• ホーム
  • 男女
  • 彼の母に結婚を反対され…理由はベジタリアンと食生活

彼の母に結婚を反対され…理由はベジタリアンと食生活

レス487
(トピ主10
お気に入り818

恋愛・結婚・離婚

まき

レス

レス数487

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • おめでとうございます

    結婚されることになって良かったですね。

    将来のお子さんのことですが、必須アミノ酸その他必要な栄養素が摂取できていれば、セミベジタリアンでも何の問題もないと思います。

    バランスさえとれていれば、野菜は多いし動物性の脂肪は少なくなるはずだし、むしろ癌や生活習慣病になりにくい素地を作ってあげるということで、理想的だと思いますよ。

    とはいっても、肉魚を食べつけないで育つと社会に出てつきあいが不便だとか、あるいは子供自身が肉を食べたい場合もあると思いますから、旦那さんと外食時に食べてもらうとか、別に毎日食卓に上らなくても、時々食べられれば良いのではないでしょうか。

    お幸せに。

    ユーザーID:5589040283

  • ご結婚おめでとうございます!

    ご結婚、本当におめでとうございます!

    応援してます☆☆

    ユーザーID:3962839816

  • これだけは伝えたい!!

    ご結婚おめでとうございます。 良かったですね。

    これだけは知っておいてください。

    将来のお子様の事ですが、沢山の方が食生活や好き嫌いのことを気にかけておいででしたが、私はお子様の発達が気がかりです。

    子供の発達、特に幼少期には必ず動物性タンパク質が必要になります。

    親(ここではトピ主様)の信念・信条でご自身がベジタリアンを選択なさる分には構いません。

    しかし、子供の発達には欠かせない栄養素があります。

    幼少期に必要な動物性タンパク質を適切に摂取しないと、脳の発達に支障をきたします。

    ちなみに大人になってからのベジタリアンは、既に身体が作られているので、節度を守れば問題なさそうです。

    ご自身の信念が先行してお子様を間違った方向に導かないように、どうかお願いいたします。

    ユーザーID:2481843821

  • 頑張って

    私もベジタリアンです。

    自分がベジタリアンという選択肢を選べたように、周りの人にも「ベジタリアンにはなれないという」選択肢はなくてはいけません。
    「食べれないけど相手が望むなら作るという」努力はすべきだと思います。

    私も肉を焼くのも苦手なので、あえて高いお肉を買ってきて、「高いお肉だから、きっと貴方が焼いた方が美味しくなるんじゃない?」と主人にお任せしたりもします。
    外食に行っても私はメインを頼まない。主人は「青虫。経済的」と言ってます。

    結婚したら親戚の集まりなどもあります。
    そういう時に「自分はベジタリアンだから食べない」と残すのではなく、「子供が足らないからあげるの」と言って、食べなくて良い状況を作った方が楽ですよ。。

    お義母様の反対される気持ちは、良く分かりますし、当然だと思います。

    ベジタリアンだからと考える前に、質問者様には「家庭を築くために自分も譲歩しなくてはいけない事がある」という事を考えられた方が良いと思います。
    自分の主張ばかりするのではなく、相手が喜ぶ事は何だろう?と考える思いやりの心を持てば、きっと切り抜けられますよ!

    ユーザーID:3123125023

  • トピ主さん、おめでとうございます

    トピ主さん、上手くいきそうで良かったですね。お幸せに!

    sunnyさん、
    ベジタリアンの人にそれぞれの理由があることは推測できます。
    でも、ベジタリアンではない私は、その「理由に興味がない」んです。
    そんなことは個人の勝手ですので、どうでもいいんです。

    「肉を食べる人は野蛮」などと責められたりしなければ、
    個人的な事情はどうでもいいです。
    通常の人間関係(他人)なら、
    理解も要らず偏見も必要なく、お互い勝手にやればいい話ですよね。
    一部のベジタリアンがここぞとばかり自分の正当性や個人的事情を主張したがる理由がよくわかりません。

    今回のトピで問題になったのは、トピ本文で
    結婚して生活を共にするにも関わらず、
    一切肉を買わない調理しない・・など、
    >唯一私の譲れない点
    とトピ主さんが妥協する姿勢を見せなかったせいでしょう。
    実際の生活ではイレギュラーなことも起こりますから、
    柔軟な姿勢が必要なんです。

    ユーザーID:6229961466

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • おめでとうございます!

