• ホーム
  • 男女
  • 彼の母に結婚を反対され…理由はベジタリアンと食生活

彼の母に結婚を反対され…理由はベジタリアンと食生活

レス487
(トピ主10
お気に入り818

恋愛・結婚・離婚

まき

レス

レス数487

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も とりあえず “反対” するだろうなぁ。

    一時が万事で、一つのことに固執して、絶対に譲らない人って
    いろんな意味で、今後もつきあいづらいと想像できるからです。

    だから、そんな状況で、息子の結婚相手として紹介されたら
    私なら、
    “他にいないの? 将来苦労するよ、それでもよかったら
     好きにすりゃいいけどさ。あんたの結婚相手なんだし。”

    っていいます。

    でも、正直“かわいくない嫁” とは思いますよ。
    だって料理なんて、毎日のことだもの。

    “私はビール飲まないから、あなただけお酒買って飲んでよ”って話とは
    わけが違う。

    ただ焼けばいいだけのことなのに、夫が会社帰りにスーパーに寄って
    肉を買って、自分で台所に立って それを調理する。
    う〜ん・・・やっぱ気の毒だと思っちゃいますがね。
    しかも、子供にも食べさせないなんて、やっぱり
    “この嫁じゃないほうがいいんじゃないの?”って普通に思います。

    >これが唯一私の譲れない点と言えます

    “唯一”って 一歩引いてる言い方だけど、実際 これじゃね。(苦笑)

    ユーザーID:2832049112

  • ん〜

    お母様の気持ちなんとなくわかります。
    あなたがベジタリアンなのは自由だと思いますが、調理をできない理由はこじつけな感じがしました。


    “私は自分が殺せないものは食べない考え”ってありましたが、
    卵を食べる=にわとり殺せる
    乳製品食べる=牛殺せる
    みたいな極論になってくる気が・・・これは食べるな!っていう意味じゃないので
    勘違いしないで下さいね。

    旦那様は外で食べればいいし、大豆ミートとかもあるので問題は特にないとは思いますが、
    やっぱり子供は必要だと思いますよ。栄養面でもそうだし、やっぱり給食とかで
    食べられない物が多いと苦労すると思います。

    ユーザーID:3232031800

  • 友人の場合

    友人で、奥さんがベジタリアン、という人がいます。その人の奥さんは、自分は肉を食べませんが、友人には、ちゃんと魚肉を買ってきて、料理して食べさせています。子供には、最初魚肉を食べさせていましたが、子供自身が「ベジタリアン」になると言ってからは、自分と同じものを食べさせています。

    ところで、お義母様のご心配はもっともです。また「肉を買って調理する=肉を消費することは食べることと同じ」、というのは、偽善的だと思います。だって、乳製品は食べるんですよね。乳牛は、子牛がいないとお乳を出しませんから、いつも子牛がいるように、人工的に受胎させています。生まれた子牛は、メスの場合は育てますが、オスの場合は、まだ小さいうちに屠殺して、子牛肉として消費されます。

    ですから、乳製品を消費する=子牛の屠殺を是認する、ということです。また、ハンドバッグや靴とか、皮革製品を使ってませんか?それだって動物の命を犠牲にしていますよね。野菜だって生きてます。人間は他の生物の命を犠牲にしなければ、生きていけない存在なんです。「食べない」と頑張るより、犠牲となった生命への、感謝の気持ちの方が大切だと思います。
     

    ユーザーID:6907509834

  • 人間は所詮

    雑食の生き物。
    つまり、ベジタリアンとは、不自然なものなのです。

    大人になってから、色々と自分自身の考えがあってベジタリアンになった人に異議はありません。
    しかし、自分の意思のない子供のうちに、親の都合によって肉食を妨げられるのには、一種の虐待ではないでしょうか。

    トピ主さんと彼氏の間だけではいいでしょうけれど、子供を持つとなると、目をつぶってはならない大問題だと思います。

    ユーザーID:9020651630

  • あえて厳しいことを言います

    貴方がベジタリアンであることはかまいませんが
    結婚する限りは料理できませんは通用しません
    仮に旦那様に通用しても
    子育てにはそういう理由は一切通りません
    子供は学校へ行けば給食が出ます
    お肉も魚も出ます。
    勿論成長過程において必要なものです。
    食というのは家庭生活の中で大切なことです。
    いただく命に感謝することは大事です
    人間は自分で栄養を作れませんからね
    山育ちで栄養不足になる昔のひとは蜂の子やイナゴ、おかいこさんを食べていましたよ。お肉をあげない代わりにそれが出来ますか?

