夏、怖い話募集します。

レス156
(トピ主14
お気に入り988

生活・身近な話題

ホラー

レス

レス数156

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • では、ホラーからスタートします。

    最新の話として、夏の暑い昼間車で買い物に行った時のことです。左側から人がちかづいて、こちらへ来るので見ましたら・・・男の人が顔が後ろで、体が前で歩いてくるのです。そうです。顔は背中の上にあったのです。体は胸の方に。どんどん近づいてくるので、スピードを上げて逃げてきました。彼は30代後半ぐらいで、髪は黒く建設関係の作業員のようでした。

    では、次に怖い話を続けて行きましょう。宜しくお願いします。

    ユーザーID:9738029634

  • 第二段いきます。

    コンビニの駐車場で彼に会いました。彼は40代、コンビニで働いていました。彼は私の車に乗ってきました。猫がやたらに鳴くので、おかしいなとはおもいましたが・・・家に着くと彼は話してきました。彼は好きな人にバラバラにされて、殺されたのです。だからパーツはバラバラ。道連れに交通事故で誰かを殺すつもりだと。私は勿論とめましたが・・・彼は聞いてきました、誰か殺したい人はいないかと?彼は話を続けました。私が助けたのは、一台の車だけ。コンビニで止まっていた、紺色のワゴンタイプの車です。彼はその車を道連れにするつもりだったのです。彼は私の前から消えていき、道連れを探しにいきに・・・どんどん話を続けましょう、皆さん、レスお願いします。

    ユーザーID:9738029634

  • 第三話行きます。

    レス有難うございます。お気に入りの数も増えて来ましたが、聞いた話、体験した話でも構いません。この暑さを吹き飛ばすくらいな怖い話、レスお待ちしています。

    では、第三話行きますね。ホラーの始めて霊をみた話です。我が家はやっと念願のマイホームを購入して、私にも夢にみた自分の部屋。クローゼットの鏡をみて、おしゃれをしていました。鏡に移る自分に似ている女の子、しかも足はなく、羨ましそうに私をみています。暫くそのまま金縛りに・・・それがとけて、家族がいる部屋にいき、話をしましたが、誰も信じてくれません。ただ母だけは、顔を歪めていいました。お前の妹かもしれない?って。そうです、母は堕胎していたのです。妹も自分の部屋が欲しかったのかもしれません。それ以来私は色々な霊を見るようになったのです。

    ユーザーID:9738029634

  • 第四話いきます。

    人から聞いた話ですが、その人の住んでいる人の所は田舎なのですが・・・バイトの帰り、自転車で帰る時に自転車が何かに引っかかり、足元をみたら、血のついた生首の女の人が転がっていたそうです。勿論首だけです。その人はよく見るそうです。皆さん、レスお願いします。暑い熱帯夜を怖い話で吹き飛ばしましょう。

    ユーザーID:9738029634

  • 第5話いきます

    ホラーの怖い体験はこんなものじゃありません。ただ一番怖いのは話せません。だって恐ろしすぎるから・・・少しいい話を先にしましょうか。ホラーの父は亡くなっています。そう、秋のお彼岸のお中日に。年寄りの話だと、お彼岸のお中日は変わらないそうです。だから、その日に亡くなった人は人生を楽しみ、まっとうした人だそうです。父は亡くなってから何度かホラーの前に現れました。父はあの世に旅立つ日に天使を引きつれ、幸せそうにこれでもないくらいの笑顔で、あの世に旅立ってきました。では、いきますね、怖い話に。ホラーが読んだ怖い話の一つです。題名は確か肉じゃがだったと思います。恋愛関係にあった彼は、彼女との別れを決意して、彼女に言いました。彼女は納得せず、何度か彼の部屋を訪れ、プレゼントを彼の部屋のドアノブにかけていったそうです。初めは普通の物だったのですが、プレゼントは段々エスカレートして、最後の物は肉じゃがだったそうです。彼女は料理が上手だったので、彼は開けました。でもそれは、彼女の指が血のまま入った肉じゃがだったそうです。しかもメッセージ入りのの・・・私の思いの詰まった肉じゃが、美味しかったかしら?と

    ユーザーID:9738029634

  • しぃばあさん、危なかったですね。

    その女の子は、友達が欲しかったのですね、あの世でも。きっと、その男の子はその女の子に連れていかれたのですね、あの世に。悪気はないのでしょうけど、被害者が子供だから、たちが悪いかもしれません。そろそろテレビでも、ほん怖がやるのではないかと期待しています、やるのなら、八月だと思います。みなさんも怖い話どんどん募集しています。

