親友同然の男友達の結婚に否定的な自分。これは嫉妬でしょうか?

レス53
お気に入り105

京香

男女

大学時代からの男友達がいます。彼(Aとします)とは将来の夢が一緒だったことで親しくなりました。卒業後に私は大学院へ進学し、Aも進学希望だったのですがご両親に反対され就職しました。共通の夢を叶えるには修士号が必須なので、Aは3年働いて資金を貯めてから私と同じ大学院へ行く計画を話してくれました。
3年が経ち私は博士課程へ進み、Aも宣言通り同じ大学院の修士課程に入学。さらに2年経ち私は博士課程を休学して実務経験を積むために日本を離れ、Aは修士課程を修了。私たちが目標とする職業には海外での実務経験も求められるので、Aも日本を離れました。私はアフリカ、Aはアジアと物理的な距離はあってもメールとSkypeで励まし合う毎日。私が帰国して半年後Aも帰国。先週Aと2年半ぶりに再会しました。
しかし現れたAは見知らぬ女性と一緒だったのです。Aがアジアの某国で実務経験を積んでいた際、語学留学中の彼女と知り合い半年ほど交際。Aの帰国に合わせて彼女も帰国し、二人は来年結婚するつもりだと言います。急なことに私は考えが纏らず、「これまで追いかけてきた夢はどうするの?」とだけ聞きました。Aの答えは「もちろん諦めない。貯金でやっていけると思う」と。その瞬間に何故か頭に血が上った私は、「結婚は夢が叶ってからでもいいんじゃない?」と思わず大きな声を出していました。Aの答えは「彼女の歳を考えると...」の一言(Aと私は30歳、彼女は33歳)。後から合流した大学時代の仲間の手前Aにそれ以上何か言うことはできず、携帯の番号とアドレスを交換して別れました。しかし頭からAの結婚の話が離れず、モヤモヤした気持ちが膨らむばかり。
同じ目標を目指して助け合い励ましながら頑張ってきたAの結婚話に祝福の言葉を伝えられなかった自分を反省もしましたが、どうしてもモヤモヤした気持ちが晴れません。これはAの婚約者への嫉妬でしょうか?

ユーザーID:9612150013

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数53

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスします

    嫉妬していますね。

    周囲の人からもきっとそう思われていて、醜い状態だと思います。
    友達はあくまでも友達。
    婚約者は特別な相手。
    全然違うんです。

    素直に祝福してあげてくださいね。

    ユーザーID:2189484669

  • 婚約者さんへの嫉妬というより…

    『夢』という道のみを歩んできたのに、突然『結婚』という道もありますよ?と具体的に提示されて、混乱しちゃったんだと思います。

    ユーザーID:8816019498

  • 今さら

    嫉妬かなあと思いますけど、彼にとって一緒にいたい女性は婚約者なんでしょうね。そばで支えあって語り合って、肌を重ねることは これから彼の力になり仕事もうまくいくと思いますよ。スカイプもこれから考えないとねえ。奥さんと過ごす時間が大切だからね。
    それと友人の結婚の時期に口出ししないように。婚約者からみたら、あなたかなりうっとうしいです。あなたは彼女でもなんでもなく親友なんですから これ以上口出しするなら…そうですね、私が婚約者ならスカイプの前でいちゃついてみようかな。それくらいうっとうしいって話です。彼はあなたのものじゃありません。

    ユーザーID:0340827490

  • そうです

    そうですね、嫉妬だと思います

    そのお友達とは長いこと「疑似遠距離恋愛」のような関係だったのでしょ
    そりゃなんの前触れもなく婚約者なんか作られたら腹も立ちます
    お友達は人情に疎いんですね、少しずつ話しておけばよかったのに
    トピ主さんも二人の関係は「疑似」であることに気付いた方がよかったですね

    あなたの嫉妬はその婚約者の女性に対してだけではなく、知らないうちに恋愛を楽しんでいた彼自身にも向いています
    シングルで夢に向かってがんばる仲間だと思っていたのに、ということですよね
    その2つの嫉妬が混在しています
    彼のことがほんとは好きだった、というだけでもないような気がします

