• ホーム
  • 男女
  • 彼の母に結婚を反対され…理由はベジタリアンと食生活

彼の母に結婚を反対され…理由はベジタリアンと食生活

レス487
(トピ主10
お気に入り818

恋愛・結婚・離婚

まき

アラサー女でセミベジタリアンです。
(卵、乳製品、鰹出汁は食します。)

彼と結婚の話が出ておりますが、
彼の母になかなかお許しをいただけません。(彼は母子家庭)

彼は私の主義を理解はしてくれていますが普通に肉を食べますし、
私も彼にベジタリアンを求めていません。
ただ、彼に料理を作る時はやはり肉魚は使いません。
彼のお母様が反対されるのは、その部分です。

私が食べないのは勝手だが、結婚してから息子まで食べられないのは
可哀想だし栄養も偏るし、子供はどうするのか。
料理くらい何故出来ないのかということで、ごもっともだと思います。

ただ私は自分が殺せないものは食べない考えで、
肉を買って調理する=肉を消費することは、
私の中では肉を食べることと同じなのです。

彼には申し訳ないけど、自分で食べたい分のお肉等は
自分で買うなり作るなりして欲しいのです。
結婚はいろいろなことの譲り合いだと思いますが、
これが唯一私の譲れない点と言えます。

彼はお母様の言う事もあまり相手にしてない感じ。
(食にあまり執着がない)
そこでベジタリアンのパートナーを持つ方、
どのような食生活をされていますか?

将来、子供については本当に悩むところです。

ユーザーID:5072089773

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数487

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 簡単

    彼は納得してるなら、大丈夫ですね。

    子供はつくらなきゃいいんですよ。
    子供は自分で料理はできないし、肉や魚は離乳食から使います。
    それを野菜だけにするなんて、ありえません!

    なので、最初から子供に不自由な思いをさすのをわかっているなら、つくらなきゃいいんです。
    そうしたら、結婚してずっと二人で、仲良くいられますよ。
    簡単でしょ?

    ユーザーID:8441255612

  • 将来に対してあやふやすぎる。

    2歳児の母です。
    ベジタリアンではありませんが、トピ文を読んで思ったことがあるのでレスします。

    >卵、乳製品、鰹出汁は食します
    >子供については本当に悩むところです
    >彼には申し訳ないけど、自分で食べたい分のお肉等は自分で買うなり作るなりして欲しいのです

    彼のお母さんに対して、はっきり言えないのは、トピ主様の考えがあやふやだからだと感じました。
    結婚を考えるなら、いつか来る子供の食生活に対しても、彼と話して考え方を固める必要があると思います。
    それと、子供に卵アレルギーがあった場合、バランスのよい食生活を提供する場合、彼の協力が必要不可欠となるでしょう。
    彼との話し合いは、そういう部分にまで及んでいるんでしょうか?

    食事はとても重要です。
    結婚に対して譲れない点なら、それを補って余りある配慮があっていいと思います。

    ユーザーID:4306098457

  • うーん…お母さんの説得より

    本当にお子さんどうするんですか?
    そこが解決しないと結婚は難しいんじゃありませんか?
    別に子供がいなくてもいいなら、彼も今の食生活にOKのようだし
    結婚すればいいと思いますが…。
    でも動物を殺せないから自分の子供の誕生を拒否するっていうのも
    本末転倒な気がしますね。
    お母さんについては、嘘も方便で「料理します」と言っておけばいいのでは?
    別居なら家庭の内情なんてわかりませんよ。

    ユーザーID:5963266653

  • ウチの息子も同じ事言ってました。

    「自分が殺せないモノは食べない。」
    命に対しておこがましいとすら思いました。
    なら命ある野菜も食べるなっちゅー話ですよ。

    なので、全力で説得しましたよ。
    夫と二人で。
    三日で納得しました。
    今は普通に食べています。

    その上で、彼が今は納得していると言いますが、結婚となったら必ずと言って良いほどその肉を食べない事で揉めますよ。
    だって、彼の母親は肉食べますよね?
    そして、彼も普通に食べる人ですよね?
    そう言う人達にとって異端はとぴ主さんですよ。
    で、きっと自分の子供にもベジタリアンを進めると思います。
    そうなると、彼、彼の母は全力でとぴ主さんの思考を排除に掛かりますよ。
    特に、食は生きて行くの上に於いてとても重要です。

