• ホーム
  • 学ぶ
  • 忘れたマンガのタイトルを質問するトピ 4

忘れたマンガのタイトルを質問するトピ 4

レス372
(トピ主11
お気に入り285

趣味・教育・教養

やまのくまさん

レス

レス数372

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 372
次へ 最後尾へ
  • sai様、ありがとうございます!

    お一人だけお礼が後になってしまいました。すみません!
    人間とは、と考えてしまう作品ですよね。
    ありがとうございました!

    ユーザーID:0713962998

  • まかろん様

    その年代で花ゆめだと…おそらく、きむらしんこさんの「美夜シリーズ」ではないでしょうか?

    主人公の美夜は白っぽい髪でふわふわのロングだったはず。
    不良っぽいけど、繊細で優しい女の子だったような。
    仕事人間のお父さんとは折り合いが悪かったけど、連載の最後の方では
    ちょっといい感じになってたと思います。
    「翔んで!ポテトボーイ」
    「愛あたえてよベネトナシュ」
    「ずぶぬれジルバ」
    などのタイトルに覚えがあれば、美夜シリーズで間違いないかと。

    ユーザーID:7156480017

  • 箱の中身さま

    多分佐々木みすずさんの安寿と厨子王です。ぶんか社刊の文庫「まんがグリム童話美女と野獣」に収録されています。

    ユーザーID:8558726735

  • 夏の空さんありがとう。間違いありません

    主人公は確かにロングでした。父親と後妻との関係が悪かった記憶があります。タイトル名はどうしても思い出せないのですが、あっていると思います。私が花とゆめを読んでいたのは81〜82年の前半でした。
    検索してみたところ、83年にもシリーズが続いていたんですね。
    女子高生がマンション暮らししていることに、当時子供だった私は衝撃
    を受けました(笑)
    私は後妻の関係改善は覚えていたのですが、父親は全く記憶にありませんでした。
    教えてくださって本当にありがとうございました。

    ユーザーID:4206773415

  • 御礼 / 真夜中のシンデレラ

    メモルさま

    レスを投稿してから反映されるまで、時間がかかるんですね。
    せっかくレスして下さっていたのに、御礼が遅くなりました。

    ありがとうございました♪

    ユーザーID:7166416862

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • まるり様、有難うございます!

    御礼が遅くなって、申し訳ありません。

    水野英子先生の事は知らなかったのですが、早速『水野英子 エーデルワイス』で検索してみたところ、出てきました。
    間違いありません!!
    『エーデルワイス 漫画』と検索してもさっぱりだったので、感激です。
    小町の力って、すごい!

    単行本も出ていて、アマゾンで購入出来る事も分かりました。
    買ってみようかな〜

    そういうお話だったのですね・・・
    なんとなく、切ない話だったような記憶はあったのですが。

    とにかく胸がスッキリして嬉しいです(笑)
    まるり様、そしてトピ主様に感謝!
    本当に有難うございました。

    ユーザーID:7465074188

  • 冬萌様

    ありがとうございます。それでした。
    なんとなく「成田美名子さん」かなと思って探しても見つからなくて。
    佐々木みすずさんだったんですね。
    早速注文しました。
    どうしても、もう一度読みたかったのでうれしいです。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:2574646610

  • 赤箱小箱様

    違っていたら申し訳ありませんが。

    その漫画は黒田みのる氏の『マリカ』(全5巻)では無いかと思います。

    主人公の名前はマリカで、石の悪霊に取り憑かれ(目から出たり入ったりする描写は覚えがありませんか?)、悪霊に因縁がある人の子孫を殺していくという話です。
    マリカは中学生ロングヘアで、親友や新聞部の子達が主人公の奇行から悪霊に取り憑かれている事に気づき、助けようと奮闘します。
    マリカが飼っている犬を殺され、その犬の霊も悪霊に利用され、主人公の母親に取り憑き主人公を操る手段にします。
    悪霊は集団で、マリカの他にもたくさんの子供達に取り憑き人を殺していきます。
    最後は主人公が悪霊を説得(になるんだろうなあ、あれは…)して、悪霊を成仏させるという話です。

