• ホーム
  • ひと
  • あれって、嫁いびりだったんだ!!??(駄)

あれって、嫁いびりだったんだ!!??(駄)

レス8
(トピ主0
お気に入り30

家族・友人・人間関係

むすかり

ずーっと後になって、「あれって、嫁いびりだったんだ!?」って気付くことってありませんか?

23歳で結婚し、最初から夫の両親と同居しました。
毎朝、卵焼きは欠かさないと言われ、しかも、義父は甘い卵焼き、義母と夫は塩味の卵焼きを食べる。と言われました。それをそのまま信じて2種類の卵焼きを作っていました。卵焼きは時間がかかります。しかも中は半熟でないとダメだと言われました。
そのうち義理の両親が早起きしなくなったので朝の食事は別々になりましたが。それまではずっと大変でした。

本日のエピソード。
義理の両親と夫と4人で、好みのおかずをチョイスできるタイプの食堂に行きました。
そこで義母が卵焼きを頼みました。お店の人が砂糖を入れますか?と聞きました。
「卵焼きは砂糖入りがあたりまえでしょ」という返事。えっ!?と思いました。
更に食べている途中でお腹いっぱいになったからと、夫に「卵焼き、半分食べて」と頼みました。
すると夫も「砂糖入り?」と確認したあとにモリモリ食べてしまいました。
新婚当初、夫と義理の両親とみんなそろって私を困らせていたの???ウソツキ〜〜〜〜!!と思いました。
夫の逆切れが恐ろしいので今更何も言いませんでしたが。もんもん…

ユーザーID:6581271670

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • その言葉だけを見れば

    ご主人と義母の言葉だけを見れば、
    「卵焼きは砂糖入りがあたりまえでしょ」
    =甘ったるいのは嫌いだが、少し砂糖を入れるのは当然
    「砂糖入り?」と確認したあとにモリモリ
    =甘すぎたら嫌だな〜、と思い口にしたが大丈夫
    という事かなと感じました。
    嫁イビリのためだけに毎朝わざわざ好みと違う卵焼きを食べるかな?と。
    イビリたいなら、自分が我慢しなくても良い方法は他にゴマンとありそうです。
    ただ、朝わざわざ二種類の味付けの卵焼きを嫁に作らせるというのは気になります。
    (直接か暗にかはわかりませんが、二つ作るよう義父母から言われたのですよね?)
    自分が勝手に分けて作るならともかく、作ってもらう立場でそんな事言えませんよ。
    もしかしたら、「嫁は甘やかすとつけあがるから、わざとでも厳しくして立場を弁えてもらわないと」
    といった思想の持ち主である可能性も否定できません。
    その場合、素直に二つの卵焼きを用意する嫁を見て「従順な子みたいね」と満足するのです。
    ただ、この場合はその他の事でも相当強烈な扱いを受けるでしょうから
    他に思い当たらないなら思い過ごしだと思います。

    ユーザーID:7176737887

  • ?嫁いびり?

    もともとは塩味の卵焼きが好きだったけれど、
    あなたの作るものがあまりに塩辛くて 嫌いになった。
    義父のものをちょっと食べてみるとおいしかった。
    でも、せっせと作ってくれているあなたになかなか本音がいえなかった。

    ・・・私なら そう想像しますけど。

    嫁いびりなら、もっと露骨に
    「これ塩辛くて食べれない!」っていいませんかね。
    または、ゴミ箱にそっと捨ててあるとか。

    まぁでも23歳でいきなり義父母と同居。
    なかなかできることじゃないです。
    正直、偉いと思いますよ。
    でも、あなたが愚痴ることがこの程度のことだということは
    義父母も、偉い方々だと思われます。

    お互い、せっかくいい関係を努力してきずいてきたのだから
    このくらいいいんじゃないかと思いますよ。

    あ、小町に愚痴るくらい全然OKですけどね。

    これからもがんばってくださいね。

    ユーザーID:2327720789

  • あるある(笑)