    私はとぴ主さんと同じベジタリアンの方を探すのが一番だと思います。
    食が違い過ぎるのは不幸の元だと思います。

    ユーザーID:2420960931

  • 食生活 1

    食生活は共同生活の基本だと思っています。

    彼はやや好き嫌いがありますが、こだわりではないので「食わず嫌いを治す努力」をしています。


    ただ、「嫌い」なら救いはありますが、「ベジタリアン」というこだわりは、救いようがありません。
    信念なだけに。


    彼のお母様の言う事は、間違ってはいないのです。

    一般的な家庭では「残さず食べる」は食のマナーであり、基本。

    それを「信念」として真っ向から否定している状態で
    更に息子に「私は肉は食べないから自分でやって」と言われるのは、母親として否定するでしょうね。

    ユーザーID:4988768813

  • 食生活 2

    更に、子供が生まれたら
    「私は信念で肉は食べないの」
    と、子供の前で偏食をされるのでしょうか?

    子供は、「信念」と言えば、残していいと思うでしょう。
    その子供が大人になった時、会社や上司との会食、上司やお得意様宅の奥様に振る舞われた食事を、「残さず食べられるか?」は、今後に作用する可能性も否めません

    旦那さんになる人も同じベジタリアンであれば、小さい内は問題ないでしょうが、いずれ無理は生じて来ます。
    自分で、というからには、勿論、専業主婦ではないでしょう?

    もし専業であれば、お母様の反対は尤もです。

    ユーザーID:4988768813

  • 将来、子供をを育てることを考えてみてください

     食育という言葉もありますように、食事は体を作る根幹です。
     大人になればカロリーやタンパク質の摂取は、それほど必要なくなります(体を大きくする必要がなく、維持だけでいいから)
     でも、子供にとってはどうでしょう?

     子供が大きくなるにはタンパク質が欠かせません。
     トピ主さんが食べないのはかまわないと思いますが、肉や魚を料理しないというのは、家族の健康を考える主婦として失格なのではないでしょうか?

     お子さんが生まれ、学校に行き、給食を食べるようになります。
     もちろん給食には肉や魚が出てきます。
     学校としては、栄養のバランスを考えて全部食べて体を育てるという立場から、好き嫌いなく食べるように指導します。
     そこでのお子さんの立場を考えてみてはいかがですか?

     私自身はベジタリアンではないのですが、将来のお子さんのことを考えて意見させていただきました。
     でも、お子さんを作らないで夫婦だけでベジタリアンとして生きていくなら問題ないと思います。

    ユーザーID:3078666132

  • 食生活 3

    食生活の違いは、最初は気にならないかも知れませんが、必ず、確実に、亀裂は出ます

    特に、お子様が生まれたら更に。
    今、「食育」という言葉もあり、余計に難しくなります。
    食について、お子様をどちらに?と言う辺りに到っては、相当な論争も。

    お子様が「肉を食す」場合も、やはり調理放棄をするんですか?

    お義母様の一番の心配は、まさにそこだと想います。
    あなたの一番譲れないものは、「最も譲り合わなければいけない部分」です。

    譲れないなら、ベジタリアン同士なお相手を探した方が良いかと思いました。

    ユーザーID:4988768813

  • 難しいかも

    ごめんなさい。
    正直、彼との結婚は難しいか、結婚しても上手く行かなくなる気がします。

    食って、毎日のことです。
    彼が今、あなたの主義を受け入れていても、生活を共にして違いの大きさに初めて気がつくと思います。あなたも同じでしょう。
    自分の食べれない物を目の前で食べる彼、妻がいるのに食べたい物を作ったり買わなければならなくなろうである彼。
    積もり積もって互いのストレスになると思います。
    彼が食に執着がないというのも、今は普通の食事が普通に出来ているからだと思います。