    貴方がそれを譲れないのなら結婚は難しいです
    結婚できても子育ては無理です。
    ベジタリアンのカイヤさんも子供さんにはきちんと魚を
    食べさせます。
    勿論ご自分で調理して。
    これは貴方が譲らなくてはいけません。

    ユーザーID:4751527073

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 違うと思う

    ベジタリアンってあくまでも個人の問題でお母さんの言われることは当然だと思いますよ。私も自分が食べない物でも子供達には栄養面を考えてきちんと出していましたよ。決して周りの人達を巻き込むものではないと思いますよ。

    ユーザーID:9622268995

  • みなさん本当に厳しい。(気持ちは分かりますが)

    個人の信念は自由ですし、
    その拘りに対して、説明を求めるつもりも、非難するつもりもありません。

    問題は、他の方も書いてますが、子供だと思います。
    子供が何を食しても問題ないんですよね。

    問題は彼ではないでしょうか。
    今の無関心で許しているって状況では厳しいと思います。
    彼にちゃんと理解してもらいましょう。

    そして、子供の食事(と彼自身の食事)の内、週に3,4回ほど彼が肉、魚料理を作ってもえば、問題ないと思います。

    彼の親は、息子に料理をさせる事を面白く思わないかもしれませんが、
    それは、お二人で説得すれば良いと思います。

    ユーザーID:6073718031

  • 動物と植物を区別する根拠は何ですか?

    貴方が悩む気持ちはわかりますが、結婚は、「夫婦という小さな社会」を
    作ることです。「社会」にはルールが必要です。なければ崩壊してします。
    まして異なる主義主張の人が「社会」を作るなら相互の主張が衝突しないよう厳密に
    ルールを作りそれを守るという「約束」が不可欠です。

    彼と結婚したいなら、事前にその「社会」に関わる人全てと、想定される「衝突」
    をどう解決するか、決めておかなければなりません。

    子供を生むのかどうか、生むならその子の食生活をどうするか。
    夫の食事をどうするのか。彼の母上の気持ちをどうするか。

    譲り合いと貴方が言うなら、相互でなければ無意味です。
    貴方が肉魚を避けたいのと同様、彼や母上はそれを食べたいはず。そして
    生まれてくる子や孫にも食べさせたいでしょう。それは当然です。
    貴方が肉魚を食べないのは自由としても、夫婦なら「料理」くらいは受け入れないと
    夫婦という「社会」は成り立ちません。

    貴方はできますか?できないなら、同じベジタリアンを伴侶に選ぶしかありません。
    ついでですが、植物も動物も大事な命です。区別する根拠は何ですか?

    ユーザーID:5288883105

  • 離婚した人を知っています

    私の友人の元夫がベジタリアンでした。
    彼女は5年ほどで離婚しました。
    結婚する時は彼の方は「君は食べたい時に肉を食べればいい」、彼女も「家で食べなくても外で食べるから大丈夫」と言い合って結婚したのです。
    彼女の方が食事を作る係でしたが、買い物に行っても野菜と豆腐と納豆しか買えない、夕食を作るにしてもさほどにバリエーションが思いつけない、味覚的に考えるのが面白くない。それでも工夫をしてみたりもしたけど、大して夫は喜ばない。
    だんだんと彼女はひとり暮らしの友人を捕まえては外食をするようになり、気にした友人が「ダンナさんのごはんはいいの?」と聞くと「あの人は納豆があればいいから」と食事の支度をしないようになりました。
    結局、夫のささいな言葉も受け入れなれなくなって離婚。
    今は普通に食べる人と再婚し、子どもも3人産んで「パワフル母さん」になりました。10年近く前の結婚時より若々しく綺麗です。

    食生活の好みの一致って、とても重要なんだなあ、と思います。
    もちろん、トピ主さんカップルはうまく行くかもしれないけど、彼の母親の心配は的外れとは言えないと思います。

