再婚した先妻の子供への遺産、夫が先立った場合の問題点

レス4
お気に入り3

まるこ

話題

夫再婚、三十代夫婦、子供はいません。
先妻は再婚し連れ子は養子縁組されていますが、相続には関係ないと聞きます。

心配なのが、夫が先立った場合の不動産(住居)についてです。
名義半々にはしましたが、例えば不動産金額が4千万円だとした場合、妻3千万円:子1千万円(妻2千万円/夫分 妻1千万円:先妻子供1千万円)となるかと思います。
現金が用意できない場合は、売却。
住む場所まで追われ、現金を用意しなければ...(涙)憂鬱になります。
ローンの支払いも半々で負っているのに、私にしてみれば他人以外の何者でもない先妻の子に、と思ってしまいます。
略奪ではないので先妻にも子に対しても負い目はありませんし、スタート時には夫の貯金は0、住居の頭金も私だけが支払いました。
できればもっと名義(持分)を自分にしたかったのですが、これ以上は無理だと住宅会社・銀行担当者から言われました。

さらに住み替えをした場合、今は正社員でないため次では条件が悪く名義半々が難しいように思います。
そうなると万一の場合は、もっと私割合が低くなります。

住居だけでも先妻の子に渡るのを防ぐ方法はないでしょうか?
道義的によくないのは重々承知しています。

結婚前は「子には罪がないどころか、両親が離婚した被害者だ」と思っており、比較的温かい気持ちを持っていたのですが、夫再婚を知った先妻から(先妻はすでに再婚していたのに)嫌がらせを受けたり、また、「共働きなら、結構収入も蓄えもあるのよね。何かあったとき(相続をほのめかして)のために、所在は必ず明らかにね!」等たびたび言われ..
子に罪がないのはわかっていますが、ほかにもいろいろとありました。
私が先立った場合でも、私が保有する財産を夫→先妻子へ渡らせない方法があれば教えてください。

ユーザーID:6364601052

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 名義を変える

    まず、旦那様に遺言書を書いてもらいましょう。500万ですみます。
    相続のときの評価額は実売価格とはちがいますけどね。

    あなたの意見しか書いていませんが、旦那様はどのようにお考えなのですか?お子さんに半分遺したいと考えているのなら、あなたがどんな手をうっても無駄ですよ。
    住居だけでもあなたのものにとお考えなら、貯金をちゃんとして、遺留分をお払いになるだけのお金をためればいいです。

    前妻に子供がいて相続に苦労するのがわかっていてどうしてそういう住居の買い方をするんでしょうね。思慮がなさすぎるとしか。

    >私が保有する財産を夫→先妻子

    あなたが亡くなった時に全財産を他者に寄付してしまえばいいのでは。
    夫には渡すけど、夫の子供にはわたらせない方法はないです。あなたが死んだ段階で財産は夫のものであって、あなたのものではなくなるからです。

    ユーザーID:8185124948

  • 簡単な方法

    (1)遺言書を書いてもらう(不動産の持ち分全てをトピ主に渡すとの遺言書)。尚、遺言書は、いろいろな決まりがあるため、調べてください。適当な遺言書は無効になります。
     この遺言書が作成されれば、先妻の子が異議を唱えても、先妻の子の持ち分割合(遺留分)は4分の1から全体の8分の1にまで落とせます。先の例だと、夫の2000万円X2分の1=1000万円が遺留分となり、相続人がトピ主と先妻の子となるので、1000万×2分の1=500万が先妻の子の相続になります。
    (2)さらに、夫に生命保険をかける。生命保険金は、相続の対象外です。従って、先妻の子に対して、先妻の子の不動産の相続分を現金(保険金)で買い取ることにすれば、いいでしょう。
     先の例だと、死亡保険金が500万円以上の生命保険を掛けておけば、いざ夫が亡くなっても、先妻の子の不動産の相続分を現金で相殺できるでしょう。
     これで、住む場所は確保できますよ。

    ユーザーID:9238253625

  • トピ主です

    にんにん様、ありがとうございます。

    主人にはもちろん相談しておりますし、同意をえてあります。
    先妻方のほうは再婚時に、「ローンもなく住居を手に入れた」と嬉しげに連絡をしてきたそうで、再婚相手とのこともあり金銭には不自由がないそうです。
    それ以外で金銭関係でもめた等があり、ちゃんとしておく必要があるとは主人も感じているようです。

    今までの経緯からも、「それが非常識なことであっても、相手が体を壊してもなんでも金をとれるならとりたい」という先妻の仕打ちに痛い目にあったからということです。

    近いうち、こちらでいただいたレスをプリントアウトして話し合いすることにもなっています。

    また貯金をして遺留分をという話についてですが、主人の職場が厚生年金がついていない等の兼ね合いもあり自分の老後に貯金は貯金で必要です。
    遺留分をあてて使い切ることはしたくないので、こちらで相談させていただいた次第です。

    ユーザーID:6364601052

  • トピ主です

    L様、ありがとうございます。

    公正証書作成での遺言のような遺言、ということですね。

    遺言書を作成のうえ、死亡保険金加入が一番の策というところでしょうか。

    現在は生命保険に加入する余裕がないのですが、可能になれば現実的に検討いたします。

    現状として、先妻は再婚相手との子供も増え5人の子持ちです。
    優雅な専業主婦生活で幸せ、だそうです。
    でも、当方は追われる養育費があり子供がもてません・・・(もちろん、共働きです)
    離婚歴がある夫と結婚したのだから仕方ないといえばそれまでですが、せめて今後、少しでも生活から心配事を減らしたいと思っております。

    もし万が一、おふたりにご提案いただいた以外の方法をご存じの方等あれば引き続き、ぜひお願いします。

    ユーザーID:6364601052

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