    あなた自身、セミベジタリアンになったのは自分の意思で選択したのではありませんか?
    もし、お子さんが生まれたとしたら、それはあなたと同じように自分で選択させるべきで、それまでは成長に必要な栄養素は万遍なく摂取させるのが親としての責任だと思います。
    それでもあなたはお子さんにも自分で殺せない物は与えないと、調理することすら放棄するのでしょうか。

    私は、あなたの主義を変えようとは思いません。
    ただ、彼との結婚や子供を持つことを考えているのなら、食べなくても調理するという点は譲るべき点だと思います。

    ユーザーID:0190504714

  • 屁理屈かな。

    『料理する=食べる事と同じ』ですか。
    ベジタリアンでも、料理をするだけでもいけないと決めつけて、子どもの食の未来を奪ってはならないと、私は思います。
    『母親になったら貴女は作らない=食べさせない』と同じ事ですよね。だって子どもの離乳食から、普通の食事、お弁当まで、未来に母親となった時には作らないわけにはいきませんから。貴女は、自分は肉は調理しないから、自分で料理を覚えるまで食べるな、という事でしょう。
    自分の食のこだわりを押し付け、子どもを犠牲にする未来が予想出来るから反対されるんですよ。肉を食べない子ども時代が果たして何年続くのか、それが後の成長にどう響くのか、子どもの栄養面は親の責任ですから、『私はベジタリアンだから、子どもの栄養は知らない』、では、許されないと思います。
    ベジタリアンの方に会った事がありますが、子どもの食事については、『この子の食について、母親の私が制限をかけると、お弁当でも、他の子と比べてハンバーグやミートボールが食べたいって泣いて帰って来たりしたし、色々嫌な思いをさせてしまったから、子どもは犠牲に出来ない』と調理はしていますよ。

    ユーザーID:4323964300

  • 疑問

    伴侶や子供にバランスのとれた食事を作りたくないほどの拘りなのに、卵、牛乳、鰹出汁はOKなのが不思議。
    卵が無精卵でひよこにならない、牛乳は牛のおすそわけだから命を奪ったことにならないとしたとしても、鰹出汁は確実に命を奪ってますよね? そこまで拘るなら昆布出汁なのでは。
    何もトピ主さんに無理して食べろとは言いませんが、魚の形が目に入らなければ平気であるなら、伴侶や子供のために作ることくらいは妥協してもいいのでは。鰹が平気で牛や豚が駄目というのが都合よすぎると思います。

    なんだか、トピ主さんの子供に生まれたら、命の大切さは教わるかもしれないけど、食への感謝の気持ちは育たなそうで怖いです。ベジタリアンはベジタリアンと結婚したらいかがでしょうか、という気持ちになります。

    というか野菜だって、本来植物は、種から枯れて次の種を残すまでがサイクルで、途中で収穫したらそのサイクルは成り立たないので、子孫を残す道を断っていることになりません?

    ユーザーID:2721657716

  • レスします。

    お相手の彼がそれでもいいと仰っているなら問題ないと思いますよ。

    私は以前アメリカに住んでいまして、当時ベジタリアンのお宅へホームステイを2年していました。
    奥さんは完全ベシタリアンでしたが、ベジタリアンではないご主人や私にボリュームのあるベジーな料理を作っていました。
    まぁ腕次第ってとこでしょうかね!

