無駄だった私の大学生活。

レス33
お気に入り24

にんじん3号

学ぶ

はじめまして。実家は比較的裕福だったので、私は奨学金なしで大学まで行行かせてもらえました。(両親にはとても感謝しています。)大学では語学を専攻していたのですが、アルバイトと遊びに夢中であまり熱心に勉強はしていませんでした。人見知りで口下手で普通免許以外に資格を持っていなかった私は就職活動でも苦労し、やっと今の職場に採用してもらえました。仕事は大学で学んでいた語学とはまったく関係のないサービス業です。働き出して数年経ちますが、今でも「たいした志もなく大学に行くのではなかった…。だたふらふらしていただけだったなぁ〜。」ととても後悔しています。

ユーザーID:2323964898

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 反省したのなら学費を返そう

    それは無駄でしたね。あんなにやりたいことが学べる時間は人生でもうないですよ。

    反省したのなら働いて親御さんに学費を返すくらいの勢いで、これから頑張ってみませんか。

    ユーザーID:9139090683

  • よかったですね 気がついて

     死ぬまで気づかない人もたくさんいます。
    まだ間に合いますので、今日からでも大学時代の教科書広げて自学自習ですよ。
    理系ならそうはいきませんけど、文系ならではです。

     勉強以外にも努力してみるのも良いですよ。
    10年 20年つづけて やっと芽がでる分野というのも数多く存在します。
     それにも挑戦できますよ。
    だから 10年たって20年たって、自分の人生振り返ってみて
    いったい何をやっていたのだろう。無駄な年月だった、と思わない生き方をめざせばいいんです。

    ユーザーID:1242750553

  • 大学

    大学時代の4年間ってなんとなく大学に進学した人にとってはお金で時間買っているようなものじゃないの?
    って思っています。

    後悔しなくてもいいんじゃない?
    大卒のお給料もらえてるんでしょ?
    過去は割り切って、これからを充実させたらいいと思います。

    ユーザーID:8232339755

  • 無駄になってないじゃない!

    学校で学ぶことって、いわゆる『お勉強』だけじゃないでしょ?
    人間関係とか、社会生活とか、身についたこといっぱいあるんじゃない?
    「親に感謝しよう」「物事を行うのに、ある程度の志は必要だ」ということが分かっただけでも十分じゃないですか。
    アルバイトだって遊びだって、高卒ですぐ就職した場合では経験できないことですよね。
    その経験だって、『大学時代』に培ったものですよ。

    今現在がサービス業でも、いつ・どんな場面で語学が役に立つかは分かりません。
    ここぞというときに発揮できるといいですね。

    それにしても、「人見知り」で「口下手」なトピ主さんが、「アルバイトと遊びに夢中」とはこれ如何に。
    内職と泥団子遊びでもしてましたか(笑)?

    ユーザーID:0506593970

  • 無駄ではなかった

    今充実してる時間を過ごしてるから、
    「たいした志もなく大学に行くのではなかった…。だたふらふらしていただけだったなぁ〜。」ととても後悔しています。
    と思えるのでは?
    そう、後悔出来るほどの生活をしているトピ主さんの大学生活は無駄ではなかったのかもよ。と、何言いたいのか…済みません(汗)

    ユーザーID:5558763420

  • 私もです

    落ちて3流大学に行ったと負い目を持って行ったので、あまりまじめに勉強していなかったと思います。
    ちなみに理系です。

    ちょっと偏差値低い高校から推薦でやってきた友人や、奨学金を貰わなきゃ大学行けない友人のほうが、「理系のこの分野で食って行くんだ!」と志があったので一生懸命でした。

    今も働いているんだろうなぁ、この分野で。
    私は、就職しつつも、夫の海外赴任で辞め、今は専業主婦です。大学で習ったことなんてすっかり忘れました。親に、高い授業料出してもらったのに申し訳ない気持ちです。

