刑事コロンボのファンだった方

レス21
(トピ主2
お気に入り23

生活・身近な話題

はいく

このエピソードは見逃しちゃだめという作品を教えていただけませんか。
ちょっと検索したら『別れのワイン』などが有名どころのようですが、きっともっといろいろあるんだろうな〜と思いまして。
よろしくお願いします。

ユーザーID:6285002223

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • P.フォークさん、R.I.P.

    『刑事コロンボ』今でも大ファンです。フォークさんが亡くなられたのは残念ですが
    数々の素晴らしい作品をいつまでも語り継いでいければと思います。
    一昨年からNHK-BSで再放送されましたし、現在もAXNミステリーで放送中ですけれど
    それとは別に追悼特集でも組んでいただきたいな・・・わがままかしら。

    お薦め作品、もちろん「別れのワイン」も良いですね。
    他にもいろいろ・・・「指輪の爪あと」「二枚のドガの絵」「ロンドンの傘」「白鳥の歌」
    「権力の墓穴」「祝砲の挽歌」「歌声の消えた海」「忘れられたスター」「死者のメッセージ」
    「策謀の結末」・・・ごめんなさい、さらりと挙げるだけでも多くなってしまって(笑)。

    好みはそれぞれかと思いますので、ゆっくりといろいろな作品を楽しんでくださいね。

    ユーザーID:5920757275

  • 私もファンです

    ピーター・フォークさんが亡くなられてとても残念です。

    私はアラフォーですが、父の影響で子供の頃からコロンボを見ていました。

    好きなのは

    「忘れられたスター」ジャネット・リーの美しさ、演技が秀逸です。
    「秒読みの殺人」まさに秒読みの展開。ハラハラしつつもなんだか哀愁を感じるエピソードでした。
    「二枚のドガの絵」ラストで思わず拍手。コロンボに惚れ直すこと間違いなし!
    「別れのワイン」名作。哀愁漂う音楽もイイ。
    「パイルD3の壁」どんでん返しのラストが印象的。
    「祝砲の挽歌」厳格な校長と兵隊の卵たちの攻防が絶妙です。
    「ハッサンサラーの反逆」ラストでスカッとしたいならコレ。個人的に王様が好きでした。

    です。

    たくさん過ぎてごめんなさい。
    もっとあるんですけど(笑)

    刑事コロンボにはちょくちょく同じ俳優さんが出ていたり、今は有名な人が当時は無名でチョイ役で出ていたり、面白いですよ。

    他の方のレスを私も楽しみにしています。

    ユーザーID:7325647685

  • かみさんよ、安らかに

    『迷子の兵隊』とか『さらば提督』も好きですが、
    私が一番印象に残っているのは『かみさんよ、安らかに』です。

    冒頭からいきなり『かみさん』の埋葬シーン、という異色な話しです。
    ただ、この話は好き嫌いがはっきり分かれるようですね。
    『コロンボらしくなくて好きじゃない』という人と『異色で面白い』という人と。
    私は後者です。

    この犯人はちょっと可哀想な事情のある人だったんですが、
    最後の方でコロンボが犯人に言った台詞が印象的でした。
    『あなたは、うちのかみさんを殺そうとした。だから私は怒ったんです』という台詞です。
    この時のコロンボは、一瞬、いつもの感じとちょっと違う表情に見えました。

    犯人役のヘレン・シェーヴァーさんの演技も魅力的でした。
    迫力があって、切なさもあって、思わず感情移入していまいました。

    もしまだご覧になっていない方がいましたら、一度見て欲しいなぁと思います。

    子供のころから楽しませてくれたピーター・フォークさん。
    ちょっと私の父に似ている彼が大好きでした。どうか安らかに・・・。

    ユーザーID:9881629121

  • 初めて見た作品

    「逆転の構図」とかいうタイトル

    ラストに犯人から自白を導き出すシーン。
    殆ど誘導尋問に近い手法ながらも、犯人に「犯人しか出来ない行動」をとらせ、そばにいた警官に
    「君、今見たことを法廷で証言できるね?」と確認する周到さに感心したものです。

    日本の○○サスペンスだったら、崖で犯人が「そうよ、私がやったのよ!」と叫んだだけで
    刑事が礼状も無いのに手錠をかけてパトカーに乗せちゃうんですけど(笑)

    ユーザーID:6503141078

  • 有名どころは出てしまいましたが

    私がお奨めするのは、
    第15話『溶ける糸』

    スタートレックのミスタースポック役でお馴染みなレナードニモイが、
    コロンボ史上最も知的で冷酷な犯人役を演じます。
    コロンボが珍しく犯人に対し激昂するシーンは見物です。

    後、若き日のスピルバーグが監督をした、

    第3話『構想の死角』

    も、切れのあるカメラワークが随所に登場し、
    監督の才能の一端を垣間見ることができます。


    第46話〜の新シリーズは、明らかに質が落ちるのですが、

    第51話『だまされたコロンボ』

    は、シリーズの中でも意表(反則?)をついたエピソードです。

    ユーザーID:4838121753

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • ファンでした。

    コロンボ警部のとぼけた演技、毎回お馴染みのうちのかみさんがというセリフ、どんでん返しの結末にすっきりするおもいでみてました。

    ユーザーID:9902329795

  • 「美食の報酬」

    フグの毒で殺される話です。
    途中、日本人がフグを食べるという説明シーンがあり、
    恥ずかしがり屋の芸者さんをコロンボがちょっとからかう仕草が
    面白かったです。
    ラストもちょっとドキッとしますよ。