    つらいとこですが、嫉妬はプライドにかけて押さえましょう
    ありきたりなアドバイスで申し訳ないですが、デートや婚活に励んでみたらどうでしょうか
    恋人まで行かずとも、新しい男友達ができると気が紛れますよ

    ユーザーID:4828440944

  • 嫉妬

    多分 嫉妬ではないかなーと思いました。

    ユーザーID:1953994350

  • レスありがとうございます。捕捉です。

    私が何故こんなにAの結婚に祝福の気持ちが持てないのか考えてみました。一番の理由はAの彼女(以下B子)の人格その他だと思います。
    私とAは帰国後に私が博士課程に復学したことやAと私が来春に受験予定の試験の話などをしていたのですが、専門用語が出る度B子は「それって何〜?」とか「私にも分かるように説明してよ〜」などと話の腰を折ります。またAは学部生時代に英語圏へ1年間の交換留学、私は帰国子女なのでお互い英語には困りません。共通の夢としている職業は高い語学力も求められるので、二人で会話する時は英語を使うこともあります。B子もAと出会った時は語学留学中で英語学校に通っていたと聞いたので、B子が聞いているのは分かっていましたがつい英語を織り交ぜた会話をしてしまいました。するとB子は「海外帰りの日本人同士で英語を使う人って本当にいるんだ〜」などと言い、会話の内容が分からないからか明らかに不機嫌そうな表情になりました。
    この点は確かに私も初対面のB子でも楽しめるような会話をするべきだったと配慮が足りなかったことを反省しています。しかし他にも気になることが多々あります。

    ユーザーID:9612150013

  • 連続投稿すみません。捕捉の続きになります。

    例えばB子の外見なのですが所謂ギャル系と言われる高校生がしていそうな髪型で、服装もミニのキャミワンピ一枚という婚約者の友人との初顔合わせには?と思ってしまいました。また大学時代のゼミ仲間たちが、「お前が彼女連れてくるなんて初めてだよな!よっぽど好きなんだろう?」と冗談半分に言った時のこと。Aが「ごめん事前の連絡なしに紹介する形になって。本当は一緒に来るつもりなかったのに、どうしても連れて行けってあまりにも言うから。本当は遠慮してもらいたかったんだけど...」と困惑したような表情で答えていました。しかしAの発言にもB子は表情一つ変えません。
    また学歴や経歴、外見が人格や品性と比例しないことはよく分かっています。しかしB子の経歴を聞くと地元の企業で事務職をしていたそうですが、仕事がつまらなかったと退職(本人が話していました)。そこで語学留学に行ったようですが、語学力を付けて欧米の大学院に留学する目標があったと言います。しかしAと出会い日本に帰国を決めたのだと。これを聞き、自分が決めたことは必ずやり通すAの相手として何だか違和感のようなものを感じてしまいました。

    ユーザーID:9612150013

  • 一番の理解者ではないという事

    トピ主は、「自分は男友達と同じ夢を持っている。私が一番彼を理解している」という自負があったのでしょう。
    「親友同然」と書いているけど、異性として意識しているところもあったのでは?でも結局はただの友人の一人だったということですよ。
    彼らの結婚のタイミングを、何故あなたが指図するのですか?
    もしその夢が叶わなかったら、一生独身でいろとでも?
    あなたにとって急なことでも、考えが纏まらなくても、関係ありません。頭に血が上って大声を出して、モヤモヤするだけ?恥ずかしくないですか?
    大学時代の仲間がいると、何故何も言えなくなったのでしょう。
    トピ主とその男性は、ただ将来希望する職業が同じだけですよ。勘違いしてはいけません。その男性はプライベートも充実させているだけ。
    彼と助け合い励ましながら人生を歩む女性は、トピ主ではないのです。
    無視して祝福しなくてもいいですが、彼の幸せを邪魔したり人生設計に口を挟む権利はトピ主に一切ないので、お忘れなく。

