海外育児:日本語をあきらめる時?

レス63
(トピ主1
お気に入り159

妊娠・出産・育児

困ったママ

レス

レス数63

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 目標は

    2回目です。
    トピ主ではありませんが、皆さんの意見や経験談を興味深く読ませてもらっています。

    日本語のレベルの話がでてきていますが、うちの場合は完ぺきなバイリンガルを目指しているわけではなくて、テレビや漫画を楽しめる程度が(うちの)限界かな・・と思っています。
    中にはお子さんを日本に留学させている家庭もあるようですが、そこまでできないので・・。各家庭の目標によっても落としどころが見えてくるかもしれませんね。

    補習校にいる大きなお子さん達を見ていると漢字で苦労しているようです。
    うちは小学生で習う漢字を読み書きできるレベルが目標です。

    目先の目標は大好きなアニメの原作(漫画)が読めるようになること、です。日本語を好きになって欲しいです。

    パートナーの協力についてですが、うちの場合は日本語を話せない夫が疎外感を感じるようで、最近日本語の勉強を始めました。子供に時々日本語についての質問をしています。
    そんな形もあるということで・・。

    ユーザーID:1655227916

  • 旦那さんの言い分にびっくり

    自分勝手なのは旦那さんのほうなのではないでしょうか。
    彼がトピ主さんの立場にたって考えることができるのなら「日本語で子どもに語りかけるな」なんて言えないのでは?「子どもをバイリンガルに育てたい」って、まるでバイリンガルだとかっこいい、と同レベルのような響きなのが納得いきません。

    私も英語圏に在住で、現地人のパートナーと二人の男の子(トピ主さんのお子さんと同じ3歳と2歳)がいます。フルタイムではありませんが、子どもをチャイルドケアに預けて働いています。

    ことばは文化です。子どもに母親の文化を教えて、なぜに「エゴ」となるのでしょう。周りには、バイリンガルの育児環境が素晴らしい、といつも羨ましがられます。チャイルド・ヘルス・ナースや大学のレクチャラーにも、子どもにずっと日本語で語りかけることをすすめられます。どなたかがおっしゃられたように、バイリンガル育児にかんする文献などを旦那様のために探されたらどうでしょうか。

    ユーザーID:8156421025

  • マルチです。

    `子供には、自分の母国語で話す`これが基本だと思います。
    英語圏に住んでいて、子供達3人は英語の学校に行っています。小さい時から父親は母国語のドイツ語、私は日本語で話しています。中学生になってそれぞれ、スペイン語、フランス語を学校で習っていますが、語学に対して柔軟性がある分、新しい言葉の習得も早いです。
     周りの外国人家庭の人からは、国際児がマルチリンガルであるのは、当然と言われますし、子供達もそれを普通にして育ってきました。ただ、英語しか出来ない英語圏育ちの人には多少受け入れがたいのかもしれませんが...
     私自身日本語の中で育ってきたので、バイリンガル、マルチリンガルは特別の事のように思えていたのですが、実際子供を育ててみて、何も難しい事ではないと感じています。
     我が家の犬までも、2カ国語上手に聞き分けています。
    一つポイントと言えば、ネイティブの肉声を常に聞かせる事。テレビとかDVDに頼ってはいけないと思います。
     

    ユーザーID:1407609409

  • うちはあきらめました

    欧州在住、4歳の娘がいます。うちの娘も言葉が出てくるのが遅かったです。2歳の頃は日本語の方が優勢で、それでも単語と二語文がぼちぼちという感じでしたが。3歳から現地幼稚園に行き始めて、それからあっと言う間に現地語が優勢になりました。周りに一人も日本人がいない状況なので、もう仕方ないのかもしれません。

    私は相変わらず日本語で話しかけているのですが、返答は現地語で返ってきます。私の言うことは完全に理解しているのに、何で話してくれないの、と悲しくなります。。。友人には子供が現地語で返答したら答えない、日本語を話すようにもっとプレッシャーをかけた方が良いと言われているんですが、私はもう半分諦めてます。。。最近は現地語で返されると私も面倒くさくてそのまま現地語で話してしまってます。
    幸い現地語は全く問題なく、他の現地人の子供たちと同等レベルなので、セミリンガルになるよりはマシかと思ってます。
    私達はこの国に永住することが決まってますので、何より大事なのは現地語、その次が英語です。なので、日本語はもうあんまり目標を高く設定しないようにしようと思ってます。

