• ホーム
  • 男女
  • お互いの母国語ではない言葉で、意思疎通をしているカップル

お互いの母国語ではない言葉で、意思疎通をしているカップル

レス31
(トピ主2
お気に入り44

恋愛・結婚・離婚

あんころもち

お互いの母国語ではない言葉で意思疎通をしているカップルの方は
本当に意思疎通が出来ているのでしょうか?

私の場合は夫が英語しか話せないので
私もそんなに英語が得意ではないですが夫にしてみれば母国語なので
ちょっとくらい文法を間違えても単語を間違えても、私のクセや一緒にいる経験からなんとなく理解してくれます。

日本にいる外国人の方の日本語も
アクセントやちょっとした間違いがあっても
私達は日本語が母国語なので
なんとなーく、こういう事が言いたいんだろうな
と分かりますよね。

でも例えば日本人と○●人のカップルで
お互いが英語で会話している場合
(英語が母国語ではないのが前提です)
深い話が出来るのかなと疑問です。

以前、そういうカップルと待ち合わせた時
2人が理解しあえてなくて、結局待ち合わせに2時間遅れられた事があります。
携帯があるし、会える機会が滅多にないので、イラッとはしましたがまぁいいかと思いました。

3人の会話は英語だったのですが
(旦那さんはヨーロッパの人、奥さんと私は日本人)
旦那さんにすごい勢いで聞き返されまくるし
旦那さんの英語も聞き取れないし
旦那さんと奥さんの話もかみ合ってないし
なんだか不思議だなと思ったのを覚えています。
旦那さんはともかく、奥さんの英語は英語圏でやっていけるレベルだと思うのですが、とにかく通じてませんでした。

関係ないっちゃ関係ないのですが
夫婦の会話はどうしてるのかと疑問に思いました。
奥さんは旦那さんの国で一生懸命勉強されてるのでいつか噛み合うとは思うのですが、その前に結婚するのってすごいなぁ、なんて。

実際そういう環境の方や
周りにそういうカップルいらっしゃいますか?
意思疎通、どうしてるんでしょう。

ユーザーID:2472563545

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちは

    中国語(夫)と日本語(私)で英語が共通語で
    英語圏に住んでいます。。

    トピ主さんが言うところの『意思の疎通』と言うのが
    どういう事を指すのだろうか?と考えたりもしますが…

    私達の場合は、普通の会話は英語で問題ないです。
    心理(心情)的なものに関しては相手がなに人であろうも
    難しくはないですか?

    『2人が理解しあえてなくて、結局待ち合わせに2時間遅れられた事がある』との事ですが、これは意思の疎通云々よりも、そのお友達の連絡手段が悪いような気がします。

    『2時間の間違え』って…聞き間違いしてはずいぶん違うような気も
    しますけれどもね。もし、お互いが普段から認識してるんであれば
    確認事項などはメモ書きするなど、いろいろ手段があると思いまが。

    家の場合は、約束事などは必ずカレンダー及びその日の行動を書くホワイトボードに記入します。子供の予定などもありますので…

    また、どうしても英語でなんと言ったら分からない場合
    『漢字』で筆談する時もありますよ(笑)

    まぁ、2時間待ちの時は残念でしたが気にされない方がいいですよぉ

    ユーザーID:9853067152

  • 言葉はほんの一部

    事実の伝達もできないほど意志疎通ができないとこまりますが、そうでなければたいした問題にはなりません。日本人同士だって全然わかっていない例もたくさんあります。「食う、風呂、寝る」だけでは外国語で言ったって同じです。経験から言えば、言葉が通じれば心も通じると思うのは間違いです。逆に、たとえば病気で言葉が話せない家族がいても、心は通じます。

    ユーザーID:2939791207

  • 夫婦はどうなんでしょうね

    大学のときに留学生(Not英語圏)の彼氏がいたけど、
    その時はニュアンスが通じないのが逆によかったです。
    通じないもどかしさってある意味恋愛の醍醐味なので。
    でも彼と結婚とかはまったく考えなかったなあ。
    彼が母国に帰るときにさんざん盛り上がって、
    泣くだけ泣いて浸ったら満足して、さ、久しぶりに合コン行くか、みたいな(笑)

    友達の友達が英国人のダンナさんで、
    さぞきれいな英語しゃべるんだろうなって思ったら
    ものすごくガラの悪い英語で、
    でもダイレクトにわからないから我慢できるのかなあと思ったのも思い出しました。

    ま、日本語でしゃべってるはずなのに通じないってのもよく聞きますしね。
    それよりも夫婦になったら通じちゃうのかもしれないですね。
    熟年夫婦は「あれ」「それ」で全部通じるらしいですし。

    ユーザーID:1420880429

  • えー!