    ユーザーID:1043964034

  • おじゃまします

    私もファンです。全作品を観ておりませんので、まだまだ初級です(笑)

    いろいろとありますが私は「ロンドンの傘」が好きです。ラストでのコロンボ刑事のイタズラっぽい表情が印象的です。

    もうひとつ。
    タイトルは失念しましたが、魅力的で美しい女優さんにコロンボ刑事が誘惑されそうになる作品。
    ハラハラしながら観ていました。女優さんはフェイ・ダナウェイさんだったかな。違ったらすみません。美しかった!!

    ちょっとズレますが、いろいろな作品で、コロンボ刑事が現場で聞き込みをしながら、コーヒーを飲んだり何かを食べたりする場面がありますよね。「美味しそうに食べるなあ」と思ってしまいます。
    (笑)マフィンとか美味しそうです。


    トピ主さん、嬉しいトピです。ありがとうございます。

    ユーザーID:3020343376

  • サスペンスとしては、「2枚のドガの絵」!

    コロンボというキャラクターの魅力に触れるなら
    「別れのワイン」
    「白鳥の歌」
    「忘れられたスター」
    この3作は、ラストシーンがグッときます。

    余談ですが、
    小説版(ノベライズ)でオススメなのが
    「ホリスター将軍のコレクション」
    これは、テレビでは明かしきれなかった設定…というか、心情というか、そういった部分が、他の作品よりも深いので。
    「カリブ海殺人事件」もですね。
    テレビ番では「華麗なる罠」というタイトルで放映されてますが、これもノべライズで楽しみたい作品です。

    ピーターフォークさんよ、安らかに…。

    ユーザーID:8659199259

  • あ、最後にもう一つだけ

    コロンボが事件解決のために犯人の車のマフラー(?)にジャガイモを詰めるというのはどの巻だったでしょうか…。

    タイトル忘れましたがこれももう一度見たい話です。


    ぷにさん

    私もコロンボって美味そうに食べるな〜っていつも思います。

    私はコロンボがしょっちゅう食べている「チリ」が気になります。
    必ずクラッカーといっしょに食べるんです。
    チリビーンズみたいなものかなぁ。

    ユーザーID:7325647685

  • 「指輪の爪あと」他

    >ぽん さま

    > コロンボが事件解決のために犯人の車のマフラー(?)にジャガイモを詰める

    はい!「指輪の爪あと」ですね。私も大好きです。
    レイ・ミランドが演じる被害者の夫が、それをコロンボからきいて、ふと排気口を
    覗き込みかけて“まあ・・・いいか”という感じでやめて、その場を去る演技も味が
    ありますね。
    犯人役のロバート・カルプも素晴らしかったです。


    >ぷに さま

    > コロンボ刑事が誘惑されそうになる

    「恋におちたコロンボ」ですね。犯人役が仰る通りフェイ・ダナウェイです。
    ホント、いつまでも美しい方ですよね!
    このお話にも、おきまりの“ゆで卵とコーヒー”が出てきますね(笑)。

    ユーザーID:5920757275

  • いっぱい有りすぎるよね

    特に良いのは
    「白鳥の歌」
    「祝砲の挽歌」
    かな。

    ユーザーID:5101161991

  • ありがとうございます

    夕べ『二枚のドガの絵』を見ました。初期の作品では、あのテーマミュージックはまだないんですね。じゃがいもをマフラーにつめる話も先日見ました。
    『刑事コロンボ』って水曜ロードショーで放送されてたんでしたっけ?不定期で。
    私の記憶、まちがってますかね。
    この頃、ロードショーという映画雑誌を買ってまして、年末にその年一番の作品(テレビで放映された映画作品)を選ぶ部門がありました。コロンボは劇場公開はしていないので、本来は対象ではないのに、投票数がダントツで、編集部側もこの作品だけは別ってことで、一位になったのを覚えています。それくらいすごい人気でした。
    そういえば、お茶の水の明大の前で、小池朝雄さんが歩いているのを見たことがあったなあ。
    ワイフをかみさんと訳してくれた翻訳者と、ぴったりの声をあててくれた小池朝雄に感謝です。
    もちろんピーター・フォークにも。

    ユーザーID:6285002223

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • テーマ曲、というと・・・

    某缶コーヒーのCMでも流れていた、H.マンシーニ作の曲のことでしょうか。

    まず、DVDには全く収録されていません。またCSでも現在放送中のAXNミステリーでは
    日本語のエンドクレジット部分で流れますが、他では流れません。

    元々は、本国アメリカで『刑事コロンボ』を含め3〜4作のTVムービーを週交代で放送
    する『NBC ミステリー・ムービー』という番組のテーマ曲ですが、後にNHKが『コロンボ』
    の放送を開始した時にこの曲をOP・ED両方で使い、さらに日テレに放映権が移った後も
    概ねそれに倣ったため、日本ではコロンボと言えばこの曲!とすっかり定着しています
    よね。私もアレが無いとなーんだか落ち着かなくて(←小池朝雄さん風・笑)。

    少なくともNHKなら必ず流れると思います。先に旧NHK BS-hiやBS-2で全話再放送
    された時もそうでしたし、もうすぐフォークさんの追悼特集で数話が放送される
    ようですからきっとその時も流れるでしょう。放送スケジュールはNHK海外ドラマの
    公式サイトをご参照ください!

