• ホーム
  • 話題
  • バイリンガルで仕事ができる子に育てたい。がどうやって?

バイリンガルで仕事ができる子に育てたい。がどうやって?

レス41
(トピ主3
お気に入り44

生活・身近な話題

みんみん

ヨーロッパ出身の夫との間に2歳になる子供がいます。
タイトルの通りなのですが、周りに相談できる友人がおらず夫婦で悩んでいますのでアドバイスをお願い致します。
私の周りには日系、外資問わず中堅企業のマネージャークラスの知り合いが多く、よく聞くのが日本の大学を出た新卒は海外の大学を卒業した人(外国人日本人問わず)と比べるとレベルが低く、使えない人ばかりで採りたくないという事です。具体的には、一流大学を出ていても論理的に話せない、プレゼンが下手、英語がしゃべれない、リーダーシップがとれない等。

私自身、日本の詰め込み型教育→受験のシステムでは考える力が付かないのではないかと疑問を感じており、できれば子供にはクリティカルシンキングが身に付く海外の大学進学を前提に、日本語の読み書きも仕事で支障がないレベルに持って行きたいと考えています。勿論子供の意思が最優先です。
そこで、小学校4年生位からインターに入れようかと検討しています。
ただ家族全員で喋る時は英語で話しているとはいえ、基本的には日本語環境で育ったのにイキナリ100%英語の環境に入れるのは、子供が大変な思いをするのではないかと不安です。
そこで、頭のまだ柔らかい2歳ー4歳時にインター、その後4−10歳までを公立の学校に入れてはどうかと考えています。公立の学校に通う間に英語でテニスを習わせたり海外のサマースクールに入れたりして英語をキープさせてはどうか?インターの学童もある地域があると聞いた事もあるし、そういう所に入れるのもいいかなと思っています。
ただ最初に英語を入れる事に少し抵抗があります。
男の子はお母さんの母国語を最初にやらないと後々非行に走ってしまう子もいるとか。本当かな?
皆さん、どう思われますか?
またお子さんをインターにいれた後、日本語をキープする工夫等体験談等ありましたらぜひ教えて下さい!

ユーザーID:3790603200

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数41

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うーん

    中堅どころのマネージャの人たちが言っていることは話し半分に聞いておいた方がいいですよ。
    「レベルが低く使えない人ばかり」というのはおかしいですね。
    たぶんその人が勤める会社にはその程度のレベルの人しか受験しないのでしょう。

    海外、国内の大学出身に関わらず優秀かどうかを決めるのは育った環境とその子の素質が重要です。
    英語については社会人になってからも覚えられます。

    それよりも安定した精神力をもつために温かい家庭を作る。子供の素質を伸ばす、ご両親が仲良く居心地の良い空間を作ることが大事です。

    そのマネージャーさん達は所詮2流。
    帰国子女じゃなくても国内の大学出身でも優秀な人達は沢山いますよ。

    ユーザーID:2048930449

  • そうですねぇ

    私も息子にはマルチリンガルになってほしい、と願ってました。
    ですが経済的理由と母国語自体の入りが遅かったので、結果外国語は習わせませんでした。

    その代わり実践した(大げさですが)のが、時々遊びでTOEFLみたいな論文形式で話させることです。
    導入→ボディ(詳細)→結論となるように、お題を出したり(外食と家ごはんどちらが好き?)や小遣いアップをねだってきたときに納得できる理由を言わせたり。小遣いは必死なので、いろいろ工夫してきましたよ(笑)

    ユーザーID:9493062029

  • 親の努力半分、子の意思半分かな

    この話題については、過去何度もレスしてきましたが…。私は海外在住で、仕事上、日英バイリンガルで高度専門職についている人達と常に接しています。

    詳しい説明は省きますが、私が何十人ものバイリンガルに聞き取り調査をした結果(高度なバイリンガルのみです)、次のような結果に達しました(あくまでも主観です)。

    1) 2カ国語を話す強い必要性に仕事上迫られた、またはその言語を話したいという強い動機がある
    2) 18歳ぐらいまでは、1カ国語を完璧かつ完全に流暢に話せるようになっておき(これが母国語)、2つめの言語は30-50%程度に留めておく
    3) 母国語以外の言語が飛躍的に上達するのは、実際その言語を使う国にすみ、その言語で仕事をせねばならない時


