外資系企業のこと、教えてください

レス19
(トピ主4
お気に入り21

キャリア・職場

世間シラズ

婚活中の女性です。

たまに、やりとりするお相手で、外資系にお勤めの方がいるのですが、
私は、少人数の零細の所にしか勤めたことがなく、
一般企業のこともそうなのですが、
外資系については、さらによく分かりません。

私の、少ない知識では、
・日本企業のように終身雇用前提ではなく、能力主義でビジネスライク。
 よって、いつ会社を辞めることになるか分からない。
 (今は日本企業企業も、終身雇用は完全に保証されていませんが。)
・なぜか分からないのですが、
 日本企業に勤めている人より、給料が多い。
・以上のことからか、アーリーリタイアを考える人が多い。
 (太く、短く?)
といったかんじです。

私は、自分の仕事がとても不安定ということもあり、
相手には、安定した職業の人を望んでいます。
といいますか、精神的に安心できる生活がしたいです。
そういった意味では、外資の人は結婚相手として、どうなのでしょうか。

外資系の実状、メリット・デメリットについて、
ご存知の方、お願いします。

ユーザーID:4393430237

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 外資系に勤務してます

    こんにちは。20代の女性です。
    外資系企業に3年ほど勤務しております。

    まず実状ですが、確かにトピ主さんのおっしゃるとおり能力主義です。
    年齢・性別に関係なく能力が高い方が選ばれ、出世していきます。
    転職してくる方も非常に多いです。
    また、成果主義のため、成果をあげるとその分給料に反映されます。
    給料が高いというイメージはそのあたりからくるのではないかと・・・
    アーリーリタイアについては私の周りではほとんどいません。それほど稼ぐのは並大抵ではできないからです。仕事にやりがいを感じている人も多いためそういう人は珍しいと思います。

    確かに外資系は不安定なイメージもあるかもしれませんが、このご時世だと日系企業とも大差ないと思います。
    違いをあげるとすれば、年功序列かそうでないか・・・
    能力のある方ならば、転職されたとしても安定した生活が望めると思います。

    デメリットをあげると・・・やはり激務です。1人あたりの社員が受け持つウエイトが非常に大きく、土日も休みがないほどです。個人的にはそこを理解できるかどうかが、結婚のキーポイントになると思います。

    ユーザーID:1870793655

  • 外資系勤務(EU、コンサル)

     外資であろうが内資であろうが、結局は当人次第です。
     当人が辞めてしまったりクビになったりする可能性はゼロにはできません。

     当方の現状
     EU本社の日本法人、能力主義といいつつ年功制。サービス残業あり。給料は国内同業より70%くらい高い(2倍ではないですが高いようです)。サービス残業あり。
     本社や支社では上級マネジメントはしょっちゅうクビになってますが、日本法人では体や心を病んで辞めて行く人が多いですね。私はクビにならない程度にサボりながらつとめてますので。偉くならないまま、できるだけ長く勤めて早くリタイアしたいです。

     で。私のパートナーに対する要望。
     自分にぶら下がる気満々の、無職志望の人とつきあったり結婚したりする気はまったくないです。だって話をしてて面白くないですから。
     私の妻は医師です。お互い今のうちに一生懸命かせいで、40代半ばくらいには引退したいね、などといいつつ働いています。

     そろそろ今のマンションのローンも終わりますので(2年でン千万払い終えました)、あとは収益物件をいくつか持つ事ができれば二人の引退人生のはじまりです。

     あぁ、楽しみ。
     

    ユーザーID:3775490237

  • 私が知っていることを

    外資系企業2社で計12年勤めました。

    外資系と言ってもさまざまですので、
    「外資系なので、こうです」とどの企業にも言えるようなことはほとんど無いのですが、
    トピ主さんが書いている上の2つについては、その通りだと思います。

    「社員を守らなければ」という概念が無いので、「会社(株価)を守るために」必要ならば
    CEOだろうと、年収300万の秘書だろうと容赦無く切りますよ。
    ただし、経営状態が良かったり会社にとって必要な人材だったりして
    60歳まで勤め上げられる人も、もちろんいます。

