保険の営業についてです

レス32
お気に入り55

真夏

働く

初めてトピをたてます。

某保険会社勤務一年目の真夏です。

保険のセールスは大変とよく言われますが、本当にその通りで、契約が全然取れません…

毎日毎日お客様に断られ、会社に戻れば上司に葉っぱをかけられるので毎日辞めたくて辞めたくて、取引先に行くのも億劫になってしまいます…

取引先のお客様方も冷たく、それなりに想像はしていたのですが想像以上で、自分自身を否定されている気分になってしまいます。
どんな業種でもつらい事はたくさんあると思いますが、断られ続け、数字が出せない自分が嫌になってしまいます…

1年後、2年後働き続ける事ができているのかすごく不安です

一年たたずに転職は不利だと思いますし、数字を出せない職員が会社に居座り続けるのもどうなのかと…
それに入社したばかりでこんな弱音を吐いて、自分は甘えているのかとも思います。

毎日眠れなくて、これからの事が不安で仕方ないです。
自分が嫌いでしょうがないです…

どうか前向きになれる方法や同じ経験をされた方、何でも結構ですのでアドバイス頂きたいです。

ユーザーID:3872638603

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 心配です

    私は自動車の営業をしています。毎月のノルマが厳しいですが、保険業に比べたら楽なものです。車は実物がありますが保険はないですからね…
    一番辛い営業職だと思います。その仕事を何とかがんばろうと辛いながらも前向きに頑張る主様を尊敬します。
    ちなみに私は一年目にストレスから病気になり、療養し、復帰して二年経ちました。一、二年目は辛い事ばかりでした。辞めたいと思う事もありましたが、頼ってくれるお客様の事を思うと、がんばれました。

    主様は頑張り屋さんなので心配です。
    仕事は向き不向きがあります。体を一番にかんがえてください。

    ユーザーID:0301262926

  • 知人もやってた!2年ともたず辞めた。

    私が思うこと。


    保険会社は、多めに新卒を採用して営業にしますよね?

    それって、大学出てる人間の家なら、
    まぁお金があるからです。

    つまり、その新卒に
    「家族を勧誘」させるためです。

    社会に出たばかりの子供の為なら、
    お金に余裕があれば(余裕がなくても)、力になりたい家族は保険に入ります。


    そして、家族しか契約がとれず追い詰められた新卒営業マンは、
    友人や遠い親戚まで勧誘をはじめます。
    (これ、嫌われるし、信用をなくすよ。)

    こうして、ひととおり身近で契約をとれるけど、
    その先がなかなかうまくいかず、
    新卒営業マンは精神を病んで退職します。


    要は、保険会社からみて新卒の営業マンは、
    安月給でせっせと契約をとる兵隊です。


    事実、ストレスから
    体調不良や精神疾患になり
    2年ともたずに退職してる先輩、多くありませんか?
    その先輩の家族も保険に入っていませんか?


    来年になれば新しい兵隊がたくさん入るので、
    会社は辞められても特に気にしていません。


    新卒兵隊が家族から契約取ってくるのを、
    狙っているだけです!!!



    話がズレましたが、
    私の考えでした。

    ユーザーID:0934887449

  • わかります

    私も某保険会社で働いていて六年目です。ちょうど一年目の時私もお客様にたくさん断られ何度も悔し泣きをして辞めようかと思いました。 でも辞める前に自分に出来る事と断られる理由を追求しました。なぜ断られるのか?それは本当の断りなのか?お客様に必要な商品ではないのか?まずお客様との会話で今不安に思ってる事は何なのか。医療なのか年金なのか介護なのか。それを確かめます。予算はどのくらいなのか。その条件が合えば契約まで至る可能性は高いです。自分の成績の為、会社の為ではなくお客様の為に考えて下さい。それが続けば紹介ももらえます。上司に何を言われても自分を信じて焦らずお客様のペースで仕事をして下さい。きっと二年後三年後あなたの努力が身を結びます。頑張りすぎず肩の力を抜いて笑顔でね。大丈夫。自分を信じてね。

    ユーザーID:6046759891

  • 知人もトピ主さんのようになりました。

    レス二度目です。

    知人も保険会社営業に新卒で入り、
    2年たたずにトピ主さんのように精神疾患の一歩手前になりました。

    真面目な人ほど、もっと頑張れる、と自分を責めてがんばりすぎてしまいます。


    退職をすすめます。


    知人は現在フリーターですが、毒が抜けた別人のように、生き生きしています!