    >>私もそんなに英語が得意ではないですが<<

    という立場で よく他の方のことが言えるなぁ〜とびっくりしました。

    ご主人は”慣れ”で 貴女の英語が理解されてるかもしれませんけど、
    他の方が聞けば 今回のお友達のボーイフレンドと同様 「下手な英語しゃべってるなー、何言ってるかわかんないよ。」
    と、思っていらっしゃるかもしれませんよ。

    誤解は言葉だけではなく、その方たちの性格もありますよ。(よく確かめないとか、遅刻が平気だとか)

    ユーザーID:5042000267

  • なんとかなるものなんでしょうね。

    あんころもちさん、こんにちは。
    私が知っている人の中に、ご主人はアメリカ人、奥さんは中国人ですが、なんと日本語で会話しているご夫婦がいますよ。
    理由は、どちらかの母国語を使うと母国語を使っている一方にとって有利になるからというのと、二人とも日本語が好きだからということでした。
    お互いに相手の国の言葉がわからないという夫婦も知っています。
    謎ですけど、二人だけの意思疎通の仕方が自然にできてくるものなのかもしれませんね。

    ユーザーID:6377353228

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • そりゃ、うちだわ

    お互いの母国語ではない英語で会話してます。
    本当の意味で意思疎通が出来ているのか聞かれるとどうなんでしょう?
    同じ言語をしゃべるから意思疎通が可能かと言うと、「根本のところでは絶対コイツとは話が通じない」って感じる相手もいるし。。。うーーん。
    とりあえず、10年余り相手の言ってる事が理解できないという問題はなかったです。アンタの考えが理解できんという事はあったかも?

    でも、
    『向こうにとっては母国語だからちょっとくらい間違っても分かってくれる』
    ってのは案外あてはまらないですよ。
    私は英語圏で学校を卒業して、その後働いてましたが、外国人同士の方が意外に理解し合えます。
    学生の頃、凄く訛のきつい英語を話すインド人の教授がいて、現地の子が全滅している間、ノートをきっちりとれてたのは英語を母国語としない外国人だけだったという事がありましたから

    ユーザーID:1958973267

  • 完璧な人や関係はない

    それでやっていってる人、たくさん知っています。

    それ以下で、片方がその語学力では生活も厳しいのでは?という語学力の人もいます、同じように会話がかみ合っていないカップルを知っています。たまに私が訳してあげて理解できることもあるぐらいです。それでも二人とても幸せそうで、仲良くやっていますよ。付き合って5年目ぐらいですが、今、結婚をするようです。

    私も以前イギリス人と付き合っており、私の語学は日常生活が何とかできるかのレベルでしたが、語学力で別れたわけではありませんでしたし、それで別れたカップルも聞いたことはないですよ。
    しかし数年たって、私の語学力がアップし、同レベルで喧嘩が出来るようになった時、彼は驚き、「昔はそんなに細かいことをガヤガヤ言う人間ではなかったのに」と言われたことはありました。私の語学力が低かった時のほうが円満だったような気もしますが(笑)。お互い気が強かったので。

    不思議に思われる気持ちはお察ししますが、結局、「愛は言語を超える」ということではないでしょうか?現実視した場合、すごく素敵なカップルに見えると思うのですが、いかがですか?

    ユーザーID:9067171346

  • 答えはあなたのトピ文の中に

    >私のクセや一緒にいる経験からなんとなく理解してくれます。

    それですよ。

    最初は外国語である英語で会話してるカップルは結構いらっしゃいますよ。
    私たちもです。
    結婚して夫の国に住んでから本格的に夫の言語も日常会話レベルは習得しましたが未だに英語の方が楽です。

    深い話って何ですか?あなたはどんなすごい深い話を?