    ただお子さんに関しては何とも言えないです。
    やっぱりベジだけの食生活だと偏りもあるようです。。。
    当時7歳5歳2歳がいましたが、割と体小さめだったらしく、7歳はプロテイン飲料飲んでいました。

    というか、食育の観点から、、、やっぱり何でも食べてたくましく育ってほしいって思います。
    私自身二児の母ですが、肉、魚もやっぱり大事だって思いますもん。

    ユーザーID:1373229502

  • 彼の母の言われる事も分かる

    カツオだしはカツオを殺して出汁をとっているし、毎日生きていれば虫も踏み殺しているだろうに・・と言っても自分の中で信じきっておられるのですから無駄でしょうね。

    やはり相手の方に自分の考えを押し付けるのはどうかと思います。人間は雑食の動物で、雑食によって充分且つ必要な栄養を摂る様に出来ているのですから。
    愛する相手ならなおさらべジタリアンにしてはいけないのではないかと思います。

    ユーザーID:6263562074

  • お肉美味しいのになぁ・・・

    なんか中途半端な決意ですね。『自分で殺せないものは食べない』って。

    何でですか?なぜ殺せないんですか?可哀想だからですか?殺せる環境にないから殺さないんですか?野菜や魚や卵も命に変わりはないのに殺せるのは何でですか?
    乳製品はなぜ取れるんですか?市販されてる乳製品のほとんどは、ずーっと狭い牛舎の中で乳搾りされて乳が出なくなれば屠殺される牛が作ったものですよね。結局人間の都合で生かされ殺されていく訳ですから、結果的には殺してるのと変わらないんじゃないですか?

    まぁ、こういう事はベジタリアンVSそうじゃない人の間で昔っから繰り広げられてる論争ですね。

    そんな使い古された論議よりも気になるのは、貴方の言う『自分の手を汚す行為』を行ってでも夫や子どもに美味しい栄養のある食事を作ろうという気はないのかという事ですよ。

    旦那はいいですよ。大人なんだから食べたきゃ買うなり店に行くなり好きに出来ますからね。でも、子どもは?
    食べたいのに、食べれる環境にあるのに、食べられない。
    そんな我慢を子どもに強いる気ですか?
    食べたくても食べれず餓死していく子どもを持つ親が聞いたらどう思うんでしょうね。

    ユーザーID:8014667308

  • ベジタリアンではないけど・・・

    彼、彼の母はともかく・・・肉、魚くらい買いなよ。肉、魚の料理くらい作ってあげなよ。あなたが食べなくても・・・結婚生活は譲り合いではなく思いやりだと思う。譲れない主義なんかあると結婚生活はいつか破綻するから。彼を大事に思うなら出来ないはずは無いと思うけどなぁ・・・後、子供に関しては成長するまでは、肉、魚共に食育として重要です。(肉の食べ過ぎは良くないけど、魚は大事)

    ユーザーID:0856123617

  • 子供は難しいですよ。

    夫はベジタリアンではないですが、肉類、乳製品、青背や赤身の魚、一切食べません。果物、豆類、野菜類、ジャンクフードは食べます。

    夫婦だけのときは、私が肉や魚を食べたいときは昼食に食べていました。夫婦のときは夫に合わせた調理をしていました。

    子供が2人産まれ、幸い好き嫌いなくなんでも食べますが、基本、夫に合わせた食生活です。夫の休日出勤時(昼食)などに肉や魚を食べます。(夕食は必ずみんなで食べるので、平日に子供が肉魚を口にするのは給食だけです)

    夫は、子供が肉や魚を食べる事がイヤみたいで、子供に「肉を食べるな」などと言い続けていました。テレビでハンバーグ、子供がつい「美味しそう」と言おうものなら「あんなものを食べるのは野蛮人だけだ」と。

    正直、義母さんなんて一時の問題です。あなたは子供が嬉しそうに、楽しそうにハンバーグを食べていたら「よかったね」と思えますか?「私の子供なのに・・・」と思いませんか?

