給与計算事務に求められるもの

レス14
(トピ主4
お気に入り15

キャリア・職場

バター

給与計算事務として入社して3ヶ月ほどになります。
未経験で入ったので、今のところ担当している業務は
専門知識のいらない部分がほとんどですが、やっていけるかどうか
不安になっています。

専門知識が身についたらいいな、という軽い気持ちで希望したものの
基本的に一つの業務の担当は一人なので、何年も経ってからでも
あのときこの人がこんなミスをした、ということが分かってしまうこと、
また、定型業務のようで、毎月「先月はこんなのなかったのに・・・」
というイレギュラーケースが発生し
慣れていくというよりは、毎月不安が増していくような感覚になること、
給与支給日は絶対動かせないけれども、前倒しにできない処理もあるので、
もしどうしても休んではいけない日にどうしても出社できないような
体調不良になったらどうしようということ、
などが怖くなってしまいます。

長年給与計算をされている方に、こんなときにやりがいを感じたとか
こういう人物像を目指してやっていけばいいとか
そういったアドバイスがいただければ嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:9743253018

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 3年やってます

    私も異動して給与の担当になった時は、緊張の連続でしたね。
    自分の計算ミスで給与が変わる!税金が変わる!と思うと・・・
    また支給日はずらせないので、連休なんか入ると場合によっては連休中にみんな出勤です。。

    おっしゃること、はよくわかります

    おひとりで担当されてますか?うちは二人で回してるので、最悪自分が休んでももう一人、もう一人が何かあっても前任者、とサブが控えているので、なんとかなりそうではあります。

    給与事務は大変なので、私が思うに、当然担当者は給与事務にさわりのないよう休暇を取得する気構えはもちろん必要だけれど、万が一があった場合、給与事務がストップしないよう、計算できるものをサブで配置することが大事だと思います。地震による交通機関の運休で一日休んでしまったことがありますが、上記の体制でなんとかなりました。

    かつ、引き継ぎ書の充実ですね!
    これがあるとないとじゃ、0からはじめるか70からはじめるか、大きな違いがあります。なので、引き継ぎ書ほぼ0だった状態から、細かい引き継ぎ書を作成して渡せるよう準備はしました。

    ユーザーID:0454239873

  • 4年目です

    私は1人で回しているので
    トピ主の不安も「分かる分かる!!」って思いました。

    大熱出しながら会社行ったりしましたよ。
    とにかく健康第一です。

    社会保険についても勉強しておいた方がいいですよ。
    そうして行く行くは社労士取得するといいと思います。

    ユーザーID:5023990572

  • お疲れ様です

    不安になるとさらに体調に影響が出てしまうので
    深く考え込まずに無理のない業務ができるといいですね。
    一人だと本当に不安になりますよね。
    まわりに人がいると安心しますよね。
    でも見ている人はちゃんと見ていますよ。
    元気を出して考え込まないように頑張ってくださいね。

    ユーザーID:5610847920

  • ポンポさんに同意見

    私も給与計算やってます。昔は外注でしたが途中から社内でやるようになりました。
    当時は社内に社会保険に熟知している人がおらず、上司が片手間でやっていたので住民税の金額変更や賞与の社会保険料の控除を忘れて後から徴収とかざらでした。
    さすがにまずいと思ったのか、中途入社したばかりの私に白羽の矢が…
    最初は苦労しました。人の出入りも多かったのでそのたびに間違えることもあり落ち込みもしましたが、

    1本屋で初心者向けの給与計算の本を一冊購入し、熟読する。
    2健康保険料・介護保険料については健康保険組合に確認
    3厚生年金保険料については社会保険事務局に確認
    3所得税については税務署に確認
    4住民税については各市町村に確認
    4雇用保険についてはハローワークに確認

    こんな感じで解らないことはこまめに電話して確認しましたよ。(理解が遅くて嫌がられていたかも知れませんが、間違えるよりはよっぽど良いです!)
    あとは入社時と退職時の注意点まとめたりとかしたら間違いが減りました。
    あまり考え過ぎず、最初から間違えずに計算できる人はいないと思って気をつけながらじっくり覚えることかな?

    ユーザーID:4537487124

  • 気持ち、よーーーーーーくわかります

    トピ主さんの気持ち、よくわかります。
    私も給与計算の仕事をして初めて、今まで気軽に受け取ってきたお給料は誰かがこんなに気を使って計算して払ってくれていたんだなぁ、としみじみ思いましたよ。
    私の働く会社は営業の社員さんに歩合給がつくので、毎月胃が痛くなる思いで給与資料を作成しています。
    こういっちゃぁなんですが、長いことやっていても気を使うのは全然変わりません。
    ポンポさんもレスされているように最低でも二人で担当したほうがいいと思います。
    それでもあまり精神的負担は変わらないですけどねぇ。
    ちなみに、私は毎月お客様への請求書の計算もしています。
    社員さんと違ってあまり相手の顔が見えないのでその点は気楽ですが、かなり憂鬱な作業であることは変わりません。
    几帳面な性格の人ならいいのでしょうが、私は几帳面の対極にあるような性格なので、本当にプレッシャーです。
    お互いがんばりましょうね。
    私は多分今の会社で働き続ける限り、給与の計算や請求書作成をし続けます・・・

