• ホーム
  • 男女
  • 彼の母に結婚を反対され…理由はベジタリアンと食生活

彼の母に結婚を反対され…理由はベジタリアンと食生活

レス487
(トピ主10
お気に入り818

恋愛・結婚・離婚

まき

レス

レス数487

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 487
次へ 最後尾へ
  • 問題ありません(そういう夫婦はいます)

    信条は宗教と同列に考えるべきだと思います。

    本人はいろいろと勉強して納得づくですので、周囲からの栄養が偏るなどの意見はあまり意味がありません。

    欧米では(という書き方は嫌がられることが多いので、したくはないのですが)、ごく当たり前のことです。映画俳優にも多くメジャーです。
    レストランもベジタリアン用メニューがそろっています。



    食のスタイルも多様であると早く浸透するといいなと思います。

    私の友人はフィッシュ・ベジタリアンで、魚はOKですが養殖魚・乳製品・食肉は食べません(つまりそういう信条)。

    彼らは、家では彼女が料理したものを食べ、夫が昼食で好きなものを食べています。全く問題ないそうです(夫談)。

    もう一組、妻がより強固なべガン・ベジタリアンの夫婦も、夫が家以外で好きなものを食べることで解決しています。

    いずれも夫婦仲良く、家庭菜園などを楽しんでいます。

    相手がきちんと理解しているなら問題ないです。

    ユーザーID:6923082600

  • ベジ反対の皆様へ

    私自身、肉も魚も食べますが、
    こういう議論が出るたびに思うのが、
    野菜だって生きているのに!という反論です。

    みなさん、本当に本心から
    野菜と牛や豚を同等だと考えてらっしゃいます?

    ナイフもたされてどちらかを殺せって迫られたら
    ほとんどの方が野菜の方を選びませんか?

    「野菜も生きている」式の反論は口から反射的に
    反復されるだけの、内実がこもっていない詭弁だと思います。

    ユーザーID:9533364384

  • 大丈夫よ!

    大丈夫です、何も心配はありません。

    私がベジタリアン(肉、魚、卵、乳製品を一切食しません)で、旦那はお肉大好きで野菜大嫌い。結婚前、実家の両親は心配してオロオロしておりましたが、私はゼーンゼン心配していませんでした。簡単なことです。旦那と自分と別々の食事を作れば良いのです。

    かくして始まった結婚生活ですが、私の思惑通り、全く問題なく今日まで過ごしています。(結婚して7年経ちました)

    元来料理好きが幸いしたのでしょうか、3食手作り、お弁当も作っていますが、私はシェフ、ここはレストランよ〜、と思いながら、毎日鼻歌を歌いながら私の食事、旦那の食事と別々のものを、楽しんで作っています。

    将来お子様に対しても、今日は旦那と一緒の食事、今日は私と一緒。と菜食、肉食に拘らず食べさせれば良いのでは?離乳食も、別に菜食に拘らなくても良いではありませんか。

    旦那様とお子様の人格と食事を認めてあげて、それぞれの食事を楽しみましょう。

    ユーザーID:3371640237

  • でも、弁護士さん

    世間のベジタリアンに対する認知度なんて、こんなもんですよ?

    世間が無知だとわめき立てるより、その世間の認知度の低さをきちんと自覚して、
    自分の身近な人が納得がいくように、自分の言葉でちゃんと真意を伝えなくちゃダメなんじゃないんですか?

    ユーザーID:9020651630

  • 主婦として

    自分が嫌いで食べない物でも
    夫、子供の好物なら作るのは主婦。

    だと私は思ってます。
    そこで作る事もしないとこだわるのなら、

    専業主婦だけど、家事はしませんって
    言ってるのと同じなんですよ。

    そこでベジタリアンの定義を知れとか、
    関係無いから。
    ベジタリアンなら肉を料理しつつも
    自分だけ食べなければ良い。

    調理するのが辛いなら、
    彼が専業主夫になってくれない限りは
    結婚は無いでしょうね。

    今は彼の親だけが反対していても、
    一緒に暮らしたら
    多分彼が我慢出来なくなると思いますよ。
    肉を食べただけで犯罪者のような目で
    見られたりするのもお辛いでしょうし、
    なにより料理を作ってもらえないのもねぇ・・

    だから、同じベジタリアンの彼を探しましょう。

    ユーザーID:7182151891

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • こういう場合はどうするの?