    子供が自分の意思でセミベジタリアンならともかく、あなたの偏食(あえて言います)を押し付けるのは間違っていると思います。

    ユーザーID:0481084241

  • あなたを尊重しますが家族にはなれないかな…。

    私は、30代後半の専業主婦です(子供1人)。
    一緒に生活をしていない方の、食事に関しては尊重できますが、家族になる人に対しては、「食」は大切な事なので、彼のお母様が反対する理由がわかります。

    主人は、生ものと香辛料(ニンニクやバジル)、ねばねばしたものが食べられません。これだけでも、食事を用意するときに気を使います。
    私は、好き嫌いなくなんでも食べるように躾をされてきました。
    主人の食に関しては私の努力でできる範囲だったので結婚しましたが、
    やはり、なんでも食べれる私にとっては制約のある人との生活はなれるまでに時間がかかりました。
    ちなみに、子供は好き嫌いなく食に興味のある子に育っています。

    親戚で「肉・魚」が食べれないお嫁さんをもらった人がいますが、お子さんは2人ともガリガリで食も細く食べる事に喜びを感じないような子供になってるそうです。あなたが、ベジタリアンになるのは勝手ですが、子供を持ちたいと思っているのなら、肉・魚を使った食事も作れるようにして子育てをする覚悟をもってほしいです。
    自分の子供の配偶者が食に偏りがある人であれば、私は全力で反対するでしょう。

    ユーザーID:6261841746

  • でた、、

    主さんがベジタリアンな確固たる理由はなんですか?

    私は何人かのベジタリアンは知っています。一人は自分はベジタリアンだけど家族にはちゃんと肉を含むバランスの良い食事をつくる(ただしオーガニック)。 もう一人は絶対肉(及び動物系、なのでゼラチンが入っているヨーグルト等)を食べない、子供は生まれてから一度も動物性食品が原料として少しでも入っている食品を口にしたことがありません、成長していく上で必要な栄養を母親から与えられずまわりからはかわいそうだと思われています。

    私は、自分がベジタリアンって言う人は好きにすりゃいいと思いますけど、それを家族、特に子供に強要するのはかなり傲慢、自己中だと思います。 特に”動物がかわいそう”って言うベジタリアンの人は革製品も使わないわけですよね?、殆ど全ての化粧品にも処理後の牛の脂肪が使われているので化粧もしないってことですよね?? でも主さんは自分が殺せない物は食べないけど、牛の死体の残骸は身につけられるって事ですよね?

    旦那さんになる方が同意があるのならいいと思いますが、子供は自分の食の嗜好を選べません、子供にはバランスよく食べさせてあげて下さい。

    ユーザーID:4207322114

  • 聞きたい

    トピ主さん、専業主婦希望?

    >私も彼にベジタリアンを求めていません。ただ、彼に料理を作る時はやはり肉魚は使いません。

    だったら、これは結果的にベジタリアンになれってことだよね。

    セミベジタリアンって、初めて聞いたんですが。
    卵は無精卵専門なんですよね。
    乳製品は仔牛の乳を横取りしてはいますが、まあ殺してないからいいかも…。

    でも、鰹節は鰹という魚を加工してますけど?鰹のタタキを食卓にあげるのと何が違うんでしょうか?

    こういう疑問を持つ人もいます。
    私は義母さんのご心配はごもっともだと思います。
    トピ主さんもごもっともって言うのに、譲らないの?

    ま、夫となる人がいいっていうならいいんでしょうけど、積極的に貴方の言い分を支持してるような感じしないし、そこが一番肝心じゃないの??

    ユーザーID:2352497165

  • そりゃあ理解されないでしょう。

     肉を料理すること=肉を食べること と思うなら、この結婚は無理じゃないですか?
    肉と魚を食べたきゃ、自分で料理しろ! てか?

     少なくとも、とぴ主さんからうまれてくるこどもは本当にかわいそうだと思う。
    世の中の多くのお母さんは、自分の嫌いな食べ物でも、子供のために料理しています。

    ユーザーID:2586519679

  • 肉魚以外は『生きていない』と思ってませんか?