    私も、何か志で資格でも取ればよかったのかなぁと思わざるをえませんね。

    ユーザーID:3679726274

  • 有益だった私の大学(院)生活

    こんにちは、年金28号です。暑い日が続きますが、お元気ですか。

    私はかなり貧しい家の出身で、高校進学の際は親から難色を示されたほどです。

    次に問題になったのが大学進学です。これも相当強い反対を受けました。当時の某国立一期校(理学部)に受かって見せると大見得切ったのですが、実力不足であえなく沈没。あの時は本当に泣けました。

    私の落胆振りを見た親が心配して、新聞の片隅に載っていた某私立大学(工学部)の二次募集を薦めてくれました。学費等の援助は期待できませんでしたので、当時の日本育英会の奨学金やアルバイト等で必要な資金を作りました。振り返ると、充実した時間でした。

    専攻は応用数学、制御工学です。これはとても面白く、ついでに大学院まで行きました。良い先生に出会え、良い論文が書けました。

    私の出身大学・大学院は4流〜5流でしたが、当時の大学進学率が15〜16%ということもあり、幸運にも奨学金返済免除職に該当する職種に就職する事が出来ました。幸運でした。

    今は年金生活です。大学(院)のお陰で人生が変わりました。今は亡き諸先生に感謝しています。

    ユーザーID:3205579372

  • 私もそうですよ

    私も全く同じです。語学学科ではありませんけど、文化学科で、まわりも勉強する感じじゃなかったし、学科の内容も、大学に来て、ガッカリでした。資格も取れないし。
    だからってやめることも出来ず、他学の編入を夢見たりしたんですけど、アルバイトと遊びにかまけてめんどくさくなって、就職活動もままならず。さらに最初の会社もすぐ退社、転職活動に苦労、転職先でもいろいろあり…何度か会社も変わって…ってめちゃくちゃです。
    適切な選択をしてこなかった過去の自分を恨みました。
    それでも、最初の転職活動中、暇だったので、学生時代、スクールまで行かせてもらっていたのに取れなかった語学の検定を独学で取り、親にスクール代だけは返しました。転職にも、現在にも、役立ってませんけど、学生時代の目標を達成できたからいいかな、と。

    その後、運良く?結婚して、主人の仕事に伴って、
    大学の時に少しかじった第二外国語の、憧れていた国にいます。

    だから無駄だと思うことも、もしかしたら、いつかどこかでつながってくるのかもしれないですよ。

    にんじん3号さんは、現状に満足していないから、過去を振り返っているのでは?

    ユーザーID:0316412080

  • 少しはマシになったのでは?

    もし大学に行っていなかったら、もっと酷かったんじゃありませんか?

    大学に行って、少しはマトモになったと思った方がいいですよ。(辛口でしたらごめんなさいー)

    ユーザーID:3614710354

  • そのことをバネにしていけばーーーー。

    ・大学時代の自分の在り様を振り返っていることは、間違いなく今後の糧になります。

    ・時間を無駄に使うんじゃない、今ある仕事に打ち込め、やっと見つけた仕事を大切にしようーーーー。

    ・当たり前のことをつかんだだけでも、いいのでは??

    ユーザーID:8039941760

  • 大学は専門学校じゃない

     大学で学んだことが役に立たなかったから、無駄、と。
     しかしそれを言い始めたら、今大学生をやっている若者の大半は無駄な大学生活を送っていることになります。
     教員の募集人数は教育学部の学生数よりはるかに少なく、心理士の需要は心理学科の学生数の1/10にも満たないのです。文学部に至っては、文学研究の何が仕事につながるでしょう? つながっているのは、出版社や博物館に就職できたわずかなエリートと、文学部の教官くらいです。

     大学は専門学校や職業訓練校とは違います。
     本来、仕事のスキルを身に付けるために通うところではないのです。

     大学の目的は、教養を身に付け、学ぶという方法論を身に付け、一生つきあえる友を得、若い頃しかできない経験をし、人とのつきあいかたを覚え、自分に自信をつけることです。
     学士とは、本来そういったことを身に付けた大人の証明でした。

