消せるボールペンの意義とは?

レス42
(トピ主1
お気に入り45

生活・身近な話題

くしぇん

こんにちは。

摩擦熱などで消せるボールペンが売れているそうですね。
普段よく使うボールペンですが、そもそもボールペンとは消えないように書く筆記具だと思っていました。

簡単に消せて修正できるのは便利かもしれませんが、大事な事を書いて必要なときに消えて困ることはないのでしょうか。
ラジオのパーソナリティーの方が、消せるボールペンでの投稿は文字が消えて読めないことがあると言う話しをされていたこともあるので、可能性は大きそうですね。

消せるボールペンについてどう思われますか?
皆さんのご意見をお聞かせください。

ユーザーID:1671432834

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数42

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • スケジュール帳には便利

    スケジュール帳ってシャーペンで書くと見えにくいからボールペンがいいんですよね。
    でも間違えると汚くなっちゃう。
    そこで便利なのが消えるボールペン!!

    あとはカレンダーとかね。幼稚園や学校の連絡帳もシャーペンじゃ失礼だしね。
    最悪消えてもいいから綺麗に書きたいものって結構ありますよ。

    ユーザーID:6169923841

  • 大事なことを書く事には使わない

    消せるボールペンを大変重宝しているものです。
    タイムスケジュール管理で、仮で抑える時間や内容などを、確定後にきれいに消せることは、誤読や、書き込みミスが激減し、大変にありがたいものです。余談ですが、メーカーにメールで感謝の意を伝えたところ、3年ほど前に商品化されたものだとのことでした。
    注意書きには、宛名や、証書類には使用できませんとあり、使用結果の責任は個人的なものです。
    今では会社が備品で購入する定番商品になっています。

    ユーザーID:2611590491

  • 1週間に1本消費しています

    電気設備の設計業務をしています。

    「意義」という言葉は大袈裟かもしれませんが
    仕事上、とっても便利に使っています。
    特に赤色。
    建築図上に配線を描き入れたり注記を入れたり。
    CADオペさんに作成してもらう原稿を作ったり。

    一度にスパっと決められて書き込めるなら
    普通のボールペンでも構わない‥
    色鉛筆はすぐ太くなって、都度削るのが
    思考を遮られて鬱陶しい‥

    そういう理由で
    私にはもはや手放せないアイテムです。

    ユーザーID:9206439915

  • 便利。

    正式な書類にはつかえないけど、ノート書きやシステム手帳に使うときはとても便利です。今までは取り消し線だらけで見苦しかったスケジュールがスッキリ。シャープペンシルなどで書くと手が汚れたり、すれて薄くなったりするけど、これだとそれが起きないです。一年以上使い続けていますが、過去の書き込みが消える事も現時点ではありません。数十年後や寒暖差が激しいところだとどうなるかわかりませんが。

    表面がつるつるしている紙に書くと摩擦熱ではなく摩擦そのもので消えるので(指でこすっただけでも消える)、はがきで消えてるのはインクジェット用のはがきのようにコーティングされているものではないでしょうか?ペンの説明書きにも証書やあて名書きにはつかわないでくださいと書かれていますし。要は使いどころだと思います。
    私は表面つるつる加工のカレンダーに予定書き込んだら指で触れたら文字がスルっと消えました。コクヨの大学ノートではラバー部でこするまでは消えません。古いノートは大掃除のときスキャナで取りこんで捨ててるので、その時まで消えなきゃいいか、という感覚です。

    ユーザーID:4517378743

  • 便利です

    公式文書や宛名書きに使用しないよう、商品に注意書きがありました。
    確かに勝手に訂正されて困るような書類には使えませんが、
    スケジュール帳に記入するとか、書き換え多い書類には使い勝手が良いですよ。
    極細も発売されて、手帳には本当に便利です。
    鉛筆代わり、だけどシャープにくっきりした筆跡で、気に入っています。

    しかし、先日某携帯電話会社の窓口で、確認のサインをそのペンでさせられたときは「?」でした。
    使う人が特性を理解していないと、困ったことも起こるかも知れませんね。
    私がサインした書類はさして重要なものでなかったので、敢えて指摘はしませんでしたが。

