都内で育児中 放射能が怖くてつらい 

レス39
お気に入り43

話題

3歳と5歳の子供を都内で育児中です。

今も避難所暮らしをする方々に比べたら普通の暮らしができているのに贅沢だと思う方もいるでしょう。
わかっていても放射能が怖くてたまりません。
大人の自分のことは不安はそれほどありません。でもまだ小さい子供のことが不安でたまりません。
特に放射能の恐怖は数年後に問題がでるという点です。

放射能について自分なりに勉強しました。でも結局はわからないままです。

現在都内は水道水も放射能の値も落ち着いているのは理解しています。それでも数値は高いままです。
この状況でずっと暮らしていて大丈夫なのかと不安になり辛い日々です。

実家が遠く、夫は激務、そんな中でも必死で育児をしてきて今年ようやく幼稚園。親子でとても楽しみにしていたのに今はもう不安だけで支度も中途半端なままです。子供の笑顔をみると逆に「かわいそうに」と涙がでたりしてしまいます。

最近は「どうしてこんな危険な状況になることを想定もしなかったのか」と東京電力への怒りがわいてきたりもするほどです。

停電も、ものがないことにも不満はもちません。でも空気や海まで汚され、幼い子供の将来への不安だけはひどすぎます。

都内で幼児を育児中の方。どのようにこの状況をとらえていますか?
また何か対策していることがあれば教えてください。

ユーザーID:1987162322

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 相変わらず

     不安だというレスが続いていますが。
     「何が」「どうして」不安なのか私にはまだ理解できていません。
     ガイガーカウンターで測って判断した、というようなレスもありましたが、「その測定方法は正しいのか?」「判断に用いた根拠は?」など聞きたい事はたくさんあります。
     不安に感じておられる方は何を根拠に不安なのでしょうか。
     少しでも不安があるのなら許容できないという考え方をされている方もおられるようですが、全くナンセンスですね。
     リスクの無いものは存在しません。XXをチェックしている、という方に聞きたいのですが、何を根拠にチェックしておられるのかしら。致命的なものなんて日本国内では通常は流通しませんが。

    ユーザーID:7321916441

  • 怖がるな!とは言わない。「正しく怖がりなさい」

    4歳児を都内で育児中です。3月のあの時はさすがに
    関西の実家へ疎開したクチです。4月の入園(年少)とともに
    東京へ戻り生活しています。

    まあね、全く気にならない!といえばウソになります。
    東京の東部でホットスポットもあるし、汚泥処理のスラッジプラント
    も同区内にありますしね。

    けど実生活上では、なんら普段通りと変わりません。外遊びし
    プールにも行き、ミネラルウォーターでないものも炊事に使いますし。

    過敏になる方が、お子さんの影響によくないよ。同じ園でもいますよ
    「うちの子は園庭遊びさせないで下さい。給食は食べさせないで、
    持ち込み弁当にさせて下さい。プールも入らせないで、マスクをつけさせて下さい…」

    その子だけ、いつも教室にマスクしてポツン…ですよ。可哀相です。
    プールとか盆踊りとか夏の思い出作りに全く参加させてもらえない。
    前から知ってた子ですが、暑いのにマスクさせられて明らか性格も
    以前の明朗さは失せ、無表情な子になってしまってます。

    ここは親として腹を据えませんか? やみくもに怖がっても何も
    解決はしませんからね。

    ユーザーID:4569346731

  • トピ主さんに同意

    トピ主さんの気持ちがよくわかります。
    幼い子供達が心配で不安で仕方がない。
    夫を東京に残して、九州に避難しています。
    食材はほぼ九州産で用意でき安心です。
    それでも、食品選びには成分を必ずチェックし神経を尖らせています。
    中国にも近いですし、九州にも原発はあります。九州だからと言って必ずしも安心ではないでしょう。それでも、関東にいるよりは心が安らぎます。
    心の問題なんでしょうか。
    実際、ガイガーで測ってみると空間、土壌、草むら、東京(特に東部)とは値が違います。
    子供達はどろんこ遊び、虫捕りをして楽しんでいます。それを安心して見ていられる事が嬉しいです。
    私達も家族で一緒に暮らしたい。でも、精神論では放射能には勝てません。
    夫も私も非常に安全サイドな考え方です。
    病気になってしまった後では取り返しがつかないから。
    子供達にも子供達を守るために行動を起こしたことを話せる親でありたいから、夫婦で協力して頑張っています。

    ユーザーID:2599662389

  • ご実家に疎開もありでは?