    ユーザーID:0934887449

  • 辛いでしょうね

    私の夫も保険のセールスマンです。
    同じように数字が取れず、上司からも圧力をかけられ精神的に追い詰められてます。
    今の仕事についてからまだ一年ちょっとです。

    私がいつも夫に言うのは、保険なんて毎日入りたいという人がいるわけないって事です。
    保険に入りたいひとがいたら、それは奇跡。
    だって保険なんて一度入ってしまえば、あとは放置しませんか?
    いや、私は入っているからいらないって。けど、内容等よくわかってないのが現状。
    なので、新たな保険を売るのではなく保険証券などを見せてもらい、現状と照らし合わせて必要なアドバイスをさせていただくくらいな気持ちで行ったらどうですか?

    上司や会社の圧力はいまは無視。
    お客さまに何が必要か、それを教えて行くうちに数字が勝手についてくると思いますよ。

    焦らず、あなたのペースであなたのやり方をみつけれるといいですね。

    ユーザーID:9624685835

  • まって!

    私は某大手証券の二年目です。支店で営業をしています。


    本当に辛いのは分かります。生保とは若干違うとは思いますが、だいたい同じかと…

    新規で真夏の飛び込み、電話1日200件かけるが全くとれないことふつう。商品も毎月新しいのがでるしかも複雑で新人には難しいなど。

    辛すぎて生理もおかしくなりました。同期は1割辞めました。


    しかし将来のため三年間はやろうと思ってます。つらいですが他の仕事では得難いものがあるからです。
    お金やキャリアや人との出会いです。

    一年未満ではまともな転職もできません(同期をみていて)来年のボーナスまで続いてみては?

    どう思われようとあなたの人生です。たとえ一年後辞めたとしてもその分は経験になります。

    ユーザーID:1112241653

  • レスします

    保険は目に見えない商品ですから営業はとても難しいと思います。20年以上生保の事務をしてましたが一年持つ営業の人は少なかったです。だから苦しいのはあなただけではないです。そんなに苦しまないで下さい。
    トピ主さんはご自分の会社の商品を愛してますか?好きじゃない、自分が加入したくない商品もあるとは思いますが。まず自分でも加入したい。だからこれをお客様にすすめるんだという熱意が必要では?
    保険なんかと思っていても引き込まれる場合があります。話すら聞いてくれない場合も多いですが中にはいると思います。
    金利が低いこの時代、一時払い終身をすすめるのは駄目ですか?受取人指定が出来て相続対策にもなりますし長期間預ければ銀行の利息より良いですよね?一時払い終身は成績が少なかったりしますか?でも人間関係を作る足掛かりになると思うのですが…
    営業を実際にしてないのであまりアドバイスにならなくてごめんなさい。体を壊さない程度に頑張って下さい。

    ユーザーID:1632089534

  • 保険の営業は使い捨て

     知らなかったのですか。無能なの保険の営業でも、家族親族友人を勧誘するだけでも、保険会社には価値があります。そのコネが無くなって、一般の勧誘に限界が来たら辞めてもらって構わないのです。
     私は会社の経営者ですが、ライフプランナーの資格を持っている営業以外は付き合う気はしません。保険ってそういう世界です。