    ユーザーID:1109299770

  • 子供が可哀相

    彼は大人ですし、外食なり自分で肉料理をするなりできるでしょうし、貴女の思想を分かった上で結婚しようとしているのだからいいとしても、
    子供が産まれたら子供が可哀相だと思います。
    私はいま妊娠中ですがお腹の赤ちゃんの成長にはタンパク質が大切だそうです。貴女は妊娠中充分なタンパク質を摂取できますか?
    産まれてからも幼稚園のお弁当とか肉無しって可哀相だと思います。
    家でのご飯も野菜ばかりだと子供が可哀相。
    子供の好きな食べ物って大抵ハンバーグとかカレーとかミートソースとか肉料理が多いですよね。
    子供には思想を押し付けてはいけないと思うので、子供にだけは肉料理を作ってあげられませんか?
    子供が成長期を過ぎて自分でベジタリアンを選ぶならそれはそれでいいのかもしれませんが…。
    彼のお母さんは大事な息子や産まれるかもしれない孫の心配をしているのだと思います。
    母親として息子や孫には健康でいてもらいたいのは当然だと思います。

    ユーザーID:5901820832

  • なんか中途半端

    卵も乳製品も動物の命があってこそいただけるのに。
    肉自体を食べることは否定されているけど、そういう一部分ならいいのですか?

    野菜が大好きでベジタリアンをやっている方にまあまり、疑問を感じませんが
    命あるものとか殺したくないものとかいう人にはいつも疑問を感じます。

    皆さんが言うように植物は感情はないが命はあると思います。
    私は趣味で植物や自分が食べるハーブ類を育てるようになって強くそう思うようになりました。
    大事に育て、元気に育っている葉っぱを穫る時申し訳なく思いますが、本当に感謝して
    たべています。

    確かに動物を殺すことは残虐な行為かも知れません。
    (以前映画で見て私もショックを受けました)
    でも肉も人間が生きて行く上で大切なものです。

    あなたのよくわからない信念は自由ですが、子供はかわいそうだと思います。

    小さい頃は食べることの楽しみは大きいと思います。肉類が好きな子が多いので
    母がハンバーグを作ってくれたとか、お弁当にミートボールが入っていたとか、
    思い出になって記憶に残ると思います。

    世の中にある色々なものを食べさせて豊かな食生活を経験させてあげて欲しいです。

    ユーザーID:2311823563

  • なんか自己中

    ベジタリアンの人が全てではないですが、そういう主義の人って一見自己中に見えるんですよね。

    旦那さんが肉を食べるのは普通なんだし、その手間を引き受けるのだって家事の一部だし、もし、専業主婦になるなら尚更してあげればいいのに。愛情とか思いやりとかそういう気持ちでしてあげればいいのに。
    旦那さんが思いやりのある方で、貴方の肉魚の調理をしなくて良いと言ってくれてるなら、とても優しい人ですね。
    私なら負い目をかんじちゃう。

    それから子どもは経験や栄養の面を考えると、人並みに食べさせるべきですよ。旦那さんがたべるんだから。世の中の色々な考え方の一つとして貴方の考えは伝えても良いと思うんですが、 押し付けは子どもにはある意味虐待だと思うので、子どもさんは食べさせてあげてください。

    ユーザーID:4408009062

  • 浅い

    野菜にも生命はあります。
    欺瞞ですね。

    ユーザーID:6151435668

  • 料理は女だけの仕事なのか???

    トピ主さんの主義主張にはいろいろつっこみどころもありますけど、そもそも、料理を作るのはトピ主さんだけの仕事なんですか?
    議論のベースは、料理はトピ主さんの仕事ということになっていますよね。

    もし専業主婦なら料理はもちろんトピ主さんがやるべきだし、それだったら肉魚も使いなさいと言います。

    けど共働きだとしたら、旦那さんだって料理する必要があるんじゃないの?
    同じように働いているのに、トピ主さんばかり料理を作るのはおかしくない?

