• ホーム
  • 男女
  • 彼の母に結婚を反対され…理由はベジタリアンと食生活

彼の母に結婚を反対され…理由はベジタリアンと食生活

レス487
(トピ主10
お気に入り818

恋愛・結婚・離婚

まき

レス

レス数487

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いい方向に向かいそうですね!よかった・・・

    周りが “やいのやいの”いうほど 深刻じゃなかったですね。(笑)

    小町って言葉の端々を捉えて 徹底的に攻撃してくるから
    ほんと 怖いわ・・・。

    でも、トピ主さんも 少し 気持ちに余裕が出てきたというか
    このくらいは譲歩が必要かなと 思いなおした部分もあるでしょうから
    よかったんですよね、トピ立ては。

    是非、彼と幸せな結婚をなさってください。
    人はまだまだいろんな場面で、少しずつ変っていきます。
    その時々で夫と相談して、決めていけばいいかと思いますよ。

    お幸せに

    ユーザーID:2832049112

  • 彼母になったつもりで

    彼母になったつもりで回答します。
    トピ主さん、いくつかレスあるけれど、彼母にとって、肝心なこと、子供(彼母にとっての孫)に、肉を食べさせてあげるの?あげないの?の答えを、明確に示していないじゃないですか。
    彼母としては、嫁がベジなのは別にかまわない、息子がベジ嫁に付き合わされるのも、本人が良いというのなら仕方ないだろう、でも、本人の判断力のない、大事な成長期に、嫁のために、孫がベジ食を強いられるのが、彼母としては、容認できない、反対の一番大きな理由だと思いますよ。
    まあ、トピ主さんとしては、自分は肉の調理しないから夫になる人に頑張って貰うという考えかもしれないし、そこで自分も働いているのだから、その程度の負担を夫がしてくれなければ納得いかない、というのが主張かもしれないけれど、現実問題としてどうなの?彼が、「積極的に」あなたに協力してお母さんを説得するなら、まだ良いかもしれないけれど、おそらく消極的でしょ?主張するのは自由だけれど、相手の了解を得たいなら、自分が相手のカバーをするべく2倍、3倍の努力をしてでも歩み寄る努力をしないなら、相手は受け入れないと思う。

    ユーザーID:0410735128

  • いいと思います

    別にいいと思います。相手に強要してるわけでもないし、自分の線引きでしょ?食物の好き嫌いだって、いわゆる個人の線引きだもの。他人がとやかくいうものじゃないよ。

    ユーザーID:7112406602

  • トピ主さん、それ、大事な点だと思います

    >『ベジタリアンです。』と聞くと、一部の方は、まるで自分が攻撃されたような?上から物を言われたような感情を持ってしまう場合があるのかなぁと

    それ、大事な点だと思います。
    さらに詳しく言うのならば、
    「ベジタリアンであること」については批判しません。好きにすればいい。
    その理由「正当性」「倫理性」を訴えるところに問題があるのです。
    自分の考えが正しいとするところの裏には、
    それ以外は間違っているという主張に聞こえ、
    偏屈かつ攻撃的に感じるのです。

    >その基準は平等なものではありません。私個人の線引きです。

    植物も動物も同じ命と考える私には、
    30男さんのおっしゃるように、
    「理屈を言ってはいるが、論理的ではなく、単に好き嫌いの問題」としか思えないのです。植物を差別していますよね?