    ユーザーID:2713435649

  • ん〜〜〜

    気にすることは全くないといっても
    なかなか無理でしょうけど
    それでも気持ちを太く持つしかないです

    会社は社員を捨石ぐらいしか見てませんから
    親戚とか親友を契約させて終わればポイですから

    それを次の就職まで我慢です、我慢。

    ユーザーID:2676975631

  • 元気出して

    人と話す技術と言うのは、全てにおいて役に立ちます。
    これを身につけると、自然と対人関係も良くなり、自分の考え方や今後の人生にまで影響を与えるかもしれません。
    これはチャンスですよ。営業で培った対話技術は無駄になりません。
    この際契約数とか、会社の為とか、忘れましょう。
    お客様は「契約を取るための営業」には見向きもしませんから。
    「保険についての御相談があれば、わたくしがお伺いいたします」という姿勢で充分です。

    【訪問の際は、末端のリーダーまで名刺を渡して挨拶をする。
    「保険の御相談がございましたら、事前に御連絡をいただければお約束をさせていただきます」
    再訪問日時は記憶に新しいうちに、同じ曜日・時間が望ましい。】

    トピ主さんの仕事は、お客様に必要な保障を具体化し、現在加入済みの保険がそれに添っているかを判断する事です。
    相談を通じて知識を深め、落ち着いて対話をする練習をし、信頼される立ち居振る舞いを身につけていくでしょう。

    私は保険に限らず、いろんな接客に関わる仕事を経験しましたが、人間関係を築く上で大切なものを、たくさん学びました。宝です。

    ユーザーID:7989386289

  • 辛抱が足りないのと向いていないのは別のこと

    向き不向きが重要な要素を占める仕事もあります。

    私の母親は向いていたと見えて、保険の営業を30年(!)近くやり遂げましたが、入社して10年経ったときに200人いた同期が3人しか残っていなかったそうです。これほど離職率が高いとなると、本人の努力が足りないという問題ではないですね。

    で、こういう事を知っている大人は多いので、生命保険の営業が1年続かなかったということで、辛抱が足りない、という点で転職が不利になることはないです。就職難なので見つかりにくいだけです。

    まだ若いのでしたら、次の職場で3年、5年と頑張れば、生保営業が1年持たなかった話など、後輩への笑い話になります。

    ただ、もう少し頑張るつもりがあるなら、目先の成績にこだわらずに、契約が取れなくてもたくさんの人と会い、自社の保険商品だけではなく、他社の保険商品や健保・国保についても勉強してください。

    お客様は、自信のない営業マン、すぐに辞めてしまう営業マンとは契約したくありません。若く経験が無くても、一生担当になる、位の気持ちがあれば結果はついてきます。

    ユーザーID:6701655683

  • トピ主です

    皆様、貴重な意見本当に本当にありがとうございました。

    皆様のレスを読んで涙が止まりません

    この悩みは家族にも同期にも先輩にも言えず、小町で話せてよかったです

    私、もう少し頑張ってみます。
    自分のペースでやっていきます。
    お客様に信頼されるように勉強もします

    つらくなったら皆様のレスをまた読み返しますね
    ありがとうございました

    引き続き、何かアドバイス頂けたら嬉しいです。

    ユーザーID:3872638603

  • 商品の販売には創意工夫が必要です

    主様頑張りましょう、保険商品も各社精緻な設計をしていて差別化(買っていただくための)も難しい商品のひとつです、
    大分前の話ですが聞いてください、友人が保険に入りました、セールスレディは女優さん顔負けの美人で多分、善からぬ目的を持って保険に入った友人は後日電話したところすでに退社していたそうです、その女性は1ヶ月で男性を中心に22本の保険を契約したそうですが、多分デートのお誘いに耐えられず退社したようです。
    このように主様に何らかのウリがあれば他との差別化が図られ成績も上がると思います、いまあなたのお客様は何を求めているでしょうか、多分結婚相手だと思います、貴方がその手助けされては如何ですか、婚活はとても盛んなようですが、みんなが婚活出来るとは限りません、給料のそんなに多くない人、大企業の従業員でない人、背のあまり高くない人、家族関係の多少複雑な人などいろいろな方がいらっしゃいます、そんなお客様をピックアップして引き合わせては如何でしょう、勿論成功の暁にはたんまり保険に入っていただきます、保険会社の豊富な情報を活用すればうまくいくと思います、但し会社の企業倫理にそむかなければですが、

