを心がけたいです。

    >GIZMOさま
    ホームパーティ、素晴らしいです!そんな風な思い切りのよさが欲しい・・。自分が中心になれる話題、なるほどね。事前にこういう話題なら〜って考えておくのも必要ですね。そういう細やかな努力、忘れてた気がします。

    >ころろさま
    4つのタイプ、よくわかります。(2)のアジアン人と話したくないオーラ、よくわかります!悲しいけれど、そういう人は追わない方がいいですよね!「もう一回言ってくれる?」って言ってるつもりでも、けっこう分かったフリしてることも多いです。もう少し素直になってみます。

    ユーザーID:2269377933

  • ありがとうございます

    >ロッコさま
    お仕事でご苦労されたのですね。悔しい体験を経て、現地語で夢を見るようになるまで、大変な努力をされたのでしょうね。ホント、言葉の努力をすることが日々できる一番大切なことだと実感します。「ここで育ったんじゃないもん!」って思えるようになったら、わたしも大きく成長です。ホント言葉ともども精神的にも成長したいです。

    >ウエハースさま
    努力中なのですね。ホントお互い頑張りましょう。悲しかったり悔しかったりする体験がモチベーションにつながりますよね。そういう意味では毎日、モチベーションがあがるいい経験してますね、お互いに。

    >れんげさま
    時が解決してくれる!って読んでうれしくなりました。もちろん言葉の上達への努力が一番必要ですが、人間関係ってすぐにいい状態が築けるものではないですもんね。焦る必要はないですね。小学校ママたちとの付き合い、これからも続くのだから、長い目で見ていいんですね〜。そうかぁ〜〜〜♪

    ユーザーID:2269377933

  • ありがとうございます

    >ぴよこさま
    「話せるかどうかより雰囲気かも」というお友達の言葉、なるほどです。発音やボキャブラリも大事ですが、話しやすそう、話しかけやすいっていう雰囲気が一番大切ですね。そういえば友達にいます!文法めちゃくちゃなのに、なんだか助けてくれる現地人の知り合いママが多い人。わたしとしては、やっぱり気にしない♪ってもっと気を抜くことが大切かもって自分のことを思います。そして、猛勉強!これです、これ!モチベーション上げてがんばるしかないです。


    みなさま、ありがとうございました。

    いろいろなご意見、参考になりましたし、

    雰囲気やオーラ、そして何より言葉の上達への努力!!

    地道にがんばります!

    ユーザーID:2269377933

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