    私は関東ホットスポット在住、2歳と5歳のママです。私自身はいろいろ調べたり、友人にガイガーを借りて自宅の線量を計ったりして「あまり気にする必要がないが出来ることはしよう」と判断したので、特に恐怖感や不安感はありません。例えばベランダを掃除すると室内の線量もちょっと下がりますよ。

    でも、影響が小さいからあまり気にしないという考え方もあるし、逆にすこしでも害があるなら許容できないという考え方もあるでしょう。どっちが正解というものでもないですよね。

    私の周囲でも、数か月の期限で疎開した人もいます。放射能が怖くて精神的に不安定になり遠方の実家に避難された方もいます。トピ主さんもまだお子さんが就園前でご実家も遠方なら、思い切って半年くらいに期限を切ってご実家に疎開するのはどうですか?一度離れたほうがトピ主さんも精神的に安定でき、お子さんにとってもよいかもしれません。

    私も大水害に見舞われたことがあるのですが、渦中にあると不安すぎて判断力も働かなくなり、遠方に避難したらウソのように心が落ち着いて冷静に考えられるようになった経験があります。混乱してるなら物理的に離れてみる、も手だと思いますよ。

    ユーザーID:6074667310

  • 不安なのはどうしてですか?

     質問です。
     「何が」「どうして」不安なのですか?
     他には、、、
     塩分は?
     野菜に残留している農薬は?
     農産物自体が持っている天然由来の発がん物質などは?
     水道水に含まれるトリハロメタン類は?
     排ガス等による大気汚染物質は?
     日光に暴露する事による発がんリスクは?
     お子さんの各種予防接種。それぞれのリスク(例えば後遺症が出る)は?
     交通事故でけがをしたり死亡するリスクは?

     なお、空気中に存在する酸素は人体に取り込まれると毒性の高いラジカルになる懸念があります。酸素を吸わないようにしたほうがよいかもしれませんよ。

     過度に不安に思うとストレスになりませんか?親がストレスを抱えている事はいろんな意味でお子さんにとってマイナスになると思いますので正しく勉強し、余計な不安は感じないようにされたほうがよいかと。

     正しい知識をもっている医師や診療放射線技師等が騒いでいると聞いた事がありますか?それとも彼らは全員国に命令されて平静を装っているのかしら?

     私には世の中で不安を感じている方がなぜ、どうして不安なのかまったく理解できません。

    ユーザーID:7321916441

  • 放射能って何ですか?

    トピ主さんがいう放射能ってなんですか?

    放射線のことですか、放射性物質のことですか?

    放射性セシウムと放射性ヨウ素の違いは知っていますか?

    何が正しくて、何が間違っているか
    何を怖がっているのか、正体を知らずして、対策は立てられませんよ。

    デマに惑わされませんか?

    私も妊婦なので、不安は分かります。自分のことより子供が心配で苦しいです。

    ですが、やみくもに怖がらないよう、付け焼き刃ですが勉強してます。

    少しは落ち着きますよ!