    バイリンガルの成否が分かるのは30歳位でしょう。今、親ができることは、1カ国語を完璧に(本当に100%完璧)にして、もう1つに言語をそれよりも割合を下げつつ継続的に(これが重要です)勉強させることでしょうか。両方グダグダになったら本当にエライことになります。最悪、人間は1つの言語さえ完全に話せれば生活して行けるのですから。

    ユーザーID:3815421951

  • 一つの考え

    海外の大学を出た人の強みは、実は語学ではないです。文化の違う所でがんばってきた自信や、物事に対する積極性とか粘り強さ、視野の広さとか、価値観の許容範囲とか、自分をより有能に見せる能力などですね(笑)

    けれどもそれは、バックグラウンドに日本の教育があったからこそ強みになるのであって、海外の教育を受けていれば、みんな優秀という訳ではないです。(外国にも優秀でない人がいるのは当選ですよね?)

    自分の言葉、文化とは違う所でがんばったからこそ、視野が広くなるのであり、多様性が受け入れられるようになり、価値観がひろがり、積極的にもなれるのです。

    日本の教育も特に悪いと思いませんよ。今まで日本が成長してきたのは、ひとえに今までの日本の教育の賜物でしょうからね。ただ、まだ足りない部分はある訳で、それは海外の教育で補う、、、という考え方が良いのではないでしょうか?
    海外の教育で優秀に見えるのは、日本人にないものがあるだけで、日本の教育で得られるものが足りない事があります。

    教育というものを、語学という狭い入り口から考えるのではなくて、もっと間口を広く見てみましょう。

    ユーザーID:0348727987

  • pomさんに同意

    pomさんに同意です。

    色々ハリきっちゃうのは、同じ親として分かりますが、
    2歳ならまだまだ・・・
    こう育てたい!と力いれてもうまくいかない場合は多々ありますよ。

    >日本の詰め込み型教育→受験のシステムでは考える力が付かないのではないかと疑問を感じており、できれば子供にはクリティカルシンキングが身に付く海外の大学進学を前提に、日本語の読み書きも仕事で支障がないレベルに持って行きたいと考えています。勿論子供の意思が最優先です。

    pomさんの言うとおり、育った環境とその子の素質ですよ。
    日本の詰め込み型教育で育った人でも活躍している人はたくさんおられます。

    ユーザーID:4542583545

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 難しいですね

    英語圏の有名大出ていても、使えない人いますよ〜。プレゼンスキルは性格もありますので、英語圏で教育させたらすべて解決するわけじゃないですしね。本気で海外の大学出た人のほうが優秀だと思っているのなら、ちょっと頭冷やしたほうがいいですよ。一応私は日本と海外の大学卒業しています。

    日本にいるのなら日本語しっかりすることが必要です。きちんと仕事ができるということが英語ができる事と関係はないのですが、英語も日本語もあやふやだと考え方がいい加減になり他人によい印象は与えないと思います。

    最近のトレンドは優秀な人ほどレベルの高い大学中退していますしね・・・。フェースブックのCEOとか。将来的に海外の大学を視野に入れているのなら最初からインターにして日本語は忘れましょう。あっちもこっちも無理です。

    親に最悪は日本語か英語をあきらめる潔さがないとバイリンガル教育は親のエゴで終わります。私の場合、英語圏で長く生活を始めたら、もう日本語がおかしくなり、どうにもなりません。でも日本で生活する事がないのであきらめてます。

    ユーザーID:6348877308

  • 英語

    日本の大学を出た人間と、海外の大学を出た人間を英語が話せるかどうかで比べるのは、意味が無いでしょう、海外の大学(英語圏)を出て、英語が話せ無い人間はいないのですから

    ユーザーID:7428321676

  • う〜ん・・・

    現在のお住まいは日本ですか?
    海外(非英語圏)ですか?