    不吉な話で申し訳ないですが、彼が五体満足健康でなくなって、自分の分の調理が難しくなったとき、彼が「肉・魚料理が食べたい」と言ったら主さんはどうしますか?

    彼の手足と割り切って調理しますか?

    それとも「私はイヤ」と彼に菜食を提供し続けますか?


    お子様の育て方含め、あなたの思考に「将来」が見えません。彼のお母様が反対される理由もそこではないでしょうか?

    ユーザーID:8058187969

  • 嫌だからしない?

    ベジタリアンでは有りませんが、肉が嫌いです。生肉の臭いも嫌なので料理もしたくありません。でも夫は肉大好きなので、結婚してから肉料理を作るようになりました。はじめは使い捨て手袋はいて頑張りましたよ。今では、慣れました。相変わらず私は食べませんが…。肉以外にも、ピーマン・セロリ…と嫌いな物はありますが、子供の為と思い調理しています。トピ主様が食べないのは勝手ですし、共働きなら家事分担も有りですが、『嫌だから私は作らない』って?結婚は歩みよりですよ。相手だけトピ主様に歩み寄らなきゃいけないのですか?

    ユーザーID:2374499954

  • 素朴な疑問なんですけど

     彼氏や友達、職場の人などと外食する機会があると思うんですけど、

    あなたのこだわりをわかっている彼氏、友達はいいとしても、

    職場の人にも

    「これだけは譲れない私のこだわりなんです。だから、食べません。」

    ・・って、宣言しちゃうんですかね?

    たとえ、あなたの上司、目上の方に勧められても?



    子供じゃないんだから、そこは臨機応変にやってるんですよね?

    ユーザーID:1210080801

  • ちょっと質問

    ベジタリアンて嗜好ですか?ちなみに何歳から?
    それに従わないと絶命位の過激な宗教レベル?

    例で子供が拒食で倒れそうな時、カロリー要な時、すぐに対応するレベルの主義ですか?それでも覆さないレベル?

    子供が出来れば町内会や学校行事等出てきますが、他の子と変わらずいけそうですか?
    子供の時って他人の世界観と関ることって大人の何十倍もあります。
    〜君と食事、〜一家とバーベキュー、〜行事でお泊り。
    そういう場合の回避方法は考え済みですか?
    「お母さんがこうだから僕が〜」と悲しい結末を迎えないように。

    嗜好なら子供には反映させない方がいいですね。子供の人生ですからいきなり負担付きではかわいそう。あなたの人生は子供の人生ではないです。

    たぶん彼母が言いたいのもそういう事。
    私も含めて非ベジタリアンの人間からすれば、ベジタリアンは自分ルールで、しかも制約の類のルールの為、敬遠されるのは当然です。
    貴女は明日から「あ行」使わずに会話してね、理由は無いけどってのと一緒です

    この件は価値観が異なる二人が主張した所で平行線ですので、旦那の決断次第でしょう。

    ユーザーID:3924029523

  • 教えて下さい。

    お子さんが生まれたらベジタリアンにするのですか?