    ユーザーID:4195997777

  • 他人事と思えず・・・

    私は元同業者です。私の場合は半年で辞めました。
    辞める前、トピ主さんと全く同じ事を考えていました。
    毎日会社に行くのもお客さんのところに行くのも辛くて、さらに取引先から会社に戻るのも辛い・・・
    もちろんなぜ契約が取れないのか等理由を自分なりに考え、上司・先輩にも相談しました。自分なりには実行をしているつもりでもいました。でも上手くいかない。毎日自己否定。

    友人や同僚に相談したところ、「この業界でこのまま無理して頑張ったら、たむたむらしさがなくなるよ」といわれたので、再度性格等の分析から始め、「この仕事には向いてない」と自分で結論を出したので、期間は短くても人から何と言われようと辞めました。
    恥ずかしながら「仕事は頑張ればなんとかなる!」と思ってましたが、頑張っても何をしても向かない仕事があるんだと分かりました。いい経験しました。
    失敗談ばかりでアドバイスできずにすみません。最後に、「さあ、才能に目覚めよう」を読んでみてください。私は気持ちが軽くなりました。

    ユーザーID:5209201546

  • セールスレディということですよね?

    ぽちっと♂さんの仰るとおり、セールスレディには使い捨ての印象がぬぐえません。
    私も経験がありますが、雇用条件に「同じ会社で働く社員を育てる」という意思が感じられませんでした。
    そもそも生命保険に入っていない人は新卒の新入社員以外はほとんどいらっしゃいませんので、他社の顧客を心変わりさせることがメインになると思います。
    個人情報保護の意識も強まっている昨今では、非常に厳しい仕事だと思います。

    会社は嫌がりますが、保険に入れないと思っている、持病のある方々にも、骨身を惜しまず提案し続けて下さい。

    前向きな意見を書けなくて申し訳ありません。
    出口治明さんはご存知ですか?著作を読んでみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:7574177344

  • 無理しないで下さいね

    少し前向きになられたようで良かったです。
    勉強はとても大事だと思います。生保に長年勤務し会社からはFPの資格をとれとずっと言われていたのですが日常業務と家事に追われてとりませんでした。
    親の相続に際して勉強しておけば良かったと今すごく後悔しています。
    税金のことはもっと深く知っていれば節税対策も出来ますし相続などである程度まとまったお金が入った場合にはどのように資産を運用していくかの知識があった方が良いですし。
    保険だけではなくファイナンシャルプランも合わせてしてくれるとお客様は嬉しいのでは?
    私が今考えているのは日本の国債の格付けが下がったりしているのでリスク分散のために通貨を分散させようかなと思ってます。だからドル建て終身や豪ドル年金とかですね。今は金利が良くないので保険で運用するのが一番らしいです。私もまだまだ勉強中なので色々な金融機関の受け売りですがもしかしたら保険会社はチャンスの時期なのかもしれませんね。

    ユーザーID:1632089534

  • う〜ん・・・

    “もう少し頑張ってみます”というレスを見ましたが
    頑張り過ぎないでほしいとも思ってしまします。

    私自身も何年か前、生保の営業をしておりました。
    振り返って、何が一番身についたかを考えると、
    「生保の営業」という自分の一側面で、こうも冷たい扱い
    を受けるのか・・・ということが解ったことです。
    普通、知らない人にしないようなことを平気でしてきました。

    その後社会的に人間関係を構築していく際、人を
    客観的に且つ距離感を持ってみられるようになりました。

    あとは、大企業だから良いっていうことは無いな〜と
    実感したことくらいです。

    ユーザーID:3906804725

  • トピ主さんが入りたいと思う保険を勧める。

    真夏さんは真夏さんが本当に入りたいと思う保険を売っていますか?
    もしそうなら、このまま頑張って続けてください。
    そうでなければ、辞める選択肢もありですよ。