    税金のこと、子供のこと、友人の結婚式のこと、車の買い替え時期のこと、仕事のこと、ご近所さんのこと、人間関係の悩み何でも話します。
    母国語同士よりも時間はかかっているでしょうね。

    でもそれを言えばトピ主さんも英語が得意でないなら結局時間がかかるので一緒じゃないでしょうか。

    母国語によってそれぞれ訛りや共通する文法の誤解などを多少なりとも持っているのでそれに慣れることで、正しい英語とは言えなくとも理解できるようになります。

    例に出されているご夫婦に対してあなたが待たされてムカついてそのお二人を見下したいだけなら勝手にすれば良いのですが、何だか第三言語でコミュニケーションをとるカップル全体を馬鹿にされたようで気分が悪いです。

    ユーザーID:5829725026

  • 義兄夫婦

    義兄夫婦がそうでした。
    お嫁さんは、中国人でした。 
    兄は再婚で、50歳の時、お嫁さんは初婚で40歳でした。

    ふたりの意思疎通は、英語でした。 共に読み書きには堪能だったものの、話し言葉は、片言に近かったと思います。 
    お嫁さんは日本語学校にも行かなかったと聞いています。

    なれ初めは、義兄が親しい中国の方から紹介をされて、その時は北京に住んでいたお嫁さんと、まず英語の文通から始めたそうです。
    それでお互いに惹かれあって、実際にあってみて、2、3年の交際の末、結婚にいたりました。 

    片言の英語でよく通じるね、と周りは思いましたが、本人たちは一緒にいるだけで安らげるようでした。 

    ふたりとも東洋人のせいなのか、そういうケースが珍しいのか分かりませんが、生きるテンポや感じ方がよく似ていたそうで、十分通じ合っていたようです。 とても仲が良く、どこへいくのも二人で、幸せな10年間をすごしていましたが、お嫁さんは、残念ながら、数年前病気で亡くなりました。 

    夫婦の会話ってよく言いますが、必ずしも言葉だけのことではないケースもあるのだな、と改めて思い出しました。 

    ユーザーID:1147994965

  • 言葉にとらわれず

    イタリア人とドイツ人のカップル
    共通会話は英語
    結婚して10年以上。
    英語で十分意思疎通ができているみたい。
    でもお互いの親戚づきあいが
    結構面倒らしい。
    英語が必ずしもみんな話せるわけではないので。
    結局二人ともお互いの言葉を勉強して
    多少は話せるようになったようですが、
    普段は英語。

    私は英語圏の主人と英語でやりとりです。
    主人は日本語覚える気全くなし。

    中国人とマレーシア人のカップル
    お互い英語を話す、
    酔っぱらうと
    お互いの母語で話し出す。
    もちろん意思疎通はなし。
    でも一緒に飲むと楽しい

    南米出身のご主人とユーゴ出身の奥さん
    家庭では英語、
    子育てはユーゴの言葉と英語のミックス
    夫が子育てについていけず放棄気味。
    母語のスペイン語を話せる友達と
    遊びまくっている

    という家庭を知っています。

    母語がお互い異なり、
    別の言葉でコミュニケーションをとるカップルは
    言葉がない分、感覚で惹かれあうので
    あっという間にカップルになる、結婚が早いのが
    特徴だと聞きました。

    その後はどうなんでしょうかね。

    ユーザーID:1467115604

  • 出会って15年ですが、一緒にいます

    >お互いの母国語ではない言葉で意思疎通をしているカップルの方は
    本当に意思疎通が出来ているのでしょうか?

    ヨーロッパの某国(非英語圏)に現地人の主人と一緒に暮らしています。

    どうでしょうね。出会った頃は共通の言語である英語で会話をしてましたね。双方ともに母国語でなかったので、簡単な英語だったと思います。でも、それぞれに伝えたい気持ちがあったので大丈夫だったような気がしますが、今思うとどれ位意思の疎通が出来ていたんでしょうね。自分でも不思議です。

    言葉だけではなく文化も違うので「言わなくても察してくれるはず」という期待がなかった分、一生懸命コミュニケーションをとるようにしていたと思います。でも、傍から見たら話が通じないように見えてみたのかも知れませんね。

