生活・身近な話題

順序が逆になった場合のお墓の管理

レス16
お気に入り24

tktk

話題

身内(男)が40代で急逝してしまいました。男性の両親は二人ともまだ元気ですので、順序が逆となってしまいました。

この場合、葬儀以後の仏事は誰がするのでしょう?

状況を簡単に説明すると、結婚暦13年で妻と子どもが二人あります。

私としては、妻と子二人こそが一番の親族ですから、妻が主導権をもって対応するのではないかと思いました。

しかし、妻は、家からお墓が少々遠い(車で1時間ほど)ので、分骨したものを家に置いておまつりし、あとは両親にお願いしたいと希望しているようです。この場合、仏壇とお墓は男性の両親が管理することになるのだと思います。

私は正直「ずいぶん冷たいのでは?」と思いましたが、そう思うことはおかしいでしょうか?分骨を希望するのは、いつでも一緒にいたいからとの事です。

先入観を持たずに、冷静な意見を聞いてみたいと思いましたので、事実のみを書いてみました。

ちなみに、両親はこれまで守っていた墓はなく、新たに墓を作ることになります。
よろしくお願いします。

ユーザーID:7632744717

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数16

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 葬儀の時の喪主が以降の取り仕切りをする

    のが、一般的かと思います。ご葬儀の時の喪主は奥さまでしたか?

    そこからは…亡くなったご主人のご両親との関係にもよると思いますが、
    ご主人で繋がっていたご縁ですので、正式に書類を出せば完全な他人になります。もしかしたら、距離を置きたいとお考えなのかもしれませんね。

    義両親との関係が悪く、ご主人がなくなった際の喪主を妻も長男も引き受けず、お骨はすべて妻が納め(代々の墓に入れず)その後の法要の知らせもこず、完全に絶縁したかのような方を知っています。

    ユーザーID:3714660931

  • 祭祀は家長の仕事

    古来、祭祀は原則として家長の仕事だと思います。
    つまり、両親がご健勝なら父親が祭祀を司るのが基本です。

    今時「家長」も何もないとは思いますが、それでも祭祀を司るのはそれなりの重責です。
    お子さんの年齢が書いてありませんが、まだ小さければ未亡人が前面に出るのは難しいでしょう。
    50年前なら未亡人は喪主にすらなれなかったでしょう。

    いずれは墓を建てるつもりでいたなら、これを機に建ててしまえばいいと思います。
    亡くなった方が長男でないなら、お子さんが大きくなったら移すという手もありますし。

    ユーザーID:4709490283

  • 当事者同士で決めるしかない

    ここで皆が「そうだ冷たい、冷たい」と賛同してくれても仕方ないと思います。
    当事者同士で話し合いがつけば第三者が口をはさむことではないと思います。(貴女は小姑さんの立場?)

    義父母が思慮深い方なら「まだ小さい子どもを2人も抱え残された妻も大変だろう。今後再婚の話など起こって来た時に負担にならぬように墓の管理は私どもの方でする。」という判断を下す場合もあると思います。

    ユーザーID:5002331894

  • いいと思いますけど

    私自身は長男の妻の立場で、両親も夫も健在、お墓もあります。
    うちのお墓は夫の両親が先に亡くなれば、夫が面倒見て行くと思いますが、万が一にも夫が先の場合は、このトピの「妻」さんのやり方もありと思っています。仏壇は小さな物を買うと思うけどお墓は考えてしまいますね。
    40代、結婚13年ならお子さんも小学生でしょうし、今後婚家とは一定の距離感が産まれるのも仕方ないでしょうね。
    冷たい訳ではないけど、介護などが発生したとしてもあまり関われません。子供とこの先生活していくのが精一杯で。