    「生命保険の罠」(後田 亨 著:講談社)という本を読みました。
    それまで入っていた保険がなんと無駄なものだったのかとびっくりしました。

    で、さっそく当時入っていた大手保険会社の営業の方とお話ししたところ、
    「いま解約すると損です。増額して、こちらのプランに…。」
    「お客様のご希望の商品は当社では取り扱いがありません。」
    とまあ、全く商談になりませんでした。
    大手保険会社なのに、こんなレベルなのだなあとびっくりしました。

    結局その保険会社は解約。
    知り合いの保険会社のプラン+共済に切り替えました。
    死亡時の受取額はほとんど変わらず、医療保険をプラス。それでも月々の支払いは40%以上カットできました。

    取扱商品をもう一度見直してみてください。
    本当にいい商品ですか?
    商品が悪ければ真夏さんがいくら頑張っても売れません。

    あ!あと辞めるとしても次の職を見つけるまで絶対辞めちゃダメですよ!

    ユーザーID:2938649883

  • 無理せず

    こんにちは。マメ子と申します。
    私も、以前保険営業していました。私は2年と持たずでしたが

    あまり、ご自身を追い詰めない方が良いと思います。
    一緒にお仕事されていた方が、うつ状態になり退職ということも
    ありましたので・・・。

    一度、息抜きされてみてはいかがでしょうか?
    確かに営業は数字で判断されるので、契約を得ないことには
    始まらないと思いますが、たまには同期の方とご飯に行かれたり
    されてはいかがでしょうか?
    私はどうしても腰が上がらないときは正直取引先には挨拶のみで
    帰る(物品だけ渡す)などしていました。
    後は、好きなことをして時間をつぶしたり。

    それでもやはり、つらいなあと感じるようであれば
    本当に無理に続けられない方が良いと思います

    ユーザーID:2925977487

  • 主さん、私も頑張ってますよ。

    私の場合、離婚して子供を育てるために生損保のセールスレディになりました。
    コネなし、経験なしで大変苦労しました。

    新規飛び込みしても追い払われる毎日でした。(今でもそうですよ)
    でも、くじけずに会社の飛び込みを毎日しました。

    もちろん、毎日辞める事ばかり考えていました。

    最初は知らんぷりされてしまいましたが、
    だんだん、「うちの保険(弊社の契約者様)どうなっているの?」とか「住所変更してくれる?」とか「新しい保険はどういう風に変わったの?」とか
    「毎月の支払いを抑える事出来ないかな..」「妻に内緒で、へそくり(貸付の事)使えないかな?」などの質問をいただく事が増えてきました。
    それがすぐに営業には結びつきませんが「話しかけてくれる人もいる」だけで私は嬉しかったんです。

    ミニ「ネルトンパーティ」を企画した事もあるし、リストラ女子さんの就職のお世話をした事もあります。

    私は泥臭い営業しかできませんが、今年で12年目になりました。

    主さん、もう少し続けてみませんか?
    辞めるのはいつでもできますよ。

    ユーザーID:0130215656

  • 参考になれば幸いです


    私は15年程、保険の営業をしてきましたので
    契約の取れない悔しさはよく判ります。
    (これは営業ならどの職種でも同じだと思いますが ・・・)

    まだ新人だった頃、あるお客様から「子供の保険に入りたいのだけど」と
    連絡をいただきました。

    特に懇意にしているお客様では無かったので
    正直なところ「何で私に?」と思いました。

    それで訪問した時に私を選んでくれた理由を伺いました。
    (今なら恥ずかしくてできませんが、若かったのですね。)

    そのお客様は
    「あなたは保険を売りに来ていない。
     自分が知らなくて恥をかいた事、失敗した事を話してくれた。
     だから信用する。」と ・・・

    保険と言う商品は約款に書かれている事が全てです。
    保障出来ないなものは誰であろうがダメなのです。

    商品のメリットはパンフレットに大きく書いてありますが
    問題なのはデメリットです。
    肝心な時に役に立たなかったら ・・・

    それからはデメリットの説明に時間をかけるようにしたら
    お客様の紹介が増えましたよ。

    負けないで!

