こんな小説さがしています。

レス22
お気に入り63

みるねえさん

話題

こんにちは。

刺激もなく、淡々とした日々を過ごす毎日です。

あっという間に読み進んでしまう、ドキドキ、ハラハラの小説がありましたら教えてください。

ちなみに私の場合、古くてベタですが桐野夏生の『OUT』、東野圭吾の『さまよう刃』なんかが面白かったです!

よろしくお願いします!

ユーザーID:6165849293

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私のおすすめ


    小野不由美「屍鬼」

    貴志祐介「悪の教典」

    どちらも長編ですが止まりませんでした。

    本の虫の私のおすすめです。

    ユーザーID:2469387687

  • 私なら

    ●ファンタジー
    小野不由美「十二国記」「魔性の子」
    デイヴィッド エディングス「ベルガリアード物語」「マロリオン物語」

    ●ミステリ
    小野不由美「黒祠の島」
    藤木稟「バチカン奇跡調査官」
    三津田信三「厭魅の如き憑くもの」

    ●恋愛
    有川 浩「図書館戦争」

    とりあえず、最近読んで面白かったのはこんな所ですかね。
    十二国記は昔から何度も繰り返し読んでますが、何回読んでも面白いです。

    ユーザーID:2756298998

  • ノンフィクションでもよいですか?

    脱出記〜シベリアからインドまで歩いた男達

    という本。

    面白過ぎて徹夜しました。感動的でもあります。
    イチ押しです。

    ユーザーID:1141260746

  • 奏かなえ

     …の「夜行観覧車」←観覧車の部分が自信ありませんが…

     借りた本なので題名確認してませんが
    こんなような題でした。
     面白くて2〜3日で読み上げました。

     もう読んだかも…ですが、村上春樹「ノルウェーの森」

     です。

    ユーザーID:1776802946

  • 何年か前の作品ですが。。。

    重松清さんの『疾走』はどうでしょう。上下巻とあり長編ですが・・・
    池井戸潤さんの『空飛ぶタイヤ』も面白かったですよ。
    前述の貴志祐介さんの『悪の教典』もとても面白かったです。トピ主さんのおっしゃる『さまよう刃』もとても面白いと思って読みました。

    ユーザーID:3851917452

  • え〜っと…

    山田悠介さんの作品はちょっと怖いのもありますが、ハラハラドキドキです。
    私は、[親指さがし]が一番面白かったです。
    後、東野圭吾さんの作品はどれも早く結末が知りたくて、寝るのも惜しんで読みました。
    映画にもなりましたが、角田光代さんの[八日目の蝉]もよかったです!

    ユーザーID:7543161108

  • ハラハラ系だけではないですが

    やっぱり小野不由美は凄いですね。
    「屍鬼」「黒嗣の島」は既出なので、僕は「魔性の子」を挙げておきます。
    「や〜め〜て〜!」っていうお話です。

    綾辻 行人 「Another」
    怖いお話です。寝れなくなります。続きが気になって。

    服部まゆみ 「一八八八 切り裂きジャック」
    長編ですが、一気に読めます。
    雰囲気が凄くいいです。霧のロンドンって感じで。行った事ないですけど。

    島田 荘司 「切り裂きジャック・百年の孤独」
    小説としては平凡ですが、落ちは唸らせるものがあります。
    あの事件は、そういう事だったのか!と納得してしまいます。

    夢枕獏 「神々の山嶺」
    おそらくこの人の最高傑作です。
    男っぽい話ですから女の人には理解不能かもしれませんが。
    日本一の小説を挙げろと言われれば、僕はこの作品を挙げます。

    ユーザーID:3620526716

  • すいません

    「魔性の子」既出でしたね。見落としてました。
    それくらい面白い作品と言う事です。

    代わりに別のを挙げておきますね。

    相当古い(20年前)本ですが、
    王領寺 静 「黄金拍車」

    ユーザーID:3620526716

  • 跳べないヒヨコさんの推薦

    悪の教典


    屍鬼


    どちらも面白かったですよ


    かなりハードな内容ですが


    道尾秀介さんと、阿倍和重さんも、お二人共に、次々賞を取られていますが、好きですね

    あと、ホラー系ではありませんが


    五條暎さんかな


    女性ですが、自衛隊出身で、男性並みのバイタリティーある物を書く人ですね


    篠田節子さんの、仮装儀礼も面白かったですね

    ユーザーID:2870290073

  • 貴志祐介さんはいかがでしょうか

    貴志祐介さんの小説はお勧めです。
    中でも「新世界より」「クリムゾンの迷宮」「ダークゾーン」
    がお勧めです。

    ユーザーID:7697211238

  • こんなのはいかが?