    又、家族といえど違う考えを持っているならば、
    臨機応変に対応しなければ現実的ではないと思うので、

    >彼がハムを買い忘れて頼んで来たら…買って帰ると思います

    実際にそうするかはともかく、そういう気持ちがあることが大切なのです。
    それをそのまま、将来のお姑さんにも伝えてみてください。

    ユーザーID:6229961466

  • 何となく分かった

    私はお肉好きですが、犬とか猫が大好きなので、中国みたいに犬肉がもし売ってたとしても、絶対に食べたくないです。

    トピ主さんの個人的線引きはそういったものなのかなぁと。

    皆さんも言ってる通り、肉料理は旦那様につくってもらえば良いのでは?共働きなら全然オーケーだと思います。

    ユーザーID:4851582068

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • ここで質問した意味は…

    初めから彼氏とその母親と向き合ってとことん気の済むまで話し合うしかないじゃないですか。

    ユーザーID:6151435668

  • 少し譲ったようですが、彼母に話すなら……

    トピ主の29日の一連のレスを拝見しました。

    >『ベジタリアンです。』と聞くと、一部の方は、まるで自分が攻撃されたような?上から物を言われたような感情を持ってしまう場合があるのかなぁ

    このトピで、あるベジの方が「肉食は倫理的にも良くない」つまり「肉・魚を食べる者は倫理的に悪人」と言い切りましたからねえ……。攻撃されたと肉食者が感じるのはやむを得ないでしょう。
    そう受け取られるのを避けるには「肉食を(たんに許容するだけでなく)評価し、尊敬します」ぐらいは言わないとだめでしょう。そこまで(「尊敬する」まで)言えますか?

    >彼のお母様に話してみたいと思います。

    賛成ですが、その際には、トピ主が一連のトピに書いたこと
    ・トピ主の理念や論理
    ・トピ主の死生観、線引き
    ・トピ主のおいたち etc
    は避けることをお奨めします。
    彼母が聞きたいのは「ハムが買えるのなら生肉も買える?」「子供が夕食に肉を食べたがっている。彼はまだ残業中。トピ主はどうする?」という、きわめて現場レベルの話だと思われます。

    ユーザーID:6177778220

  • 微妙

    トピ主さんが、友人や会社の同僚なら問題ないです。

    でも、身内だったら・・・正直、面倒な人。
    毎年でなくても、盆暮れ正月 冠婚葬祭とご一緒するわけですからね。
    「気を使わないで」と言われても使うな。

    それに、食べれない人が作る魚&肉料理って美味しいの?
    味見は?・・・想像できないです。

    ユーザーID:0060492903

  • ベジ料理、いただいたことあります。でも・・・

     ノンベジです。
    Siyemさん
    >野菜のみで、ノンベジの方を満足させるおもてなしを考え、調理することができます。

     以前、知り合いにベジのかたがいて、Siyemさんとまったく同じことをおっしゃっていました。いや、豪語しておられました。で、1度何人かでお宅に招かれ、野菜のみの料理をごちそうになりました。

     とてもおいしかったです。ただ「それは副菜としての評価であって、メインとしては・・・」と感じました。言いかえれば、「野菜料理としてすばらしいが、肉魚料理の“代わり”にはならない」ということです。

     同席した複数のノンベジも同じ意見でした。あ、もちろん、ホスト/ホステスの前ではそんなこと言いませんでしたけど。

    ユーザーID:8183575538

  • 結婚されたいのなら

    ベジタリアンの何たるか、に論点が集中してしまっているようですが、トピ主様はやはり義家族から反対されることがお辛いという認識でよろしいでしょうか。

    そうであれば、トピ主様に妥協点はあるのかどうか、そこが重要だと思います。
    私も友人に基本ベジタリアンの人がいます。
    個人の主義ですし、私も食用として生きる牛や豚、鶏のことを考えると胸が痛くなりますので、お気持ちはよく理解できます。
    ですので、自分の主義をお持ちで、なおかつパートナーがそれを気にしていないなら、二人の間では大きな障害にはならないでしょう。

    ただ、義母上のお気持ちを察してみて下さい。
    私が義母上の立場であったら、やはり同じように感じると思います。
    更に、今後の親戚や社会との付合いにおいて、食物制限がある方が一人でも輪の中にいると、周囲が非常に気を使わざる得ないことも事実です。

    義母上が引き継ぎたい家庭の味や自慢の料理を嫁にふるまいたいと思ってもそれが出来ない落胆は私でもわかります。
    それはあなた自身がどうにかして、カバー、フォローして然るべきでは?
    全てはトピ主様の気遣いと妥協ではないでしょうか。

    ユーザーID:3186984617

  • ベジタリアンでしょうか?