    ユーザーID:9963170983

  • トピ主です

    皆様貴重な御意見本当にありがとうございます。

    返事が遅くなってしまい、また一人一人に御返事できなくて申し訳ありません。

    前回までは、頑張りますと言っていたくせに毎日気分が変わってしまいます。
    頑張ろうと思ったり、辞めたいと思ったり…

    保険の営業を辞められた方は、どんな職業に転職されたのですか?
    やはり営業のお仕事ですか??


    成績や上司の葉っぱかけは気にせず、私なりに、もう少し気持ちを楽にしてやっていこうと思います。
    余裕を持たないとお客様の事をしっかり考えられないですものね。

    何人かの方が薦めてくださった本を探してみようと思います。

    ユーザーID:3872638603

  • 同業者です

    他の方のレスを見ながら、「あ〜まだ一般の人の認識はそうなんだな〜」とちょびっと悲しくなったので書き込みました

    私がこの仕事に転職した時の周りの反応もひどかったです…


    トピ主さんに言えることは、「保険の…」ってお客様に言い過ぎてませんか?

    実際に提案するのが保険商品でも、保険でできることってたくさんありますよね?

    そこに気づくときっと上手くいきますよ


    あ、でも無理はしないように

    顔晴(がんば)ってくださいね

    ユーザーID:0044358383

  • そうそう、気持ちを緩くね

    お仕事お疲れ様です。
    2度目のレスになります。

    上司の方、厳しいのでしょうね
    毎日気持ちが揺れるのは無理もない事です。
    お客様の前に出る前に、上司の顔にヘノヘノモヘジでも書いて、きれいさっぱり忘れちゃって良いですよ(笑)

    金融商品ですから、お客様の前では誠実に。

    人は皆、相手によって態度を使い分けて生きています。
    接客業には色々ありますが、保険の営業は全く相手の態度が違うんです。金融商品に関しては、目の前にいる赤の他人に情が湧いて、自分の情報を話してしまう事を恐れているのです。
    話していても視線が合わない。電話はガチャリ。苦情を言われる事すらありません。
    「皆普段は良い人、保険だから冷たいだけ」と自分を必死に慰めていました。
    そんな中、私に相談をしてくださったお客様には、本当に心から感謝しました。
    眼を見て話してくださる、最後には笑顔で「ありがとう」と言ってくださる。保険の仕事の辛い経験を、宝に変えてくれました。

    もし転職をするなら、違う接客業にチャレンジしてみてください。
    これが同じ人間か!?と思えるほど態度が違います(笑)

    ユーザーID:2140888296

  • いい機会だからFPの勉強をしてみる

    新卒の営業の子の友達と家族の契約をとったら使い捨てるような保険会社なんて辞めちゃいなよといいたいです。

    ただ、タダで辞めるのは勿体無いし、頑張る意欲はおありなのでしたら、スキルアップのために生命保険の知識が生かせるFPの勉強をしたらどうでしょうか。(既にお持ちでしたら失礼します)
    勿論生保の知識だけではFPは合格できないですけど、生保以外の金融知識や社会保険、不動産、法律が学べるので、役立つことは間違いないです。

    トピ主さんだけじゃなくて、世の中の生保レディの人達にいいたいんだけど、もっと社会保険(健康保険・年金・労災保険・介護保険)や金融のことも勉強してください。生命保険のことしかしらない生保レディは相手にするのも時間の無駄です。あまりに不勉強でいい加減な人が多いから社会的に信用されないんですよ。

    保険は必要です。だけど人によって必要な保障は違います。
    1年目のトピ主さん、この仕事を頑張りたいなら、生命保険以外の勉強も一生懸命してください。
    そして、単なる保険屋ではなく、ファイナンシャル・プランニングのできる外交員を目指してほしいです。

    ユーザーID:5902260917

  • 辞めていいんじゃない?

