【東大生の親御さんへ】どのような教育をおこなってきましたか?

レス17
お気に入り195
トピ主のみ0

pa.zu.

学ぶ

はじめまして。

ふと、どういう教育を受けた子が東大に入れるのだろう?と疑問に思った者です(もちろん、ご本人の努力や能力あってのことだとは思いますが)

英才教育をほどこす、進学塾に入れるなど定番?の方法以外で、何かありましたら、お聞きしたいです。

例えば……

・勉強以外での習い事は?
・勉強以外で気を付けていたことは?(勉強部屋の間取りや食べ物など)
・塾等は利用しましたか?(毎月の教育費など)
・家でお子さんの勉強をみたりしましたか?
・金銭的なこと以外で、お子さんの受験合格のためにやったことなどありましたら……

宜しくお願いします。

ユーザーID:6849398747

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 質問に・・

    うちは多分、何もしてない家庭です。
    小さい頃から本が好きで、親子で図書館やブックオフに行くのが趣味な程でした。あとは普通にゲームやPCが好きで、受験直前でも毎日ゲームを1時間程してました。

    ・習い事は、小学校〜中学校にかけて武道系を。体力と礼儀が習えるかなと思いまして。中学校で部活が忙しくなり、初段になったところでやめました。

    ・勉強は高校入るまでダイニングでしていました。食べ物は好き嫌いのない、野菜・魚大好きだったので楽でした。

    ・塾に行ったことはありません。もっぱら通信。幼稚園の頃のしまじろうから高校はZ会やってました。塾にいく?と聞くたびに、必要を感じたら行くと言っていましたが、最後まで必要を感じなかったようで(笑)

    ・小学校から中学校にかけては勉強をなんとなくみてました

    ・特に何も。ただ子供に対して「勉強しなさい」と言ったことはありません。自分で東大に行きたいといい、自分で努力して受かりました。
    受験や勉強に対して何か言ったことはありません。お金の準備、宿や新幹線の手配等はしましたが・・

    結局、本人の意思と努力以外無いと思います。

    ユーザーID:9731530073

  • 私立中学

    通学範囲の中学があまり勉強熱心ではなかったので、
    私学の中学に通わせました
    公立中学よりかは私学のほうが勉強して当たり前と言う
    環境が大きかったと思います

    高校受験を目の前にして勉強をはじめるのか
    中学入学すぐに大学進学を視野にいれて勉強するのか
    一概には言えませんが、この期間の差は大きいと思います

    御三家ではありませんが、
    大学進学を見据えたカリキュラムで、あまり成績が芳しくないと
    保護者、担任、学年主任、場合によっては校長を交えての
    話し合いがあるほど、勉強には力を入れる学校です

    予備校などに通う時間がないほど、受験対策は学校で指導しています

    勉強以外で家庭で気をつけていたことは特に思い当たりません
    他の家庭と変わりはないと思いますが、あえて言えば、
    部活も厳しかったので、早めに就寝させるくらいでしょうか

    予備校に通う時間すらなかったので、勉強は学校に任せていました
    学校での勉強は厳しかったようです

    ユーザーID:8205537786

  • 適当に育ててしまった

    今年、東大に合格しました。

    ・習い事。やっていません。幼稚園の時にスイミングに行かせましたが、長続きせず。

    ・勉強以外で気をつけていたこと。勉強部屋は普通の個室(6畳くらい)です。食べ物も普通です。

    ・塾は、高校受験の前に行かせました。高校入学後は本人が部活等で忙しいので行きたくないというので、高校だけ。Z会は3年秋から。

    ・勉強を見てあげたことはありません。自営業で忙しかったので。

    ・受験合格のためにしたことは特にありません。

    一浪で入ったのですが、もう少し子供の勉強に関心をもって、高校と同時に塾などに通わせていたら、現役で入れたかもしれません。
    その点、少し後悔しています。
    浪人生活(予備校)は、親にとっても、子供にとっても、精神的に大きな負担がありますから。

    本人は、「東大を目指す子が多い高校に入ったこと。
    先生が『君は東大に入る』と言ってくれたこと。」
    の2点が東大を目指す上で支えになったと言っています。

    ユーザーID:9442565316

  • 特に何かをした覚えがありません。

    私も夫も頭が良い方ではありません。
    だから何故、我が子が東大生になれたのか不思議で仕方がないのです。

    ・勉強以外での習い事は?