    …最後まで書くなって?いや、先ほどさらっと検索したら絶版のようだったので。根気強く探せばどこかにあるかもですが。

    私は黒田みのる氏の漫画が好きで、殆ど持ってたのに引っ越しの際に古本屋に処分してしまい、惜しいことしたなあ、と後悔しきりです…。

    あ、もし違っていたらすみません。

    ユーザーID:1966071795

  • サスペンス系です

    80年代頃の、「なかよし」か「りぼん」に連載されていた作品です。
    (もしかしたら読み切りかもしれません)

    ・崖っぷちに立つ別荘で過ごしている主人公達。
    ・そこに殺人犯か何かの怖い人がやってくる。
    ・主人公は助けを求める為か逃げる為に崖側の窓からの脱出を試みる。
    ・脱出方法は、窓から縄をたらしターザンの様にどこかに飛び移り
     建物を出るというもの(成功したか覚えていません)。
    ・絵柄は内容にはあまり合っていない可愛らしい感じ。
    ・この作者さんは他にもサスペンス系を書いていた。

    どなたかお心当たりはありますか?
    よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:1664416488

  • パンダコパンダ様

    松本洋子さんの作品だと思います。
    この漫画家さんは、80年代のなかよしに、かわいい絵柄で怖いお話をたくさん描いています。

    「すくらんぶる同盟」ではないでしょうか。
    あやふやな記憶ですが、こんな感じです。
    サスペンス映画のヒロインの代役を引き受けた瀬名。犯人から逃げるシーンでは、別荘の窓の外に出る。崖の下は海だけ。撮影中、つかまっているロープが切れてしまう。体をつっているはずのピアノ線も切れていた。ミステリー同好会の仲間は、瀬名を必死に支えるが…

    このシリーズは、仲間たちが好きほうだいに行動していて、かけあいも楽しいものです。
    疑心暗鬼によって、仲間の気持ちが離れていくというパターンなら、ほかの読み切りでしょう。「ネメシスの夜」などはこちらですね。

    なかよしコミックスも講談社漫画文庫も絶版のようですが、松本洋子さんに詳しい人は多いと思うので、確認してみてくださいね。

    ユーザーID:0693658652

  • えんじょい様

    たぶんそれだと思います!
    エリカではなく「マリカ」だったんですね〜。

    ストーリーはほとんど覚えが無かったのですが、
    えんじょいさんのレスを読んで
    「あ、そうだったかも!」「あ、確かそんな場面あったかも!」
    と、言われてみればそうかも、の連続でした。

    私はたぶん、途中までしか読んでなかったので
    結末まで教えて頂けてよかったです。

    えんじょいさんのお陰で、モヤモヤが晴れました。
    有難うございました。

    ユーザーID:5445558566

  • みちる様

    みちる様、コメントいただきありがとうございます。

    残念ですが、松本洋子さんの作品ではありません。
    松本洋子さんの絵柄は、本当に少女マンガ!って言う感じの綺麗な絵ですが、
    私の覚えている絵はもう少しさっぱりしているのです。

    松本洋子さんの作品では、「殺人よこんにちは」や「ぬすまれた放課後」が
    好きでした。
    原作の赤川次郎さんの小説も読みました。とても懐かしいです。

    少し追加で思い出したのですが、窓の外に出る時にぶら下がったのは
    カーテンを割いて結んでロープ状にした物だったように思います。
    下端をわっかに結んでそこに足をひっかけて主人公がぶら下がる。
    上端は男性が掴んでいて、揺らしていきおいをつけて
    主人公が向こうに飛び移れるようにしていた。

    この漫画家さんのもう一つ記憶に残っている作品もおぼろげに思い出して来ました。
    確か、子供の幽霊に取りつかれた少女の話です。
    虐待にあって死んでしまった子供が少女に取りつき、殺そうとするのです。
    その幽霊の書き方が怖くて…。
    ああ、そちらも読みたくなって来ました。