    トピ主さんは亡くなった男性がご長男として、その弟さんでしょうか。
    ご両親が守っていたお墓はない、とのこと。ご両親はどちらかが亡くなったらどうされようとしていたんでしょう。
    余裕があればご自分達で用意している高齢者も多いですけど。
    ご長男が新たに建てるはずだったんですか?
    「少々遠い」というお墓はどなたのものでしょうか?まさか妻の実家のお墓ですか?それだと亡くなった男性が入るのは違和感がありますしね。
    補足説明があればお聞きしたいですね。

    ユーザーID:5902289753

  • ご両親(というかご実家)という場合もある

    地方によって違うと思いますが、私の実家がある地方では逆縁の場合、配偶者ではなく実家の両親(と正確には後を取った兄弟姉妹)が祭祀を執り行う場合が多いです。これは配偶者の再縁を妨げないためだと思います。

    お亡くなりになった方が40代ということから、奥様が再婚される可能性もまだあるかと思います。

    ユーザーID:8772875789

  • ありがとうございます

    マロン様まで拝見しました。

    喪主は妻です。妻と義両親の間には特に確執はありませんでした。同居ではありませんでしたし、そこそこうまくやっていた間柄だと思います。

    そして亡くなった男性は長男です。

    私はどうこうと口を出すことはなく、傍観しているのですが、葬儀の時から「分骨してもらい、私が死んだらその骨と一緒にしてもらう」と言っていましたので、夫とは同じお墓に入るつもりはないのだなと感じました。

    もちろん、今後再婚等の可能性もありますから、仮に妻が仏事を仕切っていたとしても、その時には両親に代わることは当然かと思います。

    私は小姑の立場ですが、離れて暮らしていたため、本人達の結婚生活が幸せだったのかどうかは、正直よくわかりません。「いなくなったから返す」と言われているように感じるのは気のせいでしょうか。

    私自身も嫁の立場ですから、夫の家族との付き合いに気後れする気持ちは理解はできます。ただ、少し残念なのです。

    ユーザーID:7632744717

  • 「こうであるべき」という形は存在しない

    司祭は、その土地やその家の主の考え方によって決まっていく性質のものです。先祖から相続された形がある場合には、それに従うことになります。しかしながら、近年は同居世帯が少なくなっており、独立した戸籍を持つ家庭が多いため、必ずしもこれまでのしきたりに支配されることはありません。

    従来、家長が持つ司祭権(冠婚葬祭を決める権限)は一族の司祭に影響を与えていました。近年は、各家毎に司祭権が独立している傾向にあり、結果として遺族の代表となる人がその権限を持つことになります。

    今回の場合、亡き人の妻が、亡き人とどのように向き合っていくかについて、司祭権を持つ妻が決めたことが優先されます。妻だけで決めることが難しい場合には、関係性の深い立場の人(亡き夫の実家)と相談することになるのでしょう。

    あなたに相談があれば、相談に乗ると良いでしょう。しかしトピを読む限り、現時点でのあなたは、その方面の知識は持ち合わせていないようにお見受けしました。

    従って、頼まれてもいないのに、あなたの思いで横やりを入れて、状況をややっこしくしてしまうことだけは避けた方が良いと思われます。

    以上、老婆心ながら忠告まで。

    ユーザーID:5730780055

  • 的外れの答えかも知れませんが。

    夫は同じく男子二人兄弟関係の長男です。残念ながら奴は99才まで生きるつもりらしいですが(笑)。

    もし、夫が姑より先に死んでしまったとしたら?
    既に義父は亡くなり、その際に新墓を立てていますが、本山で永代供養をしてもらい、お骨は砕いて粉にして鉢植えにして大切に手放しません(夫婦間で了解済み)。
    ただ姑は間違いなく自分の立てた墓に(夫)を入れたがるでしょうから分骨で決着するしか無いかも。

    もう一人立派な息子がいるのです。親の墓は彼が見れば良いのです。それに我が家の場合もう一人の息子が独身です。あの母息子は間違いなく覆い被さってくる気満々です。
    せめて私を大切に扱い、生前に良い関係を築いてる人達なら考えもしますが、その真逆の人間達です。

    あり得ないっ! とんでもないっ!