    ピアノを習っていました。

    ・勉強以外で気を付けていたことは?(勉強部屋の間取りや食べ物など)

    食事だけは朝から和食でしたし、夕食もそれなりに並べていたと思います。でもそれ以外は、全く気を使っていません。
    何事も本人任せでした。

    ・塾等は利用しましたか?(毎月の教育費など)

    塾に行っていたのは小学生までです。
    中学生になってからは、本人が行く必要がないと言うので行っておりません。

    ・家でお子さんの勉強をみたりしましたか?

    幼児期から小学生までは、私がみていました。
    勉強を教えると言うより、頭の体操や身の回りの不思議なこととか一緒に考えたりしていました。
    科学館や博物館が大好きで、アチコチ旅行をしては、必ず何処かしらの博物館巡りをしていました。

    ・金銭的なこと以外で、お子さんの受験合格のためにやったことなどありましたら……

    これはしました!!
    夫と一緒にお百度参りをしました!

    ユーザーID:0993768074

  • 親という字はよく出来ています。

    木の上に立って見ている。

    ユーザーID:5437142991

  • 身内に東大生いますが

    元の頭が違うと思います。東大生ではありませんが、私の叔父も頭良いですが(部下は全員東大生)やっぱり元の頭が違うようです。ちなみに叔父は剣道していたようです。
    昔姉が叔父に勉強を教えて貰おうとしたら
    『分からないというのが理解出来ない』と言われたようです。

    ユーザーID:4180664959

  • 何かの本で…

    新鮮な卵子、新鮮な精子で産まれた子供はIQが高いというのを目にした事がありますので、
    ある程度は生れつきで決まってしまうと思います。

    何だか生々しくてすみません…

    ユーザーID:5757019049

  • 頭の良さは集中力

    生まれたときから集中力をつけることを主眼においた子育てをしていました。
    フラッシュカードやくもんなどの早期英才教育ではなくて、遊びの中で、考える時間を長くする方向に誘導していったというか・・・。

    頭のいい子を育てるのはとっても楽ですよ。
    モラル、道徳、思いやりなんかを他人との関わりの中で自然に身につけていきますので、簡単に「叱らない子育て」が出来ます。
    そういえば、京大芸人宇治原さんのお母様も「叱った記憶が無い」とおっしゃっていましたね。

    逆に言うと、頭の悪い子に育てるには、子供が遊びだしたらすぐ声をかけて集中力を切らしてあげることです。
    落ち着きの無い、いくら叱っても言うことを聞かない子に育ちますよ・・・たぶん。

    ユーザーID:3515208097

  • 兄弟の子ですが

    今年、現役で受かりました。
    習い事はピアノとフルートでした。
    ピアノは地区の大会?で賞を取る程でした。
    音大とどちらにするか悩んだ時期もあったようです。
    塾は高校の時に週2日行ってたようです。
    近所の普通の塾です。
    中学生からいる塾らしく早速バイトしてほしいと
    言われてるとか。
    義姉も仕事が忙しいので勉強を見たり食べ物に気を付けてる
    様子は全くありません。
    残業で遅かったりするので勝手に作って食べたりしてた
    ようです。
    ただ夜食は、週に何度かうどん等簡単なものを受験時には
    作っていたらしいですが。
    兄も義姉も中堅大卒ですが、日々の生活で理系の専門話も
    子供にはしていました。それと大学生活話。卒業後の
    身の振り方。親戚にも様々な専門職の人間がいるので、
    専門的な話は高校生ながら聞いて育っているとは思います。

    ユーザーID:1748542736

  • 元東大生、今教員です。「入学」ではなく「卒業」を目指す。

    元東大生で、今も詳細は明かせませんが東大生の親をたくさん見る立場におります。

    まず、東大に来るような子の半分くらいは、親が何と言おうがとにかく勉強が好きです。
    それこそ小学校低学年くらいから。
    親の学歴と教育への関心度の高さも関係あると思います。親が学ぶことが好きだと、子どもも好きになるのかもしれません。
    あとは世帯収入との相関が高いです。東大生の親は、世帯か個人か忘れましたけど平均年収900万くらいです。