    ユーザーID:1029626525

  • もっと自覚して譲歩の努力を

    トピ主さんがベジであるかどうかが問題じゃないんです。
    それは個々の自由ですから、お好きになさったら良い。
    問題はその主観を他人に強要しようとしていることです。

    しかも他人じゃないですよね、夫と子供になるかもしれない人にです。
    自分の主観を理解してくれと、そればかりじゃないですか。
    彼氏さんはトピ主さんがベジであることを許容してくれていますが、じゃあトピ主さんは?
    彼氏さんが自分で好きに肉を食べることをOKしているだけですが、それは普通のことで、引き合いに出せる対等の条件ではありません。
    彼氏さんの母親が引っ掛かっているのはそこです。

    トピ主さんはベジを貫き、家庭でも肉は絶対に料理しない。
    彼氏さんと子供は好きに自分で買って食べればいい。
    誰だってこんな女性が嫁になるなんて反対しますよ。

    もし子供が彼氏さんと同じ食派だったらどうでしょう?
    小さな子供に「肉が食べたいからお金ちょだい」と言わせる気ですか?
    自分のお小遣いから肉を買って食べてと言いますか?

    ベジの方は多くいますが、やはり特殊であることをもっと自覚してください。

    ユーザーID:1263632787

  • 魚は調理できるのですよね?

    >鰹出汁は食します。
    >ただ私は自分が殺せないものは食べない考えで

    鰹を殺して作る鰹節を使ったお出汁は食するのですから、お魚は調理できるんですよね。

    お肉は無理ですがお魚で補いますといって説得してはどうですか?

    ユーザーID:7189827271

  • 中途半端じゃない??

    >肉を買って調理する=肉を消費することは、
    私の中では肉を食べることと同じなのです。

    すごいこだわってるけど、鰹だしのものは食べるんでしょ?
    魚の肉の乾燥ですよね?
    魚はいいけど、牛・豚・鶏がダメなの?

    肉を料理することさえ嫌というのは、殺生が嫌だからですか?
    だとしたら、野菜だって殺生でしょう。
    本当のベジタリアンは、落ちた木の実しか食べませんものね。
    セミベジタリアンってそんなカテゴリーあるのかって思うけど、
    殺生にこだわらないけど、肉は食べないって定義なの?

    同じくセミべジタリアンの人と結婚したほうがいいのでは。
    ただお子さんには何でも食べさせてあげてほしいけど。

    ユーザーID:1359965903

  • お肉

    旦那さんが目の前でお肉をむしゃむしゃ食べてても平気ですか?
    もし平気なら旦那さんが肉料理担当になれば解決ですね。
    旦那さんが料理出来るORやる気があるなら、ですが。

    自分が殺せないって感覚でベジタリアンになる人がいるんですね。
    しかも結構たくさん?。今まではただの肉嫌いとかダイエットが理由と
    思ってましたが、もっと精神的な面なのですね。
    勉強になりました。

    ユーザーID:1707771928

  • 食への考え方が違うと

    結婚生活まず間違いなく上手くいきません。


    結婚前でも色々揉めている。これから親戚づきあいやら絡んでくると、一般食してる人には考えられないようなもめ事発生します。


    すごいストレスになりますよ。なんとなく自然食を取り入れてる家庭とはワケが違う。


    私もあなたによく似た生活していますが、結婚はムリだと悟っています。


    そこまで自分を曲げないなんて馬鹿げていると言う人もいますが、私にとってはストレスになるような食事の毎日。そんな結婚は魅力ありませんので、仕方ありません。

    ユーザーID:8189523814

  • 横ですが、Yuriさん

    ごめんなさい、名指しで。

    ただ、トピ主さんは、「調理すること」もNGなんです。だから、ご主人やお子さんには一切肉・魚料理は作らないんですよ。将来、お子さんのお弁当を毎日作ることになっても、それは変わらないわけです。私の友人のベジタリアンは、家で調理することも拒絶してました。お肉・お魚を焼くフライパンを共有することもNGでした。子供は作っていませんでしたね。

    Yuriさんの場合なら、妻・母親として「調理はする」という妥協点を見出し、協力なさっているので、片親がベジタリアンだとしてもうまく行ってるんだと思います。頑張ってください!