    ユーザーID:6970120192

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 給与・社保の世界へようこそ

    私は新卒から企業の人事で給与計算を担当し始めてから、丸10年経ちました。自分の中で目指す人物像は、健康がダントツで一番、二にサービス精神と三に責任感で、二と三は並列で場面により、入れ替わるイメージです。

    あと、個人情報の紛失等に注意することと、ミス報告は速やかに!
    ミスから逃げずに対応すれば、仕事の手順を改善orさらに理解を深めたり、相手への対応で信頼が増したりするはずです。

    私もミスを怖がるタイプですが、不安という自分の感情を仕事に置換えると、不安な部分は、自分が苦手な業務と捉えて、何が不安かをノートなどに整理して、正解を調べたり、考えて、上司、先輩や会社の顧問社労士さんにアドバイスを頂くのはどうでしょうか?

    知識習得については既出ですので、私は今すぐ始められることだけ書きますね。

    偉そうにすみません。ずぼらな私は新卒の頃は給与計算がストレスで、会社の最寄駅で倒れて救急車のお世話に(お恥ずかしい)。
    でも、習得した知識が反映されやすい事、給与を全部任せるという信頼を社内で頂いていることが励みになっています。
    こんな人もいるのかと笑って頂ければ幸いです。

    ユーザーID:2667708994

  • 慣れると楽しいです

    給与計算は大切なお金に関することでしかも相手は目の前にいるし、間違えたらどれだけ信用をなくすかと思うとなかなかつらい仕事だなと思います。

    給与計算自体は間違えがなくて当たり前です。
    そのうえで間違えた時の処理の仕方や年に1度の処理の仕方をノートにまとめておくと次の時に対処しやすいかとおもいます。
    自分で入社、退職などの処理のチェックシートをつくり関連部署のことをまとめたらし忘れがなくなって良かったです。

    休んだら業務をする人がいないという心配は私も悩まされました。逆に言えばその日以外は休めるし、上司すら定型業務についてはチェックできないくらいできるようになったら、好きなように段取りして毎月仕事をする感じで楽でした。

    給与業務を深めようとすると労務管理と社会保険関係だと思います。
    初心者向けにわかりやすくまとめた本が本屋にありますので読んだら参考になると思います

    入り口では専門知識がなくてもできますが、その業務がこういう理由でこうなっているのかがわかると楽しいです。奥が深すぎて10年やっていますがまだまだ知らないことが出てきます。

    ユーザーID:4713817389

  • 慣れて来た頃に要注意

    社会保険料は2等級以上の昇給降給がなければ、月額算定で決定された金額が次の月額算定までは変わりませんよね。40歳になったら介護保険をプラスはありますが、ほぼ1年間は同額です。但し、賞与の場合は支払額に料率を掛けて計算です。
    雇用保険料は支払額に対して業種による違いは有りますが料率が決まっています。
    市民税は5月に翌年の市民税の通知が来ますので何かない限りは6月以外は毎月同額です。
    所得税に関しては、最終的には年末調整で確定になりますが、
    年末調整で戻って来るようにして欲しいとの要望が社員からありましたので、毎月少し多めにしています。

    うちの会社には日給者がいるので毎月支払額に変動はありますが、給与計算で気をつけなければならない部分は、日数・雇用保険・所得税の部分で何もない場合は社会保険は月額算定決定改定時・市民税は6・7月ですね。
    締め日の関係でどうしても給与計算が出来そうにない時は、締め日を早めたりしています。

    始めの内は緊張して給与計算していますが、慣れて来た頃が一番ミスをし易い時期です。心を引き締めて頑張りましょう。

    ユーザーID:2924756155

  • 時系列にリスト化して取りこぼさない

    他の方もおっしゃってますが、社労士資格の労基法の部分をすべて把握するくらいになれば、賃金関係の内規の整備が自分で出来ますから、給与計算は容易になります。
    (このくらいまで来れば、計算事務はかなり楽に出来るようになっているはず、ということです)

    御社でどのような賃金規定を設けているかわかりませんが、労基法は複雑で、複数の条項が絡まってひとつの計算方法なりルールなりを形成していることが多いですから、よく整理して理解していくことが一番重要です。

    私は内規の整備から給与計算事務、勤怠管理のソフトまで自作しています。
    一連が自分の中で流れるのでとってもいいですよ。
    ソフトも好きなように改良できますし。

    最初はとにかく教えてもらったことを時系列的にリスト化して、
    とりこぼさないことが重要かと思います。
    給与ソフト等を利用していればそれほど難しくないかと思いますが。