    彼氏さんとお母様、トピ主さんとお母様、トピ主さんと彼氏さん。それぞれに話し合われたようで何よりです。

    これからも話し合いを重ねながら、末永くお幸せに…。

    ユーザーID:1206955750

  • 人にはいろいろわけがあります。

    レスを読んでいると、たくさんの方がベジタリアンに理解を示してくれていますが、まだ、偏見を持って意見を述べられている方も多く見受けられます。

    そこで、知ってもらいたいのは、ベジタリアンになった人には、それぞれの理由があるということです。なので、非難してらっしゃる方々、ひとくくりで、ベジタリアンは偏食でよくないという考え方を変えていただきたいです。

    例えば、私の例です。英国在住ですが、ここの国では、しばらく前、狂牛病で、大騒ぎになったことがあります。それ以来、牛の肉を含め、肉を食べることが気持ち悪くなってしまいました。主義でもないし、他人への押し付けもしません。

    人には、それぞれの理由があります。たいがいの場合、ベジタリアンに対する非難は、的違いだと思います。でも、もし、ベジタリアンを押し付けてくる人がいたら、その時は、押し付け迷惑と、文句を言うべきです。

    あと、ベジタリアンだから、かわいそうという方もいますが、ベジタリアンメニューは豊富で、十分立派な食生活が送れるし、栄養のバランスも心配ないです。

    ユーザーID:2634519422

  • 結局

    単なる好き嫌いや我がままに高尚な理由を付けて正当化しようとするから話がこじれるんですね

    シンプルに「私は肉が嫌い!料理するのも嫌!」でいいのではないでしょうか?

    まぁそれはそれで受け入れてもらえるかわかりませんが

    ユーザーID:8219659032

  • トピ主です

    皆様、経験談や具体的に実践されてることなど、様々な提案をして頂いた方、応援してくださった方も本当にありがとうございました。 昨日、彼のお母様含めて、お話する機会がありました。
    結果から言うと、彼と近くに結婚をさせていただくことになりました。実は彼のほうから事前に、私と結婚生活を送る上での彼自身の考えをお母様に話してくれていたようです。その後彼ともさらにいろいろな話し合いをする事が出来ました。話の内容はたくさんあるのですが、取り急ぎご報告まで。ありがとうございました。

    ユーザーID:5072089773

  • トピ主のコメント(10件)全て見る
  • 「好き嫌いが人より多いです」でいいじゃないの?

    ベジタリアンというから、私のように知らない者は「野菜しか食べない主義」と思ってしまいます。

    トピ主さんの「あーだこーだ」はどうでもいいです。
    要するに「好き嫌いが尋常ではないほど激しい」というだけでしょ。
    そして「私が好きではないものは買いもしないし、料理もしない」。

    それを夫になる彼が「いいよ、自分の分は自分で作るから」と言えばそれでいいだけ。


    今は、彼も「いいよ,自分の分ぐらい自分でするから、共稼ぎだし」と言うかも知れないけど、男って「女」じゃないからいずれ「俺の女房は飯を作らない」と嫌気がさすかも。


    でも、先のことは杞憂として今彼と話しあい、紙にでも書いて
    「できること、できないこと」
    「彼がすること、彼にしてあげられること、してあげられないこと」
    「子どもができたら自分がすること、彼がすること」

    と箇条書きにして約束事として決め交わしたらいいでしょう。

    彼が納得し、納得した彼が親を納得させればいいだけ。


    普通の母親は息子がそんな「食べ物の好き嫌いにご大層なごたくを並べる女性」と結婚するのは嫌でしょ。

    人並みがけっこう幸せなんですよね。

    ユーザーID:6825342861

  • ええと

    あなたが肉魚を料理しないことについて、彼と話し合い、「子供には食べさせる」ということなら彼に肉料理を担当してもらうしかない、それができないなら結婚もしくは子をもうけることどちらか諦める、それだけのシンプルな話ではないかと思います。彼が納得するなら彼の母親は関係ないでしょう。