    小町ではよく男女平等が叫ばれてますけど、どうしたって家事はすべて女の仕事にされちゃうんですよね〜。不思議。
    男性が「やって当然」ていうと「お前もやれー!!」っていう論調になるのに。

    で、トピ主さんは専業になるの?それとも共働き?
    あと鰹節は自分で鰹釣って作ってるんですか?
    でないと「自分が殺せないものは食べない」主義主張に矛盾が生じるんですけど。
    まさか出汁がないとおいしくないでしょ!っていう理由じゃないですよね?

    ユーザーID:5312135306

  • 反対される一番の理由は

    ベジタリアンである事自体ではなく自分の主張ばかりして全く融通の利かない貴女のその価値観なのではないでしょうか?
    もし結婚したら一事が万事そう言う価値観を息子さんの意見も聞かずに押し通そうとするのではないか?と警戒されているのですよ。
    他人と一生、一緒に暮らそうと思うのならもう少し柔軟性を持つか同じベジタリアンの方を探しては?もしくは一生、結婚しないか。
    結婚生活に融通性と思いやりは大事な条件です。
    もう少し頭を柔らかくする事をお薦め致します。

    ユーザーID:6183304432

  • わたしも反対すると思う

    お母様の気持ちわかりますね。
    食べないのは勝手だけど、息子には食べさせてほしいって当たり前の気持ちではないでしょうか。
    主さんが作らなければ、お子さんは否応なしにベジタリアンになるのですよね?
    ベジタリアンがいいのかはわたしにはわかりませんが、お子さんが選択する権利なく肉を食べさせないのはどうかなと思います。

    自分が殺せないものは食べないとかはこじつけに感じます。
    嫌いだから食べない!生肉触れない!とかのほうが、よっぽど対応しやすいです。

    ユーザーID:6621177007

  • 将来、子供について悩むなら今、彼にも悩もうよ

    好き嫌いとは違うと思うかもしれないけれど、敢えて言います。

    母親が食べない食材を子供が食べる機会はあると思いますか?
    幼稚園の給食や学校の給食でいきなり食べて、アレルギーがあったらどうしましょう?普通は離乳食の段階で母親が様子を見ながら食べさせ、できれば偏食なく「食の楽しみ」を育んで行くのです。いくらあなたのお子さんでも、食べる自由を奪う権利はない。彼に対してはその点寛容なようですが、彼は外で食べる機会があるからですよね?で、自分が食べたかったら自分で買って調理しろと。同じことを子供には言えませんね。問題を先送りしているだけのような気がします。お子さんに対してあなたの主義主張を曲げられるなら、彼にも同じにすべきです。(彼のお母さんの言うとおり)

    さて、あなたは大人になってご自身の主義により「セミベジタリアン」なるものになった。
    それまでの過程では食していたのですよね?食べる楽しみも知っている。

    自分の主義は自分の中で完結させて、調理しても「誰彼のため」でご自分を許しませんか?

    ユーザーID:9184531114

  • 無理

    将来子供産まれたらどうするんですか?

    正直ご主人のお母様の気持ち理解できます。

    将来を考えてもかなり難しいですし、彼ではないベジタリアンのパートナーの方を探されたらいかがですか?

    ユーザーID:7764721392

  • 友人夫婦がベジタリアンです

    友人夫婦がベジタリアンです。
    でもお子さんは違いますね。
    勿論、奥様がお肉を調理しています。

    あなたが肉を調理出来ないのが譲れない点なのは分かりました。
    しかし調理出来ないならば、子供は諦めたほうがいいんじゃないでしょうか。
    子供の肉・魚料理は旦那さんに作ってもらうんですか?

    彼はいい大人なので、別にあなたが調理必要ないでしょう。
    ただ、本当に子供だけはやめて欲しいな、と思いました。

    ユーザーID:5611568411

  • 子供に対しても同じなら

    反対しますね。
    最悪息子は大人なので、自分で焼くなり煮るなりすれば良いが、子供は違う。
    トピ主が、大事な成長時期に肉や魚を与えない事は私から見たら、虐待です。

