親の一周忌をしないことについて

レス18
(トピ主3
お気に入り22

生活・身近な話題

およよ

義父が昨年夏に亡くなりました。
何事にも遠慮深かった義父の意向に従い、実子である夫と義姉、それにその家族だけでお葬式を済ませました。
離婚して今は独り身の娘(義姉)を案じていた義父の希望通り、夫は相続を放棄し、ある程度まとまった現金と家と土地を義姉に譲りました。
その時の葬式代は我が家が負担しました。

葬式に当たって、義姉と話し合った内容は以下の通りです。
1.遠方に住んでいる私達に代わって、義姉が仏壇とお墓を守る。
2.義父の3回忌までは義父の家を手放さない。
3.供養は義姉がする。

このような経緯があるので、私としては、義姉が一周忌を計画して私達に予定を相談してくれるもの、と思っておりました。
ところが、夫経由で一周忌の件を義姉にメールで問い合わせたところ、命日にお墓参りをするだけで一周忌をする予定はない、と返事があったそうです。

夫は長い間海外単身赴任中で、”一周忌にわざわざ帰国しないで出張で日本に戻ったときにお墓参りに行く”と申します。

実子二人がその意向であれば、私が口を挟む事ではないとは分かっているのですが、お世話になった義父母の供養をきちんとしないでいる事が心苦しい気がします。できれば義父の一周忌くらいはしてあげたい、と思います。

義理の関係の私として、どのようにするのがいいのか、何か案があれば教えていただけますか。

義姉に直接相談したいところですが、彼女はフルタイム勤務の上、週末にはアルバイトをして忙しいため、私から連絡するのを遠慮しています。

夫の予定に合わせて、命日の1ヶ月程前に私も義父のお墓参りをするつもりではいます。なお、夫の郷里は我が家から新幹線で片道5時間程度、日帰りでは厳しいところにあります。

最近は仏事の簡素化が進んでいるらしいですが、一周忌をしない事もあるのでしょうか。

ユーザーID:3489965116

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • これ以上、何を望みましょう!

    仮に「あの世」というものがあるとして、私が「あの世」に行ったら、「この世」にいる人には「この世」を優先して欲しいものです。

    私がトピ主さんのお義父さんだったら、フルタイム勤務+週末のアルバイトでお忙しいお義姉さんに、一周忌という更なる負担をかけたいとは思いません。

    そして

    「離婚して今は独り身の娘(義姉)を案じていた義父の希望通り、夫は相続を放棄し、ある程度まとまった現金と家と土地を義姉に譲りました。」

    これ以上のことを、お義父さんが望んでいるとは思えません。お義姉さんに良くしてくれたお二人に、お義父さんも感謝されているのではありませんか。

    そんなトピ主さんとご主人がお墓参りをされれば、もうお義父さんも心残りなんてないはずです。

    いまどき珍しいほどお優しいトピ主さんとご主人に、更なる幸が訪れますように。

    ユーザーID:5185594721

  • おっさん1号様、ありがとうございます。

    お優しい言葉に、涙が出ました。
    まるで、義父が天国から話しかけてくれているような気がします。
    義父なら、きっと同じ事を言っただろう、と今改めて気が付きました。
    ありがとうございました。

    正直なところ、一周忌に消極的な夫を内心少し呆れた気持ちで見ていました。また、長男の嫁としての責任も感じていて、本当にこのままでいいのか不安にも思っていました。

    でも、お陰で気が付きました。義父が望むのは、息子と娘と孫達の幸せである事を。(そして、きっと息子の嫁の幸せも)

    ご忠告通り、夫と義姉の負担が少ないように、彼らの選択に従う事にします。お陰で、心が晴れました。温かいお言葉に心より感謝いたします。

    ユーザーID:3489965116

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 気になるなら

    墓前で御念仏を頂いたらどうでしょう5000円包むといいですよ。私も葬式は夫と息子家族 娘家族で送ってくれと紙に書いて部屋に貼っています。1周期なんていいかな あれは生きてるひとの気休めとお寺さんが生活するために作ったものと思っています。

    ユーザーID:2869277117

  • この世優先でもいいんじゃない?

    義姉さんとトピ主さんとでは思っていた「供養」の内容が
    ちょっと違っていたんでしょうね。

    義姉さんも忙しいようですし、
    時間もなかなかつくり難いのではないですか?
    亡くなった人より、生きて忙しくしている人が優先では駄目かな。
    お墓参りだって立派な供養ですよ、きっと。

    私の実家ですが、親の意向もあったのですが、
    一周忌どころか葬儀はなし、お坊さんに来てもらっていないので
    戒名もないし、戒名が無いから位牌も無いですし、勿論、仏壇も無いです。
    焼かない訳にいかないから火葬したけど、お骨も拾わなかったし、
    お骨を拾わなかったからお墓もないし…。こんな家もありますよ。

    まぁ、その人のことを忘れずにいて
    たまに思い出して偲ぶのが一番の供養ですよ。
    というのは駄目ですか?