    ユーザーID:4517360811

  • 親友だからこそ

    50まじかのおばさんですが、トピ主さんがそう感じるのは、普通かなと思います。博士課程に進むことが、どんなに大変か、また孤独でもあるか、仕事で周囲にそういう方たちがいたので、なんとなく想像がつきます。お互いに励ましあう友達がいるなんて、ラッキーなこと。前にレスしていた方のおっしゃる通り、ちょっと混乱したんじゃないかな? トピ主さんも、色々考える年ごろということもあるかも。次の機会に、にっこり、おめでとうと伝えてあげてください! 性別が違っても、いい友情なら一生もの。お互いに家庭を持っても、続けられるはずです。嫉妬というなら、婚約者のほうが感じるかも。異国のかたなら、なおさらです。賢明なトピ主さんなら、今後は少し連絡を減らすなどして、上手に付き合っていけるのではないでしょうか? 若い時は、あっという間に過ぎてゆきます。夢の実現、頑張ってくださいね。

    ユーザーID:9356452465

  • あなた関係ない

    あなたが口を出せる問題ではありません。嫉妬してもいいけど、嫉妬している姿、最高にみっともないとおもうなあ。

    ユーザーID:0340827490

  • そういう趣味

    お気持ちは分かりますが、彼のセンスの問題です。彼はそんな女性が好みなのだと思います。
    どんなに知性と教養があって志が高く人柄がよくても、タック入りのストーンウォッシュジーンズを平気ではく人もいるでしょう。そういう人に「そのジーンズは流行遅れですよ」と言っても無駄であることと同じだと思います。

    トピ主さんも人前で取り乱し過ぎ。
    周囲からするとみっともなかったでしょうね。
    素知らぬ顔をしていれば、彼もその彼女を持て余してトピ主さんの方を振り向くかもしれなかったのに。

    ユーザーID:0863599234

  • 好きだったんじゃないの?

    単純に、トピ主さんは彼のことが好きだったんじゃないのかな?
    違うとしたら、彼が誰といつ結婚しようがどうでもいいし、親友なら、男女問わず、友達の結婚は素直に祝福できると思いますが。
    彼女がどんな人でも、彼が彼女と結婚したいと決めたのだから、誰にも何も言えません。
    ま、親とかなら話しは別だけど。
    30すぎてギャルみたいな格好でも、無知で学歴が無くても、彼が好きになり、一生一緒にいたいと思ったのが彼女なら仕方ないじゃないですか。
    男性は、自分を頼ってくれる何もできない女性を、好きになったりするものです。
    親友なら素直に祝福してあげて。
    彼が好きだったのなら、ただただ、自分は恋愛関係になれなくて、残念だったなぁ、と、沢山泣いて下さい。

    ユーザーID:2745246352

  • つまり

    彼女は彼にふさわしくない。せっかく夢のために頑張ってきたのに
    なぜそんな女を選ぶのか理解できなくて腹立たしい、ということですね。

    彼女のこともいけ好かないし、そういう女性を選ぶ彼にも、
    がっかりしたんだと思います。

    苦楽をともにして、通じあえていると思っていた、
    自分こそがふさわしいと思っていた、
    せめてもっとましな人がいるんじゃないの? って感じですかね。

    まぁ、彼の足を引っ張りそうな雰囲気の彼女ではありますが、
    こればかりは男の生理なのかな。
    そういうのが好みなんでしょう。
    仕方ないです。

    彼女が無理矢理ついてきたのかもしれませんが、結局それを許して
    結婚までしようとしているのは彼ですからね。

    モヤモヤするのはわかりますが、
    大きな声をあげちゃうなんて、恐いです。
    そのとき、あなたの目つりあがってたんでしょうね。

    ユーザーID:1989459508

  • 頭の中身と恋愛は別

    B子が貴方から見て筋金入りのバカでも、Aにとっては「愛しの無邪気ちゃん」なだけです。 

    顔合わせの時に、無理についてきたも話半分に聞いておきましょうね。

    「行きたい」「駄目」「行きたいの!」「じゃあ来いよ」

    恐らくこの程度の“無理やり来た”です、照れ隠しで言っただけです。 

    仕事がつまんないから辞めた・・なんて正直な女性かと思いました。普通は、もっと格好つけた理由を話すでしょうに其処が魅力なんでしょうね。
    顔合わせでも、男性陣にはB子さん受けが良かったんでは無いですか? 