    ってところでしょうか。

    それと根本的な疑問ですが、ご両親の墓は新たに作る・・ってことは、その車で一時間の墓は誰のモノ? そもそも「夫」の骨をその墓に納める事自体おかしいのでは?
    「ご両親」はゆくゆくは自分達も入る墓を「嫁」に建てさせ面倒もみさせるつもりってコト?
    そしてそちらのもう一人の息子はどうするつもりなのか?

    ユーザーID:3975236463

  • 心情的には

    主さんの気持ちわかります。
    でも現実的には、その未亡人の方がお墓を建立して維持していくというのは負担が大きいかもしれませんね。
    ご主人のお墓を守るとご主人のご両親のお墓も今後守って行くことになるでしょうがそれは筋が違うでしょうからね。もしくはご主人のお墓とそのご両親が今後別のお墓に入るというなら話しはかわりますが。
    墓守と一口に言っても通常はその他に土地なりなんなりとり継ぐ財産もあると思いますが、その財産は亡くなったご主人の他のご兄弟が継ぐことになるでしょうしね。

    未亡人の方の判断は間違ってないと思います、トピ主さんは亡くなった方のご姉妹の方ですか?

    ユーザーID:3276537816

  • 追加です

    たいやっこ様まで拝見いたしました。

    マロン様の
    >義父母が思慮深い方なら・・・場合もあると思います。

    それなら私も納得ですが、最初から両親にしてほしいという考えのようだったので、夫婦としてどういう関係だったのだろうと思ってしまいます。せめて数年、もしくは両親のどちらかが亡くなるまでくらいは・・と思いました。疎遠になることは仕方ありませんが、両親にとっては孫の存在もありますから(二人とも小学生)。

    たいやっこ様
    これから作るお墓は、両親が以前から購入してあった用地です。順序がおかしくならなければ、両親がまず入り、その後長男が守り・・となったはずです。

    亡くなった原因が原因なだけに、家庭では愛されていた、大切にされていたと信じたいのです。私は夫と子供達と仲良く暮らしており、もし私がその立場ならと考えた場合、両親に任せるという選択肢は思いも寄らなかったので(ちなみに結婚15年です)。

    残された者は、前を向いて生きていくしかありませんから、仕方が無いとは思うのですが、両親は忘れ形見の孫達とも疎遠になるのだろうかと思うと、寂しいですね。

    ユーザーID:7632744717

  • 家長かな

     地域性、その一族のしきたりもあるでしょうが、名目上は家長がお墓を管理するのかな。
     ただし、仏事(三回忌、十三回忌など)は喪主がやっていました。という我が家が順序が逆でしたので。

     なお、宗教上の考え方の違いもありますが、入信している宗教法人(田舎の普通の貧乏寺)では、死んだら土に帰るということで、遺骨は直接土に撒いています。もちろんお墓の中ですけれど。つまり、そばには置いておかないということです。

     娘さんが二十歳前に亡くなり、嘆き悲しんでいた両親がいつまでも遺骨を自宅においていましたが、和尚が土に返すように促していました。

    ユーザーID:3981644908

  • 皆様、ありがとうございました

    未亡人となった妻は、その後の仏事は夫の両親に任せるということは、普通なのですね。順序が逆になると、何かとややこしくなるので、本来はこういう事がないのが一番なのですが、起こってしまったことは仕方がないですね。

    今回、両親の持つ用地に入れる(墓石などは両親が出す)、妻が現在住む家(引越し予定はない)の近くに独自にお墓を求める(もちろん両親は入る予定なし)、のどちらでも妻の気の済むように・・・という方向で話は始まりました。

    結局は実家にすべて戻るということになりそうです。

    それはそれで構わないのですが、彼らの結婚生活が本当に幸せだったのか、という点だけが気になります。

    両親の介護やら、将来の墓守やら、私がすることになります。両親には、それなりに資産がありますが、将来、甥や姪と分ける場合どう気持ちの整理をつけたらよいのでしょうね。甥や姪は何もわからないですから仕方ないですが、今後何年か経ってその時が来たとき、法律通りと言われ納得できるか自信がありません。それを言えば、父親を早くに亡くした甥や姪を冷たく扱う叔母という事になりますね。

    ユーザーID:7632744717

  • ご夫婦の仲は良いのでは?