    お互いが母国語を喋っていなくても、きちんと意思が通じている夫婦もいると思いますよ。(と、私は思いたい…です)

    ユーザーID:4832188505

  • 特に問題はありませんが

    それぞれがどのくらいその外国語を理解できるかによるでしょう。
    私の相方は母国語&英語がほぼ同レベル。私も同じとは言えませんが、専門的な会話は英語の方が理解しやすい程度です。
    深い話ってのは専門的なことか、感情的なことかは解りませんが、お互いに例えばある単語を知らなくても説明されれば解る、そのくらいです。まぁ母国語でも知らない事は知らないですからね。調べればいいだけの話ですし、たとえ外国語同士でも意思疎通に特に問題はありません。
    母国語同士で同じ日本人と付き合ってたって、得に感情を表す言葉だとニュアンスが違ったりするし、考え方が違えば話が噛み合ないこともあるでしょう。

    2時間遅刻されうんぬんは単純に語学の問題でしょうが、言葉がわかれば全て通じるわけではないと思いますよ

    ユーザーID:7018540118

  • レスします

    仏語圏の主人とは居住国(非英語圏)の言語で会話をしています。
    お互いの母国語はできません。

    主人はこの国の言葉に特に不自由を感じないようですが、
    私の語学力は語学学校の中級程度です。
    一言で済むようなこともその単語がこの国の言語でわからないがために
    わかり易く説明しなければならないことが多々ありますし、
    周囲の人には「よくこれでわかり合えるね」と思われているかもしれません。
    それでも私たち夫婦は意思疎通ができていると思っています。

    知り合った当初は主人の仏語訛りの発音に戸惑いましたが、
    トピ主さんがおっしゃるように癖を掴んでしまえば問題ありません。

    日本で働いていた時に同僚だったある日本人男性よりかは
    はるかに主人とのコミュニケーションの方が上手くいっています。
    同じ母国語を使っていても意志疎通がうまくいかないことってあるんですよね(苦笑)

    ユーザーID:4071513205

  • 我が家は、

    お互いの母国語ではない英語を主に使い、お互いの母国から遠く離れた英語圏ではない国に住んでいます。
    よって、使用言語は四ヶ国語。
    特に問題なく生活していますよ!

    あっでも、他人が聞いたら私達夫婦の会話、理解できないかも!?

    ユーザーID:9371520376

  • トピ主です

    沢山のレスありがとうございます。

    そういう経験されてる方の話を聞けて
    そうか〜、そういう考えもあるんだなぁと勉強になります。
    筆談だって出来るし、時間がかかってもいいのであれば
    言語はそこまで問題でもないかもしれませんね。

    そのうち2人に取っての意思疎通の仕方が
    自然に出来て行くという意見も
    言語じゃなくて性格だという意見も
    あぁ、言われてみればそうなんだよなぁと納得です。

    自分の経験から、それこそ本当に英語が出来なかった時にいた
    イギリス人の彼氏と、何話してたんだろうとか
    (アメリカ英語とイギリス英語の違いが
    聞き取れないくらい初心者の頃です)
    イタリア人と英語で話してて
    お互いのつよすぎるアクセントで全然理解し合えなく
    その場にいた今の旦那が通訳してくれたとか
    そういう場合は他の人はどうしてるんだろうなと思ってました。

    ユーザーID:2472563545

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 続き


    深い話って何ですかとありましたが
    宗教の話とか哲学の話とか政治の話とか
    住んでる国の教育についてとか
    井戸端で熱く話すトピックではないような
    ディベート出来るような内容の事をさしました。
    まあ、何が深くて何が深くないのかは人それぞれなんですけどね。
    私は自分の意見をぶつけ合うのは旦那に相手に限って嫌いではないので
    あんまり知識のない分野でも楽しいと思うのですが
    もしお互いが理解するのに難しい言葉を使っていたら
    無理だなぁと思ったんです。

    相手が何を考えてるのか知るのは結婚する上で大切だなと思ってたのですが
    知りたい内容や知りたいレベル(ここまで知りたいという基準)は色々ありますもんね。

    ユーザーID:2472563545

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 分かります

    私もずーっと疑問におもっていました。
    日常最低限サバイバルに必要な程度の意思疎通しかできてないだろうとおもわれるカップル。
    政治のはなし、時事関係のはなし、子供の教育方針、家の購入などの会話はどうしてるんだろうって思います。
    人によって程度にもよるのだろうけれど、明らかにまったく英語がしゃべれない人、勇気あるなーと感心します。