    ユーザーID:5578333667

  • まだ早いですよ。

    何度かバイリンガル関係に投稿した者です。
    2歳、3歳ならまだたった数年じゃないですか。
    これから読み・書き(漢字も含めて)・・・この戦い(日本語教育)はいつ終わるのか?と思われるほど、これからの道のりは長いですよ。
    どうされるつもりなんですか?

    貴女がどうしたいのか? はっきりとしないと子供さん達が迷われますよ。

    がんばりましょう。

    ユーザーID:6768004048

  • ご主人と良く話し合って!

    ご長男は言語サポートも受けていらっしゃるとのこと。今後については専門家の方や何よりも子育てを行う上で重要なご主人の意見を聞き、加えて主様のご意見を理解してもらえるまで聞いてもらうのが一番だと思います。
    FS2(5歳)の長女のクラスで、母親がロシア圏圏出身だけれども語国語はロシア語以外、父親がアラブ語が母国語だけれでも家庭内での共通語がロシア語と英語という子がいます。
    兄はどの言語もそれなりに会話、読み書きできるのに比べその子はどの言語も発言が遅い様で1年程前より学校の勧めで言語療法を受けていますが通常学級に居ますし、英語の会話力が急激に伸びている事は客観的にも認められます。両親共働きで日中は英語圏外出身のナニーと一緒に過ごしています。
    Y3(8歳)の長男の幼馴染の、母がロシア語、父が英語母国語家庭の子(8歳)は、周囲の勧めに反して母が全くロシア語を家庭で話さず、ロシア語に関しては会話読み書き全く不可能な状態です。
    主様のご主人も色々と悩まれているのではないかと思います。話し合いの際には欧米人は気持ちもよりも客観的事例、事実を並べて説得すると納得しやすいように思います。

    ユーザーID:8118505815

  • 違う視点から

    ちょっと視点が違いますが、バイリンガルのトピックでしたので投稿させていただきます。
    海外在住、日系企業駐在者です。
    現地生まれ、現地で教育を受けた日本人を現地採用しています。両親とも日本人であっても、論理的に考える力が弱いと感じることが多々あります。例えば小学校は日本語で就学したが、中学高校に当る時期に現地インターナショナルを出ているといった場合などです。
    中・高といった、母国語により高度な論理展開を訓練をする時期に、英語や他の言語が入り込んで、高いレベルの思考訓練が難しくなってしまうからではないかと考えます。
    個人差もあると思いますが、結局、こういう方は、単なる通訳としては良いですが、残念ながら幹部候補にはなりません。
    むしろ、単一言語であっても母国語でしっかり考える力を身につけた上で、大学なり社内制度で第2言語をマスターした方のほうが、思考力・想像力が高いと感じます。
    いつもは当たり前と思っている「母国語を持つ」ということは、特に海外在住者にとっては容易ではないなと感じる今日この頃です。

    ユーザーID:2418271256

  • 私の場合は、、、

     私は父フランス人・母日本人  フランス在住です。

     母は徹底して日本語で話します。 母いわく 母の思いを母の母国語で子供たちに伝えなければ 真の思いは伝わらない。だそうです。
    フランスに住んでいれば嫌でもフランス語は話せるようになる。
     日本語は 補習校に通い 毎年夏 日本に帰り 現地の学校に体験入学させて頂 積み重ねてきました。漢字もPCが変換してくれるので 助かります。間違っているかもしれませんが。 実際には自分で書くと ひら仮名ばかりです。

     お子さん まだ 5歳にもなっていないのでしたら あきらめると言うのは 早すぎます。

     私も3歳くらいまで 日本語なのかフランス語なのか 一応違う言語を話しているようだけど 理解不可能なことが多かったそうです。幼稚園に入り フランス語だけの生活の時間帯が多くなり フランス語が上達したみたいですが 幼稚園の先生から フランス語能力が低い・ちゃんとしたフランス語ではないと言われて 言語矯正に2年通いました。 今は日本語の会話には困りません。フランスの学校も落第することなく進んでいます。
     バイリンガルは親と子の 努力ガ必要です。