    ベジタリアンはいくつの分類があるようですが、それらが確固たる主義にもとづく
    ものであれば崇高なものだと思います。しかし・・・

    >その基準は平等なものではありません。私個人の線引きです。

    このような主張にもとづくベジタリアンの分類は何というのですか?
    セミ・ベジタリアンに包括されるのですか?

    生き物を食べることによって生活を続ける人間の罪深さを認識し、
    食される生き物への感謝を忘れず、好き嫌いなくいただくよう心がけ
    る自身にとっては、ただの偏食家のいいかげんな言い訳にしか聞こえ
    ません。

    ユーザーID:0682394738

  • 質問

    だから、お肉はもしお子さん出来たら食べさせるのか、食べさせないのか。教えて下さい。離乳食や給食も含めて

    ユーザーID:1029626525

  • 天然水様、それはご都合主義ではありません。

    >牛や豚、クジラは食べますが、犬や猫は無理だなーと思うのです。食べ慣れていない以上に心理的に嫌だなと思ってしまいます。
    >でも、近隣の国々には犬を食べる食文化もありますし、なぜ牛はOKで犬はNGなの?と問われたら答えられない…。

    それは単純にペットとしてのイメージがあるから食べられないだけです。
    それに牛や豚を食べるんだから犬猫もたべないとおかしい!なんてことはありません。
    単純に食の好みの問題ですからね

    一部のベジタリアンの方がご都合主義と言われるのは動物は食べる事に関して
    非常に高尚な考えを持ちながら「鰹の出し汁だけはOK」という考え方に対してです。

    ユーザーID:8219659032

  • レスします。

    堂々とご都合主義とか仰る方々へ、言葉の意味ぐらい調べましょうよ・・・・

    セミ・ベジタリアン:平均的な人よりも少量の肉を食べる人です。

    スード・ベジタリアン:ベジタリアンになることを主張しますが、まだベジタリアンではありません。

    ペセタリアン:ベジタリアンと類似しています。魚を食べます。

    ベジタリアンはしばしば「オボ・ラクト」、と「ラクト」に分けられます。
    そのほか、ビーガンのように食物以外でも動物製品の使用を最小限にする努力をしますが人によります。

    ユーザーID:0594483573

  • トピ主さんに聞いてみたい。

    子どもが出来ると、どうしても親を含めた付き合いって出てくると思います。
    子ども会だったり。お子さんを持つ、親御さんだったらわかると思うんですけど。
    親子でデーキャンプ、とかいう企画になって、キャンプ場でカレーを作ったりバーベキューとかって結構定番だったりすると思うんですが、トピ主さんは親の役割で協力する時、そういうお肉類の準備とか、調理とかは、多分無理なんですよね?
    そういうのは準備から参加せずトピ主さん都合で旦那さんに交代なんでしょうか?

    ユーザーID:4323964300

  • トピ主

    なんだか眠れないのでもう少しだけ。
    皮製品について。
    動物愛護の方達は毛皮製品や動物実験等について反対ですよね。彼等の中には菜食でない方もたくさんいると思いますが、例えば(食は命に関わるが装飾品は生きるのに必要な訳ではない。食用とは違い、残酷な殺され方をする。)という考え方もその人のひとつの選択であり線引きをしているのだと思います。犬猫を殺処分から救う活動やその他の環境問題への取り組みも、みなさん自分が経験したり気付いたことから、自分の気持ちに従ってそれぞれがやれる事をやっているのだと思います。
    私は動物愛護団体ではありませんが、子供時代に毛皮になる過程を見た事もありますので、持ち物に関しても食と同じ考えで選択しています。消耗品も商品自体が気に入ってB○○○〜のメーカーを使っていますが、人に勧めたりはしていません。プレゼントには使いますけど。
    活動としては出来ていませんが、無駄になる命が少しでも減ればいいなとは個人で考えています。
    現代は先進国において食も物も必要以上に溢れ過ぎて、無駄になっているものが多過ぎると感じています。

    ユーザーID:5072089773

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • ベジタリアン

    何だか肉や魚を摂らないと栄養が偏る。。なんて考えの方がいらっしゃるのですね。びっくりです。肉や魚は今や趣向品であり栄養学的にも食さなくても何も問題ないと証明されてますよ。それよりも環境汚染や家畜へのホルモン剤使用などの問題の方が怖いのではないでしょうか。私は何でも食べますが子供が生まれれば肉や魚介類はなるべく避けたいですね。お義母さんは息子が取られるようでどんなお嫁さんでも意地悪を言うのでは?