    ユーザーID:4168169399

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 100均で見つけて


    「おぉ!これは買いだっ」と
    即 購入しましたが 悲しいことに あんまりキレイに消すことができず 期待しすぎてしまったようです…ちょっとがっかりしました。
    消し跡を残さずキレイに消す方法が知りたいです。

    ユーザーID:6048931225

  • 困りました…

    ある資格試験の勉強をしてるとき、ノートまとめに、消えるボールペンを使っていました。
    間違えたとき修正液が要らないので便利!…と思いきや、
    30ページほどノートまとめをして最初のほうを見ようとしたら、消えてました。
    …まとめなおしー!(涙)
    もう使わないと決めました。

    ユーザーID:3083060708

  • あれは

    個人的な書き物に使うツールだと思っています。
    修正が出来るのは便利だしね。

    逆に公文書や手紙、客先に提出する書類には使用不可でしょう。
    消える可能性と不正防止の観点から見てもね。

    そういう用途を考えずに使用してしまう人がいるから
    迷惑する人も出てくるのでしょうね…
    でも、存在意義に疑問を持つのも変わってるな〜と思ってしまいます(笑)
    便利に使えば良いのでは?と思いますから。
    えんぴつでも同じでは?と思うのかもしれませんが
    書き味も違うし色等も使えるのではないでしょうか。

    結論:便利なものは用途を考えて使いましょう。

    以上です。

    ユーザーID:4820168719

  • ヒットしてるということは重宝してる人が多いわけで

    重宝しない人が意義を唱えても仕方ないことです。
    自分が使わなければいいだけ。

    さて。
    鉛筆は「粉」でまわりを汚します。
    書いてる手も汚れるし、ノートの隣のページに粉が飛びうつり、ノート全体がなんとなく黒くなります。
    消せるボールペンは、少なくとも乾けば他部位には影響しません。

    ところで、あれ、ノートで上のページを消すと重なった下のページのものも消えますね。摩擦なんだからあたりまえなんですが、はじめてそれに気付いたときはショックでした。消えたあとだったから。。。

    ユーザーID:1225984638

  • 全てのボールペンが消せる訳でない

    タイトルの通りです
    「ボールペン=消せる」となった訳では無い。
    ボールペンの原理を採用した新しい筆記用具と考えれば良い。

    >大事な事を書いて必要なときに消えて困ることはないのでしょうか。
    人は賢いですから上手に使い分けます。
    消せるボールペンを使う人は、その事を知った上で購入している。

    予備知識
    ・日向等で60℃を超えるとインクの色が消える。
    ・-10℃近くで消えたインクの色が戻る事がある。
    (全ての消せるボールペンに共通する説明ではないです)

    ユーザーID:7117064884

  • 手帳に書くとき重宝します。

    手帳に予定を書くとき重宝します。
    鉛筆だと薄くてめだたないので青ペンが好きなのですが、
    予定の変更時、ぐりぐり消したり修正液を使うのが好きでなく
    うまい落としどころを探っていました。
    最近はインクの濃いノック式が出て、さらに便利になりました。

    ユーザーID:1006989350

  • 愛用しています

    元々は消えないボールペンを使っていました(今でも使っています)が、営業職で基本的に商談のメモやTODOのメモに「消える」のを使っています。書き損じが多いので、「消える」のは助かっています。間違えなければそのままにしておけば、ボールペンで書いた風で、鉛筆よりは見栄えがいいです。メモにしか使ってないので、(ページの中なので、こすれることがないから?)消える事はないですね。

    封筒の宛名やちゃんとした書類は消えない普通のボールペンで書きます。

    ユーザーID:4802209993

  • ボールペンと同等には位置しない

    私にとって「消せるボールペン」は「濃いシャーペン」の位置づけです。
    「消せるボールペン」とは言っても、私はボールペンの代わりに使うことはありません。
    ですから、消えて困る所には使いません。

    本来、シャーペンや鉛筆で書くような所で、シャーペンだと色が薄いなと思うところに使います。

    ユーザーID:0014899498

  • 使ってます。

    イラストロジックや数独の場合
    ・消してもカスが出ない。(病院のベッドでも使いやすい)
    ・擦れて汚くならない。
    (シャーペンだと薄かったり、擦れて手や絵も汚くなってしまうことがあります)