    ユーザーID:3677276175

  • ベジタリアンと偏食の違いって何なんでしょう? 1

    宗教上の理由で豚肉が食べられないとか、アレルギーや持病の関連で食べられない食材がある、というなら理解できますが、トピ主様のはただの好き嫌いじゃないでしょうか。

    他のトピにも上がっていますが、お姉さんがベジタリアン(理由はトピ主様とほぼ同じ)で、家庭内では肉食禁止。ご主人は外食で肉を食べていますが、2人の子供は母親と同じく肉を食べさせて貰っていません。
    妹夫婦にも子供が2人いて、4人の従兄達は仲良しなのですが、ある日祖父母、妹夫婦で焼き肉を食べに行く計画が持ち上がり、それを聞きつけた姉の子供達が「僕たちも焼き肉行きたい」と騒ぎだし、妹は常々甥達を不憫に思っていたこともあり、姉妹ゲンカになったのです。

    肉も魚も食べない、と宣言しているトピ主様と食事する時には、周囲はかなり気を遣うことになります。

    彼は大人なので、外食する機会も多いでしょうし、自分でお総菜を買ってきて食べることも可能でしょうけれど、調理も出来ないようでは子供は逃げ場がありません。

    ユーザーID:5376411984

  • 食べないのは勝手だけど

    食べないのは勝手だけど作るくらいしてもいいと思う。他の方の言うように鰹出汁とるのに、確実に鰹死んでますよ?卵なんていくら無精卵でも「もしかしたらヒヨコが生まれたかもしれない」わけです。自分で殺せないものは食べない、ではなく「野菜も卵も鰹節も、自分の体を作るために感謝して残さず食べる」方がいいのでは。

    食べるのは譲れなくても、作るくらいは譲歩した方がいいんじゃないですかね、円満に結婚したいなら。

    ユーザーID:7271710342

  • 全力で説明を

     彼の両親(共に欧州人)が乳製品OKのベジタリアンです。子どもたちは親戚・友達の家や外食では肉も食べていたそうですが、家では菜食のみで特に不満はなかったそうです。ちなみに皆180cm以上に育ってます。まあDNAが違うということもありますが。
     レスでは栄養の偏りの点からの批判が多いですね。ベジタリアンでも乳製品と植物性蛋白質、脂肪等で栄養上の問題はないということを理解して貰えてないということでしょう。ここでもそうなのですから、彼のお母様も同じと思われます。
     海外ではマイナーではないこと、栄養的にはどうで、どんなメニューが可能で子どもの食事にも対応できることを、全力で彼のお母様に説明するしかないと思います。

    ユーザーID:6142432995

  • まあ・・・・彼母の気持ちも分かりますね。

    親戚に、トピ主さんのようなご夫婦がいます(私は夫側の身内)。

    子供が生まれるまでは良かったんです。2人とも大人ですから、
    双方が納得していればそれで良かった。

    子供は今小学校2年で、両親は法的には離婚していませんが
    既に3年別居状態です。元に戻ることはないでしょう。

    不仲の原因は子供が極端な偏食になったこと。

    もともと食べられる食品数が少なかったのに、その子自体も
    味の好みがある方だったので、野菜の中でも限られたものしか
    食べない子になってしまったんです(野菜しか食べないのなら、
    余計に、野菜だけは全部食べさせるような教育をしなかったことも大きな問題だと思いますが)。

    いろいろな物を食べさせて、その上で、ある一定年齢になった時点で
    その子が自分の意思でベジタリアンを選ぶのならともかく
    生まれたときから選択肢がないのはフェアじゃない、旦那さん側が怒ってしまった。

    その奥さんだって子供の頃は肉魚食べてましたからね。それで自分の子供には食べさせないのは確かにフェアじゃない。

    ユーザーID:6658607621

  • よくわからない

    自分が殺せないものは食べないというのは?よく意味がわかりません。牛は大きくて仕留めることができないから殺せないってこと?泣き叫ぶからかわいそうに思うのかな?植物は動かないから引っこ抜けばいいから殺せるってこと?痛いっていわなければ平気なのかな?


    ごめんなさい。ベジタリアンの知り合いがいないので、よくわからないんです。植物に生命は感じないのか、いつも疑問に思っています。


    結婚は難しいんじゃないですか?