    ユーザーID:3710166150

  • トピ主です

     皆さんコメントありがとうございます。私も夫から「自分勝手」といわれたことで感情的になっていた部分もあり動揺していたのですが落ち着いてきました。比較的協力的だと思っていた夫からの発言が判ってくれていると信じていたのに、今までがんばっきて来たことを否定されたのがショックでした。家族との会話…って言葉がなくてもうちの母がしたくてもできない、より多く一緒に過ごし笑う時をもててるのに…。
     日本語がコアになることはないと思い、日本語の目標は小3レベルをまず目指しています。読み書き、文章構成一通り落ち着く段階と聞きました。仮にそこで中断しても後で再開するときの基礎になるレベル。それ以上に進むことができれば本当に嬉しいです。
     二・三年で壁にあたるのって笑止かもしれませんね。やはり自分の子供のこととなると視野が狭くなるのでしょうか。今は休み期間中ですが、休み明けに担当ワーカーと話し、長男のアセスメントの再確認とバイリンガルに強いSTにコンタクトしてもらうようにするつもりです。
     めそめそしてたら子供たちに頭なでられて「マミー、いい子いい子ね」って言われちゃいました。ありがとね。
     
     

    ユーザーID:3540600671

  • お子さん次第

    以前は海外に在住していましたが、現在は日本で、日本語を母語としない子どもに対する教育に携わっている者です。

    いわゆる「バイリンガル」が可能かと問われれば、
    「子ども次第。一部のキャパシティが大きい子は可能だが、一般的な子どもは非常に厳しい」
    というのが、私の印象です。

    コトバというのは、人とのコミュニケーションだけに用いられるものではありません。
    重要なのは「学習」するためのツールであることです。物事を論理的に考えたり、類推したり、思考したりするために非常に重要な役割を果たします。

    母語が中途半端ですと、困難をきたすケースが多いです。
    幼児・初等教育前期は母語を確定させ、学習や思考の素地をしっかり作っておくのが重要だと考えます。

    トピ主さんの場合は、フルタイムで働いていらっしゃること、将来的に日本に戻る予定でないことなどから、とりあえず母語を「英語」に確定させたほうがよいと思います。

    日本語のコミュニケーションなどは、あとから本人のやる気次第で、いくらでもできるようになります。

    子どもにとって最優先すべきは、学習・思考のためのコトバです。

    ユーザーID:3841185292

  • 結論を出すのは早すぎると思います。

    バイリンガル環境で育っている子供は言葉が遅いのが普通です。

    もしも、と心配する気持ちはわかりますが、結論をだすには早すぎると思います。

    トピ主さんはそのまま日本語で話すべきだと思います。
    学校に行き出すとあっという間に英語が優勢になり、日本語を理解はしても話すことを嫌がったりするようになるかも知れません。心配しなくても普通に現地の学校に行けば、英語が母国語になり英語に不自由することはないと思います。

    だからご主人の心配は杞憂だと思います。今はまだ日本語を投げ出す時期ではないと思います。

    小学校に入っても日本語が優勢で授業についていけないとか、英語が年相応でないと感じるなら、その時に一切を英語に切り替えても十分間に合うと思います。


    ちなみに日本語をキープしたいなら、子供が英語で返事をするとわからないふりをするくらいでないと難しいみたいです。英語でもわかってくれると思ったとたん日本語は話さなくなります。
    バイリンガルになった子供の家庭は、本当に徹底してるみたいです。

    ユーザーID:4662823990

  • ハンリンガル

    小学校4・5年生くらいの歳に、
    その人の母国語が確立するという説があります。

    幼児語、二語文、具体名称を使っている間は、
    どの国の言葉でもいい。直ぐ忘れるし直ぐ覚える。発音もネイティブ。

    大事なのは母国語の確立過程にあるとき、
    本人が混乱するケースです。

    大人語、複語文、抽象名称を使うのに、どちらをメインで論理を組み立てるか?