    自分のことではないのですが・・・
    欧州(非英語圏)に住む友人(ご主人は米国人)のお子さん達は、幼稚園までインターで、小・中学校は日本人学校でした。
    理由は「日本語を忘れちゃうから・・・」と仰ってました。
    自宅では基本は日本語、でもご主人(日本語はあまり得意ではない)がいれば英語、という環境だったようです。
    お子さん達は大変優秀で、日系の高校に通ったあと、米国の大学に進学している子がいますが、休暇で帰宅すると日本語が怪しくなっているそうです。

    別の家庭ですが、小学校まで日本人学校、のち現地校のお子さん(高校生)は日本語会話は全く問題ないです(私も話したことがあります)が、読み書き(漢字)は小学校低学年レベルだと仰ってました。

    なので、中学くらいまで日本語中心、高校生から英語・・・の方がいいのかな?と思うのですが・・・
    どちらにしても英語の方が覚えるのが簡単(私には難しいですが)で、キープしやすいようですよ。家庭での日常が英語(新聞も英字新聞とか)なら、現状で勉強になるような・・・?
    どうなんでしょう。

    ユーザーID:0453328791

  • 転校はしないほうが

    うーん。どうでしょう。
    転校は子供に負担がかかるかも?
    現在大学生の息子は、小学校夏休み時におじゃました日本の学校になじめず、
    楽しみにしていたぶんショックを受けたようでした。

    インターもいわゆる老舗校なら、日本人の先生が日本の教科書でしっかり教えてくれますよ。
    東京エリアしか知りませんが、N校は日本語も英語も同程度の力をつけるのが教育指針ですし、
    A校でも日本人の子供はレベル別の日本語授業を受けるので、
    高校卒業時に一番上のクラスにいれば、新聞を理解し読めます。
    親と政治などについても語り合えますし、大人として読み書きのレベルも問題ないです。

    老舗校は有名大学に進学する子が多く、卒業後のネットワークも大変強いです。
    少々学費が高いのが難点ですが、日本のバイリンガル教育環境として、よい選択だと思います。

    家庭での日本語の補修としては、公文、漢字ドリル、読書、日記などでしょうか。

    各学校を早めに訪問されて、日本語科の先生とお話しされるのもいいかもしれませんね。

    ユーザーID:6400167620

  • ゴールありき?!

    子供の将来の姿を先に決めてしまうと
    親子共々苦しいですよ

    感情があるのですから
    物のように心の場所を移動するものでは
    ないと思います

    ユーザーID:7826154208

  • うーん

    2〜4歳まではあんまり言語って入っていかないんですよね。
    家は海外在住で、心配して色々したのですが、結局4歳からの現地校でめきめきと話し始めました。
    それからが日本語を維持するほうが大変になってきます。
    親も子供も努力です。
    いつも学校後2時間は付きっ切りで教えています。

    正直、今は8歳ですが、現地での学力に支障が出たら、きっぱり日本語はあきらめようと思っています。
    日本語の複雑なこと。漢字は2種類の読み方があるし、書き順も大事。

    特に日本社会の空気を読むといううことを教えるには日本の教育がいいのではないかと。

    とぴぬしさんは日本在住なので、アイデンティティーの問題も出てきますね。

    日本で日本語があまり上手ではない、英語の達者なハーフのお子さんは、いったい何人に属するのでしょうか?

    ユーザーID:0819217236

  • レスします

     インターに入れても、中身が無ければオウムみたいなものです。海外の大学を出ても使い物になるとは限りません。

     日本の論理・プレゼン・ことば・リーダシップを、比較文化論的に学べば、欧米各国のそれも学ぶことになり、どちらも使いこなせるようになります。そういったことは、私は、日本の普通の高校で学びました。まあ、日本が詰め込み教育だと思っている方には、難しいのかもしれませんが、海外でも通用するようにとの視点で教育を行っている日本の学校に行くので十分ではないでしょうか。

    ユーザーID:0459817070

  • 仕事は、言葉とインターだけでは無理

     インターとか100%英語の環境とかは、「型」です。型になじんで企業のマネージャーに喜ばれる人材になれるかどうかは、努力次第ですし、その程度のことは日本でも身につけることは可能です。

     海外の大学に進学しないとクリティカルシンキングが身につかないわけではないし、海外の大学を出ても身につかない人もいます。

     両親が、英語も日本語も使い、暮らしに英語文化も日本語文化も入り込んでいれば、バイリンガルになるのは簡単だと思いますが、習い事のように語学力キープ程度の関わり方しかしなければ、どちらの言葉も不得意になります。