    ユーザーID:5065753914

  • 言葉だけじゃない

    私の友達にも、ブラジル人と中国人のカップルがいて、英語でコミュニケーションをとっています。両方ともに英語は、まあまあと言ったカンジで込み入った話は無理だろうな、、、と思います。それこそ新聞記事についてディスカッションをしたいとなると、彼らは語彙も不足しているだろうし、きっとすべてを正確には伝えられないだろうな、、と想像します。

    でも、別に込み入った話はしなくてもいいんですよ。普段の夫婦の会話なんて、語学力なんか大した問題ではないです。付き合い始めとか新婚時代は、衝突がいろいろあるもので、話し合いも多かったりします。でも一緒に生活するのが長くなると、夫婦の良い関係というのは、語学の問題ではなく、お互いの思いやりだったり、環境だったり思考の習慣だとわかります。言葉が問題になるのは、たぶん若いうちだけ。よっぽどいつも議論好きとかでなければ、普通の夫婦というのは、年月を過ぎるとだんだん楽になります。お互い似てくるので、言葉のコミュニケーションの重要度が低くなります。

    もちろんお互いを理解しようとする気持ちは大事。でもそれは語学力だけで深めるのではなく、人類共通のもっと深いものだと思うよ。

    ユーザーID:8418989812

  • 一般論はありません

    北京留学中に知り合ったアメリカ人と結婚しました。結婚6年、知り合って8年です。
    今は日本に住んでいますが、会話のメインは中国語、そこに英語と日本語の単語が混じります。

    トピ主さんは第三言語で会話をしているカップルの意思疎通に懐疑的なようですが、それは当人たちの語学力や、どれくらいの時間を一緒に過ごしてきたかなどによるのではないでしょうか。

    うちは夫も私も中国語を使って仕事をしていますし、日常会話から時事問題まですべて中国語で問題ありません。社会保険のしくみからインド哲学まで何でも中国語で話します。ネイティブが聴いたら可笑しな表現も少なくないと思いますが、それこそトピ主さんのおっしゃる「お互いの癖や一緒にいる経験」から理解できます。まれに専門用語など分からないことがありますが、その場合には「新しい単語を増やすチャンス!」と、嬉々として辞書やインターネットで調べます。

    トピ主さんのお友達のカップルの場合は語学力が低すぎると思いますが、その極端な例を挙げて「他のカップルは一体どうやって意思疎通をしているのか?」なんて、国際結婚をしていらっしゃる割には視野が狭すぎではありませんか。

    ユーザーID:4200852172

  • メリットになることも!

    共通言語は英語で、彼(非英語圏の欧州)はほぼ流暢、私は(日本人)まーまー。

    ちょー細かいニュアンスを話すときにお互いじれったくなるときもありますが、思考のクセなどが分かっているので、言葉に表れない部分でカバーしています。

    逆にニュアンスが言い表せない分だけ、ずばっと意見を言うことができて、よいかと思うことも。ほら、母国語だったら、言葉が強くなりすぎないよう細かな部分にまで配慮しすぎて、結局、言いたいことがうまく伝わらないことがあるじゃないですか。

    そして聞きたくないような単刀直入な意見でも、母国語ではないというクッションがあるから、そのきつさが半減されるというか(メッセージは伝わる)。

    さらに母国語ではないので、英語を自由にいじれる楽しさも。
    2人だけの楽しい言語もよく生まれています。

    ユーザーID:8202531757

  • 聞く耳


    非英語圏で国際結婚しており、そういえば、案外たくさんいます、周りに、そのようなカップル。特に疑問に思ったこともなかったな〜。

    言葉の正確さ、流暢さよりも、意思疎通への意欲の問題ではないかしら。

    思えば、子どもたちが2歳くらいの頃、「あぱぱぱ、うだーぐ」「マンマ、あでおー、びんばー」などが自然に理解できてて、当たり前のように会話してましたもんね。この年齢の子どものいる他の親子を見てると、何を話し合っているのかサッパリ分かんないんですけどね(笑

