介護の仕事を目指す姪が…

レス13
(トピ主1
お気に入り12

キャリア・職場

OLオバサン

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 看護師です

    療養型の病院に勤めていたので、介護士さんとも一緒に仕事をしていました。

    介護の仕事をするために看護師(もしくは准看護師)の資格を取る人は、ほとんどいないのではないかと思います。
    たぶん、その話の方は昔看護師をしていて、子育てを終えて就職しようと思ったけど、看護師として再就職する自信がなくて、経験を活かせる職業が介護だから、介護なのに看護の資格もっていたのではないでしょうか。
    できた人だったら知識があっても、それをひけらかすようなことはせず、先輩の指導を素直に受けると思いますけどね。

    本題としては、「必要ない」と思います。
    まずは介護福祉士をとればいいと思います。

    ユーザーID:0342856070

  • 介護の世界の上?

    介護の世界の上。
    ありますよ。
    ヘルパー2級取得後実務経験を得ながら、介護福祉士、ケアワーカーを目指すことができます。
    とてもやりがいはあります。
    看護師との大きな違いはヘルパーには医療行為ができないことです。
    超高齢化社会進出。どちらも大切な職になると思います。

    色々調べてみるといいと思いますよ。

    ユーザーID:1093271395

  • もしかしたら

    伯母様は、姪御さんが介護の仕事に就くのを、心からは賛成していないのかもしれません。
    身内が介護士をしていますが、昼夜盆暮れ関係なく、重労働。職場にもよるのでしょうが、利用者さんやその家族から感謝はめったにされず、暴言暴力等も日常茶飯事。でも給与は本当に驚くほど薄給で、最近は裁判沙汰も多い。待遇に見合わず責任だけは重いです。
    看護師資格を持つ方なら、敢えて介護の仕事をする方はいないのでは?それくらい、待遇には差があります。
    伯母様も、姪御さんの希望を正面から反対するわけにもいかず、さりとて母親として娘に苦労の多い仕事をさせるのは気がかりで、そのようにおっしゃったのでは?
    トピ主さんはあまり余計なことは言わず、見守ってあげたらよいかと思います。もし私が伯母様の立場なら同じように言うかもしれません。

    ユーザーID:0426534513

  • 「介護」と「看護」の違い

    姪御さんは介護と看護の違いをどう思っているのでしょうか?
    介護の仕事と看護の仕事、高校生だと全然違うように見えるでしょうが
    意外と現場ではそうでも無かったりすると思います。

    どちらの仕事も、実務で鍛えられる部分がありますので
    どんな現場で仕事をするかにも依りますしね。

    看護師の資格取得に求められる学習内容と
    介護士のそれをきちんと照らし合わせたりしたのかな

    少なくとも現役の看護師さん・介護士さんに
    それぞれのお話を聞くくらいしてみないと
    「悩む」だけの素材もないのではないかと思います。

    私(看護師)の意見としては
    介護の仕事に興味があって、腰など炒めない限りはほどほど働き続けたいなら
    介護士だけを目指し、「介護の仕事で上を目指したい」なら看護師も取った方がいいと思います。
    看護師は色々な働き方ができる仕事ですから。

    ユーザーID:9440707965

  • 言い出せばきりがない話

     介護と看護は、同じ領域を扱うことがあります。そういう時は、看護師の知識があった方ができることも多いし、看護師の資格があればカバーできる範囲は広がります。

     でも、看護師は、介護以外の分野も扱います。看護師を目指すと、介護とほとんど無縁のことを勉強したり実習したりで、姪御さんにとっては苦痛かもしれません。

     介護の世界で「上に行く」なら、介護系の大学・学部を卒業しておくといいのではないでしょうか。(看護師も、大学の看護学部に行っている人が「上」になる傾向があります。)


     現在、現場では、介護施設で看護師資格を持っていると、看護師向け業務が割り当てられ、純粋な介護士業務はできません。また、看護資格があると、単なる介護士より余計に給料を払う必要があるため、施設側に敬遠されて、普通の介護士と同様に扱ってもらうことはできません。

     姪御さんが、経験を積んでから必要性を感じたら、独学で、あるいは介護士のためのセミナーで、必要な看護知識を得られると思います。

    ユーザーID:1379901898

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 「あれば便利」にはならない

     すごく大雑把な話ですが、看護師が介護分野に手を出すのはかんたんで、介護士が看護の分野に手を出すのは難しいです。

     大は小を兼ねるという言い方だと、介護士が小、看護師が大、ということになります。

     こう書くと、看護資格を取って介護士になれば鬼に金棒かと思いますが、実際には看護資格を取ってしまうと看護師扱いされ、その他大勢の介護士と同様に働くことはできません。
     ちょっと大げさな言い方をすると、看護師の指示で介護士が動くという仕組みになっていて、看護資格があれば、指示を出す方にまわされて、実際の介護業務に手を出す暇がありません。

     介護の学校でも、「上」の方になれば、看護学の中で介護に必要な部分だけ教えてもらえたり、自分で勉強することができたりするようになると思います。看護師資格は片手間に取れるものでもありませんし、看護師になるつもりがないなら必要ないと思います。