    >よく聞くのが日本の大学を出た新卒は

     これ、私が子供の頃から言われてますよね。高校の時には、そうならないように、いろいろ日本の普通の高校で教育されました。

    ユーザーID:6352837278

  • トピ主です、うーんさんありがとうございます。

    本当に沢山優秀な人もいるのに偏ったような書き方になってしまいすみません。
    外資でいえば、TOEIC990で英語は喋れても会議での英語の発言が説得力に欠ける、カリスマ性がないという事らしいです。知っている範囲で申し訳ないのですが大企業のエリートは結構海外の大学(院)を出ているか、社内留学でMBAをとっていたりします。
    今どんどん中国人やインド人が採用されていますし、世界の金融界では、大企業のトップがインド人の割合が増えています。将来このような人達と張り合い、日本に貢献できる人間にする道筋を示すのが私の仕事だと思っています。
    インターを考えているのは英語のためではなく、人種が入り交じった大勢の人の前で話す機会を頻繁に与えたり彼らと切磋琢磨させたいためです。一筋縄ではいかないアメリカ人やインド人を牽引しリーダーシップをとれる様にするには。30年後の世の中です。社会人になってからでは遅いでしょう。皆が中学受験勉強一色の中で一人だけ習い事、ボーイスカウト活動を熱心にするのはやりづらそう。。のびのびスポーツ等を通してリーダーシップを学んで欲しい。おっしゃる通り安心できる家庭作りは大事だと思います!

    ユーザーID:3790603200

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 母国語は大事

     まだ小さいうちは1言語に留めたほうがいいかと、DVDで軽く聞かせ親しみをもってもらう程度いいんじゃないかなと思うのです。

     なんでそう思ったかと言うと、特にハーフの子(ブラジルと日本人のハーフや中国人と日本人のハーフが主でした)とかみてて思うのですが、言語発達の遅れがみられ、それに伴って適切な意思表示ができにくい子たちがほとんどなので…そうじゃないハーフの人は親が小さい頃、言語を1つに統一している方がほとんどでした。

     非行にはしるっていうのは、言語発達の遅れによる不適切な意思表示(叩くとか大声出すとか)→勉強についていけない・周囲から不適切な意思表示ゆえに誤解を招く→学校に行けなくなる→反社会的行動っていうルートをたどっているのだと思います。

    ユーザーID:3521077836

  • 気張りすぎないで

    アメリカ在です。私も子供がいるので気持ちは分かりますけど、こういうお母さんだとお子さんは疲れちゃうだろうなぁって感じました。

    トピ文だけを読むと、教育は全て学校任せって感じですよね。クリティカルシンキングとかプレゼンとか、家庭でもできますよ。今はネットで何でも調べられますから一度、どういうことを家庭でするのかお調べになってみてはいかがでしょうか。

    確かに日本の新卒は、プレゼン下手、リーダーシップがとれないかもしれませんが、私が出会った海外大学卒の人は自己主張ばかり強くて、自分に落ち度があったとしても謝ることすらできない人もいました。敬語も使えないし。そういう人間の心根の教育はどうされますか?学校のことばかり考えてるとそういう大事な部分が抜けますよ。

    >非行に走ってしまう子もいるとか

    結局中身を育てないで、上っ面の言語だけを押し付けるだけだからでは?

    言語も心の教育も原点は家庭ですよ。英語やプレゼンが子供にとって1番ですか?あなたは家庭で何を教えますか?

    ちなみに私は日本の教育しか受けてませんが、アメリカで仕事してましたよ。今は子育て中ですが。

    ユーザーID:7499779250

  • どこの話ですか?

    > 日本の大学を出た新卒は海外の大学を卒業した人と比べるとレベルが低く

    これってどこの話ですか?日本の企業なら日本の大学を出た人の方が圧倒的に多いですし、むしろ海外の大学出身者は就職には不利です。米国留学者などは確かに英語はできるかもしれませんが、日本人は何だかんだ言って大学受験を経験しているのが強みです。米国の大学はピンきりですが、基本的に高校までの学力が劣っていて、それを大学1年で取り返すので一生懸命勉強している印象があるだけです。プレゼン力はアメリカ人は子供の頃から学校で毎日やってますから、日本人とは差があるのは当然です。でもそれも会社でやっているうちに慣れます。日本にお住まいならインターに入れて英語教育をするよりも、日本の学校をきちんと卒業させた方が絶対いいです。論理的に話せるかどうかは、個人の性格もありますし、家庭環境も影響すると思います。父が屁理屈人間だったせいか、私もよく屁理屈屋と言われたものですが、欧米人と話しをすると「お前の言うことにはすべて理由がある。」とか言って納得してくれやすいです。