    ユーザーID:7490066640

  • ハラハラしますよね

    私も給与計算はハラハラします。一度急に入院してしまったけどマニュアルがあったので周りがなんとかしてくれました。

    間違えや処理忘れの防止には、私流ですがチェックリストと毎月ノートを活用しています。

    チェックリストはエクセルで作ったもので、
    処理することを上から順にチェックしていけば処理漏れが防げるようにしています。
    例えば、
    □健康保険料率確認
    □個人マスター確認(本人給・時給・交通費)
    □支給日設定 
    など。

    毎月ノートは、1か月で1ページ使って、当月や来月にだけやらなければいけないことを書いておきます。

    例えば、今月5月は、
    □ 社員番号1111 田中さん 住所変更 定期払い戻し¥-2000
    □ 社員番号1222 鈴木さん 扶養手当支給¥20000

    そして、6月のページには忘れないよう、今覚えてるうちに
    □住民税額変更 6月・7月分入力

    など。
    日頃から給与計算に関する情報が入った時にノートに書きます。
    去年のノートの6月にも住民税変更と書いてあるので、あぁ6月は住民税変更か!と確認できます。

    参考まで。

    ユーザーID:2914088919

  • トピ主です。

    たくさんの経験者の方からのアドバイスありがとうございます。
    すごくうれしいです。

    >ぽんぽさん
    そうですよね。連休、今までは嬉しかったけど
    今は「作業日が減る〜」とちょっと悲しいです。
    休日出勤まではまだしたことないんですが・・・
    給与計算以外の業務もあるので、給与計算自体は
    数人で細かく手分けしてやっています。
    社保はAさん、○○手当と○○手当はBさん、勤怠はCさん、などなど・・・
    担当も時々変わるらしいので、いざという時は前任者がなんとか
    してくれそうですが、基本的には自分のことは自分で!というスタンスです。
    引継ぎ書重要ですよね!
    信用していたら、内容が古かったり
    手書きで書き込んだ紙が代々受け継がれていたりと、整備されているとは言い難いです。

    >パラさん
    そうですね。健康には気をつけます。
    社労士、難しそうですがいつか挑戦してみたいです。

    >しょうこさん
    ありがとうございます。考え込みすぎず
    分からないことは聞く、間違ったら対処を相談する、を心がけたいと思います。

    ユーザーID:9743253018

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です2

    >なおこさん
    そうですね。問い合わせることは大事ですよね。
    苦労されながら覚えてこられたなんて尊敬です!

    >フィヨルドさん
    そうなんですよね。今まで、ボーナスの月は
    「この前お給料もらったばっかりなのにまたボーナスなんてラッキー」
    程度でしたが、今回は大変なスケジュールになりそうです・・・
    うちの会社は、雇用形態が多様?なのがややこしくて・・・
    社員、契約社員、派遣社員、嘱託、出向してきてる人、出向してる人、などなど。
    あと私もよく請求書とにらめっこしてます!!
    私は伝票入力だけなのですが、本当に、間違えないかヒヤヒヤしています。
    何度やっても、あまりスピード上がりません・・・

    >kyuさん
    新卒から10年も担当されているなんて、すごいプロの方ですね!!
    不安をノートに整理、時間がある時にやってみます!
    今は、なんとなく不安・・・何か間違ってる気がする・・・
    何か忘れてる気がする・・・とモヤモヤしてるうちに
    次の仕事が振ってくる状態です。
    いつかは信頼を頂けるようになりたいです。
    今は「この人で大丈夫??」という目で見られているので・・・

    ユーザーID:9743253018

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です3

    >みいさん
    みいさんも10年続けていらっしゃるんですね。
    楽しいと思えるのは、まだまだ先になりそうです・・・。
    今で3ヶ月ですが、まだ全然アウェイな気分で出社しています。
    確かに、うちでは月末暇になるので、その時期に休みやすいのは
    メリットですね。

    >hideさん
    そうですね。最初は、マニュアルやメモを離さずに処理していましたが
    なんとなく覚えてきたかな、と思い始めたので要注意ですね。
    時々とんでもないことをうっかり忘れたり、勘違いしたりするので・・・。
    30歳すぎたからでしょうか・・・新しいことの習得スピードが
    遅くなってきている気がします・・・気を抜かずに頑張ります。

    >otsuboneさん
    すべての流れがご自分の中にあるなんてすごいです・・・
    確かに流れが理解できれば全然違ってきそうですね。
    ソフトは利用していますが、だいぶ古く、あまり信用できないそうです。
    不具合が放置されていたり、保守を依頼してもすぐ対応してもらえなかったりと、不安がいっぱいです。

    ユーザーID:9743253018

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です4

    >とまとさん
    毎月ノートいいですね!
    さっそく作ってみます。
    日々やることを書き出してはいるものの、細かすぎて
    来年の今頃には使えなさそうです。
    数ヶ月先にやることとかも、ノートに書けば忘れないですよね。

    ユーザーID:9743253018

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