    ユーザーID:1664416488

  • ひとみ又はプリンセスの読み切りでした

    ・タイトル 覚えていません
    ・作者名 覚えていません(奥友志津子さんかと思いましたが違うようです)
    ・1980年から84年頃
    ・ひとみまたはプリンセスだったと思います

    ・登場人物は、エリート(資産家だったかも)と結婚後自死した女性とその弟
    物語は葬儀の描写から始まり、姉は回想シーンのみの登場。
    参列者のヒソヒソで、睡眠薬を飲んだこと、自殺の原因が不明なことが語られる
    弟も、姉が何故自死を選んだか解らず、思い悩むが
    原因究明のため行動を起こすわけでなく、これといったストーリーの起伏が
    あるわけでもなく、淡々と回想のみでフェイドアウトと言った感じのラスト。
    前後の繋がりは忘れましたが、和服姿の姉が、真夜中に舞うシーンが印象的でした。

    当時はスッキリ解決しないままのラストにモヤモヤしたのですが
    年を重ねた現在、また違った感想を抱くのではないかと考え
    皆様にお知恵を拝借すべく投稿させていただきました。

    ご存じの方がいらっしゃいましたら、どうかお助け下さい。

    ユーザーID:7525588532

  • 遅レスですが、もうすぐ誕生日様

    作品そのものを発見できたわけではないのですが、作品を捜す手掛かりになるかもしれません。
    『コミックホームズ』というサイトがあります。
    白泉社の少女マンガ作品のデータベースサイトです。
    タイトルと作家のみで、残念ながら画像は無いのですが、うみねこ様や私も覚えてる〜!様のおっしゃるように、掲載誌が花ゆめ系ならば取っ掛かりにはなるかと思います。

    30年くらい前との事でしたので、ザッと1980〜1983年辺りを探してみましたが、該当するタイトルはありませんでしたので、タイトルは違うかもしれません。

    ユーザーID:6193181975

  • たぶんLALAでした

    子供の頃に、近所の御姉さんが貸してくれた雑誌で読みました。 

    15年程前の作品のはずです、物語はうろ覚えなんですが。

    ・戦時中、名門の家の令嬢と使用人の娘が身分を超えた親友同士。 
    ・使用人の娘が、令嬢の婚約者と出会いお互いに惹かれあう。
    ・令嬢は気付くが、黙認して見守る 
    ・婚約者の青年は戦地に行き、帰って来ない 
    ・令嬢は心が病んだ真似をして、使用人娘を手放さない
    ・やがて青年は帰国、使用人娘と結婚

    確か、2人の結婚式の日に令嬢と祖父が「気が長い演技だったね」「こうでもしないと、2人は一緒に為らない」と会話をしていました。

    令嬢の「頑固なのは、御爺様譲りですわ」と笑っていたシーンを記憶しています。

    どなたか、御存じの方がいないでしょうか?
    教えて下さったら嬉しいです。よろしくお願いします。

    ユーザーID:8677522670

  • 毒えのき 様 > 「九月終章」(?)

    作者が奥友志津子さんなのは間違いなく、ストーリーはほぼ全部記憶にあるのですが、肝心のタイトルが確信もてず・・・
    作品リストなどからの消去法になりますが、おそらく

    ・「九月終章」
      1979年ひとみ9月号掲載
      ひとみコミックス「砂糖ぬきのコーヒー一杯」に収録

    ではないかと。
    ※私はコミックスで読みましたが、奥友さんは82年ごろから「ボニータ」「ウィングス」などに掲載誌を移行、「プリンセス」には掲載がないようです。

    >和服姿の姉が真夜中に舞うシーン
    これ、姉弟が小学生のころですね。姉が黒髪おかっぱ、弟がベタなしくせっけ気味
    ・おねしょしてベソをかく弟を自分の布団に入れてあげた姉が、泣き止まない弟のために「泣かないで、いいもの見せてあげるから」といって舞い、弟が子供心にも、その幻想的な美しさ(?)に魅せられていつか泣き止む、といったエピソードでした。
    (ちなみに姉は養女で、弟も物心ついてから姉が引き取られてきたので初めから知っており、自殺についても実はそのこと(血縁)に絡む理由がありました)

    ユーザーID:5271168701

  • ご存知の方いませんか?