    会社の場合
    ・チェックしてもあとで消せる。(赤ペン)
    ・後で書き直す可能性がある書類(シャーペン不可)のとき修正テープを使わなくて良い。

    などの理由から手放せません。
    消す必要性が無い方には必要ないかもしれませんね。

    ユーザーID:2387179281

  • 別に気にはならないけれどトピ主さんの提言は大事

     万年筆文化の時代にも「インク消し」というものが有ったのでボールペンをはじめとするインク文化に対し消せる事は悪いことではない。

     日常においても修正液だの修正テープが必要とされているので「物」としては問題は無い。と思います。
     
     でも個人的には履歴書だとか大事な書類には修正無しで提出したいと思います。そういうときは使いません。

    ユーザーID:6397225298

  • 私には便利

    職場で使います。
    必ずボールペンで書かなければいけない決まりがありますが、聞き取りながら書くので訂正も多いです。2重線で消しては書いているとシートが見にくくなるのでイヤでした。
    スケジュール帳など予定を訂正するとマスが小さくて見づらくなりませんか?
    大事な書類を消せるボールペンで書くようなおバカさんはいないと思いますが、公正証書などには利用しないよう注意書きもありますよ。
    便利だと思う人が便利に使うものです。
    意義なんて大げさなものじゃないですよ、文房具ですから。

    ユーザーID:0264425098

  • トピ主です ありがとうございます

    早速レスを頂戴しまして、ありがとうございます。
    レスを頂いた中に、

    >重宝しない人が意義を唱えても仕方ないことです。
    自分が使わなければいいだけ。

    とありましたが、意義を知りたいだけで異議を唱えるつもりはないんです。
    「意義」と言うと大仰ですが、多くのトピの中で埋もれてしまわないようにこのタイトルにしました。

    今回トピを立てたのは、このボールペンが売れていると耳にして、便利だろうが困ったことにならないのかと気になったからです。
    皆さんからのレスを拝見して、手帳に使うのはとても便利そうだと感じました。
    インクの色もいろいろあるんですね。

    でも、中にはやはり消えてしまって困った方もいらっしゃるんですね!

    また、使っている人が消せるタイプだとわかって書いている場合は問題が少ないでしょうが、知らずに使う可能性もあるのではと気になりました。

    ユーザーID:1671432834

  • 個人的なメモ用ならOK

    集中力が足らんと言われればその通りなのですが、私は書き間違いが多いので今まではスケジュール帳はシャープペン派でした。
    消せるボールペンに変更してからはハッキリくっきり見やすいスケジュール帳になったので嬉しいです。急な変更にも消して書き込めますし。
    でも温かい手でしばらく触ると少し薄くなりますね。
    ハガキとか書類などの用途のものでないので、そちらには使わないです。

    ドライヤーで一気に消せるので問題集に繰り返し書き込んで練習するのにも便利だそうですよ。

    でもフィクサー(固定液)みたいなのがあったらいいな… って思う私は本末転倒でしょうか。贅沢でしょうか(汗)

    ユーザーID:1517676373

  • はるるさんへ

    きちんと乾いてから消すと消えますよ。

    あと、2社から出てて、片方は日本製(インク)、片方は中国製(インク)です。
    TRENDYなんかにも両社比べが載ってました。どちらかわかりますよね。

    ユーザーID:6808622015

  • 愛用してます

    使い方しだいで、便利にも不便にもなりますね。
    私はクラフトの下絵を描く時に使ってます。
    もう無ければ困るほど愛用してます。
    消す時はドライヤーを使って、消えてしまったものを復活させたい時は冷やして。
    こんな便利なものを開発した人スゴイと思ってました。
    公のものには使わなければ問題ないと思います。

    ユーザーID:5992178838

  • 私はコレ

    私の愛用は、キャップに付いたゴム部分でこすると消えるタイプの赤。
    経理系仕事でのチェック用にとーーーっても便利です。
    色鉛筆は色が残るし、間違えてチェックしちゃったときも消せるし、助かってます!