    ユーザーID:9467077884

  • 二度目です

    トピ主さん英語信仰なんですねえ・・・。一応有名所のMBA持ってますが、全員成功しているわけじゃないですよ。学校のネットワークが必要か・・・というと、私は必要性感じていません。成功し始めたら成功者同士のネットワークができあがるので、学校のネットワークにかじりつくひつようないからです。

    MBAとっても最初から偉くなれるわけでもないし、リーダシップよりもっと大切なことはあります。MBAの勉強中に「リーダーシップ=偉そうにする」と勘違いしているバカも沢山いましたけどね。

    日本の受験勉強はいいことばかりじゃないですが根性や持続性がつきます。海外の勉強は自主性にまかせすぎるので、自己管理が出来ない人には向きません。

    日本に来ているインド人も中国人もさほどレベル高くないです。本当に出来る人は英語圏で成功しています。アジアにあまり優秀な人が残らないような気がするのですが、それが本当なら日本にいるだけでもう終わってますよね。

    ヨーロッパ人のご主人がなんで日本にいるのですか?最初からヨーロッパで子育てできないのですか?それともトピ主さん言葉できないからヨーロッパで生活できないとか?

    ユーザーID:6348877308

  • トピ主です、皆さんありがとうございます

    色々な意見、特に反対意見が聞けてとても参考になります。
    最初は私も言語は最初一つにして、英語は高校位から本腰入れればいいのではないかと思っていました。
    しかし脳の臨界点である9−10歳で話している言葉が一生の言葉になるとの脳科学者達の意見が多いのが気になり、またスイスやシンガポールなど他言語国でも優秀な人は沢山いるけど?と考えたのです。日本の学校では外国人と張り合う機会もたまにしかないです。
    また家はエキスパット家庭で、将来日本と海外を行ったり来たりします。自分も転校先の学校のカリキュラムが合致せず、大変つらい思いをした経験から、IBプログラム等のある学校の方が子供が楽かもしれないと漠然と考えている所もあります。
    ちなみに今息子は日本語をしっかり喋ります。英語も単語だけ喋ります。アジアの某国にいますが、先代の先輩方の残して下さった功績のおかげで何をするにも、日本人であるというだけで信頼してもらえます。ああ感謝!こんなに素敵な日本を私達がしっかり守っていかなきゃ。。!

    ユーザーID:3790603200

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • まずは

    あなたが子供の将来を親権に考えてるのはわかりますよ。ただ子供を自分とは全く別個の魂の持った一人の人間として見ていない気がします。

    あなたの子供にとって、日本に貢献できる人間になることが幸せなんですか?それ、あなたの幸せの概念じゃないですか?だったらまずあなたが自分でアメリカ人や中国人、インド人と張り合ってリーダーシップをとれる人物になったらどうです?元々あなた自信がそう言う風になりたいんではなくて?自分がしたくないことを子供にさせようっていうのはないですから。

    そういう風になりたいなら子供に期待する前にまずそれを自分の目標として行動を起こせばいいじゃないですか。子供はそれをみたらまず、自分も同じようにバイリンガルで競争力があってリーダーシップをとれる人間になりたいと思うかもしれません。そうじゃなくてもあなたのことを尊敬して、自分ももっと向上したいと思うでしょうね。

    自分と子供、お互いに成長しあえる親子関係を築こうとする意思が根本にあることが大事だと思います。

    ユーザーID:9321944594

  • トピ主です、ありがとうございます。

    皆様、海外の大学の話ではなく日本の大学受験の話です。大学受験しないなら、考える事も違ってきます。
    学校に教育を押し付けるつもりは毛頭ないです。逆に家庭では限界のあるチームプロジェクトの進め方や人前でのスピーチ。夏休み家族と過ごす長いホリデー。皆が反対意見を言っている時のディベートの仕方。受験を焦点にすると後回しにされてしまいますよね。
    学校にいる時間は長いし、日本と海外を行き来するし、環境は大事なのでちゃんと考えてあげないと子供が本当にかわいそうです。私は英語やプレゼンよりも人間関係作りがうまい、リーダーシップを養う事が一番大事だと思っています。
    ご指摘の通り、自己主張ばかり強く謝る事ができない子は、育て方次第。
    道徳を教えるのは親。
    でも日本の道徳教育は素晴らしいと思っているので大事な時期日本の小学校に通ってほしい。皆が中学受験勉強に入る前まで。
    マルーンさん、ちなみに納得できる理由とはどんなものでしたか?
    皆さん、日本の成長が止まった今から30年後には状況がどう変わっていると思われますか?
    日本の成長を止めずに守るにはどんな教育がベストでしょうか?
    家庭第一を前提に議論しましょう!