    カタカナのお名前の作者さん。
    少女漫画。
    多分1970年代(私30代ですが生まれる前だと思います)
    女の子が髪の長い男性と旅にでる(兄)(パタリロバンコラン風)
    姉がだまされ自殺(飛び込み)
    仕返しする。
    アイドルに魂の勾玉?を渡す。
    最後は湖で自殺?だったと思います。
    誰か教えてください!

    ユーザーID:9737548017

  • キジトラさま

    タイトルを考察して下さってありがとうございます。
    作者をお教え下さっただけでも大感激です。

    姉が養女だったことや自殺の原因が描かれていたことなどは
    すっぽりと記憶が抜け落ちておりました。
    作品全体に漂う静かな悲しみに、当時小学生ながらら深く感じ入りました。

    是非再読したいので、コミックスを探してみます。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:7525588532

  • ごまめのはぎしり様

    おそらくそのお話は、岸裕子さんが70年代に『別冊少女コミック』で書かれたお話の1つかと思います。しかしタイトルが思い出せない……。すみません!! 単行本も持っているのですが、実家にありまして、今すぐは確認ができません。
    「女装していた男性」は、金髪ストレートのロングヘアで、フィギュアスケートをしている時は黒い衣装ではありませんでしたか? そして主人公の女の子は、おかっぱヘアだったような記憶。

    その作品は、私が小学生〜中学生の頃、姉が定期的に買っていた別コミに掲載されていたと思います。大学生の頃、懐かしくなってふと岸裕子さん作品の単行本を集めようと思った時期がありました。岸さんの作品は小学館(フラワーコミックス?)の他、別コミ掲載作でも朝日ソノラマのサンコミックスや新書館のペーパームーンコミックス他で単行本化されていたのですが、小中学生の時は別コミ掲載作品は必ず小学館のみからコミックスが出るのだと思い込んでおり、大人になって「えっ、他社から出てたんだ!」と驚いた次第です。お尋ねの作品の単行本がどの出版社のものか、私も今は記憶が曖昧ですが、実家でタイトルを確認したらお知らせしますね!

    ユーザーID:2813835817

  • 25年〜30年くらい前の少女マンガ

    いつも楽しく見てましたが、私も質問させていただきます。
    過去のトピは探しましたが、重複はないと思います。見逃しあったらごめんなさい。

    25年〜30年くらい前の少女マンガです。
    従姉妹のお姉さんが持っていた単行本のため雑誌や出版社は不明です。
    三人の女子高生(大学生かも?)のオムニバス作品でした。
    それぞれが主役になっての恋の物語で、うち二人は片思いで終わったと思います。
    一人は晴れてカップルになりましたが、最後はお別れしてました。

    これといったエピソードも思い出せないので難しいかと思いますが…
    なにか心当たりがありましたら、よろしくお願いします。

    ユーザーID:3863929974

  • 『折れたクレパス』の結末をご存知の方

    タイトルの質問じゃなくて本当にすみません。
    このトピを読んでいる皆さんなら、ご存知の方もいるんじゃないかと思ったので、書き込ませていただきました。
    30年間くらい、何故か時々思い出しては「どっちを選んだんだろう・・・」と気になっていたので。

    瀬戸みのり先生の『折れたクレパス』、少女漫画誌に前後編で掲載されたはずなのですが、前編しか読めませんでした。
    主人公は結局彼氏、それとも後から出会った(年下の?)男の子、どちらとくっついたのでしょうか?
    前編の最後、その男の子が泣きながら現れて主人公に抱きついたところで終わったので、子供心に気になって気になって・・・。

    トピずれですみませんが、どなたかご存知の方がおられましたら、よろしくお願いします。

    ユーザーID:7465074188

  • まるり様、探してみました!

    済みません、私宛てのレスではないのですが、ず〜っと気になっていたので記載されたサイトで探してみました。

    これかな?というのが、ありました!