    収入がちょっと高いのは、リストラが日常茶飯事ではない日本において、
    そういうリスクを取ってくれる人へのボーナス的なことがあると思います。
    もちろん、超人的な働きをする人への正当な評価の場合もあります。

    アーリーリタイアメントを考えるかどうかは人それぞれで
    仕事がハード過ぎて、スポーツ選手のように太く短くしか活躍できない職もあれば
    チョイ高値安定のポジションで、定年まで勤められる職もあるでしょう。

    ですので生活の安定感は「当人次第」としか言えませんね。

    ユーザーID:0086945184

  • それを相手に求めるの?

    >私は、自分の仕事がとても不安定ということもあり、
    >相手には、安定した職業の人を望んでいます。
    >といいますか、精神的に安心できる生活がしたいです。

    金の切れ目が、とはいいますが、トピ主さんはお金がないと精神的に不安定になる方なのですね。
    なのに、不安定な仕事に就いてらっしゃるんですね?
    まず、ご自分の経済面を安定させようとは思われないのでしょうか。

    能力があってもリストラはあります。
    日本の企業にいても解雇はあります。
    外資系が給料がいいか、と言われるとポジション、基盤となる国、業種によって大きく異なると思います。
    トピ主さんが比較する日系企業のサラリーがどのあたりなのかによっても違います。
    給与がいい、というのは敢えて挙げるとしたら、女性の場合やポジションでいえば成果がわかりやすい営業やフロントでしょうかねー。

    ユーザーID:8114967606

  • ありがとうございます

    ひよ子さま

    アーリーリタイアについては、
    お給料の良さよりも、長く在籍していられる可能性が低いことを考えて、
    どうせだったらと、早くに辞めようと考える人が多いのかな?と
    思っていました。

    外資系は激務だったんですか?
    そこは日本と違って、(サービス)残業なし+有休しっかりの、
    ゆとり勤務だと勝手に思ってました。

    だんさま

    外資も内資も「当人次第」の意味合いや重さは一緒でしょうか?

    給料は、なぜ日本企業に比べ、1.7倍もあるんでしょうね。
    (退職金の上乗せと聞いたこともありますが。)

    >本社や支社では上級マネジメントはしょっちゅうクビになってます
    なぜ、その「上級」になったにもかかわらず、そういう事態が起こるのでしょうか。

    外資に所属しているからすると、そういった所の安定性に不安を抱く者は、不快ですよね。
    私も、旦那さんを養えるぐらいの職業なら、心配しなくて済むのですが。

    受付さま

    リスクを見込んだ給料とは、良心的でもあるんですね。


    あと、日本からの事業撤退もあるそうですね。
    不意の事態もあるようで。。。

    引き続き、よろしくお願いします。

    ユーザーID:4393430237

  • わかりやすい

    42年間勤務した会社を一昨年60歳で定年退職した者です。

    元々は内資本企業だったのですが、私が40歳の頃外資に変り
    ました。
    主な変化点としては
      1 能力主義の制度の厳正かつ明確化(visible)
      2 不正や倫理規定違反には厳しい罰則 
         出勤時、酒の臭いで解雇
         出張費の不正経理で解雇
      3 パワハラ、セクハラ、モラハラ管理が徹底
      4 収支や予算管理が徹底
      5 株主への高配当厳守
    6 職場風土があっさり
      7 組織もねちっこい上下関係でない
      8 有給休暇が取りやすい 残したら理由書書かされる
    9 管理職は英語が必須
      10 会社の方針・施策の決定や移行がスピーディー
      11 業務の下請け化

    以上ですが、外資系って一言でいえば、すごく物事がはっきりしていて
    分かり易いところですかね。
    ですから、単に会社は仕事の場だと思えば、居て安いと思います。