     大学在学中に、大切なことのいくつかを身に付けられなかったトピ主さんは、過去をふりかえっている場合ではありません。
     急いで取り戻すために努力しなくては。

    ユーザーID:8028833395

  • レス

    今でも「たいした志もなく大学に行くのではなかった…。だたふらふらしていただけだったなぁ〜。」と気がついたことが,良い勉強だったと思いますよ。

    ただ,その勉強を無駄にしたらダメですよ。

    私も社会人2年目にそこに気がついて,働きながら猛勉強
    国家資格を取って,現在は専門職をしています。

    ユーザーID:7453647109

  • 因果応報

    大学は与えられてやる所ではなく、自分でやりたいことを見つける場所ですからね。
    充実した時間を過ごすのも、ダラダラと遊びほうけるのも自己責任です。
    ただし、社会にでる際にその差は歴然とします。
    4年間目標もなく過ごした学生は、どんな会社も採用してはくれませんからね。
    大学時代はどんな風にも過ごせます。そのこと自体が社会への登竜門なんですよ。主さんは自分がNGだったことに今気付いているわけです。

    ユーザーID:4965632465

  • こんなのは?

    彼氏が出来て、その彼氏や親が「大卒でないと・・・」なんて事を言い出した時に、「大学行ってて良かった」と思うかもしれません。

    ユーザーID:8321790310

  • 大学多すぎ。

    気が付いただけエライじゃないですか。
    そういう人多いと思いますよ。

    私は期待して入った大学が全然合わなくて大変でした。
    隠居老人のような教授はやる気がないし。(教科書棒読み、試験に好きなアイドルの名前を頭文字に問題を作成する法学の教授など)入ったサークルはモラハラ・セクハラ当たり間だし。女子大だったからでしょうか。

    世間知らずだったんですね。それも勉強のうちだったのかもしれません。

    でも今は勉強したければ、インターネットで海外の有名大学の授業も聞けるし
    自分でできることが沢山あるので、気の持ちようだと思います。
    それに大学というもののあり方も変わってくるでしょうし。

    過去を省みたら、あとは前進あるのみですよ!

    ユーザーID:5534435165

  • そんなに気にすることは・・・

    そんなに気にすることはないと思います。
    主様の大学生活、勉強主体ではなかったとのことですが、遊びにせよそれなりに充実していたのであれば、それは主様に必要だったのだと思います。

    勉強に関して言えば、よく言われるように、いつ始めても遅いことはありません。

    人生のいろいろなシーンで、興味を持ったその時に、独習すればよいのです。もちろん、実際に学校に入りなおす方もおいでますし、通信教育なんかもあります。

    ほとんどの方が、在学中よりも社会に出てからのほうがいろんなシーンにおいて勉強して、知識を増やしているのだと思います。

    自分が思うに、在学中の勉強は、基礎的なことも一様に勉強するわけですが、その一部または多くが実社会に出てそのまま役に立つわけではありません、むしろ、実社会に出たときにいろんなことを勉強したくなった時のために勉強の仕方を基礎学科を例題として勉強しているのだと思います。

    ユーザーID:2658156693

  • 「大卒」も立派な資格だよ

    大学がどういうものかを経験しただけでも、十分に意義があったと思うよ。

    「プリンは食べてみないと、味が分からない」

    語学勉強してたら、基礎が出来ているはずだから、語学の資格に今からチャレンジしても遅くないと思う。

    「人見知りで口下手」なのに「サービス業」に進んだのも面白いね。

    今のところ、続いているのなら「人見知りで口下手」が克服できたのでは。

    今の職場に感謝、感謝。

    ユーザーID:0334022771

  • 無駄も必要

    無駄があるからこそ、有効活用があるんですよ。闇があれば光があるでしょう。
    大体、大学にそんなに志を持って行く人居ません。大方の人間は何となくや、周りが行くからでしょう?