    花とゆめ1979年21号
    葉月秋子「失われたものの伝説」

    仰る通りコミックホームズでは画像はありませんでしたが、上記の著者名作品名で検索した所、表紙の画像・PDFによる作品の販売はすぐ見つかりました!

    私は多分これだと思うのですが・・・。

    まるり様、ヨコで恐縮ですが、ありがとうございました。
    私はとってもスッキリしました。

    ユーザーID:9401316112

  • 前駆なエコ(?)漫画

    エコ(?)な漫画なんですが、今から20年以上の前です。
    雑誌は「花とゆめ」で、同じ号に山岸涼子の「スフィンクス」が載ってました。
    その号に、新人が描いたような、短編でいわば、ギャグ漫画のジャンルでしょうか。
    内容は:
    近未来の事、溜まる一方のゴミに問題となり、議会(国際議会かも?)で大騒ぎ。
    新しく焼却炉を反対する派。の主婦団体も出ており、
    主婦「はんたーい!」
    幽霊「かんおけに入れるのはどうでしょうか?」
    しまいには、モノを投げる有り様。

    その場で居眠りしてた博士が怒鳴る。「だまらんか!」
    博士「よく考えろ!天然の焼却炉ならいくらでもあるだろうが」
    主婦「と言うと?」
    博士「ロケットにゴミを詰めて、太陽に放り込めば、その始末はしてくれるわ!」

    そういうわけで次々とロケットが太陽に向けて飛ばします。
    夜空にいくつも流れ星を眺める少女。
    少女「流れ星!きれい」
    博士「あれはゴミを詰めたロケットだよ」
    そのあと、何か教訓めいたことを話してたよーな・・・
    ここで終わりです。

    タイトルと、作者名そして収録されたコミック名をご存知でしたら、ご教授お願いします。

    ユーザーID:9654055881

  • マスカット 様 > 「初恋時代」

    里中満智子さんの
    「初恋時代」(1974年、なかよしKCコミックス)
    ではないでしょうか。
    3人の女子高生(同じ中学→別々の高校)が久しぶりに集まって、それぞれの恋バナを語り合う、といったオムニバスです。

    ・ショートヘアの活発そうな子
     3人の中で唯一、中学時代からのBFがいた
     →最近別れた(別れに至るエピソード)
    ・ロングヘアのフェミニンな子
     医療関係者の伯父が勤める結核療養所の手伝いに行き、
     そこの入院患者である青年と恋→死別
    ・ボブヘアの大人びた子
     父親ほど年上のおじ様への憧れから恋心へ→実らず

    電子書籍(Yahoo!コミック、ebookjapan)になっており、試し読み可能です。

    ユーザーID:5271168701

  • きさらぎ山さま

    ぜひぜひお知らせください。

    岸谷さんですか。言われてみれば、彼女の絵に似ていたような。
    でも男性はストレートのロングヘアでしたが黒髪だった記憶があります。
    たしかにスケートの衣装は黒でした。
    女の子はちょっと長めのおかっぱでしたね。

    タイトルぜひお知らせください。楽しみに待ってます。

    ユーザーID:3996111187

  • みじんこ様

    1作目はわかりませんが、2作目の方、
    曽根原澄子さんの「悪夢の使者」ではないでしょうか?
    私は「暗闇に鈴が鳴る」というコミックスに収録されてるのを読みましたが…

    主人公は、自分と同じ顔の少女が恨めしげに自分においすがる悪夢に長年苦しめられている。
    知らなかったが実は養女で、突然生家に連れ戻される。
    主人公は泣き叫ぶが、もともと少女に冷たかった義両親や義妹は引き換えに大金を貰って大喜び。
    生家はかなりの大金持ち。そこには双子の妹がいた。
    妹は小さいとき庭の池に落ちたのが原因で足が不自由。
    その事故を主人公のせいだと思い恨んでいる。
    人形をたくさん持っており、その人形を意志の力で動かせる。
    家人が留守のとき、主人公をその人形たちに襲わせる。
    (那智という美青年がおり、妹は那智のことが好きだが、
    那智は主人公を好きになり、その嫉妬もあった)
    最終的には和解する。