    日本の企業もかなりこういう傾向になりりつつあるようです。

    ユーザーID:7728511301

  • 色々ですね

    こんにちは。

    外資系企業と言っても本当に多種多様なので、日本企業に近いのんびりした会社からドラスティックな人事が行われる高収入激務企業まで、色々ありますよ。

    私の父は外資系企業でCFO兼副社長まで登りつめました。
    大企業ではありませんが、とにかくものすごい努力をしていました。家でも本当に良く勉強していました。

    収入はそれなりに良かったと思います。双方両親からの援助は一切無しで、私と弟は中学から私立(アラフォー世代ですので今とは事情が違います)、一軒屋を5回買い替えするたび、家も大きくなっていきました。
    母はずっと専業主婦で、外商も付いてます。

    でもそれは結果であって、途中吸収合併等で、本社が米→スイス→ドイツと変わり、そのたびにマネジメントはレイオフされるかも?という不安と両親は闘っていましたね・・。

    要するに、先の事は本人の能力と運という事に尽きると思います。
    母は打算は無かった、ただひたすら父に付いてきたと言っていました。
    父は気難しい努力家でしたが、それを支える母も一生懸命でした。
    男性が出世するには、家庭内が安泰であることも重要ですね。

    参考になりますでしょうか?

    ユーザーID:0470897588

  • 業種にもよります

    外資マンさんと同じような元々内資だったが外資に吸収合併された企業と、バリバリの外資系企業両方に勤めた経験があります。
    企業ごとに色々とはいえ、大枠はみなさんのおっしゃっているとおりです。

    アーリーリタイヤメントができるほどの給料がもらえるかどうかは業種にもよります。
    金融・コンサル系はできるかもしれませんが、メーカーだと??バリバリ外資のカントリーマネージャークラスでできるかどうかだと思います。

    それから休みや残業の扱いについてもトピ主さんは誤解しているかな。
    外資とはいえ顧客は日本企業ですからそちらに合わせて仕事をする、というのが大前提です。
    夏休みならまだしもその他の時期に有給使いまくりとはいきません。

    メーカーの場合、顧客工場が年中無休で操業したり、顧客購買部門が土曜日も動いている日本企業はごまんとありますので、その営業担当者は平日以外でも顧客対応をすることがあります。
    これらは日本企業勤務と同じです。

    それに残業代も日本企業と同じく「みなし残業」として営業手当てやインセンティブに反映されて払われます。みなさん相当の激務です。

    ユーザーID:4233720419

  • 会社による

    きわめて日本的な会社から、アップorアウトな会社までいろいろあるでしょう。
    業界にも会社にもよると思うので、一般化できませんね。

    私の勤務先は米系メーカーですが、あまりドライではないです。
    数年かけて売り上げを落としまくった営業さんが、普通にまだいたりします。
    同業界で日本企業に比べると給料はまあいいですし、退職金もあります。
    その分、売り上げに対する社員数が少なめですし、利益重視です。
    ただ、まちこさんがちょっと触れられていますが、カントリーマネージャークラスでもアーリーリタイアには程遠いです。
    ビックリするほどの高給ではないということですね。
    メーカーだとそんなもんかな〜、と勝手に思ってます。
    まあ、出世する人は早いし、しない人は全くしないというのはあります。
    日本企業よりリスキーかと言われると、ちょっぴりリスキーってとこでしょうか、ウチの場合。

    ユーザーID:2704320373

  • 参考までに

    某外資系金融機関で内勤の仕事をしています。
    だいたいの印象は先に何人かの方が述べられたとおりだと思います。

    私の勤務先で恐縮ですが、少々例を挙げますと、
    ・個人主義
    ・実力&成果主義
    ・役職関わらずたまにリストラあり
    ・役職付けば英語必須
    ・転職者が多い
    ・無駄な残業はなし(というかできない)

    日本社にいたときより、確実に評価はシビアですし、
    (私は最初の1,2年はプレッシャーに潰されて心療内科にかかりました)
    年功序列などで必ず役職が付くことはありません。
    あと、うちの会社は標準的な評価ですと昇給は一切ありません。
    他の方より優れているという評価をもらって初めて昇給です。

    給与の面ではそれなりに成果を出さないと苦しいですが、
    残業はほとんどできないので(やると仕事できないというマイナス評価に繋がる)、
    夜中帰りが続いて夫婦の会話が無くなる・・・というのはなさそうです。
    あとは、仕事後の無駄な同僚との付き合いの飲みは一切ありませんのでそれもいいですね。

