恋愛・結婚・離婚

私は幸せになれるのでしょうか。

レス16
お気に入り23

たか

男女

こんにちは。私は33才の独身女子です。ここのところ結婚願望が強くなってきました。でも気持ち的に落ち着かず日々悶々としています。毎日が辛いです。最近では他人をうらやんだりし始めました。もう自分に嫌悪感がいっぱいです。

以前婚約者がいたのですが金銭的な価値観の違いで結婚直前で別れました。20代の頃です。
本当は、28頃に結婚して30代には子供に恵まれたかったです。
別れたことに後悔はありません。すぐに新しい出会いがあると思っていました。若かったんでしょうか。

一人になってからは仕事に打ち込みました。ビジネスを立ち上げよかった頃もあれば、どん底にも落ちました。で今、いろんなことに疲れ、淡々と女一人で生きてます。新しく出会う時のために自分の意識的なレベルを落とさない様には心がけています。

先日、一緒にビジネスを始めたけど途中で「私は、今の彼と結婚したいからこれ以上ビジネスはできない」と離れた友人に会いました。
彼女は、その彼と結婚しおめでたしてました。私は彼女がキラキラしてみえました。幸せそうな空気が周りに流れてる感じでしょうか。私は時間的に仕事の途中で、まぁ。端から見ても仕事女に見えること間違いなし。てな感じです。
会った後、私は号泣でした。よくわからないけど気持ち悪くて吐きました。彼女をみて嫉妬したのでしょうね。悔しかったのか。妬みなのか。その日から、毎日毎日急に思い出しては涙がポロポロ出るんです。

私には今、彼氏がいません。
どんなに仕事でがんばっても、それを労ってくれる。辛いときに優しく側にいてくれる相手がいません。
彼女と会ったときに「仕事ばかりしてたら相手を見逃すよ」とクスっと言われました。
悔しかったです。私は、将来海外に行きたいので英語力を落とさないためにも英語の仕事をして日々努力してきました。
今では彼女の幸せを妬んでます。女として醜いと思います(涙)

ユーザーID:6604568416

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数16

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自然に身を任せて。

    悶々とされているのは文章から痛いほど伝わってきました。
    でも、主さんは仕事バリバリされていて輝いている。劣等感に浸る事は何もないですよ。
    小町には結婚の実情は苦しく辛いものであるというトピも沢山あるでしょう?
    私は今年35歳で結婚しましたが、ちゃんとこの人だ!と思って結婚したのに、1年経たずになんだかこの人と一生いられないな・・・考える日々です。
    しかも、今は仕事を辞めて専業主婦。離婚、再就職、世間体など考えて悶々とします。お先真っ暗ですTT
    自然に身を任せて。きっと素敵な男性が現れますよ。

    ユーザーID:3284116642

  • あなたも彼氏を作りましょう

    仕事を頑張っているとのこと、すごく素敵な女性だと思います。

    30代前半になると、年齢的な焦りが出てきたり、
    女友達が子どもを産んだと聞いたら、つい自分と比べてしまったり…。

    でも。隣の芝生は青いと思うんです。
    昨今の日本の離婚率は、定かではないのですが、3人に1人でしたっけ??
    今は幸せにみえても将来は誰にもわかりません。

    トピ主さんだって素敵な彼氏ができますよ。
    仕事に情熱的に取り組めるのですから、婚活も始めてみませんか。
    仕事人間って仰るけど、仕事のできる女性はセクシーだと思いますよ。

    髪はどんな感じですか?
    お手入れをして、お肌とかにも気を配っていらっしゃいますか。
    仕事とプライベートでは、洋服も変えましょうね。
    「別人?」って思うほど、ギャップのあるトピ主さんを演じてみてください。
    プライベートでは、ワンピースにピンヒール、髪を巻いたりしてみては。
    つけまつ毛なんかも素敵ですよね。

    外見を女らしくすると、仕草まで女らしくなって、ふんわりと柔らかい雰囲気になりますよ。
    33歳なんてまだまだです。トピ主さんは美しいはずです。

    ユーザーID:2114672063

  • いいことあるよ。

    がんばってきたんですね。だれにも頼らずに。
    疲れちゃったんですよね。

    わかりますよ。
    とても一生懸命生きてきたことが伝わります。

    一生懸命、ズルしないで生きてきたらいいことありますよ。ちょっと肩の力を抜いて、誰かの助けが必要なんだ。って。
    一緒に支えあって生きていきたいんだ。って自分の気持ちを抱きしめてあげてください。

    仕事に夢中になっている女性はそういう時期がありますよ。私もありました。(私はもうちょっとバカだったので、あまり真剣に悩まずに
    お酒飲んで忘れてましたけど(笑))

    なんていえばトピ主さんの心に響くかしら。。。
    空を見上げてください。
    青くてキレイな空ですよ。
    緑はキラキラ輝いていますよ。

    太陽がトピ主さんを照らして、トピ主さんの伴侶がトピ主さんを見つけやすいように輝かせてくれているんですよー。

    少し手抜きして、自分を甘やかせてみてはいかがでしょう?
    誰かを頼りにしてみたらいかがでしょう?