    後になって「あ〜あれって嫁イビリだったんだ!」と気付くこと、あります(笑)

    京都から九州に嫁いで初めての夜、なぜか草書の掛け軸の前に正座させられて、
    義母「読んで」
    私「読めないんです〜」
    義母「読んで」
    私「すみません、読めないんです」
    義母「読んで」
    私「草書が読めないんです」
    義母「読んでって言ってるの」
    私「何と書いてあるんですか?」
    義母「大卒ならこのくらい読めるはずでしょ。読んで」
    私「全く読めないんです。何と書いてあるんですか〜?」
    義母「高学歴なら読めるでしょ。読んで」
    …延々リピート…

    ということがありました。
    その頃は、嫁イビリなんて別世界の話だと思っていたので全く気付かなくて、(よっぽどお気に入りの掛け軸だから、話題にしたいのかな?)くらいに思っていました。
    その後は、いろいろ酷い嫁イビリされて「そうか!姑って私をイビっているのか!」とようやく気付き、あとになって、「あの草書も嫁イビリだったのか!」と気付き、笑えました。

    バカ真面目に「読めません」をくり返した自分が笑えます。

    ユーザーID:3926190433

  • namaさん

    「義母と夫は塩味の卵焼きを食べる」って書いてありますよ。

    ユーザーID:0791479657

  • 物言いが嫌ですね

    >卵焼きは砂糖入りがあたりまえでしょ
    お店の人にこういう言い方ができる人はどうなんでしょ。
    しかも料理のプロに向かって。
    私は卵焼きに砂糖なんか入れませんよ。
    味に当たり前も何も好みですからね。

    結婚何年目かわかりませんが、
    過去のエピソードを話すのに、逆切れする夫なんですか。
    家族の中でトピ主さんの存在ってどの程度?

    私の場合は、嫁いびりというより、
    自分が納得できない言われ方をされたら、その都度夫に言いました。
    こういう風に言われたけど、どう思う?と。
    ほとんど夫が義母をたしなめてました。

    ユーザーID:4753243205

  • 私のはいびられたんじゃないと思うんだけど・・。

    結婚してすぐ 夫実家(別居)での夕食で何かの料理に 大量のもやしを使うことになりました。

    3袋か4袋を 義母がざるに空けて洗って・・・「はい 根を取って」と 私に。

    お恥ずかしいですが 知識として知ってはいてもそれまで実際に もやしの根なんて取ったことありませんでした。
    (農家で野菜がたくさんあるから もやし自体滅多に食べなかったというのもあります)
    勿論「はい」と言うしかなくて。

    延々とり続けて ようやくおしまいになろうとする頃。
    夫が ふらりと台所にやってきたので「もうちょっとなの、手伝って♪」と言いましたら 正直な夫はこう言いました。
    夫「ええっ!もやしの根なんていちいち取ってるのっ!?しかもなんだよ こんなに沢山」
    私「だってお義母さんが・・・。」
    夫「えぇっ!!母さんいつもそんなことしないのに今日だけなんでっ!?」
    義母赤面。
    私「私もとったことありません・・。」
    義母「え?そうなの?」(それを早く言えと言わんばかりの顔)

    嫁の手前 格好つけようとしたのかしら。
    それとも 私はもやしの根は許せないお育ちだと思っていただけてたのかしら。

    持つべきは 正直な夫です。

    ユーザーID:6955083029

  • だんなが怖い?

    それが怖い・・・。玉子の事聞くだけでそんなに怒られるって想像しちゃう関係性がこわい。

    玉子の味はどっちでもいいくらいびっくりした。

    ユーザーID:6430070395

  • もしこれが本当にトピ主家の嫁いびりなら

    トピ主さんは幸せな結婚生活を送っているってことです。
    良かったですね。

    ユーザーID:4021276250

レス求!トピ一覧