    ですが、あなたは彼と相談するでもなく、ただつらつらとご自分の主義主張について書き込むだけ。私はベジやヴィーガンの人に偏見はありませんがちょっと場を与えられると皆さんどうしてこうも主張を始めるのか、それは不思議です。普段、溜めていらっしゃるのかもしれませんが。ベジは別に悪いことじゃないのに反感を買う理由もそこにある気がします。
    余計なおせっかいですが、感想まで。。

    ユーザーID:8752132344

  • ベジタリアン如何ではなく。続き

    栄養栄養と、目くじらを立てる方も居ますが、うちの子供は3歳ですが、いくら肉を出しても、魚を出しても、嫌いみたいで食べません。食べたくないものを強要もしません。もう少し大きくなれば、自然に食べるだろうと思うし、強要で好き嫌いがなくなったりはしませんしね。でも、しっかり健康に育ってます。
    アレルギーと言う方も居ますが、そんなものはアレルギーになったときに考えればいいことです。
    母親が反対する理由を、しっかり彼に聞いてもらってベジタリアン自体ではなく、ベジタリアンという信念を持っているトピ主さんの思考が気に入らないなら、彼に説得してもらうしかないでしょうし、トピ主さんも出来る範囲で、肉に対して協力する姿勢を見せて、柔軟性をアピールするとか。ベタリアンジ自体が心配ならば、上記のように、子供については協力すると説明するとか。
    せっかくの縁で、結婚を意識したお互いです。うまく行かなかったら、その時はその時。うまく行けば結婚して良かったと思うでしょう。
    家の掃除や片づけが全く出来ないより、よほど相手に健康被害を与える事でもない。年配の方の理解は難しいかもしれませんが、彼と協力して、認めてもらえるといいですね。

    ユーザーID:2730608934

  • ベジタリアン如何ではなく。

    ベジタリアン批判の方も、理屈が通らないとおっしゃる方も
    どれだけ、自分の信念を客観的に多様的に捉えて生きていらっしゃるのでしょう。
    それほど他人の価値観・主義を、まるでテストの答案に赤ペンするように「この理屈がおかしい」「こうなったらどうするのか」とおっしゃるくらいですから、全ての事に於いてよほど、多面的にみても曖昧さの微塵も無い信条で生きていらっしゃるんでしょうね。まさに、数学の回答の如く。一箇所でも間違ったら、正解たり得ない。すばらしいもんです。

    トピ主さんの論旨は、信念があり菜食寄りであり、他人に強要しないが、調理は出来ない。彼がいいと言うなら、結婚したいし子供も欲しい。出来れば共稼ぎで男女共同参画として、子供の為の肉は彼に調理して欲しい。でも、母親の反対がある。どうやって上手く乗り越えられるか、知恵を借りたい。

    と言う事ですよね。
    子供の食事なら、実現はそう難しくないでしょう。子供用の肉料理をたくさん作ってもらって冷凍しておけば良い。レンチンくらいトピ主さんも出来るでしょう。
    大人2人なら尚問題ない。
    レス続けます。

    ユーザーID:2730608934

  • 自信を持つ事

    >彼には申し訳ないけど、自分で食べたい分のお肉等は
    >自分で買うなり作るなりして欲しいのです。

    申し訳なく思う必要なんて、ないですよ。
    彼が納得していればいい事だし、「お前が作れ!」なんていう相手なら、いらないでしょう。
    小町での批判や、彼の母親がとやかく言う事ではない。

    私も自分で動物性食品を手にする事はありません。菓子類などは付き合いで食べる事もあります。
    パートナーは頻度は少ないものの、たまには動物性タンパクを食べたいという人で、彼が自分で買い物かごに入れて調理もします。買い物は週に1〜2度、一緒に行きます。
    食事の準備は二人で、ごく自然に分担されています。

    まきさんの質問とは離れた、食生活そのものに対する多数の批判レスに驚きました。
    肉、魚介類の摂取に関して、環境・資源への影響という観点から食を考えたことがあれば、各々が控えるだけでも大きな力となる事はご存知でしょう。崇高な精神や主義の押しつけではなく、エコバッグを持ったり、オーガニックの化粧品を選択するのと同じ。エアコンを使わないのも同じ事です。

    ユーザーID:0597164084

  • がんばれ!