    一歩足をひいて、全体を見渡してみると、世界は暖かく、優しいです。

    いいことあるし、優しい幸せがトピ主さんを待っています。

    ユーザーID:2480503593

  • そろそろじゃないですかね

    もしお友達と同じような立場になってたら、たかさんは結婚とビジネス、どちらを選択しましたか?
    例えば両方手に入れようとしてたら、どちらも上手く行ってたと思いますか?

    お友達は結婚したいからビジネスを諦めざるを得なかった。
    というか、諦められるほどの覚悟しかなかったのだと思います。

    でもきっと、たかさんは違いますよね。
    多分どちらも諦められない。
    神様はきっと、そんなたかさんの性格を見抜いているんですよ。
    だから問題を1つずつ、目の前に差し出してくれているのです。

    今ビジネスが落ち着いて来たのであれば・・・もうそろそろです。
    結婚願望が復活してきたのもその兆候ですよ。
    多分、運命の彼が向かって歩いてきているはずです。
    そう思って生きていれば、絶対見逃すはずありませんから!

    ユーザーID:0910985400

  • ちょうどよいきっかけ

    幸せになるには前進あるのみではないでしょうか。

    結婚にたどり着くのは並大抵の道のりではなくて、なかなかこれはと言う人には出会えない。

    そんな大変な道のりをひたすら進むには、エネルギーがいるので何かよほどのきっかけがあって火がつかないと、なかなか続かないと思います。

    号泣するほどうらやましく思う機会があったのはラッキーでは?
    その思いを忘れずに、前向きな力に変えて、二度とそんな思いをしなくていいように。


    私は失恋がきっかけでした。
    そうでなければあんなに大変でストレスな婚活は続かなかったと思います。

    失恋のものすごい欲求不満と負のパワーのお陰で、それをすべて正に変えて10年近くも連日、持続できました。

    そしてとうとう本命の人に出会えましたから。

    ユーザーID:3884978624

  • いや

    それはあなたが山にいながら海を見ているからじゃないですかね。
    もしくは陸にいながら空ばかり見ているというか・・・。

    よく幸せは考え方次第といいますよね。

    今自分が立っているところは自分からはよほど意識しないと見えないもんです。
    そのくせ対岸にあるものは当然目に入る。

    山にいるなら山を見てれば良いんじゃないでしょうか。
    海にばかり幸せがあるとは限らないし、海でしか幸せが手に入らないわけではないと思いますよ。
    ビジネスの世界にロマンスの欠片もないとは私には思えません。
    ロマンスとは縁遠いところに案外ころがっていたりするのはこれも現実あり得る話ですしね。

    そんなに嘆くことはないと思います。
    お気持ちはよ〜くわかりますが。
    今のあなたが妬まなければならない程の幸せなんてそんなにころがってなんかいませんって。

    ユーザーID:1720454052

  • 大丈夫

    私は、トピ主さんのことすごいと思います。

    自分は自分、他人は他人、

    その友人だって(自分には幸せそうに見えても)大変なんですよ。

    嫉妬なんてすることない。海外で出会えるかもしれないし。

    ユーザーID:1645750484

  • 隣の芝生は激青いと言ったところでしょうかね。

     そもそも、比較する時点で間違いのような気がしますけどね。トピ主さんの荷物は彼女には重たくて背負えないけど、彼女の荷物もまたトピ主さんには重たくて背負えないのですよ。人生ってそういうもんだと思ってますけど…めんどくさいですね。人はどうして誰かと自分を比較してしまうのでしょう?

     結婚するっていうのも結構大変なんですよ。ついでに子供を一人前に育てるまでの道のりもまた険しいです。独身時代のような自由気ままな時間など存在しないし、仕事だって制限されるわけでして…水辺を優雅に泳いでいるように見える白鳥だって足は際限なく一生懸命動かしてるわけですよ。彼女もそんな感じなのかなと思います。


     トピ主さんはトピ主さんの道を進んでいるし、彼女は彼女で違う道を進んでいるわけで…なんというか、比較しようがないと思いませんか?全く違う道を進んでいるのだから。振り返った道をあーだこーだ言うのはつまらないと思います。

    ユーザーID:4678656338

  • なれますよ!

    幸せになれますよ。大丈夫です。
    私も昔、トピ主様と同じような時期がありました。私がいい大学へ行き三ヵ国語を覚え、がむしゃらに仕事をしているときに、短大卒で派遣だった友人が結婚。お相手は同族会社の一人息子で、次期社長。友人の話を聞く度に、毎日身を削って仕事と語学の勉強をしている自分が否定されるようで本当に辛かったです。
    でも、今、無事結婚もでき、好きな仕事も努力した甲斐あって続けられて、本当に幸せです。人は裏切ることもありますが、努力は裏切りません。トピ主様も、あのとき頑張ってよかったと心から思える日がくると思います。

    ユーザーID:7488158777

  • うーん

    他人は、何が(どういう状況が)あなたの幸せか分かりません。それなのに、「私は幸せになれるのでしょうか?」と聞くのはナンセンスだと思いませんか?