    ユーザーID:6741228858

  • 祖母の話ですが

    私からみた祖母の話ですが、一周忌してません。
    祖母には娘が二人。いずれも同市内に嫁ぎ、弔ってもらったお寺も車で10分ほどの距離ですが、一周忌はしませんでした。

    特に仲が悪かった訳でもなく、娘たちからも、孫たちからも愛されたかわいらしいおばあちゃんでした。


    宗派も関係するのかもしれませんが(浄土真宗だったかな?)、『亡くなったらそれまで』というような考え方のようで、四十九日の法要の際のご住職の話でも、『亡くなった方はお墓にはいません』ということをおっしゃっていました。

    ご供養やお弔いは仰々しくすることが肝心なのではなく、それぞれの心の中で思いを馳せることが大切なのではないでしょうか。

    ユーザーID:2275208321

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 自分の常識をおしつけてはダメ

    一周忌をしないからといって、供養をきちんとしていない訳ではないですよ。お葬式の時も故人の意向で実子とその家族のみで行っているのですから「そういう家風なんだなぁ」でいいではないですか。

    それぞれ都合に合わせてお墓に手を合わせるだけでも、故人に気持ちは通じます。

    義父様、仕事に追われる娘や、海外に赴任している息子や遠くに住む嫁を煩わせたいなんてこれっぽっちも思っていらっしゃらないと思います。

    法事って、生きている人の自己満足のような部分が大きいですよね。

    ユーザーID:9548302301

  • しない事もあると思います

    私は一人っ子、既婚です。
    私の母の一周忌の時、父が入院、子供も0歳だったので、お坊様が「法要はせずに家族でお墓参りだけになさったらどうですか」とおっしゃいました。
    だからしないこともあるのだと思います。
    でも一周忌にお墓の開眼(お墓を新しく立てて納骨すること)もあったので、母の兄弟達にこの先もお墓参りしてもらえるようお墓のお披露目で法要を行いました。

    トピさんの供養と言うのは、お坊様にお経をあげてもらうということですよね。「供養なしでは心苦しい感じがする」とご主人におっしゃってみてはどうでしょう。法要は命日を過ぎる前に行うものなので、その命日一か月前のお墓参りに法要を行えば、ほんと丁度いいと思いますよ。ご主人がお布施を用意できるのであれば、供養された方がいいと思いますけど。その日のお坊様の都合、用意するものなど、トピさんが電話でされれば良いと思います。

    お義姉さんはこの先も供養はなさらないかもしれませんね。
    初盆という供養もあるし、亡くなった年から数えるので、三回忌は来年ですよ。すべてこの世に残った者の気持ちと私も思いますが。

    ユーザーID:7995497025

  • 実の両親のもしませんでしたよ。

    実の両親が他界して、暫く経ちますが、お葬式も数人の家族葬でしたし、
    49日も一周忌もしませんでしたよ。

    「あーそう言えば、今日はパパの命日だったな」と、ケーキを買ってきて
    写真の前にお供えしたくらい。

    でも、愛の無い親子関係だった訳ではありません。
    もう大切にして育てられましたし、今でも両親の事は大好きです。

    でも、「イベント」みたいのには、価値を見いだせないのです。

    両親の写真の前のお水を変え、たまに話掛け、ベッドの隣においてある写真に
    「おやすみ」と言って話しかけて就寝する。
    それで十分と思っています。

    ユーザーID:2041449201

  • 50才女性です。

    4年前に実母が亡くなりましたが、一周忌はしませんでした。父は健在で、姉家族が近くに住んでおり、私たち家族は遠方に住んでいます。

    父は毎朝、仏壇に手を合わせていますし、私も実家に行ったときにお墓参りにも行っています。普段から、母のことを忘れたことはありませんが、私はそれで十分だと思っています。

    田舎などで一周忌に呼ぶ親族がたくさんいる場合は、した方がいいかもしれませんが、そうではない場合はそれぞれのやり方でいいと思います。

    ユーザーID:8161518331

  • 形では無い

    一周忌をしないから故人を偲ばない訳では無いのでは?
    宗派にもよりますし。
    ご主人も単身赴任との事
    トピックさんに気持ちが有ればお墓にお花、お供えで十分。
    仏事の簡素化は世相なのでしょう。

    ユーザーID:8673762984

  • 故人の希望

    故人の希望でお葬式がほんの身内だけならば、一周忌にも大きな事は望んでいないでしょう。
    参列する人数も義姉さんとトピ主さんご家族というならば法要も簡素でしょうし、要はお坊さんにお経を上げてもらうかどうかの違いかな。

    ただ命日の1ヶ月程前にご主人もトピ主さんもいける予定があるのならば、その時にお坊さんを呼んでお経だけでもあげてもらえば?とは思いました。
    うちの宗派では前倒しするのはよくある事ですが、ダメな宗派なんですかね。

    でもうちの親ならば、自分の葬儀でもそんな形式でお坊さんは呼ばなくていいと言いそうです。
    子供からみてそんな義父さんだったのかもしれませんよ。

    トピ主さんは口をださず、お供物お花を送ってはどうでしょう。

    ユーザーID:0426894360

  • いいと思います。

    お葬式も法事も残された人の心の整理のためにあると思っています。
    亡くなられた方は、無です。

    親族がそれぞれにお墓参りをして気持ちが落ち着くのであれば、
    形式に縛られる必要はないのではありませんか?