    二度目の投稿になります。ベジタリアンです。

    トピ主さんは「自分は結婚に向かないのかも」とおっしゃってるけど、
    たぶん、とても純粋なんだと思います。
    そのぶん社会の中で上手く立ち回れないというか、
    自分がおかしいと思ったものに対して、
    あまりに素直に、敏感に、反応しすぎちゃうのかなと思いました。

    時には「適当に流したり」、「あいまいなままにしておいたり」
    「いい子(嫁、妻)のふりをする」することが有効なこともあります。

    お義母様は「二人で話し合った結果を報告しろ」と言っているのですか?
    そうでないなら、「素直に話してみる」必要もないと思います。

    もし「食生活のことはどうするの?」と聞かれたら、
    「栄養のこともこれから勉強して、偏らないようにします〜」とか、
    「○○君にも健康でいてもらえるように、がんばります〜」とか、
    「まだちょっと料理は苦手ですけど、少しずつ〜」とか、
    適当なことを言っておいてもいいのではないですか?

    同居で食生活を共にしなければいけないなら困難でしょうが、
    そうでないなら、お義母様にベジを理解してもらう必要もないと思いますよ。

    ご健闘をお祈りします!

    ユーザーID:8245078201

  • 環境?


    >『ベジタリアンです。』と聞くと、一部の方は、まるで自分が攻撃されたような?上から物を言われたような感情を持ってしまう場合があるのかなぁ
    トピ主様がこのように感じられるのだから、トピ主さまのまわりにはこのような方ばかりなのはお気の毒です。
    そのような負の感情を持たれるのが日常茶飯事になってはお気の毒ですから、破談にされたほうがよいのではないでしょうか?
    もしくは、一生子無しで、子供には、そのような負の感情を抱かずにすむようにされるとか。
    私、ぺスコベジタリアンですが、肉を食べると下痢して寝込んでしまいますので、いたしかたなくです。
    まわりの肉食の方達がおいしく食べられているのをみますと聞くと、何でも食べられていいわねと素直にうらやましくおもいます。
    たまに何か食べていると、魚などの苦しむ姿が脳裏によぎって食欲がうせますが、ここで食べなくてどうなる、せっかくのものを粗末にしては申し訳ないと水で流し込むこともあります。
    トピ主様の場合は屁理屈つきの偏食です。
    偏食を認めて、もっと素直になりましょう。

    ユーザーID:7401376144

  • なんかさらに嫌われそうな…

     トピ主さんのこだわりの理由はどうでもいいですが、ぶっちゃけ彼の両親はそういうまどろっこしい主義、嫌いなのでは?
     トピ主さんにとっては立派な主義ですが、彼親にしてみたら「偏食」って言ってもらったほうが、潔くてけっこうって感じなんじゃないでしょうか?ごちゃごちゃ言ってるけど、結局嫌いなんじゃんって感じかな。


     とにかくね、自分が主義を主張することでめんどくさいことになってる可能性もあること考えたほうがいいですよ。世渡りは大事だと思います。別にトピ主さんの主義は他人に押し付けさえしなければ、それはそれでいいのですし。誰かに「これ食べれないんだー」適当に話しても、別にそれは罪ではないと思いますよ。だいたいは「あっそう」で終わりますから。

     人はすべてを理解し合えるのは無理だし、声高々に「自分はこういう主義なんですー!!」ってわざわざ彼母に言うことはないと思います。もうちょっとうまくやったほうがいいですよ。結婚してからはこういううまくやるってこと、かなり必要ですから。