    まーそれでいいんですよ。自分の人生誰にケチつけられたって、過去は変えれれないし、変えるのは自分自身ですから。

    大切なのは、気づいた時に頑張るかですよ。

    ユーザーID:8036421767

  • 自分しだい

    どこにいても、自分をレベルアップできるかどうかは、自分しだいです!
    究極、どんなヌルイ職場、三流大学でも、関係ありません。
    そこで自分が何を吸収できるか、成長できるか、全て自分自身にかかっているんです。
    「大学はやりたいことを見つける場所」とか言ってる人には全く同意できません。
    (そのために何百万も払うのかい?親はたまったもんじゃありません)
    ちゃんと目的を持って、自分を磨きましょう!
    今からでも遅くないです。

    ユーザーID:3521552471

  • 私の場合ですが

    大学は三流、専攻はなんとなく決めた某外国文学、就職はただの事務。
    結婚して専業主婦をだらだらとしていましたが、40代になり夫の赴任でたまたま専攻していた外国文学の言語の国で生活。
    若い時にやっていたからでしょうか、現地語はわずか数年で上級レベルに。
    私の頭の程度では、40代から白紙の状態で現地語を勉強したとしても果たしてすぐに今のレベルまで行ったかどうか。
    現地語が出来るおかげでこちらの生活も充実しているように思えます。
    大学に行ったかいがあったと自分で初めて思いました。
    大学に行かせてくれた両親にも感謝してます。

    主さまも大学で語学を学ばれたとのことですから、それが今後の人生で生かされることがあるかも…

    ユーザーID:8933137465

  • 年月が経つと、、、

    卒業後、社会に出られてからまだ数年とのこと。
    大体、それぐらいにそんなこと思います。
    私も同じこと思いました。

    そして、、20年近く経った今、、、
    決して無駄ではなかったと思います。
    学校で教えてくれることなんて本当に基本的なこと。
    そこで学ぶこともほんのわずかなこと。
    だってお金払って行ってるんだもの。謂わばお客さんの立場。

    社会に出てから、色々なことがあります。
    今度はお金を稼ぐ側。
    へこたれることも、悲しいことも、辛いことも。
    自らで考えて、努力しなくてはいけないこともたくさん。
    そしてそれが実らないこともたくさん。

    でも、毎日毎日生きてみて下さい。
    無駄ではなかったと思う日が必ずきます。

    学校生活の時間って選択する時間を与えられているに過ぎないのだと
    私は思います。

    ユーザーID:5896035424

  • それを

    無駄にするも、しないもこれからのアナタの生き方なのでは?

    ユーザーID:0530752466

  • 後悔しなくてもいいんじゃない。

    もしもトピ主さんが大学に行っていなかったら、今でも大学ってどんな感じなのか知らないままだったでしょ。
    人って自分の知らないものは、実物以上に大きく見えたり、その逆に無視しようとしてしまうし…。

    え〜っと、何が言いたいかというと、
    『変な学歴コンプレックスを持たなくて済むだけでも、良しとしよう。』ってこと。

    大学では『自分で考えること』を学べばいいんだし、個別の専攻が今の仕事に直接役に立ってなくてもいいんだって。

    まあ、ふらふらしてただけってことだけど、少なくとも
    『学校に行っただけでは、教養が身に付くわけでも見識が高まる訳でも無い』って気がついただろうし…。

    これからは、忙しいだろうけど本を読むようにしてみたら? (図書館を利用すればお金も掛からないし。)

    僕は、学校に行ったからといって人が賢くなるとは思わないけど、本を読まない人は駄目だと思っています。
    それに学び続けないと、無知はあっという間に忍び寄って来るしね。

    …… 少し上から目線で語ってしまいました。 ごめんなさい。

    ユーザーID:9332293776

  • 後悔してもしょうがないでしょ

    終わった事を後悔してもしょうがないと思いますよ。

    同じ失敗をしないように次は頑張れば良いだけです。
    若いようだし、まだまだこれからですよ。

    ユーザーID:4692821024

  • 今からでも

    今からでも、社会勉強はたくさん(大学以上に)てきますよ。
    新聞やネットで、経済や政治も学べます。大学でたくさん遊んだなら、今は心おきなく勉強できますね。
    本当に学問したいなら、大学院を目指すのは?