    「愛」とか「宇宙」を日本語で聞いて日本語で理解し感じ取れるようになれれば、
    将来、愛とはLAVEなんだよ、と教えられるけど、愛もlaveも両方とも、
    英語で説明しても日本語で説明しても理解できなくなっちゃうと、
    ハンリンガルになっちゃうんだそうです。(実際にそういう30代半ばの女性を知っていますが悲惨!)

    一番いけないのは、お腹すいた、オシッコ、ママ大好き、などの
    幼児語の発音がネイティブだからと言って、
    「うちの子は英語がカンペキ」・・だから日本語が少し下手でもいいと
    日本人のお母さんが思ってしまい、言語教育を怠ってしまうことだそうです。

    バイリンガルにするためにはバイ以上の努力が必要です。

    ユーザーID:6608690980

  • 英語とスペイン語ですが

    時々、米国で学生をしている子供の処に遊びに行きますが、
    同じアパートメントに住んでいらっしゃる共働きのインド人のご夫妻がいらっしゃいます。
    彼等の2歳のお子さんをナニーが看ていて、毎日スペイン語で話しかけています。
    日本語のナニーが居れば良いかも知れませんね。

    ユーザーID:7623363898

  • あきらめちゃだめ!

    2児(男9歳、女5歳)の母です。 

    息子は英語圏→日本→就学時に英語圏→現在アジアと移動。就学時は英語は話せませんでしたが最初の2年間ほどは逆に日本語が話せなくなり「日本語じゃないと返事しないよ!」と言うう私とはいつも涙のバトルでした。 でも日本に5週間ほど里帰りした際に自分で何かに目覚めたのかそれ以降は積極的に話すようになりました。

    最終的に英語圏に戻るので英語主体の教育です。日本語はコミュニケーションがとれるレベルをキープできれば、読み書きは興味が出た時に自分の力で勉強してほしいという方針です。完全に私のエゴですが、やはり老後に英語圏で周りに日本語を話す人がいないとかなり寂しくなると思うのでここは譲れないポイントですね。

    「可哀そう」「厳しすぎる」と言われて凹んだときもありますが今では自分の姿勢を貫いて良かったと思います。

    2か国語を同時に完璧に進めるのは相当の覚悟と努力が必要だと思います。 ですのでトピ主さんもご主人と話し合って方針を決められると良いかもしれませんね。

    でもあきらめちゃだめですよ! きっとわかってくれますから。

    ユーザーID:5221936678

  • 子供の適性とか家族の事情とかによって・・・

    4歳半のハーフの子の母です。
    専業主婦で、子供といつも一緒、日本語で積極的な話しかけ、少し大きくなってからは読み聞かせなど試しましたが全て徒労でした。

    3歳半になっても日英どちらの会話がおぼつかないため、今は英語のみの生活にしています。

    家の子はいわゆる言葉の遅い子の様です。
    他の日英ハーフで2歳半くらいからぺちゃくちゃ両方の言語を使い分けてた子もいましたが、子供にも適性がある様です。

    私は娘にどんな風に育って欲しいか考えると、それは、深く考えられる人。

    様々な意見がある中、バイリンガルの弊害として、母語がしっかりしない場合深い思考を妨げる事がある、と言うのがありますね。

    もしそうだとしたら、それは怖い。
    私たちは日本で暮らす予定はないので、子供には英語を母語にしてしっかりと操れる人になって欲しいです。

    私は日本で育ち、普通の学校教育で育ちましたが、かなり真剣に勉強した結果、英語で不自由はしません。
    子供も、大変になるでしょうが、将来日本語を習得する事も可能だと思います。

    今大事なのは、他者とコミュニケイトできる事、思考の基盤となる母語を確立する事だと信じた決断です。

    ユーザーID:8189452182

  • 日本語諦めないで

    私も海外在住でフルタイムで働いています。
    昼間は保育園に通っています。
    今3歳です。私も日本語を話して欲しいので周りに何と言われようと日本語で通しています。
    夫は全く日本語を理解しません。