    ユーザーID:7411656917

  • 信念は自由

    だけど、自分以外の人に自分の信念押しつけるのはやめて下さい!宗教と一緒。お母様もそれが言いたいんですよ。

    ユーザーID:4725219951

  • 彼とたくさん話し合う

    トピ主さんが、女性だからと「食事を作る係であるべき」ではない。
    とはいえ、女性は子を産み育てる性。
    欠かせないのが食べ物。

    食べ物は生活の中でとても重要な位置づけ。
    母親が世間からかなりずれた食事の感覚の持ち主だと「大変」になるのは必至。

    彼とよく話し合うことです。
    どんなに理解がある男でも、食事を毎回作ることを良しとしない事が多い。
    仕事をしているのはどっちも同じなのに、なぜか男は女に「家事」を甘える。

    その「男の甘え」を甘えだと男が自覚していればいいけど、大半は「男が食事作りをすること」を不満だと思う。
    かなりギャップが生まれると思いますよ。

    彼が「今、いいよ僕が肉料理は作るから」と言ってもそれが続くとは思えない。


    やはり、食べ物への考え方(食べ物の嗜好傾向ではなく)が宗教的に違うと共に生きるのは難しいことでしょうね。

    結婚は同じ考え方の人とのほうがいいと思いますよ。
    男は肉大好きですし、子どもも大好き。
    給食でも肉,出ますし。
    肉は重要なタンパク質。

    食べなくても作るぐらいできるといいのにね。
    どうしてそんな特殊になっちゃったのか、お気の毒なトピ主さんです。

    ユーザーID:1412323755

  • 何考えているのか、さっぱり

    わかりません。何故肉食が駄目なんでしょうか?
    >ただ私は自分が殺せないものは食べない考えで
    植物は命ではないと?植物より動物の命が重いとでも?
    人間が動植物の命の軽重を論じること、判断することは傲慢以外の何ものでもない。
    命が大事と言うからには重いも軽いもないでしょう。
    所詮「人間大事」から外れて考えることは出来ない。
    養老孟司先生は「地球環境が大事なら人間滅んだほうがいい」と言ってましたね。

    >私も彼にベジタリアンを求めていません。
    自分が正しいことしているつもりならこれだっておかしい。
    自分の考えがどこかいびつで普通じゃないと思っているから相手に求めていないだけ。

    ユーザーID:6046547031

  • あきらめた方が

    ズパリ! 彼のお母様が反対してるのは(食事)の面は建前で、何かしら
    あなたの事が気に入らないのだと思います。 男性の母親とはそういうものです。 彼も、自分の母親にハッキリと言えなく態度をあやふやにしていませんか? ズルズルと今のままでもいいみたいな。 物事の根幹をしっかり見極めた方がいいですよ

    ユーザーID:2445176661

  • ベジタリアンかどうかは関係ない

    トピ主さんの主義とする事に対して、彼氏のお母さんが、結婚を反対している。

    それだけの事です。

    ベジタリアンは身体にいいんだからとか、
    世間的にも認められているんだからとか、
    家族になる人に強要はしないとか…。

    そういう理由だから、理解を示してくれてもいいんじゃないかという気持ちがトピ主さんにあるから、こういうトピを立てたんでしょうが。


    そういう事は関係ないんですよ。

    息子や孫の食生活が心配だという、彼のお母さんの気持ちは、今後変わる事はありません。

    トピ主さんが今後もベジタリアンを止める気がなく、調理すらする気がないのと同じように、変わらないのです。


    反対を押し切って結婚するか、縁がなかったと諦めるしかないでしょう。


    それとも、自分は全く譲歩する気がないのに、彼のお母さんには譲歩しろと?

    常に息子と孫の食生活の心配をしていろと?


    ベジタリアンを理解してもらいたいというポーズをやめたらいかがですか?

    トピ主さんは、自分の主義の押し付けをしたいだけでしょう?