    ユーザーID:5920757275

  • シナモンさま

    指輪の爪あとでしたか!

    ありがとうございます。

    そうそう、排気口を確認せず、二人で静かに立ち去るラストが渋いのですよね。

    ロバートカルプも刑事コロンボで何度も見る俳優さんですね。
    最初の頃は映画の撮影所の責任者のような脇役だった記憶があります…。

    ユーザーID:7325647685

  • シナモン様。ぽん様。

    トピ主様、失礼して場所をお借りします。すみません。

    シナモン様
    タイトルを教えて下さってありがとうございました。かなりの上級者の方とお見受けいたします。素晴らしい!
    「恋に落ちたコロンボ」
    コロンボ刑事のデレデレ&メロメロぶりが見れるのです。でも最後にバーの店主とのやり取りに「あぁ、これぞコロンボ」と思わされました。そしてフェイ・ダナウェイさん、あの美しさは同性から見てもうっとりです。

    別の作品でコロンボ刑事が女性弁護士の操縦する飛行機に乗せられてフラフラになるシーンがありました。この女優さんも綺麗な方でした。


    ぽん様
    そうそう!「チリ」ですね。あれは大好物なんでしょうか。気になります。ホントに美味しそう!
    チリのお店の店主との愚痴っぽいやり取りも笑ってしまいます。


    やはり追悼番組が放送されますね。こちらに挙げられた名作ばかりで楽しみです。

    どうぞ安らかに…。

    ユーザーID:3020343376

  • 中学生で視てました

    「ハッサン・サラーの反逆」がいいですね。犯人有利な状況で、コロンボも今回はだめだったか?と思った直後、逆転の展開が。しかも犯人のほうから「お願いだから逮捕してくれ」と嘆願されるほど立場が正反対になるんですね。このすっきり感は水戸黄門に似てるかな?

    ユーザーID:5918916732

  • お世話になります

    シナモン様 あれは純粋なコロンボのテーマじゃなかったんですね〜。

    夕べわけあって(?)『ビデオテープの証言』というエピソードを見ました。
    若いきれいな車椅子の女性が出てくるのですが、『なんか見覚えのある顔だな〜』と思ってたら、ジーナ・ローランズでした。かっちょいい『グロリア』おばさんしか知らなかったので、びっくりでした。ビッグスターがゲスト出演するのも、刑事コロンボの醍醐味ですよね。

    ユーザーID:6285002223

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 『グロリア』!

    >はいく さま

    『グロリア』を監督したのが、ジーナ・ローランズの夫ジョン・カサヴェテスです。コロンボ
    の「黒のエチュード」の犯人役も演じていて、ピーター・フォークとは公私ともに盟友同士。
    ちなみに、その「黒のエチュード」で犯人の妻を演じているブライス・ダナーはグウィネス・
    パルトロウのお母さんです。母娘よく似ています♪


    『こわれゆく女』という作品ではカサヴェテスが監督でジーナ&ピーターが夫妻役、
    監督の息子ニックも共演しています。『ハズバンズ』という作品もカサヴェテス監督
    かつピーター・フォーク、ベン・ギャザラ共々出演もしていて、3者で
    “カサヴェテスファミリー”
    と呼ばれたようです。
    そのベン・ギャザラは、コロンボで「権力の墓穴」「歌声の消えた海」を監督しています。

    仰る通り、様々なスター(俳優、監督やプロデューサー)の若かりし頃がコロンボで
    垣間見えるのも楽しいですし、役者さん同士の様々なご縁が反映されているのを辿る
    のも面白いですね!

    ユーザーID:5920757275

  • 横ですが

    コロンボの「ウチのかみさん」
    を一度見てみたかった。

    最初のウチは、いつか見れるのかもしれないと
    期待していましたが、途中から
    絶対に見る事は出来ないんだなと理解しました。

    コロンボが犯人を追い詰めていく様子と共に
    徐々に追い詰められていく犯人との心理戦に
    釘付けでした。

    これって犯人役の人の
    腕の見せ所でもあったんですよね。

    子供にも見せられる名作です。

    ユーザーID:5563597129

  • カミさん。

    >麦茶 さま

    (間が開いてしまいましたが)
    カミさんをみてみたかった、ホント、その通りですよね!
    ちょうどAXNミステリーで「歌声の消えた海」が放送されましたが、最後の最後まで
    気を持たせてくれましたものね、このエピソードは(笑)。

    ユーザーID:5920757275

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