    ユーザーID:1880104321

  • そんなこと言ったら

    そんなこと言い出したら、日本人同士の夫婦である私からみれば、
    トピ主さんご夫婦のようなケースでさえも、かなり高いレベルの外国語の使い手でもない限り、
    カップル内でどうやって「深い話」をしているのだろう?と思いますよ。

    私たちの周囲には、国際結婚カップルがけっこういるのですが、
    2人にとって外国語(お互いの共通語)で会話していても、トピ主さんカップルのように、どちらかの母語で会話していても、
    母語を共通とするカップルよりも、言語コミュニケーションについては、ずいぶんとあいまいな部分の多い言語コミュニケーションを
    しているな、といつも思います。

    そのあいまいさを残した部分がうまく機能しているから、このふたりはうまくいっているのだな、と思えるカップルがちらほらいます。

    でも、コミュニケーションの手段は言語だけではないので、その他の手段を駆使した意思疎通ができて、
    その出来やレベルにお互いが満足しており、幸せであれば、それはそれで良いのではないかと思います。

    ユーザーID:9762586358

  • それうちです

    夫は非英語圏の欧州人(英語はほぼネイティブレベル)、私は日本人(英語はビジネスレベル)で、会話は英語です。私自身相手の母国語は日常会話程度は分かりますが、あえて使わないです。母国語x第三外国語の会話ではこっちにハンデありすぎです。
    たとえば、電話で話しているときは分かってても、電話を切ったとたん、「で、何時って言ってたっけ?」って感じになります。英語か日本語だったらそんなことにはならないんですが・・・
    主さんのいうような「深い話」をするときは言葉そのものより、お互いの国の教育事情なり宗教観を理解している方が相手の言っている意味を正確に理解するうえで重要だと思います。
    うちの父と夫は同業者なので父は単語しか聞き取れなくても私より夫の仕事内容を把握しています(笑)
    私は逆に英語圏のダンナさんを持つネイティブレベルの会話力のない日本人の奥さんは意思の疎通が大変だろうなぁ・・・と思ってました。私は夫が母国語で政治経済を語りだしたら聞き返してばっかりで会話にならないからなんですが。。

    ユーザーID:5752673065

  • 言葉ができないことに対する不安感を感じる人と感じない人

    トピ主さんが最初に書かれた状況や、それに対してもやもやする気持ちが分かります。

    私は国際結婚、夫の国に住み、現地語(夫の母語)はかなりできます。夫婦ともに議論好きでニュースをネタに議論もするし、口喧嘩なら多分夫に勝てます。自分がこういう人間なので、言葉で通じ合うのが難しいカップルのことを私も不思議に思っていました。

    最近気付いたのですが、カップルの間がうまくいっている間は言葉の問題は小さいのです。周りには国際結婚でこの国に住んでいる日本人女性が少なくありませんが、事務手続きなどほとんど夫任せにしている人が多く、同じ国に暮らす日本人同士としての情報交換(法律や行政手続など)は彼女たちとはできません(何を訊いても「知らない」「分からない」)。それで彼女たちに不満はなさそうだし、子供も生まれたりして幸せそうです。

    雲行きが怪しくなるのは、夫任せにできなくなった時ですね。相続や家計の問題などで、夫の思い通りにさせたくはないが、夫にそれを伝える術がない。知らない間に夫の家族の連帯保証人になっていても、それに対する苦情さえ自分では言えない。それまで深く考えなかったツケですね。

    ユーザーID:3503998510

  • 言葉というより生き方

    夫婦の会話はどうしているのか以前に、どうして結婚したのか首をかしげたくなるようなカップルですね。

    でも、待ち合わせに2時間遅れるなどは、言葉の問題ではないのでは? 言葉が通じていないからというより、相手や待ち合わせをしたトピ主さんへの気遣いなどが感じられません。

    小町を見ていると、国際結婚して外国に移住してから突然苦労に気付く人がいらっしゃるみたいですね。どうして移住前に気付かないのか、それが不思議でなりません。

    ユーザーID:2457446274

  • 当事者は真剣に考えるべきかも

    興味深い話題ですね。同種のトピが以前にもありましたが、必ず「余計なお世話だ」「第三言語で会話するカップルを馬鹿にしてる」「日本人同士でも話が通じてる訳ではない」といったレスがあります。