    我が子は日本語は話せるのですが、現地語がさっぱり。
    保育園に通って一年以上経つのにダメです。

    色々な人に意見を聞きますが、お医者さんや保育士さんなど色々な子供を見てきた方は問題ないと言います。
    逆に今日本語を諦めるともったいないと言われます。
    子供の成長はそれぞれだし、複数の言語での環境なので、現地の子と比べない様にとも言われています。

    子供のいない友人や現地語のみで育てているお母さんにはかわいそうという人もいます。

    でも、途中で方針を変えると子供が混乱するし、私自身が日本語で話したいのもあって、続けていくつもりです。

    私が読んだ本で「語りかけ育児」と言うのがあります。
    私も言語については悩んだので。今でも悩んでいますが。

    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:9216482277

  • ゆっくり前へ

    国際結婚、息子一人です。

    義母の妹夫婦は母語は同じですが、海外へ移住しているため
    子ども達は英語が第一言語になっています。
    両親の母語は簡単なものだけ理解。
    子ども達が話し始めたのは3歳からだそうです。

    私自身は夫婦(夫は現地人です)揃って日本語で子どもに話していますが、日中は義母が見ているので現地語をどんどん吸収しています。

    自分自身の子どもの言葉について日本の幼稚園もあるし、
    補修校もあるので利用を視野にいれていますが、
    普段の学校のこともあり第一言語は現地の言葉と決めています。
    私の現地語能力は低いので楽というのもありますが、
    日本語の音に慣れろ〜と100%日本語で話しかけています。
    音に慣れていると、実際に勉強するのは大人になってからでも
    理解力や伸びが断然違う気がします。

    私が最近考えているのは、引き続き現地語に重点を置き、
    小学生高学年になったら日本語学校に通わせるという方法。
    ただ、私の場合は補習校なども考えているので、
    国語教育と外国人への日本語教育の違いに混乱しないか心配。

    第一言語をしっかり育てることが第一と心得、焦るなと自分にも言い聞かせています。

    ユーザーID:2890277939

  • 根気よくあきらめないで

    海外在住です。子供のバイリンガルについては
    その家庭によって教育方針が違うのですが、
    私達の場合は主人がドイツ語、私が日本語で
    徹底的に通しました。

    その結果現在はきれいに2カ国語を操りますし、
    外国語の習得が容易なようで(羨ましいです)
    英語、フランス語も流暢です。

    大事なのは諦めてはいけない事です。
    時間がかかるのは当然ですから。

    日本に里帰りで2ヵ月間滞在した時に
    日本からドイツに住む主人のドイツ人の両親に
    電話ですべて日本語で返答していました。
    もちろんドイツ語での問いかけでしたが。

    いろいろと心配した時期もありましたが
    取り越し苦労でしたので。

    私も英語は問題なく喋れますがやはり自分の母国語である
    日本語で子供に説明したい、日本の両親やいとこ達との
    日本語での会話の為がんばりましたが、
    現在は子供から「日本語を勉強してよかった」と
    感謝されています。

    家庭によっては現地語の重要性も理解できますので
    やはり各家庭の教育方針に最後は委ねられるのではないでしょうか?

    ユーザーID:7783928580

  • 全世界の小町のお母さん方

    そしてトピ主さんへ。

    私は日米ハーフですが、就学前の幼少期は日本にいたので、英語は散々でした(しかも移住時には日本語の文字が読めなかった)。しかし移住後は一貫して現地の教育を受けた為、現在は普通に英語と日本語、両方使いこなせます(少なくとも日本語はそれなりに流暢なはずだと自負しています)。そして私と似たような事情背景で(極端な場合日本に住んだことすらなくても)日本語が流暢なバイリンガルも普通にいます。私や私の知ってる人達の共通事項は日本人である親が、程度の違いはあっても、気長に子供に日本語を教え続けたこと...です。

    極端に言えば、日常や仕事(職種にもよりますが)における点で日本語能力は重要ではありません。でも私は母が伝授してくれた日本語、そして日本に愛着を持っています(故に小町にもこっそり遊びにきてるわけですが)。
    親が我が子に伝えられるCultural Heritageはとても大事だと私は信じています。だから日々、お子さん達に日本語を教えて頑張ってる小町のお母さん方とトピ主さん、お疲れ様です。そしてこれからも頑張ってください。結果は今じゃなくて十数年後ですよ♪