    歌野晶午:葉桜の季節に君を想うということ
    伊坂幸太郎:ゴールデンスランバー
    宮部みゆき:火車、龍は眠る
    島田荘司:占星術殺人事件

    ミステリー以外でしたら、
    ジェフリー・アーチャー:カインとアベル

    歴史物はダメですか?
    司馬遼太郎の小説に触れて、歴史音痴の目が開きました。
    何といっても本当にあったことですから、ドキドキ・ハラハラの度合いも違うかと・・・。

    ユーザーID:3439158999

  • 学生の頃読みました

    シドニーシェルダンの本は面白かったです。が、幾つか読むと作品の傾向が読めて来てしまいます…

    古いのでもう読んでらしたらごめんなさい

    ユーザーID:6994394743

  • 新井素子

    「ひとめあなたに・・・」
    あと1週間で地球がなくなる、という話です。
    主人公の女の子は、その時、ただひたすら愛する人のところへ行こうと決意します。
    途中で狂っている人を見ます。
    本当にこんなのかもしれない、という、怖さを感じて、背筋がぞくっとします。
    表現にリアリティがあって、すごいです。
    新井素子の他の話とはちょっと次元の違う完成度です。

    ユーザーID:4395034181

  • 追加


    二度目の投稿です。思いついたものを書きだしてみました。

    私はサイコサイペンスorトリッキーなハラハラドキドキものが
    好みなのでお好みに合えば良いのですが…

    中島らも「ガダラの豚」

    天童荒太「家族狩り」

    香納 諒一「贄の夜会」

    西澤 保彦「収穫祭」

    我孫子 武丸「弥勒の掌」

    殊能 将之「ハサミ男」

    三津田 信三「山魔の如き嗤うもの」


    最後にSFも‥

    筒井 康隆「朝のガスパール」

    星 新一 「ボッコちゃん」

    皆様のおすすめ本も興味深いです。
    トピ主様、素敵なトピありがとうございます。

    ユーザーID:2469387687

  • 「乙一」さんの本

    文庫で沢山出ています。
    どれもあっという間に読んでしまいました。
    個人的にはハズレの無い人だと思っています。
    とってもオススメなので、未読でしたら是非!

    ユーザーID:2738850818

  • 音道貴子シリーズ(の長編)

    みなさんのレスを読んでいるだけで楽しいですね!

    私のお勧めは、
    乃南アサ「鎖」「風の墓碑銘(エピタフ)」です。
    どちらも「女刑事音道貴子」シリーズの作品ですが、
    時間を忘れて読み込む、といえばこれしかありません。
    どちらも終盤のシーンにはゾクっとさせられます。
    おためしあれ!

    ユーザーID:1906248647

  • レスありがとうございます

    レスをくださったみなさま!

    沢山の本を紹介して頂きありがとうございます。

    ほとんどが未開発の分野なので、わくわくして久々にドキドキしてしまいました(笑)

    被って上がっているものはきっと相当のスリルものなのだろうな〜とうずうずします。

    とっても嬉しいです!ありがとうございます!

    引き続きお願いします。

    ユーザーID:6165849293

  • 小説ではありませんが

    エリック・ラーソン 『悪魔と博覧会』

    シカゴ万博と、時を同じくして起きた連続殺人を扱ったノンフィクションです。
    ブ厚いハードカバーでしたが、一気読みしてしまいました。

    ユーザーID:3620526716

  • 良いトピックをありがとうございます。

    ジェフリー・アーチャー「ケインとアベル」「ロスノフスキ家の娘」
    シドニー・シェルダン「明日があるなら」
    西村京太郎「D機関情報」

    ぱっと思いついた本を念のため調べてみたら、なんと「ケインとアベル」以外絶版になっているようです。
    なんてもったいない!
    中古で手に入れるか図書館で借りるしかないものをおすすめして申し訳ないですが、文句なしに面白いと思います。

    最近?の本では、貴志祐介「クリムゾンの迷宮」が面白かったです。
    怖いです。怖いけど読むのを止められない!

    ユーザーID:8680007080

  • 色々ありますが

    二度目のレス、貴志祐介さんの、「新世界より」も面白かったですね

    ホラー系、マイナーだと思いますが


    明野照葉さんが面白いかも


    ちょっと怖い、ゾクッとする感じ


    ちょっと系統は違うけど新堂冬樹さんも、エグいけど、自身の体験談も兼ねての話しです

    この方は桐野夏生さんを、ハードにした感じかな

    ユーザーID:2870290073

  • 私も

    前にレスされた方と同じく、貴志祐介さんの「クリムゾンの迷宮」良かったです。
    この作家さんの「黒い家」(ハラハラドキドキどころじゃない、凄く怖いです)と「天使の囀り」(こちらも怖いですが、グロテスクなのが苦手ならお勧めできません)も面白いですよ。
    あと、北村薫さんの「盤上の敵」これも良かったら読んでみて欲しいです。
    私も皆さんのお勧め本を読んでみたいです。
    トピ主さんありがとう。

    ユーザーID:1251954467

  • 既出ですが

    貴志祐介「黒い家」
    途中何度も結末を先に読みたくなる怖さで、ハラハラドキドキでした。

    新保裕一「奪取」
    偽札作りと、ヤクザとの駆け引き。これもハラハラドキドキでした。

    ユーザーID:0096016440

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