世代別 きらきらネーム(駄)

レス7
お気に入り13

ぺぺろっぱ

話題

アラフィフオバサンです。

昨今の名付けトピのキラキラネームとやらに驚きが隠せません。
ここ数年の流行なのかな?と思ったりもしますが
今は キラキラだったりイタかったりする名前も、いつかは普通になるのかもしれませんね。

実際、自分の同級生、同世代で驚いた名前も今ではフツーですよね。


皆さんと同世代で すごい名前!って思ったのはどんな名前ですか?

ちなみに私の伯母はもうじき80歳で「明美」と言います。
当時は女は「子」がつくのが当たり前だったそうで、明美と言う名前が源氏名のようで恥ずかしくて仕方なかったとの事でした。
アラフィフの私のお友達には普通に明美さんいました。

私の時代もやっぱり「子」がついていて、それが多かったです。
なので、私の世代で「まりあ」と言うのは超強烈な感じがしました。

それから、今20代半ばの息子の出産の時、一緒に産院に通っていた方が
息子に「世知」(せしる)と言う名前をつけて、仲間内で「ぶっとんでるね〜〜!!」って話題になりました。


できれば年齢別で、自分の世代の きらきらネームを教えてください。

ユーザーID:6053138627

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 現在40代

    私が小学生の時は、クラスでは ◯◯子、◯◯美が一般的でした。

    そんな中で、同級生に顔もかわいい「まりか」という女の子がいて、
    衝撃的でしたね!


    「美月」と「さやか」の姉妹も、わぁ!って感じしました。
    この姉妹は、残念ながらおブスでしたが(笑)


    どれも、今じゃふつーーな名前ですね。

    ユーザーID:8760905585

  • ゆりかちゃん!

     40代、私の名前は「子」が付きます。ですから、「子がつかない」名前はすべて、私にとっては「キラキラ」ネームでした(笑)
    同世代で、印象的だったのは、ゆりかちゃん。なんて、優雅な名前なの?と思いました。

     ちなみに、娘の同級生には、ずばり「きらり」ちゃん がいます!

    ユーザーID:1733478458

  • アラサー

    100歳近いおばあちゃんで章(あきら)に近い名前の人がいます。
    とってもシャレてると思います。
    アラサーですが身近では「せいら」ちゃんがいます。
    今では良く聞くようになりましたが。
    彼女は本当に小公女のように心が綺麗で強さもありとても素敵な女の子だったため覚えています。

    子供が生まれて色んな子と知り合いになりますがキラキラネームには慣れてしまいました。

    ユーザーID:5670048192

  • 上一文字・下二文字

    アラフィフ世代です。
    ○子が大半で、○み(美・実)・○よ(代・世)・○え(枝・恵・江)などの名前が中心でした。
    その中で「○か(香・佳)」という名前はキラキラしていましたね。

    また、漢字二文字の名前をひらがなで書くと、たいてい上が二文字・下が一文字という事が多かったですが、上一文字・下二文字と言う名前は、名簿の中で目立っていましたね。
    (例)真弓・真澄・沙織・香織・美幸・美里・千幸・千鶴・

    ユーザーID:3460168059

  • ノーベル賞受賞の

    江崎玲於奈さん、かなり昔の方ですが、よく考えると当時としては男にしてはぶっ飛んだ名前ですね。
    でも功績があまりにすばらしいため、名前については誰もとやかく言いません。

    今、変な名前だと笑われている子供達も、立派な大人になって尊敬されるよう頑張ってほしいです。

    ユーザーID:0030380054

  • 私の世代ではありませんが・・・

    私(アラサー)の祖父の姉(生きていれば100歳超)はみどり(漢字はわかりません)さんと和歌子さんです。
    特にみどりさんは当時ならキラキラネームだと思うので大変だったと思います。

    ユーザーID:0571562312

  • 昔もいたが・・・

    50代後半です。

    東京の私立小学校(女子校)でしたが、両親が日本人でハーフでもないのに、カタカナの外国人名の子がクラスに3人いましたね。

    ノーベル賞を受賞した江崎玲於奈博士(1925年生まれ)の名前もあの世代では超きらきらでしょう。森鴎外の子供も於菟、茉莉、不律(それぞれ、オットー、マリー、フリッツというドイツ人名)ですから、明治時代の外国人きらきらネームですね。

    私のクラスにいた子もそんな感じの外国人名で、漢字ではなくそのものずばりのカタカナ表記でした。昭和30年代当時でも、都心の私立校ではそれほどめずらしくないことで、どの学年にもこういう名前の子がいました。

    現代のきらきらネームと違うのは、流行を追ってつけたのではなく、親に教養があって、名前の由来などがはっきりしていたことでしょうか。ですから本当にオンリーワンであり、流行に左右されない個性がありました。この10年くらいの間に蔓延した「読めない名前」は、あくまで流行で、この子たちが年をとったら、妙な名前が「老人名」になるというシロモノですよね。

    ユーザーID:7640060429

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