    ユーザーID:0480451552

  • トピ主

    魚はもし子供が出来たら、料理して食べさせると思います。彼自身はそういえば元々魚介類が好きではないみたいです。
    あと何人かのご質問で、買い物について?例えば彼がハムを買い忘れて頼んで来たら…買って帰ると思います。

    結婚においてですが、私は私だけの主張を通そうという気はありません。彼と結婚すれば、彼やご家族の希望もあって、私にとって環境を大きく変える出来事がありますし、私が変えられることであれば当然受け入れるつもりでいます。
    それに関しては最初私の家族が反対でしたが、まぁ最後は二人の問題だから二人で決めて、あなたがそれでいいならいいんじゃないという感じです。

    私は結婚には向かないのかも知れませんが、彼に理解してもらえるのなら、彼と家庭を築いて行きたいと思っています。
    彼と二人で話し合ってまとめた考えを素直に彼のお母様に話してみたいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:5072089773

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • トピ主

    例えば、私の場合。私は魚は殺せます。釣りも行った事あります。でも今は極力減らしたいと思っています。虫も殺せますね。肉など動物性のものも口にしていることもあるでしょう。私は無殺生ではありません、命を頂いて生きています。でも私個人の感情的に、シンプルに『可哀想だな、殺せないな』と思うものは極力食べたくありません。
    その基準は平等なものではありません。私個人の線引きです。
    なので、『肉も含め全て平等に食べるべき』とも、『100%の無殺生を徹底するべき』との考えとも異なります。 あくまで私の場合です。私は子供時代、日本以外のアジアの国で育ちました。その環境が私の意識を大きく変えたのは事実です。おそらく兄も同じ理由。自分が見聞きした中で、感情的にすごく自然な流れで食べ物を選びたいと思うようになりました。お肉に関しては、手にするのもとてもしんどいというのが現状です。

    ユーザーID:5072089773

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • ふたたびSiyemさま

    再度のご回答、ありがとうございます。

    なにかお気に障りましたでしょうか。
    私自身、ベジタリアンに社会性がないなどとは、つゆほども思っておりませんので、
    その点で反語的に書かれたり、返答を求められても困惑するのみです。

    >自分一人の食事じゃない時だけですよ。

    もとより、ベジタリアンだけの食事の話はしていないつもりでしたが。

    (無理を押してでも)ケースバイケースで臨機応変な対応が可能なのであれば、
    結婚は他人との生活の始まりであるから、同様に臨機応変な対応ができるのではないか?
    と思ったのですが。
    むろん、生涯を共にする覚悟なのだから、お互い合わせてもらいたい、という理屈もありえます。
    どちらにするかは、当事者次第ですよね。

    家事分担と嗜好の維持は、別な話と思います。
    その点を当事者間でクリアにすべきと思いますが、どうもお相手は軽重がわかってないようす。
    食欲は一次的欲求ですから、重要なポイントなのに、そこをお互い見込みで進めるのは危険だろうと思います。

    ユーザーID:0001844663

  • トピ主

    菜食の方も人それぞれの考えやスタイルがあると思うのですが、今の日本ではまだまだマイノリティの立場ですよね。誤解や理解されにくいこともあると思います。
    むしろ、美容と健康のために『マクロビオティック』をやっていますと言えば、肉食の方も普通に興味を持つ場合もあるでしょうし、否定的な感情も持たれにくいのかも知れません。『ベジタリアンです。』と聞くと、一部の方は、まるで自分が攻撃されたような?上から物を言われたような感情を持ってしまう場合があるのかなぁと、一部の方のレスを読んでて思いました。『○○食べなくて○○食べるのは矛盾してる、そんな主義はおかしい!』となるのは誰の価値観と比べておかしいと感じるのでしょう。私の場合は宗教に属してませんし自分に禁じて修業してる訳でもありません。誰に従っているのでもなく、自分で選択しているだけです。
    レスにあった、『人は肉も野菜も全て平等な命として頂く』という考えも一つの立派な主義であり、選択だと思います。
    何を食べて何を食べないの選択は人それぞれの自由じゃないでしょうか。何が尊とくて何が尊くないではなく。マクロビも肉食も菜食も個人の生き方。