    トピ主さん、ギャル系や語学に疎い人を見下したり「嫌な女」に為りかかってますよ

    今まで築いてきた「我が道を進む女」の評価が無くなる可能性がありますよ。
    信用なんて一瞬で無くなります。海外で暮らして来られた貴方ならお分かりですよね?
     
    『励まし合った親友』も貴方だけが感じていただけで、Aからすれば『海外仲間の一人』ぐらいにしか考えてなかった可能性もあります 
    冷静になりましょう。
    貴方が祝福しなくても、AとB子は結婚します。

    ユーザーID:8602477151

  • 追加レスを読んで。

    B子への嫉妬とAへの支配欲だと感じました。一番の理解者だったはずの私を差し置いて、Aを思うままに動かしているB子に対しての嫉妬、そしてB子に動かされてるAへのイラ立ち。

    「どうしても連れてけというから」なんて、のろけでしょう〜。「今日はB子に遠慮してほしいと思う、仲間への友情」より「行きたいというB子のわがままを許す愛情」が勝っていると認めただけ。

    確かにB子さんも「久々の仲間との再会を楽しんできてね」と送りだしてあげてもいいとは思いますが、それはそれとして、友達と会うだけなんだからキャミでもいいじゃないの。その小姑根性は何でしょう?

    それを言うならトピ主さんも自分でも書いているとおり「初対面の婚約者がいるんだから、みんなに分かる話にするべき」でした。「私の方が彼を分かってる、私の方が彼にふさわしい」と見せつけようとして、でもAはB子を選んだと言う事実の前に撃沈してしまって悔しがっているようにしか感じられません。

    本当に親友なら小姑根性はやめて彼の幸せを自分のことのように喜んであげてほしいです。

    自分とは違う生き方も認めあえる、それが親友ではないのかしら。

    ユーザーID:2220591836

  • 好きなのかも

    少し違いますが、似た経験があります。

    経験談その1: もう15年以上前ですが、当時親しかった男性に急に彼女ができたと言われました。会って欲しいというので会うと、若くて可愛いいけどかなりバカっぽい子でした。一緒にドライブに行ったのですが疲れました。でも嫉妬はありませんでした。彼に「貴方には全然合わないと思うけど、まぁお幸せにね〜」と声をかけました。その後、彼はおバカさんにふられました。そして未だに独身です。

    経験談その2: 当時親しかった男性(その1とは別の人です)といつもの様に食事の約束をしてたのですが、合コンに誘われたからとドタキャンされました。それを聞いた時すごく腹が立って怒ってしまいました。その時女友達に「好きなんじゃない?」と指摘されました。友達なら合コンがうまくいく様に応援してあげるはずだと。指摘された時なるほどと思いました。その後その気持ちを彼に正直に話して、彼は今、夫として結婚10年が過ぎました。

    トピ主さんは私の夫のパターンなのかな.....

    ユーザーID:0762869797

  • 皆様のレスを読み自分の心に正直に考えました。

    Aに本当は恋愛感情を抱いていたのかと悩みましたが、Aとは好きとか嫌いとかを超えた間柄というのがぴったりな気がします。Aと私が別々の人と結婚しても子供が生まれても戦友としてお互いの人生になくてはならないというような。以前に大学の友人から「お前たち何で結婚しないの?もう結婚しちゃえばいいじゃん」と言われた時に私が上記のようなことを言ったら、Aも「本当にそうだな。多分、俺たちにはそういう関係がぴったりだよな」と答えていました。だからAのことを兄のようにもしくは弟のように考えているのかもしれません。
    これまで同性の友人の結婚式に出席しても「幸せそうで良かったなぁ」とは思いますが、「この人には絶対に幸せになってほしい」というような強い感情はありませんでした。しかしAの結婚を聞いたときに一番に思ったのが、「Aには絶対に幸せになってほしい」というものです。そのためB子をつい観察するような態度も取ってしまいました。また当日一緒だった大学の友人からきたメールに、「Aの結婚相手としては意外だったよね。Aと合うのかなって余計な心配しちゃったよ」と書かれていたのも理由の一つかもしれません。