    大卒で入社、この仕事は向いてない、と直後に思い、半年で退職、その後ずっと事務職です。

    当時80人いた同期、今1人です。

    同じ営業でも、相手の仕事に関係する営業なら少し違ったかもしれません。でも保険営業って、仕事をしてる人の所に行って、それとは全く関係ない私生活に関わるものを売る仕事ですよね。大変だと思います。

    しかも事務職に転向しようと思うなら早い方がいいです。その仕事で使用する事務スキルは正直一般的な事務職では殆ど役に立ちません。せいぜい名刺の渡し方と電話の取り方くらいですかね。

    同じように悩んだ者として、私は転職をオススメしたいです。

    多分数年したら保障給与がなくなりませんか?そうなってからでは遅いのよ〜。

    ユーザーID:5426919908

  • 不動産営業

    保険営業を退職して、不動産営業をする事をお勧めします。保険商品と違って、実際の商品を販売すると、契約した時の感動が違います。月に何十本も契約とらないで良いですので、気持ちにゆとりが産まれます。それでいて、うまくいけば、保険営業では考えられないような収入が得られます。現在の保険の知識も、不動産業に活かせますので、転職は不動産会社がお勧めです。不動産会社はほとんどが、保険代理店でもありますし、資格を持っていれば、資格手当てをくれる会社もあります。

    ユーザーID:4875792704

  • 対面販売

    50歳過ぎのおじさんです。
    生命保険から、自動車保険、火災保険、その他色々と保険にお世話なっています。

    大変申し訳ありませんが、各種保険販売に於いては、従来の対面販売と形式がもう
    時代遅れになってきていると思います。もちろん、販売員の方から、詳しい説明を
    聞いて、いつでも対応してもらえるという方法が良いという方もいらっしゃるでしょう。
    しかし、今はネット社会です。保険内容の検討、比較も簡単にできます。
    また、対面販売が苦手という方もあります。

    保険料は少々高くても、充実した保証、対応の安心を求めるか、できるだけ安く
    必要なモノだけをネットなどで自分で決めるというスタイル、世の中の流れとして
    後者のほうに徐々に行くと思います。

    それと保険の乗り換え(下取り?)の話をされますが、私としては、お客様が得=生命保険
    会社が損、お客様が損=生命保険会社が得と理解してますので、
    お客様が得、生命保険会社も得という両立は不可能と思ってます。
    如何でしょうか?

    ユーザーID:0729973096

  • 2度目のレスです

    すごく分かります!!
    私も一日おきに頑張ろうと思ったり、辞めようかなと思ったり・・・波がありました。
    少し前までの私と全く気持ちが同じなのでちょっと心配です。

    私は恥ずかしながら現在求職中です。
    今後のことも考え、事務などに転職したいのですが、事務よりも営業経験の方が長いのでなかなか見つからず・・・。今はルート営業も考えています。
    他の辞めた方は、営業(多い)だったり自営業だったりと様々ですね。

    本当に無理せずに。お体に気をつけてくださいね。

    ユーザーID:1854843645

  • お給料の意味

    悲惨な思いで生保レディを退職しました。

    「自分の給料は自分で上げろ! その中身は? もちろん営業の売り上げだろ! 売り上げない? それは給料泥棒だよ。きっちりと責任持って
    自分の給料は自分で上げるんだよ。売り上げない給料泥棒は自分で商品を買うか辞めるかどっちかにしろ!」

    こう言われたわけではありませんが、この文句が的確です。

    報酬となる給料の意味 営業職=売り上げなので。
    製造業や卸業のように少なからずとも商品を発注できる業社相手の営業と
    個人リテール相手の営業では全く違います。 保険・不動産の個人営業なんてするもんじゃないときっぱり辞めました。

    今はパート事務員でかなり簿給ですが仕事した分が正々堂々と給料になるのでほんと辞めて良かったです。

    ユーザーID:4463418472

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