野菜嫌い・なんといって食べさせる?

レス36
お気に入り24

すべりだい

子供

幼稚園の子供がいます。
野菜嫌いで毎日いろんな言い方で挑戦させています。
お料理の手伝い、野菜の育ち方、料理アニメ、本、いろいろアイテムを駆使したり親は毎回目の前で両親ともおいしそうに食べるなどやれることはやっているつもりです。

しかし最近は巧みに逃げ、言い訳をし、食べないための作戦を敵も駆使するようになってきました。

そんな中、幼稚園の給食でチャレンジして口に入れたものの咀嚼してもどうしても呑み込めずハンカチに出してしまったそうです。
子供は叱られると思ったらしく隠そうとしたところ
「世の中には食べられない人もいるだからあなたは感謝して食べなさい」と指導されました。子供は泣きながらも承諾したようです。

私もこの言葉を聞きながら育ちました。
しかし私自身はこの言葉にはあまり同意できないのです。
「食べられない人」が遠い。それよりは心をこめて作ってくれた人に感謝して食べなさい、素材を育て、運び、調理し口に入るまでに通る人手に感謝して〜のほうが近く、実感できる気がするのです。

でも、やはり「食べられない人〜」とお題目を唱えて食べさせたほうが効果があるでしょうか?私と子供は違う人格だし多くの子供がこのセリフのほうが食に感謝し食べるようになるならこちらのほうがいいのかと思います。

しかし私が納得していないセリフを使うのも違和感が残ります。

皆さんの子供時代、どう言われて育ち、その言葉で今はどうなっていますか?

ユーザーID:0824103685

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 苦労しますね

    うちの子は、離乳食の時アレルギーが見つかり恐々食べさせていたら、見事おばあちゃん系の煮物しか食べられない子に育って行きました。
    2歳で保育園に入れる事になり・・さあ困った。

    とりあえず、スープに淡白な野菜を入れてみる。まずはスープを飲んだら
    「○○が入ってたのに飲めたね」と褒めるところから始めて、本人が食べてみようとかなと言ったら又褒めて、吐き出しても口に入れられた事を褒める。もちろん頑張って飲み込んだら、それは大袈裟に褒める。

    野菜を食べるとどれだけ体に良いかを、野菜一つ一つキチンとわかり易く説明する。「カサカサお肌がツルツルになるよ」とか「いいウンチが出るんだよ」とか

    一ヶ月位根気良く続けていたら結構食べられるようになっていました。
    ただ、本当に体に合わない事もあるので、口にしみたり、咽がかゆくなったり、体にポツポツが出来たりしていないか注意して見てあげたほうが良いかと思います。

    ユーザーID:5610035289

  • 栄養素を教えてます。

    これはね〜○○君の筋肉になるよ〜一口食べて筋肉やってごらん。(力コブを作ってみせてみる)

    これはね〜○○君の血になるよ〜血は大切だからキレイで強い血を作ろうね〜一口食べてみて!ほら血管見てみな!

    手の甲の血管を見せる。○○君にもあるかな〜?

    こんな感じ。

    ユーザーID:4951693935

  • 別に構わないよ。

    私は嫌いなものを涙とともに飲み込むような苦痛を、食事だと思って欲しくありません。
    食べられない人。可哀想ですが、今の年齢で我が身のありがたさなんか分かるわけがない。
    だいたい、親になって初めて親に感謝するようなもんです人間なんて。
    じゃあいいよ。食べなくても。 ご飯は楽しく食べよう。
    我が家はそれでずっと来ました。夫も私も長男長女みんな好き嫌い無し。何故か次女だけが超!超偏食。
    しかも一番健康で一番成績が良い。
    放っておきましたが、入学辺りから色々食べるようになりましたよ。
    今の学校では、給食も無理強いしないので自主的?なのかな。

    ユーザーID:8484297785

  • クイズ

    今日の○○には何が入ってるでしょう?
    と問題を出す。

    カレーやハンバーグだけではなく、肉じゃがやきんぴらやサラダなど見てすぐわかるようなものまで。

    これ、なんだろう〜なんていいながらすすんで食べてくれてます。


    箸が止まったら、今は少しずつでもいいから食べようね。大人になるまでに食べられるようになればいいから、少しずつ馴れていこうね。と言って一口だけでも食べさせます。


    あとは、これは食べなくてもいいから、こっちは食べて。あるいはどっちかでいいから食べて。と食べなくてもいい野菜と食べさせたい野菜を用意するのもいいですよ。

    ユーザーID:4951693935

  • たべられない人〜育ち

    6歳3歳の子供がいる姉は庭で、きゅうり、とまとを植え子供達と育てています。初挑戦の昨年は、街中の小さな小さな庭ですから、肥料をやり毎日水をやってもヘンテコな形のきゅうりと酸っぱいトマトしか出来なかったようです。
    そんな甥達には、育ててくれた人に感謝して〜が良く効きます。
    私自身は、親に食べられない人たち〜と言われていましたが、正直あまり実感が湧きませんでした。

    ユーザーID:7392547098

  • 食べられない人は遠くないよ

    私も皆さんと一緒で、食べたくないものは食べなくても良いと思いますよ。
    最近わかって来たのはアレルギーは食べて発疹が出るものばかりじゃないということ。
    食べたあとに頭痛がする、喉がイガイガするなんて症状もあるそうです。

    ただ、トピ主さんのおっしゃる食べれない人が遠いと言う言葉にも反論が。
    今の日本では食べたくても食べれない人は日に日に増していると思います。
    トピ主さんはどこか異国の出来事のように感じてらっしゃるかもしれませんが、日本でもワーキングプアーで食べたいものも食べれない人、多いと思います。
    ホームレスの数も増え続けています。
    私の育った地域はホームレスの多い地域だったので、食べれない人が居るという現実と隣り合わせで生きてきました。

    そういう人が居るという事は食とは関係なく親として教えて行くべきなんじゃないかなと思います。
    ただ、だから食べなさいと言うのもちょっと違うとは思いますが。

    ユーザーID:5015802050

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