    ユーザーID:4595311229

  • トピ主です2

    トピ主表示が出るかわかりませんが…困ったママです。
     お一人ずつ返事したいくらいですが、本当にコメントありがとうございます。愛の子さんまで拝見しました。子供達と同じ立場からの愛の子さんのメッセージ、とても嬉しかったです。今はどう考えているか判らない子供たち。何年か後に同じように思ってくれたら、今こんな風に思い悩んでいる甲斐があると思えます。
     あきらめないで、という意見が多数の中「現地語一本にした」という意見、まさに悩みどころをついていました。セミリンガルというか中途半端な言葉の力、ひいては思考力になってしまうくらいなら広く浅く、というより狭くても深くを目指す方がいいのかという思い。一方、自分の親、もとい自分と日本語で話してほしいという気持ちは自然という意見もあって嬉しくなります。まだまだ揺らいでいます。
     夫と話し合い、彼は日本語をやめる必要はない、ただ英語の割合をふやしたい、それには子供への影響が強い私が英語を話すのが一番だと思った、私が日・英両方話せばOK!と単純思考であったこと。日本の母とも話しもう少し英語をがんばろうと思うと伝えた後のことですが…
     続きます。

    ユーザーID:3540600671

  • トピ主です3

    「日本語より住んでいるところの英語に集中してあげなさい」と電話魔の母からの連絡が遠慮して少なくなったことに「そんなつもりでなかった」と焦っていました。…私には予測できたんですがね。
     一親一言語が混乱を防ぐためだといわれているし、使い分けている様子が見られる今私は日本語を話すべきだと思うが、アセスメントをうけて二言語が無理なら英語一本化がいいと思うことを話し合いました。
     とりあえず、本を読むのは英語でもいいというのを聞き、英語の本も読み始めたところです。
     正直、いまだ迷っています。そんなのが一番よくないかもしれませんが様子を見ているうちに発達の兆しが見受けられればなぁ、と思う気持ちとどこかで区切りをつけるべきかという気持ち。それ以外にもご指摘のあったように夫の問題。英語力が上がってこない理由に夫の子供への関わり方があるのではないか、それを棚に上げて私の日本語を減らすって何それ!?という気持ち。それを全部抑えても子供のために何が一番か考えてあげたい気持ち。
     専門家と相談してもう少しゆっくり、じっくり子供の様子を見ていきます。

    ユーザーID:3540600671

  • トピ主さんは今は英語を「話すべきではない」です。

    なぜ日本語を与えるべきなのかは「愛の子」さんのレスの通りでしょう。
    母親の文化であり、それを知るための手段としての日本語は必要でしょう。
    英語ネイティブの夫が口を挟む筋合いはありません。

    英語を「話すべきではない」というのは…
    お子さんたちは、英語モノリンガルより多少遅いとしても、早晩英語は
    ネイティブレベルになりますよね。
    学校に行ったら(最初は多少大変でも)あっという間だと思います。

    そうなった時にトピ主さんの「片言の英語(ネイティブでない発音や
    文法の“誤り”など)」を見下すのでは困るのです。
    お子さんたちが「お母さんはこの国では外国人であり、別の言語を操る
    ことができる上で、生活上の必要から英語も使っている」ということを
    認識できるまでは、日本語で通すべきだと思うのです。