    ユーザーID:3700412365

  • 出来る事

    私も都内に住んでいますが、毎日不安な日々を送っています。
    インターネットの情報を見ればみるほど、政府の発表やマスコミの発表が信じられなくなり、今なにが出来るのか考え込んでしまいます。
    関西や九州への移住も考えましたが、職やお金の問題があり踏みきれていません。
    とにかく不安を少しでも解消したいので、インターネットでガイガーカウンターを買って生活エリアを計測しています。
    気休めかもしれませんが、やはり自分で行動しているという安心感があります。

    私はRD1503というロシア製のガイガーカウンターを購入しましたが、ネットの情報によるとMKS-05 Bluetoothという製品が良いみたいです。
    RD1503は33,000円で買いましたが、MKS-05 Bluetoothは15万円以上するみたいなので、ちょっとお高いです。
    エステーから来月あたり?に安いガイガーカウンターも販売されるみたいですが、前評判がイマイチなのでしばらく様子を見たほうがいいかもしれません。

    ユーザーID:3570382024

  • 後悔しないように

    色々な意見があると思いますが、トピ主さんが心配ならば、とことん自分が思うままに対策なさった方が良いですよ。

    今の状況で「大丈夫」と言い切れる人なんていないと思います。

    白い目で見られようが非難されようが関係ないです。

    「気にし過ぎ」という意見の方。

    数年後・十数年後に後悔する事にならないと良いですね

    ユーザーID:1359642569

  • もういいでしょう

    生後4ヶ月の子供の父です。トピ主さんの住む東京よりも福島に近い埼玉です。

    恐いというなら調べて対策を講じるべきで、それを放棄するならいたずらに恐怖(や東京電力への批判)をあおるような発言はしないでください。ただパニックを誘発するだけです。何行か削除すれば適切なトピだと思いますが。

    私の母も「子供を外に出すな」とか言ってますが無視してます。

    100人いれば40人はだいたい何らかのガンになるそうです。ずっと日本人の死亡原因のトップはガンですよ。その数字がちょっとばかり上がるだけです。仮にそれでガンになったからと言ったって、初期であればかなりの確率で治せるでしょう。その検査をまめにすればいいだけではないですか。

    なったものは仕方がないでしょう。これからのことを考えればいいじゃないですか。

    とはいえ、うちはミルクにミネラルウォーター使うくらいしかしてませんけど。週末も茨城に行きますよ。

    ユーザーID:1467285137

  • 鬱々としてる方がよくなさそう

    でも確か海外も放射能の値って高いですよね。
    過去の核実験の影響で。
    今の東京と変わらないくらい。

    いろいろな影響があるでしょうが
    発ガン率ってとこに絞ったら
    煙草の煙の方がずっと害ですよね。
    飛行機乗ったら普通に暮らしてるより被曝するし。

    そういうのは平気なんですか?
    放射能だけ怖がってもしょうがないんですが。

    病は気からで、悪いもの呼び込んじゃいますよ。

    ユーザーID:2360012574

  • 余裕をもって

    「都内で幼児を育児中」の人間ではありません。すみません。

    被災地は誰がみても大変ですが、首都圏は中途半端のようですね。
    放射能については人によって態度がいろいろで、決して理解しあえない壁があるように感じます。夫婦・家族のあいだでも考え方が正反対で、それが不和の原因になっているという話もあります。

    個人的な考えでいえば、被災地は大変だとしても、まず自分(というより子どもさん)を心配するのは当然のことです。そうでなければ人類は存続してきていません。
    たとえ杞憂でも、できる限りのことをしてあげたい、という親は多いはずですから、まずは考えの合う仲間をみつけてください。対策そのものは、本に書いてあることや、ネットで調べられることでも充分のような気がします。

    できることを確実にやったら、あとは小町の別のトピを見て大笑いしたりして、不安がつけ入る隙を与えないのがいいと思います。未来が明るいか暗いか誰にもわかりませんから、とりあえず今日は笑って過ごしましょう。

    ユーザーID:0404435864

  • 私もこわいです

    トピ主さん、札幌在住ですが、私もこわいです。放射能について知ろうとすればするほどこわくなります。海外のニュースも見ていますし、本や論文なども読んでいます。

    そして、次世代のトピ主さんのお気持ち、お察しします。自分自身についてはこういう状況を許してきてしまった大人としての責任から自業自得だと考えていますが、子の親として様々な思いでいっぱいです。私も同様に思います。