    なお、東大に入った後の適応も考えた方がよいです。入ったはいいけど、無事に卒業できないと意味がありません。
    「東大が全て」みたいな考え方では入学後燃え尽きることもあります。
    田舎から苦学して村に1人の秀才という感じで入ってきた子も、周囲がみな裕福かつ優秀な学生という環境に慣れにくいことがあるようです。

    一番適応が高いと思うのは、
    ・都心の高収入な家庭育ち
    ・中高一貫の進学校育ち
    ・親など周囲の価値に振り回されず、自分から勉強を楽しんでいる子
    ・東大が「ゴール」ではない子
    です。逆説的ですが、「東大入学を目指さないこと」が東大への近道です。

    ユーザーID:0804252548

  • 都心vs田舎を煽るつもりじゃございませんけども

    「元東大生」さんの投稿にコメントを付ける形で恐縮ですが、
    私の教えた理系クン学生達(1000名超え)の中では、

    >・親など周囲の価値に振り回されず、自分から勉強を楽しんでいる子
    >・東大が「ゴール」ではない子

    上記二つにあてはまる子が伸びていることには全く同意です。

    一方(学部学科のカラーにもよるでしょうが)、下記二つ

    >・都心の高収入な家庭育ち
    >・中高一貫の進学校育ち

    については、「そうかなあ?」とむしろ逆印象です。
    そこそこ優秀なものの、おっとりしすぎたり、限界を先まわりして作ったり、打たれ弱かったりの子が多いような印象。

    むしろ田舎(■東京以外…ってざっくりしすぎ…)から出てきて、
    都会の「洗練された(悪く言うと要領の良い)」奴等にカルチャーショックを受けながらも、
    それを乗り超えた子は大きくなって出ていきます。教員の田舎率、結構高いですよ。

    あくまで印象ですがそういう観察事例もあるということで。
    最後に重要な点、「目の前の先生から何かを学びとってやろうとする心がまえ」がある学生はやはり優秀ですね。

    ユーザーID:8575314417

  • 田舎VS都会

    「関係者」さん、理系の教員なんですね。ご近所でしょうか(笑)。
    私は学生時代文系、今は理系です。
    教員田舎率、これは本当に学科によるのかもしれません。
    私の過ごした学部では、やはり中高一貫の都会っ子が強かったです。
    入学直後からダブルスクールが当たり前、というような学部でしたので
    そういう心構えが入学前から出来ている学生は適応がスムーズでした。

    かたや、理系では過酷なラボ生活を生き抜くために文系以上にメンタルの強さが必要なので、
    田舎・都会にかかわらずタフな学生に強みがありますね。

    進学校出身者は、すごく優秀なのと打たれ弱いのと、分散が大きい気がします。
    ただ「親も大学教員」とか「帰国子女で英語不自由なし、博士課程まで経済的懸念ゼロ」
    みたいな経済・教育基盤のしっかりした学生は都会に多いので、
    総合的には進学校出身は有利だなという印象ですね。
    田舎出身者は、たまに大当たりがいるけど障害要因が多く、平均値は低いイメージです。

    ちなみに私の所属先では、教員は名の知れた進学校の出身が多いです。
    (調べたわけではなく、「あいつとは◯高の同期でさー」という話が頻繁に聞かれるので)

    ユーザーID:3253222033

  • 兄弟三人とも現役東大です

    都内在住兼業主婦です。私も弟も妹も現役で東大、妹は首席卒です。

    母親は薬剤師の資格はありますが出版社勤務の編集者で、共働き家庭でした。
    料理はよその専業家庭の子がビックリするほどおかずも多く、
    毎晩子供の私達の方が笑い疲れるほど遊んでくれたり、
    休日はよく外遊びをしましたが、「勉強しろ」と言われたり、
    勉強を見てもらった記憶は全くありません。

    習い事はピアノ(大人になった今でも)とスイミング(中学まで)。
    高校になるまで個室もなく、塾も近所に通うのみ。
    ただ、三人とも勉強は好きです。新しことを知り、覚え、使うことの
    何がつまらないのか、今でもわかりません。
    また、部活や文化祭などの課外活動も熱心にやっていました。
    運動、絵画、書道、英語弁論、読書感想文等、月に一度は表彰されていました。
    友達にも恵まれていたと思います。弟や妹の友達とも今でもたまに会います。