    ユーザーID:9612150013

  • 皆様のおっしゃることは尤もですね。

    レスを下さった皆様ありがとうございます。確かに私が口を挟むべきことではなくAとB子二人の問題ですよね。私の発言は軽率でした。

    >えつこさん
    何故、友人たちが合流した後はA の結婚について聞かなかったのかというと友人の一人(C男とします)が昨年奥さんを亡くしているからです。C男は吹っ切れたようにここ数か月は明るいようですがやはり遠慮の気持ちがあり、Aも「できたら来年結婚しようと思ってる」と話す程度に留めていました。またC男は奥さんが亡くなった後、環境を変えたいと思ったようで海外転勤の打診を受け年末に日本を発つことになっています。そのこともありAの帰国祝いとC男の激励会の意味合いもあったので、Aの結婚話に誰も深くは触れませんでした。
    C男が来ることは事前にAも知っていたはずです。C男の奥さんの一周忌を前に皆がC男の精神状態を心配しているのに自分の婚約者を連絡なしに連れてきた態度に、私を含め友人たちも少し困惑していました。C男の奥さんもやはり私たちのゼミ仲間だったこともありC男と思い出話などをするつもりだったのですが、結局Aの結婚話もC男の奥さんのこともあまり触れませんでした。

    ユーザーID:9612150013

  • わかる気がします

    トピ主さんとAさんの今までの歴史をざっと読ませて頂いて、お気持ちわかるきがしました。

    たとえBさんが人格的にやや…な点があったとしても、Aさんを尊敬し、夢実現のために支えていく覚悟がある人なら良いのだけれど、お話を読む限りでは、自分が満たされたい願望が強めの人のような印象。
    自分の専門外の話をされてわからなくても、久しぶりの恋人とその親友との再会で口を挟むのは、そこまでの人間性かとも受け取れました。

    まだ半年ですよね交際。結婚は早いですね。2,3年続いてそれでもっていうなら相性がいいのかなとも思いますが、半年ではネコかぶれるし。

    主様が彼に実は恋心を抱えていたというならば、お伝えしたらどうかと思います。そうではなくて、親友として愛しているならば、本当に彼女でいいのか、そこらへんの話を聞いてみてはどうでしょう。
    ひょっとしたらBからのアプローチに落ちてしまい、まだ魔法から抜けてないだけかもしれませんし、いやいやAさんなりに納得して結婚を考えているのかもしれません。Aさんが考え抜いて決めたなら応援できますよね。

    ユーザーID:3881184104

  • 見苦しい嫉妬

    補足のトピ文を印刷して声に出して読んでみたらいいですよ。

    ユーザーID:0688978134

  • PhDにふさわしい いい女でいてください。。

    私もPhDとりましたから、どれ位大変かとか、そのころの同士だった人たちに対する特別な気持ちはわからないではないですが。。。

    でもね。。。
    もう、彼は、結婚するって決めているわけだし、夢も実現に向けて努力を続けると決めているんですよね。


    これからの問題は、京香さんが自分の立ち位置をどこにするか?ですよね。

    彼女(妻)つきの彼を受け入れて、これまでどおり親友の位置をキープするのか。。

    失恋した女として、彼を過去の人とするのか。。

    どちらか決める前に、玉砕覚悟で告白するか?


    PhDをとれる 頭脳と根性は、こういうときに見せないとね。。♪



    PS。。ショックだったのはわかりますが、はっきり差があるとわかっている相手に、英語力を見せ付けたり、馬鹿にしたりするような態度をとっても、京香さんがそんな子供っぽい安い女だったのかと、彼に思われるだけですよ。

    ユーザーID:5873103670

  • 何度もごめんね…

    C男さん云々も読みました。「なのについてきたB子」と思うのかしら。でも怒るとしたら「なのに連れてきたA」じゃないのかな。

    もう一度書きますが、要するに今のAには「仲間」<「婚約者」という図式になった、それだけです。

    しつこく出てきちゃうのは、トピ主さんが昔の私に似てる部分があって気恥ずかしくなっちゃうからです。いえ、私は博士号なんて持ってないけど…

    中学からの大親友で、友達にも彼の妹さんにも「結婚しちゃえよー」「でんさんがお姉さんになってくれたらいいのに」と言われ、でも「そういう仲じゃないもんね」とすましていい気になってた昔の私。