    トピ主さんの気持ちに寄り添いたいと思い、書きました。

    ユーザーID:8653520893

  • 低線量被曝の影響はだれにもわからない

    怖くて当然だとおもいます。
    長期にわたる低線量被曝のデータはほとんどありません。
    5歳以下の細胞分裂が活発な子供は一番影響をうけます。
    専門家でも意見がわかれています。

    ですので、子供は低線量被曝を受けないほうが良いことは確実です。国が避難させないのは、経済のためです。

    どーんと構えて子供がガンや白血病になる可能性を受け入れるのもその人の選択ですし、できることをやってリスクを少しでも下げるのも選択。できる限りはやく引っ越すのも選択。

    東京で放射線を怖がるなんておかしい、正しく勉強しようと言っている方は、日本語で書かれた偏った知識だけで勉強した気になり、人に意見を押し付けないように願います。専門家でも意見が分かれることなのですから。そして、もし、専門家が素人に東京で放射線を怖がるなんておかしいと意見をおしつけるなら、その人は科学者としておかしいですね。

    ユーザーID:6969876352

  • がんばろう!

    お気持ちわかります。

    とにかく気をつけて食事や洗濯をしていればいいかと思います。
    首都圏に関しては、気になる人は自己判断で気をつけていれば良いというレベルでしょう。

    被爆量限度の発表も気にせず年間一ミリマイクロシーベルトだと思っていたほうがいいでしょう。

    早く原発問題、収束するといいですね。。。

    ユーザーID:4067148506

  • 一旦視点を変えて冷静に‥

    50キロ程度の位置で暮らす方(子供二人の母親)曰く
    「とにかく正しいことを調べて、気をつけて生活していくしかない」
    「子供が不安にならないように親がどーんとしてないとだめ」
    とのことです。
    震度6↑を数回味わい、住まいに多大なダメージを受けた人もいる中で
    原発の事故直後は 相当心中穏やかではなかったと思いますが
    周りのお母様方とも逐一色々調べ合って、冷静に生活しているようです。

    これが真の日本人の強さだと思います。

    本来日本人はピンチに強いはずなのです。まず冷静になりましょう。
    東京は250キロくらい離れているのです。
    流通する品物に関しては全国的にほぼ同じ条件だと思います。

    ユーザーID:6450413699

  • 千葉県在住2歳5歳の母です

     そこまで怖いなら、ちゃんと勉強しようよ。わからないなら、わかるまでです。勉強ってそういうもんですよ。やり方は、放射能トピいっぱい立ってるのでその辺から拾ったらいかがでしょう。だいたい、子供なんて放射能より家庭内事故・交通事故に遭遇するほうがよっぽど確立高いですよ。その辺、お忘れですか?

     少なくとも、私は主様より原発に近い距離に住んでいますが、いままで原発の恩恵を子供ともども受けてきたから仕方のないことだと思っています。都内でそんなにおたおたしてどうすんの。都内に住んでいる人は一番の被害者?違うでしょ。

     対策?子供に親のおたおたしてるところを見せないことです。子供が地震で少なからず動揺してるので、根拠がなくても精神的に安心させるのも親の仕事です。それと、原発問題に絡めて、弱い者いじめや風評被害を助長させないことでしょうか。

    ユーザーID:5385648860

  • なるほどね こういう人が

    「福島避難者に心ない対応」教室で陰口。福島ナンバーお断り。

    「福島県から県外へ避難してきた住民が、心ない仕打ちを受けるケースが相次いでいる」
    と言うニュースを見て、とても不思議に思っていました。
    放射線は感染するものでもないし、なんでこの様な酷い仕打ちをするんだろう、と。

    なるほど、“悪気無く”起こす行動なんでしょうね… 人として最低ですけど。

    無知は罪である

    ユーザーID:6299770368

  • 今のところ放射線よりも

    黄砂とか排気ガスのほうがよっぽど有害。

    ユーザーID:3158505436

  • 東京の放射線量、モスクワの半分

    昨日のニュースに上がってましたよ。
    大使館の独自調査により、東京の放射線量はモスクワの半分と判明したのでロシアは東京への渡航自粛勧告を解除したそうです。フランス・アメリカも解除しました。
    というわけで都内はロシアより安全です。よかったですねー。