    ユーザーID:4376701383

  • 看護と介護は違う

    看護は治療目的の世話

    介護は治療後の世話

    ナイチンゲールとマザーテレサとの違いでしょうか。

    共通点はありますが、はっきりと違いがあります。

    超高齢化社会ではありません、【超高齢】社会です。

    これからの日本、しっかり勉強されて介護のより良い制度改革をしてくれたらありがたいです。

    ユーザーID:5915246763

  • 介護がしたいのなら遠回り

    看護師がいる施設って、老健や特養ですかね。グループホームなどでは看護スタッフは常駐していませんから。
    介護スタッフは医療行為が出来ませんので、点滴や注射なども面倒みたいというのであれば看護資格が要るでしょうが、あくまで介護の範囲の日常のお世話がしたいのなら遠回りな資格でしょう。

    介護業界にも看護資格者が必要なことは間違いないのですが、看護業界から見ると、資格をもっているのにわざわざ介護業界で働く人のことは、なんと言うか、第一線から遠のいた人、という感覚とでも言いましょうか「志が低い」といったような目で見ることが多いように思います。

    看護師をしていた人が転職して介護施設に勤めることはよくあることですが、介護をするために看護資格をとろうという人は、あまりいないと思いますよ。

    ユーザーID:4630731642

  • ?

    介護を中心としているなら看護師の資格が必要なのでしょうか??

    介護福祉士、社会福祉士、ヘルパー2級以上、またはケアマネージャーを目指されたらどうですか?
    私は看護師です。療養病棟は学生時代バイトしてました。ちなみに妹が介護福祉士で施設にいます。ケアマネージャーをとりたいと頑張ってますよ。
    看護師と介護士では目的も勉強も違うので、介護をやりたいなら、看護師ではないかなと

    ユーザーID:8244333651

  • はっきりとした意志を持てば

    看護師有資格者の介護職員は、いろいろと心強い部分があります。看護の勉強の中で介護分野の勉強もします。
    介護の歴史を紐解けば、ナイチンゲールにぶち当たりますしね。
    介護施設では一番利用者(高齢者)さんと接するのは、介護職員です。
    例えば、「こちらの声かけに反応しない」とあれば、初期対応の方法が適切にできると期待できます。
    ただ、知識がある分、出過ぎたことをする可能性があります。
    介護職員がすべきことはあくまでも初期対応であって、その後は看護職員の指示に従うことをわきまえればいいんじゃないでしょうか。
    経営者側の視点から考えると、法的な配置基準の関係で「今日は看護職員」「今日は介護職員」「今日は機能訓練員」とフレキシブルに対応できるので、喜ばれるかもしれません。

    でも現実は、看護師資格を持っているなら今は看護師不足が深刻なので「看護師に異動」が多いんじゃないか?と懸念します。
    なので「なぜ看護師資格を取得」して「介護関係の仕事をしたい」のか、ここの部分は誰もが疑問に思う点なので、ここをはっきりさせておけばいいと思います。

    ちなみに、お給料は、肩書きが介護職員なら、介護職員の給料ですよ。

    ユーザーID:4619198385

  • 蒜さんに同意

    看護師資格のある介護士は使いづらいでしょうね。
    あるいは逆に低コストで看護業務をさせられるか。
    現場では看護師でなければできない(してはいけない)業務もありますが、
    全ての看護師が介護士よりも介護スキルが上とは限りません。
    私の勤務する病棟は介護士も看護師も一緒にカンファレンスをしますが、
    介護士も医療の知識を勉強しているし、介護分野では同等の立場で発言できます。
    看護師の資格を取るより、介護福祉士をとった上で医学知識を学ぶ姿勢を
    持ち続ける事が大切と思います。

    将来ケアマネジャーを視野に入れるなら、ヘルパーからでも看護師からでも資格が取れますが、
    同一賃金で採用するなら看護師資格のある方が優位かもしれませんね。
    これもケアマネとしての力量とは直接関係ないですが。

    ユーザーID:2595916240

  • 目指す進路による

    福祉系の学校で働いています。
    結論から言えば、介護職を目指すのなら看護資格は不要です。
    介護分野で働きたいのであれば、看護師資格より社会福祉士の資格を取ったほうが就職の選択肢は広がります。
    卒業後にどんな施設で働きたいか、どんなキャリアを積みたいかを考えることが大切です。
    例えば、病院でメディカルソーシャルワーカーとして働きたければ社会福祉士資格が必要です。
    施設や病院で利用者さんの介護がしたければ、介護福祉士資格の方が有用でしょう。

    トピ内容とは少しずれますが、
    現状では介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士の有資格者の半数が福祉とは関係のない仕事に就いています。
    賃金や労働時間などの労働環境の悪さが主因ですが、こうした現実も理解したうえで進路選択していただいたほうがいいと考えます。
    高校のうちにできるだけボランティアなどで施設や病院などに行き、実際の仕事内容や職員の話を聞くことをお勧めします。

    ユーザーID:1574978051

  • ありがとうございます!

    皆様のご意見、考えさせられる事ばかりです。

    姪も「お母さんと一緒にレスを読んでみます。」と言っていました。
    しかし…やはり介護の仕事での給与などの待遇は良くないのですね。
    姪が
    「介護の仕事しか考えられない」
    と、キッパリ言うので応援していますが、なんだか心配になってきました…。

    ユーザーID:9506130909

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