    宗教でも主義でも信じるのは個人の自由だと思います。でもお子さんは?トピ主さんは自分で選んだから満足かもしれませんが、お子さんは自分で選んでませんよね?なのに、リスクだけ背負わされても…。

    ユーザーID:1278124288

  • 主人がベジタリアンです

    私はベジタリアンではありませんが主人がベジタリアンです。主人は20歳を過ぎてからベジタリアンになりましたが主人の母は生まれたときからのベジタリアンです。

    主人の父はベジタリアンではありませんでしたので主人の両親は考えた末に彼が自分でベジタリアンになると決断するまではお肉やお魚を食べさせることにしたそうです。主人の母はお肉やお魚は食べなくても夫と子供にはお肉等を料理したそうですよ。 味見ができないから難しかったそうですが。

    将来私たちに子供ができたら主人の両親がしたように私達も子供が自分で判断できるまではお肉もお魚も食べさせようと思っています。

    彼氏さんはトピ主さんが結婚後お肉やお魚を料理しないことについてどう思われているのでしょうか? 子供が生まれてからの食生活はどのようにしていくのかお話し合いされたことありますか? 彼氏さんは結婚後自分も子供もお肉やお魚を食べなくていいと思われるのであればそれはご夫婦の考えですので彼氏さんがお母様に直接その意見を述べたらよいのではないでしょうか?でももし、彼氏さんがそういう考えでなければ結婚後問題になるかもしれませんね。

    ユーザーID:6261724739

  • ベジタリアンと偏食の違いって何なんでしょう? 2

    偏食の人ってもう少し謙虚なんですよ。

    私の夫も偏食持ちですが、努力して食べられるものを増やしましたし、義母は
    「偏食に育ててしまって申し訳ない」と嫁である私に頭を下げてくれました。

    トピ主様の場合、肉も魚も食べられない、料理も出来ない、重度の「偏食」なのに

    「結婚はいろいろなことの譲り合いだと思いますが、これが唯一私の譲れない点と言えます」

    ってものすごく「偉そう」です。

    食は身体を作るだけではなく、コミュニケーションツールだったり、楽しみだったりします。宗教上の理由で特定の食品が食べられない人もいますが、そういう方の多くは親族・友人全員が同じ宗教ですので、問題が少ないのです。

    トピ主様の「ベジタリアン」が主義・思想に基づくものなら同じ考え、嗜好の方と結婚してください。ただの「偏食」だったら相手に「申し訳ない」という気持ちを持って、子供や夫が自宅で栄養のある食事が取れるように、せめて料理くらいは出来るようになってください。

    ユーザーID:5376411984

  • 中途半端なベジタリアン

    鰹だし、卵、乳製品はいいんですか?
    本当のベジタリアンは↑も食べないんじゃないですか?
    人間が生きて行くのには、全ての犠牲に成り立っている、野菜だって生きてますよ。
    動物だけ殺生しなければいいと考えるのは人間のエゴ、想像力の欠如だとおもいます。

    トピ主様は単なる「偏食」としか思えませんが。ポリシーが感じられません。中途半端です。
    彼はいいとしても、子供の成長のネックになりますから、私が親なら反対します。

    ユーザーID:7617587757

  • 続きです

    今その子は旦那さんの両親(子供から見たら祖父母)が引き取って食育のやり直しをしていますが、なかなか大変なようですし、
    そんなことで両親が不仲になってしまったその子が一番の被害者です
    (父親は出張が多いので、子育ては実質無理)

    トピ主さん、ご自分が食べないのは勝手ですが、「料理はしない」「出さない」というのなら、結婚してもお子さんは産まない方がいいと思います。

    子供は親のアクセサリーではありません。
    親の主義主張を体現する道具でもありません。

    「結婚しても子供は作らない」で双方納得しているのなら
    結婚しても問題ないと思いますが。

    思想信条や宗教は、個人が信仰するのは自由ですが、子供の選択肢まで制限してしまうのはな・・・・と思います。

    トピ主さんにはベジタリアンである権利がありますが、
    同様に他の人にはベジタリアンにならない権利もあるんですから。
    それは例えトピ主さんのお子さんであっても同じです。

    親だからその権利を奪って当然、と思われるのでしたら、これ以上言うことはできませんが。

    ユーザーID:6658607621

  • このトピを思い出しました。

    食育の違う姉と喧嘩しました

    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0613/417199.htm?o=0&p=0

    こちらの方はお肉だけですが、それでも色々大変そう。
    子供にベジタリアンを強要するのは子供がかわいそうです。

    ユーザーID:8489196424

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