    ちなみに私は30代、水爆実験で今よりもっともっと放射能が強かった時代に子供時代を過ごしていますが問題なし、周囲にもガンになる人などほとんどおりません。

    ユーザーID:2345131506

  • 申し訳ないですが

    放射能が怖いのは仕方がないと思います。
    でも、そんな気持ちをこのような場所に書いてほしくありません。

    都内ですよね。
    被災地やその近辺に住む方々の方がよっぽど不安を抱えています。
    こんなところで弱音を吐かないでください。

    ご自身でも放射能について勉強されているんですよね。
    いろいろと対策についても書かれているので、それらを実行するしかないのでは?

    ユーザーID:6488099174

  • 知識と判断力を持った親でいてください。

    東京の水道水で基準値より高い値が出た時に何に反応しましたか?

    基準値より高い数字にですか?
    それとも、それを大々的に伝えるメディアにですか?

    ようは正しい知識を持つことが大事なんだと思います。
    メディアが正しいかどうかを判断出来るのも正しい知識があるからです。

    今は基準値より下がっていますよね、では今の数字で摂取したときにどういう影響があるか、調べればいい。

    知識や判断力を持たずに怖いと言っても、結局誰かの噂や情報に踊らされた行動を取るだけですよ。
    それが、今回の買い占めの行動にも繋がってますよね。

    育児をされる身であれば、しっかりした知識と判断力を持った親でいてください。

    ユーザーID:6049314949

  • さっさと引っ越せばいいじゃん

    安全だと思うところへ行ってくださいな。

    出て行く人はどんどん出ていってもらえたら、都内がすいていいと思うな。

    で、ご主人は置いていくんだ?

    ユーザーID:9403118114

  • 偏見に涙する子供がいることを忘れないで

    子供のため、子供のためっていうのなら。

    そういう無知や偏見に辛い思いをしている子供がいることを忘れないでください。

    調べてもわからないといってトピを立てるのではなく、納得できるまでその勉強を続けましょうよ。都内なら大騒ぎする必要はないでしょう。

    ユーザーID:4813315859

  • 1960年代の世界

    1960年代、世界各国で大気圏中の核実験を行っていた時代は、今と比較できないほどの放射性物質が大気中を漂っていたそうです。中国や太平洋上でも頻繁に核実験を行っていました。しかし、その時代に子供だった人たちが、他の世代と比べて特別に癌の発症率が高いという話を聞きません。
    今の状況で、盲目的に「恐れるな」というのは間違っています。ですので、無闇に恐れる前に、正しい知識を得て自分でリスクを判断できるようになりましょう。

    ユーザーID:6863020606

  • こんな記事がありましたよ。

    ご存知でしたか?

    ■1960年代の放射線量は今の1万倍だった!
    尾崎弘之氏筆(東京工科大学大学院ビジネススクール教授)

    ユーザーID:2152082149

  • 続きです

    知らないでいるよりは、知ってできる限りのことをしてあげられたら、子どもの放射性物質摂取量にかなり差がでてくるのではないでしょうか。

    教育機関では、先生方も積極的に情報を共有して動いてもらえたらうれしいね。子どもの方が影響がでやすいというし、何かあってからでは取り返しがつかないから…
    被災地のためにできることをするのも大切!