    ユーザーID:6202869006

  • あのね

    レスした方はベジタリアンを否定したい訳ではないのですよ。

    宗教に属しているのでもなく、自分で選択しているだけ。
    何を食べて何を食べないの選択は人それぞれの自由だし、マクロビも肉食も菜食も個人の生き方。

    トピ主さんの気持ちは分かりました。

    でも、それが客観的にみると「そんな中途半端な理由で肉料理も作れないの?」って感じるんです。
    いっそのこと、宗教に属しているとか、アレルギーで食べられない方が、
    よっぽど説得力があります。

    トピ主さんは義母に理解して欲しくてトピを立てたのではないのですか?
    それなのに、「私がどんな選択をしようと勝手でしょ!」では、理解してもらえるはずがありません。
    みなさんがレスしていることは、義母の気持ちだと思って読んでみてください。

    ユーザーID:6250790959

  • 視野が広がりました

    トピ主さんの考え方は、型にはまらない、とてもシンプルなものですね。
    私自身はお肉が大好きでたくさん食べますが、トピ主さんには共感できます。
    批判が多いようですが、最初に「ベジタリアンです」と明言してしまったのが、反感をかったのかもしれません。
    ベジタリアンと聞くと、動物性たんぱく質すべてを排他するイメージがありますから…
    お母さまにも、わかっていただけるといいですね。

    ユーザーID:0728310905

  • 1歳半の娘さんにそれはないでしょう

    ぴよ様

    >娘にも外食以外肉あげてません。

    1歳半ではベジのよしあしについて判断はできません。また「肉が食べたい」と思ってもそれをきちんと表現できない可能性が高いです。

    判断力と表現力がつく15歳ぐらいまでは、肉・魚・野菜その他できるだけいろいろな食材と料理を、まんべんなく与えるべきです。食わず嫌いにしないためにも。

    「親の偏食を子供に押し付けてはいけない」のと同様に、「親の(食に関する)主義主張を子供に押し付けてはいけない」のです。

    ユーザーID:0496145656

  • ビックリしたふりをしました

    ぴよさん
    >肉代用品の料理を出して、実はこれ野菜だよ!と言うとビックリしてくれるのが嬉しかったり。

     私の29日 16:30のレスをごらんください。その日(ごちそうになった日)、私も
    「え〜〜、これが野菜? ウッソー」
    とビックリしたふりをしました。社交辞令だったのですが、あのホスト/ホステスのかたは、まに受けたのでしょうか。

    ユーザーID:8183575538

  • ベジタリアンじゃないから、ややこしくなるんだよ 偏食だよね

    良い方向に向きそうで何よりです
    主さんはベジタリアンじゃないよ
    偏食なだけ

    言葉には意味があって、共通の認識を持つ事によってコミュニケーションが成立するでしょ?
    使い方が間違っていたら通じないよ・・・
    だから、こんなにややこしいトピになっちゃったんだよ
    トピ主さんはべジじゃない それは偏食っていうんだよ

    良い方向に向くといいですね!
    お幸せに

    ユーザーID:6061014555

  • ベジタリアンです。

    夫と一歳半の娘と三人暮らしです。
    食事は基本的に野菜で夫と娘は卵や乳製品を食べます。
    夫はベジタリアンではないのですが、菜食のメリットを伝え(何より貴方の健康を守りたいと伝えました)納得したので基本的には私と同じ食事をし、お肉をどうしても食べたい日は朝伝えてもらい夜作ってあげる事にしました。
    あとはベジミートやオカラコンニャクなどの肉代用品の料理を出して、実はこれ野菜だよ!と言うとビックリしてくれるのが嬉しかったり。
    うちはこんな感じでお互いのストレスがたまらない様にやっています☆

    ちなみに娘にも外食以外肉あげてません。魚は食べさせますが。粗食ってやつでしょうか。

    ユーザーID:8283211734

  • 価値観

    そんなにいやなら
    ベジタリアンと結婚したら?いつか旦那さんが不満たまって愛想つかされるよ 自分の価値観だけおしつけてばっか

    ユーザーID:4313419329

  • へー、で終了だよ

    私なら、「ベジタリアンなんだ」と言われても、へーそうなんだあ、と思うだけかな。珍しいからいろいろ聞いちゃうかもしれないけど。

    かつての友人に、お肉をいっさい食べない人がいました。主義じゃなく、単に嫌いなんだそうです。受け付けない、と言ってました。それとたいして変わらないんじゃない?