    野菜も米類も、皆命あるものですよ。
    『自分が殺せないものは食べない』なら、一切生きているものを食べない事です。野菜だって生きてますから。土に根を張り、水と栄養を吸い上げ、育てなければ、野菜はできませんから。私は今子ども達にそういった農に関する食育に関わっていますから、野菜も生きている、人間はその命を『いただいて』生きていると教えています。
    だから、野菜は肉魚と違って生きていないかのように書かれるベジタリアンの理屈は皆、中途半端だなと思います。『いただきます』はただの言葉じゃありません。肉魚米野菜、みんな生きている命を、人間が生きるために『いただきます』と言うのです。
    貴女の親は貴女にどう食育したのでしょうか、全然大事な事を教わってきてないようですね。

    ユーザーID:4323964300

  • いやみじゃなくて、質問です

    自分で殺せないものは食さない?
    ・・・自分で乳牛を飼い乳をしぼり、野菜を育てその野菜を殺して食べないのですか?

    そこまでいかないと、何だか表面的な、うわべの流行に惑わされているだけのような気がするんですけど・・・。

    魚も殺せないのですか?
    それって、・・・ひ弱な現代っ子なだけな気が・・・。それをベジタリアンだとは・・・、ちょっと格好良く言いすぎじゃないですか?

    また、肉や魚を食べないことで不足する栄養素が何で、何で補うかとか、ちゃんと勉強されましたか?

    いやみじゃないんです。
    不快になったらごめんなさい。

    乳牛の一生をご存知ですか?
    牛乳も野菜も、現代では、「工業製品」と呼びたくなるような、促成、機械化なような気がしてます。

    そういうこと知らず、野菜だけを消費していくことが、何か意味があるのかしら?
    植物と動物の「命」の重みに差があるのでしょうか?

    ありがたく「命」を頂戴することが大切じゃないですか?

    精一杯、あなたが、知恵と思慮を深め、説得できる中身を持つよう成長してください。

    ユーザーID:8965127256

  • 海外在住なのでビーガンやベジタリアンはいますが

    私も子をもつ母なので、もし息子のお嫁さん候補が貴方のような方だったら躊躇します。

    解決法としては、ビーガンよりましであること、貴方の食生活においてタンパク質もちゃんととれていることを強調したらどうですか?

    海外なのでビーガンの友人が数人います。

    うち1人はアラフォーですが、骨がカスカスになってしまい骨粗鬆症と診断され最近ようやく魚と豆腐を食べ始めました。もう1人は、子供にビーガンをしいたため、4歳の検診でなんと、先進国なのに「飢餓状態だ」と診断されました。

    お母様からすると、貴方はどうでもよくご主人となる息子さんと孫です。ですから、貴方の食生活でも栄養学上問題ないことを科学的に立証し、データをだしてお手紙をだしたらどうですか?

    ただ、自分が殺せないものは云々ですが、失礼ですが、では卵は本来貴方が食べなければひよこが生まれていたんですよね?貴方が生活しているうえで、殺ろさずに生きて行くことはほぼ99%できないと思います。

    ご主人候補の方と、生まれてくるかも?なお子さんの栄養を考え、貴方の食事でもOKなんだと安心させてあげてください。

    ユーザーID:9162733805

  • シーフードベジタリアンです

    まきさんと同じ理由で、肉を食べません。料理もできません。
    自宅で作る料理はほぼ菜食、たまに魚、卵です。乳製品は摂りません。
    夫はなんでも好きなので、菜食料理も魚料理も喜んで食べてくれます。
    夫の家族は、全く無関心です(お肉が好きじゃないのね程度)。

    会社で昼に好きなものを食べているので、3食合わせて考えると、バランスのとれた健康的な食生活がおくれると、喜ばれています。

    子づくり中ですが、生まれても、たぶんこのままいきます。

    我が家の円満のポイントとしては、義母が用意してくれたり旅館等で出されたものは、肉料理であってもありがたく頂くことかなと思います。子どもにも教えたいです。
    応援しています。

    ユーザーID:7317846295

  • ベジタリアンではないですが…

    共働きなら、だいたい家事は分担にしますよね。
    それと同じように、どちらかが料理を作る、というのではなく、交代で料理を作ればいいのではないでしょうか。
    今日は肉魚無し、明日はあなただけメイン差し替え(ただし自分で作っておく)とかいうふうに。