    そして、未来ある子どもたちのためにできることをしていくことも大切ですよね。

    子どもは自分の力で防ぎようがないから、大人が最大限守る努力をしてゆかないと…。

    大人たちが、「知らなかった」ではすまされない問題だから、ママたちも教育機関も協力して頑張っていきたいですね。


    ユーザーID:5743571220

  • すごくわかる

    私もこわいです。

    「ただちに健康に影響がない値」=摂取してOK
    と単純に思って、何も対策をとらないのは危険だと思っています。数値をギリギリでクリアしているものだってあるはずで、そういうのを複数まとめて摂取してしまったら、一気に危険になるのではないでしょうか。
    だから、親はできる限り、できる範囲でだけでも、子どもを放射性物質に触れさせないようにする努力をし続けなきゃいけないなと思っています。

    目に見えないしにおいもないし味もないし、一見、「ほんとだ、政府のいうとおり何ともないわ」って錯覚してしまうのがとても怖いです。
    食べ物、飲み物、空気、土、砂、草花…
    常にいろいろなものから少しずつ体内に取り込んで蓄積していることを踏まえ、ひとつひとつだけじゃなく、取り込んだ積算量が安全な値かどうか考えていかないといけませんよね。

    特に公園や校庭園庭の砂ぼこりは、子どもは発表されてる汚染数値よりも放射性物質を摂取してしまっているらしいです。顔の高さが違いますもんね…
    地面に近い方が危険ですよね。
    黄砂のような取り扱い方で、服を外で払ったり、室内の床や壁を水ぶきしたりするとだいぶ違うみたいです。
    逆に、室内の床や壁を掃除せずにいると、外よりも空気中の放射性物質の濃度が上がってしまうこともあるそうです。

    ユーザーID:5743571220

  • 横レス、二度目すみません

    私もN県内出身です!N市内ではないのですが。
    未だに初対面の人に「親族に被爆した人いる?」とか聞かれます。

    N県出身の人間から言わせてみれば
    微量の放射線上等!!です。ばっちこーいです。
    微量の放射線が怖くて先進国に住めるか!!です。
    (実際、レントゲンやPETなど、先端医療でも
    放射線や放射性元素が活躍しています)

    放射線よりも、自動車の排ガス(NOX)
    水道水に含まれる化学物質(殺菌のための)
    食品に含まれる添加物。そちらのほうが
    恐ろしいのではと思います。放射線みたいに
    怖いと認識されていない分、余計に。

    本当に醜く悲しく恐ろしいのは戦争。
    畏敬の念を抱くほどに怖いのは自然災害。
    放射線そのものは、使う側の使い方によって
    良くも悪くもなりますよね。
    今回は、使う側の失敗によって
    北関東の方に大変な思いをさせており
    N県出身として、すごく悔しく思っています。

    この機会にトピ主さんは、科学技術や
    人間の行い(歴史)についてしっかり勉強して
    しっかり対策できる、いいお母さんになってください!!

    ユーザーID:2935512241

  • 実家に帰る

    実家に帰りましょう。
    私はあまり関係のない地域に住んでいますが、もしあなたの立場なら、せっかくよるべになる実家があるのですから、国際的に終息が認められるまで、実家に帰ると思います。

    ユーザーID:2275708225

  • 自分を納得させる。

    その不安を取り除くためには、出来得る限りの事をして、自分を納得させるしかないでしょうね。
    次から次から色々な情報が出てきて、不安でパニックになるお気持ちはわかりますが、今一度頭を整理して、今はどんな状況か、自分はどうしたら落ち着けるかを考えてみましょう。
    過度の不安を抱えての育児は、お子様の精神衛生上も良くありません。
    母親の不安は、モロに子供に伝わりますから・・・

    私も都内で乳幼児を育てる母親です。
    職場の外国人達が震災・原発事故後にゾロゾロと帰国する様を見て、「そんなに危険な状況なのかしら?」と、不安に思う事もありました。
    しかし色々調べてみると、今すぐにどこかへ逃げるだけの要素は自分にはありませんでした。
    帰国した隣国の同僚に「日本は大変危険だ!小さいお子さんがいるのだし、安全なこちらに来て、一時我が家に身を寄せたらどうか?」という申し出がありました。
    大変気を遣って頂いてありがたいとは思いましたが、受ける気は有りませんでした。
    隣国の大気汚染や食品の残留農薬が、今の東京の放射能レベルよりも安全だとは、とても思えませんので・・・

    ユーザーID:2580695656

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