    ユーザーID:9738029634

  • 第六話いきます

    まだホラーが正社員で働いていた頃、電車でみた幽霊の話です。ホラーが吊り革につかまり立っていたら、目の前の女の人は寝ていました。ただ彼女の顔は直ぐ急変しました。猫にとりつかれていたのです。ホラーは駄目と言おうとしました。勿論心の中で猫にしかわからないように・・・でも無理でした。猫はホラーの声を察したのでしょう。お前には関係ない!!邪魔するな!!こいつを呪い殺してやると。そしてホラーの目を見て最後に、ギャアーと。ホラーは恐ろしさの余り彼女の前を離れました。それからその彼女がどうなったのかは、ホラーにはわかりません。お気に入りももうすぐで、200に達します。皆さんの怖い話ホラーも楽しみに読んでいます。沢山のレス有難うございます。まだレスしていただけない方、レスお待ちしています。夏本番の暑さです。この話でどんどん涼しくなりましょう。

    ユーザーID:9738029634

  • なつさん、レスして下さい。

    なつさん、昔の話でもいいですから、レスして下さい。その怖い話に採用された、本の名前は何ですか?

    ユーザーID:9738029634

  • 和さん、レンジマンさんへ

    皆さんの怖い話楽しく読んでいます。有難うございます。

    和さん、怖い話沢山持っているみたいですね。又お待ちしています。

    レンジマンさん、きっとレンジにお母さんの思いが伝わっていたのですね。だからお母さんの為に動いていたのですね。お母さんの死と同時に疲れてしまったのですね。

    お気に入りも300を超えてビックリしています。最近暑さも一休みですが、週末から又暑くなるとのこと、皆さんの怖い話で涼しくなりましょう。レスお待ちしています。

    ユーザーID:9738029634

  • レスありがとうございます。

    皆さん、どんどん怖い話続けましょう。

    ほん怖も9月3日にやりますね。楽しみですね。

    ユーザーID:9738029634

  • セロさんの怖すぎです。

    皆さんの話怖いですね。その中でもセロさんの話は怖すぎです。朝晩は大分過ごしやすくなりましたが、まだまだ昼間は残暑厳しいですね。どんどん怖くなりましょう。ホラーが最近友達に聞いた話を一つします。友達が怖いDVDを借りてきたのです。「留守電」に入っていたそうです。「もしもし、もしもし、おいで、こっちにおいで、一緒においで」と。電話のそばから、女の人の顔だけがひょっこりでてきたそうです。留守電の声は男の人で、声色はだんだん怖く、とてもこの世の人の声ではありませんでした。

    ユーザーID:9738029634

  • お気に入り700超えました。

    皆さんレス有難うございます。ここで最近の話です。ホラーの家の側にお墓があります。車で通ったら、一つのお墓に頭を地面に擦り付けている派手な女の人がいました。お墓の前で・・・お墓にくる人は今はいません。なぜなら、お盆は過ぎたし、お彼岸にはまだですから。あれはなんだったのでしょうか?あまりにリアルで怖かったです。今日はほん怖です。皆さん見てください。怖い話まだまだ募集します。宜しくお願いします。

    ユーザーID:9738029634

  • 冬瓜さん、こおろぎさんへ

    冬瓜さん、思ったことはレスしていただいて大丈夫です。ありがとうございます。

    こおろぎさん、怖すぎです。私も季節関係なくみれますので、気持ちはよくわかります。ただ、ツカレナクテよかったですね。お持ち帰りしていないですよね?あまりそういう場所にはいかないほうがいいかもしれません。この世への思いは沢山ありすぎて、憑かれたら大変かもしれません。

    ホラーも基本匂いとか、感じる空気で見たくない場所あります。以前本当に怖かったのは、姿を見せない真っ黒の影の幽霊でした。見ることさえ、許さなかったのでしょうね。ただこの世への恨みはその黒さを上回るくらいにドス黒かったのです。

    お気に入り900超えました。皆さん、ありがとうございます。秋でも冬でもホラーはレスを待っています。

    ユーザーID:9738029634

  • レスありがとうございます。

    こおろぎさんへ
      トンネルは集まってくる場所かもしれませんね。暗いし、じめっとしているし・・・私が思うには、霊が集まってくるのはすがりたいとかそういうのだけではないように思います。勿論自分の存在を理解して欲しい。この世に残してきた思いを伝えたい。また誰かを道づれにしたい。等等・・・

    この間のホラーの体験話を一つ。あれは法事の後、食事によりました。都内のせいもあって、子供たちの洋服もブランド志向の家族連れで、混んできました。私たちの席は一番奥の席へ。隣には三人家族がいました。6歳くらいの女の子がいました。一人っ子のせいか、ママはかいがいしく面倒をみていました。その子は私と目が合うと、目をそらしました。その時に女の子の足元をみて、背筋に寒気が走りました。女の子は髪の長い女をひきずっていたのです。そして、髪の長い女は低い声で語り始めました。「この娘の母親が憎い。私が本当はこの子の父親と一緒になるはずだったのに・・・あまりに悔しくて自殺をして、呪ってやる、一番大事な人を」と。私はビックリしてしまいました。彼女は又話初め、彼のストーカーだったと。  皆さんのレスお待ちしています。

    ユーザーID:9738029634

レス求!トピ一覧