    ユーザーID:5072089773

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • 夫婦は大人同士、それでもよしです

    子供を考えているなら、食生活をどうしていくか二人で考え、それをお話したらいいと思います。

    ベジタリアンの母と肉食もする父と、半々で料理をするから偏りはない、というのなら、受け入れてもらえると思いますよ。

    そこに気負いや、思い込みが感じられると拒否反応が出てしまいますから、ベジタリアンを特殊なことだと思いすぎず、ただ、それでもいまの日本では少数派なんだという自覚はしっかりもってお話すれば、たぶん大丈夫。

    私はベジタリアンではありませんが、姉がそうです。
    おもてなしの時など、いつもとは違うメニューになりますが、インドのカレー料理、和のおそうざいなどで色々ありますので問題なしです。
    おいしいベジタリアン料理をいろいろ作って御母さんをおもてなしするのが、一番てっとりばやい説得かもしれません。

    もし、料理嫌いでベジタリアンだったら、それは私も息子のパートナーとしては嫌です。だって、野菜ばっかりということは、料理の腕がものをいうものですから。

    ユーザーID:7578788504

  • 主さんは良いけど子供ができたら子供がかわいそう。

    あんまり皆のコメントとかちゃんと読んでないけど、ベジタリアンはそのままで良いんじゃない?
    ただやっぱり義母の気持ちも分かります。
    私は肉も魚も野菜も大好きです。こないだTVで節約主婦みたいなのが出てました。カキフライにしても、カキフライ風味になる様に豆腐や、のりで作ったカキフライとか、パンの耳にパン粉を付けてソース塗ってオーブンで焼いてパンではさんだカツサンドとか作ってましたが正直、子供がかわいそうでした。子供はまだ小さく、満足そうに食べてましたが、その子供達は本物のカキフライもカツサンドも食べた事がなかったんです。舌貧乏のまま大人になるのはかわいそうです。色んな食物を口にする事は脳への刺激にも良い大切な事だと思う。

    ユーザーID:3271824929

  • じゅんさんへ

    コメントありがとうございます

    私が言いたいのは、肉食のみが環境に悪影響を及ぼすという紋切り型の意見は、必ずしも正しくないということです

    かたや、穀物を何千キロも先から化石燃料を使って輸送したり、あるいは、露地物でない野菜を食べたり(=温度管理のため化石燃料を使っている)を考えたら、肉食のみが環境に悪という主張は、話を単純化し過ぎているということです

    ようは、自然とのかかわり方が問題なのであって、肉食、草食で区切れるほど単純な話ではないということです

    ユーザーID:2714881039

  • 私もご都合主義かも

    私はベジの友人は多いですが、自分はノンベジです。親ベジだとは思いますが。
    鰹出汁の件で「ご都合主義」という言葉を見て、私は肉食だけどご都合主義かも…と思いました。
    というのは牛や豚、クジラは食べますが、犬や猫は無理だなーと思うのです。食べ慣れていない以上に心理的に嫌だなと思ってしまいます。
    でも、近隣の国々には犬を食べる食文化もありますし、なぜ牛はOKで犬はNGなの?と問われたら答えられない…。
    ま、それでも、これからもお肉は食べますけどね。
    ご都合主義と言われたら甘んじて認めるかな。

    ユーザーID:1206955750

  • レスします

     トピ主レスが今のところ5本ありますが、「自分語り」がほとんどで、回答者が聞きたがっていることは、はぐらかされている印象です。

    1.理念信念の根底であろう、「唯一私の譲れない点」発言について
    疑問(1) じゃあ、同居などは譲れるの?