    ベジタリアン、というから大袈裟にとられちゃうのかな。

    私は牛肉が苦手なので、豚か鷄をよく食べますが、別に主義じゃありません。
    豚や鷄がかわいそうじゃない!と言われても困ります……

    トピ主さんはきっと真面目なんですね。彼母には、彼やまだ見ぬ子供には、お肉食べさせるように努力します、て言っといたら?

    実際どうするかは、彼とふたりで決めればいいことです。

    ユーザーID:1911316572

  • 素朴な疑問

     トピ主さんが彼の食生活に自分の意見を押し付けようとしていないのは理解できます。

     ただ、そんなに嫌なものを彼が目の前で調理して食べる、って嫌じゃないんでしょうか。(顔に出ない?)

     お肉やお魚は切ればまな板に血(肉汁?)などもつきますし、調理すれば臭いもしますよね。同じ包丁やまな板、鍋を使ってトピ主さんは調理が出来るんでしょうか。 

     実際にベジの方と調理を一緒にした事がないのでこんなことを考えてしまいました。

     あとは、実際に生活したときにご主人が不満を持たなければ第一段階はクリアできるんじゃないでしょうか。「なんとかなる」で実際に生活したら不満を言う人は多いですから。

    ユーザーID:5254852075

  • ベジです。私は夫に肉を料理してます。

    私もベジタリアンです。子供の頃からではないです。

    大人になって自分で考えて決めたことです。「虫を殺してるだろ、植物を殺してるだろ」等の意見は思いつきの反撃だと解釈してます。地球に生まれた以上、殺生しないで生き延びるのは不可能だと誰でも知っている事です。それを承知で出来る範囲の事を続けるだけです。たまに肉を抜くとかだって良いと思います。選択は白か黒だけじゃないと思う。ベジタリアンに敵意を示す人は肉食を責られた気がして不愉快なのだろうと察しますが、肉食しない人間側も良く考えて決めているのですよ。

    本題ですが、私も結婚して数ヶ月は、夫に肉料理を出せませんでした。でも、自分がベジタリアンである権利と同様、夫も肉食をする権利があるのだと理解しています。「料理は愛情」と言いますが、喜ばれない料理を作るのは空しいものです。なので、夫の料理には肉を入れるようにしています。(これは反対にベジの人達から裏切り者扱いされそうですが)子供はまだいませんが、子供が出来たら普通の食事を与えるつもりです。

    トピ主さんも、旦那さんが何を食べたいか聞いて、彼の食べたい料理を出したらどうでしょう?

    ユーザーID:3787142443

  • 自分で殺せる肉は食べられる=トピ主はベジタリアンじゃないよ

    >私は魚は殺せます。私は無殺生ではありません、命を頂いて生きています。でも私個人の感情的に、シンプルに『可哀想だな、殺せないな』と思うものは極力食べたくありません。その基準は平等なものではありません。私個人の線引きです。

    トピ主さん。
    あなたの考えはわかります。批判するつもりもないです。
    でも、あなたのそれは、ベジタリアンではないです。
    魚は自分で殺せるから食べられるけど、動物は殺せないから食べない。
    要は、あなた個人の考え方による偏食傾向があるということです。

    魚は食べるくせに、ベジタリアンだとかいうから、おかしなことになるんですよ。
    「自分で殺せないものは食べたくない」そういえばシンプルだし、他の人とも、焦点がぶれずに議論できるんじゃないですか?

    ユーザーID:6635076068

  • 一番大切なこと

    こんにちは。

    主様の仰せの通り食は個人の自由です。
    が、
    設問に於いて「これが唯一私の譲れない点」と言い切るから「反発」が出るのです。

    ご結婚に向け上手くいくことをお祈りいたします。

    ユーザーID:2088232886

  • トピ主さんのレス読みました。

    それって菜食主義というより、好き嫌いのうえでの偏食と言うだけではないですか。
    なんか最初のトピからはかなりトーンダウンしたようにも見えるし。

    ユーザーID:6046547031

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