    あ、すみません、あくまでもうちの会社の話なので、参考までに・・・。

    ユーザーID:5419635011

  • アーリーリタイアメントは。

    ごく一部の出世した人だけが可能くらいに考えておきましょう。
    出世した人というのは、例えば、日本支社社長とかのクラスではなく、
    アジア太平洋の責任者とか、そのくらいのレベルです。

    ユーザーID:2222738566

  • 何故、「外資」=「外資金融系」イメージなんだろう…

    すみません。タイトルは私の勝手な独り言です。

    でもドラマ「ハゲタカ」の影響なのかどうかは知りませんが、「外資企業って…」という話題になるとその中身が「金融関係」にややもすれば傾く傾向が強いように常々感じています。

    外資と一口に言っても非常に様々です。いわゆる「製造業」は「金融関係」に比べて全般的に地味(待遇面含めて)です。あと詳細は避けますが本社のある国によっては考え方がドラスティックに変わります。

    お答えになっていませんがまず「外資」の一言で括るのは個人の意見で申し訳ないのですがちょっとどうなのかな?と思います。せめて分野は絞った方がいいのではないかと思います。

    ユーザーID:1618980151

  • アーリーリタイアメント

    まきさん
     トピの本筋からはずれますが。
    >ごく一部の出世した人だけが可能くらいに考えておきましょう。
     それは
    「とても裕福なリタイア後の生活」
     をしたい人でしょう。
     私(達夫婦)は年200万円の不労所得があればとても幸福に暮らしていけます。
     その程度の不労所得は年収ン千万の上級マネジメントにならなくても充分得られるようになりますよ。多分。


     私はさっさとリタイアして「今日もヒマだねぇ」などと妻と言い合う暮らしがしたいと思っています。お金をたくさん持って贅沢するよりも、時間が腐るほどある事のほうが私達にとっては幸福です。わからない人にはわからないんでしょうけどね。

    ユーザーID:3775490237

  • ありがとうございます

    オーソレミヨさま
    >トピ主さんはお金がないと精神的に不安定になる方なのですね。

    はい。そのとおりです。
    自分の職業を安定させようと思っても、限界があるのが実状です。

    外資マンさま
    内資と外資を、両方体験なさったということですね。
    列記していただいたことを拝見すると、
    外資は、やはりビジネスに対し合理的だと思いました。
    日本のように、変な人間関係や、休暇取得時のしがらみとかなさそうです。

    あみさま
    お父様は、努力と能力がおありの方だったようで、ご立派です。
    だからこそ、外資でそれがまっとうに評価されて
    高収入を得られていたのでしょうね。
    書かれているように、まさに本人の能力次第を
    目にされていたということですね。
    お母様が打算がなかった、というのは、私には痛いです(笑)。

    まちこさま
    休みについては、外資はビジネスで合理的だから、
    福利厚生面にも、きちんとしていると思ったのです。
    (日本のように、取れない雰囲気とかなさそうなかんじ。)
    でも、激務だったんですねー。

    ユーザーID:4393430237

  • ありがとうございます

    ナンダカンダさま
    いらっしゃる所は、日本企業ぽい外資ですね。
    営業さんの件は、日本企業より日本ぽいのかも。

    faiさま
    >・無駄な残業はなし(というかできない)
    残業ないのは、能力の問題でそうなるということでしたか。
    faiさまのお勤め先も、非常に合理的でシビアなご様子、
    心療内科にかかるほどというのが証拠ですね。

    まきさま
    やはり、アーリーリタイアは、
    私がたまたま出くわしたした人たちが言っていただけのようですね。

    さまようヨロイさま
    外資系→金融という図式って、あるんですね。

    >「外資」の一言で括るのは〜
    あえて、外資全般ということで、お聞きしています。
    ですので、様々な情報をいただくことの方がむしろ、ありがたいのです。
    今までもそうでしたが、
    これからも、特に決まった分野の方とお会いする訳ではありません。