    人によってだいぶ基準が違うのでちょっとわかりづらいですが、「自分が殺せないものは食べない」ということであれば、えび・貝はOKなんでしょうか?
    (カツオを釣るより、網や手で捕まえられるので、大丈夫なのかなと…。)
    エビフライやカキフライがメインの食事はおかしくないし、あなたが食事当番の日でも特に子どもに不憫な食卓にはなりそうにないですよね。
    彼の協力があれば、子どもには世間一般の食生活は楽しんでもらえると思います。

    彼のお母様が心配しているのは、生まれてくる子どもがあなたに『洗脳』されてベジタリアンになることなのでは。
    自分の考えを押し付けたりしないということは、時間がかかっても理解してもらうしかないでしょうね。

    まあでも、結局は結婚って当人同士の問題ですし。
    彼が納得すれば、それでいいのではないですか。

    ユーザーID:4248667633

  • ベジタリアンの基本

    他人にその主義を押し付けないことだと思いますが。
    自分勝手だなぁと思いました。
    旦那さんのために肉をかって冷凍しておいてあげて
    彼が食べたいときはすぐにお肉料理作ってあげるとかすれば問題ないのでは?子供にはお肉食べさせましょうよ。ある程度は。
    肉ばかりに偏るのはいけませんが、やっぱり食育は大切だと思います。
    こればかりは彼氏さんのお母さまの意見に賛成かな・・・。
    いろいろな事の譲り合いが結婚というなら
    彼氏さんの譲れないところを聞いて交渉するしかないと思います。
    お子さんが小学生になってお友達ができてお肉食べなかったとして・・
    いじめにあわないですか。
    自分が他人と違うってことで悩まないかな。
    ある程度大きくなってからお子さん自身でベジタリアンの道を選ぶのならいいですけれど。
    そういう要因がたくさんあるから反対されているんだと思います。
    小町で相談するより真剣に旦那さんとお姑さんと妥協できる点を話し合うべきですよ?

    ユーザーID:7452211580

  • 作れないのは

    肉を食べないのは個人の自由ですが、料理が出来ないのは問題ですよね。

    彼はともかく、子供に肉を出さないのはまずいと思います。

    将来子供を作らないつもりならいいんでしょうが。

    ユーザーID:3690503813

  • 間違っています

    肉の消費とは、食べることです。

    × 肉を買って調理する=肉を消費すること

    ○ 肉を買って調理する=肉を「加工」すること


    問題は、自分が触りたくないから調理しない、子供が出来た場合のことも真剣に考えていない、思考の軽さです。

    今まで会った日本や外国のヴェジタリアンは各自の信念で肉の購入から子供の食事まできちんと線引きしてます。

    他人の意見を参考にしないといけないトピ主さんの信念のなさが問題です。

    ユーザーID:9421004938

  • 私も無理

    わ!私も無理かなー。結婚相手でも、嫁でも。

    でも彼が頓着していない&母親の言うことを意に介さないなら、
    二人の仲を裂くことはできませんよね。

    彼はなんとおっしゃっているのですか?
    お肉は自分で買って調理することに合意しているのですか?
    子供の食事もお肉料理は彼がしてくれるのですか?

    そうならば、彼がそのようにお母様に説明すればいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:2935849775

  • 一応聞きますが

    なんで肉はダメで魚はいいんですか?
    蚊も殺さないんですか?
    皮製品や毛皮にも反対ですよね?
    野菜を作る際に虫が(駆除されて)殺されるのはいいんですか?
    動物実験を経てできた医薬品も使わないんですよね?

    そのへんが中途半端だと、そんなベジタリアンは受け入れられませんね。

    ベジタリアンは、肌が萎みますよ。
    栄養バランスが悪く、肉を食べないで育てられた子供は、低身長です。
    子供にベジタリアンを強制して、その子の学校や生活に対してどう責任をとるんですか?
    「子供については悩む」なんて、
    譲れない一点と言うわりに中途半端ですよね。

    これでは他人の理解は得られないのも当然です。

    ユーザーID:2394164017

レス求!トピ一覧