    彼に恋人ができても「一番の理解者は私」なんて勘違いしてた。でも違います。「一番の理解者は恋人/婚約者/妻」です。

    彼の幸せがどこにあるのか、それは彼にしか分からないこと。彼にB子がお似合いかどうかは周りが決めることじゃありません。

    トピ主さんもいつか運命の相手と出会ったら、それが分かると思います。

    それにしても、肝心な思い出話もあまりしない一方で専門用語や英語で話すって、ちょっと感じ悪いかなーとますます思いました!

    ユーザーID:2220591836

  • Change is... 知っていますか?

    Change is a part of life, get used to it.

    あまり偉そうにくどくど言うつもりはないのですが、私がアメリカにいた時に言われた言葉です。

    私にそれを言った人は、それまでに人生のプランがダメになりそう、ということを何度も経験し、その度ごとに適応して乗り越えてきた人でしたので説得力がありました。

    私が言ってもあまり説得力がないですね。でも、長年知っている親友の結婚で寂しい思いをするのは、わかりますよ。決してあなたが変なのではありません。

    ただ、結婚ってしてみるとわかりますけど、そんなに高尚なものではないんですよね。私も独身の頃は、自分にふさわしい相手とは海外留学経験があって博士号があってとか考えてましたけど、別にそんなことにこだわらなくても普通の人と普通に結婚してしまえば十分幸せなんです。

    「私は結婚も恋愛もせずに自分の幸せを犠牲にして夢の実現に捧げている。だから夢が叶うんだ」という発想が見え隠れするのですが、夢も結婚もそんな高尚なもんでもないです。

    ユーザーID:3548221680

  • 親友、戦友…どうして、いつも女性側から発せられるのかね…

    私の周囲にも、似たような話、よくありますよ。

    と言うか、私自身も「戦友を取っちゃった女」かな。。
    主人にもトピ主さんのような女性友達が数人おりますから。


    このタイプの女性は、、簡潔に表現して「素直じゃない女」。


    好きじゃない。恋愛感情はない。

    …でも。
    10年後、20年後、お互い独身で。
    そして「彼から」なんとなくいっしょになろっか、と言われたら、なってもいいよ。

    …と思ってる。


    勿体ないな、と、自分の友人例を見ても、私は思いますよ。

    相手は、いい男。
    それ以上に、いい人間。(だからこそ、長期間の人間関係を醸成できた。)


    これほど、長時間過ごしていて、価値観も似ているのに。。
    もっと、素直になっちゃえば良いのにね〜。。


    しかも、この手の台詞。男性からは聞かないだよね〜。。



    ま。
    恋愛だけが男女における人間関係の、全ての帰着点ではナイ。

    だとしたら、
    彼の選んだ相手を批評したり。英語力を自慢する情けない姿をさらす事はやめるのが賢明でしょう。

    ユーザーID:1372223128

  • 正直に

    正直に言います。戦友より妻です。一緒に乗り越えて、人生を楽しみ、家族になる。家族より戦友が大切なわけないでしょ。専門的な話や英会話なんて必要ないの。生きていくうえで家族や妻は自分の命より大切なんです。戦友がいなくても生きていけます。
    あなたが思っているほど彼はあんまり思ってなかったの。自分の夢は自分のものなんだから、変わらず頑張ればいいのに。ヒステリックに大声だすなんて恥ずかしすぎる。あなた二人の恋愛に関わりないじゃない。他人の不幸話があったとしてもあなたがどなる筋合いじゃないんだから他人のせいにしないでね。

    ユーザーID:0340827490

  • Aさんは

    寂しかったんじゃないのかな? 海外で勉強するって大変な事ですよね。
    つい近くにいた女性に手を出してしまったっていうのが、本当のところなのかも。
    もしくは、所詮、その程度の女性が好きなただの男だったのか。
    まあ、あなたの話だけ読むとBさんはイタい女性のようにしか見えませんが、以外といいところもあるのかもしれませんよ。
    今度電話して、「どんなところに惹かれたの?」と軽く聞いてみたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:6160411495

  • あなたそんなに偉いの?