    家族に反対されても、彼が結婚に踏み切ってくれるといいですね。

    ユーザーID:1630072601

  • ベジンタリンアンについては詳しくないのですが

    肉魚関係の調理を一切しない妻・母親、ってどうなんでしょうね。

    肉魚を一切食べない、なら個人の自由かなと思いますが、
    家族として生活して行く上で、購入・調理もしないという言うのはキツイかな。
    「夫が引き受ければいい」だけの問題ではない気がします。
    もし自分に結婚するような年齢の息子がいて、
    相手がトピ主さんのような方だったら私もためらうと思います。

    子供を全く考えないのであればまぁありかと思います。
    ご主人になる方が納得するのなら。

    でも、お子さんを将来産み育てようと思うのなら、どうなんでしょうか。
    子供を育てていく上で、肉魚に関わること多いです。
    子供関連の関わりで「私肉魚買えない、触れない、調理できない」は結構不便です。

    ユーザーID:9055534986

  • 本当の努力をしない人

    ですね。ご主人はともかくとしても、子どもさんに肉魚を調理するのも旦那さん任せですか?

    なんだかご都合主義ですね。人の助けを借りたり、迷惑かけないと成り立たない主義主張ってなんなんですか?

    最初から何も歩みよる努力を出来ないなら結婚はできません。もし結婚やめるとして、旦那さん側からしたら、「その程度の本気か?」と思われそうですね。トピ主さんは自分が一番好きなんですよ。

    ユーザーID:4408009062

  • 筋違いな回答がありますが

    殺して食べろと言われたらどっちをやるか…?というのは話のすりかえ、且つ非現実的で、要点をそれしても何の意味もありません。
    なんで野菜や海藻類の命はいいの?痛いという意思表示がないから?
    鶏がらなどを煮込んでスープにするラーメンは?
    ニボシは?
    菌類も生物なんですけど、キノコ、ヨーグルト、納豆もパンもダメ?
    日本酒も飲めないと?
    ただの揚げ足取りですけど、そんなわけないですよねw
    鰹出汁も鰹が犠牲になってますが、鰹は殺せるんでしょうか。

    自分の拘りを押し付けている限り無理だろうし、いつまでも「食べたかったら自分で作って」は通じないでしょう。
    出来たとしても新婚でテンションが違う最初だけ、そのうち弊害が出てきますよ。
    あなたの(くだらない)ポリシーを貫くためにどう生活していくかではなく、自分が努力する方を考えてください。
    どう頑張ってもどんなに理想論を言っても料理をするのは女の方です。
    譲歩しなければならないのは相手ではなくあなたです。

    無理なら今の彼との結婚は諦めて、同じベジタリアン親子と結婚してください。
    あなたを理解できるのは同じ境遇の人だけです。

    ユーザーID:2159723914

  • 辞めた方が良いかな?

    こんにちは。

    肉料理は調理するのもダメ、買う事もダメ・・・・。
    「好きよ好きよ」のうちは旦那も協力するって云うかも・・・。
    おそらく・・時間の問題かな?
    残念ですが、破綻は見えてますよ。
    主様が変わらない限り。

    ユーザーID:2088232886

  • 本当ですか?

    トピ文には「結婚はいろいろなことの譲り合いだと思いますが、これが唯一私の譲れない点と言えます。」というのは本当ですか?

    ・夫、子供が独自に肉・魚を食べて文句をいわない
    ・子供の人数、時期、教育
    ・家計が合算か、別か。誰がお金の管理をするか
    ・共働きか専業主婦か
    ・義母との同居
    ・義母への仕送り、義母の介護
    ・住居の選択、場所

    について、夫の意向に必ず従うと誓約書を書けるならば、本心だと思います。が、トピ文から受ける印象では、トピ主様は神経質で細かいところにこだわり、譲れないことがあちこちにあるのではないかと感じます。実はそれが、彼母の懸念ではないでしょうか。

    なお、宗教的ベジタリアンの知人は沢山いますが、家庭で困ることは無いようです。ベジタリアン食は制限がある分かえって工夫され、バラエティのある料理があります。インド料理や日本の精進料理もすごいですし、豆腐百珍には目を見張ります。
    栄養上の問題点は工夫次第だと思います。