    今も1日一緒にいるわけではないのに、日本語が優勢なのはすばらしい
    ことです。
    「お母さん(と)の言葉」をお子さんたちが重視している証拠です。

    ユーザーID:5174371474

  • うちと同じだー

    うちの3歳半もバイリンガル環境で言葉が遅く、
    地域の学校でSTもつけてもらっています。
    うちの夫も日本語は単語に毛が生えた程度です。
    息子の方が日本語はしゃべれていると思います。
    2語文からなかなか上達しませんが、かなり語彙は増えてきています。
    私が一貫して日本語を貫いているため、どちらかと言うと日本語の方が強いです。学校では英語なので英語が強くなるかと思いましたが、相変わらず日本語が強いのは私のせいだと思っています。
    ただ、将来的に環境から英語が強くなってしまうのは
    わかっているので、今の内に日本語の基礎だけでも
    築ければ、と思っています。学校のアセスメントでも、
    私も英語に統一した方がいいのか、と聞くと
    「せっかく、おかあさんが綺麗な日本語を話すのだから
    それは彼の宝物だから、日本語で接してあげてください。」
    と言われました。英語は夫に任せよう、と思い、
    英語の部分は夫の責任である、という姿勢をとることに
    しました。夫もそれで了解しています。
    トピ主さんも旦那さんに下手な日本語をしゃべりかけず、
    英語でもっとコミュニケーションを取ってもらう方が、
    良いと思いますよ!

    ユーザーID:9776513773

  • 冒険的な英才教育は幼児への大きな負担・リスク

    最初に投稿したものです。
    多くの体験談から私も考えさせられました。

    私は、諦めた方がいいか続けた方がいいか正直分かりませんが
    一つだけお伝えしたいので再度書き込みます。

    それはバイリンガル教育は、英才教育だということです。
    音楽やスポーツも英才教育なくして、
    世界的な演奏家や選手は生まれません。
    一方、それに失敗してモノにならず
    他のことを犠牲にしたために、不遇な人生を送る敗者が
    どれほどいることか。

    バイリンガル教育は、人間として最も重要な言語の英才教育ですから
    失敗した時のマイナスは音楽などの比ではないのではありませんか?

    チャレンジするなら、万難を廃して全力でやってあげてください。
    カワイイお子さんのために。

    ユーザーID:4992402293

  • 我が家も・・・

    日本人夫婦、子供が1歳半の男の子です。今は夫が育児休暇を取っていますが、休暇終了後はフルタイム勤務に復帰予定、私はフルタイム勤務、子供は生後3ヶ月から日中はデイケアに預けています。私が英語はネイティブ状態なので、家では私が英語、夫が日本語を息子に話しかける役目です。私と夫は日本語で会話します。

    予想していたことでしたが、1歳半になる息子は明らかに英語優位です。「家で英語しか話していない家の子供よりも、言葉が早い」とデイケアの先生には言われています。こちらが話す日本語を理解はしているようですが、口から出てくる音声は英語のトーンです。

    息子にはおじいちゃん、おばあちゃんと話ができる程度の日本語力は着けてあげたいと思っていますが、それ以上は本人の関心とやる気次第だと思っています。私は日本語を母語として育ちましたが、日本に住んでいた7歳から英語を始めて、結局アメリカ人と同じレベルの英語を身に着けることができました(電話で話をするアメリカ人は私が英語が母語ではないとは分らないそうです)ので、息子もそのDNAを受け継いでいると信じて気長に家で日本語を教えていくつもりです。

    ユーザーID:0291938263

  • バイリンガル教育には、子供の年齢が影響するらしい。

    私は、長女が6歳、次女3歳のときにカナダに行き、そこで5年間暮らしました。
    長女は2ヶ国語を問題なく習得、一方、次女は両方とも言葉が遅く、更に、帰国後も英語を忘れかけました。帰国時、彼女は8歳でした。

    バイリンガル教育で言われているのは、第一言語の枠組みができていない年齢(5歳前)で、第二言語を入れると、言葉が遅くなるそうです(知的障害と間違われることもあるとか)。なので、2ヶ国語教育の研究が進んでいるカナダのオンタリオ州では、第二言語のフランス語のバイリンガル教育を始めるのを、幼稚園年少としていました。

    また、8歳から10歳が語学定着の堺のようで、帰国後その年齢以下であれば、習得言語を忘れるようです。どうも、語学定着は、そのときの読み書きの能力に比例するらしいです。

    なので、子供が5歳から本格的にバイリンガル教育を始めて、8歳まで会話中心に、それ以上の年齢で読み書きを教えるのが効率的だと推測します。
    理論だけでなく、実体験でも実感しています。