    ユーザーID:7307615705

  • 若き日の想い出

    こんにちは
    たかさん
    あなたの真摯で赤裸々な苦悩が私の心を打ちます。本当に一生懸命に生きてこられたのですね。

    あなたのトピを読んで私が思い出したことがあります。
    二十代の前半の頃でしたが都会の道を一人で歩いていた時、ふと「誰かが傍にいてくれたら」と思ったことがあります。その日は空が高くて青く、なにか郷愁を感じる秋の日曜日でした。
    そのころ私は会社に勤めながら家に帰ると資格試験の勉強をするという生活をしておりました。試験に合格してもっと名前の通った会社に変わって自分のやりたい仕事をするのが夢でした。ですから「誰かが...」という想いは感傷的で不確かで弱い心。それでは試験に集中できないと思いました。そんなことを考えてはいけない。耐えなければというような気持ちでした。

    それから数十年たった今、あの時の想いを振り返ると「自己実現」を求めていた心の底流には「人との絆」を求めている心があることが分かりました。

    ユーザーID:1496890448

  • 若き日の思い出 続き

    あなたの言われる
    >どんなに仕事でがんばっても、それを労ってくれる。辛いときに優しく側にいてくれる相手がいません
    おっしゃる通り一緒に歩んでくれる人がいたなら「喜びは倍に悲しみは半分」になります
    分かり合える人を求める気持ちは人間の根源的な欲求です。人との一体感を持つとき人は幸せになります

    人生には「当たり前だった前提に強い違和感を感じる」瞬間が現れることがあります
    自分の心に亀裂が生じてその隙間から二つの相反する想いがかいま見える感じです
    今のあなたはその時のように思えます

    私自身、あの当時、その意味を解くことができずに、自己実現に突っ走してきた人生でした。いつも深い寂寥感の中で人生を過ごしてきました。人の絆の大切さに気づくことができずに置き去りにしてきたことを今、深く後悔しています

    私だけでなく多くの人もまた絆を求めながら絆を築くことが出来ないのも現実なのです。目に見えるものに心を奪われ見えない絆の存在を忘れがちなのです。絆の問題はTVのドラマにも取り上げられ、ここのトピにも数多くの相談が寄せられているのをご覧になることができるでしょう。

    ユーザーID:9582108397

  • 仕事と結婚は別よ

    私も33歳は独身で同じ感情を持っていました。
    35歳で結婚しました。その経験から言います。
    仕事と結婚は別物です。
    将来海外に行きたいから英語力を落とさない様な夫を探すと失敗します。
    家族と仕事は別です。
    たとえ英語とまったく関係のない夫と結婚しても、あなたの仕事を応援してくれる家族もいるかもしれないのです。
    これからの仕事に有利な男性を選ぶ事の無い様、あなたの人間性にマッチした方を選ぶことが出来る様、祈ります。
    もちろん、あなたが英語の仕事をあきらめる場面もあるかもしれませんが、夫婦という人間関係の構築に必要ならそれも必要な選択肢だと思います。

    ユーザーID:5446764811

  • 欲張りすぎなんです

    何もかもを手に入れられる人はほとんどいません。お友達は結婚の為に仕事を捨てた。アナタは仕事を取った。それだけでは?だからといって結婚の為に仕事を捨てればいいわけじゃないのは、目標のあるトピ主さんにはわかりますよね。要は、人生で何を一番重視するか、です。その答えはトピ主さんの胸の内にしかありません。自分自身とよーく語り合ってください。

    ユーザーID:6984525174

  • そんなことないですよ!

    結婚しお子さんもできたお友達は、トピ主さんとかなり違う立場に今おられる人ですよね。そんな「異質」なお友達に再会してまだ日が浅いからちょっとショック状態なだけですよ。ショックというのも、悪い意味ではなく「カルチャーショック」のようなものです。刺激が強すぎた!みたいな(笑)
    自分とは異なる人は魅力的に見えます。でも、私にはトピ主さんも凄く凄く輝いて見えますよ?自立した女性でご立派です。誇らしく思って下さい。

    トピ主さんにとって「幸せ」が100%結婚して子どもを産む事だと言いきれるのならば、ビジネスもキャリアも捨てて婚活すればいいです。
    でも、今のトピ主さんにだって他の女性が羨む程の幸せを持っています。それを大事にして欲しいです。

    彼女の方が〜、私の方が〜と互いを比べ貶め傲慢になるのは、本当に醜い事です。しかしトピ主さんは、その醜さをよく分かっており、そうなりたくない・そうなっては恥ずかしいという理性を持っています。素晴らしいことです。その心もどうぞ大事にして下さい。
    あなたは幸せになれますよ!

    ユーザーID:3892517773

  • まだこれからですよ。

    若いうちに何が大事か分かってよかったですね。まだこれからですよ。
    私など、もう取り返しのつかない歳になってしまいました。

    ただ、今のトピ主さんの考えでは、結婚しても上手くいかないかもしれません。
    してほしいことばかり考えるのではなく、してあげたいと考えられるような人と出会えるといいですね。

    ユーザーID:4839565279

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