    ユーザーID:3790603200

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 私自身、ハーフでバイリンガルですが

    ダイレクトに言います。

    外見が日本人でないハーフの人が二カ国語ペラペラでも、上司が日本人でしたら「外国人」としての採用が多いです。


    育ちや語学力、学歴は同じでも、「純日本人」である帰国子女と同じ「英語ペラペラ日本人」として日本企業に入ることは難しく、外国人を積極的に採用している企業に「日本語ペラペラ外国人」として採用される確率の方が高いです。特に海外育ちの場合。

    そして、そういう採用は上司や同僚の「英語の練習相手」、もしくは「企業の外国人マスコット役」みたいな裏の目的を伴う場合も少なくはありません。

    もちろん、日本語の方が圧倒的に強いということでしたら、「英語ペラペラ日本人」としての採用もありですが、それは英語力が足りないから等の理由からですから、バイリンガルの意味がないですよね。

    学歴が良いハーフの人であれば、海外の企業の方が条件がいいし楽だと思います。なのでハーフの人が完璧にバイリンガルであっても正直あまり活かせないな、というのが私の感想です。

    まあ、トピ主さんのお子さんが就職する20年後の日本ではハーフの人も日本人だという考えも一般的になるかもしれませんが。

    ユーザーID:3467206635

  • 何が優先ですか?

    社会人です。

    タイトルどおりですが、
     1 バイリンガル   
     2 ルーツが2つの人 (日本とご主人のお国)
     3 リーダーシップのある人

    主さまの発言は、この3つが混在されているようです。各々簡単な事ではないと思いますので何を優先されるかをご夫婦で整理されてみては?ご主人が非英語圏でない場合はそこも、整理が必要では?リーダーシップは確固とした個の上に成立つものでは?

    同僚として、ハーフのバイリンガルと仕事をするのであれば、下記の事が当然のように問題なくこなせると予想してしまいます。

     1 日本語とご主人の国の言葉が読み書き共に問題なくこなせる事。バイリンガルの方なら、出張も少なくないだろうので、日本語でのメール対応に難がないこと。敬語は当然。
     2 日本も、ご主人の国の歴史や文化のある程度のレベルで理解している。
     3 社会人として、当然の仕事のスキルがある。

    上記が困難なら企業はその人を雇うのではなく、通訳等で外注すると思います。

    ユーザーID:4047705830

  • 2度目ですが・・・

    2度目の発言です。
    確かに「仕事」ということを考えるとトピ主さんの意見は至極真っ当だと思います。が、私の住む地域には移民が多いのですが、トピ主さんが「世界の企業で選ばれている」と思われる国の方々は、生活面でのマナーの違いで他の人たちから苦情が多く出ている、という現状があります。全員がそうだとは言いませんが。

    スーパーでのことです。店員が私に「こんにちは」と挨拶してくれた事があったのですが、それまで応対していた、とある国の人には店員は挨拶しなかったのです。「日本人には挨拶するが、私達には挨拶しないのか!差別だ!」と詰め寄っていかれました。でも実際は私が笑顔で軽く「HI!」って言ったから店員は返してくれただけのこと。

    きっと詰め寄ったとある国の人たちはお国ではとても優遇されてるんだと思います。英語も数学もしっかりと教育されていると思います。しかしどこか何かが抜けてるんですよね。

    東アジアの某国の子も私立へ通ってる子が多いのですが、図書館で騒いだりするし大声で話したりスーパーで走ったり、と言う子が多いんです、本当に。

    続きます。

    ユーザーID:7499779250

  • 2度目です。 続き

    そういう生活態度のよくない子達を見ると「学力だけじゃないんだな」という気持ちになります。

    トピ主さんの言う「リーダーシップ」というものは下々の者までやる気にさせる、統括するということですよね。

    私は子供に「上に立つ人になれ」と言う教育はしてませんから走り回る子を見て「ああいうことはよくない」という言い聞かせしかしていません。が、子供はリーダーになりたいと思っているらしいので「リーダーになると言う事は、いろんな人をどうやる気にさせるか、チームの一員にするかをいつも考えなさい」と言う事もあります。