    形式にうるさい親族がおらず、身内がそれでいいと言うのであればいいと思いますよ。
    トピ主さんも、命日に心の中で手を合わせればよいと思います。

    私自身についていえば、お葬式もお墓もいらない。もちろん、法事も不要です。

    ユーザーID:0700807721

  • こんにちは

    トピ主さんのお気持ちだけで充分なんじゃないですかね。。。
    あとは、お墓参りして・・・。。。

    私は父親が愛人作って出て行きましたけど。一周忌していないですよ。
    愛人が葬式にも呼んでくれなかったから、一周忌だの何だの解りませんです。

    うちと違って、良い人が亡くなったら辛いと思いますけれど。
    心の中で供養するれば良いと思います。

    ユーザーID:8637196064

  • 皆様、たくさんのレスをありがとうございます。

    このような地味なトピックには何のレスも付かないだろう、と覚悟していましたので、複数の優しい助言を頂き、感激しております。

    義父が亡くなったのが昨年の8月末でしたので、初盆か命日前の週末に住職さんにお経をあげてもらいたい、と内心思っていたのですが、夫が墓参りに行くのは7月なので、どうしようか悩んでいました。
    しかし、ふと気が付いたのですが、夫の郷里では7月に初盆をすると聞いたことがありました。

    なので、皆様のご助言通り、夫と共に7月にお墓参りに行った折に、亡き義母のときと同じ住職さんにお経を読んでいただくことにします。中には、お布施の事まで説明してくださった方もおられて、こういう皆様の細かいご配慮に感謝いたします。

    また、三回忌のことも詳しくご説明いただき、ありがとうございました。娘達もお葬式以来お墓参りもしていない事を寂しく思っておりますので、夫が日本に帰任してから、できれば来年、夫主催で三回忌をしたいと思います。

    皆様、ご親切なレスを本当にありがとうございました。

    ユーザーID:3489965116

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 身近な人を亡くした立場から

    数年前、若い兄弟を亡くした者ですが、
    故人の追悼は各々の心の中ですればいいのであって、
    形ではありません。
    私は、お葬式の時でさえ、
    お経を読んでもらうことに何の意義も見いだせませんでした。
    一周忌をしないことも、別段おかしなことではないと思います。
    形式を重んじるのも必要なことかもしれませんが、
    血の繋がったご家族であるご主人や義姉さんの意向に
    沿った方がよろしいかと思います。

    ユーザーID:7533682248

  • 仏事っていいと思います(和のこころ)

    レス2回目になります。
    私も親の墓のある場所から離れて住んでいて、年一回故郷にお墓参りに行きます。

    話は変わりますが、先日、伯父の葬儀があり参加してみて、亡くなった方へのセレモニーって非日常なもので、そのときは故人を忍び心静かになる貴重な時間だとつくづく感じました。

    もう法要は母は七回忌で最後、父も兄弟がいないので三回忌で最後にしてしまいましたが、お経をお寺の本堂などであげて頂いたことは良い体験だったと思います。お墓参りのときにご住職(良い方なんです)に会うのも楽しみとなっています。お坊様に会うってのも非日常ですしね。そのお寺とお墓好きな場所です。私にとってのパワースポットかも。初めは寺なんてめんどくさそーとか思ってたんですよ。

    ご供養で、皆さま良い時間が過ごせますようお祈りいたします。

    ユーザーID:7995497025

  • 位牌を持っている人が

    やらないとおっしゃっているんですし、夫さんも日本に来たついでにとおっしゃっているので
    妻としては、これ以上とやかく言う必要はないです。言う資格がないかもしれません。

    もしどうしても気がすまないということであれば、
    お墓があるのなら、お一人でお墓で手を合わせたらいいと思います。
    そうすれば、お義父さんもよろこばれるかもしれません。

    ユーザーID:1951848936

  • 最後にもう一度。

    前回のレスを載せてもらえなかったので、時間が経ってしまいましたが、最後にもう一度ご報告させてください。

    7月に夫が出張で帰国した際に、二人で彼の郷里に帰り、義父母のお墓参りをした後で、住職さんに読経してもらう事で夫と合意しました。

    実は、義父はとても信心深い人で、亡き義母の法要は何から何まできちんとしていましたし、仏事に関しての知識とこだわりはすごかったのです。お経も暗記しているくらいでしたし。

    だから、住職さんにお経を読んでもらったら、きっと義父も喜んでくれるだろうと思います。

    来年になったら、義父母の家も売却されてしまうかもしれません。そうなったら、私達が郷里に帰っても泊まる場所さえなくなります。もう、義父母の法要すらできなくなるでしょう。そう思うと寂しい気がします。

    ですから、今回一周忌という形と取らなくても、住職さんに読経してもらえたら、私と夫の心の中で、義父母に対して第2のお別れのような、もうひとつの区切りがつくような気がします。

    そういう意味で、読経のことを提案してくださった方々に改めて感謝いたします。ありがとうございました。

    ユーザーID:3489965116

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