    参考になれば幸いです。

    ユーザーID:5693207269

  • 心の通じる言葉で

    英語圏在住、保育園で働きながら10歳と8歳の子を育てています。
    二人とも英語はネイティブ、日本語も会話は問題なく読み書きが同年齢の子よりは少し劣るかな、という程度で漢字もやってます。
    うちは生まれる前から母は日本語、父は英語です。なぜならそれが一番自然で心に通じる会話が出来るからです。
    海外にいるからといって、日本人のお母さんが英語で話しかける必要なんてまるでないと思います。英語はその他大勢の人から必ず身につくし、2〜3歳の時点で英語が少し遅くても小学校くらいで追いつきます。
    むしろ目の前に立派な日本語のお手本がいるのに、それを活用せず、日本語を子供に教えているのを笑っちゃうとか言える人が不思議でなりません。なぜあきらめるのでしょうか?
    大人になったハーフの人達を何人も知ってますが、バイリンガルの人は大変だったけど親に感謝してるといい、一言語しかしゃべれない人は、なぜうちの親は教えてくれなかったんだろうと後悔しています。
    恵まれた環境の家族構成を使わない手はありませんが、トピ主様があきらめた時点で終わりです。
    私は二言語を使う事で良い方に相乗効果があると実感していますよ!

    ユーザーID:8681314473

  • 勝率の低いギャンブル

    2度目です。

    私はゴールドベルクさんのご意見に全く同意です。
    いわゆるバイリンガル教育は英才教育の一種。
    加えて、勝率の低いギャンブルだと思っています。失敗したときのリスクは甚大です。

    成功する子どもは「生まれ持った才能」+「周囲の環境」がうまく両立した時、非常に希なケースと言って良いかもしれません。

    最初の子どもにバイリンガル教育を試みた反省から、2人目以降は母語を固定して教育している親をかなり知っています。

    うちの子は2つの言葉が話せる!バイリンガルだ!と単純に喜んでいるおめでたい親も知っています。

    問題は勉強するためのコトバなのです。
    母語を固定していないと、学習・思考が伸びていかない子が多いのです。

    勉強が分からない→学校がつまらない→非行に走る
    という残念なケースもあります。

    結局は、就職で差が出ます。
    母語を固定して教育を受けていたら、もっと上を目指せたのになぁ〜という子もかなり知っています。

    それだけリスクが大きいので、チャレンジするからにはそれなりの覚悟が必要だと思っています。

    ユーザーID:3841185292

  • 北欧からです

    北欧在住で子供は男子2歳11ヶ月、保育園は1歳すぎから行きだしていて、大使館エリアの保育園なので子供は8割バイリンガルの環境です。一ヶ国語の子と自分の子を見ていますが、男女の差は明らかにありますが(女子の方が1年早い)一ヶ国語の男の子もうちのもあまり違いはなさそうです。日本の子と比べて男の子はかなり言葉が遅いなぁと思います。
    最近感じるのは息子は北欧語の方がすんなり発音できていて、日本語はイマイチです。理解はしていますが発音に苦労しているようです。日本語は私だけなので語彙も北欧語がどんどん増えています。
    小学校に入ったら英語も始まるし、習得が難しくお金にならない日本語を強制されるのは私も考えてしまうのですが、英語ですら日本語の8割程度しか表現できない私がここであきらめたら自分の子供と100%の意思の疎通ができないと思うとぞっとします。
    主さんの話を聞いて気になるのが英語が伸びないということです。英語は自然に入ってきているはずなので、それが伸びないのはバイリンガルだからというわけではないのでは。
    いずれにしてもまだ3歳半ですよね。あきらめるのは早いと思いますよ。

    ユーザーID:3854748805

  • 12歳になったら

    うちの子も、1歳から海外で子育てをしていますが、
    家庭内では日本語、外では英語の2カ国語で生活をしていましたから
    言葉の発達が遅かったです。4〜5才の時には、お医者さんからも
    言語障害だと言われた事も有りました。
    現在、子供は12歳になりましたが、バイリンガルになりましたよ。
    会話に限ってですが、2カ国語とも両方とも流暢に使いこなせます。
    学校の成績も良くて、思考的には学校で学んでいた言語の方が優勢のようです。

    学校へ通うようになると、言葉も思考能力もの凄く発達します。
    後、10年経ったら、今悩んでいる事が
    嘘のように感じるようになると思いますよ。

    ユーザーID:1954860903

レス求!トピ一覧