    だんさま
    アーリーリタイアについても、いろいろな考えがあるようで。
    でも今までそういう人に遭遇したように、
    外資の人の方が、感覚がアリーリタイアしたい人がいるというのはあるのかもしれませんね・・・。

    ユーザーID:4393430237

  • 疑問

    トピ主の追記です。

    外資系の方が、
    比較的リストラの可能性にさらされていることは、分かりました。
    そういった状況で、外資にお勤めの方々は、
    リストラになった時のことを、どうお考えなのでしょうか。

    日本企業でいうと、年齢的に転職が可能な年と、そうでない年齢とがありますよね?

    その辺も合わせて、ご回答いただければ幸いです。

    ユーザーID:4393430237

  • 確かに大手では給与は高め

    ずっと外資ですが、大手消費財で人事をしていたときがあります。

    給与や人事制度には最初多少驚きました。

    営業職が生命線の企業ですが、20代後半の営業職で(既存顧客のフォローのみの比較的楽な仕事)年収500万です。
    その上で30代でセールスマン数名を管理する立場にあがれば800万程度、その上で23区程度を管轄するようになると1千万こえます。

    能力不足と判断された営業職は常に人事が吸い上げて把握していて、改善とレポートを指示、改善されないと退職へもちこむアクションがとられていました。失業したら家のローンが払えなくなると会社に訴える社員もいました。

    ここ5年くらいで評価システムに会社が力をいれ、のんびりしている社員はプレッシャーでメンタルの病気による休職も増えました。

    人事をやっていて、あまりずっといたいとは思いませんでした。

    人事の権限や給与は高く、エリアの人事マネージャは30代半ばで1300万くらい。ヘッドハントの電話もあり自分は能力があって偉いと勘違いしてそうな人がたくさんいました。
    でもある日突然、退職合意者リストに名前が載ったりしていましたね。

    ユーザーID:8584529496

  • アリになる

    常にリストラの恐怖にさらされているので、無駄な消費はしません。
    そのかわり、自分の価値を高めるもの、安全、健康に対する投資は惜しみません。

    人にもよりますが、ちょっと将来を真剣に考えられる人は、年収一億の時も、案外、質素にくらしています。パフォーマンスボーナスは、貯金、投資にまわしました。中には、月200万の○○タウンのマンション、外車を何台も買うような人も居ますが、ほとんどの人は、長くはできない仕事ということを分かってますから、若いうちにお金をためて、資産運用だけでくらせるように人生計画しています。
    私は今、48才で5年前に引退しましたが、今は資産は5億以上ありますから、運用益だけで暮らしていけます。完璧に無職というのも格好がつかないし、不審がられるので、資産運用会社(他人のお金は預からない)を設立し、経営者という肩書きにしています。

    日本の会社に努めても、この先、終身雇用(既に崩れている)、経営がどうなるか分かりません。手前でキャッシュを大きく貰った方(net present valueの最大化)が、運用できるので確実にお得です。

    ユーザーID:2261146161

  • リストラと転職

    夫が外資系勤務40代です。リストラのリスクはゼロではないですが、うちの夫の場合、会社外の人脈ネットワークが非常に広いです。色んな形で知り合った人たちと時間・手間をかけて交友・信頼を深めています。

    どの会社にどういったプロジェクトがあって、そんな人材を探しているかといった情報はそういったネットワークを通じてすぐに入ってきますし、頻繁に誘いをうけることもあります。夫が次に転職する時はそのネットワークを利用することになると思います。本人は次は大企業よりベンチャー企業に行きたいみたいですけどね。夫は転んでもただでは起きないタイプなので、私はそんなに心配していません。

    お給料やボーナスの高い時期にしっかり貯めたので、夫がアーリー・リタイアメントすることになってても、また大学で講師をしたり小さい会社に転職して収入が落ちるとしても大丈夫ぐらいの貯金はあります。夫はこれまで頑張ってくれたし、これからは家計のためよりも夫の遣り甲斐のある仕事を選んでもらいたいと思います。

    ユーザーID:1159330307

レス求!トピ一覧