    最低ですね。人様の経歴にケチがつけられるほどあなたは偉いの!?
    キャミソールで現れた女性の何を知っているの?どんなに立派な資格をとろうがあなたみたいなひと苦手…自分の知ってる世界だけが素晴らしいの?私はちょっとバカっぽい彼女を選んだ彼は人間らしくていいなと思いましたよ。彼は経歴で結婚を決めなかった。そのままの彼女を好きになった。人生の幅が広がり、豊かになるでしょうね。
    少なくとも人様の生き方を批判できるヌシさんよりは。 あなたは選ばれなかったのに批判してる。なにかおかしくない?

    ユーザーID:0340827490

  • 沢山のご指摘ありがとうございました。

    Aと恋愛について話したりはしませんでした。何となく彼女できたんだなぁとか別れちゃったのかな?というのは雰囲気から分かりました。今更改めて話すのは気恥ずかしい部分もあったからです。それがAの婚約者が実体を伴って突然現れたので、初めて見るAのこれまで知らなかった面に驚いたのかもしれません。もしかしたら仲の良い兄弟に突然彼女ができて心配したり余計なお世話を焼いてしまったりするような感情に似ているのかなと思います(私は一人っ子なので分かりませんが)。でも余計なことだと分かりましたのであくまで友人というポジションを忘れないようにします。

    >でんさん
    二度もレスを下さりありがとうございます。想い出話もしないで専門の話ばかりをしていたわけではありません。最初はAが私の投稿論文に関する質問をしたので、主にAの質問に答える形でした。英語を混ぜて会話をしていた時は専門分野の話ではなくAが滞在していた国の観光地の話やAが周辺国を旅行した際のエピソードなどで、B子も知っていると思われる内容です。またその後は私は電話をかける用事ができ席を外す時間が続いたので、C男とも話す時間自体がありませんでした。

    ユーザーID:9612150013

  • 男の友情…?

    みたいな、何があっても揺るがない強い絆、に憧れてるのかな。

    頭のいい女性ほど恋愛感情を「女性的で下劣なもの」だと切り捨ててしまう人が多いけど、男女だとどうしても恋愛が成立しうるものだから、恋愛感情が最初から最後までゼロってことはないんだよね。

    有名人のファンみたいな感じで、それは擬似的でも「釣り合うのは自分(か、自分が負けたと認めざるを得ない女)」とドコかで思ってて、
    "叶う可能性が少しでもある状態"だと恋愛感情なんてない、と言い切る余裕がある。
    でも、いざ、それが叶わない可能性を突きつけられると急に一縷の望みを捨てたくない気持ちが前に出てくるんだと思うのね。

    だって、夢を諦める気はないと言っているのだから、"同志"としての彼が好きなのであれば懸念は何もない。
    結婚したからって、女性ファンがいなくなるってことないでしょ?

    彼に幸せになって欲しい…の裏にドコかで釣り合うのは自分のような女だっていう心は本当にない?
    あるのなら、それはもう恋愛感情以外の何者でもないと思うけど。

    もっとも、彼が誰を選ぶか、それは彼自身が決めることだけれどもね。

    ユーザーID:0136542106

  • それは

    姑、小姑に似ていますね。

    「彼のことは私が誰よりも理解している」
    「彼には彼にふさわしい相手と結婚して欲しい」
    「彼は彼とふさわしい相手と結婚しないと幸せになれない」
    と思っていませんか?

    でもそれは間違いです。
    彼の結婚相手を選ぶのは彼自身であるべき。
    あなたにはその権利はない。
    彼自身が幸せであるかないかは彼自身が決めること。
    あなたが判断する権利はない。

    一方、同じことはあなたにも言えます。
    今ここで「私は彼が好きだった。彼と一緒に人生を歩んでいきたい。」と
    思うのでしたらそのように告白すればいい。
    今ならまだ間に合います。
    そうでないならあなたには彼の個人的生活にクチをださず温かく見守りましょう。

    ユーザーID:0475819763

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