    また、住んでいるここでは子供達は公立に入れていますが、公立の良い所は生活保護を受けている子も、多少のお金持ちの子も「同じ地域に住んでいる」という共通項だけで1つのクラスに一日いさせられますから、将来上に立った時にどういう態度を取ったら良いのか、まとめていったら良いかが分かるわけですよね。

    私立に入れてたら同じ教育方針の、同じ年収レベルで囲われていて、居心地は良いけど社会に出たら大変になると思ってます。

    我が家で教えてる事はこんな事(ほんの一部ですが)です。

    ユーザーID:7499779250

  • クリティカルシンキング

    いろいろお子さんの為に考えていらっしゃいますがもうちょっとリラックスしていいんじゃないかと思いますよ。トピ主さんみたいな親だと子供は疲れるしストレスもたまりますよ。って言っても多分わからないでしょうね。

    クルティカルシンキングができる子供は人前で自己主張できる場合がよくある。

    もちろんそういう子供は親の考え方にはっきり異を唱えることができる場合がよくある。

    親の敷いたレールに乗ってきただけの子供にリーダーシップはまず育たないです。

    自分でこう思うからこういう方向に行きたい、こういう大学に行きたいって、その為にはこれが必要だ、等ちゃんと自分で考え自分から行動できる人間になること、これが第一歩ですね。

    ユーザーID:9321944594

  • 論理的思考

    >論理的に話せない、プレゼンが下手、英語がしゃべれない、リーダーシップがとれない等。

    小学生向けに「話し方教室」がありますし、囲碁を習わせるという手もあります。
    (100手先まで見通せるようになるかも?)

    トピ主さんのお子様の性別がわかりませんが、
    女の子の方が総じて早熟で口達者と言いますし、
    本人の性格もあるでしょうから、
    もしお子様が口下手でも「教育が悪かった!」と思い込まないであげでください。

    少なくとも、
    バイリンガル教育と、論理的思考、
    この二つは分けて考えるべきでしょう。

    ユーザーID:9413236371

  • マネージャークラス

     私もマネージャークラスの話は鵜呑みにしない方がよいと思います。
    日本で外資金融10年アメリカで現地企業5年ですが
    どちらもマネージャークラスでまともに仕事が出来る人を見たことが
    ありません。という私もマネジャーですがアメリカ人部下の出来の悪さに
    辟易している毎日です。

    プレゼンや英語力を問うようなマネージャーに限ってそういう能力を
    もっている若い部下をつぶしにかかります。
    これはアメリカであっても同じです。むしろ自分より能力がある人間が
    自分の地位を脅かす事を恐れる分アメリカの方が頻繁に起こっているような
    気がします。

    子供たちに必要な能力はそういった人間をかぎ分けうまく対処しつつ
    自分がのし上がっていくテクをつけさせることが英語力プレゼン力よりも
    大事だと思います。

    バイリンガルで無い人に限って英語が出来れば今の苦境を乗り越えられると
    安易に考えがちですがたとえバイリンガルであってもだめなものはだめです。
    何をどう伝えるべきかを考える能力というのはバイリンガルや
    プレゼン力とは別物であると私は考えます。

    ユーザーID:0835316472

  • スーパーマン

    皆が中学受験勉強一色の中で一人だけ習い事、ボーイスカウト活動を熱心にするのはやりづらそう。。のびのびスポーツ等を通してリーダーシップを学んで欲しい。

    主様の子供はスーパーマンですか、英語は話せるようになるでしょう、しかし、勉強もしないで、海外の大学いったり、MBAとったりできるのですか?

    ユーザーID:7428321676

  • うーん

    >、一流大学を出ていても論理的に話せない、プレゼンが下手、英語がしゃべれない、リーダーシップがとれない等。

    それって教育のシステムが云々ではなく、
    「外国人から見た一般的な日本人像」
    そのものなのではないかと。つまり、使えないのではなく欧米人目線で見た際に面食らう日本人の反応というだけなのでは。

    ユーザーID:0434700970

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