    しかし、ふたりの人がどちらにとっても外国語で さらに習得レベルが低い言語で会話する場合、また片方には母語でも他方がその言語能力が低い場合には、同国人同士なら起きないような問題があります。

    例えば、話し方(発音、訛りを含)や単語・表現の選び方、論理展開からある程度わかるはずの相手の育ち、教養レベル、性格、考え方等がわかりにくいです(特に恋愛期間は何でも良く見えるので、余計に)。

    小町には早まった国際結婚での海外生活に悩むトピが時々たちます。私が直接見てきた例から思うのですが、非英語圏のカレとあまり上手と言えない英語で「恋愛」して、その言語能力のままで、国際結婚してカレの国に渡航・永住するつもりの日本女性、さらに現地語は現地に住めば何とかなるわ、と思っている人たちに、本トピを真剣に考えてもらいたいです、余計なお世話かもしれないですが(笑)。

    ユーザーID:9918259201

  • ほとんど問題、有りません。

    韓国人の彼とは、英語で会話をしています。
    たまに彼が言いたいこと言えなくて、「ま、いいかぁ。」と、会話を諦めてしまうことも有りますが...
    出来るだけ、辞書を使ったり、漢字を書いたりして、理解する様にしています。
    お付き合いが永いので、彼の間違った単語でも、「あー、こう言うことを言ってるンだな。」と、分かりますし...
    私達は、遠距離恋愛なので、普段のコミュニケーションはE-メールを使っています。
    英語がいまいち得意でない彼とは、私がPCの翻訳機を使って、韓国語でメールのやり取りをしています。
    確かにお互い100%言いたいことを伝えられてる訳ではないでしょうが、お互いを思いやる心、理解しあう気持ちは、100%以上だと、信じています。
    でも、以前彼に言われたことがあります。
    「君が、韓国語を理解できたら、君はもっと僕の事を好きになる。」って。
    もっと彼を好きになりたくって、韓国語を勉強したいと思いつつ、語学の難しさに何度も、挫折を繰り返しています。(涙)

    ユーザーID:3549828074

  • 母国語でないカップルに限らないのでは?

    北米で、英語しか話さない夫と結婚しています。
    15年、一緒に暮らしていても、私の英語が100%ではないので、たまに、自分が本当に言いたいことが、伝えられないことがあります。
    日本人同士でも、本当に100%、意思の疎通ができているのかも、疑問です。
    時々、小町のトピでも、全く会話のない夫婦とか、奥さんの話を聞かない旦那さんとか、居ますからね。
    お互い、理解しあいたい、と気持ちがあれば、母国語以外でも、意思疎通は、問題なくできると思います。

    ユーザーID:5887691981

  • うちがそうです

    夫も私もお互い第二外国語である英語で会話してます。一緒になってからもう20年。

    夫も私も英語圏で大学院を出て現地で働いているので、英語にはあまり不自由していません。一緒に英語で論文を書くこともある。議論・討論は仕事の一部なので、家庭ではあまりしませんね。でも、込み入った話や突っ込んだトピックも話すし、科学、政治・経済の小難しい話題も全然OK。

    マイナス点がは、二人ともあまり「気の利いた言い方」というのが出来ないことかな。お互いの言葉から気持ちの機微を読み取ったりというのもあまり出来ていないかも(口調や声音などからある程度分かりますが)。その点は元々お互いあまり期待していませんね。

    でも、「言うべき時言うべきことをきちんと言う」というのは意識してきっちり実践しています。二人ともあまり曖昧さを許さない性格だし。

    言葉や文化の壁よりも、男と女の差の方が難しいなと感じることが多いです。

    ユーザーID:3492815630

  • 殆どの分野で意思疎通できてます

    自分(男性)の母語:日本語、相方(女性)の母語:スワヒリ語。フランス語と英語で会話していますが、大きな問題は生じていません。宗教とか哲学的な事も、一応話せます。

    相手が日本語を殆ど読めないので、電話で待ち合わせの場所を指示するとビミョーにズレる程度の不便さはあります。

    ユーザーID:0015517620

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