    2.理念信念の対極、超現実的な話で
    疑問(2) レタスとハムを買うときは、わざわざ2人でスーパーへ出かけるの?
    疑問(3) 肉野菜炒めはどういうだんどり(分担)でつくるの?

    3.揚げ足取りではないですが…
    >女性だってそれなりの役職等あれば夜の付き合いや接待も必要な場合も

     この女性像はトピ主自身のことではありませんか。もしそうなら
    疑問(4) Siyemさんがおっしゃる「社会的事情」等により、付き合いや接待で肉・魚を食べる/買う場面もしばしばあるのでは?
    (注:肉・魚を出す飲食店にお金を払うことも「買う」に含む)

    >寝るまで、休みの日も横になる暇も無いでしょうね。(中略)結婚て大変ですね。

     結婚に向いてないようにお見受けします。
    疑問(5) “永遠の恋人”でいるか、専業主夫を養うほうがいいのでは?

    ユーザーID:5927487470

  • 彼が肉を料理する替わりにトピ主は何ができますか?

    外で働く、だけじゃダメですよ。
    皆さんやってますからね。

    ちなみに共働きで夫が料理担当の夫婦、知ってます。
    夫の方が添加物とかこだわりがあって、妻がいちいち夫のリクエストに答えるのに疲れてしまい「じゃあ俺がやるよ」になったようです。
    子どもはいません。

    ユーザーID:8002518203

  • 鰹だし摂取OK、家族のために肉魚調理NG‥???

    ベジタリアンはその考えに基づいてやっていけばいいと思いますが‥。

    肉魚を食べることが悪いことである、何も知らない人だ、気づけない人、

    みたいに言われるのは不快ですね。


    あとトピ主さんの件ですが、例外として鰹出汁を食せるのであれば、
    例外として家族のために肉や魚の購入や調理も出来るんじゃ??
    ベジタリアンの世界では、これも説明のつく状況なんでしょうか。

    やはり、同じ食生活習慣同士で結婚するのがいいな〜と思いました。

    ユーザーID:4818430434

  • 夫婦の問題なので

    夫婦間で相互理解があり、且つ実行できるなら
    べジでも何でもOKですよ。

    結婚前だから、ある部分が楽観的だったり曖昧なのは仕方ないですよ。
    実際結婚して、一つ屋根の下で暮らし始めてから
    色々とわかってくる部分がたくさんあると思いますよ。
    これはどんな家庭でもそうだと思います。

    ただ、子供の食事の一部を彼に任せるのなら
    今の段階で離乳食や幼児食について
    夫婦で知っておいたほうがいいと思いますよ。
    また、もし母乳が出なかった場合のミルクの授乳担当についても。
    (ミルクも動物由来の成分が入ってますから)

    ユーザーID:5963266653

  • Siyemさん

    > 魚を食べるベジタリアン、という区分もありますので。
    > トピ主さんは間違いなくベジタリアンですよ。

    そうなんですか。トピ主さんは、

    > ただ、彼に料理を作る時はやはり肉魚は使いません。

    とお書きですので、上記の分類に当てはまらないことは明白ですね。

    ですから、外食時に鰹出汁を許容するくせに、他者に魚を提供することを拒絶するトピ主さんは、ご都合主義以外の何物でもありません。

    外食時は鰹出汁を除去するのが困難と繰り返されるかもしれませんが、ムスリムやアレルギーの方々は、どんなに困難であろうと思想を貫くため、命を守るために、食べられないものは食べないという生活を送っています。ベジタリアンはそれらができない程度のものなんですか?

    以前のレスで

    > なんて悪意のある書き方はなさらなくても

    とのことですが、悪意などありません。自分の主義が崇高であるかのように言いながら、自己都合で禁忌を破るのは嘘つきだと事実を書いただけです。

    仮に悪意があっても、あなたが「倫理的にも良くない事」と決めつける肉食をしている人間になんですから、何の不思議も無いことですよね。

    ユーザーID:3850691987

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