    黒色インクは、ちょっと心配ですよね。
    買った本人は消せるタイプだってわかっていても、他人のをちょっと借りる場面だって多々あると思います。
    ペンを見て「あ、これは消せるタイプだ」ってパッとわからないし、下手したら詐欺に使われそうな心配もあります。
    ・・・ちゃんとした契約の時は、忘れずに「マイ万年筆」か「マイ(消えない)ボールペン」を用意しとこう。

    ユーザーID:3366687773

  • 確定しない事を記入するのに便利です

    例えば、皆さんからも意見の出ている手帳に記載する場合。

    秘書で役員のスケジュール管理をしています。以前はスケジュール帳に確定する前はシャープペンシルで薄く書き、確定した段階でボールペンで書いていましたが、シャープペンだと擦れてきたなくなるのが嫌でした。いまでは、確定前は消せるボールペンの青字で記入し、確定後に黒のボールペンで書く事にしています。こうすると、自分以外の人が見ても、確定前と確定後が見やすくなりました。

    あとは、社内の書類で、やはり最終決定でない書類に使ってます。自分ではこれで良いと思っても修正が入る可能性がある場合は、黒字の消せるボールペンで書き、決定後に油性ボールペンで清書します。

    以前は修正があるたびに何度も書類を書き直さなくてはならなかったのですが、そう言う事が無くなりました。広い範囲を消す場合、油性ボールペンで清書後ドライヤーをかけると、熱で消えるボールペンの字が消えるので重宝しています。最近は、子供の学校へ提出する書類も何度もこの方法で記入しています。

    ユーザーID:6057277977

  • 楽譜用

    採譜する時に使ってます。
    鉛筆より濃いので見易いし。

    ユーザーID:3629628701

  • むかし

    20年以上前?にも消しゴムで消せるケルボっていうのがあったと思うんですが、あれとはまた違うんですか?

    ユーザーID:4955472585

  • 技術革新に意義あり

    消せるボールペンの意義は、それが実現できた技術革新そのことに意義があると思います。

    実用面において消せないことが利点だったボールペンの優位性を覆すものではないと思います。適材適所で使い分けるべきですね。

    ユーザーID:8893955821

  • ハガキには使わないでぇ

    仕事で,表面は申し込み者ご自身の住所が書いてあり,裏面にはこちらからの案内文を印刷する というのをやった事があります。
    裏面は同じ文面なので,レーザプリンタで印刷したら。。。
    数枚のハガキの住所が消えていました。

    インクは消えても筆圧は残っていたので何とか読み取りましたが,あれから消せるボールペンはキライになりました…

    使うのであれば秘密の日記などだけにしてくださいね(笑)

    ユーザーID:1376856629

  • シャープペンでも同じじゃないか

    息子が日本から送ってもらった消せるボールペンを使ってます。始めは"Is this ballpen? Good!"と感動してました。私もそれを使ってみましたがこれなら普通のMechanical Pencilでもいいんじゃないかと感じました。消せないからボールペンで書くという使い方をしたのにこすったら消えるんじゃボールペンである理由が無いじゃありませんか。

    ユーザーID:1918633454

  • 乾くまで待てない…

    一度に多くの文字を書き、一度見せるだけの仕事をしています。後で消えても問題ないが、書き損じがいくつか生じると見た目が汚いので以前よく買っていました。
    しかし消し跡が少々汚いんですよね。。 消しました感が残ります。二重訂正線が沢山よりは、見やすいですが。


    外国製の、消せるけどしばらく経つと熱でも消えなくなるものも買いました。重宝はしましたが沢山書くには書き心地が悪かった…


    今はコンビニで100円のものに舞い戻りました。

    ユーザーID:7013745839

  • 郵送物

    通信教育のレポートとか宛名書きを何十通も出しているけど消えてしまった事なんて一度もないよ。

    よく擦らないと消えないからねぇ。
    困る意味が良く分からないな。勝手に消える事なんてあるの?

    ユーザーID:4432161073

  • 校正用

    消せるペン、校正作業には欠かせません。限られたスペースに赤でチェックを入れていくので、書き直しがきくととても便利です。
    また、一度チェックした箇所を元に戻したい場合も、前はいちいちバツをつけて「やっぱりそのままで」という意味の指示を書き入れていましたが、消せるペンなら消しちゃえばいいのでラクです。

    このトピでは、他にもいろいろな活用法があることを知ることができて楽しいです! ドライヤーで消せるというのは気づきませんでした。

    ユーザーID:8365519326

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