    ユーザーID:2722170939

  • 言ってることがわかりません

    自分で殺せないものって、技術的に息の根を止められないということ? それとも感情的に命あるものの命を奪えないということ?
    技術的に息の根を止められないものは食べないというのはつまり「自分より弱いものしか食べない」てなことになりますから、なんだかイヤな考えですね…鶏も大人はかなわないから食べないけど、赤ちゃん未満の卵は平気なんだ。まあ無精卵だからとか理屈をおっしゃるかもですが…
    感情の問題でしたら、言ってることが完全におかしい。野菜も命ある存在です。私たちは肉も魚も野菜も米も、生きとし生けるもの全ての命をいただいて、自分の命を繋いでいます。これ思想でも宗教でもなく単純な事実。だから「いただきます」って言うんだよ…って考え方もある。
    野菜には命がないと思ってるのかな。
    命あるものを殺せないから食べないのなら、なにも食べるものはありません。調味料もほぼ全滅。よくて塩くらいか?
    どっちにしても矛盾だらけの考え方です。自分だけならいいですが、家族にその矛盾だらけの考え方を押し付けて食べる物を制限するのは、単なる自己中です。
    宗教的なベジタリアンなら別ですが、単にマイルールみたいですよね?

    ユーザーID:7227906195

  • ただいま調整中です

    結婚1年未満の主婦です。
    出来るだけ肉無しの食事に調整中です。
    私は生まれた時からアレルギー体質でアトピーに苦しんで来ました。
    体質改善の為に断食と玄米菜食を集中的に行った時期があります。
    その際、その筋の権威とも言える先生の著書を読みました。
    断食と玄米菜食の結果、私の肌や体質は劇的に変わりました。また、先生の著書には、
    人間は生きて行く為に自らの命を永らえる為に、動植物を殺生している事を忘れてはいけない。
    命を頂きながら生きていられる事に感謝し、出来るだけ無駄な殺生を控えて生きて行くのが望ましい、と。
    また、菜食時と肉食時の排泄の違いや体調の違いを感じ、
    主人とも話し合い希望は完全菜食ですが徐々に移行中です。
    肉食の習慣が長い為、なかなか抜ける事が出来ないんです。
    主人にも著書を読んでもらい、無理矢理ではなく賛同を得ています。
    菜食の時は腰痛もなく、婦人科系の検査でも良好でした。
    安心して肉食を増やしたら、数値が上がったりしました。
    私はなんちゃってベジでも、やってみる事の方が大事だと思います。
    まだまだベジタリアンや粗食には理解を得難い世の中ですが、私はトピ主さんを応援します。

    ユーザーID:5425993204

  • はっきり言いますが

    彼が母親の話を聞かないのは、しっかり将来的に考えていないか、確執、今はトピ主との結婚に燃えているだけなんじゃないのでしょうか?
    彼自身にも、ベジタリアンについてのメリットやデメリットをしっかり理解して貰いましょう。
    私なら、その時は理解したつもりでも、旦那がベジタリアンで病気になったら『肉類や魚を食べないから』と思うし、子供が痩せすぎなら食生活が悪いかもと思うかも。
    今は彼もトピ主も互いに尊重しますが、すれ違っていくかもしれません。その要因を結婚前から『ある』という事です。
    食事は生き物の基本ですから、大きな問題ですよ。

    ユーザーID:3677276175

  • 主張に一貫性ないね

    そんなに言うなら鰹節も卵も乳製品も止めたら?
    ちなみに私は豚肉食べると蕁麻疹出る時あります。
    だけど調理はしますよ。
    食べなくても良いけど、必要性があれば調理するくらい頭柔らかくして下さい。ちなみに私も肉と卵は嫌いです。卵はヒヨコだと思うと本当気持ち悪い。(無精卵でもダメです)でもベジタリアンではありません。食べますから。
    卵食べれる人がベジタリアンなんて信じられません。貴女のはただの屁理屈ですよ。

    ユーザーID:2038296018

先頭へ 前へ
121150 / 487
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