    ユーザーID:6935176325

  • まだ無駄だったと判断するのは早すぎる! その1

    30代半ば、大学で超マイナー言語専攻した者です。
    主さんの気持ち理解できるので、レスしました。

    結論からいうと、無駄だったと判断するのは早すぎる、長い目で見ると得たものもあるはずです。

    私の場合も、超マイナー言語を活かせる仕事など国内にあるはずもなく、普通に事務職につきました。大学卒業したての頃は、勉強したことが直接業務で使えないことに落胆し、マイナス思考になりがちでした。

    でも見方を変えてみてはどうでしょうか。

    1 そもそも大学の専攻なんて、職場で活かせないことが多い。
    しかもそ
    の専攻に関係ないところでこの不況で就職が決まったことはすばらしい!! 人見知り口下手と書いてありますが、ご自身では気づかないいいところがあったはずです。また、遊んでいたとありますが、卒業するには、一応はそれなりに出席し、テストを受けなければならないのですから、卒業というのも、最低限(上出来ではないにしろ)、物事を継続してやる証明となり、社会に出られたのではないでしょうか。

    つづきます

    ユーザーID:0442078139

  • まだ無駄だったと判断するのは早すぎる! その2

    2 今の世の中、みんな大学にいくようになったからこそ、一度はいってみると”こんなもんか”と納得できる。
    これは、家の父の言葉です。
    父は公務員で収入はよかったのですが、大卒ではなく、それがコンプレックスだったそうです。ふとした折に、周りが大学時代の話になったとき、自分は体験できなかったので、すごく楽しそうで。その反動で私の学費捻出は惜しみませんでした。それが世の中で役立たないものでもOKと割り切った人でした。
    アルバイトや遊び、サークルも、人間関係を勉強できますし、一度体験しておいていいのでは? 家も裕福だし、今後転職やら結婚で、相手が大卒にこだわるかもしれないので。

    3 今後、偶然か努力してか、大学で学んだことが直接仕事で役立つときが来るかもしれない。
    地味に、事務員やっていましたが、ちょっとしたきっかけでした。
    これは、今の私の例で、進行中です。
    10年後、転職し、海外で仕事しています。英語を使います。今後、自分の努力と運次第で、超マイナー言語の地域にいったり、するかもしれません。言語の勉強方法や海外文化への柔軟性は、役立っています。

    ユーザーID:0442078139

  • その3

    長くなりましたが、大事なのは、大学の勉強の内容が活かせていないという一点に固執しすぎないことと短いスパンで判断しないことではないでしょうか。
    また、アルバイトや遊びに熱中して楽しかった!というのも、生きていく上で大事だと思います。

    そんな後悔せず、目の前の仕事や生活を楽しんで取り組んでいれば、いいんですよ。

    ユーザーID:0442078139

  • ああ、無駄でしたね

    考えなしに生きている人生って、そんなものですよ

    今もそうでしょ?

    ユーザーID:2624909306

  • 私の体験

    大昔の話です。
    第一志望の大学を失敗し、滑り止めの大学に入学。もともと勉強が好きで進学したわけでもないので、入学当初から授業にも余り出ませんでした。
    しかし、数ある科目のうち経済史だけは興味が湧き、ゼミもその教科をとりましたし、自分なりの努力もしました。
    生まれて初めて、自分から課題を見つけて勉強する事をしましたし、脳みそが捻れるくらい頑張って専門書も読み、資料も独自に収集したりしました。
    その教科は全く就職には関係ないものでしたが、自分の人生にとってかけがえのない宝と思っています。
    あれから40年、今も経済史の勉強を続けています。
    文科系の勉強は大学卒業後でも、独学で出来ます。後悔する時間があったら、今からの時間を大切にしましょう。

    ユーザーID:6631105949

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