    三人とも同じ都立進学校で、日本一取得単位数が多く理系文系にも
    分かれないため自然と国立受験に向いた勉強になったのが大きいかな。
    実は従兄弟も同じ高校出身で、東大首席卒です。

    ユーザーID:2891804341

  • 都会vs田舎

    完全に横になってると思うのですけどね。

    都会か田舎かに関わらず、同じ学校からいっぱい入ってくるところの出身の方がドロップアウトはしにくいと思います。
    いろいろな情報が入りやすいですからね。

    一人で上京してきて、勉強はよくできるけど友達付き合いは苦手なんてタイプは、怪しげな新興宗教に狙われることもあるし(最近の事情は知りませんが、昔は構内に勧誘のお姉さんがいました)、ちょっとしたきっかけでつまづきやすいと思います。


    でも、卒業は・・・社会的にドロップアウトするような人でなければ・・・普通、できるでしょう?
    東大は緩いと思いましたけど。最近は違うのかな。
    (一例ですけど、よその大学を年限オーバーで退学になった人が、東大ではストレートで卒業できてました)

    その後にどれだけ活躍できるかが大事なんじゃないですか?

    ユーザーID:1918604766

  • 特には

    小学校の頃はほぼ毎日スイミングへ行ってました。
    あとピアノを週一回。

    子供に個室は与えていましたが、部屋にこもることはなくほぼリビングかダイニングにいました。
    宿題なんかもダイニングテーブルやリビングのテーブルでちょこちょこやっていました。

    塾は中学受験のときに冬季講座に一週間ほど通いました。

    中学受験のときは多少勉強をみましたが、中高一貫に進んでからは全て学校に丸投げでした。

    受験勉強も全て学校でやっていて家ではあまり勉強しなかったです。
    学校が土曜も日曜も正月もみてくれました。

    私は本が大好きで今でも毎日本を読みまが、
    子供も小さい頃から本はよく読んでいました。
    本は子供と一緒によく図書館にいって好きなものを読ませていました。

    家の子は本当に勉強嫌いであまり勉強する子ではなかったです。
    それにものすごく秀でてできる子でもありません。

    だからなぜ現役で受かったのかはわかりません。
    小さいときから本番に強い子でしたので運がよかったのだと思います。

    ユーザーID:1195199596

  • 壮絶な家庭でした

    中学時代は父の家庭内暴力、流血沙汰でたびたび警察を呼ぶ日々。父に殴られながら高校受験。高校で両親離婚、働きづめの母と貧しいアパート暮らし。両親は高卒で勉強苦手。母はやさしい人でしたが、料理・掃除も苦手で、アパートは汚部屋。

    それでも合格し、理系の学科首席卒です。細かい気遣いなんていらないと思いますよ。殴らないでくれたら十分です。

    ユーザーID:4142490332

  • 公立出身の子

    幼稚園に入る前の頃、
    新聞がとにかく好きな子でした。
    それでどんどん字を覚えたのだと思います。
    自分流に新聞を作っていて朝刊と夕刊を書いて
    「毎日忙しい。」と言っていました。
    ピアノを近所で習いはじめると弾くだけでなく
    五線譜を書いて作曲みたいなことも始めました。
    作曲の才能があるというより
    そんな風にいろいろ自分で作ってみるのが
    好きな子だったのだと思います。
    地図も好きで自分で架空の町を
    ノートに書いていました。
    ノートと鉛筆さえあれば
    いくらでもひとりで遊べる子でした。

    小学校、中学、高校、首都圏ですが
    全部公立です。塾は中三の秋にすこし、
    あとは部活をずっとまじめにやっていました。

    芯が強くて決めた事はやりとげる子です。
    勉強に関して親は何か言った事は
    ありません。東大志望は高三からです。

    浪人して予備校で初めて名門私立の子達と
    会い、自分とは違うすごい教育を受けてきた人達
    と思っていたが、別に自分と差はないな、と思ったそうです。

    東大に入っても同じ感想だそうです。

    ユーザーID:1834070992

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