    亡くなった今もご主人を愛してるからこそ、御遺骨をお手元で供養したいのでしょう?
    そこにお写真を飾れば、大きな仏壇は要らないですよ。
    そして、ご自分が亡くなった時は一緒に供養してほしいとご希望なのでしょう。
    長男妻さんは、義父母様と一緒のお墓に入ることを、今はまだ想像してないのだろうと思います。
    別居でも、60歳を過ぎた未亡人でしたら「亡夫と一緒に義父母の‘墓だけ’みるよ」の人もいますけど。
    義父母様が、一時間のお墓に「納骨しないから見て」と伝えれば、全部見るようにも思います。

    ユーザーID:7939048793

  • 再レスします

    トピ主さんの追加レス2まで読みました。
    さらに「奥様」のお気持ちが分かるような気がします。
    と同時に、既婚の兄がいるのでトピ主さんのお気持ちも理解できます。

    奥様は「ご主人といつまでも一緒に」っておっしゃってますよね。
    「ご主人とだけ」なんだと思います。
    仲が悪いわけではないけれど、「ご両親とも一緒に」とは思われていないのでは。

    何かご両親が用意されていた墓地に通いたくない理由があって、
    子供達がもう少し大きくなったら親子の生活基盤のある場所で、自分と夫の為に気に入った墓地を求めたいのだと思います。今はいろんなお墓のスタイルがあるようですし。
    分骨で十分、「同じお墓に入るつもり」なんです。
    「いらなくなったから返す」では無いですよ。分骨もせずまるごと実家に返す人も知っていますから。
    ご主人だった方はいまも十分愛されていると思います。

    ユーザーID:5902289753

  • 分骨が逆では?

    他家のことに口を出さないというのが原則だと思います。ですから小姑は何も言わないのが基本だと思います。その上で、

    ご両親にお墓はない上に喪主は妻ですから、妻が(いつか)作る墓こそが夫の墓でしょう。その墓を妻(と子)は守ることになるのではないでしょうか。そこからご両親のお墓に「分骨」したという形式になりませんか。

    ご両親のお墓は妻の墓と両方とも子(孫)に継承されるのでしょう。子(孫)がどう管理するかは子(孫)が決めること。妻がご両親の墓守になることはあり得ないでしょう。

    トピ主さんは妻にご両親の墓守をさせたいのだと思いますがそれは無理な相談だと思います。トピ主さんの御心配も理解できますし、このトピには「誰が悪い」という話は一切ないと思います。ただでさえ一家の大黒柱を失って大変なところに無理な押し付けも絶対に控えていただければと思います。墓守が本当に心配であればトピ主さんが継承することも全く問題ないです。そんなときだけ「私は他家に嫁に出た身だから」などと仰らないで下さいね。

    ユーザーID:7752171132

  • 納得しました



    妻の気持ちとは、こういうものなのでしょうね。

    彼は、婿という訳ではありませんでしたが、妻実家で同居状態でした(結婚年数の半分以上は別居婚で、最後の1年半ほど妻実家で同居)。妻が仕事をしていたからですが、やはり生きた心地はしなかったのかもしれませんね。「家族で暮らしたいだけなのです」というトピを見て、彼の辛さがよくわかりました。

    実家も車で1時間程ですから、両親も孫の世話くらいできたのですが、両親は気を遣って奥さんの好きなようにしたらよいと思っていたようです。

    甥や姪には悪いですが、私はこれから強い気持ちを持って対処していこうと思います。

    いろいろと参考になりました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:7632744717

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