    こんな話でしたが…いかがでしょうか?
    廊下をびゅーんと飛んでくる日本人形はえらいコワかった記憶があります。

    ユーザーID:0029801870

  • 自己完結してしまいました

    8月4日 15:43に質問をしたパンダコパンダです。
    その後、自分でもしつこく調べていたのですが
    サイトを見つけ、漫画家さんの名前が判明しました。



    名前を少しでも覚えていて、その漫画家さんがりぼんで
    描いていた方なら、このサイトは便利だと思います。
    私も、「確か名前に【東】が入っていて最後は【子】」
    と言う頼りない記憶から漫画家さんを探し出す事が出来ました。

    私が探していたのは「坂東江利子」先生でした。
    子供の幽霊の話は「遊ぼ…」ですので、
    別荘で崖にぶら下がるのは「誰かがいる」だと思います。

    両方読みたいですが、どちらも絶版の様です。
    頑張って探したいと思います。

    ユーザーID:1664416488

  • 20年以上前?

    20年以上前(当時小学生)に近所のお姉さんに借りて読んだマンガで、作品名も漫画家の名前もわからないので、教えて下さい。

    内容は、学園ものなのですが、三人の女の子が主役。
    お金持ちのお嬢様高校?で

    一人目は、
    ・お金持ちの女の子だけど、性格が男勝り。
    ・両親は初め仲が悪いが、後半、仲直りをしてラブラブに。
    ・父親の秘書?らしき男性と最後は結婚する。
    ・少し天然パーマで短めの髪の毛の女の子
    二人目は、
    ・ビンボーな家庭で母親と二人暮らしをしていたが、ある日母親が死んでしまい、葬式の日に実はお金持ちの家の子だと発覚。
    ・兄?らしき人が迎えにきて、お嬢様学園へ通う事になる。
    ・おかっぱの黒髪の女の子
    三人目は、
    ・飲食店をしている普通の家庭だったが、お店が繁盛しチェーン店がいくつも出来お金持ちになる。
    ・お嬢様学園へ通う事になる。
    ・大きな家に住んでも、庶民派なので、家族とちゃぶ台で食事をする。
    ・ちょっとぽっちゃりな癒し系女の子

    この三人が学園で友達になり、後輩先輩から可愛がられ、学園生活をするのですが。。。

    よろしくお願いします。

    ユーザーID:7972542619

  • キジトラ様 ありがとうございます

    キジトラ様、レスありがとうございます。

    早速読まさせていただきましたが、残念ながら違うようでした。

    私のかすかな記憶の中で制服姿の印象がないのです。
    あと誰かが亡くなるシーンの覚えがないのでちょっと違うようでした。
    あと、もう少し絵が大人っぽい印象がありました。

    もう少し記憶をたどってみると、多分ですがテニス部なのか、遊びなのかは
    定かではないですが、テニスしていた記憶と
    カップルになった女の子は海デートしていた気がします。

    非常に記憶が怪しくて申し訳ありません、
    三人のオムニバスは間違いないはずです。

    でもキジトラ様に教えていただいた作品も面白そうですね。
    買って読みたくなりました。

    ユーザーID:3863929974

  • ぜひ教えて下さい!

    ずっ〜と思い出せなくて気になってたので、勇気を出して初投稿します。

    ・30年くらい前に呼んだ単行本の漫画
    ・日本に大地震が起きるストーリーで題名は『マグニチュード○○○』だったと思います。
    ・主人公は少女で男の子に助けられます。
    ・動物園から猛獣が逃げてライオンなどが人を襲う。
    ・狂った警察官が発砲しまくる。
    ・津波で高層ビル街が海にほとんど沈みサメに男の子は襲われた…ような…。
    ・最後は女の子だけ高層ビルの屋上でヘリに救助された…ような…。


    小学生の時によんで衝撃的で忘れられずにいました。
    時期が時期なので不快に思われた方がいらしたら本当に申し訳ありません。

    ユーザーID:1990097803

先頭へ 前へ
91120 / 372
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